ドメーヌ・マジャス(トム・ルッブ) DOMAINE MAJAS

[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ] 
■ ■ ■ ご注文数量は半角英数字でご記入下さい■ ■ ■
フランス/ラングドック
Domaine Majas
ドメーヌ・マジャス(トム・ルッブ)
   自然派
弊社イチ押しのワインマタッサを醸造するトム ルッブが、彼の友人の畑のブドウでリーズナブルなワインを造りました。 彼は、2003年までコート ド ルションの最高峰ドメーヌ ゴビーにて醸造に携わっていましたが、パワーを捨て酸とミネラルを前面に押し出すスタイルに変わった時代を経験しています。 このワインには、マタッサでも使われているシンボルマーク「森」の文字が、ラベル全体に大きくあしらわれています。
アルコール度数が低めで、南仏とは思えないほど酸が十分にのった果実味豊で爽やかな味わいは、マタッサ同様いかにもトムの手によるワインらしい味わいです。 この畑のある場所Caudies de Fenouilledes(コーディー ド フヌイヤード)は地中海性気候の地域に属しますが、ゴビーやマタッサのあるCalce(カルス)周辺とは異なり明らかに気候が冷涼で、ピレネー山脈の影響を強く受けています。 例えて述べるなら、カルスがシャトーヌフだとするとコーディはコートロティに該当するくらい、同じ地中海性気候でも実態は大きく異なります。
マタッサのトム・ルッブ(彼のエステート・ワインについては183号の詳細を参照のこと)が冷涼で標高の高いコート・ド・フヌイヤードにおいて、ドメーヌ ド マジャスとのジョイント・ベンチャーを“スリー・ツリーズ”の名の下スタートさせた。 これらのワインを味わえば、ルーションの白に抱いているイメージを捨てることになるだろう。というのはここで話題にしているのは、シャキッとしたアタック、フレッシュな果実、花、そしてミネラルの多面的な、ロワールやモーゼル、アルプス周辺のワインに似つかわしい性質を持ったワインだからだ。 もしこの確立されたスタイルを持ち美味しく、個性的なラベル・デザインのワインに何か欠けているものがあるとすれば、それはワインをより的確に表現する“名称”だけだろう。

SOLD OUT

ヴァンドペイ・ド・コートカタラン・スリーツリーズ 2008ドメーヌ・マジャス(トム・ルッブ) VdP des Cotes Catalanes Three trees Rouge 2008
ヴァンドペイ・ド・コートカタラン・スリーツリーズ 赤 2008
品種 :グルナッシュ50% カリニャン50%
畑 :粘土石灰とシスト。主として北西向きの斜面。
栽培 :ビオロジック
醸造・熟成: 抽出は控え目で、カリニャンには軽いルモンタージュ、グルナッシュはピジャージュを実施しています。 自然発酵。発酵及び熟成は、コンクリートタンクを使用。純粋な果実味を楽しんでもらうため。 前述した気候を最大限に表現することを念頭に置いており、 軽いろ過を行うが、清澄はしない。亜硫酸はビン詰めの際に少量添加するが、総亜硫酸の数値は白でも40mg/L、赤は僅か20mg/Lである。
特徴 :この価格帯では今まで出会ったことがないほどフレッシュでしなやか、風味豊かでありながらもアルコール度数は低めのワインに仕上がるように務めています。とは言え、特別に何かを施しているわけではなく、そのためのブドウを収穫することに注力しています。

ワインアドヴォケイトより
新鮮なブラック・チェリー、さくらんぼの種、そして樹脂的な粒々の香りがする。拡がりがありミディアムボディで、口中を甘く熟した、しかし爽快で酸の高い、苦味を帯びた黒い果実で充たすとともに、その純粋な化学・物理的由来は何にせよ、砕いた石のような感覚を生み出し、それは鮮烈なあまり地学的特性が頭を駆け巡るほどなのだ! この爆発的にジューシーなキュヴェの唾液を誘うような爽快なグリップを、赤ワインと(ましてや色が濃く、リムが黒々とした13.5%のアルコールのあるワインと)結びつけるのは至難の業だ。私は少なくとも2年は熟成の可能性を探りたいが、寝かせた記録が皆無なので本当のところは誰もその潜在性を断言できない。
17797 sold out
¥1,790
(税込¥1,880)
白ワイン
ヴァンドペイ・ド・コートカタラン・スリーツリーズ 2008ドメーヌ・マジャス(トム・ルッブ) VdP des Cotes Catalanes Three trees 2008
ヴァンドペイ・ド・コートカタラン・スリーツリーズ 2008
ロール(ベルメンチーノ)50、マカブー50%
この価格帯では今まで出会ったことがないほどフレッシュでしなやか、風味豊かでありながらもアルコール度数は低めのワインに仕上がるように務めています。とは言え、特別に何かを施しているわけではなく、そのためのブドウを収穫することに注力しています。 レモン、谷のユリのアロマがジューシーで繊細な味わいへと導かれ、シトラスを基盤に塩と白色石灰、濡れた石、挽き立ての小麦や酸の高い赤スグリがみなぎる。 これらの風味は長く生き生きとした、しかし控えめなフィニッシュへとつながる。来年まであらゆる食事に重宝するのは確実だが、私はその後にも1、2本残しておきたい。というのは、熟成の記録は何もないし、もっと長期にわたって素晴らしく成長するのではないかと睨んでいるからだ。
17652 sold out
¥1,790
(税込¥1,880)
<ワイン地域別一覧 インデックス>
赤ポイントボタンフランス 赤ポイントボタンイタリア(アイウエオ順) 赤ポイントボタンデイリーワイン
ブルゴーニュ(赤) トスカーナ 1,000〜3,000円
ブルゴーニュ(白) ピエモンテ フランス (赤)
ボルドー  イタリア(その他の地域) フランス (白)
ローヌ/オーヴェルニュ/プロヴァンス 赤ポイントボタンスペイン/ギリシャ/アメリカ イタリアその他 (赤)
ロワール/アルザス/ラングドック/ジュラ 赤ポイントボタンオーストリア イタリアその他 (白)
赤ポイントボタンシャンパン&スパークリング&ジュース 赤ポイントボタンチリ   赤ポイントボタンスイス スパ−クリングワイン
赤ポイントボタン 日本 リボンポイントボタンラッピングについて 
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]