ALSACE/アルザス

[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]
■ ■ ■ 各造り手名をクリックすると買い物カゴのページにとびます■ ■ ■
ALSACE/アルザス
Domaine Andre Stentz
アンドレ・ステンツ
 ←ページに飛びます  自然派
エデルツヴィッカー・ヴァン・ダルザス2013ドメーヌ・アンドレ・ステンツ ステンツ家は、1674年にコルマールより南西6Kmに位置する
ヴェトルスハイムに移ってきました。  ヴォージュ山脈の麓に広がるブドウ畑は日光の良くあたる理想的なミクロクリマを持っています。ワインの質、環境への敬意、そして健康を尊重する方法を求めて有機栽培を行い始め、1984年にナチュール・エ・プログレ(Nature et Progres)の認証を得ました。
Domeine Andre Rohrer
アンドレ・ロレール
 ←ページに飛びます  自然派
ヴァン・ダルザス・ブラン・リースリング ステイン 2016ドメーヌ・アンドレ・ロレール マストラスブールとコルマールの丁度中程に位置するミッテルベルグハイム村に所在する、ドメーヌ・アンドレ・ロレールの現在のオーナー醸造家アンドレは8代目で、  そのお父さんは1960年代からすでに雑草とぶどうの樹とが共生した栽培を始め、1980年代には化学殺虫剤の使用もやめ、2001年にはアンドレが公式にもAB認定ビオ栽培とした。
また、2016年からはビオディナミによるぶどう栽培を始めている。
Vignoble Klur
ヴィニョーブル・クルール
 ←ページに飛びます  自然派
クレマン・ド・クレマン・サン・スフール・ヴィニョーブル・クルール 1999年から本格的にドメーヌとしてワインを造っています。同1999年からビオロジック、ビオディナミで栽培をおこなっています。
17世紀から代々続く歴史ある栽培農家でアルザス地方のコルマールから西北西6kmにある カッツェンタール村に位置しています。
Catherine Riss
カトリーヌ・リス
 ←ページに飛びます  自然派
アルザス ドゥス・ド・ターブル 2015カトリーヌ・リス オーナーであるジャン・フランソワ(ブリュノ・シュレールの親戚)は、1999年に父の畑を継いでワイナリーを起ち上げる。 (以前はブドウを農協に売っていた)1996年から畑を完全にビオ農法に変え、同時にビオディナミを実践に取り入れています。
Domaine Ginglinger
ドメーヌ・ガングランジェ
 ←ページに飛びます  自然派
ゲヴェルツトラミネール・グラン・クリュ・シュタイネール 2006ドメーヌ・ガングランジェ オーナーであるジャン・フランソワ(ブリュノ・シュレールの親戚)は、1999年に父の畑を継いでワイナリーを起ち上げる。 (以前はブドウを農協に売っていた)1996年から畑を完全にビオ農法に変え、同時にビオディナミを実践に取り入れています。
Domaine Xavier Wymann
ドメーヌ・グザヴィエ・ヴァイマン
 ←ページに飛びます  自然派
リボミックス 2014ドメーヌ・グザヴィエ・ヴァイマン  このワインの計画は2012年から始まっておりました。 何故かと言うとクリスチャン・ビネールのワインは年々人気が出るのに供給が追いつかないからです。
ナチュラルワインの生産者で人気が出てくる生産者は、必ずネゴシアンを始めます。そうでないと需要に追いつかないからです。
しかしネゴシアンと言うのは葡萄を他の人にお任せして、自分で醸造する方法。
そこに疑問を持ちながら何とか同じような方法でお客様に出来る限り美味しいワインを届けたい! そういう思いが我々の中に合ったからです。
Domaine Gustave Lorentz
ドメーヌ・グスターヴ・ロレンツ
 ←ページに飛びます  自然派
リースリング・グランクリュ・1997ドメーヌ・グスタブ・ロレンツ ベルグハイム村で200年以上の歴史を持つ名門の生産者。 現在のグスターヴ・ロレンツの名前でワインを販売し始めたのが1836年。 歴史のある作り手として伝統的な手法を守りつつ、革新的な技術も積極的に取り入れるなど、品質を最優先に考え優良なワインを造るために積極的な努力を惜しまない生産者として知られています。
Domaine Gerard Schueller et Fils
ドメ−ヌ・ジェラール・シュレール・エ・フィス
 ←ページに飛びます  自然派
ゲヴュルツトラミネール・SGN 1989ドメ−ヌ・ ジェラール・シュレール・エ・フィス ワイナート21号の「アルザス新聞」というページで「INAOとグラン・クリュ委員会に目の仇にされている珠玉のワイン」と題して紹介されています。徹底的なビオディナミ農法を使ったワイン。今アルザスでもっとも注目すべき生産者の1人と書かれています。何十年にも渡って除草剤も化学肥料も使用していません。収量も抑えられ、ほとんどSO2も使用していない徹底ぶりです。
Domaine Jean Marc Dreyer
ドメーヌ・ジャン・マルク・ドレイヤー
 ←ページに飛びます  自然派
シルヴァネール・ヴァン・ダルザス・オリジン2016ドメーヌ・ジャン・マルク・ドレイヤー オーナーのジャン・マルクは4代目。  高校を卒業し会社勤めをしていましたが25歳の時、父の定年が近づいたことを機に実家に戻りました。  農業開業責任者資格(BPREA)を取るためにオベルネ村の農業学校に3年間通い、  同時に、以前か ら興味のあったビオディナミをパトリック・メイエのところで学びます。
Domaine Jean-Louis trapet
ドメーヌ・ジャン・ルイ・トラペ
 ←ページに飛びます  自然派
リースリング 2002トラペ ジャン・ルイ・トラペの奥さんはアルザス出身で2002年にこの蔵を買収しました。ファーストヴィンテージからジャン・ルイ・トラペが直接醸造を手がけています。ほんの小さな畑でフランスでは熱狂的なファンにダイレクトメールで販売しているだけです。完全なビオデナミ方式で造られています。
Domaine Julien Meyer
ドメーヌ・ジュリアン・メイエー
 ←ページに飛びます  自然派
アルザス・リースリング 2006ジュリアン・メイエー 1705年から存在する古いドメーヌです。1990年から完全無農薬に切り替え、1999年からバイオダイナミクスを実践しています。あまり知られていませんがビオの生産者の間では知らない人はいないほど有名な生産者です。
学者肌の素晴らしいインテリ醸造家。
Domaine Joseph et Christian Binner
ドメーヌ・ジョゼフ・エ・クリスチャン・ビネール
 ←ページに飛びます 自然派
ビネール・エーデル・ベッカー1999 アルザスで1770年からワインを生産している名門のドメーヌです。醸造に関しては農業本来の姿をモットーとして、無農薬を徹底し、一切SO2を使わず、また葡萄も収穫も手作業の為、家族だけで出来る6haの畑で生産をしています。
CHATEAU D`ORSHWHIR
シャトー・ドルシュヴィール
 ←ページに飛びます  自然派
シャトー・ドルシュヴィール・リースリング・キュヴェ・ナツコ2002 1049年、ローマ法王が隣町の協会の奉納にために滞在しました。16世紀にはストラスブールの司教によって買われ、その頃からワイン造りは行われています。現在のオーナーは、フランス革命後の1854年に購入しました。現在の当主Hubert Hartmannは1986年からワイン造りを始め、5つのグランクリュ(Rangen、Kitterl、Kessler、PfingstbergとKittrl)及び独占所有Bollenberg、 HuebenとEnchenbergなど全部で20ヘクタールの畑を所有しています。
Pierre Frick
 ピエール・フリック
 ←ページに飛びます  自然派
ピノノワール・ロット・ミュール サンスフレ
      2002ピエール・フリック アルザス地方のコルマールの南ファッフェンハイム村にあり、1970 年にビオロジック、1981 年からビ造オディナミを始め、アルザスにおける有造機農法の先駆者。
自然の表現とブドウの純粋さをワインにとじ造こめることを信念とし、その味わいはピュアで純粋に品種の個性を楽しむことができます。  
Domaine Marc Kreydenweiss
ドメーヌ・マルク・クライデンヴァイス
 ←ページに飛びます  自然派
クロ・レベルク・ピノグリ・オーヴィーニュ 2000ドメーヌ・マルク・クライデンヴァイス アルザスでも5指に入る最高の造り手の1人。バイオダイナミック農法を100%取り入る。ドイツに一番近い土地「カステルベルク」。
Domaine Marc Tempe
マルク・テンペ
 ←ページに飛びます  自然派
アリアンス 2007マルク・テンペ マルク・テンペはアルザスの中心部から南西に7kmほどのツェレンベルグの畑で、今までにないアルザスのワイン造りを目指しています。オーナーであるジャン・フランソワ(ブリュノ・シュレールの親戚)は、1999年に父の畑を継いでワイナリーを起ち上げる。 (以前はブドウを農協に売っていた)1996年から畑を完全にビオ農法に変え、同時にビオディナミを実践に取り入れています。
Domaine Marcel Deiss
マルセル・ダイス
 ←ページに飛びます  自然派
マルセル・ダイス・シュナンブール2004 アルザスの革命家と言われる彼のワインはアルザスでは珍しく、品種名を表記せずに畑名のみのワインを認めさせました。数種類のぶどうを混醸いてアルザスのテロワールを最大限に生かしており、複雑で華やかな芳香と凝縮感、繊細でふくよかな口当たり。
Domaine RIETSCH
ドメーヌ・リエッシュ
 ←ページに飛びます  自然派
リースリング・グラン・クリュ・ヴィーベルスベルク 2007ドメーヌ・リエッシュ ミッテルベルカイムでリエッシュ・ファミリーが営むドメーヌです。
現在ドメーヌは、父親から息子たちにバトンタッチされ、ジャン・ピエールを中心に家族が力を合わせ、11.5haの畑から、10種類ほどの品種、25種類ほどのワインが造られています。
畑は、ビオロジックに転換中で、今後もさらに楽しみな造り手です。
Laurant Bannwarth
ローラン・バーンワルト
 ←ページに飛びます  自然派
エデル 2009ローラン・バーンワルト 1960年代にコルマールの南にある村、Obermorschwihrにて創業した蔵元で、 合計12ヘクタールの畑を所有。
父ローランの跡を継いだ息子ステファンは、80年代に栽培をビオディナミに変え、エコセールの認証を取得しました。加えて、アルザスの自然派の造り手たちからの影響 もあり、2007年から少しずつ、探るように自然なワイン造りを始めています。
<ワイン地域別一覧 インデックス>
赤ポイントボタンフランス 赤ポイントボタンイタリア(アイウエオ順) 赤ポイントボタンデイリーワイン
ブルゴーニュ(赤) トスカーナ 1,000〜3,000円
ブルゴーニュ(白) ピエモンテ フランス (赤)
ボルドー イタリア(その他の地域) フランス (白)
ローヌ/オーヴェルニュ/プロヴァンス 赤ポイントボタンスペイン/ギリシャ/アメリカ イタリアその他 (赤)
ロワール/アルザス/ラングドック/ジュラ 赤ポイントボタンオーストリア/ドイツ イタリアその他 (白)
赤ポイントボタンシャンパン&スパークリング&ジュース 赤ポイントボタンチリ赤ポイントボタンスイス スパ−クリングワイン
赤ポイントボタン 日本 リボンポイントボタンラッピングについて 
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]