ラ・グランド・コリーヌ・ジャポン La Grande Colline Japan

[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]
■ ■ ■ ご注文数量は半角英数字でご記入下さい■ ■ ■
ローヌのコリーヌの買い物カゴのページはこちらへ→
日本/岡山県
La Grande Colline Japan
ラ・グランド・コリーヌ・ジャポン
  自然派  インポーター:ヴァンクール
果物の国で、ワイン用のぶどうを育てる私たちの葡萄畑と醸造場がある岡山市北区津高一宮地区は「清水白桃」の発祥の地であり、「マスカット・オブ・アレキサンドリア」の温室栽培が最初に始まった土地です。
 岡山県のキャッチフレーズ“晴れの国”通りの恵まれた気候と、砕けた花崗岩でできた水はけのよい土壌が合わさり、果物の名産地として知られています。
 こんなに恵まれた良質の果物を作れる裕福な産地でも、高齢化にともなう農業人口の減少が問題になっています。村人の平均年齢は65歳ぐらい。
 私たちの子供3人が通う小学校は全校生徒あわせて16人しかいません。
 ここは空港から車で5分、岡山駅まで30分という交通の便利な場所であるのにも関わらず、このような状況なのです。
 高齢化により耕作できる面積は年々減少します。
 作物を栽培していない農地を荒らさないため、皆が草刈りに追われますが、お年寄りが夏の猛暑の中、草刈り機を担いでいる姿を見るたびに心がいたみます。
 村の外れでは少しずつ耕作放棄地が増え、使われないガラス温室は朽ち果てていっています。あと10年したら、さらにこの状況は悪化し、農地に戻すのはとても難しくなるでしょう。

 私のところには、「将来ワインをつくりたい」という若者からよく連絡がきます。
 フランスでは労働許可の認可が下りづらいのですが、労働局に掛け合い、日本の若者に仕事を教え、手伝ってもらいながら人材を育成してきました。
 私たちも彼らから学ぶことが多かったです。
 農業を営みたい若者もいるのです。
 ただ、自分のワイナリーを立ち上げるとなるとかなりハードルが高くなります。
 レストラン業界なら、料理を覚えた若者はシェフになれますが、日本のワイン業界は小さいのでワイン造りを覚えても職は少なく、自分でワイナリーを立ちあげて独立しオーナーにならざるを得ません。
 もちろんそれが彼らの夢でもあるのですが、技術に加え、経営センス、そしてなによりも資金が必要となります。
 現在日本でワイナリーを立ち上げようとすると数千万円から1億円必要だとされています。 これではやる気がある若者でも独立することは不可能です。

 フランスと日本、ふたつの国でワインをつくる私はフランスで20年間、自分のつくりたいワインを追い求めて走ってきました。
 たくさんの人に助けていただき、なんとか自分が納得いくようなワインをつくれるようになりました。
 山を開墾して葡萄畑を作り、醸造場を建て、自分の家もつくり、やっとゆっくり仕事に専念できるようになったころ、フランスで生まれ育った自分の子供達を、日本人としての自覚ができるように日本で育てたい、という気持ちがとても強くなりました。
 家では日本人として育てているつもりでも、どうしても子供たちはフランスの文化風習を吸収していきます。
 どちらがよい悪いというものではなく、質の違う文化なのです。
 私は、相手の気持ちを察するという日本の文化が好きなのです(自分ができているとは思いませんが)。
 そして帰国を考え日本に目を向けると、農業人口の高齢化、耕作放棄地の増加などの諸問題を自分の問題として感じるようになりました。
 そしてこんな私でも、日本でできることがあるのではと思い始めました。
 以下は、私が考えている「醸造用ぶどうを中心とした新しい農業のかたち」です。

 古木と一緒に、もっとゆっくり働く
 1.耕作放棄地を減らすために
 1-1既存農家さんに少しでも長く耕作してもらう。 
    食用のマスカットづくり、特に種があるマスカット・オブ・アレキサンドリアは
    とても手間がかかります。
    葡萄の小さい花をそろえるなど目が弱くなってきたお年寄りには特に大変な作業です。
    「もう体力的に限界だからつくるのをやめて葡萄を切ってしまおう」、
    という方にお勧めなのがマスカット・オブ・アレキサンドリアを醸造用に栽培転化することです。
    醸造用のぶどうは実がまばらで小さいほどワイン用への価値が高まります。
    肥料と水を控え、葡萄の成長を抑える栽培を薦めます。
    葡萄が老木ならば最適です。
    剪定、誘引、摘心、収穫にかかる労働力は、生食用の1/5ほどで済みます。
    花や実に触れる細かい作業はありません。
    ぶどうの樹勢が弱まりますので病気にも強くなります。
    よって有機栽培が可能になるのです。
    130年の歴史があるアレキサンドリアをラ・グランド・コリーヌ・ジャポンが  微発泡酒に仕上げます。

 1-2 より多くの面積を耕作できる同じ栽培方式をとれば、やる気のある方は、同じ労力で5倍の面積を耕作できます。
   現在というより、今の耕作面積を維持し、村の風景を荒らさないためには選択肢はほぼないのではないでしょうか? 

 1-3 耕作放棄地をぶどう畑へ転換
   醸造用ぶどうは収穫量が少ないほど凝縮した高品質なワインとなります。
   耕作放棄地を転用し、景観を保つとともに新しい産業を興します。
   そのためには露地栽培できる病気に強い品種が必要となります。
   残念ながら日本の気候ではヨーロッパ系の品種は向いていません。

  1-3-1 品種開発
     津高の育種家・林慎吾さんと共に、 病気に強くワインに向いた品種を開発していきます。

 1-3-2 岡山原産の絶滅危惧種「白神ぶどう」の保護岡山原産のぶどう品種がありま     す。Vitis Shiragaiと名付けられた「白神ぶどう」です。
       栽培を試みて保護し、単体での栽培が難しい場合は交配種をつくっていきます。

  1-4 ガラス温室の活用ガラス温室は雨が入ってこないので病気になりづらいです。
    こちらに病気に弱いヨーロッパ品種を栽培し、ガラス温室の維持をしていきます。
  ガラス温室の側面にぶどうを植えれば、根は温室の外に広がっていくので、水をやる必要がありません。地中に埋められた農業用水が老朽化して維持コストがかかるという問題も関係ありません。

  2.ワインづくりを目指す人材の育成
  2-1 低コストワイナリーの立ち上げモデル
    皆さんのワイナリーのイメージはどのようなものでしょうか?
    素敵な建物にピカピカのステンレスタンクがならび、立派な瓶詰ラインがある工場のイメージが大半だと思います。
    ワインの生産量が多いところでは、作業を効率化させるためにこのような施設が必要となります。
    ところでフランス・ブルゴーニュなどでは小さな造り手が多く、醸造は農家の納屋で行われています。
   ぶどうは踏めばワインになるので立派な施設は必要ではありません。
   タンク、プレス、樽、瓶詰機さえあればワインはつくれるのです。
   ワインづくりは投資した資金の回収にとても長い年月がかかる事業です。
   ぶどうを植えてから実をつけるまでに3〜4年。
   それを醸造し樽で寝かせたら更に1年。
   初収入が創業5年後以降となります。
   そのため、初期投資を抑えることはとても重要なのです。
   今回この醸造場を立ち上げるためにヤフオクなどを使用し中古品を揃え、設備に400万円ほどかかりました。
   フランスから持ってきたプレスや樽などものもあるので、それらを購入したとしても600万円ほどで収まっています。

  2-2 ワインづくり現場での研修
    2017年の初醸造に向け、1件の委託醸造を受けました。
    新見市でぶどう農家を営む保坂さん夫妻です。
    一緒にぶどうの収穫日を決定し、醸造中も毎日タンクの世話をし、ワインづくりの勉強をしていただいています。
    出来上がったこのワインが高評価をいただければ、独立後の販路も確保できます。
   技術、販路を得ながら投資を遅らせられるので大きなリスクを背負うことなくスタートできます。
   福岡でビストロを営んでいた元研修生でソムリエの山下さんも岡山に移住し、一緒にプロジェクトを進めています。
   仲間が増えればワイナリーも増え、岡山はワインの産地になっていきます。

 最後になりましたが、改めて御礼を申し上げます。
 帰国してからのまだ1年もたっていない短い間に、なんとかワイン醸造までたどり着くことができました。
 すべて皆様のご協力のおかげと大変感謝しております。
 改めて御礼申し上げます。
 子供たちの将来のために、地域発展を目指し、微力ながら今後も尽力してまいります。   今後ともご指導、ご鞭撻のほどをよろしくお願いいたします。 
 ラ・グランド・コリーヌ・ジャポン 代表取締役 大岡弘武

SOLD OUT

ミュスカ・ダレクサンドリーラ・グランド・コリーヌ Muscat d’Alxandrre
ミュスカ・ダレクサンドリー 2017
品種:ミュスカ100%  
日本有数の高級ぶどう産地・岡山県船穂町。
ここで収穫されるマスカット・オブ・アレキサンドリアのほとんどは、東京の高級果物店に出荷されています。 

 この地区の若手筆頭農家の松井一智さんは、ラ・グランド・コリーヌの元研修生です。
 日本に帰国してマスカットを作り始め、7年になりました。松井さんは、いくつかの区画のぶどうをラ・グランド・コリーヌ・ジャポンのワイン用に、有機栽培で育ててくれました。
 岡山ワインの新しいスタイル、岡山農業の新しいスタイルを味わっていただきたいと思っています。
 ワインの特徴:微発泡酒(ペティヤン・ナチュレル)  
 ぶどうの産地:岡山県倉敷市船穂(ふなお)町
 ぶどうの品種:マスカット・オブ・アレキサンドリア
 ぶどうの樹齢:平均30年
 土壌:花崗岩
 醸造法:ぶどうを丸ごとタンクに入れ、3日間マセラシオン。
 その後バルククーラーに移し、低温で発酵。
 3週間の発酵の後、さらに低温にして発酵を止めてから瓶詰。
 瓶内で発酵が起き微発泡となります。
 清澄剤、フィルター不使用。
 亜硫酸(二酸化硫黄)完全無添加。
 注意:瓶の底に溜まっているのは澱です。
 口に含むと微炭酸とともにフレッシュ感があふれる爽快な辛口のワインです。
 澱が落ち着いた濁りのない状態でお飲みいただくと、かりん、パイナップル、レモン、洋ナシなど、黄色い果実の香りがきれいに出てきます。
 澱が含まれると味わいに厚みと複雑さが出ますが、香りは弱くなります。
 ワインは立てて保存していただき、飲む前に冷蔵庫で冷やしてからお楽しみください。
 常温で揺らしますと、
 ワインが噴き出る可能性がありますのでご注意ください。
 亜硫酸無添加ですので、14度以下での保存をお願いいたします。
18906
割り当て数が大変少ないので
お一人様1本までとさせて頂きます。

必ず割り当て以外のワインと同数組み合わせて
お買い求め下さい。


ご迷惑をおかけいたしますがご注文が殺到した場合、過去3ヶ月以内にご注文を頂戴しましたお客様を優先とさせて頂きますのでご了承くださいませ。
sold out
¥2,800(税別)
入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが
条件のないワインを1本に付き各1本、一緒にお買い上げ下さいませ。

ミュスカ・ダレクサンドリーラ・グランド・コリーヌ Muscat d’Alxandrre 2018
ミュスカ・ダレクサンドリー 2018
品種:ミュスカ100%  
日本有数の高級ぶどう産地・岡山県船穂町。  
ここで収穫されるマスカット・オブ・アレキサンドリアのほとんどは、東京の高級果物店に出荷されています。   
この地区の若手筆頭農家の松井一智さんは、ラ・グランド・コリーヌの元研修生です。  
日本に帰国してマスカットを作り始め、8年になりました。  
松井さんは、いくつかの区画のぶどうをラ・グランド・コリーヌ・ジャポンのワイン用に、有機栽培で育ててくれました。  
岡山ワインの新しいスタイル、岡山農業の新しいスタイルを味わっていただきたいと思っています。  
ワインの特徴:微発泡酒(ペティヤン・ナチュレル)    
ぶどうの産地:岡山県倉敷市船穂(ふなお)町  
品種:マスカット・オブ・アレキサンドリア  
樹齢:平均30年  
土壌:花崗岩  
醸造法:ぶどうを丸ごとタンクに入れ、3日間マセラシオン。  
その後バルククーラーに移し、低温で醗酵。  
3週間の醗酵の後、さらに低温にして醗酵を止めてから瓶詰。  
瓶内で醗酵が起き微発泡となります。  
清澄剤、フィルター不使用。  
亜硫酸(二酸化硫黄)完全無添加。  

 
口に含むと微炭酸とともにフレッシュ感があふれる爽快な辛口のワインです。  
澱が落ち着いた濁りのない状態でお飲みいただくと、かりん、パイナップル、レモン、洋ナシなど、黄色い果実の香りがきれいに出てきます。  
澱が含まれると味わいに厚みと複雑さが出ますが、香りは弱くなります。

注意:瓶の底に溜まっているのは澱です。
ワインは立てて保存していただき、飲む前に冷蔵庫で冷やしてからお楽しみください。  
常温で揺らしますと、ワインが噴き出る可能性がありますのでご注意ください。  
亜硫酸無添加ですので、14度以下での保存をお願いいたします。
18906
入荷数が大変少ないので
お一人様1本とさせて頂きます。
sold out
¥2,700(税別)
こちらのワインをお買い上げの場合は限定以外のワインを
一緒にお買い上げ下さいませ

ミュスカ・ダレクサンドリー 神楽月 2017ラ・グランド・コリーヌ・ジャポン Muscat d’Alxandrre kanrazuki
ミュスカ・ダレクサンドリー 神楽月 2017
品種:ミュスカ100%  
日本有数の高級ぶどう産地・岡山県船穂町。  
ここで収穫されるマスカット・オブ・アレキサンドリアのほとんどは、東京の高級果物店に出荷されています。   
この地区の若手筆頭農家の松井一智さんは、ラ・グランド・コリーヌの元研修生です。  
日本に帰国してマスカットを作り始め、8年になりました。  
松井さんは、いくつかの区画のぶどうをラ・グランド・コリーヌ・ジャポンのワイン用に、有機栽培で育ててくれました。  
2018年から新たに数人の生産者が賛同してくださり、有機農業に切り替えてアレキサンドリアの古木を育ててくれました。   11月まで待って、干し葡萄の状態にしてから収穫しました。

特徴:スティルワイン(発泡性なし)  
ぶどうの産地:岡山県倉敷市船穂(ふなお)町、岡山市北区栢谷、
品種:マスカット・オブ・アレキサンドリア  
樹齢:平均10年  
土壌:おもに花崗岩  
醸造法:葡萄をそのまま垂直式プレスにいれます。3日間かけてゆっくりプレス。ジュースは直接小樽のなかへ。     
小樽のなかで発酵しました。発酵終了後春に瓶詰。      
清澄剤、フィルター不使用。      
亜硫酸(二酸化硫黄)完全無添加。  
色調はほぼロゼワインといってよいかもしれません。  
グラスに注ぐと、華やかな香りが深く漂います。 アレキサンドリアを過熟させることにより、アロマパレットがガラッと変わってきます。  南国のフルーツを基調として、バラなどの花の香り、シナモン、丁子などのスパイスなどかなり複雑な香りです。香りの甘さとは裏腹に、ワインに残糖はありません。 酸がワインを引き締めて、3日間のプレスで抽出されたタンニンも少し感じ、食事に合わせやすくなっています。食前でも、食中でも食後でも楽しめるワインです。  
ヴァン・ナチュールがお好きな方に飲んでいただきたいワインです。  真価を発揮するのはおそらく10年後以降でしょう。
亜硫酸無添加ですので、14度以下での保存をお願いいたします。
19388
入荷数が大変少ないので
お一人様1本とさせて頂きます。
sold out
¥4,500(税別)
こちらのワインをお買い上げの場合は限定以外のワイン
(同額程度・複数本でも可)を
一緒にお買い上げ下さいませ。

小公子2017ラ・グランド・コリーヌ・ジャポン syokoshi 2017
小公子 2017
はじめになぜ日本固有種にこだわるか。  
ワインの品質はテロワール(気候、土壌など)と単位面積当たりの収量でほぼ決まります。  
日本は畑の狭さや人件費の高さの問題があり、いかに狭い土地で高い収量をあげるかを目指す傾向にあります。  
高収量の葡萄でワインを造ると、水っぽい薄いワインになります。  ヨーロッパの品種を高温多湿の日本で植えても、病気に弱いので農薬をたくさん撒く必要があり、肥沃な土壌では葡萄が沢山出来るので、完熟した葡萄を作るのは難しいです。  
世界に通用する品質を目指すならば、ヨーロッパ以上に収量を落とすことが必要となるでしょう。  
そうするとワインの出来る量は減るので、値段を上げる必要があります。  それでは経営として成り立ちにくいです。  
世界に通用する日本ワインとは日本の気候にあった日本独自の品種を使うことが必要です。  
他にない個性を持つことがワインの価値につながります。  
幸いに、日本にはヤマブドウという土着の品種があります。  
しかも固有品種は日本の気候に適応しているため病気耐性に優れています。  露地で有機栽培が可能です。  
古くは、1万年以上前の縄文時代の遺跡からも山葡萄の種が発見され、また、古事記や日本書紀にも記載されている日本人には太古から縁のあるものです。  
滋賀県甲賀市の紫香楽宮(しがらきのみや)から、約六百個のヤマブドウの種が出土し、ワインを醸造していた可能性があり、正倉院にはワイングラスのようなガラス細工が残っていることから聖武天皇はブドウ酒飲んだかもと橿原考古学研究所の菅谷文則所長も語っています。  
ヤマブドウの品質に目を向けると、小さい実で、糖が高く、しかも酸も高く、タンニンが豊富です。  
すべてグランヴァンに必要な要素です。(亜硫酸無添加のワインを作るのにも適している要素です。)  
山葡萄は雌雄異株なので受粉が必要なので安定した栽培は難しいですが、その交配種を使えばその問題もクリアできます。  
小公子は日本の遺伝子を組み込んだ、露地で有機栽培できる品種です。  
畑  このワインはその小公子を作った澤登家の畑。  
山梨の牧丘で完全無農薬で栽培されています。 澤登早苗さんは恵泉大学教授、日本有機学会長でもあります。    
その葡萄をラ・グランド・コリーヌ・ジャポンが岡山で、フランスで培った知識と経験に基づき醸造しました。  
添加物を一切加えず、フィルターも熱処理もしていない本物の自然派ワインです。  
ワインの特徴:赤ワイン      
ぶどうの産地:山梨県山梨市牧丘  
ぶどうの品種:小公子  
ぶどうの樹齢:約13年  
土壌:淡色アロフェン質黒ボク土  
醸造法:葡萄を収穫後、冷蔵車にて岡山に輸送。     
 葡萄の房を丸ごとタンクにいれて、二週間マセラシオンカルボニックを行う。タンクから葡萄を取り出し、伝統的な垂直式プレスによって、3日かけてゆっくり絞ります。      
ワインはそのまま樽に詰められ、発酵を続けます。 発酵後もそのまま9か月間熟成。タンクにいったんワインを戻し、味わいを均一化したあと重力を用いて瓶詰。      
一度もポンプは使用しておりません。亜硫酸など一切無添加。  フィルターも熱処理もしていない微生物のバランスで味わいが保たれている本物のワインです。  
亜硫酸無添加ですので、14度以下での保存をお願いいたします。
19387
入荷数が大変少ないので
お一人様1本とさせて頂きます。
sold out
¥6,000(税別)

こちらのワインをお買い上げの場合は限定以外のワイン
(同額程度・複数本でも可)を
一緒にお買い上げ下さいませ。
<ワイン地域別一覧 インデックス>
赤ポイントボタンフランス 赤ポイントボタンイタリア(アイウエオ順) 赤ポイントボタンデイリーワイン
ブルゴーニュ(赤) トスカーナ 1,000〜3,000円
ブルゴーニュ(白) ピエモンテ フランス (赤)
ボルドー イタリア(その他の地域) フランス (白)
ローヌ/オーヴェルニュ/プロヴァンス 赤ポイントボタンスペイン/ギリシャ/アメリカ イタリアその他 (赤)
ロワール/アルザス/ラングドック/ジュラ 赤ポイントボタンオーストリア イタリアその他 (白)
赤ポイントボタンシャンパン&スパークリング&ジュース 赤ポイントボタンチリ赤ポイントボタンスイス スパ−クリングワイン
赤ポイントボタン 日本 リボンポイントボタンラッピングについて 
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]