ヴァルテル・バッテ [プリマ・テッラ] Walter de Batte [Prima terra]

[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]
■ ■ ■ ご注文数量は半角英数字でご記入下さい■ ■ ■
イタリア/リグーリア スペツィア
Walter de Batte [Prima terra]
ヴァルテル・バッテ [プリマ・テッラ]
  自然派  インポーター:エヴィーノ
チンクエ テッレの偉大なる造り手は名前を捨て、さらなる表現を追求し続ける。
リグーリア東部、ラ スペツィア近郊。チンクエ テッレと呼ばれる西端のモンテロッソからリオマッジョーレまで、地中海に面した5つの町。
 近年世界遺産に登録されたことでも注目されましたが、ワイン造りの歴史は古く、1100年代にはブドウ栽培・ワイン醸造の記述も残る歴史ある土地。
 平地がなく、土地も痩せているチンクエ テッレ。
ヴァルテル・バッテ [プリマ・テッラ]
 人々は急斜面の固い岩盤を砕いて石垣を築き、岩盤を砕いた際に出た砂を土壌としてブドウ畑を作った、という非常に過酷な環境。
 それでも、潮風とミネラル豊富な土壌から生まれるブドウ、ワインは中世の時代より価値を見出され希少なワインとして評価されてきました。
 あまりにも急な斜面、トラクターなどが入る余地はなく、栽培から収穫まですべて が手作業。収穫したブドウを運ぶのさえ、担いで階段を上らなければいけないという厳しさ。
栽培面積の少なさ、過酷な環境、多大な労力を必要とするチンクエ テッレのワインは、それだけで希少かつ特別な存在といってもいいでしょう。
 しかしこの貴重さに奢ることなく、徹底したこだわりを持つ造り手です。
栽培の過酷さははもちろん、多くの収穫を見込めない畑。
薬品類や肥料に頼るのではなく、自然環境を尊重し土地、ブドウ樹の自然バランスを尊重したブドウ栽培を行っている。そこからさらに収穫量を抑え、果実の凝縮、完熟したブドウから表現されるチンクエテッレの個性。
1ha あたり 12000 本という超高密植、海からの強い風に耐えるため、そして結実を減らすための非常に低い仕立て。僅か0.7ha の畑から収穫、ワインとして出来上がるのはたった 1500L〜 2000L、あまりにも少なさには絶句してしまいます。
いかに過酷な環境であろうと、一切妥協のない栽培・醸造哲学により生み出される彼は、90 年代末には周囲の生産者を圧倒しており、唯一 無二として評価されていた。
それにも関わらず、2007年を最後にDOC から離脱する道を選びます。
 土地、そして歴史を深く愛し、醸造についても近代的な手法よりも、土地に残る伝統的な醸造方法にこだわってきました。「チンクエ テッレの骨組みともいえる ブドウ、ボスコ。分厚い果皮を生かすためにも果皮と共に醗酵させる。完熟したボスコは果皮が赤くなってゆく、だからワインの色が濃くなることは当然なこと。無色透明なワインでなければチンクエ テッレとは呼べないなどと、近年の DOC が言い始めた時、自分から DOC を辞めようと思ったんだ。自分が造りたい、表現したいのは土地≪テロワール≫としてのチンクエ テッレ、名前や肩書に左右されるものじゃない」。
リオマッジョーレにある自分の畑 0.7ha と別に、これから先の可能性を追求するべく、「Primaterra」として新たに畑、カンティ ーナを立ち上げました。
白ワイン
アルトローヴェ 2017/2018ヴァルテル・デ・バッテ Altorove 2017/2018
アルトローヴェ 2017/2018
ボスコ、アルバローラ、ヴェルメンティーノ、ロッセーゼ ビアンコ、ロッサーノ ディ ニッ ツァ(ルーサンヌ)、マルサン(マルサンヌ)
樹齢 30〜80 年。
成熟する速度に合わせて、それぞれ完熟を待ってから収穫、果皮と共に5 日間、緩やかに醗酵を行う。 圧搾後、古バリックに移し醗酵を終えた後 1 度もオリ引きを行わずに24 か月、シュ ール=リーの状態にて熟成(2018は天候不良によりバリック3樽分のワインしか造ることができなかったため、2017 と合わせてボトル詰め)
強靭なミネラルを覆いつくすほどの熱量と果実。国や品種を「越えた先」を表現。
最後のリリースとなったアルトローヴェ、猛暑で収穫量が激減し、樹上で干しぶどう化したという 2017。多雨と日照が乏しい影響で、病気に悩まされた2018。相反する2つのヴィンテージを合わせる事で、より多様さ、幅の広さを表現。リリース当時でも、素晴らしいバランス感と完成度を持ったアルトローヴェ。あれから5 年が経過し、熟成によるさらなる変化も加わりました。

2024/4/15 エヴィーノさんの試飲会にて
凝縮した華やかな香り。ハーブやミネラル、複雑な味わいがあり、ほのかに感じる苦みがまた味わいを引き締めています。
16560 ¥8,780(税込\9,658)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
セレクトページから同額以上のワインを
一緒にお買い上げ下さいませ⇒⇒⇒
コチラヘ

カラッツ 2018ァルテル・デ・バッテ Carlaz 2021
カラッツ 2021
品種:ヴェルメンティーノ100%
樹齢50年の畑が中心。収穫後、除梗し果皮と共に4 日間、醗酵が始まり途中で圧搾。ステンレスタンクに移し醗酵。2021 年は糖度、凝縮も高く、完全に醗酵が終わるまでに 5カ月を要した特殊なヴィンテージ。そのままオリと共に 12 か月の熟成。ヴェルメンティーノの持つ柔らかい果実味と豊かな香り、ヴォリュームを感じつつも繊細で美しい酸と柔らかみ。そ して全体に感じる海由来の塩味とミネラル。トスカーナ州、カッラーラに隣接する海岸に近い砂質の畑。DOC でいうコッリ ディ ルーニのエリアにあるヴェルメンティーノより造られるカラッツ。一般的なブドウのイメージでいえば、果実味が豊かでアロマティックな印象。しかし、ヴァルテル曰く「それはあくまでも豊かな土壌で栽培されたものでしかない。海の潮風と、砂の多い土壌。決して豊かとはいえない環境で、樹齢50年を越えるブドウ樹より収穫された高密度のヴェルメンティーノは、単なる横の広がりだけではない、奥行きや繊細さ、複雑さを持ったワインになる。」 その言葉の裏付けともいえる今回の 2021 ヴィンテージ。天候に恵まれたものの、近年続いている水不足の影響で、想定以上に結実が少なく、 非常に凝縮したヴィンテージ。収穫したブドウは決して過剰な糖分の凝縮ではなく、酸を失わずバランスの取れた状態。そしてさらに驚くべきは、醗酵が完全に終わるまで 5カ月もの期間を要したというヴィンテージ。「これは意図して行ったワケではないけれど、高い糖分だけでなく酸も落ちることなく収穫ができた。そして秋以降の気温の低さ、完全に醗酵が終わることなく、非常にゆっくりと続いた。それは結果的に、ワインにより複雑さと奥行き、立体的な味わいを持つことが出来た。」そう話すヴァルテル。 ヴェルメンティーノの持つ柔らかい果実味と豊かな香り、ヴォリュームを感じつつも繊細で美しい酸と柔らかみ。そして全体に感じる海由来の塩味とミネラル。チンクエ テッレとは異なるルニジャーナの個性を十分に持った、ポテンシャル秘める味わいです

2024/4/16 エヴィーノさんの試飲会にて
黄金色です。パイナップルやカリンの香りと味わい。ふっくらとして密ぽさやスパイシーさもあって味わいがとても複雑に感じます。
18942 ¥6,880(税込\7,568)

アルモジェ 2019ヴァルテル・バッテ Harmoge 2019
アルモジェ 2019
品種:ボスコ 45%、ヴェルメンティーノ 20%、アルバローラ 20%、ロッセーゼ ビアンコ 15%
樹齢20年前後。
ブドウごとに完熟を待ってから収穫。それぞれ果皮と共に約5日、野生酵母による醗酵を促してから圧搾。500Lの木樽にて醗酵を行い、オリと共にシュール=リーの状態で36 ヶ月の熟成。DOC はないものの、チンクエ テッレと同じブドウ、伝統を忠実に踏襲しつつも、華やかさ、美しさをもった、いわゆる世界から見られるチンクエテッレという立ち位置を持ったワイン。 アルトローヴェのない今、ヴァルテルが本当の意味で追求する、唯一のチンクエテッレという存在になりました。

2023/7/12 エヴィーノさんの試飲会にて
濃厚な黄金色をしています。芳醇で密や焼きリンゴ、オレンジや花のような香しい香りに引き込まれます。熟成した香り、漢方のような香りも感じます。ほのかな苦味を感じ、素晴らしい味わいです。
20275 ¥6,730(税込\7,403)
ローズシロップ
シロッポ ディ ローゼ・ヴァルテル・デ・バッテ Sciroppo di Rose
シロッポ ディ ローゼ
品種:バラ(ロサ ケンテフォリア 40% ,ガリカ ローズ 30%,- ダマスク ローズ 30%)
奥様アンナの生家に幼いころ、ブドウ樹と家庭菜園、そしてバラに埋め尽くされていたという土地。種をまかずとも自生していた当時のバラ品種が自然と咲いていたといたそうです。そのバラを栽培し花びらから作るシロップ。レシピはお母さんが作っていた当時のモノで、キビ糖とバラの花びら、レモン以外何も使わない手作業で作る純粋なローズシロップです。
一般的なローズシロップよりも強い香りと繊細な甘さ、そして天然の色合い。果実はもちろん、バラなどの花の栽培でも知られるチンクエ テッレ。デザートに使ったり、炭酸水で割ったり。ぜひ一度お試しいただきたいシロップです。

2023/7/12 エヴィーノさんの試飲会にて
バラのかぐわしい香りにうっとりです。炭酸で割ったり、紅茶に入れてもいいですね。ゼリーもいいかも、シロップの使用はほんの少しで十分、また常温で保管出来るのでちょっと高いけど価値はありますね。
20587 ¥3,480(税込\3,758)

SOLD OUT

セリコ 2013ヴァルテル・デ・バッテ Cerico 2013
セリコ 2013
品種:グラナッチャ80%、シラー20%樹齢:15〜20年
果皮の持つ要素をすべて抽出するため、果皮と共に60 日以上、野生酵母にて醗酵。圧搾後、古樽にて36 か月の熟成。栽培環境、ブドウの個性、醸造に費やす時間、すべてにおいて徹底したこだわりを詰め込んだワイン。

2019/11/6 エヴィーノさんの試飲会にて
濃厚で熟した果実味はエレガントなタンニンと綺麗な酸がバランスよく素晴らしい味わいです。
19587 sold out
¥6,370(税別)

セリコ 2013ヴァルテル・デ・バッテ Cerico 2013
セリコ 2013
品種:グラナッチャ80%、シラー20%
樹齢:15〜20年
標高500m、潮風を受ける特異な環境で栽培される。10 月中旬〜完熟を待ってから収穫。果皮の持つ要素をすべて抽出するため、果皮と共に60 日以上、野生酵母にて醗酵。圧搾後、古樽にて36 か月の熟成。栽培環境、ブドウの個性、醸造に費やす時間とすべてにおいて徹底したこだわりを詰め込んだワイン。

2022/4/13 エヴィーノさんの試飲会にて
濃厚で熟した果実味はエレガントなタンニンと綺麗な酸がバランスよく素晴らしい味わいです。
19587 sold out
¥6,480(税込\7,128)

トノス 2015ヴァルテル・デ・バッテ Tonos 2015
トノス 2015
品種:サンジョヴェーゼ 75%、ヴェルメンティーノ ロッソ、カナイオーロ、メルロー、
樹齢 20 年〜30 年。
海の影響を強く受けたサンジョヴェーゼ。完熟したブドウを果皮と共に最大限抽出、期間は60 日に及ぶ。圧搾後 500L の木樽にて24 か月の熟成。トスカ ーナのサンジョヴェーゼとは全く異なる、繊細さを持ったワイン。リグーリア、ルニジャーナの個性を最大に表現する赤。

2019/11/6 エヴィーノさんの試飲会にて
濃厚でカシスやドライフルーツのような熟した果実の味わいです。ハーブの香りもあります。タンニンもエレガントで余韻が永く心地よい。
19586 sold out
¥5,080(税別)

トノス 2015ヴァルテル・デ・バッテ Tonos 2015
トノス 2015
品種:サンジョヴェーゼ 75%、ヴェルメンティーノ ロッソ、カナイオーロ、メルロー、
樹齢 20 年〜30 年。
海の影響を強く受けたサンジョヴェーゼ。完熟したブドウを果皮と共に最大限抽出、期間は60 日に及ぶ。圧搾後 500L の木樽にて24 か月の熟成。トスカ ーナのサンジョヴェーゼとは全く異なる、繊細さを持ったワイン。リグーリア、ルニジャーナの個性を最大に表現する赤。

2022/4/13 エヴィーノさんの試飲会にて
濃厚でカシスやドライフルーツのような熟した果実の味わいです。タンニンもエレガントで余韻が永く心地よいです。
19586 sold out
¥5,080(税込\5,588)

ヴィーニャ デッレ ピエトレ ネーレ 2017ヴァルテル・デ・バッテ Vigna delle Pitre nere 2017
ヴィーニャ デッレ ピエトレ ネーレ 2017
シラー65%、メルロー25%、チリエジョーロ 10%、
樹齢20年前後。
彼らしく徹底的に収穫量を抑え凝縮し、果皮まで完熟してから収穫。そしてなんと、2 か月以上果皮と共に醗酵を行ったという赤。2017 年は猛暑で非常にブドウの糖度が高くなったヴィンテージ。凝縮しているのはもちろん、海由来の塩気を感じるかのような強い味わい。 エチケットはこちらも彼自身が描いた、チンクエテッレの階段状の畑をイメージした画。名前の通り畑に広がる「黒い石」が太陽の熱を蓄え、ブドウの生育を助けることで、生育的に厳しいチンクエテッレの貧しい土壌でも、素晴らしく完熟し糖度を高めたブドウが生まれる、という事を証明。

2021/11/9 エヴィーノさんの試飲会にて
濃いルビー色。細かなタンニンとふくよかさ。
冷涼で心地よく、ミネラルとボリューム感があり、染み出すような旨味と柔らかみで個性的です。 他の土地では表現しえない個性を感じるシラー
20167 sold out
¥6,480(税込\7,128)
白ワイン
アルモジェ 2019ヴァルテル・バッテ Harmoge 2019
アルモジェ 2019
品種:ボスコ 45%、ヴェルメンティーノ 20%、アルバローラ 20%、ロッセーゼ ビアンコ 15%
樹齢20年前後。
ブドウごとに完熟を待ってから収穫。それぞれ果皮と共に約5日、野生酵母による醗酵を促してから圧搾。500Lの木樽にて醗酵を行い、オリと共にシュール=リーの状態で36 ヶ月の熟成。DOC はないものの、チンクエ テッレと同じブドウ、伝統を忠実に踏襲しつつも、華やかさ、美しさをもった、いわゆる世界から見られるチンクエテッレという立ち位置を持ったワイン。 アルトローヴェのない今、ヴァルテルが本当の意味で追求する、唯一のチンクエテッレという存在になりました。

2023/7/12 エヴィーノさんの試飲会にて
濃厚な黄金色をしています。芳醇で密や焼きリンゴ、オレンジや花のような香しい香りに引き込まれます。熟成した香り、漢方のような香りも感じます。ほのかな苦味を感じ、素晴らしい味わいです。
20275 sold out
¥6,730(税込\7,403)

ビアンコ サラデーロ 2021ヴァルテル・デ・バッテ Bianco Saladero 2021
ビアンコ サラデーロ 2021
品種:ボスコ40%、ヴェルメンティーノ30%、アルバローラ30%
樹齢:20年前後。
アルトローヴェなき後、その情熱と想いを受け継いだビアンコ サラデーロ。畑はチンクエ テッレのエリアより北西、モンタレットにある畑。 2016年より栽培を続け、徐々に土地の生物環境が整い始めたと話すヴァルテル。「ブドウのクオリティを上げるためには、それに見合うだけの 厳しい剪定と収穫量を制限する必要があった。さらに収穫したブドウにも、常に何か欠けていると感じた。それを補うために2 つのヴィンテージ をアッサンブラージュすることで補ってきた。やっと2021 の収穫から、遂に自分で納得のいくクオリティのブドウを収穫することが出来た」。畑を管理して 5年。ブドウ樹のみならず、周辺の生物環境を取り戻すために必要な時間が経過したことで、真の意味で彼が求めるクオリティのブドウが収 穫できたという2021。ブドウの凝縮度、ヴォリュームを持ちながらも酸がしっかりと支えている。そして強烈なミネラル分と、潮風を感じさせるかのような塩分。過剰な凝縮ではない繊細さとエレガントさを感じるサラデーロ。ヴァルテルの言葉から、遂に一つの完成と言えるのだと思います。

2024/4/16 エヴィーノさんの試飲会にて
ミネラリーで塩味を感じる味わい。凝縮感、パワフルな味わいは素晴らしく、繊細でエレガント。とても魅力的な味わいです。
19585 sold out
¥8,480(税込\9,328)
ロゼワイン
ロザート プリマテッラ 2019ヴァルテル・バッテ Rosato Prima Terra 2019
ロザート プリマテッラ 2019
品種:サンジョヴェーゼ 75%、ヴェルメンティーノ ロッソ、カナイオーロ、メルロー
樹齢: 20年〜30年。海の影響を強く受けたサンジョヴェーゼ。収穫後、約半日果皮と共にし、醗酵が始まるタイミングでモストのみで醗酵。ステンレスタンクにて 6カ月の熟成。 非常に凝縮したブドウだけに、高いポテンシャルと凝縮感を感じるロゼ。2年の熟成を経ても、ま だこれから先を期待させる味わいです。

2022/4/13 エヴィーノさんの試飲会にて
りんご、かりんのような華やかな香りとスパイシーさ。赤に近い味わいと密や酸とのバランスも素晴らしくポテンシャルの高さを感じます。
20274 sold out
¥4,430(税込\4,873)
白ワイン
ビアンコ サラデーロ 2016/2017ヴァルテル・デ・バッテ Bianco Saladero 2016/2017
ビアンコ サラデーロ 2016/2017
ボスコ40%、アルバローラ30%、ロッセーゼビアンコ30%
樹齢20年前後。
2015年に新たに借りた標高 400m の海に面した畑。
成熟する速度に合わせて、それぞれ完熟を待ってから収穫。果皮と共に7 日間、緩やかに醗酵を行う。圧搾後、古バ リックに移し開放状態でバトナージュを行いながら酸化的な環境で熟成を行う。その 後オリ引きを行わずに24か月、シュール=リーの状態にて熟成(2016は畑の環境 が十分に整っておらず、納得できるブドウのみを収穫した結果、バリック 1 樽分ほどし か醸造できなかったため、2017とアッサンブラージュしています)。ブドウの収穫量が非常に少なかったため、2つのヴィンテージを合わせてボトル詰め、それでも僅か1000 本という少なさです。
アルトローヴェの広がり、華やかさとは違う高密度、リグ ーリアをより強く意識したワイン。

2019/11/6 エヴィーノさんの試飲会にて
濃厚で芳醇で密や焼きリンゴ、花のような香しい香りに引き込まれます。とろみや密、厚み、余韻、素晴らしい味わいです。
19585 sold out
¥6,680(税込\7,348)

ビアンコ サラデーロ 2018/2019ヴァルテル・デ・バッテ Bianco Saladero 2018/2019
ビアンコ サラデーロ 2018/2019
ボスコ40%、アルバローラ30%、ロッセーゼビアンコ30%
樹齢20年前後。
ヴァルテル デ バッテの代名詞ともいえるワイン「Altrove アルトローヴェ」。 「地中海地域全体」を表現しようという、彼の強い想いを具現化したワイン。そしてアルトローヴェなき後、その思いと哲学を受け継いだワインが、このビアンコ サラデーロ。
獲れたカタクチイワシを加工し、アンチョビとして内地に運ばれてきたという時代背景をもとに、その海の味わい、塩を感じるワイン。強いミネラルと密度を持ったワイン。それこそ名前だけではない本当の意味での「Cinque Terre チンクエ テッレ」のワイン、味わいと考えるヴァルテル。 素晴らしいワインを造りながらも、ヴァルテルを取り巻く環境は決して簡単ではなく、土地、カンティーナと問題が山積みです。しかし、その状況に諦めることなく、こだわり続ける。そし て、自分だけでなくチンクエ テッレ、そしてリグーリアのワイン文化をも考えた活動を続けるヴァルテル。決して安いワインではありませんが、その味わいはリグーリア、そしてチンクエ テ ッレの本当の個性を感じられる、価格に恥じない味わいであると確信しております。
絶対的な収穫量が少なく、単一ヴィンテージでボトル詰めができなかったため、2018、1019の2 ヴィンテージを合わせてボトル詰めです。

2021/11/9 エヴィーノさんの試飲会にて
濃厚で芳醇で密や焼きリンゴ、オレンジや花のような香しい香りに引き込まれます。とろみや密、厚み、余韻、苦味、酸の複雑な味わい。素晴らしい味わいです。
20166 sold out
¥6,680(税込\7,348)

ビアンコ サラデーロ 2018/2019ヴァルテル・デ・バッテ Bianco Saladero 2018/2019
ビアンコ サラデーロ 2018/2019
ボスコ40%、アルバローラ30%、ロッセーゼビアンコ30%
樹齢20年前後。
ヴァルテル デ バッテの代名詞ともいえるワイン。
2015 年に新たに借りた標高400mの海に面した畑。成熟する速度に合わせて、それぞれ完熟を待ってから収穫。果皮と共に7 日間、緩やかに醗酵を行う。圧搾後、開放状態でバトナージュを行いながら酸化的な環境で熟成を行う。その後オリ引きを行わずに 24 か月、シュール=リーの状態にて熟成。海の味わいを感じ、強い塩分と旨味にも引けを取らない強いミネラル、 そしてワイン全体に感じる柔らかさとバランス感。アルトローヴェ、アルモジェとも異なる、土地環境を表現した白。

2022/4/13 エヴィーノさんの試飲会にて
濃厚で芳醇で密や焼きリンゴ、オレンジや花のような香しい香りに引き込まれます。とろみや密、厚み、余韻、苦味、酸の複雑な味わい。素晴らしい味わいです。
20166 sold out
¥6,680(税込\7,348)

ビアンコ サラデーロ 2019/2020ヴァルテル・デ・バッテ Bianco Saladero 2019/2020
ビアンコ サラデーロ 2019/2020
品種:ボスコ40%、ヴェルメンティーノ30%、アルバローラ30%
樹齢:20年前後。
ヴァルテル デ バッテの代名詞ともいえるワイン。
良年の20年を強く感じる果実の凝縮と、芯の通った酸。海の味わいを感じるミネラル。畑の成長と共に奥行き、複雑さを持つようになりました。 気温が低く酸の高い2019と、気温が高くブドウの熟度が高かった2020。2つのヴィンテージを合わせる事で、ワインとしてのバランスが取れる。造り手として毎年の特徴、ヴィンテージを表現したいという考えはあると思います。しかし、それ以上に彼を突き動かしているのは、このリグーリアのチンクエテッレの土地を表現する事。

2023/1/16 エヴィーノさんの試飲会にて
ミネラリーで塩味を感じる味わい。凝縮感、パワフルな味わいは素晴らしく、繊細でエレガント。とても魅力的な味わいです。
20166 sold out
¥6,980(税込\7,678)

ヴィーノ ビアンコ 2015ヴァルテル・デ・バッテ Vino Bianco 2015
ヴィーノ ビアンコ 2015
品種:ヴェルメンティーノ 80%、サンジョヴェーゼ 20%、
樹齢 :30 年。
オリを加える過程を 2020 年まで繰り返し、約5年間オリと共に熟成を行ったワイン。

2023/1/16 エヴィーノさんの試飲会にて
ミネラリーで熟したりんごのような果実味。ふっくらとした味わいはサンジョベーゼを思わせ軽いタンニンがあります。余韻もとても綺麗でエレガント。素晴らしい味わいです。
20456 sold out
¥6,380(税込\7,018)

カラッツ 2016ヴァルテル・バッテ Carlaz 2016
カラッツ 2016
品種:ヴェルメンティーノ100%
今回、彼の運営するもう一つのワイナリー「プリア・テッラ」より初めて入荷するヴェルメンティーノ「カラッツ」

スペツィアから東、トスカーナとの境目に広がる土地。古くよりルニジャーナと呼ばれ、トスカーナでも、リグーリアでもない独自の食文化を持った地域。
この土地で栽培されているヴェルメンティーノにて造られるワイン。 「強い粘土質と砂質、海から近い事もあり畑に届く潮風の影響は、ヴェルメンティーノに独特の個性を与える」そう話すヴァルテル。 強い 果実味と香り、豊かなアロマを持 つヴェルメンティーノ 。
完熟したヴェルメンティーノを果皮と共に5日程度 、野生酵母による醗酵を促します。圧搾は非常に柔らかく自重によって出るフリーランジュースのみ。アルトローヴェ同様、極力空気との接触を嫌うヴァルテル、「健全な酵母環境、醗酵状態を保っていれば、オリと引き離す必要がない」。オリ引きすることなく約 12か月、シュール=リーの状態で熟成。非常に柔らかな酒質であるヴェルメンティーノが彼の感性と表現力によって磨き上げられる。 ブドウの完成度はもちろんのこと 磨きあげられた高密度の液体、素晴らしいヴェルメンティーノです。

2018/2/22 エヴィーノさんの試飲会にて
濃厚で芳醇で密や焼きリンゴ、花のような香しい香りに引き込まれます。ミネラルもキラキラしていて魅力的な白ワインでした。
18942 sold out
¥4,890(税別)

カラッツ 2016ヴァルテル・デ・バッテ Carlaz 2016
カラッツ 2016
品種:ヴェルメンティーノ100%
樹齢 30 年。果皮と共に 5 日間、野生酵母による醗酵を促す。圧搾はほぼせず、フリーランジュースのみ、ステンレスタンクにて醗酵を終え る。そのままオリと共に 12 か月、シュール=リーの状態で熟成。薫り高く、強いアロマ を持ったヴェルメンティーノ、熟成し素晴らしい状態に。

2019/11/6 エヴィーノさんの試飲会にて
カリンやハッカのような味わいがしました。密をたっぷり含み濃厚で芳醇な魅力的です。
18942 sold out
¥4,890(税別)

カラッツ 2018ァルテル・デ・バッテ Carlaz 2018
カラッツ 2018
品種:ヴェルメンティーノ100%
樹齢50年の畑が中心。 果皮と共に3 日間、野生酵母による醗酵を促す。圧搾はとても繊細に行い、ステンレスタンクにて醗酵を終える。そのままオリと共に12 か月の熟成。 収穫量の少なさ、収穫時期の遅さ、徹底的なヴァルテルのこだわりにより、超凝縮したヴェル メンティーノ。冷涼な 2018 は「より長い時間をかけてブドウが熟成した」最高の出来。アロマティ ックなだけでなく、奥行き、複雑も兼ね備えたこれまでにない味わいとなりました!

2022/4/13 エヴィーノさんの試飲会にて
黄金色です。パイナップルやカリンの香りと味わい。スパイシーさもあって味わいがとても複雑に感じます。
18942 sold out
¥4,680(税込\5,148)

アルトローヴェ 2017/2018ヴァルテル・デ・バッテ Altorove 2017/2018
アルトローヴェ 2017/2018
ボスコ、アルバローラ、ヴェルメンティーノ、ロッセーゼ ビアンコ、ロッサーノ ディ ニッ ツァ(ルーサンヌ)、マルサン(マルサンヌ)
樹齢 30〜80 年。
成熟する速度に合わせて、それぞれ完熟を待ってから収穫、果皮と共に5 日間、緩やかに醗酵を行う。 圧搾後、古バリックに移し醗酵を終えた後 1 度もオリ引きを行わずに 24 か月、シュ ール=リーの状態にて熟成(2018 は天候不良によりバリック 3 樽分のワインしか造ることができなかったため、2017 と合わせてボトル詰め)。強靭なミネラルを覆いつくすほどの熱量と果実。
国や品種を「越えた先」を表現。
2 ヴィンテージ合わせて僅か 1600 本という本数になってしまいそうです

2019/11/6 エヴィーノさんの試飲会にて
凝縮した果実味。ハーブやミネラル、複雑な味わいがあり、ほのかに感じる苦みがまた味わいを引き締めています。
16560 sold out
¥7,570(税別)

アルモジェ 2016ヴァルテル・バッテ Harmoge 2016
アルモジェ 2016
ボスコ40%、アルバローラ30%、ロッセーゼビアンコ30%
樹齢20年前後。
ブドウごとに完熟を待ってから収穫。それぞれ果皮と共に約 5日、野生酵母による醗酵 を促してから圧搾。500L の木樽にて醗酵を行い、オリと共にシュール=リーの状態で 36 ヶ月 の熟成。DOC はないものの、チンクエ テッレと同じブドウ、伝統を忠実に踏襲しつつも、華やかさ、美しさをもった、いわゆる世界から見られるチンクエ テッレという立ち位置を持ったワイン。 アルトローヴェのない今、ヴァルテルが本当の意味で追求する、唯一のチンクエテッレという存在になりました。

2022/4/13 エヴィーノさんの試飲会にて
濃厚な黄金色をしています。芳醇で密や焼きリンゴ、オレンジや花のような香しい香りに引き込まれます。熟成した香り、漢方のような香りも感じます。ほのかな苦味を感じ、素晴らしい味わいです。
20275 sold out
¥5,780(税込\6,358)
<ワイン地域別一覧 インデックス>
赤ポイントボタンフランス 赤ポイントボタンイタリア(アイウエオ順) 赤ポイントボタンデイリーワイン
ブルゴーニュ(赤) トスカーナ 1,000〜3,500円
ブルゴーニュ(白) ピエモンテ フランス (赤)
ボルドー イタリア(その他の地域) フランス (白)
ローヌ/オーヴェルニュ/プロヴァンス 赤ポイントボタンスペイン/ギリシャ/アメリカ イタリアその他 (赤)
ロワール/アルザス/ラングドック/ジュラ 赤ポイントボタンオーストリア/ドイツ イタリアその他 (白)
赤ポイントボタンシャンパン&スパークリング&ジュース 赤ポイントボタンチリ赤ポイントボタンスイス スパ−クリングワイン
赤ポイントボタン 日本 リボンポイントボタンラッピングについて 
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]