レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ LE COSTE DI GIAN MARCO ANTONUZI

[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]
■ ■ ■ ご注文数量は半角英数字でご記入下さい■ ■ ■
こちらは完売した商品になります。買い物カゴのページはこちらへ→
イタリア/ ヴェネト
Le Coste di Gian Marco Antonuzi
レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

自然派  インポーター:ラシーヌ
 <ラシーヌの合田さんのコメント>
生産者(会社)名は、レ・コステで、正式にはレ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ。
  所はイタリア中部で、オルヴィエートから車で1時間足らず、ボルセーナ湖の近傍にある内陸地のグラードリ。
  イタリア人のジャン・マルコと、フランス人のクレマンティーヌというカップルが、あらたに開いた3ha強の土地で、妥協を排しながらも実験精神にあふれたビオディナミ流を追い求め、尋常でない才能と努力をかたむけています。
  おいしく楽しいワインが目に浮かぶ、ジャン・マルコとクレマンティーヌの明るい未来。
  2007年秋、ほんのわずかだけ彼のファースト・ヴィンテッジが入荷いたしました。
  これから少しずつ、美しくておいしいワインが届きはじめます。
  思い出しただけでも、心がわくわくしてきそうな畑、セラーと、ジャン・マルコ本人。
  まだまだ植えたばかりゆえ、気の遠くなるような話ですが、間違いなく本格的な大型新人の登場です。
  ローマっ子のジャン・マルコは法律を学び、その頃はまだ手が届く価格であったエドアルド・ヴァレンティーニを、毎日のように楽しんでいたそうです。
  優しいまなざしの中に、鋭さを秘めたジャン・マルコは、コルビエールでワインを造っていたクレマンティーヌとともに、父上の出身地にもどりました。グラードリの村でワイン造りをする決心をしたのは、景勝地として名高いボルセーナ湖に臨む父方の故郷には、素晴らしいテロワールがあり、牛・ロバ・馬・羊を育てながらのブドウ栽培ができる環境があるからでした。
 そうです、彼は自前のプレパラートでビオディナミを実践し、セラーの奥に接する理想的な冷涼な洞窟の中で、自然派の極致ともいうべきワインを造ろうとしているのです。
 ワイン造りは、ジャン・ダール、パカレ、リナルディ、ディディエ・バラル、ジェラール・シュレールで学び、サンジョヴェーゼの苗は、ジョヴァンナ・モルガンティとジャンフランコ・ソルデラから、アレアティコはマッサ・ヴェッキアから入手。
  畑の1/3はヴィーニュ・フランセーズと聞いただけで、興味をもたずにおられるでしょうか。
  2002年に初めて彼に出会って以来、私は「あなたがワインを造ったら、一番に知らせてね」と言い続けてきました。
  ブルーノ・シュレールから「彼はまだ植えたばかりだから、当分ワインは出てこないよ」と聞いていましたが、2006年に近隣のブドウを分けてもらって、ロッソ、ビアンコと甘口ワインを一樽づつ作ったと聞き、まず塚原が昨年6月に飛んでいきました。
  奥行き30mもある洞窟には、リナルディから譲り受けたスラヴォニアン・オークのボッテが二つと、パカレから譲り受けた600リットルの樽、大小さまざまな実験的なキュヴェが控え、ワインはいずれも不思議なほど還元臭や酸化香の片鱗すら感じさせない、優しく美しい味わいです。
  なお、フラン・ピエ中心の畑でブドウの生育に年月がかかるため、本格的な生産はこれからですので、楽しみにじっくりお待ちください。  

SOLD OUT

ロッソ・ヴィノ・ダ・タボラ 2007レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ Rosso vino da tavola 2007
ロッソ・ヴィノ・ダ・タボラ 2007
17467 sold out
¥3,257

ロッソ・ヴィノ・ダ・タボラ 2008レ・コステ Rosso vino da tavola 2008
ロッソ・ヴィノ・ダ・タボラ 2008
17717 sold out
¥3,000

ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ2014レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ VdT Rosso 2014
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ2014
品種:グレゲット、チリエジョーロ、コロリーノ、カナイオーロ

アレアティコという古くからある土着の葡萄品種  
非常にバランスがよかった年の賜物です。  
暑く、太陽の光をよく浴びました。  
すでに調和がとれていますので、すでに楽しめます。  
構造、飲み心地ともに◎。

2017/5/22 エヴィーノさんの試飲会にて
フランボワーズのような薄甘く、チャーミングでフレッシュ。タンニンも綺麗です。
18853 sold out
¥3,000(税別)

ロッソ・ヴィノ・ダ・タボラ 2007レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ VdT Le Coste 2009
ヴィノ・ダ・タヴォラ・レ・コステ 2009
グレゲットという古くからある土着の葡萄品種とサンジョヴェーゼ。
 殺虫剤や除草剤、化学肥料、合成された防カビ剤を用いずに栽培。
 Le Coste 2009はさまざまな意味でデビューをかざりました。
 Le Costeワイナリーが所有する、2005年3月に自分たちで植樹を行なった若い畑産のブドウからつくられたワインです。
 非常に苦労しましたが、それに見合うだけの喜びに満ちた畑です。
 1/3は接ぎ木をしていません。
 ブドウの品種は私たちの地域で伝統的なものを用い、グラードリにわずかに残る古いブドウ畑のなかから「セレクション・マッサル」方式で厳選しました。
 そして2009年、とうとう、この1haあたり10,000本という密度でアルベレッロ仕立てによって植樹された畑からの初めての実りを得ることができました。
 9月末に収穫されたブドウはそのままフレンチ・オークの円錐台形タンクで1ヶ月以上、果皮とともに置かれます。その後、フレンチ・オークのピエス(227リットル)で2年間熟成されます。
 緻密で気難しいワインですが、非常に興味深いことに、若い畑のワインにもかかわらず、この地の黒みがかった火山性土壌の特徴をよくあらわしています。

2012/4/26 ラシーヌの試飲会にて
タンニンが細かく、ふくよかでエレガント。ラシーヌの試飲会で一番キラキラしていました。心に残る造り手レ・コステです。
17717 sold out
¥4,290(税別)

ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・クルー・レ・コステ 2014レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ VdT Rosso CRU "Le Coste" 2014
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・クルー・レ・コステ 2014
品種:アグレゲット・ロッソ100%  
樹齢10〜15年、Le Costeの畑より収穫されたブドウのみ。  
収穫後、除梗せず果皮と共に3週間の醗酵。  
圧搾後、木樽(500L)にて24ヶ月、瓶内にて12ヶ月の熟成。  
冷涼なヴィンテージ、果実的な強さよりも、成熟しバランスの取れた果実の繊細さ、複雑さを感じるワイン。  
すべてをつぎ込んだLe Costeの畑より収穫されたグレゲットのみで造られる。  
いつもとは全く違う繊細さを持ったヴィンテージ。  黒ブドウにとっては日照を得ることで果皮が成熟し、果実の密度が高まる。  やはり十分な日照がないブドウでは十分なポテンシャルを持たないブドウになってしまう。  そんな固定観念を吹き飛ばすかのようなワインと言っても過言ではないのではないでしょうか。  少ないタンニンはワインに柔らかみ・軽やかさを生み、冷涼な気候は例年では得られないような美しい酸を残す。  
そして華奢でありながら繊細で複雑な奥行きと余韻を持ったワイン。  収穫量は例年の60%程度という少なさですが、それほどまでに選別されたブドウだからこそ、とても多くの情報量を持っている。  そう感じられるワインです。

2018/7/6 エヴィーノの試飲会にて
スミレやカシスのような黒系の果実や花の繊細な香りとハーブの香り。濃厚な味わいは複雑でエレガントでいつまでも余韻があります。
19300 sold out
¥6,630(税別)

ロッソ ディ ガエターノ 2015レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ VdT Litrozzo 2015
ヴィノ・ダ・タヴォラ・リトゥロッツォ・ロッソ2015
品種:サンジョヴェーゼ、チリエジョーロ etc

無差別に収穫したブドウ、酵母添加や温度管理をせず、すぐに圧搾、野生酵母による醗酵が終わったのちにボトル詰め

2017/3/8 エヴィーノさんの試飲会にて
フレッシュで綺麗なタンニン。ザクロやいちごのような口当たりは柔らかく滑らかです。
18789
1000ml
sold out
¥2,500(税別)

ヴィノ・ダ・タヴォラ・リトゥロッツォ・ロッソ 2016レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ VdT Litrozzo 2016
ヴィノ・ダ・タヴォラ・リトゥロッツォ・ロッソ 2016
品種:グルゲット、チリエジョーロ、地ぶどうを含む。
無選別に収穫。酵母添加、温度管理せず野生酵母による醗酵が終わった段階でボトル詰めを行う。最高の飲み心地を追求。

醗酵に苦しみ、揮発酸が高かった2015年とは対照的に、非常にバランス感のある2016年。悔しい位に美味しくなっています。 口当たりの軽さ、飲み心地はいつもの通りですが、程よく果実的で、心地よい位の瑞々しさ。リトロッツォがこれほど綺麗なワインになる 日が来るなんて全く想像していませんでした。


2017/7/12 エヴィーノさんの試飲会にて
フレッシュで綺麗なタンニン。カシス、しそ、チェリー、ザクロのような味わい。口当たりは柔らかく滑らかです。
18859
1000ml
sold out
¥2,580(税別)

ロッソ ディ ガエターノ 2015レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ VdT Litrozzo Rosso 2017
ヴィノ・ダ・タヴォラ・リトゥロッツォ・ロッソ2017
品種:サンジョヴェーゼ、メルロー主体、モンテプルチアーノ。
非常に過熟なヴィンテージであったため、極力果皮の抽出を抑えるためプレスをせず、手でピジャージュ。
果皮と共に8日間、後はモストだけの状態で醗酵を終える。
それでも十分な熟度と厚みを持った今年のロッソ。詰まった果皮の甘やかさ、十分な飲み心地のよさ。
いつも以上に安心して飲めるロッソです。

例年に比べてかなりブドウの密度が高かったため、プレスは極力行わずフリーランジュースをベースとし、マセレーション(果皮浸漬)の時間も短くしたことで、ジャンマルコの言う 「いつものリトロッツォ」らしさを表現。それでもいつものリトロッツォに比べるとかなりの果実味とタンニン。
しかしながらこの強い果実味によっていつも以上に安定的な味わいだと感じます。果実の密度は高いですが飲み心地のよさはいつも通り、ポテンシャルを感じるリトロッツォロッソです。

2018/7/30 エヴィーノさんの試飲会にて
ザクロやいちご、クランベリーのような口当たりは柔らかく滑らかです。例年以上のしっかりした果実味と綺麗なタンニンがやっぱり美味しく、飲み飽きしません。
18859
1000ml
sold out
¥2,630(税別)

ヴィノ・ダ・タヴォラ・アーレア・ヤクタ・レスト 2009レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ VdT Alea Jacta Est (2009)
ヴィノ・ダ・タヴォラ・アーレア・ヤクタ・レスト 2009
アレアティコという古くからある土着の葡萄品種
 殺虫剤や除草剤、化学肥料、合成された防カビ剤を用いずに栽培。
 Alea Jacta Est 2009は、アレアティコにとって特別な年の賜物です。
 非常に暑さを好むこの品種は、見事なまでに成熟し、過熟に差し掛かったところで収穫されました。
 アルコール度数が14.5%に達したにも関らず、口に含むとフレッシュさが持続し、ドライで、とても特徴的な香りが表現されています。
 おそらく、私たちが最も好むアレアティコの典型でしょう。
 ブドウは収穫されたままの形で、フレンチ・オークの円錐台形タンクで2ヶ月以上果皮とともに置かれます。
 その後、フレンチ・オークのピエス(227リットル)で2年間熟成されます。

2012/4/26 ラシーヌの試飲会にて
香水のような素晴らしい香りがグラスから立ち上がってきます。
トレビアン(フランス語でした)。虜にする香りです。
18205 sold out
¥4,120(税別)

ヴィノ・ダ・タヴォラ・リゼルヴァ・ロット20(2009)レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ VdT Riserva Lotto 20(2009)
ヴィノ・ダ・タヴォラ・リゼルヴァ・ロット20(2009)
グレゲットという古くからある土着の葡萄品種
 この年初めてリリースされることになったRiserva L20は、より標高が高く樹齢も重ねている畑(標高550m、樹齢50年)産のものを特別に長く熟成させたものです。
 毎年通常の"Rosso"のボトリング前に異なるパーセルのものを
 アッサンブラージュするのですが、2009年はとても暑く乾燥した天候だったために、この畑の優位性が強く出て、ブドウ樹に、エレガントで長命なワインとなるブドウを実らせたので、より長く熟成させる価値があり、別のワインとしてリリースするべきだと判断しました。

2012/4/26 ラシーヌの試飲会にて
口の中にタンニンが溢れんばかりに広がりました。只者ではないという感じは一口飲んでわかります。レ・コステ恐るべし!
18204 sold out
¥4,460(税別)

ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・ピー・エヌ・ティー2015レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ VdT PNT 2015
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・ピー・エヌ・ティー2015
品種:ピノ・ノワール100% 樹齢6年、標高500mlに植えた0.8haの畑。  
収穫後、除梗せずに足でピジャージュを行い、開放式の木樽で3週間のマセレーション。  
圧搾後、木樽(500L)にて12ヶ月、ボトリング後12ヶ月熟成。  「自分はイタリア人でイタリアの土地でワインを造っている。  だけど、ワイン造りを学んだのはフランス、最も敬愛する造り手もフランスにいる。土地の相性だけを言えば、この土地にはプロカーニコやグレゲット(サンジョヴェーゼ)が合うことに間違いはない。  10年経ち、徐々にの土地を表現できるようになったと感じているけれど、自分の心にはやはりフランス、アルザスやブルゴーニュ、そして一番奥深くにはピノ・ノワールが存在しているんだ。  ヴィテルボの土地全てを見て、ピノに合う土壌を探した。  
今の自分にピノ・ノワールがどう表現できるのか、あくまでも興味の延長に違いはないのだけれど、自分のできるすべてを注ぎ込んだ。」そう話していたジャンマルコ。アルザスのある造り手より譲り受けた苗木(古樹のピノ ノワール)を、セレクション・マサールにて2009年に植樹。  畑はボルセナ湖畔の丘の上、標高は500mという高い斜面。  
今回2度目のリリースとなる2015は日照に恵まれた素晴らしい年。  詰まった果実と熟度の高さを持ちながらもバランス感を保った豊かさを感じるヴィンテージです。  
畑の面積も小さく、あくまでも実験的な醸造であるため、エチケットは手書き、生産量もバリック2樽程度。  
僅かな本数しかないワインですが、彼らがどんなピノ・ノワールを造るのかな?と楽しんでいただけますと幸いです。

2018/7/6 エヴィーノの試飲会にて
口当たりが滑らかで、ほのかに樽の香りを感じます。バランスの良いエレガントな素晴らしいピノ・ノワールです。
19295 sold out
¥6,630(税別)
入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。申し訳ございませんが
限定以外のワインを一緒にお買い上げ下さいませ。

ロッソ ディ ガエターノ 2016レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ Rosso di Gaetano 2016
ロッソ ディ ガエターノ 2016
品種:サンジョヴェーゼ 60%、メルロー、シラー40%。  
近所のガエターノの畑より収穫したブドウ。  
樹齢15〜20年。  
果皮とともに2週間大樽にて醗酵、圧搾後そのまま12ヶ月の熟成。  完熟しつつも繊細な果実を宿した理想的なヴィンテージ。  名前の通り、ご近所さんガエターノの畑で栽培&収穫した  ブドウから造られる飲み心地重視の赤。  ある意味「買いブドウ」と呼ばれるものですが、ジャンマルコとガエターノの付き合いはレ・コステがワイナリーとして始まる前からの付き合い。  
数年前に重い病気となり、畑を手放そうというガエターノを説得し、代わりに畑の世話をレ・コステで行っています。  
「栽培はもちろん収穫まですべてやって、いいブドウは協同組合よりも何倍もいい値段で買うのさ!」そう話していたジャン・マルコ。  
自分の畑では植えていなかったメルローやシラーなど、ヴィテルボの土壌、自然環境とどう適応するのかなど、彼にとってはいろんなことが自由に試せる畑ともいえます。  
2016は今までと違い、サンジョヴェーゼが中心でメルロー、ここに新たにシラーが加わりました。  
ジャンマルコ曰く、今回の収穫でようやく火山性土壌で見えるシラーの個性=ヴィテルボのシラーが見えた!と言う彼。  
果実の濃さと密度を感じるのに口当たりは恐ろしくスムーズ。  冷涼なヴィンテージも相まって、素晴らしい飲み心地を兼ね備えております!

2018/7/6 エヴィーノの試飲会にて
カシスやプルーンのコンポート。スパイシーな香り。タンニンは細かく、酸のニュアンスもあり、繊細な味わいを感じます。
18748 sold out
¥2,770(税別)

ロッソ ディ ガエターノ 2015レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ Rosso di Gaetano 2015
ロッソ ディ ガエターノ 2015
品種:サンジョヴェーゼ主体、メルロー、カベルネソーヴィニヨン。
名前の通り、ご近所 名前の通り、ガエターノ爺さんの畑で栽培&収穫したブドウ( メルローとちょっとだけカベルネ)で造られる飲み心地抜群の赤。 前回の14年も凄かったのですが今回の15年も衝撃的な美味しさです。果実の濃さとも衝撃的な旨さです! 果実の濃さと密度を感じるのに口当たりは恐ろしくスムーズ、、。

近所のガエターノ の畑より収穫したブドウ。樹齢15〜20 年。果皮とともに3 週間大樽にて醗 酵、圧搾後そのまま12 カ月の熟成。

2017/1/12 エヴィーノさんの試飲会にて
フレッシュな口当たりは柔らかく滑らかで、奥に複雑な味わいが覗きます。
18748 sold out
¥2,630(税別)

プリムール 2015レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ Le primeur 2015
プリムール 2015
品種:グレゲット100%
アレアティコという古くからある土着の葡萄品種
非常にバランスがよかった年の賜物です。
暑く、太陽の光をよく浴びました。
すでに調和がとれていますので、すでに楽しめます。

ラベルの絵は二人愛娘(marta,camilla)の誕生からと毎年の成長を描き続けている。
18751 sold out
¥3,350(税別)

プリムール 2015レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ Le primeur 2016
プリムール 2016
品種:アレアティコ100%

アレアティコという古くからある土着の葡萄品種
マルタとカッミラ、娘の成長を記録するワイン。
エチケットに描かれている二人もだいぶ大きくなりました。
果実的な熟成を感じた2015は本当に素晴らしい味わいでしたが2016年も劣っていません。
アルアーティコの持つ甘やかな香りと 柔らかさ、そして奥行を感じます。バランスの良さは過去最高かもしれません。
飲み心地抜群な素晴らしいヴィンテージです。

2017/7/12 エヴィーノさんの試飲会にて
濃厚ですがタンニンが繊細で綺麗です。
優しい甘味もあってとてもチャーミングなワインです。
18858 sold out
¥3,440(税別)

プリムール 2017レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ Le primeur 2018
プリムール 2018 マグナム
品種:アレアティコ100%

樹齢はやや若芽のアレアーティコの畑より造る。
毎年エチケットの中で娘たちの成長を記録したワイン。
ジャンマルコ、というよりも奥さんのクレメンティ ーヌの愛情がたっぷりと詰まった(笑)ワインです!
リトロッツォ同様、大雨の影響を強く受けた2018 年、 果実的な豊かさというよりも繊細さ、酸のある バランス感を持ったヴィンテージ。ラベルには大きく成長したマルタとカミッラ、 そして大雨の様子を描いた象徴的なエチケットです。
ただ寒い年ならではの魅力ともいえる、 素晴らしい香り!
例年以上に心地よく楽しめる味わいになっております!

2018/7/30 エヴィーノさんの試飲会にて
すももやチェリーのような優しい甘味と酸味があります。
ハッカやミントのようなハーブの香りもあり、とてもチャーミングな味わいです。今回はマグナムをもらいました。いつもマグナム瓶を飲むと750mlのボトルより美味しくて嬉しくなります。
19556
1500ml
sold out
¥7,750(税別)

ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・シラー・ニニ 2016 マグナム
レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ VdT Rosso Syrah "NiNi" 2016
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・シラー・ニニ 2016 マグナム
品種:シラー100% 
樹齢:10〜20年、ガエターノの畑より収穫したフドウ。  
収穫後、除梗せず空気に触れない状態で 2 週間のマセレーション。  圧搾後、500L の木樽にて醗酵を終えそのまま12ヶ月の熟成。  MGのみボトリング。  ラベルの絵は長女のマルタが描いたもの(ワイン名は彼女の愛称)より。  
昨年からリリースを始めたピノ・ノワールと同様に、やはり自分たちがフランスでの記憶でもあり、憧れでもあるブドウの一つ。「イタリアの土地にフランスの品種を植える事、ワインを造る事が何よりも難しい。」それを理解したうえで今の自分たちがどのようなピノ、シラーを造ることができるか?  そんな興味から実験的に造ることとなりました。  もちろん始めるからには一切の妥協はなく、土質、標高、斜面、ブドウに適した環境を探し出し植樹、  あくまでも実験的な生産しか行わないと話すジャン・マルコ。  2015年に植樹した畑の収穫はまだ先の話になりますが。  
今回は彼が栽培から収穫まで管理しているガエターノの畑より 収穫したシラーにて醸造を行ったもの。  
マグナムのみボトリングしました。  
Niniニニは除梗せず空気に全く触れない状態で2週間、果皮と共に醗酵を行ったワイン。  あくまでも実験的なワインですので、  生産本数は非常に少なくなっております。  二人の愛娘の遊びのような「楽しみ」を持ったワインであることは間違いありません。
2018/7/6 エヴィーノの試飲会にて
濃厚ながら白い花の香りやスパイシーな香りがあります。のど越しはエレガントで伸び伸びとした味わいは素晴らしく、マグナム瓶ならではの 美味しさもあるのかも。今飲んでも充分に美味しいですがこれからもとっても楽しみなワインです。
19296 sold out
¥8,490(税別)
入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。申し訳ございませんが
限定以外のワインを一緒にお買い上げ下さいませ。

ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・シラー・ルル2016マグナム
レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ VdT Rosso Syrah "LuLu" 2016
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・シラー・ルル2016マグナム
品種:シラー100%   
樹齢10〜20年、ガエターノの畑より収穫したフドウ。  
収穫後、除梗せず空気に触れない状態で2週間のマセレーション。  圧搾後、500L の木樽にて醗酵を終えそのまま12ヶ月の熟成。 ラベルの絵は次女のカミッラが描いたもの(ワイン名は彼女の愛称)より  昨年からリリースを始めたピノ・ノワールと同様に、やはり自分たちがフランスでの記憶でもあり、憧れでもあるブドウの一つ。「イタリアの土地にフランスの品種を植える事、ワインを造る事が何よりも難しい。」それを理解したうえで、今の自分たちがどのようなピノ、シラーを造ることができるか?  そんな興味から実験的に造ることとなりました。  もちろん始めるからには一切の妥協はなく、土質、標高、斜面、ブドウに適した環境を探し出し植樹、あくまでも実験的な生産しか行わないと話すジャン・マルコ。  
2015年に植樹した畑の収穫はまだ先の話になりますが。  
今回は彼が栽培から収穫まで管理しているガエターノの畑より  収穫したシラーにて醸造を行ったもの。  
マグナムのみボトリングしました。  ルルは開放式の木樽に足でピジャージュを行い、果皮と共に3週間の醗酵を行ったワイン。  あくまでも実験的なワインですので、生産本数は非常に少なくなっております。  二人の愛娘の遊びのような「楽しみ」を持った  ワインであることは間違いありません。

2018/7/6 エヴィーノの試飲会にて
柔らかな口当たり。しなやかでふくよかさを伴います。酸のキレもよく、マグナム瓶ならではの美味しさも加わっているかもしれません。 素晴らしい味わいは心地よく、なんとも癒される味わいです。
19297 sold out
¥8,490(税別)
入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。申し訳ございませんが
限定以外のワインを一緒にお買い上げ下さいませ。

ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・シラー・ニニ・ルルー2017 レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ VdT Rosso Syrah "NiNi" 2017
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・シラー・ニニ・ルルー2017 マグナム
品種:シラー100% 
昨年初リリースとなったシラーから造られた2つのワイン。
PNTと同じように、ジャンマルコとクレメンティーヌ2人のフランスでの記憶でもあり、 憧れでもあるブドウの一つ。
「イタリアの土地にフランスの品種を植える事、ワインを造る事が何よりも難しい。」それを理解したうえで、 今の自分たちがどのようなピノ、シラーを造ることができるか?そんな興味から実験的に造り始めたワイン。 2017 の猛暑はシラーにとっては非常に厳しい収穫とな ったと話すジャンマルコ、強烈な日差しによって傷ついた果実はすべて落とし、 問題のないブドウだけを選別したところ、収穫の50%を失ってしまうという結果に。初めから狭い面積しかないシラーの畑、 あまりに少ない収穫のため、2種類に分けることを断念、「ニーニとルルー」として1種類、マグナムのみのリリースとなりました。
除梗せず空気に全く触れない状態で2週間、果皮と共に醗酵、木樽にて10 か月の熟成。すべてマグナムにボトル詰めし、 12 か月の熟成。2人の娘の愛称(Marta=Nini、Camilla=Lulu)、
そしてエチケッタの絵は2人が描いたものを使っています。
あくまでも実験的なワインですので、生産本数は非常に少なくなっております。
二人の娘への「愛おしさ」を表現したワインです。

2019 /8/22 エヴィーノの試飲会にて
杏のような甘酸っぱい味わい。白い花の香りやスパイシーな香りがあります。のど越しはエレガントで伸び伸びとした味わい、タンニンも細かく綺麗に溶け込んでいます。マグナム瓶ならではの美味しさもあるのかも。今飲んでも充分に美味しいですがこれからもとっても楽しみなワインです。
19297
1500ml
sold out
¥8,930(税別)
入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。申し訳ございませんが
限定以外のワインを一緒にお買い上げ下さいませ。
ロゼワイン
ロザート 2015レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ Rosato 2015
ロザート 2015
品種:アレアーティコ、樹齢の古いものが中心。
モストフィオーレ(自重にて出るモス トのみ)のみを使い、果汁だけの状態で古バリックにて1 カ月に及ぶ醗酵。
そのままの状態で12 か月熟成。
過去最高のロザートと話すジャンマルコ。
2013年より果皮との接触をやめ、モストフィオーレ(プレスせず、自重にて出るフリーランの果汁)のみで造る淡いピンク、 アンアーティコのロゼ。
 ジャンマルコが「間違いなく今までで最高のロザート」と言い切るだけの、 果実の純粋な香りと繊細さエレガントを持っています。気が付くとボトルが空になっている程。現時点でも抜群に美味しいのですが、 今の段階で開けてしまうと少し勿体ないと感じてしまうのは僕だけでしょうか。

2017/1/12 エヴィーノさんの試飲会にて
オレンジの果皮の感じ。フレッシュで濃厚。素晴らしいロゼです。
18750
割り当て本数が大変少ないので割り当て以外の他のワインと組み合わせてお買い求め下さい。
sold out
¥3,790(税別)
オリーブオイル
オリーブオイル 2017レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ Olio 2017 EXV オリーブオイル
オリーブオイル 2017
 猛暑と水不足に悩まされた 17 年、収穫量は激減してしまいました。
 しかし、悪い樹は かなり早い段階で選抜し、収穫量を落とすことで良質なオリーヴを収穫するというのがジャンマルコの考え方。収穫量は例年の半分ほどです。
繊細な香りと、強い酸を持った繊細なオリーヴオイルとなっております。
  ブドウと同じく異常なほど過酷な環境で育った レ コステの畑で収穫したオリーヴ(カニーノ種)のみでボトリングしたものが 500ml ビンです。
※レ コステのワイン、オイルには瓶内には多くのオリ・濁りがありますがフィルターや清澄を行わないためです。決して品質劣化や変異ではありません。

2018/2/22 エヴィーノさんの試飲会にて
辛みや苦みを全く感じません。
若草のような香りとフレッシュで爽やかな味わい。
本当においしいオリーブオイルです。
サラダやカルパッチョは勿論、パンや白身魚のソテーにかけて頂いても美味しいのでは ないでしょうか。
オリーブオイルの美味しさをそのまま味わって頂きたいです。
18930
500mlボトル
sold out
¥3,350(税別)
白ワイン
レ・ヴィーニェ・ピウ・ヴェッキエ 2012レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ Le Vigne Piu Vecchie 2012
レ・ヴィーニェ・ピウ・ヴェッキエ 2012
品種:ブロカーニコ

今、現在ある畑の中で特に樹齢の古い区画(60〜70年)。
その中でもごく一部、僅か200本程のプロカーニコに限り、最高に 成熟したぶどうが収穫できることに気付いたジャンマルコ。
「非効率かもしれないけれど、この200本の樹から収穫した最高のブロカーニコ だけで醸造&ボトリングしたら、一体どれほど凄いものになるのか?」そんな彼の探究心によって生まれたワイン。 Le Vigne Piu Vecchie(もっとも古いぶどう畑の意味)。
収穫量は当然少なく、収穫したぶどうは例年のバリック1〜2樽を満たす事が 出来るかどうか・・・。
それでも、この特徴的な個性は他のものとブレンドせず、それだけで表現したいという、ジャンマルコのこだわり(エゴ?) が凝縮したワイン。
リリースするタイミングは自分が納得した順番と話す彼。
昨年2009がリリースしましたが、次に今回の2012がリリース(2011はまだリリースしておりません) 素晴らしい集中力と均整美、Cruのような力強さではなく、透き通るような繊細さと、奥からあふれ出る深み。本当の意味での 樹齢の古さ(良い状態で都市を重ねる事)を感じられるワインだと思います

2017/7/12 エヴィーノさんの試飲会にて
濃厚でレモン、カリンのような綺麗な酸が伸びやかで余韻の長いワインです。
18862 sold out
¥7,230(税別)

レ・ヴィーニェ・ピウ・ヴェッキエ 2012レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ Le Vigne Piu Vecchie 2013
レ・ヴィーニェ・ピウ・ヴェッキエ 2013
品種:ブロカーニコ

収穫したブドウは除梗せず、自重にてゆっくりと流れ出るフリ
ーランジュースのみ、500Lに木樽にて醗酵を促す。
そのまま木樽で24か 月、ボトリングしたのちに24か月の熟成ののちにリリース。「完全な調和」を意識したワイン。
樹齢の古い樹の持つ繊細さと緻密さを感じる、最高ランクの白。
バリック1樽分(250本)の生産。

現在、レ コステが管理している畑の中で、特に樹齢の古い区画(60~70年)。その中でもごく一部、僅か200本程のプロカーニコに限り、最高に成熟したブドウが収穫できることに気づいたジャンマルコ。「非効率かもしれないけれど、この200本の樹から収穫した最高のプロカーニコだけで醸造& ボトリングしたら、一体どれほど凄いモノになるのか?」そんな彼の探求心によって生まれたワイン、le Vigne Piu Vecchie(もっとも古いブドウ畑の意)。
収穫量は当然少なく、収穫したブドウは例年500L の樽を1つ満たす程度。それでも、この素晴らしいブドウを単一で表現したいという、ジャンマルコのこだわりが凝縮したワイン。ボトリングされる量は500本足らず、リリースするタイミングは自身が納得してから、まさにこだわり尽くしたワイン。
今回2013のリリース。素晴らしい集中力と均整美、Cruのような力強さではなく、透き通るかのような繊細さと、奥からあふれ出る深み。本当の意味での樹齢の古さ(良い状態で年を重ねる事)を感じられるワインだと思います。 樹齢がとても古いため、毎年死んでしまう樹も多いヴィーニャ ヴェッキア。「今年(2018)はもう収穫できないかもしれない」と話すジャンマルコ。希少、そして近い将来には無くなってしまう事が本当に惜しい。レ コステの生み出す最高の白ワインの一つだと思います。

2018/7/30 エヴィーノさんの試飲会にて
白桃、アプリコットのような濃厚で密がたっぷり。素晴らしい味わいは余韻が永く、まだまだこれからが楽しみな超熟ワインです。
19321 sold out
¥9,220(税別)

アッポッカテッロ 2012レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ Abboccatello 2012
アッポッカテッロ 2012
品種:プロカニコ、マルヴァジーア、その他土壌品種

2014/5/28 ラシーヌ試飲会にて
爽やかなガスがあります。パイナップルやカリン、バナナのようなトロピカルな感じに酸のキレが加わり厚みとバランスの良さを感じます。
17858 sold out
¥2,820(税別)

ヴビアンコ・デル・パイーノ 2012レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ Bianco del paino 2012
ビアンコ・デル・パイーノ 2012
品種:プロカーニコ100%、
樹齢60年を越える畑より、ある一定の条件を満たした、凝縮したプロカーニコのみを収穫。
除梗し、果皮と共に3 か月、開放式の木樽にて醗酵。
圧搾後24か月、ボトリングしたのち36 か月の熟成ののちにリリース。「様々な要素の融合」を意識したワイン。
果実の密度、果皮のエキス、タンニンが時間と共に一つに溶け合う素晴らしい個性を表現した、最高ランクの白。

 ジャンマルコの祖父のニックネームから名づけられたワイン。
Le Vigne piu Vecchieが「調和」を表現するワインだとするならば、このパイーノは「融合」を意味するワイン。
樹齢の古い区画、Vecchia Vignaヴェッキア ヴィーニャのブドウの中から、ある条件を満たしたブドウのみを選別して収穫。その条件 というのは結実が3房以下で、房が非常に小さいもの=樹上で最大限に凝縮を遂げているブドウのみを選別。
収穫を極限まで遅らせ、樹上で脱水が始まるほど。
一部には貴腐の兆候も見られるほどに完熟した、最高のブドウのみで造るビアンコ。果皮の持つ要素を最大限に引き出すため、果皮と共に3か月のマセレーション。強烈なエキスとタンニンを5年という歳月をかけて熟成。完成するまでリリースしないというジャンマルコのこだわり、こちらも同じく 生産量はわずか500 本程度。
レ ヴィーニェ ピウ ヴェッキエと並び、今のジャンマルコの考える最高の白ワインであるパイーノ。
どちらの白も生産量は非常に少ないので、入荷した本数も限られております。価格を見れば、レ コステ史上最高の価格にやはり驚かされますが、この 2つのワインがその価格に見合う、いやそれ以上のクオリティを持っていることを感じていただけるワインだと信じております。 今のレ・コステ、ジャンマルコが徹底的にこだわり抜き、絶対の自信をもってリリースした2つの白、ぜひ飲んでいただきたいワインの一つです。

2018/7/30 エヴィーノさんの試飲会にて
ドライフルーツのような凝縮した甘みとトロっとした口当たり。
ハーブの香りもあり酸も密も上品で鼻から抜ける香りに良いそうです。
17719 sold out
¥9,220(税別)

ビアンコ・デル・パイーノ・ヴィノ・ダ・タボラ 2008レ・コステ Bianco del paino vino da tavola 2007
ビアンコ・デル・パイーノ・ヴィノ・ダ・タボラ 2007
17719 sold out
¥4,160(税別)

ビアンコ・ヴィノ・ダ・タボラ 2008レ・コステ Bianco vino da tavola 2008
ビアンコ・ヴィノ・ダ・タボラ 2008
17718 sold out
¥3,542

ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ 2015レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ VdT Bianco 2015
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ 2015
品種:プロカニコ、マルヴァージア。

2017/5/22 エヴィーノさんの試飲会にて
ぎゅっとした酸。フレッシュでありながらトロピカルな味わいも感じます。厚みとバランスととれた味わいです。
18854 sold out
¥3,800(税別)

ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ 2015レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ VdT Bianco 2016
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ 2016
品種:プロカーニコ、マルヴァジーア、ヴェルメンティーノ。  樹齢:40年前後。  収穫後、果皮と共に10日間醗酵を行う。  圧搾後そのまま12ヶ月熟成。果実の強さだけでなく、繊細さも併せ持つ素晴らしいヴィンテージ。  2016年はジャン・マルコ曰く、  「毎年こうなってくれたらいいのになぁ。」というほど素晴らしいヴィンテージだったという事。  
暑くなり過ぎず、冷涼さを感じる気候でありながら果実の成熟を感じられる、「繊細さ」を持ったヴィンテージ。  
今まで飲んできたビアンコの中で、明らかに違う気質とエレガントさを持っています。

2018/7/6 エヴィーノの試飲会にて
レモン、ライムのような爽やかな果実の味わい。暫くする奥から密に味わいが覗いてきます。ビアンコでこの味わいは素晴らしい。 納得の1本です。
19301 sold out
¥3,970(税別)

ビアンケット 2015レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ Bianchetto 2015
ビアンケット 2015
品種:プロカーニコ主体、マルヴァジーア ディ カンディア、モスカート、他。
「リトロッツォ以上、ビアンコ未満 と語るジャンマルコ、果実の 表現をしつつも飲み心地を意識したいわゆる「小さなビアンコ」というこのビアンケット 。

彼の畑の中でも比較的樹齢が若い部分の収穫で造られる白ですが、昨年リリースした2014年と比べると雲泥の差!
収穫したぶどうの良さが感じられる豊かな果実味エキス感、さらにいつも通りスルスルの飲み心地、危険過ぎる口当たりのワインです。

樹齢は比較的若い畑が中心。収穫後、果皮とともに数日、醗酵が始まったのちに圧 搾、野生酵母にて醗酵を促す。その後、木樽にて12 カ月の熟成。

2017/1/12 エヴィーノさんの試飲会にて
フレッシュでありながら濃厚な味わい。エキスがたっぷりでクリーミーな口当たりがたまりません。
18749 sold out
¥2,810(税別)

ビアンケット 2015レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ Bianchetto 2016
ビアンケット 2016
品種:プロカーニコ主体、マルヴァジーア ディ カンディア、モスカート、他。
「リトロッツォ以上、ビアンコ未満 と語るジャンマルコ、果実の 表現をしつつも飲み心地を意識したいわゆる「小さなビアンコ」というこのビアンケット 。

彼の畑の中でも比較的樹齢が若い部分の収穫で造られる白ですが、昨年リリースした2014年と比べると雲泥の差!
収穫したぶどうの良さが感じられる豊かな果実味エキス感、さらにいつも通りスルスルの飲み心地、危険過ぎる口当たりのワインです。

樹齢は比較的若い畑が中心。収穫後、果皮とともに数日、醗酵が始まったのちに圧 搾、野生酵母にて醗酵を促す。その後、木樽にて12 カ月の熟成。

2018/7/6 エヴィーノの試飲会にて
レモンやハーブ、ミントの香り。ほのかに感じる苦みがよいアクセントになっています。納得のビアンケットです。
18749 sold out
¥3,130(税別)

ビアンケット 2017レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ Bianchetto 2017
ビアンケット 2017
品種:プロカーニコ主体、マルヴァジーア ディ カンディア、モスカート、他。
樹齢は比較的若い畑が中心。収穫後果皮とともに5日ほど、野生酵母にて醗酵を促す。圧搾後木樽に移してそのまま醗酵を終える。木樽にて12 カ月の熟成。
詰まった果実味とエキス分、 そしてやや強く感じる果皮の印象とタンニンを感じつつも、 飲み心地の良さは相変わらずです!
リトロッツォ以上ビアンコ以下、飲み心地と果実の個性を表現したビアンケット。 猛暑&水不足という過酷な2017 ヴィンテージが入荷しました!「近年の酷暑は単純に糖分が上がるだけではなく、 気温が40 度を越える事も多い。そうするとブドウの果皮についている自然の酵母が、その熱で死滅してしまう。
少ない酵母ではいつも以上に高い糖分を食い切ることが難しく、 醗酵が途中で止まるという事態が増えてきてる。」そう話すジャンマルコ。そのため、ビアンコやビアンケットについては、近年少しだけ果皮との接触を長くしてあげることで、 醗酵を少しだけ補助するという考えに変わりつつあります。
ですので、2017 年は暑い年特有の詰まった果実味とエキス分、そしてやや強く感じる果皮の印象とタンニンを持ったワインになっております。しかしながら、やはり飲み心地の良さについては相変わらず、レ コステらしさを忘れていないビアンケットです!

2019/1/23 エヴィーノさんの試飲会にて
マスカットのような凝縮したぶどうの果実味。
18749 sold out
¥3,320(税別)

ヴィノ・ダ・タヴォラ・ブラン・リパッツォ2015/2016レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ VdT Ripazzo 2015/2016
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ブラン・リパッツォ2015/2016
品種:プロカニコ、マルヴァジーア/ロシェット/ペティーノ/ロマネスコ

前回、約2年ぶりにリリースとなりました。  
気候に恵まれ、素晴らしい収穫であったにも関わらず、例年以上に高い糖分を野生の酵母が食い切ることができないという事態に。  無事に醗酵が終わったのは約半分、残りはまだ残糖があり、さらには揮発酸が非常に高い状態になってしまいました。  
 ジャン・マルコは、醗酵の終わらなかったタンクを諦め、終わったものだけをボトリング。約半分の収穫を失うという結果に。  
2016年の収穫、醗酵を終えたビアンケットやビアンコ、ビアンコCruをそれぞれ圧搾します。  
その絞ったヴィナッチャ(搾った後の果皮・種子)を加え、タンクの中で再びマセレーション(果皮浸漬)を行うというのです!!  
醗酵が進み、活発な酵母を豊富に持ったヴィナッチャを加えることで、止まっていた醗酵が再び動き始めます。  
しかも健全な果皮や種子によって守られ、非常に安定した状態で醗酵を終えることができる。  
しかもビアンコやCruはプレスを強く行わない(Cruは全くプレスしない)のでヴィナッチャといっても十分にモストを含んでいる状態。  
これはある意味、2016のモストをブレンドしていることにもなります。  彼曰く、「15年の強い果実のイメージに、16年の特徴(繊細さ)が混ざりこみ、15のリトロッツォとは全く異なる個性を持ったワイン」。  名前は、Litrozzo(リトロッツォ)をRipasso(リパッソ:果皮を再び漬ける)することからRipazzo リパッツォとなりました。  リトロッツォに負けないスルッスルの飲み心地と、いつものリトロッツォらしくない安定感。  
本当に驚きのワインです。

2017/5/22 エヴィーノさんの試飲会にて
フレッシュでレモンやカリンのような甘酸っぱい感じ。濃厚で凝縮感があります。
18855 sold out
¥2,580(税別)

ヴィノ・ダ・タヴォラ・リトゥロッツォ・ビアンコ 2016レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ VdT Litrozzo 2016
ヴィノ・ダ・タヴォラ・リトゥロッツォ・ビアンコ 2016
品種:ブロカーニコ、マルヴァージーア、地ぶどうを含む。無差別に収穫。酵母添加、温度管理せず野生酵母による醗酵が終わった段階でしボトル詰めを行う。

醗酵に苦しみ、揮発酸が高かった2015年とは対照的に、非常にバランス感のある2016年。悔しい位に美味しくなっています。 口当たりの軽さ、飲み心地はいつもの通りですが、程よく果実的で、心地よい位の瑞々しさ。リトロッツォがこれほど綺麗なワインになる 日が来るなんて全く想像していませんでした。

2017/7/12 エヴィーノさんの試飲会にて
2015年とは対照的にバランスがありました。スパイシーで薬草の香り。厚みと鼻から抜けていく香りがなんとも心地よいです。
18860
1000ml
sold out
¥2,470(税別)
<ワイン地域別一覧 インデックス>
赤ポイントボタンフランス 赤ポイントボタンイタリア(アイウエオ順) 赤ポイントボタンデイリーワイン
ブルゴーニュ(赤) トスカーナ 1,000〜3,000円
ブルゴーニュ(白) ピエモンテ フランス (赤)
ボルドー  イタリア(その他の地域) フランス (白)
ローヌ/オーヴェルニュ/プロヴァンス 赤ポイントボタンスペイン/ギリシャ/アメリカ イタリアその他 (赤)
ロワール/アルザス/ラングドック/ジュラ 赤ポイントボタンオーストリア/ドイツ イタリアその他 (白)
赤ポイントボタンシャンパン&スパークリング&ジュース 赤ポイントボタンチリ   赤ポイントボタンスイス スパ−クリングワイン
赤ポイントボタン 日本 リボンポイントボタンラッピングについて 
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]