ボルドー インデックス BORDEAUX INDEX

[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [メーリングリスト登録] [お問い合わせ]
BORDEAUX INDEX
オーメドック
Chateau Cantenac
シャトー・カマンサック
←ページに飛びます
シャトー・カマンサックはオーメドックの歴史あるシャトーです。
Chateau Cantenac Brown
シャトー・カントナック・ブラウン
←ページに飛びます
シャトー・カントナック・ブラウン 2000シャトー・カントナック・ブラウン 2006年に、シリア系イギリス人、シモン・ハラビ氏がシャトーを所有。カントナック村に位置しています。
ガイヤック
Domaine de Causse Marines
コス・マリーン
←ページに飛びます
プレスク・アンビュル 2012コス・マリーン Patrice LESCARRET氏が、1993年に8ヘクタールの畑から 始めたこのドメーヌは、現在15ヘクタールを所有しており、 伝統的な土着品種を中心に栽培しています。  なみに、Causse Marinesというドメーヌの名前は、Marinesというこのドメーヌの畑の下方を流れる小川と、 Causseというこの痩せた石灰土壌の名前を組み合わせて命名されました。 Patrice LESCARRET氏は、とても個性的な人物です。(彼曰く、「16歳まではボルドーワインだけを飲んで育った」とのことです。
コート・ド・カスティオン
Clos Leo
クロ・レオ
←ページに飛びます   自然派   インポーター:オルヴォー
クロ・レオ・カスティヨン・コート・ド・ボルドー 2012 シャトー・ヴァランドローのテュヌヴァン社で働いていた日本人、 篠原麗雄(しのはら れお)氏が2002年、0,82haの畑を購入して造り始めたガレージワインです。
コート・ド・フラン
Chateau Cru Godard
シャトー・クリュ・ゴダール
←ページに飛びます
自然派 インポーター:ル・ヴァン・ナチュール
クリュ・ゴダール・ソーヴィニョン2013 シャトー・クリュ・ゴダールは、ボルドーのコート・ド・フランに約2haの ブドウ畑を所有しています。4世代続く、家族経営のシャトーで、1998年から現在のフランクとカリーヌ夫妻が栽培・ 醸造にあたっています。最初は減農薬農法で栽培をしterra-vitisの認証を得ていました。2000年までは、 協同組合としてワインを醸造していましたが、品質向上を目指し、状態の悪い畑を放棄し、醸造・瓶詰を自ら 行うようになりました。2007年から有機栽培に移行し、現在、Ecocert認証を申請しています(2008年ヴィンテージは移行2年目)。
サンジュリアン
Domaine du Jaugaret
ドメーヌ・デュ・ジョガレ
←ページに飛びます
ジョガレ 2008ドメーヌ・デュ・ジョガレ フィラストラ家は、1654年以降、350年以上もの間ワイン造りを続け、1.25haの土地を6つの区画に分割し、独りで手入れをし続けている。
ジョガレの当主ジャン・フランソワ・フィラストラ(Jean-Francois Fillastre)は、伝統的なフランスのワイン造りを頑固に守り、有機農法でブドウを育て、ワインを醸造している。
Chateau Talbot
タルボー
←ページに飛びます       自然派
Ch タルボー 1995 グリュオ・ラローズの姉妹シャトー。芳醇で魅力的で香りの強いワインであり、グラスからはっきりとしたオリーブ、土、グリルした牛肉とブラックカラントの香りのブーケが匂いたつ。酸度は低く、丸みがあって、みずみずしく、豊かで果実味に富んだ味わいがある。
Chateau Lanessan
シャトー・ラネッサン
←ページに飛びます       自然派
ボルドーの格付けを行う際に「格付けなんて必要ない」と、サンプルを送らなかった為に格付けには入っていませんがは実力的には5級シャトー並み。
サンテステフ
Chateau Calon-Segur
カロン・セギュール
←ページに飛びます       自然派
Ch カロン・セギュール 2005 ハートラベルで知名度上昇のACサンテステフ3級。12世紀以来から続く古いシャトー。底土は砂れきと鉄分の多い石灰岩という、サンテステフのコミューンの最北地域にあり、格付けシャトーとしては最北端である。とてもお買い得価格になっています。かつてラフィットやラトゥールとともに所有していたセギュール侯爵の「我ラフィットをつくりしが、我が心カロンにあり」といって友人を驚かせたというエピソードがあり、カロンに対する彼の思い入れはカロンのラベルにあるハートの中に今の生きつづけています。
Cos dEstournel
コス・デストゥルネル
←ページに飛びます       自然派
コス・デストゥルネル 1998 言わずと知れた、サン・テステフを代表する第2級ワイン!
 長命であると同時に、瓶の中で他のどのワインよりも熟成し、フィネスと素生の良さを示すのが特徴ですが、昨年、シャトー支配人のジャン・ギョーム・プラッツ氏を招いて行われた、コス・デストゥルネルの試飲セミナーにて、このワインのポテンシャルの高さに改めて舌を巻いた方も多いのではないでしょうか。
サンテミリオン
Chateau Canon la Gaffelire
カノン・ラ・ガフリエール
←ページに飛びます
Chカノン・ラ・ガフリエール 1970 コート・サンテミリオンのひとつ、カノン・ラ・ガブリエールはブドウ畑のほとんどが、丘陵のふもとの平坦な砂れき質の土壌にあります。
現オーナーのステファン・フォン・ナイペルグ氏は、品質を追求し続け今ではサン・テミリオンのトップスターシャトーとなりました。
エレガントで香り高いアロマに定評があるカノン・ラ・ガフリエールは、モダンなスタイルのワインよりやや軽めで口当たりが良いのが特徴。
飲んでいても疲れることがなく、飲み手を優しい気分にさせてくれます。
Chateau Griffe de Cap d'or
クリフ・ド・カップ・ドール
←ページに飛びます
Chクリフ・ド・カップ・ドール 1999 「ヴァランドロー」の生みの親であるジャン・リュック・デュヌヴァン氏が醸造責任を務めるこのワインは98年がファーストリリースです。メルロー100%で上品で繊細な味わいです。生産量はわずかに16000本。
Chateau Clos Fourtet
クロ・フルテ
←ページに飛びます
Chクロ・フルテ 1996 1989年のヴィンテージ以降は目覚しいワインの質を上げている。96年はポーカーポイント89点。アタックは豊かで印象的、傑出した熟成感とエキス分、賞賛すべき純粋さを備えている。とポーカーは評価しています。
Chateau Ducru Beaucaillou
デュクリュ・ボーカイユ
←ページに飛びます
シャトー・デュクリュ・ボーカイユ 1994 メドックの格付けは2級。小石の敷き詰められた美しいシャトーは、まるで古城のようです。優美で優雅なワインを造り出すために備えられた見渡す限りの蔵に静かに時を迎える樽が整然と並んでいます。
J・ボリー氏亡き後、息子さんのグザヴィエが継ぎ、2003年以降は兄のブルーノも加わっています。
Terterer Oteboeuf
テルトル・ロートブッフ
←ページに飛びます
Chテルトル・ロートブッフ 1999 ロバート・パーカーがボルドーの新しいスーパースターの1つである事に反ぱくの余地はないと最高の5つ星をつけて大絶賛しています。
Chateau La Tour Figeac
シャトー・ラ・トゥール・フィジャック
←ページに飛びます  自然派
ラ・トゥール・フィジャック 2007シャトー・ラ・トゥール・フィジャック 優れた「グラーヴ・ド・サンテミリオン」は、ローマ時代からシャトー・ラ・トゥール・フィジャックに位置する恵まれた土壌の端にあり、ぶどう栽培地として運命付けられていた。1879年にシャトー・ラ・トゥール・フィジャックが創立し、更にシャトー・フィジャックと2つに分裂。 畑はシャトー・シュヴァル・ブランの東方に、シャトー・フィジャックの南方に隣接している。また、ポムロールの西方にも隣接している。
Chateau Troplong Mondot
トロロン・モンド
←ページに飛びます
Chトロロン・モンド 1957 シャトー・トロロン・モンドは、ボルドーのサンテミリオンにおいて、「グラン・クリュ・クラッセ」と言われる格付けを受けているシャトー。
現在はクリスティーヌ・ヴァレットが女性オーナーをしていて敏腕経営が発揮され、ワインの品質も安定してきました。
Chateau Pavie Macquin
パヴィ・マッカン
←ページに飛びます
Ch パヴィ・マッカン 1996 もっともメドック的なサンテ・ミリオン。畑の位置は前にオーゾンヌ、後にトロロン・モンド。強靭なタンニンに浸透力のある酸。熟して甘いが弛緩する事のない求心性をもったシリアスでクールなワイン。 ここ数年で大変な脚光を浴びるようになったのはN・デュエポンとS・デュルノンクールの力によるもの。 また、技術革新も積極的で現在ではサンテミリオンの代表と言っても過言ではありません。ワイナート、サンテミリオン特集の表紙を飾りました。
Domaine de la Part des Anges
ドメ−ヌ・デ・ラ・パール・デ・ザンジュ
←ページに飛びます
クロ・デ・リーヴス2005ドメ−ヌ・デ・ラ・パール・デ・ザンジュ ドメ−ヌ・デ・ラ・パール・デ・ザンジュのオーナーのグレゴリー・レイマリーの実家は、サンテミリオンでも屈指のお買い得ワインを生み出すベルローズ・フィジャックをはじめとする複数のシャトーを所有し、ネゴシアンでもある。 カトリーヌ夫人の実家もサンテミリオンのシャトー・ピュイ・ラザック。「制約がない自由なやり方」で「自分たちのためにワインを造ろう」と決意した。 それがこのパール・デ・ザンジュである。
Chateau Faugeres
シャトー・フォジェール
サンテミリオンのグラン・クリュとコート・ド・カスティヨンにまたがってとても優良な畑を所有しています。
Chateau Beausejour Duffau
ボーセジュール・デュフォー・ラガローズ
Chボーセジュール・デュフォー・ラガローズ 2000 サンテミリオンのシンデレラワインとして名高く、フランソワ・ミジュヴィル氏はロバート・パーカーからワイン生産者として最高の賛辞を受けています。パーカーポイント90〜93点。
Chateau Moulin Saint Georges
ムーラン・サンジョルジュ
←ページに飛びます
Ch ムーラン・サンジョルジュ 1998 オーゾンヌと道を挟んですぐ向かい側の西向き斜面にあり、オーナーも同じ。決して濃すぎない色合いの中に秘められた深い奥行きといい、ピノ・ノアールを連想させる。さすがオーゾンヌのオーナーが造りだす、お買い得な傑作です。
La Nature Des Choses
ラ・ナチュール・デ・ショーズ
←ページに飛びます  自然派 インポーター:ル・ヴァン・ナチュール
トゥー・ヴァ・ビアン 2010ラ・ナチュール・デ・ショーズ 2006年までサンテミリオンGCのシャトー・スータールを所有していたフランソワ・デ・リニュリー氏が、エントル・ドゥ・メール(Cabara)に6.5haのブドウ畑を購入して生産しているワイン。サンテミリオンの伝統的醸造方法とナチュラルワイン的アプローチを行っています。
Chateau La Plagnotte
ラ・プラニョット
←ページに飛びます
Ch ラプラニョット 2003 サンテミリオンのグランクリュで生産量が3,000本です。 元シュヴァルブランのオーナーファミリーのChラプラニョット ベルヴューのキュヴェ プレステージ。
Chateau La Mondotte
ラ・モンドット
←ページに飛びます
Chラ・モンドット 1995 生産量は あまりにも少なく(1000ケース以下)、最も凝縮した若々しいボルドーのワインを生産し続けている。ドライフルーツ、スパイスの風味はボルドーには場違いなほどの凝縮感があります。
Le Dome
ル・ドーム
←ページに飛びます
ル・ドーム 1997 ジョナサン・マルタス氏は「99年ボルドートップ30」に選ばれたニューシンデレラワインを世に出した英国人醸造家です。 年生産量は500ケースほどの極少量生産されています。畑はわずか1、64ha。50年代に植えられた古木でマネージャーのフォーディン氏が氏が自ら1本づつ剪定し、収穫はすべて手摘み。 ファーストリリースは96年です。
Chateau Lauduc d:vin
ローディック・ディーバン
←ページに飛びます
シャトー・ローディック・ディーバン 2005シャトー・ローディック 家族経営の小さなシャトー'Chateau Lauduc'4代目、新しい感覚の若いM.Herve Grandeau氏が今までに無い飛び切り面白い高品質の赤ワインを作ろうと 決心。ワイン商を営んでいるM.Ikeb Schierbeck氏と共同で生まれたのがこの'd-Vin'です。 昔どおりの木製円形機械で丁寧にプレスした自然なジュースで収穫を通常よりぐっと押さえて収穫。まだまだレア物と呼べるほど少ない生産量です。AC Bordeauxとは思えないコスト・パフォーマンスです。
Chateau Rol Valentin
ロル・ヴァランタン
←ページに飛びます
Ch ロル・ヴァランタン 1995 まだ36才のオーナーで元プロ・サッカー選手。けがをして94年にこの地に移り、ネゴシアンにぶどうを売っていたオーナーから畑を買って95年から造りはじめる。リリースの年のワイン。素晴らしい才能と努力で今では世界中から注文が殺到するが、名声におぼれず淡々と確実に丁寧にワインを造りつづけています。次のシンデレラワインと噂される生産量の少ない(7〜8000本)貴重なワインです。
サン・マケール
Chateau Lamery
シャトー・ラムリー
←ページに飛びます  自然派
オートルモン 2011シャトー・ラムリー ボルドー市の南東約50キロ、Cotes de Bordeaux Saint-Macaire(サン・マケール)のエリアに位置する生産者です。
 ブドウ畑は 1935年よりブルステ家が所有しています。
1998年よりジャック氏が栽培・醸造を行っています。
2006年以降ヴァン・ ナチュール的なワインに方針を定め、2008年にエコセール、2009年にデメテールの認証を取得しました。
2006年より有機栽培、ビオディナミ、ヴァン・ナチュール寄りの取り組みに着手。それ以来、一切、殺虫剤や除草剤、化学肥料は使用していません。
ソーテルヌ
Chateau Yquem
シャトー・ディケム
←ページに飛びます
シャトー・ディケム 1991 ハーフ フランス・ソーテルヌ村にある、リュル=サリューヌ家所有ノシャトー。貴腐ワイン、世界最高の極上の甘口白ワインの生産者として数百年の歴史を誇るシャトーでもあります。1855年パリの万国博覧会の際、ジロンド県産白ワイン部門の格付けで、これを凌ぐものはない最高級品ということで唯一「特別1級」に指定されている。
1999年よりLVMH(ルイ・ヴィトン、モエ、へネシー)グループの傘下に入った。
Dourthe
ドゥルト
←ページに飛びます
ソーテルヌ・キュヴェ・デクセプスィヨン 2001ドゥルト 2001年のソーテルヌは史上最高の出来映えになったと言われています。このワインはいわく因縁のあるワインで一説にはソーテルヌで有名なシャトーの若木を使用しているとかないとか、それにしてはすごく安くて心配?と思って試飲しましたら美味しい!!貴腐ワインのねっとりしたニュアンスとトロピカルな味わい、複雑さもあり納得。
Chateau Doisy-Daene
ドワジ・ディーヌ
←ページに飛びます
シャトー・ドワジ・ディーヌ ドワジ・デゥーヌはボルドーの中で最も野心的かつ革新的に経営されているシャトーでレストラガヴァンは良い年(90、96、97)だけに年間生産量100ケースしか造られません。貴腐ブドウの良い所をピンセットで1つづつ手づみするという気の遠くなる様な仕事をしています。寿命は50年とも100年とも言われますが、若いうちから驚く程楽しめます。かのロバート・パーカーが96点〜99点ととんでもない点数をつけました。
バルザック
Chateau Coustet
シャトー・クステ
←ページに飛びます
シャトー・クステはバルザックでも指折りの貴腐ワインを造るシャトーです。
Chateau Doisy-Daene
シャトー・ドワジ・ディーヌ
←ページに飛びます
それは上質な甘口の白貴腐ワインを造るシャトーです。
ペサック
Chateau Mirebeau
シャトー・ミルボー
←ページに飛びます
Chミルボー・ペサック・レオニャン 2010シャトー・ミルボー 歴史:AOCGravesのChateau d‘Ardennesオーナー、 デュブレイ夫妻が1996年に購入。
17世紀に建てられた家を囲むように広がる4.28haのブドウ畑からはガロンヌを見渡せ、かの有名小説家アレキサンドル・デュマの娘オルガはそこからの絶景に魅了されたそうです。
1900年代はじめのChateau Mirebeauはボルドーのグラン・ヴァンのひとつに数えられるほど人気があり、当時高値で取引されていました。
ベルジュラック
Chateau Richard
シャトー・リシャール
←ページに飛びます
オゼ・ブラン・セック 2012シャトー・リシャール シャトー・リシャールは、南西地方のベルジェラック地区の生産者で AOCベルジェラックの白・赤・ロゼと甘口のソーシニャックを生産しています。
 当主のRichard Doughty氏は、元々は海洋学者でしたが、貴腐ワインに魅せられて、ソーテルヌの生産者La Tour Blamcheで研修をはじめ、 醸造学を修めました。
Chateau Lestignac
シャトー・レスティニャック
←ページに飛びます     自然派
ヴァン・ド・フランス・ル・ブラン 2013シャトー・レスティニャック ベルジュラック南部、マチアス・マルゲは2008年親から受け継いだぶどう畑からワインを造る営みを始めた。
この地域でもっとも優れたテロワールの地レスティニャックの畑がある場所は、ベルジュラックで最も西に位置し、ボルドーやデュラスに近く、この地域でもっとも優れたテロワールの地と云われている。
Le Jonc Blanc
ル・ジョン・ブラン
←ページに飛びます
ヴァン・ド・フランス - レ・ソン・デュ・フルイ・ブラン 2012ル・ジョン・ブラン ボルドー市から100kmほど東に向かった内陸地で、ドルドーニュ川上流に位置し、古代ローマ時代からのワイン造りの歴史をもつ産地、ベルジュラック。
「ボルドーの奥座敷」的存在で、華やかなボルドーワインに圧されて目立たない存在だったが、新しい世代がこの地に入り、ビオを採用するなどして耕作方法を見直し、醸造も工夫するなどして「新しいベルジュラック」が生まれている。
Le Petit Clou des Vents
ル・プティ・クロ・デ・ヴォン
←ページに飛びます
コート・ド・デュラス・ルージュ・レ・マイユル2011ル・プティ・クロ・デ・ヴォン ル・プティ・クロ・デ・ヴォンの造り手シルヴァン・ジュグラは、1979年ラングドック地方のベジエ生まれ、両親が教師の家庭で育ちましたが、お爺様がブドウ栽培家であった為、小さな頃から畑を遊び場として自然に触れながら育ちました。
2011年コート・ド・デュラスのネゴシアンからの出資を受け醸造所と畑を取得し、「自分の造りたいものを造る!」と栽培から醸造まで1人で手掛けています。
Mouthes le Bihan
ムート・ル・ビアン
←ページに飛びます
ヴァン・ド・フランス・ヴィエイユフォン2011ムート・ル・ビアン Catherineさんと Jean-Maryさんが1990年代末に、 前所有者から27ヘクタールのブドウ畑を購入して、Domaine Mouthes Le Bihanとしてブドウ栽培、ワイン生産を開始。
ポイヤック
Chateau Grand puy Lacoste
グランピュイ・ラコスト
←ページに飛びます
シャトー グランピュイ・ラコスト 1976
Chateau Clos du Marquis
クロ・デ・マルキ
←ページに飛びます
Ch クロ・デ・マルキ 1996 クロ・デュ・マルキは、ポイヤック村に位置する格付け2級シャトー、レオヴィル・ラス・カーズのセカンドワインです。
Chateau Pichon-Longueville Baron
ピション・ロングヴィル・バロン
←ページに飛びます
シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン 1995 最も有名なメドックとしての風格を持ち、ブレンドには相当量のメルロを使っている為、タンニン、深み、 豊かさを持ち10年から20年ゆっくりと熟成させる事が出来る。
Chateau Pichon-Longueville Contesse de Laland
ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド
←ページに飛びます
Ch ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド 1994 シャトーは、AOCに格付けされており、ジロンド県、ポイヤック村に位置している。
ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランドは街道を挟んでピション・ロングヴィル・バロンと並んでいます。
Chateau Muton Rothschild
ムートン・ロートシルト
←ページに飛びます
シャトー・ムートン・ロートシルト・エール・ダルジャン 2001 1853年、シャトーを購入したナタニエル・ド・ロチルドにより、シャトー・ムートン・ロートシルトと改名された。収穫と瓶詰めをともに自ら行ったシャトーは、シャトー・ムートン・ロートシルトが初めてである。
Chateau Lynch Bages
ランシュ・バージュ
←ページに飛びます
1855年の格付け時に5級だったにもかかわらず、ときに「スーパーセカンド」とも呼ばれるランシュ・バージュ。畑は北側のムートン・ロスシルドとラフィット・ロスシルド、南側のピション・ラランドとピション・バロン、ラトゥールの中間にある抜群のポジション。ワインのスタイルは元気いっぱい、開放的、率直、明快。難しいところがなくとっつきやすいけれどポイヤックらしさや品格は失いません。「貧者のムートン・ロートシルト」とも評される実力派。
ポムロール
Chateau Guillot Clauzel
グイヨ・クローゼル
←ページに飛びます
Chグイヨ・クローゼル 1999 年間生産量なんと500ケース。
ポムロルのワインはもともと生産量が少ない地域ですが、このグイヨ・クローゼルはその中でも特に少ないシャトーのひとつです。
マルゴー
Chateau les Vimieres
シャトー・レ・ヴィミエール
←ページに飛びます
シャトー・レ・ヴィミエール・ル・トロンケラ2005 ジャック・ブアセノがマルゴーに所有する僅か0.46haのミクロ・シャトー。
◆幻のマルゴーワイン!
 ラフィット、ラトゥール、マルゴー等の超一流シャトーに醸造コンサルタントとして携わる、ブアセノ氏が自ら所有し、たった0.45Haの畑から、年間1000本程度しか生産しない、マルゴー村の小さな小さなシャトーです。
Chateau Margaux
マルゴー
←ページに飛びます
パヴィヨン・ルージュ・デュ・マルゴー 2003 シャトー・マルゴーは、著名なボルドーワインのシャトーの名称、および同シャトーの生産するワインの銘柄の名称である。「ワインの女王」と呼ばれるボルドーワインの中でも、シャトー・マルゴーはしばしば「最も女性的なワイン」とも形容される。
Chateau Rauzan-Segla
ローザン・セグラ
←ページに飛びます
シャトー・ローザン・セグラ 1996 2級。カベルネソーヴィニヨン、メルロー。1994年から所有者がシャネルに変わってから劇的に品質が向上しました。
ムーリ
Chateau Maucaillou
シャトー・モーカイユ
←ページに飛びます
Ch モーカイユ 1995 1875年に設立されたため、1855年のボルドー・メドック格付けには参加していないのですが、参加していたならば必ずや格付けに入っていたであろうと各方面から言われているシャトーです。
メドック
Chateau Lafite-Rothschild
シャトー・ラフィット・ロートシルト
←ページに飛びます
カリュアド・ド・ラフィット 1995シャトー・ラフィット・ロートシルト シャトー・ラフィット・ロートシルトは、ボルドーの北西メドック地区の高名なワイン生産地ポーイヤック村の北端に位置する。
<ワイン地域別一覧 インデックス>
赤ポイントボタンフランス 赤ポイントボタンイタリア(アイウエオ順) 赤ポイントボタンデイリーワイン
ブルゴーニュ(赤) トスカーナ 1,000〜3,000円
ブルゴーニュ(白) ピエモンテ フランス (赤)
ボルドー イタリア(その他の地域) フランス (白)
ローヌ/オーヴェルニュ/プロヴァンス 赤ポイントボタンスペイン/ギリシャ/アメリカ イタリアその他 (赤)
ロワール/アルザス/ラングドック/ジュラ 赤ポイントボタンオーストリア イタリアその他 (白)
赤ポイントボタンシャンパン&スパークリング&ジュース 赤ポイントボタンチリ赤ポイントボタンスイス スパ−クリングワイン
赤ポイントボタン 日本 リボンポイントボタンラッピングについて 
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]