2021年11月 新着アルザス・ラングドック・他ワイン

[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]
11月 新着アルザス・ラングドック・ボルドー・他ワイン
フランス/ブルゴーニュ シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
ロワール・ローヌ イタリア スペイン
2019年コサール・シャソルネイ
フランス/南西カオール
LAROQUE D'ANTAN
ラロック・ダンタン
  自然派 インポーター:ル・ヴァン・ナチュール
 今では世界中で畑のテロワールへの理解が深まった。
その最大の功労者は90年代からDRC、ルロワ、ルフレーブ、ジャック・セロスなど世界の超一流ドメーヌのブドウ畑の土壌分析をして、テロワールの重要性について造り達を啓蒙してきたクロード・ブルギニョン夫妻であることは多くの人が認めるのではないだろうか。
ラロック・ダンタン
そのブルギニョン夫妻がワイン造りに乗り出し、南西地方に畑を購入したのは2002年。 二人は、いつか引退後に自分の顧客達にモデルとなるようなワインを造りたいという夢を持っていたのだという。「テロワールは品種よりも強い」という信念を持つブルギニョン夫妻が、ワイン造りの夢を心に抱いてから実に四半世紀。森だった畑を6 年かけて開墾・整地し、2008年にカオール地方の畑のテロワールに理想的な品種を植樹。そして、2017 ヴィンテージで白ワインを、続く2018ヴィンテージで赤ワインのキュヴェを醸造し、造り手としてデビューしました。世界的な資 質学者の名に恥じない、グラン・ヴァン』のフィネスを備えた驚きの南西ワインの登場です。
ニグリンヌ 2019ラロック・ダンタン Nigrine 2019
ニグリンヌ 2019
品種:マルベック26%(シャトー・コルバン・ミショットから) コット・ア・ピエ・ルージュ 23%(ラ・グランジュ・ティフェーヌから)
カベルネ・フラン 31%(クロ・ルジャールから)
プリュヌラール 13%(ドメーヌ・プラジョルから)
ネグレット 7%(シャトー・プレザンスから)
ドメーヌの畑に植樹したブドウ木は、全て他のドメーヌのセレクション・マッサルに由来するもの。

栽培:生物多様性とテロワールを尊重したビオロジックを創業時より実践。2022 年に認証を取得予定。2021までにビオディナミへと移行する計画。
醸造:4~5 日違いで手摘みで収穫した異なる品種のブドウを全てアッサンブラージュしてセメントタンクで野生酵母のみで一緒に発酵。発酵終了後、樽に移し、マロ発酵とシュー ル・リーの状態で熟成。新樽は用いずに熟成期間は10ヶ月。無濾過で瓶詰め。
2019 ヴィンテージの総生産量は 2,451 本
アルコール度数 12.5 度。

* ニグリンヌとは、フランス語で地中に存在するミネラル成分の一種の名称。
* プリュヌラールは、マルベックの父とされている品種で、マグドレーヌ・デ・シャラントと交配してマルベックが誕生したと言われています。ガイヤック地方では今も栽培されている地場品種です。

2021/10/26 VIVITの試飲会にて
ルビーレッドの色合い。カシスやブルーベリーなどの紫の果物のふくよかでエレガントな香り。口当たりが滑らかで品の良い味わいには感動です。微かに胡椒のようなスパイシーさ。余韻の美しさと透明感、他に類をみない味わいです。とっても幸せな気持ちになりました。こんな味わいを知って頂きたいです!
新着マーク
20153
sold out
¥7,080(税込\7,788)

ニグリンヌ 2019ラロック・ダンタン Nephele 2019
ネフェール 2019
品種:ソーヴィニョン・ブラン 40%(ドメーヌ・フランソワ・コタから)
ソーヴィニョン・グリ 35%(マルマンデのエリア ン・ダ・ロスから、)
ヴェルダネル 14%(ドメーヌ・プラジョルから)
モーザック・ロゼ 6%(ドメーヌ・プラジョルから)
モーザック・ブラン 5%(ドメーヌ・プラジョルから)
ドメーヌの畑に植樹したブドウ木は、全て他のドメーヌのセレクション・マッサルに由来するもの。
栽培面積:2 ヘクタール 植樹比率:9615 本/ヘクタール
土壌:キンメリッジ階の石灰砂利土壌
栽培:生物多様性とテロワールを尊重したビオロジックを創業時より実践。2022 年に認 証を取得予定。2021までにビオディナミへと移行する計画。
醸造:3~4 日違いで手摘みで収穫した異なる品種のブドウを全てアッサンブラージュして 垂直式圧搾機でソフトにプレス。
自然に清澄にさせた後、30%はステンレスタンクで、70%は使用済みバリックで、野生酵母のみで一緒に発酵。引き続き、シュール・リーの状態で10ヶ月間熟成。マロ発酵は行わず、無濾過で瓶詰め。 2019 ヴィンテージの総生産量は 2,132 本
。アルコール度数 13 度。
* ネフェールとは、フランス語で地中に存在するミネラル成分の一種の名称です。
* ヴェルダネルはカオール地方の忘れられた地場品種です。

2021/10/26 VIVITの試飲会にて
りんご、栗、パイナップル、海草の香りも。スパイシーでミネラリーな味わいは複雑。次から次へと色々な味わいが広がり、それはエレガントで感動もの!口当たりはクリーミー、滑らかでスムーズ。
上品な余韻がいつまでも続き、素敵な白ワインです。是非飲んで頂きたい味わいです。
新着マーク
20154
¥7,080(税込\7,788)
フランス/ボルドー
CHATEAU LA CONTREE
シャトー・ラ・コントレ
  自然派 インポーター:VIVIT
 ポイヤックの中心地でカベルネ・ソ ーヴィニョンのみを栽培しているシャトー・ラ・コントレです。シャトー・ラ・コントレは、栽培面積僅か 0.25 ヘクタール。
たった一つの区画でワイン造りを行っているポイヤックで最も小さなシ ャトーです。
シャトー・ラ・コントレ
 畑は、シャトー・ポンテ・カネの東に隣接しています。すぐ北側にはム ートン・ロートシルトとカリュアド・ド・ラフィットの畑が広がっており、正真正銘ポイヤックの中心地に位置しています。栽培はビオロジックで、年間生産量は約1200本というミクロガレー ジワインです。1 本 1 本が丹精込めて造られており、蝋キャップシールと印象的なエチケット デザインになっております。殆どが地元で消費され、これまではベルギーにしか輸入されていませんでした。
シャトー・ラ・コントレ 2018シャトー・ラ・コントレ Château La Contree 2018
シャトー・ラ・コントレ 2018
品種:カベルネ・ソーヴィニョン 100%。
ポンカネ、カリュアドに隣接するミクロ・パーセル
完全に除梗した後、容量 10 ヘクトリットルの小さなステンレスタンクで発酵。キュヴェゾン(発酵+果皮浸漬)は約3週間。
果実のアロマが失われないようにマックス 28度の 温度で発酵を行います。その後、バリックに移しマロラクティック発酵と熟成。新樽比率は 25%。熟成期間 12 ヶ月。無清澄で瓶詰め。

2021/10/26 VIVITさんの試飲会

細かなタンニン。華やかなカベルネ・ソーヴィニヨンの香り。
甘みとタンニンが液体の中に溶け込んで素晴らしい味わいになっています。
新着マーク
20155
¥7,800(税込\8,580)
CHATEAU BRANDEAU
シャトー・ブランドー
  自然派 インポーター:VIVIT
ベルギー出身のジュリアン・ヴォーグは、ボルドーのカスティヨンでシャトー・ブランドーを立ち上げ、2015 年からナチュラルワイン造りを始めました。 シャトー・ブランドー・ジュリアン・ヴォーグ氏 シャトー・ブランドー仲間
 ジュリアンは、ニュージーランド、カナダ、ガ ーナ、中央アメリカ、モロッコ、アジアなど世界各国を放浪した後、ボルドーのシャトー・メイラ のミシェル・ファヴァールの下で修行した後、自分でワイン造りができる畑がないかフランス中を探し回り、現在のボルドー右岸のカスティヨンに辿り着きました。

畑は 1990 年からビオロジ ックでブドウ栽培を続けてきた所有者の引退に伴い、借り受けたものです。 化学薬品を使わないビオロジックによる生きた土のみが、テロワールを表現できると信じていて、ビオディナミへの転換も目指しています。シャトーでは常に畑を注意深く観察し、畑の僅かな変化も見逃さないようにしています。畑は馬で耕耘し、畝の間に下草を生やし、そして小麦などの穀物もブドウと一緒に栽培しています。馬や犬、鶏な ど動物に囲まれて自然の一部としてナチュルな生活をしています。
ガ・ガ 2020シャトー・ブランドー Gas Gas 2020
ガ・ガ 2020
品種:メルロー50%、カベルネ・フラン 40%、カベルネ・ソーヴィニョン 10%。
手摘みで収穫したブドウを畑と醸造所で2 回選果。除梗せずに 100%全房で密閉したス テンレスタンクに入れ、カーボニックマセレーション(細胞内発酵)で発酵。発酵はブドウに 付着している野生酵母のみで行い、醸造添加物は全く何も加えずに醸造。
マロ発酵も自発的に実施。熟成後、無清澄、ノンフィルター、SO2 も無添加で瓶詰め。

2021/10/26 VIVITさんの試飲会

ミディアムから濃いルビーレッドの色合い。華やかで心地よい香り。カシスやラズベリーのような小粒の果実の甘みと細かなタンニンがたっぷりと感じられます。口当たりは滑らかで、フレッシュでチャーミングな酸がありエレガントな味わいは幸せな気持ちにさせてくれます。
新着マーク
20156
¥4,080(税込\4,488)

ジュ・フラン・ジュ 2020シャトー・ブランドー Joue Franc Jeu 2020
ジュ・フラン・ジュ 2020
品種:カベルネ・フラン 100%。
手摘みで収穫したブドウを畑と醸造所で2 回選果。完全に除梗して、オープントップのステンレスタンクで、ブドウに付着している野生酵母で自発的にアルコール発酵。ワインにフレッシュな果実味を残すためにマセレーションはアンフュージョンのみ。マロラクティック発酵もブド ウの力で自発的に実施。醸造添加物は全く何も加えずに醸造。熟成後、無清澄、ノンフ ィルターで瓶詰め。SO2は瓶詰め前に必要最低限のみ添加。

2021/10/26 VIVITさんの試飲会
ミディアムルビーレッドの色調。ラズベリーやクランベリーの華やかな香り。口当たりは滑らかでドライ。アタックは柔らかくとてもフレッシュでジ ューシー。カベルネフラン独特の青臭さは感じられず、冷涼でタンニンと旨味とフレッシュな酸が混じり合い余韻が⾧く続きます。
新着マーク
20157
¥3,580(税込\3,938)

バンザイ 2020シャトー・ブランドー Banzai 2020
バンザイ 2020
品種:メルロー100%。
醸造:手摘みで収穫したブドウを畑と醸造所で2 回選果。完全に除梗して、オープントップのステンレスタンクで、ブドウに付着している野生酵母で自発的にアルコール発酵。
フルー ティさを生かすようにマセレーションはアンフュージョンのみ。マロラクティック発酵もブドウの力で自発的に実施。醸造添加物は全く何も加えずに醸造。熟成後、無清澄、ノンフィルターで瓶詰め。SO2 は瓶詰め前に必要最低限添加するのみ。 総生産量は 6,700 本。アルコール度数は 13.5 度。

2021/10/26 VIVITさんの試飲会
ルビーレッドの色合い。ブルーベリーやプラム、微かにオレンジの皮の香り。 タンニンも細かくフレッシュで、心地良い酸が乗った柔らかい口当たり。カシスのニュアンスが感じられ、品の良い香りと甘み、ジューシーな味わいが口いっぱいに広がります。
新着マーク
20158
¥3,380(税込\3,718)
Chateau Cru Godard
シャトー・クリュ・ゴダール
  自然派 インポーター:ル・ヴァン・ナチュール
 シャトー・クリュ・ゴダールは、ボルドーのコート・ド・フランに約2haのブドウ畑を所有しています。4世代続く、家族経営のシャトーで、 1998年から現在のフランクとカリーヌ夫妻が栽培・醸造にあたっています。
最初は減農薬農法で栽培をしterra-vitisの認証を得ていました。
2000年までは、協同組合としてワインを醸造していましたが、品質向上を目指し、状態の悪い畑を放棄し、醸造・瓶詰を自ら行うようになりました。
2007年から有機栽培に移行し、現在、Ecocert認証を申請しています(2008年ヴィンテージは移行2年目)。 フランク氏は、2011年現在、コート・ド・フラン地区のワイン生産者組合の会長をつとめています。
クリュ・ゴダール 2018シャトー・クリュ・ゴダール Cru Godard 2018
クリュ・ゴダール 2018
品種:メルロー65%、カベルネソーヴィニョン20%、フラン10%、マルベック5%。
しっかりとした赤紫の濃い色合いです。
香りは硬質的なニュアンスとボルドーに期待する熟したカシス感やカベルネ系の複雑さも感じます。
ここ数ヴィンテージはメルロー色が強いなーと思っていたのですが、今回はカベルネ系の個性がしっかり感じられます。
ベジタル的な青みは感じず、適度な渋味です。わりとシンプルなステーキフリット的な料理や羊や豚をグリルしたもの、BBQなど一緒にお楽しみください。<インポーターさんのコメント>
当店定番ワインです。
18734 ¥2,200(税込\2,420)

クリュ・ゴダール・ソーヴィニョン2018 Cru Godard Sauvignon 2018
クリュ・ゴダール・ソーヴィニョン2018
品種:ソーヴィニョンブラン100%。

2021/10/13 試飲会
熟した果実、柑橘系の味わいでトロピカルな口当たり。ほのかに感じる蜜っぽさがあり、この味わいでこの価格には驚きます。
当店定番ワインです。
新着マーク
17372
¥2,200(税込\2,420)
Maison Boîteau
メゾン・ボワトー
  自然派 インポーター:VIVIT
 ボルドーにもミクロ・ネゴスが登場してきました。ボワトーが目指すのはボルドーに隣接するシャラント地方の石灰岩の丘陵斜面で栽培されたブドウから偉大なグラン・ヴァンを造ることで、2014 ヴィンテージからワイン造りを始めました。既にブリストルやクラレンスなどのグラン・メゾンで採用され始めています。
 手掛けるのは総生産量が 800~3000 本のミクロキュヴェのみ。
ジュリアン・ボワトーは1977年生まれ。ディジョンのジュール・ギヨ研究所で醸造の国家資格を取得。シャトー・ラトゥール、ポンテ・カネ、ラグランジュなどで研修を積んだ後、2001年にシャトー・マルゴーに入社。2004年からシャトー・マルゴーで栽培⾧をしています。また、 シャトー・マルゴーでは試飲監査委員のメンバーの一人でもあり、シャトー・マルゴーのブレンド作業の試飲には必ず立ち会っています。メゾン・ボワトーはフランス国内の高級レストランとファインワインショップのみに販売しています。
購入しているのは、パリのル・ブリストル内にあるミシュラン三ッ星のエピキュール、オー・ ブリオンのオーナー経営のレストラン ル・クラレンス、トゥール・ダルジャンなどのグラン・メゾン。 そして、パリのカーブ・ルグランやタイユヴァンなど。海外への輸出は日本が初めてです。
メルロー “ル・タイイ” 2019メゾン・ボワトー Merlot Le Taillis 2019
メルロー・ル・タイイ 2019
品種:メルロー
20 年
醸造:手摘みで収穫し、その場で選果したブドウは潰れないように、容量 5 キロの小さなケースで醸造所まで運搬。ブドウは破砕せずに除梗して、定温に温度管理されたセラーで、 オープントップのステレスタンクで発酵させる。15 日前後のキュヴェゾンの前半は 1 日 1 回 の櫂入れ、後半は 1 日 1 回のポンピングオーバーを施す。その後、ブルゴーニュ・バリックで 12~18 ヶ月間熟成。新樽は用いない。無清澄・無濾過で瓶詰め。 2019 ヴィンテージは 9 月 28 日に収穫。熟成期間 18ヶ月。2021年4月に瓶詰め。 総生産量 900 本。アルコール度数は 14 度。

2021/9/27 VIVITさんの試飲会

口に含むとふわっとした優しく、プラムのようなしなやかでクリアーな口当たり。枯れ葉のような香りとシルキーなタンニン。
品の良く余韻が永く、味わい深い美味しさです。
新着マーク
20140
¥4,880(税込\5,368)

シャルドネ・ル・ブリュロー 2019メゾン・ボワトー Chardonnay Le Bruleau 2019
シャルドネ・ル・ブリュロー 2019
品種:シャルドネ
醸造:手摘みで収穫し、その場で選果したブドウは潰れないように、容量5キロの小さな ケースで醸造所まで運搬。破砕も除梗も行わずに、空気圧圧搾機で全房のままソフトにゆっくりとプレス。プレス時間は約3時間半。その後24時間軽く清澄させて良質な澱のみを残したまま、定温に温度管理されたセラーで容量228リットルのブルゴーニュ・バリックでゆっくりと発酵させる。発酵終了後引き続きバリックで澱とともに 13~16 ヶ月間熟成させ る。マロ発酵は自然に任せる。無清澄・無濾過で瓶詰め。 2019 ヴィンテージは 9 月 12 日に収穫。新樽比率は 15%。マロ発酵は行われず、熟成期間 18 ヶ月。2021年 4月に瓶詰め。総生産量 3,000 本。アルコール度数は13度。

2021/9/27 VIVITさんの試飲会

華やかな香り。ミネラルやレモンのような酸、膨らみがあってほのかに苦味があります。余韻も綺麗な永くエレガント。全てのバランスが良い味わいです。
新着マーク
20139
¥5,380(税込\5,918)
フランス/ベルジュラック
Chateau Tour des Gendres
シャトー・トゥール・デ・ジャンドル
  自然派 
インポーター:ル・ヴァン・ナチュール
 1920年代にイタリアからフランスに移住してきた家族で、農家と牧場(馬)で生計をたててきました。 第3世代にあたるLucさんが80年代から徐々に葡萄栽培を始め、1990年に従兄弟が合流して 現在の家族経営スタイルになったそうです。 94年からビオ栽培に挑戦、05年に全葡萄畑のビオ化、07年にSO2無添加の醸造に挑戦、 11年に大樽醸造開始、13年にアンフォラ醸造挑戦、14年にSO2無添加のワインを 初リリース(今回の2キュヴェです)といった歩みを経ています。 アンフォラの醸造については、弊社が輸入しているイルレギのドメーヌ・アレチェアと協力して、 アンフォラの製作や意見交換などを行っているそうです。
<ル・ヴァン・ナチュールさんより>
ヴァン・ド・フランス・ルージュ・ラ・ヴィーニュ・アルベール2020シャトー・トゥール・デ・ジャドル La Vigne d'Albert 2020
ヴァン・ド・フランス・ルージュ・ラ・ヴィーニュ・アルベール 2020
品種:メルロー、マルベック、カベルネに、フェール、ペリゴール、アブリュウ  SO2無添加  

2021/9/15 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会

口に含むとふわっとした優しく、干しブドウやプルーンのような味わいを感じます。綺麗なタンニンが心地よく、ナチュラルでほっとする味わいです。
19557 ¥2,880(税込\3,168)

ヴァン・ド・フランス・ブラン・ペティアン・ナチュレル 2020シャトー・トゥール・デ・ジャドル Petulant Naturel 2020
ヴァン・ド・フランス・ブラン・ペティアン・ナチュレル 2020
品種:ソーヴィニョン70%・ブラン、シュナン・ブラン30%
自然酵母発酵、SO2無添加、補糖無。  
シュール・リー、無濾過  
残糖分:5.7g/l
アンセストラル方式のスパークリング

2021/9/15 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会

レモンや洋ナシのような爽やかな酸味、たっぷり感じる泡は心地よく綺麗です。今年は吹く心配はなさそうです。
20125 ¥2,880(税込\3,168)

ヴァン・ド・フランス・ブラン・ペティアン・ナチュレル 2019シャトー・トゥール・デ・ジャドル Petulant Naturel 2019
ヴァン・ド・フランス・ブラン・ペティアン・ナチュレル 2019
品種:ソーヴィニョン70%・ブラン、シュナン・ブラン30%
自然酵母発酵、SO2無添加、補糖無。  
シュール・リー、無濾過  
残糖分:5.7g/l
アンセストラル方式のスパークリング
外観:泡立ち良し。
黄色、藁色。細かい泡。
芳香:香りの立ち上がり良しレモンや洋ナシ、リンゴ的 な芳香。 味わい:辛口、クリーミー、ライト~ミディアム。
レモンや洋ナシ的な果実感に、トニックウォーター的な口当たり。爽やかかつ優しさあり。コクもあります。
食前酒やサラダ、フィンガーフードなどとともに。
立てて保存、しっかり冷やしてから抜栓してください。
19367 ¥2,880(税込\3,168)
フランス/ラングドック
Les Grandes Vignes
レ・グランド・ヴィーニュ
  自然派 インポーター:野村ユニソン
 17世紀から代々土地を引き継いできた現当主のジャン=フランソワ・ヴァイランは、ワイン造りにのみ全神経を集中させる生粋のヴィニュロン。
シュナン・ブラン、シャルドネ、ピノードニス、カベルネ・フラン、グロロー等をメインに栽培しています。 2008年からビオディナミに転換しましたが、そのきっかけになったのは同じアンジューでビオディナミの大家として君臨しているマルク・アンジェリ氏。彼のワインに触れていくことで、「よりワインの本質に触れる様なワインを造って行かなければならない」と思ったんだと語りました。 「そしてその為には葡萄をより健全にしていく必要があり、それに最も適したアプローチがビオディナミと感じた」とも語り、それから10年以上取り組んでいます。 ワインは基本的にサン・スフルで瓶詰めされていますが、よくあるサン・スフルありきのワイン造りではなく、その時にワインが持つエネルギーや状態、ヴィンテージに応じて、必要があれば酸化防止剤は微量なら入れる事も躊躇わない柔軟な考えを持つ生産者です。
VdF ピノー ドニス 2019(マグナム)レ・グランド・ヴィーニュ VdF Pineau d'Aunis 2019
VdF ピノー ドニス 2019 マグナム
品種:ピノー ドニス
2週間マセレーションした後プレスし、古樽へ移した後マロラクティック発酵をさせ3ヶ月間樽で熟成させた後に瓶詰め。
ノンフィルターで、瓶詰時もSO2は無添加。
薄旨に仕上げたピノノワールの様な薄いルビー色の外観。
奥の方に一般的なピノードニスの特徴である白胡椒系のスパイスが香るものの、決して前面に出ることはなく、全体的には凝縮したラズベリーのような赤系果実のピュアでエレガントな果実感を感じられます。抜栓後、時間とともに梅ジャムのような酸と果実が両立した香りに変化し、香りの立ち方も丸みを帯びてきます。 タンニンは軽く、香りや味わいのピュアさを邪魔しない抽出の強くないエレガントなスタイルでありながら、存在感のある果実が芯の部分に感じられるため、ギュッと詰まった充実した満足感を感じられます。また喉越しもスムーズで、引っ掛かりがなく、余韻も心地良く伸びていきます。 ピュアでエレガントなスタイルは健在で、果実味も時間とともに柔らかく変化しいきます。
新着マーク
20162
1500ml
¥5,150(税込\5,665)

VdF ピノー・ド・ラ・ ロワール 2020(マグナム)レ・グランド・ヴィーニュ VdF Groslot Rouge 2020
VdF グロロー ルージュ 2020 マグナム
品種:グロロー
貝殻の層がある粘土シルト土壌の区画。100%除梗し、7日間セミマセラシオンカルボニックして造られたキュヴェ。
4ヶ月の樽熟成の後、タンクで澱引きを行う。45ヘクトリットル。ノンフィルターで瓶詰し亜硫酸無添加。
明るいルビー色の外観。抜栓直後から果実の香りが全開で、ラズベリーや野生の苺と言った赤い小粒の果実を煮詰めたような集中した香りに、ドライハーブ、白胡椒といったスパイス系の香りが加わり、複雑な一体感を感じられます。タンニンは感じますが、非常に細やかで、液体を飲み込んだあと僅かに感じる程度な為、スルスルと喉を通っていきます。料理と合わせても、ワイン単体でも美味しく飲むことが出来ますが、若干冷やし目の12℃程度で飲むことをオススメします。 相性の良い料理として、グリルした肉、鶏肉、シャルキュトリー、セミハードのチーズなどと素晴らしい相性を見せます。
新着マーク
20163
1500ml
¥5,100(税込\5,610)

VdF グロロー ルージュ 2020レ・グランド・ヴィーニュ VdF Groslot Rouge 2020
VdF グロロー ルージュ 2020
品種:グロロー
貝殻の層がある粘土シルト土壌の区画。100%除梗し、7日間セミマセラシオンカルボニックして造られたキュヴェ。4ヶ月の樽熟成の後、タンクで澱引きを行う。45ヘクトリットル。ノンフィルターで瓶詰し亜硫酸無添加。
明るいルビー色の外観。抜栓直後から果実の香りが全開で、ラズベリーや野生の苺と言った赤い小粒の果実を煮詰めたような集中した香りに、ドライハーブ、白胡椒といったスパイス系の香りが加わり、複雑な一体感を感じられます。タンニンは感じますが、非常に細やかで、液体を飲み込んだあと僅かに感じる程度な為、スルスルと喉を通っていきます。料理と合わせても、ワイン単体でも美味しく飲むことが出来ますが、若干冷やし目の12℃程度で飲むことをオススメします。 相性の良い料理として、グリルした肉、鶏肉、シャルキュトリー、セミハードのチーズなどと素晴らしい相性を見せます。
新着マーク
20160
¥2,350(税込\2,585)

VdF ピノー ド ラ ロワール 2018レ・グランド・ヴィーニュ VdF Pineau de la Loire 2020
VdF ピノー・ド・ラ・ ロワール 2020
品種:シュナン・ブラン
シスト、クォーツの土壌で、平均20ヘクトリットル。
ノンフィルターで、瓶詰時もSO2は無添加です。
いかにも良年のシュナン・ブラン!と言わんばかりの濃い目の黄色い外観。
熟したシュナン・ブランによく見られる色調で、これだけで期待値が上がります。 コンフィチュールの様な煮詰めた南国の果実の香りと蜜の様な香りが立ち昇り複雑さを感じさせますが、全体はあくまでもフレッシュで、香り自体にピンと芯のある風格を感じさせます。 味わいは黄色系の果実が全面にでたフルーティーさがありながら、柑橘の白い薄皮のようなほろ苦さが良いアクセントとなり、程よい酸が全体を引き締め、エレガントなシュナン・ブランに仕上がっています。 翌日以降は味わいに更なるまとまりが出て、より深化した味わいへと変化していきます。
新着マーク
20159
¥2,820(税込\3,102)

VdF ピノー ド ラ ロワール 2018レ・グランド・ヴィーニュ VdF Pineau de la Loire 2019
VdF ピノー・ド・ラ・ ロワール 2019
品種:シュナン・ブラン
シスト、クォーツの土壌で、平均20ヘクトリットル。
ノンフィルターで、瓶詰時もSO2は無添加です。
いかにも良年のシュナン・ブラン!と言わんばかりの濃い目の黄色い外観。
熟したシュナン・ブランによく見られる色調で、これだけで期待値が上がります。 コンフィチュールの様な煮詰めた南国の果実の香りと蜜の様な香りが立ち昇り複雑さを感じさせますが、全体はあくまでもフレッシュで、香り自体にピンと芯のある風格を感じさせます。 味わいは黄色系の果実が全面にでたフルーティーさがありながら、柑橘の白い薄皮のようなほろ苦さが良いアクセントとなり、程よい酸が全体を引き締め、エレガントなシュナン・ブランに仕上がっています。 翌日以降は味わいに更なるまとまりが出て、より深化した味わいへと変化していきます。
19619 ¥2,820(税込\3,102)

ビュル・ナチュール・ロゼ 2019レ・グランド・ヴィーニュ VdF Bulleture Non DEG 2019
ビュル・ナチュール・ロゼ 2019
品種:グロロー・ノワール 50%、カベルネ・フラン 50%

※抜栓時に勢い良く吹き出します。十分冷やしてから抜栓して下さい。
※デゴルジュマンしていない為、濁っておりますが不良ではございません。

2020/7/15 野村ユニソンの試飲会で
濃いベリー系を感じるルビー色。 フレッシュないちごやハーブの香り。しっかりとした泡。甘酸っぱさとのバランスがよく心地よい味わいです。
19769 ¥2,810(税込\3,091)

ビュル・ナチュール・ノン・デコルジュマン 2019(マグナム)レ・グランド・ヴィーニュ VdF Bulleture Non DEG 2019
ビュル・ナチュール・ノン・デコルジュマン 2019 マグナム
品種:シュナン ブラン30%、グロロー グリ30%、カベルネ
フラン30%、シャルドネ10%
シュナン ブランはシスト土壌、グロロー グリ、カベルネ フラン、シャルドネは粘土質、シルト土壌での栽培。ノンフィルターで瓶詰し、SO2も無添加です。メトード アンセストラル方式で造られ、2020年10月13日に瓶詰めし、2020年12月上旬にデゴルジュマンを行いました。 クリアで薄い麦藁色の外観。グラスに注ぐと花梨や洋梨の様な熟れた果実の香りや、シュナン由来の蜜の様な甘さを感じる香りがふわっと広がります。泡もクリーミーでキメ細やかにプチプチと弾けます。葡萄自体のポテンシャルが高く熟度も高いものの、ベタッとした甘さは無く、フレッシュで、いきいきとした果実味と綺麗に伸びる酸味が、心地良く気軽に飲み進めさせます。2019VTに比べて、明瞭な酸とミネラルを感じられるヴィンテージで、抜栓直後はアフターに若干の苦味が感じられますが、空気と触れさせることで全体がまとまっていきます。 各品種の個性がそれぞれ発揮されていながら、絶妙なバランスが取れているワインです。
新着マーク
20161
1500ml
¥6,480(税込\7,128)

ビュル・ナチュール・ノン・デコルジュマン 2019レ・グランド・ヴィーニュ VdF Bulleture Non DEG 2019
ビュル・ナチュール・ノン・デコルジュマン 2019
品種:シュナンブラン40%、シャルドネ40%、グロローグリ20%

2020/7/15 野村ユニソンの試飲会で
細かい泡ときりっとした酸。奥から密っぽさが表れて飲み心地のよい泡です。
19747 ¥2,810(税込\3,091)
DOMAINE DE CLOVALLON
ドメーヌ・ド・クロヴァンロン
  自然派 インポーター:VIVIT
クロヴァンロンでは 2000年にビオロジックから完全なビオディナミへと移行し、全てのワインが厳格なデメテールの認証を受けています。栽培では、ブドウ木に過剰な負荷を掛けないようグリーン・ハーヴェストも摘芯も除葉も行いません。
これまでお母さまと二人三脚で運営していましたが2016年から建築家をしていたカトリーヌはブドウ栽培とワイン造りを独学で学びながらドメーヌの経営を始めました。
ドメーヌ・ド・クロヴァンロン母娘
  醸造においても野生酵母のみでブドウ以外には何も加えずブドウの力だけで自発的に発酵を行い、亜硫酸も添加せず、無濾過・無清澄で瓶詰めした、可能な限り介入を排したナチュラルワインを造っています。ル・ トン・デ・スリーズのすぐ南のベダリューにあクロヴァロンは標高 250~400m の高地にあり、 ラングドックでも冷涼なミクロクリマに位置しています。このため、ブルゴーニュ的なフィネスとエレガントさを備えたナチュラルワインを生み出しています。
レ・ポマレード 2019ドメーヌ・ド・クロヴァンロン Les Pomaredes 2019
レ・ポマレード 2019
品種:ピノ・ノワ-ル 100%
1989 年に植樹された、標高 300m、北向きの 1.5 ヘクタールの単一区画「レ・ポマレー ド」に由来するピノ・ノワールのキュヴェ。総生産量は 4,000 本。
2019ヴィンテージは、熟成中の試飲で、酸化しそうな兆候があったため、ネガティブな反応が出ることを避けるために例外的に SO2 をマロ発酵後に 40mg /L のみ添加。瓶詰め時は無添加。2021 年 7 月時点での SO2 トータルは 91mg /L

2021/8/24 VIVITの試飲会にて
ビロードのような細かなタンニン、腐葉土のなどの複雑な香り。ほのかに感じる樽香と口当たりの柔らかさが甘みを感じます。 ほっとするような味わいです。
20115 ¥3,480(税込\3,828)

レ・ザンディジェーヌ 2019ドメーヌ・ド・クロヴァンロン Les Indigrnes 2019
レ・ザンディジェーヌ 2019
品種:カリニャン、サンソー、クレレット、グルナッシュ・ノワール、グルナッシ ュ・ブラン、グルナッシュ・グリ、ウイヤード、アリカンテ、ノア、マカベオ、ミュスカ・ア・プテ ィ・グラン、ユニ・ブラン、アラモン、テレ、ジャケ、ブールブランなど。
レ・ザンディジェンヌは、ドメーヌがあるベタリューの町を見下ろす丘の頂にある1ha に満たないクロの畑から生まれる。
石垣と果物の木によって人目から遮断されたこのクロには、約 200 年前に植樹された15種類以上の地場品種が、黒も白もグリ系ブドウも全て混植された状態で栽培されています。そして、自根のブドウ木も多く含まれています。
ドメーヌは所有者では ありませんが、フェルマージュ(小作契約)で畑の栽培とワインの醸造を行っています。

2021/8/24 VIVITの試飲会にて
細かなタンニン。甘みとジューシーさ。口当たりは軟らかく余韻が永い。時間とともにもっと美味しくなる要素がたっぷり感じられます。
20116 ¥3,200(税込\3,520)

レ・ゾリエージュ 2019ドメーヌ・ド・クロヴァンロン Les Aurieges 2019
レ・ゾリエージュ 2019(オレンジワイン)
品種:リースリング 65%、クレレット・デュ・ラングドック 15%、ヴィオニエ 10%、プティ・マン サン、 プティット・アルヴィーヌ 10%(畑でフィールド・ブレンドされるため、厳密な比率はドメーヌでも不明だそうです)

手摘みで収穫したブドウは全ての品種をブレンドして地中に埋めたアンフォラでブドウに付着している野生酵母のみで発酵。
引き続き 11 ヶ月間の⾧期のマセラションと熟成。この間にマロ発酵は完全に実施。酵素や培養酵母、酒石酸、濃縮物、矯正剤、安定剤などの醸造添加物は一切付け加えずに醸造。無清澄・無濾過で瓶詰め。
総生産量は 1,300 本。2019 ヴィンテージはマロ発酵後にSO2 を 2mg /L のみ添加。瓶詰め時は無添加。2021年7月 時点でのSO2トータルは 59mg /L

2021/8/24 VIVITの試飲会にて
オレンジ、みかん、ドライチェリーのような味わい。薬草のような香りも感じます。フレッシュでありながら口当たりは柔らかく、オレンジワインと言うよりスムーズな飲み心地です。
20117 ¥3,480(税込\3,828)
Mas des Agrunelles
マス・デ・ザグルネル
   自然派    インポーター:ル・ヴァン・ナチュール
マス・ニコ(Mas Nicot)とマス・デ・ザグルネル(Mas des Agrunelles)は、ステファニー・ポンソンさんとフレデリック・ポロさん夫婦が運営しています。
マス・ニコは、17世紀からステファニー・ポンソンさんの家族(ニコ家)が所有してきました。
1980年代から15haのブドウ畑で本格的にワイン生産を開始し1998年からリュット・レゾネ(減農薬農法)、2007年から有機農法に移行しています。
一方、マス・デ・ザグネルは、ステファニーさんとフレデリックさんが夫婦で立ち上げた蔵元です。
前述したように、ステファニーさんは、元々ワインを生産してきた家庭の出身ですが、フレデリックさんは、ワインとは全く関係ない家庭に育ちました。
モトクロスバイクの競技者を夢見ていた彼ですが、18歳の時に事故を起こし、結果として車椅子を使っての生活をおくらざるえなくなりました。
その後、彼の姉が行っているレストランのワインリストを担当するうちに、ワインに興味を持ち、ワイン生産者になることを決心。
モンペリエの農業学校で醸造を学び、Argelliers(アージュリエ)でDomaine la Mareleを2000年に起こしました。
2人は、それぞれのドメーヌを継続する一方で、2人で友人や家族で楽しめるワインを作ることを目的に、マス・デ・ザグネルを起 こしました。
栽培・醸造
マス・ニコ、マス・デ・ザグルネル共に、日中と夜間の温度差が大きい地域にあります。  従って、ブドウの熟成に良い意味で時間 がかかります。
糖分の上昇はゆっくりで、酸度も高いレベルを維持できます。
ブドウ畑は、リュット・レゾネを経て、有機栽培を2007 年から導入。
2009年で3年目となります。
基本姿勢は、あまり畑に介入せず、畑自身の生態系を保つことです。
よって、化学的な 肥料や除草剤は使用しないのは当然で、ボルドー液などもほとんど使用しません。
マス・ニコ・ロゼ 2020マス・デ・ザグルネル Mas Nicot Rose 2020
マス・ニコ・ロゼ 2020
品種:グルナッシュ
Alc:13.16%、総亜硫酸:46mg/L、遊離型亜硫酸:5mg/L以下、残糖:未検出

2021/7/14 ル・ヴァン・ナチュールの試飲会にて
チェリー、すもものような酸、ドライで暑い季節にはもってこいです。暑い季節は冷やして飲むと美味しいです。
19722 ¥2,580(税込\2,838)

マス・ニコ・ブラン 2020マス・デ・ザグルネル Mas Nicot Blanc 2020
マス・ニコ・ブラン 2020
品種:グルナッシュブラン、マルサンヌ
Alc:12.91%、総亜硫酸:38mg/L、遊離型亜硫酸:20mg/L、残糖:未検出

2021/7/14 ル・ヴァン・ナチュールの試飲会にて
白い花、りんご、洋ナシ、柑橘系の味わいも。密っぽさとフルーティーさ、軽やかで酸も程よく飲み疲れしません。オススメです。
18439 ¥2,580(税込\2,838)

ランディジェンヌ 2018マス・デ・ザグルネル l'Indigene 2018
ランディジェンヌ 2018
品種:シラー、グルナッシュ、カリニャン
Alc:13.79%、総亜硫酸:10mg/L以下、遊離型亜硫酸: 7mg/L 、残糖:未検出
手摘みで収穫。除梗。区画別に醸造。密閉状態で自然酵母により発酵。可能な限り優しい浸漬を約1か月徹底。コンクリートタンクと粘土のタンクで熟成。無濾過、無清澄で瓶詰。(この時にSO2を2g/hl添加)

2020/7/15 ル・ヴァン・ナチュールの試飲会にて
ギュッと果実の煮詰まったような味わい。綺麗なタンニンがまろやかでシルキーで口当たりは上品。価格を考えると嬉しくなる味わい。
18571
在庫 1本
¥2,720(税込\2,992)

ランディジェンヌ 2019マス・デ・ザグルネル l'Indigene 2019
ランディジェンヌ 2019
品種:シラー60%、グルナッシュ25%、カリニャン15%
醸造は伝統的な方法による。自然酵母のみで発酵し、コンクリートタンクと粘土の窯で熟成。
無清澄、無濾過で瓶詰。通常1ヘクトリットル辺り2gのSO2を添加する。

カリーニョにくらべるとやや控えめながらプルーンやカシスのような黒い果実感。細かなタンニンがベースにあり、冷涼な味わいがなんとも言えません。
19916
在庫 1本
¥2,720(税込\2,992)
フランス/アルザス
DOMAINE Andre Stentz
ドメーヌ・アンドレ・ステンツ
  自然派  インポーター:ル・ヴァン・ナチュール
ステンツ家は、1674年にコルマールより南西6Kmに位置する
ヴェトルスハイムに移ってきました。  ヴォージュ山脈の麓に広がるブドウ畑は日光の良くあたる理想的なミクロクリマを持っています。ワインの質、環境への敬意、そして健康を尊重する方法を求めて有機栽培を行い始め、1984年にナチュール・エ・プログレ(Nature et Progres)の認証を得ました。
ドメーヌ・アンドレ・ステンツブドウ畑 ドメーヌ・アンドレ・ステンツブドウ畑
化学肥料や除草剤、化学殺虫剤は使用していません。
栽培 :彼は、土壌の活性化と自然界のバランスを取ることを心がけています。
土壌は春から初夏にかけて耕されその後、8月から3月まで伸びる草は自然の肥料として使われ、また、益虫が害虫を捕食するようになります。
これらの畑作業により、ブドウの熟成は良く進み、テロワールを純粋に表現するワインとなります。
醸造 :ナチュール・エ・プログレの規定に沿ってブドウは醸造されます。
手摘み、半日間かけてのプレスし、温度コントロールをして発酵。
果実味と上品さを兼ね備えています。補糖は全く行いません。
ワインは、混じりけ無くすっきりしていて、ブドウ品種とテロワールの特徴を存分に表現しています。
テロワール :土壌は、粘土石灰岩層。
Wettolsheim、Eguisheim、Wintzenheim、Mittelwihr地区に位置しています。
最も素晴らしい場所は、グラン・クリュSteingrubler、Mandelberg、Hengst(Schoflit)です。 ドメーヌの南に位置するRosenbergの土壌は非常に複雑で、  泥炭土・石灰岩・ケイ質砂岩が交じり合っています。
リースリングに向いた土壌であり、果実味と繊細さを兼ね備えたものとなります。  Wettolsheim 地区北西に位置するSchoflitは、土壌は漸新世の礫岩と赤色の泥炭石灰岩、  グラン・クリュHengstの一部です。
リースリング 2019ドメーヌ・アンドレ・ステンツ Riesling 2019
リースリング 2019
品種:リースリング100%
Alc:13.51%、総亜硫酸:66mg/L、遊離型亜硫酸:8mg/L、
残糖:7.14g/l

2021/9/15 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会

繊細で上品。果実感やかんきつ類の香りとトロピカルで厚みもあり酸とのバランスも良いです。。
時間とともに味わいが膨らんでくるので2,3日掛けて飲んでみて下さい。
19576 ¥3,000(税込\3,300)

クレマン・ダルザス 2018ドメーヌ・アンドレ・ステンツ Cremant d'Alsace 2018
クレマン・ダルザス 2018
品種:ピノブラン・オーセロワ80%、シャルドネ20%
Alc12.34%、糖分4.1g/L

細かいきれいな泡立ちです。レモンやグレープフルーツなどの柑橘系の芳香中心です。
溌溂とした泡と爽やかでくっきりとした酸味。残糖はデータ上は例年通りですが、ここ数年では一番軽めで甘さも控えめに感じます。
甘さを抑えたレモンスカッシュやグレープフルーツ感。きれいな酒質で特に苦みなども感じません。
18867 ¥3,280(税込\3,608)
フランス/ブルゴーニュ シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
ロワール・ローヌ イタリア スペイン
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]