マルク・ペノ MARC PESNOT

[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]
■ ■ ■ ご注文数量は半角英数字でご記入下さい■ ■ ■
フランス/ロワール
Marc Pesnot
マルク・ペノ
      自然派      インポーター:野村ユニソン
東京ドーム3個分に匹敵する面積15haという決して狭くはない畑を所有しながら、栽培はほぼ1人でこなすというエネルギー溢れる造り手です。 冬の剪定作業は12月に始めて4月まで毎日休みなしで続き畑の土を覗くとシストなどの石が多く見られ、ミネラル豊かなワインの源となっています。
 栽培においては化学的な物質を用いない自然な農法を採用し、所有している畑の多くに樹齢の高いブドウが植えられており、これも芳醇で複雑な味わいのワインを生み出す要因となっています。 採算を全く顧みず自分の夢にかけるペノ氏の姿勢には感動を覚えるほどです。
 夢を追う少年の目の様に全く濁りがなく黒い瞳がキラキラ輝いており、屋根が壊れてもこれを修理するだけのお金もないほど、全てをワイン造りに費やしている彼によって造り出されるワインは、まさに究極のミュスカデ、究極のグロプランといえます。
『生産量僅か20%!涙涙の2008年マルクペノ!』
  採算度外視でワイン造りにあたるという、そのあまりの情熱のためか、マルクペノ氏は2007年12月に大変困難な状況に直面します。財務上の理由からドメーヌの運営継続が困難になったのです。全てのワインが出荷停止となり、ワイン造りを続けられるかも定かでない状況にありながら、ペノ氏はあくまで畑に出続けました。曇らない笑顔のまま毎日畑に出ては、収穫できるかもわからない、ワイン造りをできるかもわからない、そんなブドウの世話を続けたのです。
 日本にもファンの多いマルクペノ氏のワインをこのまま失ってしまうのは、あまりにも残念でならないと考えた当社と現地フランスのパートナー、エノコネクション社は、ペノ氏の所有するワイナリー「ドメーヌ ドゥ ラセネシャリエール」の経営を引き継ぐことを決め、2008年8月には全ての登録・認可を終了し、正式に再スタートを切ることとなりました。
  しかし、その2008年のワイン造りは表情に厳しいものになりました。 畑を差し押さえられていた期間があったため、剪定が十分にできず収穫量が激減。さらにこの年は天候不良に見舞われたことも重なり生産量は例年の僅か20%ほど。 はっきり言ってイキナリの「経営危機」です。 自然の大きな力の前には人間はあまりに無力なのですが、とはいえ人間にできることは真摯に畑仕事を続けることだけです。

 「日本人好みのスタイルとなった2008年」 生産量が雀の涙ほどの2008年ですが、良いニュースもあります。 天候不良で例年よりも果実味が控えめで、酸の高いスタイルではありますが、ワインの透明感やピュアさが数段レベルアップしているのです。
 というのも、ワイナリーを再開するにあたって老朽化していた設備の一部を新しいものにしました。その結果、ワインの基本的な構造や品質が非常に安定し、結果的にワインのクリアさにつながりまし た。
 2008年のしっかりとした酸も日本人の味覚にはピッタリで、これからの冬の食材との相性も非常に期待できます。もっとも、「美味しいワインに肩書きは関係ないよ」とマイペースなペノ氏は、爽快な 酸味と心地よいミネラルがあり、じわじわ口の中に広がる、熟した果実の旨みの持ったムロン ド ブルゴーニュ(ミュスカデ)を造り続けています。
  この地域では考えられない程、収穫量は低く抑えられており、結果として他には見られないような果実味が溢れたミュスカデやグロプランとなります。「収穫量を抑える」と一口に言ってもミュスカデやグロプランという品種では非常に深刻な問題に直面します。それは、この種のワインは安価なものがほとんどで、量を減らして美味しいワインを造るよりも生産量を増やして販売量を増やしたほうが経済的には有利であるということです。
 マルクペノ氏のように収穫量を2/3や1/2まで減らしてもミュスカデやグロプランといったワインを通常の2倍、3倍の価格で販売する事は難しいのです。それでもなお品質追求をするマルク ペノ氏、まさに情熱のなせる業です。
 収穫されたブドウは除梗されることなく、発酵槽に入れられます。これは白ワインでは珍しい手法で、赤ワインの醸造におけるマセラシオンカルボニック法と同様のものです。彼曰くボジョレーのマルセルラピエールの考えを取り入れて行っているということで、ブドウの果皮から香りや旨みを引き出すために行っています。
 勿論、赤ワインとは異なり果皮と果汁が接触する時間はおよそ6時間と短めです。その際ドライアイスを入れ温度を下げて、低温でしか活動しない自然酵母の活動を促します。仕込みは、深夜午前1時ごろに発酵がはじまるように時間を逆算して行います。そのため収穫は必然的に午後に行われることになります。こうすることによって気温の低い夜間に初期発酵がスタートするのです。この手法を彼は「Nuitage = ニュイタージュ」と呼んでおりフランス語で「夜」を意味する「Nuits」に発酵させることにかけています。これはマルクペノ氏が低い温度帯で活動する酵母の存在を重要視し、爽快ながらふくらみのある果実味を引き出すことを目的としているためです。 発酵中は酵母が生み出すCO2の働きによって酸化を防ぎ、酸化防止剤となる亜硫酸の添加は、瓶詰めの際に極少量にとどめています。またペノ氏はコルクの品質にも細心の注意を払い、複数の生産者と共同でコルクを購入し、そのコルクをロットごとに化学的な検査に出しています。その検査結果をみてTCA汚染いわゆるブショネのリスクが少ないもののみを使用しています。

SOLD OUT

ラ・デジレ 2009マルク・ペノ La Desiree 2009
ラ・デジレ 2009
従来は「AOCミュスカデ セーヴル エ メーヌ」でしたが、現在は「名」より「実」を取る事となりました。非常に低い収量とニュイタージュという発酵初期の温度を低く抑える手法を採用することによって濃密な果実味とムロン ド ブルゴーニュ(ミュスカデ)の清涼感を併せ持ったすばらしい味わいになっています。

この味わいが大量生産をする造り手のミュスカデと比べて「ミュスカデらしくない」と言われAOCを取得できません。もっとも、「美味しいワインに肩書きは関係ないよ」とマイペースなペノ氏は、爽快な酸味と心地よいミネラルがあり、じわじわ口の中に広がる、熟した果実の旨みの持ったムロン ド ブルゴーニュ(ミュスカデ)を造り続けています。
 インポーター著

かすかにガスを感じます。澱との接触時間を長くしています。最後はほのかに甘さも感じますがさっぱりとした爽やかなワインです。ミネラルたっぷりで2、3日過ぎると厚みが出てきます。
15026 sold out
¥2,000

VdT エム・デ・ビー 2007マルク・ペノ M de B 2007
VdT エム・デ・ビー 2007
*トップ キュヴェとなる"M de B"の2007年ヴィンテージ、タンクに残った長熟の最終ロットの入荷です。
「エム・ド・ベー」は使用している品種の「ムロン・ド・ブルゴーニュ」の略。
 ドメーヌが誇る最も樹齢の古い区画のムロン ド ブルゴーニュ(ミュスカデ)から造られるスペシャル キュヴェです。
 発酵終了時は3gの残糖があったため、コルクの代わりに王冠を使用し、ペティヤンとして出荷しました。現在はガスも落ち着いており、大人びた清涼感と吸い込まれるような果実味があり、魅力あふれる1本となりました。
 抜栓後はどんどんまろやかになっていくふくよかな味わいを、ゆっくりとお楽しみ下さい。
<野村ユニソン資料より>
15029 sold out
¥2,828

ミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ・クロ・ラ・デジレ 2007マルク・ペノ Muscadet Sevre et Maine Clos La Desiree 2007
ミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ・クロ・ラ・デジレ 2007
従来は「AOCミュスカデ セーヴル エ メーヌ」でしたが、現在は「名」より「実」を取る事となりました。非常に低い収量とニュイタージュという発酵初期の温度を低く抑える手法を採用することによって濃密な果実味とムロン ド ブルゴーニュ(ミュスカデ)の清涼感を併せ持ったすばらしい味わいになっています。

この味わいが大量生産をする造り手のミュスカデと比べて「ミュスカデらしくない」と言われAOCを取得できません。もっとも、「美味しいワインに肩書きは関係ないよ」とマイペースなペノ氏は、爽快な酸味と心地よいミネラルがあり、じわじわ口の中に広がる、熟した果実の旨みの持ったムロン ド ブルゴーニュ(ミュスカデ)を造り続けています。
 インポーター著

かすかにガスを感じます。澱との接触時間を長くしています。最後はほのかに甘さも感じますがさっぱりとした爽やかなワインです。ミネラルたっぷりで2、3日過ぎると厚みが出てきます。
15026 sold out
¥2,228

ラ・デジレ・ニュイタージュ 2009マルク・ペノ Vin de table Gros Plant 2007
VDT ラ・デジレ・ニュイタージュ (2009)
ニュイタージュは、マルク ペノが独自に名付けた仕込み方法で 白ワインには珍しく、収穫されたブドウを除梗することなく、 発酵槽に入れ、発酵が夜間の気温の低いタイミングで行われるようにする手法です。 この手法が採用されるブドウはポテンシャルの高いものに限られ るため、ニュイタージュしたブドウのみで造られるワインは、 優良なヴィンテージのみにリリースされます。 ボジョレーのマルセル ラピエールに影響を受けて白ワインでマセラシオン カルボニックと同様の手法を思いついた マルク ペノ氏。収穫したブドウを除梗せずタンクに入れ、発酵が深夜にスタートするようにタイミングを調整します。 ペノ氏は、この仕込み方法を「ニュイタージュ」と呼んでポテンシャルの高いムロン ド ブルゴーニュに採用して います。その「ニュイタージュ」で仕込まれたブドウから生み出されるこのワインは、優良なヴィンテージのみに リリースされる特別な1本です。 濃密な果実味とじわじわ広がる旨みはノーマルのラ デジレと同様の方向性ですが、このラ・デジレ ニュイタージュは、より骨格があり複雑な余韻を備えています。 また、やや色調も濃く、香ばしいニュアンスも感じられます。
15030 sold out
¥2,142

ミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ・クロ・ラ・デジレ 2007マルク・ペノ Muscadet Sevre et Maine Clos La Desiree 2008
ミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ・クロ・ラ・デジレ 2008
 非常に低い収量とニュイタージュという発酵初期の温度を低く抑える手法を採用することによって濃密な果実味とムロン ド ブルゴーニュ(ミュスカデ)の清涼感を併せ持ったすばらしい味わいになっています。

 この味わいが大量生産をする造り手のミュスカデと比べて「ミュスカデらしくない」と言われAOCを取得できません。もっとも、「美味しいワインに肩書きは関係ないよ」とマイペースなペノ氏は、爽快な酸味と心地よいミネラルがあり、じわじわ口の中に広がる、熟した果実の旨みの持ったムロン ド ブルゴーニュ(ミュスカデ)を造り続けています。
 インポーター著

かすかにガスを感じます。澱との接触時間を長くしています。最後はほのかに甘さも感じますがさっぱりとした爽やかなワインです。ミネラルたっぷりで2、3日過ぎると厚みが出てきます。
日本にわずか50ケースの入荷です
15024 sold out
¥2,228
(税込¥2,340)

マルク・ペノ・ミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ・クロ・ラ・デジレ2004 Muscadet Sevre et Maine Clos La Desiree 2004
ミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ・クロ・ラ・デジレ 2004
大量生産する造り手のミュスカでと比べてミュスカデらしくない、爽快な酸味と心地よいミネラルがあり、じわじわ口の中に広がる熟した果実の旨味を持ったミュスカデを造り続けています。 インポーター著
15016 sold out
¥1,980

ヴァン・ド・ターブル・グロ・ブラン 2007マルク・ペノ Vin de table Gros Plant 2007
ヴァン・ド・ターブル・グロ・ブラン 2007
グロ・プラン種で造られています。
グロ プランは元々コニャック用に使われていた品種で、別名「フォルブランシュ = Folle blanche」。ロワールでこのブドウから造られるワインは、通常酸味がとても強くてボディが薄いワインばかりですが、樹齢60年から80年の彼のワインは、酸味をしっかりと感じながらも、濃密でまろやかな味わいに仕上がっています。
15027 sold out
¥1,714

ヴァン・ド・ターブル・グロ・ブラン 2007マルク・ペノ Vin de table Gros Plant 2009
ヴァン・ド・ターブル・グロ・ブラン 2009
 グロ・プラン種で造られています。
グロ プランは元々コニャック用に使われていた品種で、別名「フォルブランシュ = Folle blanche」。ロワールでこのブドウから造られるワインは、通常酸味がとても強くてボディが薄いワインばかりですが、樹齢60年から80年の彼のワインは、酸味をしっかりと感じながらも、濃密でまろやかな味わいに仕上がっています。
15027 sold out
¥1,714
<ワイン地域別一覧 インデックス>
赤ポイントボタンフランス 赤ポイントボタンイタリア(アイウエオ順) 赤ポイントボタンデイリーワイン
ブルゴーニュ(赤) トスカーナ 1,000〜3,000円
ブルゴーニュ(白) ピエモンテ フランス (赤)
ボルドー  イタリア(その他の地域) フランス (白)
ローヌ/オーヴェルニュ/プロヴァンス 赤ポイントボタンスペイン/ギリシャ/アメリカ イタリアその他 (赤)
ロワール/アルザス/ラングドック/ジュラ 赤ポイントボタンオーストリア イタリアその他 (白)
赤ポイントボタンシャンパン&スパークリング&ジュース 赤ポイントボタンチリ   赤ポイントボタンスイス スパ−クリングワイン
赤ポイントボタン 日本 リボンポイントボタンラッピングについて 
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]