デイリースパークリング Dairy Sparkling

[ hasigoya on line TOP ]   [ ワイントップ ]  [ ご注文方法 ]   [カゴの中身を見る]  [お問い合わせ]
フランス
デイリー赤
フランス
デイリー白
イタリアその他
デイリー赤
イタリアその他
デイリー白
■ ■ ■ ご注文数量は半角英数字でご記入下さい■ ■ ■
フランス・3000円以下のスパークリングワイン
Domaine Ginglinger
ドメーヌ・ガングランジェ
   自然派   インポーター:ヴァンクール
 オーナーであるジャン・フランソワ(ブリュノ・シュレールの親戚)は、1999年に父の畑を継いでワイナリーを起ち上げる。 (以前はブドウを農協に売っていた)1996年から畑を完全にビオ農法に変え、同時にビオディナミを実践に取り入れています。
クレマン・ダルザスラ・クレム・デュ・ペティアン・ダルザス NVドメーヌ・ガングランジェ AC Cremant d'Alsace 2013la creme de petillant d'alsace
クレマン・ダルザスラ・クレム・デュ・ペティアン・ダルザス NV
品種:ピノオーセロワ80%、ビノブラン20%
樹齢:30年平均
収穫日は9月27日、28日。
収量は60 hL/ha。
2011年からクレマン・ナチュレルに挑戦したが、満足の納得の行く泡が出きず、再びティラージュにビオの酵母とショ糖を使用し、泡を造っている!ノンドザージュ、デゴルジュマン無しのエクストラブリュット!SO2無添加!ノンフィルター!

2017/1/10 ヴァンクールさんの試飲会
綺麗な香り、フレッシュな酸とミネラル。キレの良いガスと余韻が心地よいです。
18743 ¥2,650(税別)
フランス/ガイヤック
La Ferme du Vert
ラ・フェルム・デュ・ヴェール
   自然派  インポーター:
オーナー、醸造責任者:ジェローム・ギャロー
ドメーヌ創業年:1997年
歴史:ガイヤックで長年農場を経営している家系の6代目。
ブドウ畑だけでなく、牛を飼い穀物の栽培もしている。
1997年に父親が元詰めを始め、徐々にワインの生産量を増やしていく。
父親の代まではいわゆるナチュラルワインではないが栽培は常にオーガニック。
ジェローム・ギャロー氏
必要とあればビオロジック農法で認証されている以外の農薬も撒くつもりだが、実際に撒いたことはまだ無い。近くの町から数km離れた山の中に6haの畑を持ち、オーベルジュも経営している。
<畑について >
栽培方法:オーガニック
その栽培方法の開始時期:1997年
その栽培方法を適用している畑名:全て
栽培方法の将来的な展望:オーガニック
認証機関:なし
土壌:赤土の層が何メートルも続いている
微気候:地中海、大西洋、大陸、ピレネーに由来する4つの気候が影響しあって、毎年気候の変化が大きく流行る病気も違う。
自社ブドウ畑面積:6ha(内4haを息子のジェロームが、2haを父のジャックが所有) 契約ブドウ畑面積:なし
自社ブドウ畑の数:5つ
自社栽培ブドウ品種:モーザック、モスカテル、ブロコル、デュラス
主な仕立て方法:ギュイヨ
仕立ての支柱の素材:木
仕立ての添え木の素材:木
<醸造について >
酵母のタイプ:野生酵母
圧搾方式:空気圧式プレス
醗酵容器:グラスファイバータンク
熟成容器:グラスファイバータンク、バリック(225l)
セラー環境:現在改装、増築中。冷房付きの地上セラー。
コンクリートで建てられた倉庫をセラーとして使っている。
年間生産ボトル本数:2013年 3,000本  2014年 10,000本(予定)
ラシーヌさんの資料より
ランジュ・ルー2013ラ・フェルム・デュ・ヴェール L'ANGE LOU 2013
ランジュ・ルー2013
土壌:赤土
畑の向き:南
仕立て方法: ギュイヨ
品種:モーザック100%
平均樹齢:20年、65年
収穫量:22hl/ha
醸造  選果の場所:畑の中
マセレーション:なし
酵母の添加有無:なし
醗酵容器: グラスファイバータンク
アルコール醗酵期間:2週間、瓶詰め後半年かけて再醗酵
醗酵温度コントロールの有無:なし
熟成容器:ボトル
熟成期間:1年
濾過:あり(紙製)
清澄:なし
醗酵中の亜硫酸添加量:なし
総亜硫酸量:33mg/L
SO2添加のタイミング:ビン詰前
当キュヴェの年間生産量:5,000本/年
ワイン名:ガイヤック方言で天使の意
追記  一次発酵が終わる前に、0度まで冷やし、フィルターにかけて亜硫酸を添加し発酵を一度止めて瓶詰め。  冷やした上でフィルターにかけるので、液体は透明。  春先から瓶内2時醗酵が始まるがとてもゆっくりで、糖分を醗酵し尽くすには約半年かかるのでリリースは翌年の9月〜10月。以上の醸造上の特徴からいわゆるペティヤン・ナチュレルではない。

2015/6/10 ラシーヌの試飲会にて
シュワシュワとした感じラムネのようなに蜜っぽさ、ミネラルもあって心地よい味わい。
18511 ¥2,730(税別)
フランス/ロワール
Domaine du Petit Coteau
ドメーヌ・デュ・プティ・コトー
  自然派
 現オーナーのジル・フェレイは1971年にパリの病院で手術の執刀医として活躍していました。1994年、60歳を迎えたのを機に退職し、シャトー「モンコントゥール」を畑ごと買い、総面積120haのワイナリーオーナーとなりました。 2005年、ルメール・フルニエの畑を買い「ドメーヌ・プティ・コトー」を新しく立ち上げました。
ヴヴレー・メトード・トラディショネル・ドメーヌ・デュ・プティ・コトー Vouvray Methode Traditionnell
ヴヴレー・メトード・トラディショネル(2013)
品種:シュナンブラン100%
樹齢:28年〜53年
収穫日は10月20日〜23日。収量は25hL/ha。ドザージュ12 g/L。元々「ルメール・フルニエ」の畑で、ロートル、セック、ドゥミセックの区画が中心で、 他にレバールの区画のブドウも入っている!ワイン名はヴヴレー特有の堆積岩石灰土壌(Tuffiere)から取った! 青リンゴ、ニワトコの花、潮の香り。ワインはふくよかかつ泡立ちが滑らかで広がりがあり、キレのあるシャープな酸と 心地よいミネラルの苦みが口の中でスッと溶ける!

ヴァンクールの試飲会で

優しい泡と白桃やマスカットのような甘味を感じる味わい。
ミネラルも綺麗でピュアな味わい。当店定番のペティアンです。
17604 ¥2,430(税別)
Les Capriades
レ・カプリアード
   自然派 インポーター:ヴォルテックス
パスカル・ポテールは95年ジャニエール、1998年にヴ ヴレーで働いた後、02年ドメーヌ・ボワルキャの責任者になる。平行して03年から彼自身のワインをつくり始 め、05年にボワルキャを退職後、正式にレ・カプリアードを立ち上げる。2011年9月、モーズ・ガドゥッシュと共 に共同経営として、ドメーヌとネゴシアンも兼ね備えた新生レ・カプリアードを立ち上げ現在に至る。
VdF ペティアン・ナチュレル・ブラン・ペパン・ラ・ピュル 2010レ・カプリアード VdF Petillant Naturel Pepin la Bulle 2014
VdF ペティアン・ナチュレル・ブラン・ペパン・ラ・ピュル 2014
品種:シュナンブラン65%ムニュピノ20%、シャルドネ15%
収穫日は9月22日、23日。
収量は30hL/haと例年の40%減!残糖は20g/L。
ブドウは新たなブドウ栽培者シルヴァン・リースト、エステル・メートル、フランソワ・サン・レジェールから!
ワイン名を直訳すると「女の子への罠」!
女性もつい飲みすぎてしまうくらい美味しいペティアンという意味がある!
ノンフィルター、SO2無添加!
洋ナシ、グレープフルーツ、西洋菩提樹、ホワイトチョコ、ミネラルの香り。ワインはフレッシュかつ泡立ちに勢いがあり、 優しくまろやかな甘味をシャープな酸とキレのあるミネラルが力強くせり上げる!

2016/4/26 ヴァンクールの試飲会にて
ふわっとした甘酸っぱさ。酵母やレモンスカッシュのような味わい。少し冷やし気味にすると美味しさが増します。
18288 ¥2,900(税別)
Chateau Gaillard
シャトー・ガイヤール
   自然派 インポーター:ル・ヴァン・ナチュール
シャトー・ガイヤールは、アンボワーズと ブロワの間にあるロワール側の北岸に位置する丘にあります。1978年からVincent Girault氏が栽培家・ 醸造家として、ブドウ栽培・ワイン作りを行っています。ブドウ畑の耕作はビオディナミに乗っ取っていて、 1992年からDemeterの認証を得ています。 Vincent Girault氏の家系は1854年からブドウ栽培・ワイン醸造の仕事に関わってきました。 彼は両親の仕事を助けながら成長し、1978年、18歳の時にシャトー・ガイヤールの14ヘクタールの土地を購入。 醸造家、栽培家の勉強を1982年に修了すると、正式に、シャトー・ガイヤールに住み込み、生産に専念しています。 現在、シャトー・ガイヤールの畑は全部で30ヘクタールあり、そのうち17ヘクタールで赤ワインを、 13ヘクタールは白ワインを生産しています。
クレマンス・ゲリーシャトー・ガイヤール Clemence Guery
クレマンス・ゲリー
品種:シュナン60%、シャルドネ25%、フラン15%
軽く清澄したのち、野生酵母で、18度から20度に保ったステンレスタンクで発酵。12月に澱引きと濾過をし3月に瓶詰。2年間、12度で熟成した後、シャンパーニュと同様の方法でデコルジュマンをし、ドサージュを添加する。2ヶ月間休ませた後に、出荷開始。 色合いは薄い黄色で、上品で長い泡もち。柑橘系の味わいが中心で、最後に樽のニュアンスを感じる。新鮮かつ凝縮感あり。余韻が永い。8度くらいで食前酒に最適。

2015/09/25 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会で
酸の伸びが良く、泡が上品です。フレッシュな味わいと柑橘系の味わいが特徴です。
18498 ¥2,530(税別)
Le Vinsans Ricard
ル・ヴァンサン・リカール
   自然派
アンボワーズの醸造栽培学校を卒業、シノンのフィリップ・アリエやクロード・ルヴァスール(モンルイのフランソワ・シデンヌの叔父)で修行を積んだヴァンサンは、1998年以降テーゼ村のドメーヌに戻り父のアランとともに土壌の特長を生かしたワイン生産をするべく働いています。
 シェール川沿い丘陵地に位置するドメーヌ・リカールは、5世代続くファミリードメーヌ。 17haを所有するうち12.7haはソーヴィニヨン・ブラン、他はガメィ、カベルネ・フランが植えられています。
ル・ヴァンサン・リカール氏
南東向きの粘土石灰質土壌の畑で、自然環境を尊重したブドウ栽培を実践しています。 これまでも農薬や化学肥料など使用しない農法でブドウ栽培をしてきましたが、これまでも農薬や化学肥料など使用しない農法でブドウ栽培をしてきましたが、2013年に正式にエコセルトの認証を受けました。
 収穫はすべて手作業、自然酵母での醗酵、酸化防止剤はソーヴィニヨン・ブランのフレッシュな美味しさをキープするため入れるが、添加量はできるだけ控えているとのこと。
RVF(ルヴュ・デ・ヴァン・ドゥ・フランス)やルージュ・エ・ブラン(フランスの自然派の優良生産者達を丁寧に紹介する実直な雑誌)での評価も高い、今後の活躍が楽しみな期待の出来る生産者です。
ヴァン・ド・ペイ・ターブル・ムスー NV(2008)ル・ヴァンサン・リカール VdT MOUSSEUX NV 2014
ヴァン・ド・ペイ・ターブル・ムスー NV(2014)
品種:ソーヴィニヨンブラン100%
樹齢30年
畑 南北東方面の緩やかな傾斜地、(白色)粘土石灰質土壌が表面を覆い、地中はチュフォ(石灰土壌と珪土質土壌シリスの混ざったもの) ただ畑の区画は必ずしもプチオではなく、年によってトロワ・シェーヌであったり、プチオだったりする。ぶどうの度数や味わいによって決める。収穫時の糖度は約12.40%、過熟のブドウを避けながら充分に熟したものを厳選する。ちなみに2008のヴァン・サン・リカールのぶどうはトロワ・シェーヌのものを使用。 収穫はすべて手作業、自然酵母での醗酵、酸化防止剤はソーヴィニヨン・ブランのフレッシュな美味しさをキープするため入れるが、添加量はできるだけ控えているとのこと。 RVF(ルヴュ・デ・ヴァン・ドゥ・フランス)やルージュ・エ・ブラン(フランスの自然派の優良生産者達を丁寧に紹介する実直な雑誌)での評価も高い、今後の活躍が楽しみな期待の出来る生産者です。

2011/02/22 ヴァンクールの試飲会
 細かくて優しいガスと、若々しい果実の酸味が心地よい。青りんごのような爽やかでフレッシュな果実味を感じます。フルーティーでもあり、初心者が飲んでも、ワイン好きの方が飲んでも納得頂ける味わいです。気軽に飲んでください。
17657 ¥2,200(税別)
イタリア/ エミリア・ロマーニャ
Vittorio Graziano
ヴィットーリオ・グラツィアーノ
 自然派  インポーター:エヴィーノ
現在生産されているランブルスコの99%を占める、平地でのブドウ栽培と、 大型のアウトグラーヴェ(加圧式ステンレスタンク)による大量生産。しかし、ヴィットーリオが追求するのは残りの1%、 自然環境を重視したブドウ栽培と、古典的な瓶内醗酵を前提として極力介入や添加を行わない醸造。畑では自然環境をメインに考え、 不耕起、無肥料による草生栽培を実践。人為的な介入を最小限に抑えることで、ブドウそれぞれの持つ個性(野性味)を引き出す。
ブドウについても畑に残っていた古樹より自ら苗木を取り、クローン選抜される以前のランブルスコ系のグラスパロッサ、サラミーノ、 ソルバーラ。
ヴィットーリオ・グラツィアーノ
「ランブルスコ系統でいえば、モデナを代表するといってもいいグラスパロッサは、その名の通り梗(及び葉)が赤く、 果皮の厚みと房の大きさあるブドウ。だけど、巷にあるグラスパロッサには、この畑にあるような個性はほとんど見られないな。 そのように改良されてしまっているんだ。そして最も古くからあるとされているソルバーラ、結実がとても悪く色調も薄いけど、 素晴らしく繊細な香りと骨太な酸を持っている。そして房が小さいサラミーノは果実が密集、豊かなタンニン。トレッビアーノについても 同じ、モンタナーロは厚い果皮と十分なエキス分。そしてスパーニャは未知な部分が多いブドウだけれど、 繊細な酸と奥行きのあるブドウ。」 そう語るヴィットーリオ。
リーパ・ディ・ソプラヴェント 2014ヴィットーリオ・グラツィアーノ Ripa di Sopravento 2015
リーパ・ディ・ソプラヴェント 2015
品種:トレッビアーノ・モンタナーロ、トレッビアーノ・ディ・スパーニャ

2016/9/14 エヴィーノさんの試飲会にて
泡がたっぷりしてレモンやシトラスのような爽やかな酸とミネラル豊富でキレがよくフレッシュです。
18678 ¥2,770(税別)
イタリア/ヴェネト
trevisiol
トラヴィジオール
トレヴィジオール家は、初めてプロセッコを造り始めた人たちのひとつ。葡萄栽培とワイン造りは「出来る限り伝統的に」が哲学。 トレヴィジオール家
ヴァルドッビアーデネ・プロセッコ・スペリオーレ・ブリュット・トラヴィジオール Valdobbiane Prosecco Superiore-Brout
ヴァルドッビアーデネ・プロセッコ・スペリオーレ・ブリュット
ラベルが変更になりました。
品種:ブロセッコ100%
青りんごの果実味とたっぷりのガス。きりっと冷やして飲むのに最適な辛口スパークリングワインです。
19065 ¥1,870(税別)
Borgo Antico
ボルゴ・アンティコ
コネリアーノ・ヴェネトの丘陵地で代々マルケージン家によって営まれています。マルケージン家は自社畑から収穫されたブドウの使用、醸造からビン詰めに至るまで丁寧に伝統を守りながら造っています。
コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ・プロセッコ・スペリオーレ・ミッレジマート 2010ボルゴ・アンティーコ Conegliano Valdobbiadene Prosecco Superiore Millesimato 2014
コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ・プロセッコ・スペリオーレ・ミッレジマート 2014
品種:プロセッコ100%
イタリアのスパークリングの代名詞とも言えるプロセッコです。。

2011/7/6 ラシーヌの試飲会にて
爽やかな泡と厚みのある味わい。酸も綺麗で美味しいプロセッコです。
17385 ¥1,940(税別)
南米チリ
Cono Sur
コノスル
93年に設立された「コノスル」は9年間でチリで6番目に大きなワイナリーとなり、現在では80万ケースを32ヶ国に販売しています。
コノスル・スパークリング・ブリュット Cono Sur Sparkling hrut
コノスル・スパークリング・ブリュット
辛口のスパークリングワインです。
15461 ¥1,650(税別)
◆◇◆◇デイリー・スパークリング(ロゼ)◆◇◆◇
フランス / ロワール
Nana Vins
ナナ・ヴァン・エ・カンパニー
自然派  インポーター:ヴァンクール
クリスチャン・ショサールの奥様のナタリーのネゴシアンブランド「ナナ・ヴァン・エ・カンパニー」が出来ました。
クリスチャン・ショサールがヴヴレーで本格的にワインづくりを始めたのは1988年。ビニョロンの仕事と、醸造学校の講師を掛け持ちながら1999年までワインづくりを続ける。その後、ヴヴレーのワイナリーを引き払い、2002年再びジャニエールにドメーヌ・ブリゾーを立ち上げる。2012年にクリスチャンが亡くなり、その後を妻のナタリーが引き継ぎ現在に至る。
ペティアン・ナチュレル・バブリー!2013ナナ・ヴァン・エ・カンパニー petillant naturel VdF Bubbly!Rose 2013
ペティアン・ナチュレル・バブリー!2013(ロゼ)
品種:サンソー100%
収穫日は8月29日。
収量は30hL/ha。
残糖は10 g/L!
品種は2013年からグルナッシュ&シラーに代わり、 ヴィエーユ・ヴィーニュのサンソー100%!
買いブドウはエミール・レディアから!
ノンフィルター!SO2無添加!

2015/1/7 ヴァンクールの試飲会
泡が力強く、いちごの甘ずっぱい感じと濃厚さ、フレッシュでミネラル感があって心地よさを感じます。
17494 ¥2,500(税別)
Les Capriades
レ・カプリアード
   自然派 インポーター:ヴォルテックス
パスカル・ポテールは95年ジャニエール、1998年にヴ ヴレーで働いた後、02年ドメーヌ・ボワルキャの責任者になる。平行して03年から彼自身のワインをつくり始 め、05年にボワルキャを退職後、正式にレ・カプリアードを立ち上げる。2011年9月、モーズ・ガドゥッシュと共 に共同経営として、ドメーヌとネゴシアンも兼ね備えた新生レ・カプリアードを立ち上げ現在に至る。
VdF ペティアン・ナチュレル(中辛口)・ロゼ・ピエージュ・ア・フィーユ・レ・カプリアード VdF Petillant Naturel (2010)Pieges a Filles 2013
VdF ペティアン・ナチュレル(中辛口)・ロゼ・ピエージュ・ア・フィーユ 2013
品種:ガメイ75%、コー25%
スモモや若いパイナップル、サクランボ、ミネラルの香り。ワインはフレッシュかつほのかな甘さと酸がとてもス マートで、柔らかなムースと引き締まったミネラルが味わいをキリッと整える!
収穫日は9月2日〜4日。残糖分は8g。 ワイン名を直訳すると「女の子への罠」!女性でもついつい飲みすぎてしまうくらい美味しいペティアンという意味がある!

2014/10/2 ヴァンクールの試飲会にて
いちごやサクランボのようなほのかな甘味を伴う酸味を感じました。 決して甘くなく爽やかで、泡がやわらかくキリッとした味わいです。
18110 ¥2,650(税別)
SARL PENTE des COUTIS
パント・デ・クティ
   自然派     インポーター:ラシーヌ
 地区、村:Vendome ヴァンドーム
造り手:Emile HEREDIA エミール・エレディア
 ヴァンドームの森近郊に7haを所有するオーナーのエミール・エレディア氏は ピノ・ドニスのスペシャリストとして有名です。
石灰質の南向き斜面にある畑に育つ樹の多くは70年から140年の古木で、作業はすべて馬でおこなっています。
ヴァン・ド・フランス・ペティ・グリ 2011パント・デ・クティ VdF Petill Gris 2011
ヴァン・ド・フランス・ペティ・グリ 2011
品種:ピノー・ドニス 100%
ル・グリ・ド・ヴァンドモワ(Le gris de Vendomois)として 唯一認可されている品種がピノ・ドニスです。
 このキュヴェはペティヤンなので原産地名称(Appellation)なしです。 ほかのブドウと同様、化学物質と一切使用せずに栽培しています。 収穫したブドウをドメーヌ到着直後にプレスすることにより特徴的な色調を帯びます。 6HLの小型ランクで白ワインとして醸造します。 発酵を長い期間(6ヶ月間)おこなうことによりワインに余韻と複雑さを与えます。
 発酵が終わる前にボトリング、そして18ヶ月間熟成させデゴルジュマンをおこないます。

2014/7/24 ラシーヌさんの試飲会
ザクロのような薄甘く、果皮からくるにがみのような感じとがうまく混ざり合っている。
18356 ¥2,900(税別)
Agnes et Mosse
アニエス&ルネ・モス
   自然派 インポーター:ヴァンクール
現オーナーであるルネ&アニエスは1987年から トゥール市内でバーを兼ねたワインショップを営んでいたが、93年にショップを閉めヴィニョロンへと転身を図る。 94年にアンボワーズの栽培醸造学校に通い(この時に彼らに教えた先生がティエリ・ピュズラとクリスチャン・ショサールだった)95年にはポワティエ、97年にはブルゴーニュでワインの研修をする。 99年サン・ランベール・デュ・ラティ村にあるドメーヌを引き取りドメーヌ・モスを立ち上げる。 ルネ&アニエス夫妻
VdF ムサムセット 2010アニエス&ルネ・モス VdF Moussamoussettes 2014&2015
VdF ムサムセット 2014&2015
品種:グロローノワール70%、グロローグリ25%、ガメイ、カベルネ5%
樹齢:25年
2014年は王冠の問題があり、2015年とアッサンブラージュしている!
残糖は3g/Lのエクストラブリュット!
デゴルジュマンなし!
グロローノワールはビオ生産者トビー・ベンブリッジから。
その他はル・レザン・ア・プリュムなどから購入。
ワイン名は、ルネモスの友人の子供の名前、男の子「ムサ」と女の子「ムセット」を合わせて命名した! ノ
ンフィルター!
SO2添加はプレス時に10r/L添加

2016/8/30 ヴァンクールの試飲会にて
とろんとした蜜っぽさ、厚みがあってパイナップルやさくらんぼ、鉱物的な味わいも感じます。 心地よい苦味もあって余韻も永く、爽やかな泡が上手くマッチしています。
18108 ¥2,800(税別)
フランス / ローヌ
La Grande Colline
ラ・グランド・コリーヌ
  自然派
3人で構成されているオーナーのひとりで栽培及び醸造の責任者である大岡弘武(おおおかひろたけ)さんは、明治大学理工学部を卒業後フランスへ渡り、ボルドー大学醸造学部でワイン全般を学んだ後にローヌ最大手GUIGAL社の、ジャンルイ・グリッパが所有していたサンジョセフの区画における栽培責任者を務めました。
その後、北ローヌ地方を代表する自然派ワインの生産者で最高のコルナスを造ることで知られるティエリー・アルマンに師事、最後は栽培長を任されるまでになりました。

現在の大岡さんは、ティエリー・アルマンから完全に独立を果たして8種類のワインを造っております。
ブドウは、彼が所有する畑、借りている畑、そして信頼のおける生産者から購入したもので構成されております。
栽培はビオロジックを実践しており、除草剤や化学肥料は使用しません。
農薬は化学合成薬品ではなくボルドー液や硫黄(どちらもビオディナミの認証団体である「デメテール」で認可されているもの)に限定し、使用回数も極力減らしております。
また、2月から3月にかけて行う遅い時期の剪定で徹底して不要な芽を取り除き、遅霜の影響を大きく受けるリスクは高まりますが、青刈りが不要となる理想的な収量制限を実現できることも栽培における特徴的なことでしょう。
「少量でも構わないから良いブドウだけを育てたい」、大岡さんの畑仕事における考えです。

醸造においては、その土地に育つブドウが醸し出す、純粋かつ繊細な果実味を楽しんでいただくことを目的として、野生酵母による自然な発酵とビン詰めに至るまでの全ての過程において酸化防止剤を使用しないことが特徴です。
そのため、単に収量が少ないだけではなく、収穫されたブドウを更に選別して傷んでいない果実だけを使った醸造を心がけています。

同   ロ ゼ:ミュスカ・ダンブール 100%
        自社畑から70%,借りている畑から30%,で構成される。
* この品種は、マスカットの亜種で果皮の色は黒です。基本的に食用ブドウであり多産系。
普通の栽培ではワインには向かないが、極端な収量制限により収量は20hl未満となる。
房全体をそのまま圧搾することで、皮から出る色素によりワインに色が付きます。

どちらも野生酵母による温度コントロールをしない状況下での発酵、赤はグラスファイバー製の開放タンクを使用し、1日1回の脚によるピジャージュ。アルコール発酵は長い間続き、発行中にプレスも行う。発酵終了の後もそのまま約4ヶ月間の熟成。

ロゼは小樽で発酵させるが、絶えずワインを入れておくことにより硫黄による樽の消毒を回避することを目的としている。
基本的には赤の熟成に樽を使うため、ロゼは発酵途中でグラスファイバー製のタンクに移す。一端オリが取り除かれるため、発酵期間は赤よりも長くかかる。

赤、ロゼともに熟成中のおり引きは一切なく亜硫酸も無添加、ビン詰めの際に清澄、ろ過のどちらも行わない。
まさに、大自然の恵みそのものと言っても過言ではないワインです。
ル・カノンとは「一杯やろう!」の意味で、その名のとおり気軽に飲んでいただけるよう軽い味わいながらも溢れるような果実味を持ち味としております。

(インポーターの資料から)
ル・カノン・ロゼ・プリムール(2010)ラ・グランド・コリーヌ Le Canon Primeur (2015)
ル・カノン・ロゼ・プリムール(2015)
品種:ミュスカダンブール100%
大岡さんより
「2015年はとても天候に恵まれた年で健全で熟した葡萄が取れました。葡萄の皮も完全に熟していたようで例年より色素の抽出が早くロゼの色が強く出ています。
11月20日現在の状態ですが、すでに強い泡がありますので、完全に冷やしてから抜栓することをお勧めします。現時点での香りは花の香り、特にバラが強いように感じます。
それからいつものマスカットの香りが合わさります。口に含むとまだ若干糖分が残っているのでふくよかなな印象を受けますが、今後糖分が減ってくると大分イメージも変わるとは思います。
例年よりしっかりしたロゼプリムールなので食前酒はもちろんのことながら、お食事にも合わせやすいワインだと思います。皆様のお口に合うと嬉しいです。」

ややオレンジがかった濃い目のピンクで濁りがあり、ガス圧は高めでしっかりと泡立ちがあります。
抜栓の際吹きこぼれることはありませんが、念の為よく冷やしてから抜栓をお願い致します。
完熟したネクターや赤いプラムなどのジューシーな香りに、バラなどの華やかな香りが広がります。
ここ数年では久々にやや残糖感があり、ボディも味わいもしっかりとした凝縮感と旨味のある味わいとなっています。

抜栓時、泡立ちと共にやや澱が舞い上がります。その際は、余韻に仄かに豆を感じる方がいらっしゃるかもしれません。
ですが、それを上回る果実味や味わいがあることで邪魔な印象は受けません。2時間程度経過し、澱が下がった状態で確認しましたところ、全く豆のニュアンスを感じませんでした。その後もこまめに試飲をしましたが、空気に触れたことでやや色合いに褐変が見られますが、当日、翌日ともに味わいに極端な変化はありませんでした。
気になる場合は、澱を落ち着かせてからお楽しみ頂ければと思います。<インポーターさんの資料から>
17668 ¥2,750(税別)
フランス/ジュラ
ALAIN RENARDAT-FACHE
アラン・ルナルダ・ファッシュ
  自然派
 ビュジェ村の手前の急な細い山道を数百メートル登り、小さな橋を渡ると人口115人、ワイン生産者5件のときおり霧に包まれる美しいメリニャ村に到着します。 ファッシュさんは、現在一緒に仕事をしている息子さんで6代目になる古くからの生産者です。
 長年に渡りビュジェ・セルドンの品質を広く理解してもらおうと様々な努力を続けてきましたが、いよいよ2010年(2009年産)から”AOCビュジェセルドン”が名乗れるようになり「ここまでくるのに大変だったよ」と喜びを噛みしめている様子でした。 この”メソードアンセストラル”がシャンパーニュと違いリキュール添加、補糖が認められていない所を非常に重要視して区別しています。
 作り方は昔から変わらず自然に任せていますが2009年には、自社畑の一部プルサール4haとガメィ8haを「AB=アグリカルチュール・ビオロジック」に申請中です。 ビュジェセルドンの生産者は、現在40人。
 メリニャ村には、そのうち5件の生産者のみですが、ルナルダは中でも一番広く畑を所有しています。
古くは、USA,オランダ、ベルギーに輸出され、最近はカナダ、オーストラリア、イギリス、そして日本からも多くの需要がある人気のドメーヌです。<インポーターの資料から>
ビュシュ・セルドン・メトード・アンセストラル 2014アラン・ルナルダ・ファッシュ Bugey Cerdon 2014
ビュシュ・セルドン・メトード・アンセストラル 2014
品種:ガメイ2/3、プルサール1/3
畑:4haのプルサールと、8haのガメィ。
栽培:ビオロジック 。株の回りのみ草を取り、畝の中心は残す。20年以上防虫剤不使用。 取りの羽を燃やした粉でディナミゼをしている。
肥料は必要に応じて使用。
収穫量:60hl/ha
醸造・熟成:通年9度に保たれているセラーにて醸造。      酸化を防ぐ為SO2をいれて圧搾。醗酵温度20度で6気圧に保ちながら温度を下げて行き、最終的に2度で4気圧にする。  特徴:メリニャ村の様々な場所に畑を持つ。
<ヴォルテックスさんの試飲コンメント >
桜やさくらんぼを想わせる、やや赤みのあるキレイなピンク色で、見るだけでもウキウキする可愛らしい色合いです。
グラスに注いだ瞬間シュワシュワっと音を立て、泡と共に甘やかな香りが漂います。
瞬時に泡は落ち着き、細かな気泡がゆらゆらと上がってきます。 イチゴジュースや飴などの 優しい甘い香りに、バラなどの華やかさが加わります。
味わいは、とても細かい泡と甘味が 口いっぱいに広がり、赤いリンゴをかじったようなフレッシュな酸とタンニンが、とても爽やかに感じ余韻まで続きます。  とてもジューシーで甘酸っぱい可愛らしい味わいは、食前酒やデザートと共に、また、 青空を眺めながら木陰で楽しんだりと、様々なシーンで活躍してくれます。

2015/4/15 ラシーヌさんの試飲会にて
キメの細かな泡がたっぷり。
イチゴやさくらんぼのような甘酸っぱさ。キレが良いです。
16911 ¥2,170(税別)
Philippe Balivet
フィリップ・バリヴェ
  自然派
セルドンはリヨンとジュネーヴをつなぐ線の中間に位置しており、ローヌ・アルプス地方の中心地にあたります。 フィリップ・バリヴェは、「ビュジェイ・セルドン」で有名なラファエル・バルトゥッチと同じメリニャ村に蔵を構えます。 蔵の名前である父のフィリップ氏は現在、主な仕事を二人の子供、セシルとヴァンサンにバトンタッチしましたが、いつも畑に出て作業をしながら若い後継者を見守っています。 土壌に優しい農業をすれば、ナチュラルな風味のワインがおのずとできるよ。 美味しいブドウはいつもアナグマなどに狙われているね、と笑います。 ブドウが有する糖分だけで造られるこのワインは、きめの細かな泡が溶け込んだ微発泡性のロゼワインです。 イチゴ、さくらんぼやグロゼイユの風味が豊かに香るほんのりとした甘口。アルコール度が8%のとってもソフトな飲み口と、滑らかなで魅力的な泡が楽しめます。<インポーター資料から>
V.D.Q.Sビュジェ=セルドン・メトード・アンセストラル・フィリップ・バリヴェ Bugey Cerdon Methode Ancestrale
V.D.Q.Sビュジェ=セルドン・メトード・アンセストラル(10)
バルトッチ並の美味しさを誇る新生バリヴェ。酸がきれいです。イチゴのような甘さを上手に酸が抑えています。アフターも永く心地よい甘さが続きます。
17520 ¥2,580(税別)
◆◇◆◇デイリー・スパークリング(赤)◆◇◆◇
イタリア/ ロマーニャ
LA COLLINA
ラ・コッリーナ
  インポーター:ヴィナイオータ 自然派
1975年に12人のメンバーによって、社会生活を共に送っていく大きな“家族”を形成すべく創設された農業協同組合で、1980年以降は薬物依存者の更生施設としての機能も果たすようになる。 200ヘクタール以上の広大な土地を所有し、畑ではバイオダイナミクス農法を実践、堆肥なども自家生産し、ブドウ以外にも野菜・果物を生産し、それらを使いワイン、 トマトソース、パスタなども生産している。牛や豚なども飼っており、与える飼料も無農薬の自家生産の物を与えている。食肉だけでなく、 サラミなどの加工品も一部生産している。それらの製品は直売所で販売されている。
ランブルスコ・シオール・ペポ・ラ・コッリーナ Lambrusco Sior Pepo
ランブルスコ・シオール・ペポ
品種:グラスパロッサ、サラミーノ、マエストリ、マルボ ジェンティーレ
綺麗な赤い色をしたスパークリングワイン。
タンニンもあってどなたにも気に入って頂けます。
「ラ・コッリーナ:シオール・ペポ」は、「クアレジモ」と同じランブルスコですが (ぶどう品種も同じです)
「クアレジモ」はシャルマー方式で残糖(糖分を残す)方法。
「シオール・ペポ」は瓶内二次発酵を行い、少し辛口に仕上がっている、といった、 微妙な違いがあります。
19273 ¥1,790(税別)

ランブルスコ・デル・クアレジモ・ラ・コッリーナ Lambrusco del Quaresimo
ランブルスコ・デル・クアレジモ
品種:グラスパロッサ、サラミーノ、マエストリ、マルボ ジェンティーレ
綺麗な赤い色をしたスパークリングワイン。
「ラ・コッリーナ:シオール・ペポ」は、「クアレジモ」と同じランブルスコですが (ぶどう品種も同じです)

「クアレジモ」はシャルマー方式で残糖(糖分を残す)方法。
19258
只今入荷待ちです。
¥1,790(税別)
<ワイン地域別一覧 インデックス>
赤ポイントボタンフランス 赤ポイントボタンイタリア(アイウエオ順) 赤ポイントボタンデイリーワイン
ブルゴーニュ(赤) トスカーナ 1,000〜3,000円
ブルゴーニュ(白) ピエモンテ フランス (赤)
ボルドー イタリア(その他の地域) フランス (白)
ローヌ/オーヴェルニュ/プロヴァンス 赤ポイントボタンスペイン/ギリシャ/アメリカ イタリアその他 (赤)
ロワール/アルザス/ラングドック/ジュラ 赤ポイントボタンオーストリア イタリアその他 (白)
赤ポイントボタンシャンパン&スパークリング&ジュース 赤ポイントボタンチリ赤ポイントボタンスイス スパ−クリングワイン
赤ポイントボタン 日本 リボンポイントボタンラッピングについて 
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]