アメリカ / スペイン AMERICA / SPAIN

[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]
■ ■ ■ 各造り手名をクリックすると買い物カゴのページにとびます■ ■ ■
アメリカ カリフォルニア
Adrian Fog
エイドリアン・フォグ
←ページに飛びます  自然派
サヴォイ・ヴィンヤード・アンダーソン・ヴァレー・ピノ・ノワール2006エイドリアン・フォグ エイドリアン・フォグは1997年にジェーン・ファレルとスチュアート・ドーマンによって設立されたドメーヌで、生産数は多い物で300ケース、少ない物で23ケース総生産で700ケース程。  
Tantara Winery
タンタラ・ワイナリー
←ページに飛びます
ピノ・ノアール・ディアバーグ 2003タンタラ・ワイナリー カリフォルニアの中でも特に優れたピノ・ノアールとシャルドネを産出する地域として知られています。
ここのワインはほとんど地元のレストランやメーリングリストの顧客で完売してしまうようです。
スペイン/アレーニャ
Alta Alella
アルタ・アレーリャ
   インポーター:ラヴニール  自然派
プリヴァット・ブルット・レセルヴァ・DOカヴァ2013アルタ・アレーリャ アルタ・アレーリャは、バルセロナから20km程北上した海岸沿いという独特のロケーションに位置する。 ワイナリーのあるアレーリャ村は、日頃バルセロナで仕事をしているビジネスマンや富豪が週末をゆっくり過ごす為に来る避暑地でもある。 東京で云うとまるで逗子や葉山の様な場所である。
スペイン/アンダルシア
Bodega Cauzon
ボデガ・カウゾン
  自然派 インポーター:ル・ヴァン・ナチュール
カウゾン・ブランコ 2013ボデガ・カウゾン Cauzonのラモン サアヴェドラ氏は、ミシュランの星付レストランBig Rockで料理人として 約15年働いたのち、ワインの醸造学を学び、様々なワイナリーで研修を行いました。  1999年に家族が代々所有していた1ヘクタールの土地にブドウを植えて、ボデガとしてスタートします。
Marenas
マレナス
  自然派 インポーター:ル・ヴァン・ナチュール
ルシア 2005マレナス  マレナスは、ホセ・ミゲル氏が1990年台から開始したワイナリーです。
コルドバ県のモンティーヤに位置しています。元々、白ワインや甘口のシェリーで有名な地域ですが、この地域で評価の高い赤ワインを生産しています。スペインのナチュラルワイン生産者団体のメンバーで栽培、 醸造で化学製品、殺虫剤、醸造で一般的使用される人口酵母や酸化防止剤は使用していません。
スペイン/グラナダ
Pago del Naranjuez
パゴ・デル・ナランフエス
  自然派 インポーター:ラシーヌ
ピノ・ネグラ 2008パゴ・デル・ナランフエス 造り手アントニオ・ビルチェス・バレンスエラは、1962年生まれ。6歳の時、両親がフランス、ラングドックに移住し幼少時代をラングドックの学校で過ごした。その後、ブドウ畑とセラーのある当地で仕事をする。非常に若い時から、ワインとブドウの世界に大きな好奇心を寄せ、セラーの仕事同様、ブドウ畑での仕事にも全てに従事した。
家族と共にスペインに戻り、1992年に個人消費用に少量のワインを造るため、0.2haの小さな区画のブドウ畑の栽培を始める。
Barranco Oscuro
バランコ・オスキュロ
    インポーター:ル・ヴァン・ナチュール  自然派
ラ・ファミリア 2010バランコ・オスキュロ バランコ・オスキュロのマニュエル・ヴァレンズエラ氏は1979年に家族と共に大都市から、シエラネバダ山脈と地中海の間のアルプハラ地方に引っ越ししてきました。
 ブドウやアーモンドを栽培、ワイン醸造を行っており、スペインのナチュラルワインの先駆者として知られています。
Franck MASSARD
フランク・マサール
    インポーター:ヴァンクール
DOQ プリオラート赤キュヴェ・ウェリャス2009フランク・マサール 現オーナのフランク・マサールは91年ソーミュールのソ ムリエ学校を出た後、ドイツ、イギリスでソムリエに従事。イギリス在住中はマスターソムリエ、マスターオブ ワイン、2004年世界ソムリエ選手権2位のトップソムリエ、ジェラール・バセ氏の下で働く。96年に自身もイギ リスのソムリエ選手権で優勝。98年にWSETのディプロムを取得。2000年の4月にスペインに移りトーレスで働 きながら、04年に自分の畑を買いドメーヌをスタート。
Bernabe Navarro
ベルナベ・ナヴァーロ
  自然派 インポーター:ラシーヌ
モロン 2013ベルナベ・ナヴァーロ ベルナベ・ナヴァーロ醸造所は2000年から、自作したブドウでもって、かつて作られていたスタイルのワインを造りはじめました。 そのコンセプトのもと、2010年から“Vinedos Culturales(ヴィニャド・クルトラレス) ”という新シリーズのワインが創りだされました。それは自分達の土地の文化や伝統を再発見しようという主旨によるものです。
スペイン/ヴァレンシア
Bodega Cueva
ボデガ・クエヴァ
 自然派   インポーター:ラヴニール
DOウティエル・レケーナ 2014ボデガ・クエヴァ   カタルーニャから地中海沿いに南下したところに位置するのがヴァレンシア地方。
美しいヴァレンシアの海岸は、マドリードから最も近いビーチリゾートとしても親しまれている。
クエヴァのあるDOウティエル・レケーナは地中海から70km程内陸に入った標高700m前後の台地上に位置し、夏は40度を超えるほど暑いのにもかかわらず、冬は零下15度近くに下がる厳しい気候条件の地だ。
スペイン/ヴィラ・フラーンカ・デル・ペネデス
Equilibri Natural
エキリブリ・ナチュラル
 インポーター:サンリヴァティー  自然派
カヴァ・フナンブル・ブリュット・ナチューレ・エキリブリ・ナチュラル  スペイン東岸の都市、バルセロナとタラゴナのちょうど中心に位置するヴィラ・フラーンカ・デル・ペネデスに居を置く生産者。
 このカヴァは、若き女性醸造家マリア・バレーナとブドウ栽培家のジョセプ・トルトによる、ジョセプの家族が持つ樹齢50年を超える古木の畑から、上質なオーガニック・カヴァを造ろうという情熱によって生まれたプロジェクト。
 畑は地中海から6kmの高台に位置し、その土地の生物多様性の復旧及び保全を念頭においた有機農法を実践しています。
Bodegas Los Freiles
ボデガス・ロス・フレイレス
 自然派   インポーター:サンリバティー
シネルジア・モナストレル・レッド 2010ボデガス・ロス・フレイレス  ヴァレンシアから南西に100km、アリカンテから北に70qの場所にある、フォンタナルス・デルス・アルフォリンスにて1771年創業の家族経営の生産者。  
 地中海沿岸から80q、標高600〜700mという土地にて代々畑を耕し、1999年以降は完全な有機農法(ビオディナミ)に移行しております。すべてのキュヴェの収量は30hl/haに抑えられ(高品質なワインの収穫量の上限は60hl/haと言われています) このエリアで最も栽培の歴史の古いモナストレルを中心にワイン造りを行なっています。
スペイン/ナディラ
Laderas de Montejurra
ラデラス・デ・モンテフラ
  自然派 インポーター:ル・ヴァン・ナチュール
エミリオ・ヴァレリオ 2012ラデラス・デ・モンテフラ  ラデラス・デ・モンテフラはナバラ州のDicastillo出身のエミリオ・ヴァレリオ氏がこの地方のブドウ栽培家者とオリーブ栽培者と協力して始めたプロジェクトです。
ワイン醸造担当としては、フランス・コニャック地方出身で、ブルゴーニュのLeroy、Domaine de la Chassorneyを経て現在リオハでワインを生産しているオリヴィエ・リヴィエール氏が担当。
ビオディナミの方法を取り入れて栽培から醸造まで取り組んでいます。
スペイン/バスク
Ulibarri Artzaiak
ウリバリ・アルトザイアク
   インポーター:ラシーヌ
チャコリ・ビオ 2015ウリバリ・アルトザイアク   ウリバリ・アルトザイアクはバスク州ビスカヤ県のGordexolaに位置する生産者。イベリア半島から15km、海抜200m。
 牧草地と森に囲まれていて、ラクサ羊の放牧と2.2haの南向きのブドウ畑でブドウを栽培している。水はけと風通しの良い畑で、土壌は粘土、片岩など。
スペイン/フミーリャ
Vina Cerron
ヴィーニャ・セロン
   インポーター:サンリヴァティー  自然派
レモルディミエント・シャルドネ・バレル 2015ヴィーニャ・セロン   2012年3月:過去3年間で国際的なコンクールで21個もの賞を受賞した(2012年8月現在、その数は30個にも及びます)ヴィーニャ・セロンはカスティーリャ・ラマンチャに居を構える1895年創業の家族経営の生産者です。1990年から有機栽培に取り組み、現在はスペインのオーガニック認証機関Sohiscert(SHC)の認証を取得しており、セロン家の息子達=新世代のダイナミックな精神と共に、世界レベルのワイン造りを目指しています。
Bodegas Olivares
ボデガス・オリバーレス
   インポーター:ラシーヌ
オリバーレス・ホーベン 2013ボデガス・オリバーレス  フミージャの西北、トバッラ村に位置するボデガス・オリバーレスは、単一畑「フィンカ・デ・サンタ・ アナ」を有する。 当ワイナリーのオウナーであるパコ・セルバは、栽培と醸造を兼ねるエノロジストである。 オリバーレス家は、アペラシオンの北部「オヤ・ デ・サンタ・アナ」地域に、 65ヘクタール超の接木をしない古いブドウ樹を有する。 この地は、海抜825メートルの高地にあるフミージャでもっとも冷涼な地域で、土壌は砂質と石灰質に富むため、 フィロクセラ耐性があるだけでなく、アロマ豊かなワインができる。
スペイン/ラ=マンチャ
Vinos Cano Zarco
ヴィノス・カノ・ザルコ
←ページに飛びます   自然派
アイレ・エン・エル・パティオ 2012ヴィノス・カノ・ザルコ 現当主のサミュエル・カノは自身の醸造所を設立して、2006年にファースト・ヴィンテージとなるワインを醸造しました。醸造所のあるラ・マンチャ地域は、もともと大量生産型のワインを作ってきた土地柄で、 栽培したブドウは、その地域で醸造しているネゴシアンに売り払われていました。
Esencia Rural
エセンシア・ルラル
   インポーター:ラシーヌ
パンパネオ・テンプラニーニョ・エコ 2014エセンシア・ルラル 何世代にも渡りブドウの栽培やワインの醸造を行い、地元のマーケット向けにブレンド・ワインを造ってきた。
1994年より輸出用にワインを造り始め、2002年にはマーケットにおいて独自性とブランドを打ち出すため、エセン・シア・ルラルという会社を設立。
醸造責任者ラファエル・ルセンドは醸造学と化学を専攻し、栽培責任者のフリアン・ルイスは代々続く伝統的な栽培法を実践しながら、生態系に配慮したビオディナミや自然農法を、複数の場所にて学ぶ。
人の手を極力加えない農法でワインや農作物を造り出すことを大切にしている。
Olivier Riviere
オリヴィエ・リヴィエール
←ページに飛びます   自然派
ロンシェール・セレクト・ティント 2006オリヴィエ・リヴィエール 2002年ボーヌ村に誕生したドメーヌ・ド・ラ・コンブの最初の醸造責任者であり、フレデリック・コサールの右腕だったオリヴィエ・リヴィエール氏が独立して2006年からスペイン・リオハで自身のワインをリリースしました。
Dominio Bibei
ドミニオ・ド・ビベイ
←ページに飛びます
ラマーマ2006ドミニオ・ド・ビベイ 世界中で最も予約が困難と言われるレストランはスペインにある「El bulli」と答えるでしょう。
 そのエル・ブリのソムリエに、「スペインで貴方が今、我々に最も知ってもらいたい生産者は誰か?」と尋ねると即答された名前は、ドミニオ・ド・ビベイだったのです。2003年から連続してエルブリにオンリストされています。
Dominio de Atauta
ドミニオ・デ・アタウタ
←ページに飛びます
ドミニオ デ アタウタ 2003 なんと平均の樹齢100年。
 90%以上はプレ フィロキセラ時代の生き残りです。海抜950メートルの急斜面にあって砂地に富むため、フィロキセラがいまなお敬遠するばかりか、栽培家すらも10年前までは見捨てていたほどの難栽培地域であることがかえって幸いした。
Mas Bertran
マス・ベルトラン
←ページに飛びます
DOカヴァ・ブリュット・ナチュレ・パルマ 2011マス・ベルトラン 地元ではBALMAの評価はとても高く、その実績は去年の初めから車のBMWスペインのオフィシャルカヴァとしてタイアップしたり、 カヴァの本拠地ヴィラフランカの地元有名レストランでも大手カヴァを差し置いてトップリストに上がっている程だそうです。
スペイン/リオハ
Vina Ilsion
ヴィーニャ・イルシオン
   インポーター:ル・ヴァン・ナチュール  自然派
プラナ 2014ヴィーニャ・イルシオン ヴィーニャ・イルシオンのマーティンさんとグロリアさんは、1992年、リオハのCicdacos Valleyに畑を購入しました。
ブドウのほかにオリーブやマルメロ、様々な果物を育てています。  購入したときから有機栽培を続けていて、特に自然農法で有名な故福岡正信氏やルドルフシュタイナーの ビオディナミの農法を取り入れています。  
スペイン/ルエダ
Bodegas Pedro Escudero
ボデガス・ペドロ・エクスデーロ
   インポーター:ラヴニール  自然派
フエンテ・ミラノ、ヴェルデホ VT カスティージャ・イ・レオン 2014ボデガス・ペドロ・エクスデーロ 首都マドリードから北西200km足らずに位置するルエダ地区は、薫り高い白ワイン品種ヴェルデホで知られる産地だ。一塊にまとまったこの産地に赴いてみると、実は2つの異なる土壌が存在することが分かった。
ひとつは粘土砂質土壌。この土壌からは決して高品質なワインは生まれないという。
ギリシャ/ ケファロニア島
Domaine Sklavos
ドメーヌ・スクラヴォス
←ページに飛びます   自然派
ネオス・イーノス・ブラン2014スクラヴォス・ワイナリー スクラヴォス家は十三代前から、ウクライナでワイナリーを持っていたが、現在の当主エヴリヴィアディス(ヴラディスの本名)の 曽祖父の代に戦争で家を失い、親類が住んでいたケファロニア島に移り住んだ。  
曽祖父が選んだ土地リクスーリのある半島は、ワイン畑しかないというほど、ブドウ栽培が盛んであった。 が政府がワイン畑をつぶしてホテル用地に当てることを 奨励したため、大部分の畑が失われてしまい、 現在では荒地となっているか、オリーブの木が植わっている。
ギリシャ/ サントリーニ島
Dominio Hatzidakis
ドメーヌ・ハツィダキス
←ページに飛びます   自然派
ヴァン・ド・ペイ・アイダニ 2011ドメーヌ・ハツィダキス 1997年に、ハツィダキスワイナリーはハリディモスとコンスタンティーナ・ハツィダキスによって設立されました。  
ハツィダキス家の畑はピルゴス・カリスティス村の、プロペート・アリアス修道院へ続く道にあります。
956年にサントリーニ島に起きた地震のため、コンスタンティーナの両親は島を離れることを余儀なくされ、それ以来畑は栽培されていませんでした。  
ギリシャ/ ナウサ
Domaine Dalamaras
ドメーヌ・ダラマラス
←ページに飛びます   自然派
ナウサ・ヴィーニュ・フランシュ2011ドメーヌ・ダラマラス 誇り高い伝統と精神はダラマラス一家の5世代に渡り受継がれ、今もなお、創業者と同じ精神を貫いています。 
ダラマラスの畑はPaliokalias(パリオカリアス)と呼ばれる伝統的ブドウ生産地のVermio(ヴェルミオ)山の東側の麓、標高250〜300メートに位置します。
Domaine Thymiopoulos
ドメーヌ・ティミオプロス
←ページに飛びます   自然派
ナウサ・ジューヌ・ヴィーニュ・ド・ジーノマヴロ 2011ドメーヌ・ティミオプロス 父セルジュが亡くなった2010年からアポストロス一人で 栽培・醸造をおこなっています。      
黒ブドウの土着品種Xinomavro(ジーノマヴロ)の栽培においては細菌学者クロード・ブルギニョン氏のアドバイスを受け栽培密度を上げ(8,500株/ha)収量が抑制された接ぎ木を利用しました。
トルコ/ カッパドキア
Gelveri
ゲルヴェリ
←ページに飛びます   自然派
ケテン・ゲムレク 2013ゲルヴェリ ジョージアでは今日に至るまで、「クヴェヴリ」という大きいが非常に薄手の陶製容器が製造され、そこではこの陶製容器はまるごと地中に埋めています。
  アナトリア産の非常にしっかりした厚手の古い容器「キュプ」は、地上に立ててあることが多いが、安定させる為に下端のごく一部を地中に埋めることもあります。
 経験を重ねた今では、どのように造られたアンフォラがワイン醸造に適しているかを心得ているし、友人と共にアンフォラワインの特別な味わいを楽しむようになりました。
 伝統的な方法で醸造した、地元産の自然なワインを提供したいという気持ちや、 1200種類以上にのぼる葡萄品種の遺伝子的多様性を保存しようと思いました。
  こうして私はゲルヴェリ社の共同経営者となり、役所に商業的なワイン醸造の許可を求めた。
 認可をとるために必要だった少量のステンレスタンクによる『近代的』醸造よりも、アナトリア産のキュプによる伝統的な醸造に多くの時間と場所をあてています。
<ワイン地域別一覧 インデックス>
赤ポイントボタンフランス 赤ポイントボタンイタリア(アイウエオ順) 赤ポイントボタンデイリーワイン
ブルゴーニュ(赤) トスカーナ 1,000〜3,000円
ブルゴーニュ(白) ピエモンテ フランス (赤)
ボルドー  イタリア(その他の地域) フランス (白)
ローヌ/オーヴェルニュ/プロヴァンス 赤ポイントボタンスペイン/ギリシャ/アメリカ イタリアその他 (赤)
ロワール/アルザス/ラングドック/ジュラ 赤ポイントボタンオーストリア イタリアその他 (白)
赤ポイントボタンシャンパン&スパークリング&ジュース 赤ポイントボタンチリ   赤ポイントボタンスイス スパ−クリングワイン
赤ポイントボタン 日本 リボンポイントボタンラッピングについて 
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]