デイリースパークリング Dairy Sparkling

[ hasigoya on line TOP ]   [ ワイントップ ]  [ ご注文方法 ]   [カゴの中身を見る]  [お問い合わせ]
フランス
デイリー赤
フランス
デイリー白
イタリアその他
デイリー赤
イタリアその他
デイリー白
■ ■ ■ ご注文数量は半角英数字でご記入下さい■ ■ ■
フランス・3000円以下のスパークリングワイン
フランス/ベルジュラック
Domaine de Causse Marines
コス・マリーン
  自然派   インポーター:ル・ヴァン・ナチュール
Patrice LESCARRET氏が、1993年に8ヘクタールの畑から 始めたこのドメーヌは、現在15ヘクタールを所有しており、 伝統的な土着品種を中心に栽培しています。AOCの規定ではもはや認められていない品種を多く使う為、このドメーヌの大方のワインは、ヴァン・ド・ターブルです。
 戦前からの区画が残っているほか、新たに植え替えた場所では、クローンは全く使用せず、慎重に選別したマッサルセレクションだけを使っています。
コス・マリーン
  ちなみに、Causse Marinesというドメーヌの名前は、Marinesというこのドメーヌの畑の下方を流れる小川と、 Causseというこの痩せた石灰土壌の名前を組み合わせて命名されました。 Patrice LESCARRET氏は、とても個性的な人物です。(彼曰く、「16歳まではボルドーワインだけを飲んで育った」とのことです。 ボルドーの醸造学校を卒業後、サンセールやプロヴァンスなどで働き、1993年にガイヤックでこのドメーヌを起こしました。
プレスク・アンビュル 2014コス・マリーン Presqu'ambulles 2014
プレスク・アンビュル 2014
品種:モーザック100%
収穫量は20 hl/ha前後。ガイヤックとしては非常に 低い収穫量。自然酵母で発酵し、二酸化硫黄は無 添加、メソッド・アンセストラル方式により、発酵は 瓶内で終了します。

例年は辛口の発泡性だが、今 年は発酵が途中でとまり半甘口。
レモンやミカン、 パイナップルの果実味と優しい泡立ち。食前酒や デザートと一緒にどうぞ。

2017/2/22 ル・ヴァン・ナチュールの試飲会にて
たっぷりの泡で蜜っぽくパイナップル、白桃、りんごジャムのような甘酸っぱさを感じます。ふくよかで酸も綺麗、どなたにも気に入って頂ける味わいです。
18438 ¥2,900(税別)
フランス/ガイヤック
La Ferme du Vert
ラ・フェルム・デュ・ヴェール
   自然派  インポーター:
オーナー、醸造責任者:ジェローム・ギャロー
ドメーヌ創業年:1997年
歴史:ガイヤックで長年農場を経営している家系の6代目。
ブドウ畑だけでなく、牛を飼い穀物の栽培もしている。
1997年に父親が元詰めを始め、徐々にワインの生産量を増やしていく。
父親の代まではいわゆるナチュラルワインではないが栽培は常にオーガニック。
ジェローム・ギャロー氏
必要とあればビオロジック農法で認証されている以外の農薬も撒くつもりだが、実際に撒いたことはまだ無い。近くの町から数km離れた山の中に6haの畑を持ち、オーベルジュも経営している。
<畑について >
栽培方法:オーガニック
その栽培方法の開始時期:1997年
その栽培方法を適用している畑名:全て
栽培方法の将来的な展望:オーガニック
認証機関:なし
土壌:赤土の層が何メートルも続いている
微気候:地中海、大西洋、大陸、ピレネーに由来する4つの気候が影響しあって、毎年気候の変化が大きく流行る病気も違う。
自社ブドウ畑面積:6ha(内4haを息子のジェロームが、2haを父のジャックが所有) 契約ブドウ畑面積:なし
自社ブドウ畑の数:5つ
自社栽培ブドウ品種:モーザック、モスカテル、ブロコル、デュラス
主な仕立て方法:ギュイヨ
仕立ての支柱の素材:木
仕立ての添え木の素材:木
<醸造について >
酵母のタイプ:野生酵母
圧搾方式:空気圧式プレス
醗酵容器:グラスファイバータンク
熟成容器:グラスファイバータンク、バリック(225l)
セラー環境:現在改装、増築中。冷房付きの地上セラー。
コンクリートで建てられた倉庫をセラーとして使っている。
年間生産ボトル本数:2013年 3,000本  2014年 10,000本(予定)
ラシーヌさんの資料より
ランジュ・ルー2013ラ・フェルム・デュ・ヴェール L'ANGE LOU 2013
ランジュ・ルー2013
土壌:赤土
畑の向き:南
仕立て方法: ギュイヨ
品種:モーザック100%
平均樹齢:20年、65年
収穫量:22hl/ha
醸造  選果の場所:畑の中
マセレーション:なし
酵母の添加有無:なし
醗酵容器: グラスファイバータンク
アルコール醗酵期間:2週間、瓶詰め後半年かけて再醗酵
醗酵温度コントロールの有無:なし
熟成容器:ボトル
熟成期間:1年
濾過:あり(紙製)
清澄:なし
醗酵中の亜硫酸添加量:なし
総亜硫酸量:33mg/L
SO2添加のタイミング:ビン詰前
当キュヴェの年間生産量:5,000本/年
ワイン名:ガイヤック方言で天使の意
追記  一次発酵が終わる前に、0度まで冷やし、フィルターにかけて亜硫酸を添加し発酵を一度止めて瓶詰め。  冷やした上でフィルターにかけるので、液体は透明。  春先から瓶内2時醗酵が始まるがとてもゆっくりで、糖分を醗酵し尽くすには約半年かかるのでリリースは翌年の9月〜10月。以上の醸造上の特徴からいわゆるペティヤン・ナチュレルではない。

2015/6/10 ラシーヌの試飲会にて
シュワシュワとした感じラムネのようなに蜜っぽさ、ミネラルもあって心地よい味わい。
18511 ¥2,730(税別)
フランス/ロワール
Alpha Loires Domaines
アルファ・ロワール・ドメーヌ
  自然派
レ・トログロディット・アルファ・ロワール・ドメーヌ Les Troglodytes NV
レ・トログロディット
品種:シュナン・ブラン、シャルドネ、カベルネ・フラン
瓶内2次発酵のクレマン。
最低24か月瓶内熟成

2017/1/10 当店で試飲
クリーミーで優しい泡立ち、グレープフルーツのような爽やかな酸を感じほんのり蜜っぽいニュアンスもある辛口のスパークリングでした。泡のニュアンスがおだやかで、味わいも落ち着いていて食前から食中まで対応できそうです。
18912 ¥3,230(税別)
Joserh Landron
ジョセフ・ランドロン
  自然派
ロワール川の支流ナント川をさかのぼっていくと「ミュスカ・デ・ド・セーブル・メイユ」のアペラシオンに入っていきます。ここで1945年から運営されているの家族経営の ドメーヌです。
ヴァン・ムスー「ミッシェル・トルメー・ラベル」ランドロン atomospheres jo Landron brut
ヴァン・ムスー「ミッシェル・トルメー・ラベル」ランドロン
品種:フォル・ブランシュ80%、ピノ・ノワール20%で造られるヴァン・ムスーです。

5年もの瓶熟で、クリーミーな泡がとてもきれいで価格以上の満足度!
エチケットに描かれたデッサンは、画家「ミッシェル・トルメー氏」です。
16241 ¥2,250(税別)
Domaine du Petit Coteau
ドメーヌ・デュ・プティ・コトー
  自然派
 現オーナーのジル・フェレイは1971年にパリの病院で手術の執刀医として活躍していました。1994年、60歳を迎えたのを機に退職し、シャトー「モンコントゥール」を畑ごと買い、総面積120haのワイナリーオーナーとなりました。 2005年、ルメール・フルニエの畑を買い「ドメーヌ・プティ・コトー」を新しく立ち上げました。
ヴヴレー・メトード・トラディショネル・ドメーヌ・デュ・プティ・コトー Vouvray Methode Traditionnell
ヴヴレー・メトード・トラディショネル(2013)
品種:シュナンブラン100%
樹齢:28年〜53年
収穫日は10月20日〜23日。収量は25hL/ha。ドザージュ12 g/L。元々「ルメール・フルニエ」の畑で、ロートル、セック、ドゥミセックの区画が中心で、 他にレバールの区画のブドウも入っている!ワイン名はヴヴレー特有の堆積岩石灰土壌(Tuffiere)から取った! 青リンゴ、ニワトコの花、潮の香り。ワインはふくよかかつ泡立ちが滑らかで広がりがあり、キレのあるシャープな酸と 心地よいミネラルの苦みが口の中でスッと溶ける!

ヴァンクールの試飲会で

優しい泡と白桃やマスカットのような甘味を感じる味わい。
ミネラルも綺麗でピュアな味わい。当店定番のペティアンです。
17604 ¥2,430(税別)
Les Capriades
レ・カプリアード
   自然派 インポーター:ヴォルテックス
パスカル・ポテールは95年ジャニエール、1998年にヴ ヴレーで働いた後、02年ドメーヌ・ボワルキャの責任者になる。平行して03年から彼自身のワインをつくり始 め、05年にボワルキャを退職後、正式にレ・カプリアードを立ち上げる。2011年9月、モーズ・ガドゥッシュと共 に共同経営として、ドメーヌとネゴシアンも兼ね備えた新生レ・カプリアードを立ち上げ現在に至る。
VdF ペティアン・ナチュレル・ブラン・ペパン・ラ・ピュル 2010レ・カプリアード VdF Petillant Naturel Pepin la Bulle 2014
VdF ペティアン・ナチュレル・ブラン・ペパン・ラ・ピュル 2014
品種:シュナンブラン65%ムニュピノ20%、シャルドネ15%
収穫日は9月22日、23日。
収量は30hL/haと例年の40%減!残糖は20g/L。
ブドウは新たなブドウ栽培者シルヴァン・リースト、エステル・メートル、フランソワ・サン・レジェールから!
ワイン名を直訳すると「女の子への罠」!
女性もつい飲みすぎてしまうくらい美味しいペティアンという意味がある!
ノンフィルター、SO2無添加!
洋ナシ、グレープフルーツ、西洋菩提樹、ホワイトチョコ、ミネラルの香り。ワインはフレッシュかつ泡立ちに勢いがあり、 優しくまろやかな甘味をシャープな酸とキレのあるミネラルが力強くせり上げる!

2016/4/26 ヴァンクールの試飲会にて
ふわっとした甘酸っぱさ。酵母やレモンスカッシュのような味わい。少し冷やし気味にすると美味しさが増します。
18288 ¥2,900(税別)
Domaine Frantz Saumon
ドメーヌ・フランツ・ソーモン
  インポーター:ディオニー 自然派
フランツ ソーモンは1998年よりブリソーのクリスチャン ショサール氏の元で修行後、その後タイユオー ループのジャッキーブロ氏の元でシュナンブランの醸造、2001年にヴーヴレで醸造の後、2002年に独立しました。
 今ではDomaineだけの生産量では足りなく2009年からはネゴシ アンの会社Un Saumon dans la Loire(アン・ソーモン・ダン・ラ・ロワール)を設立し、意欲的に活躍しております。
フランツ ソーモン氏
 無農薬の農法に興味が有り、やはりシュナンブランに挑戦したいと同じAOCを結果的に選びました。畑で無農薬の仕事はきりがありません。
 彼の畑は4haですが、オーナーが無農薬とは全く反対の農法を行っていたので、1年目は仕事がエンドレスな状態です。
予算の関係もあり、最初から畑は購入できません。1haを購入し、残り3haは借りました。この3haも将来的に購入予定です。4haをたった1人で化学肥料から無農薬へ切り替える作業が大変なのがご想像頂けますでしょうか? 本当に朝から晩まで畑とにらめっこです。このように沢山のエネルギーを頂い た畑から取れた葡萄は格別です。彼の畑は毎年毎年質の向上、間違い無しです。
ロゼ・ペティアン・ラ・カーヴ・ス・ルビフ 2016ドメーヌ・フランツ・ソーモン Rose Petillant Le Cave Se Rebiffe 2016
ロゼ・ペティアン・ラ・カーヴ・ス・ルビフ 2016
品種:ガメイ 60% コー20% グロロー20%
(手摘み/平均35年)

ガイヤックのガメイと地元トゥーレーヌのコーとグロローをステン レスタンクで発酵、糖と酵母が残った状態で瓶詰めし3 ヶ月熟成後 テゴルシュマンしました。

2017/8/22 ディオニーの試飲会にて
さくらんぼ、すもも、いちごの、ざくろのような果実の香りと味わい。少し塩っぽい味わいもあり、果皮の味わいも感じました。
細かな泡と溌剌のした味わいがとても心地よいです。
18865 ¥2,520(税別)
SARL PENTE des COUTIS
パント・デ・クティ
   自然派     インポーター:ラシーヌ
 地区、村:Vendome ヴァンドーム
造り手:Emile HEREDIA エミール・エレディア
 ヴァンドームの森近郊に7haを所有するオーナーのエミール・エレディア氏は ピノ・ドニスのスペシャリストとして有名です。
石灰質の南向き斜面にある畑に育つ樹の多くは70年から140年の古木で、作業はすべて馬でおこなっています。
ヴァン・ド・フランス・ペティ・グリ 2011パント・デ・クティ VdF Petill Gris 2011
ヴァン・ド・フランス・ペティ・グリ 2011
品種:ピノー・ドニス 100%
ル・グリ・ド・ヴァンドモワ(Le gris de Vendomois)として 唯一認可されている品種がピノ・ドニスです。
 このキュヴェはペティヤンなので原産地名称(Appellation)なしです。 ほかのブドウと同様、化学物質と一切使用せずに栽培しています。 収穫したブドウをドメーヌ到着直後にプレスすることにより特徴的な色調を帯びます。 6HLの小型ランクで白ワインとして醸造します。 発酵を長い期間(6ヶ月間)おこなうことによりワインに余韻と複雑さを与えます。
 発酵が終わる前にボトリング、そして18ヶ月間熟成させデゴルジュマンをおこないます。

2014/7/24 ラシーヌさんの試飲会
ザクロのような薄甘く、果皮からくるにがみのような感じとがうまく混ざり合っている。
18356 ¥2,900(税別)
フランス/ジュラ
Philippe Balivet
フィリップ・バリヴェ
  自然派
セルドンはリヨンとジュネーヴをつなぐ線の中間に位置しており、ローヌ・アルプス地方の中心地にあたります。 フィリップ・バリヴェは、「ビュジェイ・セルドン」で有名なラファエル・バルトゥッチと同じメリニャ村に蔵を構えます。 蔵の名前である父のフィリップ氏は現在、主な仕事を二人の子供、セシルとヴァンサンにバトンタッチしましたが、いつも畑に出て作業をしながら若い後継者を見守っています。 土壌に優しい農業をすれば、ナチュラルな風味のワインがおのずとできるよ。 美味しいブドウはいつもアナグマなどに狙われているね、と笑います。 ブドウが有する糖分だけで造られるこのワインは、きめの細かな泡が溶け込んだ微発泡性のロゼワインです。 イチゴ、さくらんぼやグロゼイユの風味が豊かに香るほんのりとした甘口。アルコール度が8%のとってもソフトな飲み口と、滑らかなで魅力的な泡が楽しめます。<インポーター資料から>
V.D.Q.Sビュジェ=セルドン・メトード・アンセストラル・フィリップ・バリヴェ Bugey Cerdon Methode Ancestrale
V.D.Q.Sビュジェ=セルドン・メトード・アンセストラル(10)
バルトッチ並の美味しさを誇る新生バリヴェ。酸がきれいです。イチゴのような甘さを上手に酸が抑えています。アフターも永く心地よい甘さが続きます。
17520 ¥2,580(税別)
イタリア/エミリア・ロマーニャ
Il Farneto
イル・ファルネート
    自然派  インポーター:エヴィーノ
2000年、当主であるマルコ・ベルトーニは、8ha放棄地を手に入れ、 ブドウ栽培を開始した。
標高250mの緩やかな斜面、元来ブドウ畑として使われていた土地は、昼夜の寒暖差、 そして強い粘土質、乾燥した風、恵まれた環境が整っていた。
元来ブドウ農家ではなかったマルコ、 しかしながらサッスオーロの町で幼い頃から見てきたワイン造りに強い憧れを持ってきた。
イル・ファルネート
 地域伝統のランブルスコ造りや、そして彼が最も魅力を感じていたレッジョの地酒ともいえるベスメイン (マルツェミーノの古い呼び名)、そしてスペルゴラであった。効率を考えた近代的な農業を嫌うマルコ、 あくまでも手作業を中心とし、ビオディナミ式の農業を取り入れつつ、 自然環境を尊重した循環型の栽培を追求。
畑では一切の農薬、肥料(堆肥さえも)を使用せず、ボルドー液についても、 畑を開始した2001年よりほとんど使わないことに驚愕する。
醸造においては、少なからず温度の管理はするものの、不必要な酵母添加を行わず、ごく最低限の亜硫酸を使用するのみ。 「ここ最近、ようやく品種として確立されたスペルゴラというブドウ、結実のまばらさと、粒の小ささ。 そして最も特徴的ともいえる強い酸を持ったブドウ。」、梗の部分まで完熟させたスペルゴラは除梗せずにそのまま圧搾。 果汁のみの状態で醗酵を行い熟成。

2013年よりリリースされたフリッツァンテは、醗酵が終わったのちにボトル詰め。
スペルゴラから造ったモストコット(煮詰めた果汁)を少量添加し瓶内二次醗酵を行う。その後スボッカトゥーラ(オリ抜き)せずに リリース。マルツェミーノは屋外にある大型のセメントタンクにて約2週間のマセレーション(果皮浸漬)、 野生酵母による醗酵を促す。圧搾後春まで、外気の寒さを利用してオリ引きを行う。
使い古した木樽(500L)に写し12か月の熟成。
酸が非常にデリケートで、栽培の難しいとされるマルツェミーノでありながら、驚くほど純粋で直観的な味わい。そして、すべてのワインに共通する骨太な酸と果実的な雰囲気。醸造的な未熟さを埋めるのに十分な素材のよさ。 素晴らしい信念と情熱を持った造り手の一人。
フリザン ビアンコ 2016イル・ファルネート Frisant Bianco 2016
フリザン ビアンコ 2016 微発砲
品種:スペルゴラ70%、ソーヴィニョンブラン30%
樹齢:樹齢10〜20年
「ここ最近、ようやく品種として確立されたスペルゴラというブドウ、結実のまばらさと、粒の小ささ。そして最も特徴的ともいえる強い酸を持ったブドウ。」、 梗の部分まで完熟させたスペルゴラは除梗せずにそのまま圧搾。果汁のみの状態で醗酵を行い熟成。2013年よりリリースされたフリッツァンテは、醗酵が終わったのちにボトル詰め。スペルゴラから造ったモストコット(煮詰めた果汁)を少量添加し瓶内二次醗酵を行う。 その後スボッカトゥーラ(オリ抜き)せずにリリース。

2018/2/22 エヴィーノさんの試飲会にて
レモンやカリンのような爽やかな香りと口当たり。優しいガスが心地よくほのかに感じる苦みが味わいを引き締めています。
18929 ¥1,940(税別)
イタリア/ヴェネト
trevisiol
トラヴィジオール
トレヴィジオール家は、初めてプロセッコを造り始めた人たちのひとつ。葡萄栽培とワイン造りは「出来る限り伝統的に」が哲学。 トレヴィジオール家
ヴァルドッビアーデネ・プロセッコ・スペリオーレ・ブリュット・トラヴィジオール Valdobbiane Prosecco Superiore-Brout
ヴァルドッビアーデネ・プロセッコ・スペリオーレ・ブリュット
ラベルが変更になりました。
品種:ブロセッコ100%
青りんごの果実味とたっぷりのガス。きりっと冷やして飲むのに最適な辛口スパークリングワインです。
19065 ¥1,870(税別)
Borgo Antico
ボルゴ・アンティコ
コネリアーノ・ヴェネトの丘陵地で代々マルケージン家によって営まれています。マルケージン家は自社畑から収穫されたブドウの使用、醸造からビン詰めに至るまで丁寧に伝統を守りながら造っています。
コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ・プロセッコ・スペリオーレ・ミッレジマート 2010ボルゴ・アンティーコ Conegliano Valdobbiadene Prosecco Superiore Millesimato 2014
コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ・プロセッコ・スペリオーレ・ミッレジマート 2014
品種:プロセッコ100%
イタリアのスパークリングの代名詞とも言えるプロセッコです。。

2011/7/6 ラシーヌの試飲会にて
爽やかな泡と厚みのある味わい。酸も綺麗で美味しいプロセッコです。
17385 ¥1,940(税別)
イタリア/ エミリア・ロマーニャ
Vittorio Graziano
ヴィットーリオ・グラツィアーノ
 自然派  インポーター:エヴィーノ
現在生産されているランブルスコの99%を占める、平地でのブドウ栽培と、 大型のアウトグラーヴェ(加圧式ステンレスタンク)による大量生産。しかし、ヴィットーリオが追求するのは残りの1%、 自然環境を重視したブドウ栽培と、古典的な瓶内醗酵を前提として極力介入や添加を行わない醸造。畑では自然環境をメインに考え、 不耕起、無肥料による草生栽培を実践。人為的な介入を最小限に抑えることで、ブドウそれぞれの持つ個性(野性味)を引き出す。
ブドウについても畑に残っていた古樹より自ら苗木を取り、クローン選抜される以前のランブルスコ系のグラスパロッサ、サラミーノ、 ソルバーラ。
ヴィットーリオ・グラツィアーノ
「ランブルスコ系統でいえば、モデナを代表するといってもいいグラスパロッサは、その名の通り梗(及び葉)が赤く、 果皮の厚みと房の大きさあるブドウ。だけど、巷にあるグラスパロッサには、この畑にあるような個性はほとんど見られないな。 そのように改良されてしまっているんだ。そして最も古くからあるとされているソルバーラ、結実がとても悪く色調も薄いけど、 素晴らしく繊細な香りと骨太な酸を持っている。そして房が小さいサラミーノは果実が密集、豊かなタンニン。トレッビアーノについても 同じ、モンタナーロは厚い果皮と十分なエキス分。そしてスパーニャは未知な部分が多いブドウだけれど、 繊細な酸と奥行きのあるブドウ。」 そう語るヴィットーリオ。
ランブルスコ・フォンタナ・デイ・ボスキ2014ヴィットーリオ・グラツィアーノ Fontana dei Boschi 2013 LOT2
ランブルスコ・フォンタナ・デイ・ボスキ 2013 LOT2
品種:ランブルスコ グラスパロッサ、他
樹齢:16〜30年
前回入荷したものと全く同じヴィンテージですが、こちらは完全に醗酵が終わり残糖のないものとなります。 2013年は果実的にも非常に凝縮したヴィンテージ、 前回のロットに比べるとバランスは取れていますが、まだまだ若さを強く感じる味わいです。
スボッカトゥーラリリースです。
「2013年はブドウの熟度がすごく高かったんだ。元来この辺りは日照も良くて、ブドウ自体が凝縮しやすい土地なのだけど、13年は特にすごかった。収穫を終えた時点で、例年以上に時間が必要だと感じたのさ。強いタンニンはゆっくりと時間を必要とする、
今もまだ樽で熟成をしているよ。ビン詰めまではまだしばらく時間が必要かな。」そう話す彼、完全に醗酵が終わった後、現時点で2年近く熟成している2013年。
 原酒の状態を確認した結果、まだボトル詰めするには早いと判断し、樽で熟成させています。
 「土地由来の強いタンニンや果実を生かすには、まず原酒として完成するための時間が必要なんだ。
原酒の良さがあれば、そこに加えるものはほんの少しでいい、凝縮したモストや不必要な酵母を加えてしまったら、原酒の繊細さが失われてしまう。」そう話すヴィットーリオ。
(インポーターさんの資料から)

2017/4/4 エヴィーノさんの試飲会にて
カシスやダークチェリーのようなタンニンを感じます。しっかりした酸もあります。甘味のない赤ワインのスパークリングのような感じです。
18623 ¥2,770(税別)
LA COLLINA
ラ・コッリーナ
  インポーター:ヴィナイオータ 自然派
1975年に12人のメンバーによって、社会生活を共に送っていく大きな“家族”を形成すべく創設された農業協同組合で、1980年以降は薬物依存者の更生施設としての機能も果たすようになる。 200ヘクタール以上の広大な土地を所有し、畑ではバイオダイナミクス農法を実践、堆肥なども自家生産し、ブドウ以外にも野菜・果物を生産し、それらを使いワイン、 トマトソース、パスタなども生産している。牛や豚なども飼っており、与える飼料も無農薬の自家生産の物を与えている。食肉だけでなく、 サラミなどの加工品も一部生産している。それらの製品は直売所で販売されている。
ランブルスコ・シオール・ペポ・ラ・コッリーナ Lambrusco Sior Pepo
ランブルスコ・シオール・ペポ
品種:グラスパロッサ、サラミーノ、マエストリ、マルボ ジェンティーレ
綺麗な赤い色をしたスパークリングワイン。
タンニンもあってどなたにも気に入って頂けます。
「ラ・コッリーナ:シオール・ペポ」は、「クアレジモ」と同じランブルスコですが (ぶどう品種も同じです)
「クアレジモ」はシャルマー方式で残糖(糖分を残す)方法。
「シオール・ペポ」は瓶内二次発酵を行い、少し辛口に仕上がっている、といった、 微妙な違いがあります。
19273 ¥1,790(税別)

ランブルスコ・デル・クアレジモ・ラ・コッリーナ Lambrusco del Quaresimo
ランブルスコ・デル・クアレジモ
品種:グラスパロッサ、サラミーノ、マエストリ、マルボ ジェンティーレ
綺麗な赤い色をしたスパークリングワイン。
「ラ・コッリーナ:シオール・ペポ」は、「クアレジモ」と同じランブルスコですが (ぶどう品種も同じです)

「クアレジモ」はシャルマー方式で残糖(糖分を残す)方法。
19258 ¥1,790(税別)
イタリア/ロンバルディア
Verdieri Corte Pagliare
ヴェルディエーリ・コルテパッリアーレ
 インポーター:エヴィーノ
ロンバルディア州マントヴァ近郊、ポー側の北側に位置する町コンメッサッジョ。
この地域には古くからマントヴァのランブルスコ、こと「Lambrusco Mantovano」が造られている。醸造技術の発達した現在でこそ、アウトグラーヴェ(加圧式のタンク)などで造るのが常識となりつつあるものの、本来のランブルスコ造りは醗酵が途中で止まったワインをビン詰めし、瓶内で醗酵を終わらせる「瓶内再醗酵」。
ミンマ ヴィニョーリ
ランブルスコというブドウ品種が持つ強烈な酸によって起こる品種の特徴であり。そこから生まれた地域特有の造り方といえる。
 1994年、叔父の死去によってミンマ ヴィニョーリは夫のルイージとともにこの土地、コルテ パッリアーレヴェルディエーリを引き継いだ。
20haに及ぶ広い農地では、牧草、小麦、トウモロコシをはじめ、自分たちの食べる野菜を栽培。この中でブドウ畑は3ha、土地由来のランブルスコ ヴィアダネーゼを中心に、ソルバーラ、サラミーノ、アンチェロッタを栽培。
ポー川を挟んでエミリアロマーニャに近いマントヴァだからこそといえるランブルスコ。農業にかかわる以前から、環境や動物に深い関心を持っていたミンマは、運営する農場すべてで完全無農薬、無肥料栽培を徹底。
「自らが作る、そして口にするものに、どうしてそんな毒(薬剤)を使う必要があるのか。」あくまでも植物の環境を保つために、必要最低限の耕起のみ、植物の種を蒔く「緑肥」さえ、元来のバランスを壊す、と考える。枝の剪定や除葉、選果についても極力行わない。枝を落とすことは、それだけで樹を傷つけている、、、などなど、貫徹した価値観のもと栽培を手掛けている。
畑で使用するのは銅と硫黄物、年によって差はあるものの毎年最低限しか使用しない。年間生産は約20000本。
 醸造に関しては収穫後ステンレスタンクの中で野生酵母による醗酵を行う。
冬の到来とともにカンティーナの温度が著しく下がることによって、残糖を残したまま醗酵が止まった状態になる。この時点でオリ引きを行い、ノンフィルターにてボトリング、春の到来によって暖かさを持ったカンティーナ、瓶内にて醗酵が再び始まり、その後秋を過ぎるまで熟成してからリリース。
SO2に関しては醗酵の過程で極少量のみ使用。 再醗酵の過程で糖分や酵母の添加を一切行わない、従来の造り方を今でも行っている。ワインに残るガスの量は、残糖の量によって変化。ヴィアダネーゼだけで造られるランブルスコ マントヴァーノ、ソルバーラを収穫後すぐに圧搾、果汁だけで醗酵を行うロザート ヴェンクルー、醗酵後開放式の大樽にて1年ほど熟成しているサッビオネータ ロッソ。。この地域周辺に古くから残っている品種アンチェロッタは、果皮が厚く糖分の高い品種。厚みあるタンニンとヴォリューム感、豊かな果実と十分な体躯をもつ個性的な赤。その年ごとに起きる現象を、そのまま受け入れる。言葉の通り、全く飾りっ気のない彼女のワインには驚くほどの味わいと、心地よい飲み口が待っている。<インポーターさんの資料から>
ランブルスコ・マントヴァーノ 2015ヴェルディエーリ・コルテパッリアーレ Lambrusco Mantovano 2015
ランブルスコ・マントヴァーノ 2015
品種:ランブルスコ ヴィアダネーゼ
樹齢:30年。
収穫後、5日間マセレーション。
野生酵母にて醗酵、途中オリ引きのみ行いボトル詰め。
瓶内で再び醗酵が始まる。その後12カ月熟成。スボッカトゥーラせずにリリース。
2017/8/17 エヴィーノの試飲会にて
濃厚でタンニンがあります。ガスは軟かく、しっかりとした味わいのランブルスコです。ランブルスコはっと思っていらっしゃる方も是非お試しください。
19259 ¥1,940(税別)
ドイツ/ラインヘッセン
Lorenz
ロレンツ
  自然派 インポーター:ラシーヌ
創業:約1750年頃  
地区:ライン-ヘッセン フリーゼンハイム村  
造り手:ヨハネス・ロレンツを中心に、家族4世代で 栽培品種:(白品種) リースリング、シルヴァーナー、ショイレーベ、シャルドネ、ヴァイスブルグンダー、フクセルレーベ他  (赤品種) ポルトギーザー、ドルフェンダー、シュペートブルグンダー、サン・ローラン、レゲント、カベルネ・ソーヴィニョン他  
自社畑面積:15ha  
栽培・醸造:有機栽培を実践、畑では化学薬品を使用しない。        
独自の剪定することで収穫量を抑える。ブドウを優しく破砕し丁寧に醸造。     発酵は自然酵母により行い、大樽とステンレスタンクの両方の利点を活かす。  

訪問記 : 2013年2月訪問。畑は枝の仕立て方が独特、通常ドイツの畑は剪定後1、2本の細い枝を残していくのだが、ここの畑では枝を太く生やしさながらジャングルのよう。      
それによって比較的葡萄の房は小さくなり、果実味は凝縮、葡萄同士の距離も空くので、風通しが良くなり、湿気からくる病気にも強くなるとのこと。      
白ワインの醸造所と赤ワインの醸造所は壁で仕切られており、それは白と赤では別の自然酵母が働く為、影響し合わないようにとの考えから。      
自然派の造りと近代的な醸造とが上手く融合している醸造所。
<ラシーヌさんの資料から>
ヴァッハゲクスト・セッコ・ヴァイスNV・ロレンツ Wachgekusst Secco WeiB NV
ヴァッハゲクスト・セッコ・ヴァイスNV
品種:リースリング50%、リヴァーナー50%

2018/1/11 ラシーヌの試飲会にて
トロピカルな味わいに爽やかな酸。
ガスがあってとても飲みやすく、女性にはぴったり。
16556 ¥2,120(税別)
スペイン/ヴィラ・フラーンカ・デル・ペネデス
EQUILIBRI NATURAL
エキリブリ・ナチュラル
    インポーター:サンリヴァティー  自然派
 スペイン東岸の都市、バルセロナとタラゴナのちょうど中心に位置するヴィラ・フラーンカ・デル・ペネデスに居を置く生産者。
 このカヴァは、若き女性醸造家マリア・バレーナとブドウ栽培家のジョセプ・トルトによる、ジョセプの家族が持つ樹齢50年を超える古木の畑から、上質なオーガニック・カヴァを造ろうという情熱によって生まれたプロジェクト。
 畑は地中海から6kmの高台に位置し、その土地の生物多様性の復旧及び保全を念頭においた有機農法を実践しています。
 よって、農薬、殺虫剤、化学薬品は一切使用しておりません。

その努力により、リリース当初から有機の証明を取得しております。
 生産者名のEquilibriは、スペイン語のEquilibrio(エキリブリオ=バランスの意)から取ったもので、人とブドウ畑と土地のより良いバランスを常に模索していこうというコンセプトに基づいています。
 またキュヴェ名の“Funamble”(フナンブル)は“tightrope(綱渡り)”をイメージしており、昆虫や小鳥たちが畑に張られた細い針金を伝って移動する様から、勇気と技術を持ってゴールに向かう“tightrope walker(綱渡りをする者)”を、そして最も重要な事=バランスから名付けられており、ラベルにも綱(針金)と小鳥が描かれております。
カヴァ・フナンブル・ブリュット・ナチューレ・エキリブリ・ナチュラル Funambul Brut Nature
カヴァ・フナンブル・ブリュット・ナチューレ
品種:チャレッロ50%、マカベオ25%、パレリャーダ25% 。
フルーティーでストラクチャーに富んだブリュットナチューレ(エクストラ・ブリュット)。

手作業にてデゴルジュマン。
瓶内二次発酵・15ヵ月熟成・ドサージュ0.5g/L
18798 ¥2,030(税別)
<ワイン地域別一覧 インデックス>
赤ポイントボタンフランス 赤ポイントボタンイタリア(アイウエオ順) 赤ポイントボタンデイリーワイン
ブルゴーニュ(赤) トスカーナ 1,000〜3,000円
ブルゴーニュ(白) ピエモンテ フランス (赤)
ボルドー イタリア(その他の地域) フランス (白)
ローヌ/オーヴェルニュ/プロヴァンス 赤ポイントボタンスペイン/ギリシャ/アメリカ イタリアその他 (赤)
ロワール/アルザス/ラングドック/ジュラ 赤ポイントボタンオーストリア/ドイツ イタリアその他 (白)
赤ポイントボタンシャンパン&スパークリング&ジュース 赤ポイントボタンチリ赤ポイントボタンスイス スパ−クリングワイン
赤ポイントボタン 日本 リボンポイントボタンラッピングについて 
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]