イタリア/ピエモンテ

[ hasigoya on line TOP ]   [ ワイントップ ]  [ ご注文方法 ]   [カゴの中身を見る]  [お問い合わせ]
■ ■ ■ 各造り手名をクリックすると買い物カゴのページにとびます■ ■ ■
イタリア/ピエモンテ
Azienda Agricora Cascina Fontana
アツィエンダ・アグリコラ・カシーナ・フォンタナ
←ページに飛びます
バローロ 2001カシーナ・フォンタナ カシーナ・フォンタナは、バローロ地域の中心、アルバから約10kmにあるカスティリオーネ・ファレット村にあります。フォンタナ家は代々ここに居住し、ブドウ栽培とワイン醸造を6代にわたって続けています。現在は、マリオ・フォンタナがこの伝統を守り、ブドウの植付け・仕立てから醸造と販売まで、全面的に関与しております。
Bianco Aldo
アルド・ビアンコ
←ページに飛びます
バルバレスコ 2006アルド・ビアンコ バルバレスコの現役生産者としては最長老であるアルド・ビアンコによって営まれるワイナリー。約2ヘクタールの畑から、約10000 本、3種類のワインを生産する。 大樽での熟成、ノンフィルターでのボトリングなど、頑なに伝統的な手法にこだわり続ける。
Alfiero Boffa
アルフィエロ・ボッファ
←ページに飛びます
バルベーラ・ダスティ・ムントリヴェ 2000アルフィエロ・ボッファ イタリアでも無名の生産者ですが、昔ながらの農業と醸造を守りながら、有機農法だとか無添加を売り文句にもしない、非常に地味でまじめなつくり手。
Elio Altare
エリオ・アルターレ
←ページに飛びます
バローロ・ヴィネート・アルボリーナ 2005エリオ・アルターレ 今を時めくバローロ・ボーイズの中心的、指導者的存在です。そして「エリオ・アルターレ」は、 ラ・モッラに近いバローロの銘醸地アンウンツィアータにカンティーナを構えるトップ・生産者です。
Castello di Brolio
カステッロ・ディ・ブローリオ
←ページに飛びます
カステロ・ディ・ブローリオ 1971 リカーゾリ家はブローリオの丘に1000年に及ぶ歴史を持ち、現在のキャンティの基礎を築き上げた重要な生産者です。一時期は大手資本の傘下に入り、量産型のワインを生産していましたが、現在のオーナーであるフランチェスコ・リカーゾリ氏が自ら買い戻し、カルロ・フェッリー二を醸造・栽培責任者として迎え、ブドウ畑からすべてを大胆に改革した結果、見事に復活を遂げました。。
Cascina Fornace
カッシーナ・フォルナーチェ
←ページに飛びます
ヴィスカ 2014カッシーナ フォルナーチェ 08年、サント・ステファーノ・ロエロにて、父のブドウ栽培を引き継いだエンリコ カウダ。
彼の尋常ではない熱意と好奇心を具現化した「カッシーナ フォルナーチェ」。
周辺は入り組んだ丘陵地が多く、銘醸地としては珍しく手つかずの森林が残る土地。Roeroの特徴ともいえる強い砂質は、崩れやすくもネッビオーロに特有の繊細さ (軽やかさ)を持たせる。
Cappellano
カッペラーノ
←ページに飛びます
カッペッラーノ家の歴史はバローロの歴史そのものようです。同家で最初にワイン造りに携わった公証人フィリップ カッペッラーノそして次世代にあたる薬剤師のジュゼッペ・カッペッラーノが、独創的なバローロ キナートを世に出しました。その後、カッペッラーノ社の今日を築いたのが、第4世代目のワインジャーナリズム嫌いなテオバルドです。セッラルンガにそびえるカッペッラーノ家は、100年を超える歴史があるバローロ屈指の名生産者なのです。
SARACCO
カノーニカ
←ページに飛びます
バルベーラ・ダルバ 2010カノーニカ バローロの良心と言われるジャンニ・カノーニカが1983年に始めたワイナリーです。
彼自身が納得しない年のワインはボトリングをせず、桶売りしてしまう徹底したこだわり。
長期間のマセレーション、大樽での熟成、ノンフィルターでの瓶詰めと、バローロの伝統的手法を守っています。
ジャコモ・コンテルノのジョヴァンニ・コンテルノ、ジョゼッペ・リナルディなど、偉大なバローロの生産者達とも親交が深く、あのグラヴナーをして、“最良のバローロの 造り手”と言わしめた人物。
Saccoletto Daniele
サッコレット・ダニエーレ
←ページに飛びます
グリニョーノ・イル・コルナラスカ 2011サッコレット モンフェッラートの個性をユニークな感性と独自の理論で表現した、存在感と飲み心地。 カザーレ モンフェッラートからすぐの町サン ジョルジョ モンフェッラート。1984年よりブドウ栽培、ワイン醸造を続けるダニエーレ・サッコレット。ピエモンテの流儀“という、常識や固定観念といったものに全く左右されることなく、独自の考察と価値観のもとワイン造りをしてきたという異色の存在。
Saracco
サラッコ
←ページに飛びます
モスカート・ダスティ・サラッコ モスカート・ダスティ(微発泡)最上の造り手です。
San Giorgio
サン・ジョルジョ
  輸入元:サンリバティー
サン・ジョルジョ とてもピュアな味わい。けして複雑性のある味わいとは言えませんが納得のいく味わいです。テースティングで全員が2000〜3000円と評価しました。コストパフォーマンスの高いワインです。
San Fereolo
サン・フェレオーロ
 自然派     インポーター:エヴィーノ
DOC コステ・ディ・リアーヴォロ 2011サン・フェレオーロ ピエモンテ、ドリアーニ北部、ニコレッタ ボッカは1992年、念願であったブドウ畑を手に入れた。
畑は大きく分けて標高の高いサン フェレオーロ(500m)、少し低い位置のアウストリ(400〜420m)、非常に高い標高を持ちつつも、砂質やシルトが多いドリアーニらしさ。
Giacomo Borgogno Figli
ジャコモ・ボルゴーニョ
←ページに飛びます
バローロ 1974ボルゴーニョ 1848年に設立されたワイナリー。140年前、ロシア皇帝が建国を祝ってイタリアを訪問した際の晩餐会でも使用されたほど、ジャコモ・ボルゴーニョは高名なワインでした。
Clerico
ドメニコ・クレリコ
←ページに飛びます
バローロ・チャボットメンティンジネストラ・クレリコ 1998ドメニコ・クレリコ オロ・スカビーノと同じくバローロ・ボーイズの中心的造り手。評論家の間では凄い評価を獲得しており、ワインスペクテイター誌は2002年のTOP100の14位にランキングして、99点というハイポイントを付けました。
Trinchero
トリンケロ (トリンケーロ)
←ページに飛びます
バルベーラ・ダスティ・ヴィーニャ・デル・ノーチェ 1997トリンケロ ピエモンテ・アスティで19世紀前半にヴィスコンティ家オルナヴァッソ男爵によって建てられた古い農家で1920年代にセコンドとセラフィーノのトリンケロ兄弟の所有となり、現在のレナート(父)とエツィオ(息子)の代に引き継がれました。エツィオはイタリアワイン界のこの30年間の大きな変革の渦の中でも自らの進む道を曲げず、ミネラリーで純粋そのもののワインをあたかも時間が止まったかのように造っています。セラーの中でも瓶ボトルの中でもゆっくりと熟成し続けるエツィオのワインはまさしく「スロー・ワイン」の典型と言えるでしょう。
Nicola Manferrari
ニコラ・マンフェラーリ
←ページに飛びます  自然派
I.G.T.ミッレウーヴェ・ロッソ2002 ボルゴ・デル・ティーリオのワインは、大胆な試行錯誤と綿密なデータの蓄積・分析のあげく導き出されたものです。
  彼の実験精神と叡智がもたらした最上の結晶なのですが、いわばその過程で「副産物」として生まれるのが、ミッレウーヴェ。 
Ferrero Bruno
フェッレーロ・ブルーノ
←ページに飛びます  自然派 インポーター:エヴィーノ
バローロ 2006フェッレーロ・ブルーノ 1922年より続くフェッレーロ、彼らには歴史、伝統、それ以上に「潔さ」を感じさせる。  
畑はバローロ村の東、ノヴェッロとの境目に広がる合計14ha。  
ブルーノの祖父が手に入れた家族の大切な土地。  
そしてこれまで忠実にブドウを栽培してきたフェッレーロ家。  
現在はブルーノの息子ジュゼッペが主として栽培・醸造を行っている。  
Forteto della Luja
フォルテト・デッラ・ルーヤ
←ページに飛びます   自然派
フォルテト・デッラ・ルーヤは、ピエモンテの南部に位置するロアッツォーロという小さな村のはずれの山の上にあります。現在カンティーナは、ジョバンニとシルヴィアが中心になって運営しており、父親のジャンカルロがアドヴァイザー役にまわっています。
Francesco Brezza
フランチェスコ・ブレッツァ
←ページに飛びます
ビアンコ 2012フランチェスコ・ブレッツァ 完全循環型バイオダイナミックス農法を続ける驚異の生産者! ピエモンテ、モンフェラートの丘で完全循環式の有機栽培を実践する フランチェスコ・ブレッツァ。 ブドウ畑10ヘクタールを含む40ヘクタールの所有地を使って、肉牛を飼い、与える餌もすべて自分で生産した物を使用、小麦などのワラと牛糞を使って堆肥を作り、それを畑に返すという、完全循環型のバイオダイナミックス農法を30年以上実践している。 ワイナリーでもごく少量も2酸化硫黄以外の薬剤は一切使用しない。
Principiano Ferdinando
プリンチピアーノ・フェルディナンド
←ページに飛びます
バローロ・ボスカレート2007プリンチピアーノ・フェルディナンド プリンチピアーノ家は、1900年代の初頭から、自分たちが所有する7haの畑で葡萄栽培にいそしんできました。
 自分たちのカンティーナは、50年代に父アメリーコ・プリンチピアーノの手によって実現され、1993年から、息子である現当主、フェルディナンドが引き継いでいます。  
Produttori del Barbaresco
プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ
←ページに飛びます
バルバレスコ・モッカガッタ 1999 コストパフォーマンス抜群のバルバレスコとして人気の高いプロドゥットーリ・デル・バルバレスコ協同組合。 1999年はガンベロ・ロッソで見事トレビッキーリ(最高評価)&ベストバリューにも選ばれブレイクしました。
Matteo Correggia
マッテオ・コレッジャ
←ページに飛びます
バルベーラ・ダルバ・ブリッコ・マルン 2000マッテオ・コレッジャ ガンベロ・ロッソ誌でトレビッキエーリ常連&ヴェロネッリ誌で注目されたワイナリー。
バローロボーイズのメンバーであり事故で亡くなった天才醸造家マッテオ氏の死後、夫人のオルネッラ女史を中心にラ・スピネッタのジョルジョ・リヴェッティの手助けを得て素晴らしいワインを造りました。
M.Marengo
マリオ・マレンゴ
←ページに飛びます
マリオ・マレンゴ・バローロ・ブルナーテ2003 バローロ・ボーイズ」と言われる生産者の中心的な存在です。
Marcarini
マルカリーニ
←ページに飛びます
バローロ・ブルナーテ 2001マルカリーニ 数百年をへるマルカリーニのワインセラーは、ラ・モッラの中心部に位置しており、バローロワインは定かならぬ昔からこの地で生産され続けている。マルカリーニ家のワイン生産は、19世紀の後半に始まったが、当初は家族と友人たちの小グループのあいだで消費することを目的としていた。1960年初期に、公証人を務めるジュゼッペ・マルカリーニは、彼のワインを市場で売り出すことに決め、現代のマルカリーニ・ワインに生命を吹き込んだのである。
La Spinetta
ラ・スピネッタ
←ページに飛びます
ピン 1999ラ・スピネッタ 1981年創立。ネッピオーロとバルベーラの混醸。ラ・スピネッタは2001年ガンベロ・ロッソで「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」にも輝いたカンティーナです。亡き父「ジョゼッペ」愛称「ピン」に捧げたワイン。
生産量は3000本程。
La Selvarica
ラ・セルヴァティカ
←ページに飛びます
アスティ・スプマンテ・ドルチェNVラ・セルヴァティカ 2,5haの自社畑から葡萄を厳選して造られています。モスカート種で造られた甘いスパークリングです、がこのアスティーは只者ではありません。
エチケットが可愛くてお気に入りですがなんと手書きではありませんがロマーノ・レヴィが書いたものだそうです。
Revella Serafino
リヴェッラ・セラフィーノ
←ページに飛びます  自然派
バルバレスコ・モンテステファーノ 2005リヴェッラ・セラフィーノ 現オーナーであるテオバルドが1967年引き継ぎ、瓶詰めを始めました。 
Luciano Sandrone
ルチアーノ・サンドローネ
←ページに飛びます
バルベーラダルバ 2001ルチアーノ・サンドローネ ルチアーノ・サンドローネは1978年にワイナリーを設立しました。
 バローロ・ボーイズの中心的存在で、農薬などは最小限に抑え、有機肥料を使用して低収量を実践し、伝統的と革新をバランス良く取り入れた造りをしています。
Renato Corino
レナート・コリーノ
←ページに飛びます
バローロ・ロッケ 2003レナート・コリーノ 父亡き後、2人の兄弟は別々の道を歩く事になりました。兄のレナートは100万ドル以上をかけ新しい醸造所を設立。
エリオ・アルターレ氏らバローロ・ボーイズと言われる人達からのアドバイスでここ数年は非常に高い評価を得るようになり今ではバローロを代表する生産者の1人になりました。
素晴らしい畑に恵まれた事も一つの要因になっている事は間違いありません。
<ワイン地域別一覧 インデックス>
赤ポイントボタンフランス 赤ポイントボタンイタリア(アイウエオ順) 赤ポイントボタンデイリーワイン
ブルゴーニュ(赤) トスカーナ 1,000〜3,000円
ブルゴーニュ(白) ピエモンテ フランス (赤)
ボルドー  イタリア(その他の地域) フランス (白)
ローヌ/オーヴェルニュ/プロヴァンス 赤ポイントボタンスペイン/ギリシャ/アメリカ イタリアその他 (赤)
ロワール/アルザス/ラングドック/ジュラ 赤ポイントボタンオーストリア イタリアその他 (白)
赤ポイントボタンシャンパン&スパークリング&ジュース 赤ポイントボタンチリ   赤ポイントボタンスイス スパ−クリングワイン
赤ポイントボタン 日本 リボンポイントボタンラッピングについて 
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]