ドメーヌ・ルジューヌ DOMAINE LEIEUNE

[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]
■ ■ ■ ご注文数量は半角英数字でご記入下さい■ ■ ■
Domaine Lejeune
ドメーヌ・ルジューヌ
         インポーター:ラシーヌ
18世紀から続くポマール村の造り手です。以前は他の会社から輸入されていましたがしばらく日本の市場で品切れしていました。 今年のグラン・ジュール・ブルゴーニュの際にラシーヌの合田さんが試飲し、優しくて丁寧な味わいの中に正統派ブルゴーニュの姿を感じ日本のインポーターを探しておられるという事を伺い今回ラシーヌさんから入荷する事が決まりました。

徐こうせず、大樽醗酵、垂直型プレスによる搾汁・・・と典型的な醸造方法で造られています。
高い樹齢、低収量のぶどうから生まれるワインは昨今の瑞々しくて均整のとれたスタイルとは反対に、色調は淡く、ややタニックで奥の方からゆっくりと果実感が立ち上り、懐かしいブルゴーニュの味わいを思い起こさせてくれます。

当主のフランソワ・ジュリアン・ド・ポムロールさんは、誠実そのもので温厚なお人柄ですが、長らくリセ・ヴィテンコール・ド・ボーヌ(醸造学校)で醸造の教鞭をとっていました。科学的な視点ととともに、強い信念を秘めた方です。
ワインは価格も控えめで、ユーロ高、ブルゴーニュ・ワインの高騰のご時世になんとも貴重な存在です。
<インポーター資料参考>
ブルゴーニュ・ルージュ 2015ドメーヌ・ルジューヌ BOURGOGNE 2015
ブルゴーニュ・ルージュ 2015
畑の面積:カレル地方グランクリュ、レ・クルニーユ、ローモーヌ1ha 60
 高度:海抜270メートル 国道74号線は、村名アペラシオンとの境界にある。
 土壌のタイプ:粘土質泥土の平らな畑。茶褐色土壌、泥灰石灰、鉄分含有の石ころ(動植物の小節含)。石ころ含有率10%
 地質学:丘の渓谷より広がる扇状地。泥の多い沖積土、厚さ数メートルにも及ぶ小石の層を形成。(低地、湿気のある地域)排水が良いため、ぶどう樹はよいコンディションの中で成長。
 栽培方法:伝統的な方法に従う。土壌作業(耕作・・)と芝刈り作業を周期的に交互に行う。化学除草剤の使用はなし。
 肥料:植樹の時のみ
 品種:ピノ・ノワール100%(細い植苗:クローン113,114,115)
 接ぎ木:様々な種(3309、SO4..)
 樹齢:10~20年
 密植度:10,000樹/ha
 仕立法:ギュイヨ・サンプル整枝法
 収穫量:45~55hl/ha(年により異なる)
 収穫方法:小さなケースを使い、手摘み。(ひずみのない状態で醸造所まで移動)
 ワインの特徴
 中期熟成型赤ワイン(5~10年)。フルーティーな味わい、綺麗な発色。複雑なアロマをもつ。アロマの 余韻は平均5~8秒。 飲み頃は4~5年後から。出来のよいミレジムの一般的な寿命は、6〜10年。
 醗酵方法:ブルゴーニュ産の伝統的40hl木製樽を使用。 醗酵中はシートを掛け蓋をする。
 醗酵:タンク底に足で圧搾したぶどう(収穫量の30〜50%)を入れ、その上から残りのぶどうを投入する。半マセラシオン・カーボニックに続くコールド・マセレーションの後、タンク内で段階的に圧搾する。前進的な圧搾は6日目から始まり、4〜5日間程度続く。
 除梗:しない。腐敗果があれば収穫時に手作業で選果を行う。(テーブル上で選り分け)
 キュヴェゾンの期間:14〜16日間、
 醗酵期間:10〜12日間
 デキュヴァージュ時の温度:25度。
 ルモンタージュ:10日間の間で1日1回。
 ピジャージュ:7日目から1日1〜3回。
 醗酵温度:28〜33度。
 圧搾:伝統的な垂直加圧式プレス機。
  プレスワインのうち15%をフリーランジュースにブレンドする。
備考:樽内におけるぶどうの圧搾は醗酵期間を長くし、マセレーションも活発にする。その時のマスト の醗酵温度は管理しない。(自然な醗酵温度)
 熟成方法 樽:228Lオーク樽 、スペシャルキュベ:20〜30%新樽
 マロラクティック醗酵:行う。(一般的に終了は秋、時々翌年の春)
 澱引き回数:2〜3回(樽熟成9〜16ヶ月)
 清澄、 濾過:行わない。
17673 ¥2,650(税別)

SOLD OUT

ポマール・1erクリュ・ルジャンバ  2000ドメーヌ・ルジューヌ Pommard 1er Cru Les Rugiens 2000
ポマール・1erクリュ・ルジャンバ  2000
畑の面積:26a(アペラシオン総面積5ha83中)
 高度:海抜280メートル
 土壌のタイプ:粘土石灰の急斜面、茶褐色、泥灰石灰、
        鉄分含有の石ころ(動植物の小節含) 石ころ含有率10%
 地質学:泥灰石灰と中部、上(アルゴベアン層のような)部のオックスフォード層は鉄分を含むウーライトの上に基づく。
     真珠のような光沢のある硬い石灰岩はこの畑の下層部に形成している。
     この土壌は茶色カルシウムか茶色石灰岩であり、 岩石やポリピエーの硬い石灰岩からくる土砂によって形成されている。
     ウーライトと上部オックスフォード層の有機廃棄物が土壌の大半を占め、更に樹脂植物や広葉樹で覆われいる状態。
 栽培方法:伝統的な方法に従う。土壌作業(耕作・・)と芝刈り作業を周期的に交互に行う。化学除 草剤の使用はなし。
      全ての区画は馬による耕作。
 肥料:植樹の時のみ
 品種:ピノ・ノワール100%(細い植苗)
 接ぎ木:様々な種(3309、SO4..)
 樹齢:45年
 密植度:10,000樹/ha
 仕立法:ギュイヨ・サンプル整枝法
 収穫量:30〜45hl/ha(年により異なる)
 収穫方法:小さなケースを使い、手摘み。(ひずみのない状態で醸造所まで移動)
 ワインの特徴:かなり長期熟成型赤ワイン。タニックな造りでかなり味が濃い。出来はかなりよく、色が濃い。かなりエレガント、複雑なアロマで余韻は長い。ここの気候はグラン・クリュクラスのワインを生み出す。
 醗酵方法:樽のスタイル:ブルゴーニュ産の伝統的50hl樽を使用。醗酵中はシートを掛け蓋をする。
 醗酵:樽底に足で圧搾したぶどう(収穫量の20%)を入れ、その上から残りのぶどうを投入する。
  半マセラシオンを導くマセレーション(低温状態)の段階の後、  樽内で段階的に圧搾する。前進的な圧搾は6日目から始まり、4〜5日間程度続く。
 除梗:しない。腐敗果があれば収穫時に手作業で選果を行う。(テーブル上で選り分け)
 キュヴェゾンの期間:18〜25日間
 醗酵期間:15〜20日間
 デキュヴァージュ時の温度:25度。
 ルモンタージュ:15日間の間で1日1回。
 ピジャージュ:7日目から1日1〜2回。
 醗酵温度:28〜33度。
 圧搾:伝統的な垂直加圧式法。ヴァン・ド・プレス(プレスワイン)のうち15%をヴァン・ド・グート(フリ ーランジュース)にブレンドする。
 備考:樽内におけるぶどうの圧搾は醗酵期間を長くし、セレーションも活発にする。その時のマストの醗酵温度は管理しない。
    (自然な醗酵温度)
 熟成方法
 樽:228Lオーク樽(65〜75%は新樽)
 マロラクティック醗酵:行う。一般的に終了は秋
 澱引き回数:2〜3回(樽熟成21〜23ヶ月)澱の上で熟成させる。
 清澄:時々行う。
 清澄方法(行うとすれば):卵の白身濾過:行わない。
17352 sold out
¥9,000(税別)

ポマール・1erクリュ・レ・リュジアン・バ  2000ドメ−ヌ・ルジューヌ Pommard 1er Cru Les Rugiens 2000
ポマール・1erクリュ・レ・リュジアン・バ  2000
「レ・リュジアン」はポマールの一級畑。
「バ」は低地という意味です。ちなみに高地は「オー」と言います。以前11200円で販売していました。
17352 sold out
¥6,000

Pommard 1er Cru Les Rugiens 2002
ポマール・1erクリュ・レ・リュジアン・バ  2002
17763 sold out
¥6,142

Pommard 1er Cru Les Rugiens 2004
ポマール・1erクリュ・レ・リュジアン・バ  2004
17764 sold out
¥6,142

ポマール・1erクリュ・レ・リュジアン 2000ドメーヌ・ルジューヌ Pommard 1er Cru Les Rugiens 2000
ポマール・1erクリュ・レ・リュジアン 2000
17352 sold out
¥10,666

ポマール・1er クリュ・レ・プティール 1994ドメ−ヌ・ルジューヌ Pommard 1er cru Les Poutures 1994
ポマール・1er クリュ・レ・プティール 1994
レ・リュジアンの東、国道73号に接する斜面にある1級畑。

2011/10/20 ラシーヌの試飲会にて
この日の試飲の数はとんでもなく多くて約70種類。
その中でもっとも私好みのワインでした。
ふわっと優しく、どれもが同じ温度なのに何故かルジューヌだけ温度帯が高いのではないかと思わせる温かさ。
造り手の人柄なのでしょうか。癒される味わい。体の奥の方まで染み渡っていくようです。1994年、いい感じに熟成しています。
17356 sold out
¥5,580

ポマール・1er プテュール 2000ドメーヌ・ルジューヌ Pommard 1er Cru Les Poutures 2000
ポマール・1er プテュール 2000
17356 sold out
¥4,723

ポマール・1er ル・ザルジエール 2009ドメーヌ・ルジューヌ Pommard 1er Cru Les Argilleres 2009
ポマール・1er ル・ザルジエール 2009
畑の面積:1ha33(アペラシオン総面積3ha99中)
 高度:海抜285メートル
 土壌のタイプ:粘土石灰の急斜面、茶褐色、泥灰石灰、鉄分含有の石ころ  (動植物の小節含)石ころ含有率10%
 地質学:泥灰石灰と中部、上(アルゴベアン層のような)部のオックスフォード層は鉄分を含むウーライトの上に基づく。
     真珠のような光沢のある硬い石灰岩はこの畑の下層部に形成している。この土壌は茶色カルシウムか茶色石灰岩であり、岩石やポリピエーの硬い石灰岩からくる土砂によって形成されている。
     ウーライトと上部オックスフォード層の有機廃棄物が土壌の大半を占め、更に樹脂植物や広葉樹で覆われいる状態。
 栽培方法:伝統的な方法に従う。土壌作業(耕作・・)と芝刈り作業を周期的に交互に行う。化学除草剤の使用はなし。一部の区画は馬による耕作。
 肥料:植樹の時のみ
 品種:ピノ・ノワール100%(細い植苗)
 接ぎ木:様々な種(3309、SO4..)
 樹齢:18〜45年(1ha30の区画は細分されており、それぞれ樹齢は異なる)
 密植度:10,000樹/ha
 仕立法:ギュイヨ・サンプル整枝法
 収穫量:30〜45hl/ha(年により異なる)
 収穫方法:小さなケースを使い、手摘み。(ひずみのない状態で醸造所まで移動)
 ワインの特徴:かなり長期熟成型赤ワイン。
        タニックな造り、味は濃く、かなり良い出来。
        しかし常に確かな上品さを掛け合わせている。 かなりエレガント、複雑なアロマ(赤系フルーツ)をもつ。余韻は長め。
 醗酵方法:ブルゴーニュ産の伝統的50hl樽を使用。醗酵中はシートを掛け蓋をする。
 醗酵:樽底に足で圧搾したぶどう(収穫量の20%)を入れ、その上から残りのぶどうを投入する。半マセラシオンを導く
    マセレーション(低温状態)の段階の後、樽内で段階的に圧搾する。
    前進的な圧搾は6日目から始まり、4〜5日間程度続く。
 除梗:しない。腐敗果があれば収穫時に手作業で選果を行う。(テーブル上で選り分け)
 キュヴェゾンの期間:18〜25日間
 醗酵期間:15〜20日間
 ルモンタージュ:15日間の間で1日1回。
 ピジャージュ:7日目から1日1〜2回。
 醗酵温度:28〜33度。
 圧搾:伝統的な垂直加圧式法。ヴァン・ド・プレス(プレスワイン)のうち15%をヴァン・ド・グート(フリーランジュース)にブレンドする。
 備考:樽内におけるぶどうの圧搾は醗酵期間を長くし、マセレーションも活発にする。
   その時のマストの醗酵温度は管理しない。(自然な醗酵温度)  熟成方法 樽:228Lオーク樽(40〜50%は新樽)
 マロラクティック醗酵:行う。一般的に終了は秋
 澱引き回数:2〜3回(樽熟成20〜23ヶ月)澱の上で熟成させる。
 清澄、 濾過:行わない。
17356 sold out
¥5,571

ポマール・1er ル・ザルジエール 2009ドメーヌ・ルジューヌ Pommard 1er Cru Les Argilleres 2009
ポマール・1er ル・ザルジエール 2009
畑の面積:1ha33(アペラシオン総面積3ha99中)
 高度:海抜285メートル
 土壌のタイプ:粘土石灰の急斜面、茶褐色、泥灰石灰、鉄分含有の石ころ  (動植物の小節含)石ころ含有率10%
 地質学:泥灰石灰と中部、上(アルゴベアン層のような)部のオックスフォード層は鉄分を含むウーライトの上に基づく。
     真珠のような光沢のある硬い石灰岩はこの畑の下層部に形成している。この土壌は茶色カルシウムか茶色石灰岩であり、岩石やポリピエーの硬い石灰岩からくる土砂によって形成されている。
     ウーライトと上部オックスフォード層の有機廃棄物が土壌の大半を占め、更に樹脂植物や広葉樹で覆われいる状態。
 栽培方法:伝統的な方法に従う。土壌作業(耕作・・)と芝刈り作業を周期的に交互に行う。化学除草剤の使用はなし。一部の区画は馬による耕作。
 肥料:植樹の時のみ
 品種:ピノ・ノワール100%(細い植苗)
 接ぎ木:様々な種(3309、SO4..)
 樹齢:18〜45年(1ha30の区画は細分されており、それぞれ樹齢は異なる)
 密植度:10,000樹/ha
 仕立法:ギュイヨ・サンプル整枝法
 収穫量:30〜45hl/ha(年により異なる)
 収穫方法:小さなケースを使い、手摘み。(ひずみのない状態で醸造所まで移動)
 ワインの特徴:かなり長期熟成型赤ワイン。
        タニックな造り、味は濃く、かなり良い出来。
        しかし常に確かな上品さを掛け合わせている。 かなりエレガント、複雑なアロマ(赤系フルーツ)をもつ。余韻は長め。
 醗酵方法:ブルゴーニュ産の伝統的50hl樽を使用。醗酵中はシートを掛け蓋をする。
 醗酵:樽底に足で圧搾したぶどう(収穫量の20%)を入れ、その上から残りのぶどうを投入する。半マセラシオンを導く
    マセレーション(低温状態)の段階の後、樽内で段階的に圧搾する。
    前進的な圧搾は6日目から始まり、4〜5日間程度続く。
 除梗:しない。腐敗果があれば収穫時に手作業で選果を行う。(テーブル上で選り分け)
 キュヴェゾンの期間:18〜25日間
 醗酵期間:15〜20日間
 ルモンタージュ:15日間の間で1日1回。
 ピジャージュ:7日目から1日1〜2回。
 醗酵温度:28〜33度。
 圧搾:伝統的な垂直加圧式法。ヴァン・ド・プレス(プレスワイン)のうち15%をヴァン・ド・グート(フリーランジュース)にブレンドする。
 備考:樽内におけるぶどうの圧搾は醗酵期間を長くし、マセレーションも活発にする。
   その時のマストの醗酵温度は管理しない。(自然な醗酵温度)  熟成方法 樽:228Lオーク樽(40〜50%は新樽)
 マロラクティック醗酵:行う。一般的に終了は秋
 澱引き回数:2〜3回(樽熟成20〜23ヶ月)澱の上で熟成させる。
 清澄、 濾過:行わない。
17804 sold out
¥5,571

ブルゴーニュ・ルージュ 2008ドメ−ヌ・ルジューヌ Bourgogne Rouge 2008
ブルゴーニュ・ルージュ 2008
17673 sold out
¥2,400

ブルゴーニュ・ルージュ 2010ドメーヌ・ルジューヌ BOURGOGNE 2010
ブルゴーニュ・ルージュ 2010
畑の面積:カレル地方グランクリュ、レ・クルニーユ、ローモーヌ1ha 60
 高度:海抜270メートル 国道74号線は、村名アペラシオンとの境界にある。
 土壌のタイプ:粘土質泥土の平らな畑。茶褐色土壌、泥灰石灰、鉄分含有の石ころ(動植物の小節含)。石ころ含有率10%
 地質学:丘の渓谷より広がる扇状地。泥の多い沖積土、厚さ数メートルにも及ぶ小石の層を形成。(低地、湿気のある地域)排水が良いため、ぶどう樹はよいコンディションの中で成長。
 栽培方法:伝統的な方法に従う。土壌作業(耕作・・)と芝刈り作業を周期的に交互に行う。化学除草剤の使用はなし。
 肥料:植樹の時のみ
 品種:ピノ・ノワール100%(細い植苗:クローン113,114,115)
 接ぎ木:様々な種(3309、SO4..)
 樹齢:10~20年
 密植度:10,000樹/ha
 仕立法:ギュイヨ・サンプル整枝法
 収穫量:45~55hl/ha(年により異なる)
 収穫方法:小さなケースを使い、手摘み。(ひずみのない状態で醸造所まで移動)
 ワインの特徴
 中期熟成型赤ワイン(5~10年)。フルーティーな味わい、綺麗な発色。複雑なアロマをもつ。アロマの 余韻は平均5~8秒。 飲み頃は4~5年後から。出来のよいミレジムの一般的な寿命は、6〜10年。
 醗酵方法:ブルゴーニュ産の伝統的40hl木製樽を使用。 醗酵中はシートを掛け蓋をする。
 醗酵:タンク底に足で圧搾したぶどう(収穫量の30〜50%)を入れ、その上から残りのぶどうを投入する。半マセラシオン・カーボニックに続くコールド・マセレーションの後、タンク内で段階的に圧搾する。前進的な圧搾は6日目から始まり、4〜5日間程度続く。
 除梗:しない。腐敗果があれば収穫時に手作業で選果を行う。(テーブル上で選り分け)
 キュヴェゾンの期間:14〜16日間、
 醗酵期間:10〜12日間
 デキュヴァージュ時の温度:25度。
 ルモンタージュ:10日間の間で1日1回。
 ピジャージュ:7日目から1日1〜3回。
 醗酵温度:28〜33度。
 圧搾:伝統的な垂直加圧式プレス機。
  プレスワインのうち15%をフリーランジュースにブレンドする。
備考:樽内におけるぶどうの圧搾は醗酵期間を長くし、マセレーションも活発にする。その時のマスト の醗酵温度は管理しない。(自然な醗酵温度)
 熟成方法 樽:228Lオーク樽 、スペシャルキュベ:20〜30%新樽
 マロラクティック醗酵:行う。(一般的に終了は秋、時々翌年の春)
 澱引き回数:2〜3回(樽熟成9〜16ヶ月)
 清澄、 濾過:行わない。
17673 sold out
¥2,142

ブルゴーニュ・ルージュ 2010ドメーヌ・ルジューヌ BOURGOGNE 2011
ブルゴーニュ・ルージュ 2011
畑の面積:カレル地方グランクリュ、レ・クルニーユ、ローモーヌ1ha 60
 高度:海抜270メートル 国道74号線は、村名アペラシオンとの境界にある。
 土壌のタイプ:粘土質泥土の平らな畑。茶褐色土壌、泥灰石灰、鉄分含有の石ころ(動植物の小節含)。石ころ含有率10%
 地質学:丘の渓谷より広がる扇状地。泥の多い沖積土、厚さ数メートルにも及ぶ小石の層を形成。(低地、湿気のある地域)排水が良いため、ぶどう樹はよいコンディションの中で成長。
 栽培方法:伝統的な方法に従う。土壌作業(耕作・・)と芝刈り作業を周期的に交互に行う。化学除草剤の使用はなし。
 肥料:植樹の時のみ
 品種:ピノ・ノワール100%(細い植苗:クローン113,114,115)
 接ぎ木:様々な種(3309、SO4..)
 樹齢:10~20年
 密植度:10,000樹/ha
 仕立法:ギュイヨ・サンプル整枝法
 収穫量:45~55hl/ha(年により異なる)
 収穫方法:小さなケースを使い、手摘み。(ひずみのない状態で醸造所まで移動)
 ワインの特徴
 中期熟成型赤ワイン(5~10年)。フルーティーな味わい、綺麗な発色。複雑なアロマをもつ。アロマの 余韻は平均5~8秒。 飲み頃は4~5年後から。出来のよいミレジムの一般的な寿命は、6〜10年。
 醗酵方法:ブルゴーニュ産の伝統的40hl木製樽を使用。 醗酵中はシートを掛け蓋をする。
 醗酵:タンク底に足で圧搾したぶどう(収穫量の30〜50%)を入れ、その上から残りのぶどうを投入する。半マセラシオン・カーボニックに続くコールド・マセレーションの後、タンク内で段階的に圧搾する。前進的な圧搾は6日目から始まり、4〜5日間程度続く。
 除梗:しない。腐敗果があれば収穫時に手作業で選果を行う。(テーブル上で選り分け)
 キュヴェゾンの期間:14〜16日間、
 醗酵期間:10〜12日間
 デキュヴァージュ時の温度:25度。
 ルモンタージュ:10日間の間で1日1回。
 ピジャージュ:7日目から1日1〜3回。
 醗酵温度:28〜33度。
 圧搾:伝統的な垂直加圧式プレス機。
  プレスワインのうち15%をフリーランジュースにブレンドする。
備考:樽内におけるぶどうの圧搾は醗酵期間を長くし、マセレーションも活発にする。その時のマスト の醗酵温度は管理しない。(自然な醗酵温度)
 熟成方法 樽:228Lオーク樽 、スペシャルキュベ:20〜30%新樽
 マロラクティック醗酵:行う。(一般的に終了は秋、時々翌年の春)
 澱引き回数:2〜3回(樽熟成9〜16ヶ月)
 清澄、 濾過:行わない。
17673 sold out
¥2,223

ブルゴーニュ・ルージュ 2010ドメーヌ・ルジューヌ BOURGOGNE 2014
ブルゴーニュ・ルージュ 2014
畑の面積:カレル地方グランクリュ、レ・クルニーユ、ローモーヌ1ha 60
 高度:海抜270メートル 国道74号線は、村名アペラシオンとの境界にある。
 土壌のタイプ:粘土質泥土の平らな畑。茶褐色土壌、泥灰石灰、鉄分含有の石ころ(動植物の小節含)。石ころ含有率10%
 地質学:丘の渓谷より広がる扇状地。泥の多い沖積土、厚さ数メートルにも及ぶ小石の層を形成。(低地、湿気のある地域)排水が良いため、ぶどう樹はよいコンディションの中で成長。
 栽培方法:伝統的な方法に従う。土壌作業(耕作・・)と芝刈り作業を周期的に交互に行う。化学除草剤の使用はなし。
 肥料:植樹の時のみ
 品種:ピノ・ノワール100%(細い植苗:クローン113,114,115)
 接ぎ木:様々な種(3309、SO4..)
 樹齢:10~20年
 密植度:10,000樹/ha
 仕立法:ギュイヨ・サンプル整枝法
 収穫量:45~55hl/ha(年により異なる)
 収穫方法:小さなケースを使い、手摘み。(ひずみのない状態で醸造所まで移動)
 ワインの特徴
 中期熟成型赤ワイン(5~10年)。フルーティーな味わい、綺麗な発色。複雑なアロマをもつ。アロマの 余韻は平均5~8秒。 飲み頃は4~5年後から。出来のよいミレジムの一般的な寿命は、6〜10年。
 醗酵方法:ブルゴーニュ産の伝統的40hl木製樽を使用。 醗酵中はシートを掛け蓋をする。
 醗酵:タンク底に足で圧搾したぶどう(収穫量の30〜50%)を入れ、その上から残りのぶどうを投入する。半マセラシオン・カーボニックに続くコールド・マセレーションの後、タンク内で段階的に圧搾する。前進的な圧搾は6日目から始まり、4〜5日間程度続く。
 除梗:しない。腐敗果があれば収穫時に手作業で選果を行う。(テーブル上で選り分け)
 キュヴェゾンの期間:14〜16日間、
 醗酵期間:10〜12日間
 デキュヴァージュ時の温度:25度。
 ルモンタージュ:10日間の間で1日1回。
 ピジャージュ:7日目から1日1〜3回。
 醗酵温度:28〜33度。
 圧搾:伝統的な垂直加圧式プレス機。
  プレスワインのうち15%をフリーランジュースにブレンドする。
備考:樽内におけるぶどうの圧搾は醗酵期間を長くし、マセレーションも活発にする。その時のマスト の醗酵温度は管理しない。(自然な醗酵温度)
 熟成方法 樽:228Lオーク樽 、スペシャルキュベ:20〜30%新樽
 マロラクティック醗酵:行う。(一般的に終了は秋、時々翌年の春)
 澱引き回数:2〜3回(樽熟成9〜16ヶ月)
 清澄、 濾過:行わない。
17673 sold out
¥3,000(税別)

ブルゴーニュ・ルージュ 2014ドメーヌ・ルジューヌ BOURGOGNE 2014
ブルゴーニュ・ルージュ 2014
畑の面積:カレル地方グランクリュ、レ・クルニーユ、ローモーヌ1ha 60
高度:海抜270メートル 国道74号線は、村名アペラシオンとの境界にある。
土壌のタイプ:粘土質泥土の平らな畑。茶褐色土壌、泥灰石灰、鉄分含有の石ころ(動植物の小節含)。石ころ含有率10%
地質学:丘の渓谷より広がる扇状地。泥の多い沖積土、厚さ数メートルにも及ぶ小石の層を形成。(低地、湿気のある地域)排水が良いため、ぶどう樹はよいコンディションの中で成長。
 栽培方法:伝統的な方法に従う。土壌作業(耕作・・)と芝刈り作業を周期的に交互に行う。化学除草剤の使用はなし。
 肥料:植樹の時のみ
 品種:ピノ・ノワール100%(細い植苗:クローン113,114,115)
 接ぎ木:様々な種(3309、SO4..)
 樹齢:10~20年
 密植度:10,000樹/ha
 仕立法:ギュイヨ・サンプル整枝法
 収穫量:45~55hl/ha(年により異なる)
 収穫方法:小さなケースを使い、手摘み。(ひずみのない状態で醸造所まで移動)
 ワインの特徴
 中期熟成型赤ワイン(5~10年)。フルーティーな味わい、綺麗な発色。複雑なアロマをもつ。アロマの 余韻は平均5~8秒。 飲み頃は4~5年後から。出来のよいミレジムの一般的な寿命は、6〜10年。
 醗酵方法:ブルゴーニュ産の伝統的40hl木製樽を使用。 醗酵中はシートを掛け蓋をする。
 醗酵:タンク底に足で圧搾したぶどう(収穫量の30〜50%)を入れ、その上から残りのぶどうを投入する。半マセラシオン・カーボニックに続くコールド・マセレーションの後、タンク内で段階的に圧搾する。前進的な圧搾は6日目から始まり、4〜5日間程度続く。
 除梗:しない。腐敗果があれば収穫時に手作業で選果を行う。(テーブル上で選り分け)
 キュヴェゾンの期間:14〜16日間、
 醗酵期間:10〜12日間
 デキュヴァージュ時の温度:25度。
 ルモンタージュ:10日間の間で1日1回。
 ピジャージュ:7日目から1日1〜3回。
 醗酵温度:28〜33度。
 圧搾:伝統的な垂直加圧式プレス機。
  プレスワインのうち15%をフリーランジュースにブレンドする。
備考:樽内におけるぶどうの圧搾は醗酵期間を長くし、マセレーションも活発にする。その時のマスト の醗酵温度は管理しない。(自然な醗酵温度)
 熟成方法 樽:228Lオーク樽 、スペシャルキュベ:20〜30%新樽
 マロラクティック醗酵:行う。(一般的に終了は秋、時々翌年の春)
 澱引き回数:2〜3回(樽熟成9〜16ヶ月)
 清澄、 濾過:行わない。
通常3000円で販売しておりましたのでとてもお買い得です。
17673
再入荷
sold out
¥1,780(税別)

ブルゴーニュ・パストゥグラン 2014ドメーヌ・ルジューヌ Bourgogne passetoutgrain 2014
ブルゴーニュ・パストゥグラン 2014
品種:ピノ・ノワール、ガメイ

2011/7/6 ラシーヌの試飲会にて
色が薄く透き通っています。甘くないイチゴジャムのような煮詰めたイチゴの香り。暑い季節にがぶがぶ飲みたい赤ワインです。
通常2200円で販売しておりましたのでとてもお買い得です。
18042 sold out
¥1,550(税別)

ブルゴーニュ・パストゥグラン 2009ドメーヌ・ルジューヌ Bourgogne passetoutgrain 2009
ブルゴーニュ・パストゥグラン 2009
品種:ピノ・ノワール、ガメイ
2011/7/6 ラシーヌの試飲会にて
色が薄く透き通っています。甘くないイチゴジャムのような煮詰めたイチゴの香り。暑い季節にがぶがぶ飲みたい赤ワインです。
18042 sold out
¥1,714

ブルゴーニュ・パストゥグラン 2009ドメーヌ・ルジューヌ Bourgogne passetoutgrain 2010
ブルゴーニュ・パストゥグラン 2010
品種:ピノ・ノワール、ガメイ

2011/7/6 ラシーヌの試飲会にて
色が薄く透き通っています。甘くないイチゴジャムのような煮詰めたイチゴの香り。暑い季節にがぶがぶ飲みたい赤ワインです。
18042 sold out
¥1,714

ブルゴーニュ・パストゥグラン 2009ドメーヌ・ルジューヌ Bourgogne passetoutgrain 2011
ブルゴーニュ・パストゥグラン 2011
品種:ピノ・ノワール、ガメイ

2011/7/6 ラシーヌの試飲会にて
色が薄く透き通っています。甘くないイチゴジャムのような煮詰めたイチゴの香り。暑い季節にがぶがぶ飲みたい赤ワインです。
18042 sold out
¥1,714

ブルゴーニュ・パストゥグラン 2009ドメーヌ・ルジューヌ Bourgogne passetoutgrain 2013
ブルゴーニュ・パストゥグラン 2013
品種:ピノ・ノワール、ガメイ

2011/7/6 ラシーヌの試飲会にて
色が薄く透き通っています。甘くないイチゴジャムのような煮詰めたイチゴの香り。暑い季節にがぶがぶ飲みたい赤ワインです。
18042 sold out
¥2,200(税別)
<ワイン地域別一覧 インデックス>
赤ポイントボタンフランス 赤ポイントボタンイタリア(アイウエオ順) 赤ポイントボタンデイリーワイン
ブルゴーニュ(赤) トスカーナ 1,000〜3,000円
ブルゴーニュ(白) ピエモンテ フランス (赤)
ボルドー イタリア(その他の地域) フランス (白)
ローヌ/オーヴェルニュ/プロヴァンス 赤ポイントボタンスペイン/ギリシャ/アメリカ イタリアその他 (赤)
ロワール/アルザス/ラングドック/ジュラ 赤ポイントボタンオーストリア イタリアその他 (白)
赤ポイントボタンシャンパン&スパークリング&ジュース 赤ポイントボタンチリ赤ポイントボタンスイス スパ−クリングワイン
赤ポイントボタン 日本 リボンポイントボタンラッピングについて 
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]