ゲルヴェリ Gelveri

[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]
■ ■ ■ ご注文数量は半角英数字でご記入下さい■ ■ ■
トルコ/ カッパドキア
Gelveri
ゲルヴェリ
     自然派   インポーター:ラシーヌ
ドメーヌ創業年:2008年
【アンフォラワインについて】
大型の陶製容器は、昔から様々な使用目的のために、粘土や泥質粘土が混じり合った地元の土を使って、様々な温度で焼成されてきました。
ワイン醸造に向く容器は、そのごく一部です。私は実際にワイン醸造に使われていたことが判明している、古いワイン用アンフォラを探しました。
 やがて4~12世紀に造られた3つの『ビザンツ式』アンフォラ(カッパドキアの修道院のものだった)と、18~19世紀に造られた4つの『オスマン式』アンフォラを入手。
ゲルヴェリ・ウド・ヒルシュ氏
更に私は、ジョージアでアンフォラについての見聞を広めました。
 ジョージアでは今日に至るまで、「クヴェヴリ」という大きいが非常に薄手の陶製容器が製造され、そこではこの陶製容器はまるごと地中に埋めています。
  アナトリア産の非常にしっかりした厚手の古い容器「キュプ」は、地上に立ててあることが多いが、安定させる為に下端のごく一部を地中に埋めることもあります。
 経験を重ねた今では、どのように造られたアンフォラがワイン醸造に適しているかを心得ているし、友人と共にアンフォラワインの特別な味わいを楽しむようになりました。
 伝統的な方法で醸造した、地元産の自然なワインを提供したいという気持ちや、 1200種類以上にのぼる葡萄品種の遺伝子的多様性を保存しようと思いました。
  こうして私はゲルヴェリ社の共同経営者となり、役所に商業的なワイン醸造の許可を求めた。
 認可をとるために必要だった少量のステンレスタンクによる『近代的』醸造よりも、アナトリア産のキュプによる伝統的な醸造に多くの時間と場所をあてています。

【ラシーヌの取り扱いの経緯】
26年2月、ジョージア・クヴェヴリ・ワイン協会代表のラマツから連絡があり、「クヴェヴリ・ワイン協会に、カッパドキアでワインを造っているウド・ヒルシュが仲間に入った。
彼のワインがあまりに素晴らしいので、仲間として迎えることになった。
とんでもなく古い樹齢のブドウとアンフォラで素晴らしいワインを造っている」と、知らされました。 

5月にジョージアを訪問した際、ウド・ヒルシュさんから4本のワインを飲ませていただき、ワインの奥底から静かに輝く特別なものを感じ、迷わずその場で取引の約束を結びました。  
 そして7月早々にラシーヌチームは現地を訪ねて状況を把握するだけでなく、互いのフィロソフィーとバックグラウンドについて理解を深めあってきました。  
 近時イスラム色を強めているお国柄ゆえ、トルコではワインの生産だけでなく、高品質を保つ方式での輸出=輸入作業は困難を極めました。
 これまで輸出先はヒルシュさんの母国のみで、それもごく少量に限られており、日本はEU以外では初めての輸出先となりました。 
 ヒルシュさんの辛抱強い努力のおかげで、面倒な輸出手続きを何とか終え、貴重なワインはトラックでイスタンブールを発ち、アテネの港でギリシャワインとともに船積みをして、このほどリリースの運びとなりました。

ゲルヴェリワインの醸造場所 【醸造について】
酵母のタイプ:野生酵母
圧搾方式:プレス機を用いず、手作業でブドウを潰す
醗酵容器の素材と容量:様々な容量のアンフォラとステンレスタンク
熟成容器の素材:様々な容量のアンフォラとステンレスタンク
セラー環境:半開放式のセラー内で、底部だけを凝灰岩土で囲って石積フレームに埋めたアンフォラ(写真参照)で醸造を行っている。 赤
ワインの醸造場所は屋外に面した場所、白の醸造場所及び熟成庫は地下。
年間生産ボトル本数:6,000 – 8,000本  
ケテン・ゲムレク 2013ゲルヴェリ Keten Gomlek 2013
ケテン・ゲムレク 2013
品種:ケテン・ゲムレク100%
平均樹齢 : 80~450年
醗酵容器 : アンフォラ
熟成期間 : 2年間
当キュヴェの年間生産量 : 2,000本

【ワインまたは畑お名前の由来】
ケテン・ゲムレクは『麻のシャツ』という意味。
果皮がとても薄くて透き通っているため、上等な麻製シャツのように見えることに由来しています。
この品種には学術的には認識されておらず、従って正式名称がありません。栽培面積も非常に限られていて、約10~15haでのみ栽培されています。

2015/2/12 ラシーヌさんの試飲会にて
ふくよかな口当たり。鼻から抜けていく香りがとてもきれい。
素直な味わいは癒されます。
18428
在庫 2本
¥3,700(税別)

エキュツゲツュ・ボガツケレ・タンク 2012ゲルヴェリ Okuzgozu Bogazkere Tank 2012
エキュツゲツュ・ボガツケレ・タンク 2012
品種:エキュツゲツュ50%、ボガツケレ 50%
土壌:凝灰岩土壌
畑の標高:標高1,000~1,200m
畑の向き:平地なので特定の方角には面していない
栽培面積:3ヶ所の畑、計2.2haから収穫したブドウを使用
仕立て方法:ゴブレ式
平均樹齢:80~450年
植樹密度:不明
収穫量:15,000kg/ha

醸造:
選果の場所:畑の中
マセレーションの有無:あり
マセレーション期間:全収穫量のうち40~60%の量の果皮と共に、6~8ヵ月
酵母の添加有無:なし
醗酵容器:スチールタンク
アルコール醗酵期間:その時の気候によるが、12日から2ヵ月間
醗酵温度コントロールの有無:なし
熟成容器:スチールタンク
熟成期間:2年間
濾過:なし
清澄:なし
醗酵中の亜硫酸添加量:0 mg/L
総亜硫酸量:30 mg/L
SO2添加のタイミングと量:なし
当キュヴェの年間生産量:1,000本


【ワインまたは畑お名前の由来】
エキュツゲツュ は『雄牛の目』、という意味で、この品種の果粒が大きいことに由来。
約3,500前にヒッタイト語族により名付けられました。
ボガツケレは、アナトリア南東部に位置するディアバキア地区でのみ栽培されています。 当地区は、これまで知られている最古のブドウ栽培地域(肥沃な三日月地帯)に属しています。

2015/2/12 ラシーヌさんの試飲会にて
濃厚でタンニンの厚みを感じます。ジャーミーな甘味があり、ふくよかな口当たりは心地よく、足が永い。
18429
在庫 1本
¥3,350(税別)

SOLD OUT

   
<ワイン地域別一覧 インデックス>
赤ポイントボタンフランス 赤ポイントボタンイタリア(アイウエオ順) 赤ポイントボタンデイリーワイン
ブルゴーニュ(赤) トスカーナ 1,000~3,000円
ブルゴーニュ(白) ピエモンテ フランス (赤)
ボルドー  イタリア(その他の地域) フランス (白)
ローヌ/オーヴェルニュ/プロヴァンス 赤ポイントボタンスペイン/ギリシャ/アメリカ イタリアその他 (赤)
ロワール/アルザス/ラングドック/ジュラ 赤ポイントボタンオーストリア イタリアその他 (白)
赤ポイントボタンシャンパン&スパークリング&ジュース 赤ポイントボタンチリ   赤ポイントボタンスイス スパ-クリングワイン
赤ポイントボタン 日本 リボンポイントボタンラッピングについて 
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]