ドメーヌ・ハツィダキス DOMINIO Hatzidakis

[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]
■ ■ ■ ご注文数量は半角英数字でご記入下さい■ ■ ■
ギリシャ/ サントリーニ島
DOMINIO Hatzidakis
ドメーヌ・ハツィダキス
   自然派   インポーター:ラシーヌ
1997年に、ハツィダキスワイナリーはハリディモスとコンスタンティーナ・ハツィダキスによって設立されました。  
ハツィダキス家の畑はピルゴス・カリスティス村の、プロペート・アリアス修道院へ続く道にあります。  1956年にサントリーニ島に起きた地震のため、コンスタンティーナの両親は島を離れることを余儀なくされ、それ以来畑は栽培されていませんでした。  
大々的に樹を植えかえ、古樹を手入れし、カーヴを造り、ワイナリーが形づくられていきました。  畑は海抜300メートル、北から北東向きに位置しています。
ドメーヌ・ハツィダキス
 ハリディモスは、アテネの技術学校で農学とエノログを学びました。  
1991-1996:卒業後、J.Boutaris and Sons(ブタリス父子)の元でインターンシップを行いました。  そこでサントリーニワイナリーの醸造責任者となり、その間クレタ島のファンタクソメテコワイナリーのワイン造りも担当しました。  
 ハリディモスの哲学は、「サントリーニ島のブドウの質を改善するだけでなく、明らかにすべきたくさんの隠れた品種を増やし、ブドウ栽培を多様化することである。」  
1997年夏、彼はヴィンサントと、マヴロトラガノの品種で島の赤ワイン醸造を始めました。

<ラシーヌの合田さんのコメントです。 > 
サントリーニ島の土壌は、自然の火山質土壌そのもの。  赤みがかった暗い石、小石や白い軽石のかけら、ポーツォランの土で、農業環境に恵まれたいくばくかの小島を除けば、 ブドウ栽培のほかには農業の可能性はほとんどない。  
にもかかわらず、ブドウ畑はどこも小さく分散した区画しかない。  ブドウ栽培が最も盛んな地域、とりわけ島の南に位置するピルゴスとメガロチョリの周りや北部にあるオイア島でさえ、畑は細かく分かれ点在している。  
ピルゴスとメガロチョリが、優れたテロワールであることは確かだろう。  この村に、ここ10年間でギリシャで最も情熱的な作り手の一人と評価されるようになったハリディモス・ハツィダキスの畑とセラー(火山性凝灰岩の空洞で、ピルゴスの上にある)と醸造所がある。  大部分の畑は借地だが、アシルティコの樹の多くは樹齢が高く、樹齢100年を超えるものもあり、フラン・ド・ピエであり  (フィロキセラは、決してサントリーニ島には侵入しなかった)そして、ブドウの樹は挿し穂により植え替えられている。  
また、ブドウの実を日光や強風から守るため、1haあたり2000〜2500本以内に密植し、アンブリアの伝統的手法で、剪定されている。  アンブリア仕立てのアシルティコ いくつかのテロワールは、きわめて優れていることがアシルティコ酒によって現れている。  ミロス(“ル・ムーラン”)という畑は、メガロチョリのすぐ近く、ピルゴスのふもとにある。  
やわらかい岩を空洞にしたハリディモス・ハツィダキスのカーヴから程近く、ここにはたくさんのキュヴェが熟成されていて、時に《実験的》で、全てが本当に刺激的だ。  エピスコピ・ゴニアにある、ドメーヌ・アルギロスを急ぎ足で訪ね、1988年や1974年のなどの・・・、  いくつかの素晴らしくリッチなヴィンサント(アシルティコ80%、アイダニ10%、アシリ10%)のキュヴェを味わった。  
サントリーニ島の北部、オイア島の近く、フォイニキア村のふもとで海のすぐ近くに、パリ・シガラの畑はバクセデスと呼ばれる地に広がる。  
土壌は火山質で、アンブリアで仕立てられている。  しかし、若い樹については、パリサージュ(鉄線に固定)とギュイヨで仕立てる方法を選んでいる。  そうすることで1ヘクタールあたり6500本におよぶ密植が可能で、より規則的で、凝縮度(1本の樹から1kgの果実を収穫)が得られる。  我々のハツィダキスの訪問は、パリでの集まりの (cf.R&B n’79) 後に確認されるだろう。  このときハツィダキスの数々のワインを味わって素晴らしい感動が残った。  それらは、まさにサントリーニ島で最上の美しさの一つである。<インポーター著>

SOLD OUT

ヴァン・ド・ペイ・アイダニ 2011ドメーヌ・ハツィダキス Vin de Pays Aidani 2011
ヴァン・ド・ペイ・アイダニ 2011
品種:アイダニ100%  
土壌:火山土壌:凝灰岩、軽石、黒溶岩、石灰質結晶母岩。  
風化した石灰岩盤に溶岩で形成された土壌。  
醸造:タンクで6ヶ月熟成。  
ビン詰め:濾過はしない。手作業でビン詰め

2013/2/27 ラシーヌさんの試飲会にて

優しい酸はりんごや洋梨のようなそこはかとないもの。口の中にすうっと入っていく感じでとても心地よい白ワイン。美味しかった!
16445 sold out
¥2,571

サントリーニ・アシルティコ・セレクショネ・ド・ミロス2011ドメーヌ・ハツィダキス Santorini Assyrtiko selectionne de Mylos 2011
サントリーニ・アシルティコ・セレクショネ・ド・ミロス2011
品種:アシルティコ ヴィエイユ・ヴィーニュ(ミロスの区画のブドウ)  
樹齢:150〜300年  
区画:サントリーニ島にあるピルゴス村南、小さなミロスという区画  
畑:この地域全体はフラン・ピエのブドウ、3500年前から存在 仕立て:渦巻き状のゴブレ式  
土壌:火山土壌:凝灰岩、軽石、黒溶岩、石灰質結晶母岩  
気候:少ない降水量、強風、暑い夏、海霧

2013/2/27 ラシーヌさんの試飲会にて
とろんとした蜜の感じ。しかも酸のキレも抜群。厚みがあってミネラリーで素晴らしい味わいです。ギリシャワイン恐るべし!
16449 sold out
¥3,420(税別)
<ワイン地域別一覧 インデックス>
赤ポイントボタンフランス 赤ポイントボタンイタリア(アイウエオ順) 赤ポイントボタンデイリーワイン
ブルゴーニュ(赤) トスカーナ 1,000〜3,000円
ブルゴーニュ(白) ピエモンテ フランス (赤)
ボルドー  イタリア(その他の地域) フランス (白)
ローヌ/オーヴェルニュ/プロヴァンス 赤ポイントボタンスペイン/ギリシャ/アメリカ イタリアその他 (赤)
ロワール/アルザス/ラングドック/ジュラ 赤ポイントボタンオーストリア イタリアその他 (白)
赤ポイントボタンシャンパン&スパークリング&ジュース 赤ポイントボタンチリ   赤ポイントボタンスイス スパ−クリングワイン
赤ポイントボタン 日本 リボンポイントボタンラッピングについて 
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]