ダヴィット・モロー David Moreau

[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]
■ ■ ■ ご注文数量は半角英数字でご記入下さい■ ■ ■
フランス/ブルゴーニュ
David Moreau
ダヴィット・モロー
 インポーター:ラシーヌ
ダヴィッド・モロー氏 ダヴィッド・モロー ダヴィッド・モロー
サントネの固定観念をくつがえす驚くべき造り手が、世代交代に伴って彗星のように現れました。ダヴィッド・モロー、28歳。祖父ジャン・モローから2009年にドメーヌを相続した、新世代です。

 アペラシオンを聞かずにブラインドで飲めば、シャンボール・ミュジニかモレ・サンドニの1級産のワインと思っても無理はありません。素直で純粋で、テクスチュアがきめ細かくて優美きわまる印象。不自然に造りこんだ形跡はみじんもなく、よほど手練れの名手が難なくこしらえたような印象すら与えます。20数年にわたる私のブルゴーニュ通いを通じて、このような資質をあわせもつワインに私は出会ったことがないと断言できます。

ダヴィッドは1999年、ボーヌの醸造学校に入学、ディジョン大学でエノロゴの資格を所有するまでの10年間、さまざまなドメーヌで経験を積みました。2003年のシャトー・ド・ボーカステルに始まり、2005年にニュージーランドにわたり、新世界のピノとシャルドネを学びました。ブルゴーニュではドメーヌ・ユベール・ラミ(2004年と2007年)とドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ(2008年)で修業しました。ドメーヌを受け継いだ直後から、自然な栽培に取り組んでいます。

 いつも思っていることですが、優れたワインの条件は、誰がどのように造るかであって、テロワールが優れていることは必ずしも最重要ではありません。むろん、優れたワインがさらに複雑さと奥行き、深い味わいを表現できるためには、テロワールの質や格がものをいう。とすれば、コート・ドールの最南端にある、ぱっとしないアペラシオンのマランジュとサントネのワインを、コート・ドールの優れたクリュのワインと比べるのは格違いだから、無理というもの。せいぜいのところカリテ・プリどまりで、いいヴィンテッジの1級畑を選べばお買い得ぐらいなもの、ということになるでしょう。
しかし、ダヴィッドのワインを味わって、驚嘆せずにおれませんでした。ジャスパー・モリスは『ブルゴーニュワイン大全』の序章でもって、ブルゴーニュの精髄を体得していた巨人モーリス・ヒーリーの次の名言を引用しています。「私が人生で出会ったすばらしいものといえば、数本のみごとなブルゴーニュだ。別にグラン・クリュだったわけでもなく、偉大なヴィンテッジだったわけでもない。だがそのワインは最初のひとかぎだけで、造り手が、その年のその畑にできたブドウで、あらん限りの仕事をしおおせたことを如実に示していた」。

白ワイン

SOLD OUT

サントネー1erCRUクロ・デ・ムーシュ2011ダヴィット・モロー SANTENAY 1er Cru Clos des Mouches 2011
サントネー1erCRUクロ・デ・ムーシュ2011
この畑の名前の由来はこのエリアの花から花粉を集める数千もの蜂(Mouches a` Miel=ミツバチ)からきています。
ここは、フィロキセラ被害後、再栽植をおこなわずに数十年間も経ったにもかかわらず、自然と再び1964年この地に葡萄樹が成長し始めた場所で、このドメーヌを象徴する区画となります。
やせた表土に石灰岩層があるサントネ・プレミエクリュの中心に位置し、山頂にあるため受ける冷風が、有益なミクロクリマを与えています。
そのため、この区画のキュヴェはデリケートでなめらかなタンニンのワインとなります。
品種:ピノ・ノワール100%
台木:セレクション・マサールのみ
植樹本数:10000株/ha
自社畑面積:0.90ha
仕立・整枝:ギュイヨ
雹の被害の後、手摘みで仕分けしながら収穫し、醸造所に運んだ後手作業で選別。
収量:35hl/ha
醸造:完全に除梗、フリーランマストを使用。
野生酵母使用。12〜15℃での一次発酵を6日間、マセレーション期間20日間のあいだピジャージュを一日一回繰り返し、その後マセレーション終了まで軽くポンピング・オーヴァーする。
熟成:バレルで17か月 30%の新樽使用。
樽のロースト: 弱火で長く。
フィルター:清澄は軽く、荒目にフィルターかけ。
18308 sold out
¥4,714

サントネー1erCRUクロ・デ・ムーシュ2011ダヴィット・モロー SANTENAY 1er Cru Clos des Mouches 2012
サントネー1erCRUクロ・デ・ムーシュ2012
この畑の名前の由来はこのエリアの花から花粉を集める数千もの蜂(Mouches a` Miel=ミツバチ)からきています。
ここは、フィロキセラ被害後、再栽植をおこなわずに数十年間も経ったにもかかわらず、自然と再び1964年この地に葡萄樹が成長し始めた場所で、このドメーヌを象徴する区画となります。
やせた表土に石灰岩層があるサントネ・プレミエクリュの中心に位置し、山頂にあるため受ける冷風が、有益なミクロクリマを与えています。
そのため、この区画のキュヴェはデリケートでなめらかなタンニンのワインとなります。
品種:ピノ・ノワール100%
台木:セレクション・マサールのみ
植樹本数:10000株/ha
自社畑面積:0.90ha
仕立・整枝:ギュイヨ
雹の被害の後、手摘みで仕分けしながら収穫し、醸造所に運んだ後手作業で選別。
収量:35hl/ha
醸造:完全に除梗、フリーランマストを使用。
野生酵母使用。12〜15℃での一次発酵を6日間、マセレーション期間20日間のあいだピジャージュを一日一回繰り返し、その後マセレーション終了まで軽くポンピング・オーヴァーする。
熟成:バレルで17か月 30%の新樽使用。
樽のロースト: 弱火で長く。
フィルター:清澄は軽く、荒目にフィルターかけ。
18308 sold out
¥6,170(税別)

サントネー1erCRUクロ・ルソー2011ダヴィット・モロー SANTENAY 1er Cru Clos Rousseau 2011
サントネー1erCRUクロ・ルソー2011
畑:南向き
栽培品種:ピノ・ノワール
台木:セレクション・マサールのみ
植樹本数:10000株/ha
自社畑面積:0.45ha
植栽:1967年
仕立・整枝:コルドン・ド・ロヤ
土壌:石灰岩層
【収穫】  収穫日:手摘みで仕分けしながら収穫し、醸造所に運んだ後手作業で選別。
収量:30hl/ha
醸造:95%を除梗フリーランマストを使用。野生酵母使用。    12〜15℃での一次発酵を7日間、マセレーション期間19日間のあいだピジャージュを一日一回を繰り返し、その後マセレーション終了まで軽くポンピング・オーヴァーする。
熟成:バレルで17か月 30%の新樽使用。
樽のロースト: 弱火で長く。
フィルター:清澄なし、荒目にフィルターかけ。

2013/8/8 ラシーヌさんの試飲会
濃厚でタンニンもしっかりあり上品。プラムのような熟した果実の香りがあります。
18309 sold out
¥4,314

サントネー1erCRUクロ・ルソー2011ダヴィット・モロー SANTENAY 1er Cru Clos Rousseau 2012
サントネー1erCRUクロ・ルソー2012
畑:南向き
栽培品種:ピノ・ノワール
台木:セレクション・マサールのみ
植樹本数:10000株/ha
自社畑面積:0.45ha
植栽:1967年
仕立・整枝:コルドン・ド・ロヤ
土壌:石灰岩層
【収穫】  収穫日:手摘みで仕分けしながら収穫し、醸造所に運んだ後手作業で選別。
収量:30hl/ha
醸造:95%を除梗フリーランマストを使用。野生酵母使用。    12〜15℃での一次発酵を7日間、マセレーション期間19日間のあいだピジャージュを一日一回を繰り返し、その後マセレーション終了まで軽くポンピング・オーヴァーする。
熟成:バレルで17か月 30%の新樽使用。
樽のロースト: 弱火で長く。
フィルター:清澄なし、荒目にフィルターかけ。
18309 sold out
¥5,240(税別)

サントネー・キュヴェ・エス2011ダヴィット・モロー SANTENEY Cuvee S 2011
サントネー・キュヴェ・エス 2011
栽培品種:ピノ・ノワール
台木:セレクション・マサールのみ
植樹本数:10000株/ha
自社畑面積:1ha
植栽:1965年
仕立・整枝:コルドン・ド・ロワイヤ 区画の1/3は雑草を残し、残りは耕す
収穫日:2010年9月19日。健全な果実。少量が結実不良。     手摘みで仕分けしながら収穫し、醸造所に運んだ後手作業で選別。 収量:25hl/ha
醸造:90%除梗、フリーランマストを使用。野生酵母使用。     12〜15℃での一次発酵を6日間、マセレーション期間21日間のあいだピジャージュを一日一回繰り返し、その後マセレーション終了まで軽くポンピング・オーヴァーする。
熟成:バレルで17か月 30%の新樽使用。
樽のロースト: 弱火で長く。
フィルター:荒目のフィルター。
ビン詰: 2012年2月21日

2013/8/8 ラシーヌさんの試飲会
細かなタンニンが口いっぱいに広がり、ふくよかな味わい。
心地よい余韻が楽しめます。
18310 sold out
¥3,457

サントネー・キュヴェ・エス2011ダヴィット・モロー SANTENEY Cuvee S 2012
サントネー・キュヴェ・エス 2012
栽培品種:ピノ・ノワール
台木:セレクション・マサールのみ
植樹本数:10000株/ha
自社畑面積:1ha
植栽:1965年
仕立・整枝:コルドン・ド・ロワイヤ 区画の1/3は雑草を残し、残りは耕す
収穫日:2010年9月19日。健全な果実。少量が結実不良。     手摘みで仕分けしながら収穫し、醸造所に運んだ後手作業で選別。 収量:25hl/ha
醸造:90%除梗、フリーランマストを使用。野生酵母使用。     12〜15℃での一次発酵を6日間、マセレーション期間21日間のあいだピジャージュを一日一回繰り返し、その後マセレーション終了まで軽くポンピング・オーヴァーする。
熟成:バレルで17か月 30%の新樽使用。
樽のロースト: 弱火で長く。
フィルター:荒目のフィルター。
ビン詰: 2012年2月21日
18310 sold out
¥4,230(税別)

コート・ド・ボーヌ・ヴィラージュ2011ダヴィット・モロー Cotes de Beaune Villages 2011
コート・ド・ボーヌ・ヴィラージュ2011
畑:南東向き
栽培品種:ピノ・ノワール
台木:セレクション・マサールのみ
植樹本数:10000株/ha
自社畑面積:1ha
植栽:区画 En Boichot :1985年、区画 Les Champs Claude :1964年、
区画 Les Prarons :1964年
仕立・整枝:コルドン・ド・ロワイヤ  収穫日:手摘みで仕分けしながら収穫し、醸造所に運んだ後手作業で選別。
収量:25hl/ha
醸造:完全に除梗、フリーランマストを使用。野生酵母使用。   マセレーション期間14日間。 ピジャージュ一日一回を繰り返し、 その後マセレーション終了まで軽くポンピング・オーヴァーする。  熟成:バレルで17か月 30%の新樽使用。
樽のロースト: 弱火で長く。
フィルター:荒目にフィルターかけ。

2013/8/8 ラシーヌさんの試飲会
タンニンがたっぷりしていて上質で細かい。優しい味わいはエレガントな品の良さを感じます。
18311 sold out
¥2,904

コート・ド・ボーヌ・ヴィラージュ2011ダヴィット・モロー Cotes de Beaune Villages 2012
コート・ド・ボーヌ・ヴィラージュ2012
畑:南東向き
栽培品種:ピノ・ノワール
台木:セレクション・マサールのみ
植樹本数:10000株/ha
自社畑面積:1ha
植栽:区画 En Boichot :1985年、区画 Les Champs Claude :1964年、
区画 Les Prarons :1964年
仕立・整枝:コルドン・ド・ロワイヤ  収穫日:手摘みで仕分けしながら収穫し、醸造所に運んだ後手作業で選別。
収量:25hl/ha
醸造:完全に除梗、フリーランマストを使用。野生酵母使用。   マセレーション期間14日間。 ピジャージュ一日一回を繰り返し、 その後マセレーション終了まで軽くポンピング・オーヴァーする。  熟成:バレルで17か月 30%の新樽使用。
樽のロースト: 弱火で長く。
フィルター:荒目にフィルターかけ。
18311 sold out
¥3,870(税別)

マランジュ・ルージュ 2011ダヴィット・モロー Maranges Rouge 2011
マランジュ・ルージュ 2011
品種:ピノ・ノワール100%
畑:南東向き
栽培品種:ピノ・ノワール
台木:セレクション・マサールのみ
植樹本数:10000株/ha
自社畑面積:0.55ha
植栽:区画 Aux Roue`res :1948年-1949年、
区画 Le Goti :1949年、
区画 Les Crevechets :1944年
仕立・整枝:コルドン・ド・ロヤ
【収穫】 収穫日:2010年9月19日。5%を手摘みで仕分けしながら収穫し、醸造所に運んだ後手作業で選別。
収量:40hl/ha
醸造:95%除梗、フリーランマストを使用。自然酵母のみ。
12〜15℃での一次発酵を5日間、マセレーション期間22日間のあいだピジャージュを一日一回繰り返し、その後マセレーション終了まで軽くポンピング・オーヴァーする。
熟成:バレルで17か月 30%の新樽使用。
樽のロースト: 弱火で長く。
フィルター:荒目のフィルター。
ビン詰:2012年2月21日

2013/8/10 試飲会
フランボワーズやいちごの甘い香りと綺麗な酸、ミネラルもあって久しぶりのブルゴーニュワイン、美味しいなっと感動!
17609 sold out
¥2,761

マランジュ・ルージュ 2011ダヴィット・モロー Maranges Rouge 2012
マランジュ・ルージュ 2012
品種:ピノ・ノワール100%
畑:南東向き
栽培品種:ピノ・ノワール
台木:セレクション・マサールのみ
植樹本数:10000株/ha
自社畑面積:0.55ha
植栽:区画 Aux Roue`res :1948年-1949年、
区画 Le Goti :1949年、
区画 Les Crevechets :1944年
仕立・整枝:コルドン・ド・ロヤ
【収穫】 収穫日:2010年9月19日。5%を手摘みで仕分けしながら収穫し、醸造所に運んだ後手作業で選別。
収量:40hl/ha
醸造:95%除梗、フリーランマストを使用。自然酵母のみ。
12〜15℃での一次発酵を5日間、マセレーション期間22日間のあいだピジャージュを一日一回繰り返し、その後マセレーション終了まで軽くポンピング・オーヴァーする。
熟成:バレルで17か月 30%の新樽使用。
樽のロースト: 弱火で長く。
フィルター:荒目のフィルター。
17609 sold out
¥3,870(税別)
白ワイン
サントネー1erCRUクロ・ルソー2011ダヴィット・モロー SANTENAY 1er Cru Clos Rousseau 2012
サントネー・ブラン1erCRUボール・ペール2012
畑:南向き
栽培品種:シャルドネ
台木:セレクション・マサールのみ
植樹本数:10000株/ha
自社畑面積:0.38ha
植栽:1991年・1998年
仕立・整枝:ギュイヨ
収穫日:2010年9月18日。健全な果実。ほんの少し雹によるダメージのある房もあった。
収量:45hl/ha
醸造:圧搾:全房を空気圧式プレス圧搾、12時間タンク内に放置、野生酵母使用。
アルコール発酵:2〜3か月
熟成:17か月
熟成方法:300lバレルに2/3量、ステンレスタンクに1/3量を仕込む。 30%の新樽使用。樽のロースト:弱火で長く。
フィルター:清澄は軽く、荒目にフィルターかけ。
ビン詰:2011年10月18日
18385 sold out
¥5,240(税別)
白ワイン
サントネー・ブラン2011ダヴィット・モロー SANTENEY 2011
サントネー・ブラン 2011
サシャーヌ・モンラッシェの隣に位置するLes Prarons(仏”pres longs”=長い畑)と呼ばれる区画があり、ここはシャルドネの栽培に理想的で、フルーティーでミネラルが感じられ、コクのあるワインになります。
畑:南東
栽培品種:シャルドネ
台木:セレクション・マサールのみ
植樹本数:10000株/ha
植栽:1965年
仕立・整枝:ギュイヨ
土壌:石灰岩と粘土質。
収量:45hl/ha
醸造  圧搾:全房を空気圧式プレス圧搾
12時間タンク内に放置 野生酵母使用。
アルコール発酵:3週間。
熟成  期間:バレルで12か月
方法:300lバレルに20%、ステンレスタンクに80%の収量を仕込む。  フィルター:荒目にフィルターをかけ、軽く清澄。

2013/8/8 ラシーヌさんの試飲会
ふくよかな香り、にがみや蜜の様な感じと複雑で味わい深い。
18312 sold out
¥3,620(税別)
<ワイン地域別一覧 インデックス>
赤ポイントボタンフランス 赤ポイントボタンイタリア(アイウエオ順) 赤ポイントボタンデイリーワイン
ブルゴーニュ(赤) トスカーナ 1,000〜3,000円
ブルゴーニュ(白) ピエモンテ フランス (赤)
ボルドー イタリア(その他の地域) フランス (白)
ローヌ/オーヴェルニュ/プロヴァンス 赤ポイントボタンスペイン/ギリシャ/アメリカ イタリアその他 (赤)
ロワール/アルザス/ラングドック/ジュラ 赤ポイントボタンオーストリア/ドイツ イタリアその他 (白)
赤ポイントボタンシャンパン&スパークリング&ジュース 赤ポイントボタンチリ赤ポイントボタンスイス スパ−クリングワイン
赤ポイントボタン 日本 リボンポイントボタンラッピングについて 
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]