スケルリ Skerj

[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]
■ ■ ■ ご注文数量は半角英数字でご記入下さい■ ■ ■
イタリア/フリウリ
Skerj
スケルリ
  インポーター:エヴィーノ  自然派
 2006年、まだ27歳という若さでありながら、 自家醸造用の1haの畑を基本に周囲の放棄されたブドウ畑(高齢化、離農が進み、多くの畑が手入れさえされていない)を借り、自家醸造・ボトル詰め用のワインの生産を開始。
 ダミアンのカンティーナより車で30分程度という近さでありながら、全く異なる地質環境と全く異なる性格(笑)であるスケルリのマテイ。
スケルリのマテイ氏
 高密植、アルベレッロ仕立てにてヴィトフスカ、マルヴァージア・イストゥリアーナを植樹。  テッラーノは樹の特徴からグイヨーに仕立てる。
 開墾当初のみ、微量ながら堆肥を使用したものの、高樹齢の土地や2年目以降の畑では一切の肥料、堆肥を使わない。  もちろん薬品類も一切使用せず、最低限の銅と硫黄物のみ。  基本的には畑の自然環境を整えることで土地自体のバランス感、 しいてはブドウ樹の自己管理能力を高めることを尊重。  
 収穫した果実は除梗したのち、開放式の大樽にて約2週間のマセレーション。
 野生酵母による醗酵を行う。途中一切の温度管理を行わない。
 状況として醸造学的に“危険”といわれる状況に陥った場合でも、果実的な安定が取れている限り“欠陥のあるワイン”にはなりえない、と考えるマテイ。
テッラーノ2013スケルリ Terrano 2013
テッラーノ 2013
品種:テッラーノ 100%、
収穫後、開放桶にて約3週間、果皮と共に醗酵を行う。 圧搾後、木樽(500L)にて約 12か月、ボトル詰め後 36か月以上の熟成。 ブドウ由来の高い酸によってワインが守られると考えたマテイ、現在は全くと言っていいほど SO2 を添加せずにボトル詰めを行っている。強烈な鉄分と酸を持った個性的なブドウ、しかしその個性に埋もれることなく、果実をはっきりと感じられる飲み心地を秘めた赤。

2020/3/4 エヴィーノさんの試飲会にて
きめ細かなタンニンとミネラルを感じる酸があって魚介類にも合いそうです。
19645 ¥4,240(税別)
白ワイン
ヴィトフスカ 2015スケルリ Vitovska 2015
ヴィトフスカ 2015
品種:ヴィトフスカ 100%
「ヴィトフスカの個性は酸とミネラル、そんな言われ方をされてしまうブドウですが、それはヴィトフスカの本性を表現できていないだけ。ヴィトフスカは 繊細さや骨格といったワインの体躯をもつ、リボッラジャッラのようなブドウだと感じるんだ」、そう強く話していたマテイ。マルヴァジーアのような華やかさやアロマではなく、余韻の長さ、奥行きを持った、いわゆるカルソで最も重要なブドウ。日照にも恵まれ、例年以上に豊かな果実味を得ることができ た2015年。

2020/3/4 エヴィーノさんの試飲会にて
うっとりです。ハーブや白桃、ミネラルがたっぷりで味わい深くバランスのとれたバランス感抜群の白ワインです。
19643 ¥4,520(税別)

マルヴァジーア 2015スケルリ Malvasia 2015
マルヴァジーア 2015
品種:マルヴァジーア イストゥリアーナ100%

 東部イストリア半島より渡ってきたマルヴァ―ジア イストゥリアーナは、強いアロマだけではなくしっかりと骨組みのあるブドウ。ヴィトフスカに比べて糖度が上がりやすいマルヴァジーア、2015年は過去最高の果実とヴォリューム。体を包み込まれるようなふくよかさを感じる素晴らしいマルヴァジーアです。

2020/3/4 エヴィーノさんの試飲会にて
ハーブ、トロピカルな果実の甘み、アロマがあふれるような味わい。スパイシーな口当たりととろんとした果実味、うっとりする味わいです。
19644 ¥4,520(税別)

SOLD OUT

<ワイン地域別一覧 インデックス>
赤ポイントボタンフランス 赤ポイントボタンイタリア(アイウエオ順) 赤ポイントボタンデイリーワイン
ブルゴーニュ(赤) トスカーナ 1,000〜3,000円
ブルゴーニュ(白) ピエモンテ フランス (赤)
ボルドー イタリア(その他の地域) フランス (白)
ローヌ/オーヴェルニュ/プロヴァンス 赤ポイントボタンスペイン/ギリシャ/アメリカ イタリアその他 (赤)
ロワール/アルザス/ラングドック/ジュラ 赤ポイントボタンオーストリア/ドイツ イタリアその他 (白)
赤ポイントボタンシャンパン&スパークリング&ジュース 赤ポイントボタンチリ赤ポイントボタンスイス スパ−クリングワイン
赤ポイントボタン 日本 リボンポイントボタンラッピングについて 
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]