カンティーナ・マドンナ・デレ・グラッツィエ Cantine Madonna Delle Grazie

[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]
■ ■ ■ ご注文数量は半角英数字でご記入下さい■ ■ ■
イタリア/バジリカータ州
Cantine Madonna Delle Grazie
カンティーナ・マドンナ・デレ・グラッツィエ
    
インポーター:ディオニー  自然派
イタリアの中でも南の産地、州の47%が山地、45%が丘陵地であるバジリカータ州、 そこに位置するDOC 、アルアニコ・デ ル・ヴルトゥーレではAglianico種から作る赤ワインが認定されております。 もともとギリシア原産のブドウで、紀元前にElleniecum種に由来されているとの事。
 ギリシア=hellenicを意味するイタリア語ellenicoが転化したものだそうです。
 この品種は恐らくDOCGのカンパーニャ州のタウラージでは聞いたことがあると思いますが、日常的に試飲されている方はなかなか多くはありません。  
 今回は全てアリアニコ種の赤ワインですが、醸造方法・ヴィンテージが違います。  もともとお爺様の代から農業を営み、その頃から無農薬を実践しておりました。 正確には、南イタリアにもかかわらず高標高の冷涼な地域で風が強く、ケミカルなものを使用する必要のないワイン産地なのです。 お父様の代から少しづつ近所の人に売る程度のワイン造りを始めましたが、まだ本格的ではありませんでした。
 そして2007年23歳の時Paoloがワイン造りを 本格化しようと決意!  
 2002 〜 2007年にいくつかのイタリアのワイナリーで修業、最後はNew Zealandにまでワイン研修に行きました。 帰国後、御父さんに頼み銀行に大きなお金を借りて、一気にモダンなワイナリーを建築。住んでいる敷地内に建てたのです。 とってもイタリアらしくモダンな建物。お兄様が設計士なので全て彼に設計して貰ったそうです。  <インポーターさんのコメント>
メッセール・オト 2015カンティーネ・マドンナ・デレ・グラッツィエ Messer Oto 2015
メッセール・オト 2015
品種:アリアニコ100%。

イタリア南部の高標高の丘陵地、15年は6月と7月の猛暑のあと8月に降った雨が程良く、 ドライな気候が続く9月10月を経て10月10日に収穫を始めました。アリアニコをステンレスタンクで醸しと発酵後、8ヶ月シュールリー熟成しました。

2019/2/13 試飲
カシスやプルーンのような濃厚な味わいですが口当たりはまろやか。タンニンたっぷり感じ、デイリーとしてパフォーマンスの高いワインです。
19448 ¥1,940(税別)

SOLD OUT

<ワイン地域別一覧 インデックス>
赤ポイントボタンフランス 赤ポイントボタンイタリア(アイウエオ順) 赤ポイントボタンデイリーワイン
ブルゴーニュ(赤) トスカーナ 1,000〜3,000円
ブルゴーニュ(白) ピエモンテ フランス (赤)
ボルドー イタリア(その他の地域) フランス (白)
ローヌ/オーヴェルニュ/プロヴァンス 赤ポイントボタンスペイン/ギリシャ/アメリカ イタリアその他 (赤)
ロワール/アルザス/ラングドック/ジュラ 赤ポイントボタンオーストリア/ドイツ イタリアその他 (白)
赤ポイントボタンシャンパン&スパークリング&ジュース 赤ポイントボタンチリ赤ポイントボタンスイス スパ−クリングワイン
赤ポイントボタン 日本 リボンポイントボタンラッピングについて 
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]