2021年4月新着・ロワール・ローヌワイン

[ hasigoya on line TOP ]   [ ワイントップ ]   [ ご注文方法 ]   [カゴの中身を見る]   [お問い合わせ]
4月 新着ワイン   (=自然派ワイン)
フランス/ブルゴーニュ フランスその他 シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
イタリア スペイン
2018年コサール・シャソルネイ
■ ■ ■ ご注文数量は半角英数字でご記入下さい■ ■ ■
フランス/ロワール
Chrustian Venier
クリスチャン・ヴニエ
   自然派   インポーター:ヴォルテックス
 クリスチャン・ヴニエは、若い頃から自然派ワインに興味を抱いており、1995年に従兄弟の ティエリー・ピュズラと一緒に農業学校に入学しました。農薬の害などについて農民や周辺住民が 知らなかった時代に、ルネ・モスやジュー・ピトン達とも一緒に、当時としては革新的な有機栽培を 学びました。クリスチャン家系は、ロワール地方のブロワ近くで何代も続いている農家ですが、 スタート時には、父親の畑の葡萄が醸造に適していなかったので、畑を借りましたが、現在は葡萄の 植え替えも終えてトータル8haの畑を所有。7つの品種を栽培しています。
ラ・ピエール・オー・シアン 2019クリスチャン・ヴニエ Cheverny rouge La Pierre aux Chien 2019
ラ・ピエール・オー・シアン 2019
品種:ピノ・ノワール100%

やや淡いルビー色。ソフトドライの赤い果実と新鮮な果実が入り混じるような果実香に、紫の花やお香といった品のある華やかな香りが感じられ、香りや色合いから軽やかながらも落ち着いた印象が見受けられます。また、土や根菜のような大地に近い香りも伺え、華やかな中に素朴な雰囲気が混ざります。伸びやかな酸は体へ染み込むように軽やかに導き、雑味のないシルキーな質感、角のない円みのあるしなやかなタッチで、赤い果実の果汁が滲み出てくるように広がっていきます。アフターにかけ、凝縮したドライフルーツのような緻密な果実味、クローブのようなスパイスが現れ奥 行きが感じられます。エネルギーを感じさせるしっかりとした酒質と複雑性、ピュアで繊細な果実味が調和よく絡み合い、若々しく清楚な印象と凛として芯のしっかりとした落ち着きの両面を兼ね備え、今後の熟成での変化にも大きく期待が湧く仕上がりです。
新着マーク
18938
¥3,880(税込\4,268)

シュヴェルニー・オー・ド・マドン・ルージュ 2019クリスチャン・ヴニエ Cheverny Les Hauts de Madon rouge 2019
シュヴェルニー・オー・ド・マドン・ルージュ 2019
品種:ピノ・ノワール70%、ガメイ30%

鮮やかなルビー色。水滴が弾くような新鮮で完熟した赤い果実主体にコンフィチュールやドライフルーツの凝縮した香りが混ざり合うような香り。滑らかな口当たりで、果実の充実した風味を感じさせながら清らかな飲み心地で口中に大きく広がります。タッチは軽やかでアタックの果実味も若々しく真っ直ぐな印象ですが、徐々に上品で無垢な果実の風味の中に、ナツメグやクローブなどのスパイス香がほどよく加わりリズムが生まれ動きが感じられ、クレッシェンドのように広域に広がっていきます。時間の経過でより充実した果実のエキスが深まり、ビターカカオのような風味も現れ要素が幾重にも重なっていくようで、若さもありつつ上品、骨格、芯のある雰囲気を感じさせるワインです。
新着マーク
16376
¥2,970(税込\3,267)

グリ・ゴーラウェン 2019クリスチャン・ヴニエ Cheverny Les Hauts de Madon blanc 2019
グリ・ゴーラウェン 2019
品種:カベルネ・ソーヴィニョン、ムニュ・ピノ、ピノ・ドニス

ほんのりとオレンジがかった淡いピンク色。桜が咲き始め、木々が少しづつピンク色に染まっていく頃のワクワク感を想い起こさせるような色合いで、赤いプラムや姫林檎、さくらんぼや苺、桃やネクターをイメージさせるような果実香がふわりと薫り、バラの花のような香りがアクセントとなり華やかな様子を感じさせます。ピリピリと微細なガスが舌先を刺激し、そのクリスプ感は澄んだ酸と共に溌剌とした元気な印象を抱かせながら軽快に口中へと進んでいきます。 香りに感じられたフルーツの風味、新鮮なりんごの果汁感を想わせる瑞々しさとフルーティーな酸がほどよく混ざり合い、キュッと引き締まった甘酸っぱい味わいが広がります。スッキリとしたアフターながら優しい果実の香りが仄かに鼻腔に抜け、後ろ髪を引かれるような愛らしさを感じさせます。
新着マーク
16762
sold out
¥2,790(税込\3,069)

シュヴェルニー・オー・ド・マドン・ブラン 2019クリスチャン・ヴニエ Cheverny Les Hauts de Madon blanc 2019
シュヴェルニー・オー・ド・マドン・ブラン 2019
品種:ソーヴィニョン・ブラン60%、ムニュ・ピノ40%

淡い黄色。白桃のような芳醇な香りに青りんごや柑橘の爽やかな果実香が加わり、思わず薫りの元を探し顔を近づけてしまうような華やかな印象を受けます。口に含むと白桃や洋梨、青りんご、仄かにフレッシュハーブを想わせるような 爽快感を感じさせ、軽快な飲み心地で気づけばすっと喉へと流れ落ちる岩清水のような印象です。香り高きフルーツの 風味に軽快な酸、皮ごと頬張った白葡萄、日向夏や晩柑など和柑橘を想わせる優しい清々しさと果皮のほろ苦さが仄か に感じられ、全体の印象はスッキリとしながら、香りや風味、味わいに抑揚が見られる仕上がりです。
新着マーク
16240
¥3,230(税込\3,553)
Sebastien Riffault
セバスチャン・リフォー
自然派  インポーター:ディオニー
 セバスチャンの家系は何世代にもわたる農家で、麦や野菜などを栽培する他に酪農も営みチーズやバターを生産していました。
本格的にワイン生産を始めたのは父親の代で、実家を継ぐ前に数年間ボージョレにてワイン造りを経験し、その後はパリのワインショップラヴィーニャで働きました。
この間セバスティアンは、沢山の素晴らしい自然派ワインに出会います。
父親の代では2004年から全ての畑で有機栽培を行いましたが、彼が戻ってからはバイオダイナミクスに発展させ2007年に認証を取得、自然派ワイン協会及びルネッサンス ド アペラシオン協会のメンバーに名を連ねております。

彼のモットーは、自分が飲みたくないものを造らないことです。
第一に健全なブドウを栽培しそれを完熟させることに注力します。
収穫量を徹底して低く抑え発酵は自然のまま、従って全てのワインは100%マロラクティック発酵を終えています。
<インポーターの資料より>
サンセール サウレタス 2012セバスチャン・リフォー Sancerre blanc Sauletas 2012
サンセール サウレタス 2012
品種:ソーヴィニヨン・ブラン%(手摘み/平均50年) (貴腐ブドウ50%・熟したブドウ50%)
リトアニア語で「太陽の下」という意味で牡馬オフェリーによって耕作するキンメリジャン土壌で育つ貴腐菌が付いたブドウ5割と熟し たブドウ5割をステンレスタンクで24 ヶ月発酵、木樽で12ヶ月熟成 しSO2無添加で仕上げました。

2021/3/19 ディオニーさんの試飲会にて

抜栓後すぐにライチやパッションフルーツの香りふくよかで複雑なアロマ、濃く密度のある液体は豊かな果実味に溶け込んだ酸、ドライフルーツのようなアフターが印象的です。時間とともに益々華やかで官能的な口当たりです。
新着マーク
19963
¥4,470(税込\4,917)
Reynald HEAULE
レイナルド・エオレ
   自然派  インポーター:ヴァンクール
生産者の特徴 レイナルドは1997年、会計学校を卒業後、サン・テミリオンのBTSで2年間栽培と醸造を学ぶ。そして、 1999年ニュイ・サン・ジョルジュのドメーヌで従業員として働き、2000年、立上げの準備のために地元のクレリ・サン・タンドレに戻り、 地元のワイン農協で働く。準備の整った2004年にドメーヌをスタートする。同時に、2005年からレ・カイユ・デュ・パラディの従業員として働き 二足のわらじを履く。 2haの畑を1人で管理している、超マイクロワイナリー! レイナルド・エオレ氏
テール・ド・シリス 2017レイナルド・エオレ VdF Terre de Silice Blanc 2017
テール・ド・シリス 2017
品種:ムニュピノ60%、シャルドネ20%、ソーヴィニヨン20%、ピノグリ、ロモランタン
収量は霜の被害により25 hL/haと減収!
100%シリスの土壌から出来上がるワインはピュアでクリスタルな味わいが特徴!
醸造は早熟なブドウ同士、晩熟なブドウ同士と分けて仕込み、熟成途中でブレンドしながら最後に全てのワインをアッサンブラージュしている!
SO2無添加!ノンフィルター!

2021/2/26 ヴァンクールの試飲会にて
アプリコット、洋ナシ、麦わらの香り。ワインはピュアで凝縮したダシのような旨味エキス 。口当たりが柔らかくミネラルたっぷりの酸が綺麗に溶け込んでいます。
新着マーク
19383
sold out
¥3,880(税込\4,268)
入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが同額程度の限定以外のワインを
一緒にお買い上げ下さいませ。

リヴ・ドロワット 2017レイナルド・エオレ VdF Rive Droite Blanc 2017
リヴ・ドロワット 2017
品種:シャルドネ
収量は30 hL/ha。
2017年は一部霜に当たったが 、左岸の畑よりも被害は少なかった! ワイン名のRive Droiteは「右岸」という意味で、レイナルドの白の畑で唯一ロワール川の右岸にあることから命名された!
畑の区画名はクロ・ベル・クロワで赤に隣接している。
SO2無添加!ノンフィルター!

2021/2/26 ヴァンクールの試飲会にて
カリン、洋ナシ、レモンドロップのような味わい。ワイ ンはピュアかつふくよかで、ほんのり感じる甘みと旨味にミネラルが綺麗に溶け込んでいます。
新着マーク
19954
在庫 2本
¥3,880(税込\4,268)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが同額程度の限定以外のワインを
一緒にお買い上げ下さいませ。

オー(マセラシオン)2019レイナルド・エオレ VdF O 2019
オー(マセラシオン)2019
品種:ガメイ50%、カベルネフラン30%、ピノムニエ20%
収量は30hL/ha。
017年は霜の影響によりピノノワールが少なかったため、代わりにカベルネフランをアッサンブラージュした !
ワイン名のA Contre Courantは「他人と違う方向に行く」という意味がある!
SO2無添加!ノンフィルター!

2021/2/26 ヴァンクールの試飲会にて
オレンジ色。ダークチェリー、バラの花弁の香り。ワインは艶やか かつ凝縮した果実味に上品なコクがあり、凝縮した味わいとほんのり感じる苦みと酸。細かなタンニンの存在も。
新着マーク
19955
在庫 2本
¥3,880(税込\4,268)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが同額程度の限定以外のワインを
一緒にお買い上げ下さいませ。

ペティアン・ナチュレル シリス・アン・ビュル 2017レイナルド・エオレ VdF Petillant Naturel Silice en Bulles Rose 2017
ペティアン・ナチュレル シリス・アン・ビュル 2017
品種:ピノノワール、ガメイ、ピノムニエ、カベルネフラン、ガスコン
収量は霜の被害により25 hL/haと減収!
セニエではなく直接プレス!二次発酵はクレマン・ナチュレル方 式で、ティラージュにはショ糖を使わず、 ガメイ2018年の発酵中のジュースを添加している!ガス圧4.4気圧の完全辛口 !SO2無添加!ノンフィルター!

2021/2/26 ヴァンクールの試飲会にて
チェリー、イチゴ、アセロラ、リュバーブのジャムの 香り。きりっとした酸。ほのかに感じる苦みと細かな泡。
新着マーク
17015
sold out
¥3,430(税込\3,773)
入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが同額程度の限定以外のワインを
一緒にお買い上げ下さいませ。
Noella Moraitein
ノエラ・モランタン
   自然派 インポーター:ヴァンクール
歴史 現オーナーであるノエラ・モランタンがドメーヌを立ち上げたのは 2008 年。
学生時代にナントの職業技術短大(DUT) でマーケティングを学んだ彼女は、卒業後マーケティング関係の会社に入社。当時は、毎日デスクワークに明け暮れるようなワインとは全く無関係の仕事に従事していた。

2001 年、30 歳を機に会社を辞めて、すぐにミュスカデにあるワインの学校で醸造と栽培を学び始める。また、学校に通いながら、同時にアニエス・エ・ルネ・モスのドメーヌで2年間実地研修をこなす。
学校を卒業後、2003 年の秋にはフィリップ・パカレのところで収穫、その後マルク・ペノーのところで翌年の 4 月まで醸造と剪定を手伝う。2004 年 5 月、ドメーヌ・ボワルキャの醸造栽培責任者として働き始める。
そして2008 年ドメーヌ・ノエラ・モランタンを立ち上げ現在に至る。
現在、ノエラ・モランタンは 8.5ha の畑を2人で管理。彼女の所有するブドウ品種は、ソービニヨンブラン、 シャルドネ、ガメイ、カベルネソービニヨン、コーで、彼女がワイン造りで最も大切にしていることは「フィーリング」。
ブドウの栽培に一部ビオディナミを取り入れたり、畑が疲れていると感じた時は fleur de Bach というホメオパシーの ひとつを散布するなど、常に現場に出てブドウの状態を観察しながらその場に適した対処を施し、 また、醸造はマセラシオンの方法、期間、醗酵、スーティラージュ、熟成方法等、全てテイスティングを通して臨機応変に対応。 常に出来上がるワインを想像し、そのイメージに沿って柔軟に対応し、彼女独自の個性をワインに反映する。 ドメーヌ の立ち上げ2 年目で、すでに彼女のワインはパリのカーヴ・オジェをはじめ、フランス、ベルギーの多くのカーヴィスト から独自のスタイルがあると高い評価を得ている。
ペティアン・ナチュレル マリー・ローズ 2017ノエラ・モランタン VdF Petillant naturel Marie Rose 2017
ペティアン・ナチュレル マリー・ローズ(ロゼ泡) 2017
カベルネ・ソーヴィニヨン100%。
。収量は霜の被害 により20hL/ha!残糖は4g/L。ブドウ は自社畑から!ワイン名は、ノエラ の母方の祖母ローズの名前とロゼを 掛け、さらに父方の祖母マリーの名 前を掛け合わせている!ガス圧は 4.4bar。SO2は2018年のカベルネを ティラージュとして加える前に10 mg/L添加。ノンフィルター!リュバーブ、アセロラ、カシスの芽、 バラ、酢漬け生姜の香り。泡立ちは 柔らかく繊細で、赤いバラのようなフ レーバーがあり、旨味を含んだほの かに甘みのあるエキスに繊細な酸、 滋味深く鉱物的なミネラルが優しく溶 け込む!

2021/2/26試飲
いちごのような香り、キメの細かいタンニンとミネラル感がある。優しい人柄を思わせるワインです。
新着マーク
18056
在庫 1本
¥3,580(税込\3,938)

VdF コー・タ・コー 2017ノエラ・モランタン Cot a Cot 2017
VdF コー・タ・コー 2017
品種:コー100%。
樹齢:33年
収穫日は9月15日。収量は30hL/ha。
前年同様ミカエル・ブージュの買いブドウ100%で仕込んでいる!Cot a Cotは横並び、一緒にいることという熟語と品種である コー(Cot)をかけている!
SO2は瓶詰め前に10 mg/L添加、ノンフィルター!

2019/4/2 ヴァンクールの試飲会にて
プルーン、ブルーベリー、カシスのような香り。タンニンはキメが細かく凝縮しています。優しく果実味にあふれています。
18199
在庫 1本
¥3,530(税込\3,883)

VdF シェ・シャルル・ソーヴィニヨン 2017ノエラ・モランタン VdF Chez Charles Sauvignon(2017)
VdF シェ・シャルル・ソーヴィニヨン 2017
品種:ソーヴィニヨンブラン100%。
樹齢:30年~39年
収穫日は9月14日。
2017年は春の遅霜の被害で収量が少なく、ビオ生産者ミカエル・ブージュからブドウを買っている。
ブドウの収量はノエラが 25hL/ha、ミカエルが30 hL/ha。
残糖1 g/L以下の完全辛口!
ワイン名は、昔の畑所有者がシャルル・ブシュ氏で、その名前から取った。
またChez(~宅)はシェール川とも掛けている!SO2は瓶詰め前に10 mg/L添加。ノンフィルター!

パッションフルーツ、白桃、ライチ、ゼスト、シトラス、ココナッツ、ミュスク、杉の木の香り。ワインはピュアかつ静 謐でフィネスがあり、ダシのように澄 んだ旨味エキスと塩気の感じる上品 なミネラルが口の中にスッと染み入 る!

2019/4/2 ヴァンクールの試飲会にて

パッションフルーツ、白桃、レモンのような酸とミネラル。
厚みがあってピュアな味わい。
19471
在庫 1本
¥3,530(税込\3,883)
Ludovic Chanson
ルドヴィック・シャンソン
   自然派   インポーター:ディオニー
 ロワール、モンルイに無農薬の畑でワインを造っているアレックス・マチューというワイナリーの醸造家のエリックは2007年までたった1人でワインを造っておりました。  ワイン造りを勉強する為に2005年にアンボワーズに入学したルドヴィック・シャンソンはエリックと意気投合して2008年に一緒にワイン造りを始めましたが2009年からルドヴィックが100%オーナーとなり、 ルドはたった1人で切り盛りする事になりました。  1971年Toursの生まれのルドヴィック・シャンソン。  Tours大学を卒業した後、生命科学を専攻し15年間Biologisteとして働いていたが、ワインに興味が変わり学生に戻りました。 ルドが引き継いだ畑は全部で6ha。モンルイなので、シュナンブランがメインで4.6ha、さらにシャル ドネが0.65ha、ソーヴィ二ヨンブランが0.75haと全て白品種です。
レ カボティヌ 2018ルドヴィック・シャンソン Les Cabotines 2018
レ カボティヌ 2018
品種:シュナンブラン100%
19 ~ 20世紀のパリのキャバレーを舞台に活躍した女性アーティ ストへオマージュしたキュヴェです。
自社のシュナンブランを400L の古樽で11 ヶ月発酵・熟成しました。
淡いゴールドイエロー色、セサミやハーブ、ホワイトペッパーの香り、ふくよかなアタックにたっぷりのエキスが溶け込んだ液体は酸とミネラルの均整の取れた味わいに、ビターなアフターがアクセントとなっています。
新着マーク
19941
在庫 3本
¥2,950(税込\3,245)

ガヴロッシュ 2018ルドヴィック・シャンソン Gavroche 2018
ガヴロッシュ 2018
品種:ソーヴィニヨンブラン100%
レミゼラブルの登場人物で1832年のパリ蜂起に加わり勇敢に立ち 向かった少年をキュヴェ名に冠しました。
2018年は暑い夏で自社ブドウのソーヴィニヨンブランをステンレスタンクで10 ヶ月発酵・熟成しました。

レモンイエロー色、バタートーストやグレープフルーツ、 はちみつ香、滑らかで果実感溢れる口あたり、瑞々しさと苦味のコントラスト、均衡のとれた酸とミネラルが流れます。
新着マーク
19940
在庫 1本
¥2,400(税込\2,640)

レ ピオン 2018ルドヴィック・シャンソン Les Pions 2018
レ ピオン 2018
品種:シュナンブラン100%
暑くて乾燥した夏の2018年、自社のシュナンブラン全房をプレス後 グラスファイバータンクで発酵、2回スーティラージュし不要な不純 物を取り除き19年2月にガスを残したままティラージュし瓶内で発 酵・熟成しました。

輝くレモンイエロー色、白桃のシロップやクッ キーの甘い香り、たっぷりエキスが溶け込んだ泡、高めの酸とミネラル感、心地の良い苦みの余韻が響きます。
新着マーク
19938
在庫 3本
¥3,230(税込\3,553)
Domaine Julien Pineau
ドメーヌ・ジュリアン・ピノー
   自然派   インポーター:ディオニー
 ドメーヌ・デ・ボワ・ルカは、クロ・ロッシュ・ブランシュの 所有する無農薬の畑を8ha購入させて頂きました。クロ・ロッシュ・ブランシュのオーナー カトリーヌは2015年に引退をしましたが、 その最後の6.7haを購入し新しくドメーヌを誕生させたのが、ジュリアン・ピノーです。
1985年9月16日ロワール・トゥール生まれ。
大学でワインとは全く違う経済を専攻後、アメリカに留学。
その間に夏休みを利用して葡萄畑の収穫を経験。
その時に自然の素晴らしさを認識します。
帰国した2009年にモンルイのリーズ・エ・ベルナール・スーセで収穫をして、ワインを造ろう!と決意。 早速アンボワーズの 醸造学校に入学し、本格的に醸造を勉強します。みっちりとエノローグを勉強した後、2012 ~ 2013年プロヴァンスのドメーヌ・テール・プロミズやクリストフ・コモールで仕事をして、やはりロワールで自分のワイナリーを立ち上げようと、 2014年ノエラ・モラン タンの所で働きました。
そこでクロ・ロッシュ・ブランシュのカトリーヌと出会い、今回の畑購入となったのです。  カトリーヌの畑を引き継いだのは全部で4名、私、ノエラ、ローラン、そして今回のジュリアン、全てビオを実践しております。
彼女は引退しても、 同じ志の仲間が畑を守っております。ジュリアンは最後までカトリーヌが売らなかった、一番良い畑をGetしました。
あの樹齢100年以上の素晴らしいコーも ジュリアンにご縁があったのです。
コー 6.5ha、ソーヴィニヨンブラン2.5ha、ピノドニス0.8ha、カベルネフランとカベルネソーヴィニヨン0.6ha、ガメイ0.5ha何とバランスが良いのでしょうか?
一気に6種類の品種が醸造出来るのです。同じ畑で同じ醸造所で作ってもディディエとは全くスタイルの違うワインが出来上がりました。
ジュリアンの 若い感性が初年度からきちっと瓶に詰まりました。
どれを飲んでもウルトラナチュラル。
新人とは思えない感覚です。同じ所有者の畑を4名別々に醸造すれば、4つの別々のスタイルのワインが出来上がります。本当にワインは面白いです。彼のワインには華があるのです。果実をこれだけ残すのは難しいのですが、それをいとも簡単にさらっとやってのけました。 彼が今後どんなワイン造りをしていくのか、とっても楽しみな歴史が誕生しました。
<ディオニー・新井順子さんの資料から>
クー ド ジュ 2019ジュリアン・ピノー Coup d'Jus 2019
クー ド ジュ 2019
品種:コー 100%(手摘み/40年)
元クロ・ロッシュ・ブランシュの畑に植わる樹齢40年のコーを全房 でマセラシオンカルボニック後プレス、ステンレスタンクで9ヶ月発 酵・熟成しました。
やや憂いのある明るめのガーネット色、さくらんぼ、ブラックペッパーやカルダモンのスパイシーな香りを感じます。
もぎたて果実の甘味とジューシーな味わい、高めの心地良い酸が スムーズに流れ、滑らかなタンニンのアフターを迎え入れます。
<インポーターさんのコメント>
2日目には少し、豆のニュアンスが出てきそうなので早めに飲む事をオススメします。
19945
在庫 3本
¥3,150(税込\3,465)

ロッシュ ブランシュ 2019ドメーヌ・ジュリアン・ピノー Roche Blanche 2019
ロッシュ ブランシュ 2019
品種:ソーヴィニヨンブラン100% (手摘み/40年)
元クロ・ロッシュ・ブランシュの畑に植わるソーヴィニヨンブランを プレス後ステンレスタンクで12ヶ月発酵・熟成、最終段階はとても ゆっくり発酵が続き、澱を取り除くため瓶詰め前に濾過しサンスフルで仕上げました。

輝くクリーム色、ナッツやマンゴーの香り、瑞々しいアタックに柔らかな酸とミネラル、沁み入るエキス分が心地の 良いバランスの整った味わいで、甘味を帯びた余韻が続きます。
やや軽やかな仕上がりながら、果実の熟度を感じる凝縮感のある味わい、アフターはしっかりドライです。 杏、白桃、蜜、石っぽいミネラルが混ざり合いエレガントな仕上がりです。
<インポーターさんのコメント>
19307
在庫 1本
¥3,080(税込\3,388)
フランス/ロワール
Puzelat=Bonhomme
ピエール・オリヴィエ・ボノーム
   自然派   インポーター:ヴァンクール
オーナーであるピエール・オリヴィエ・ボノームは2004年、弱冠18歳の時に ル・クロ・デュ・テュ=ブッフの収穫に参加し、そこでティエリ・ピュズラに才能を見いだされ、以降、ティエリか ら共同経営者を前提にスカウトされる。
2006年から 2008年までアンボワーズのワイン学校に通いながらティエリのネゴスで経験を積む。
ピエール・オリヴィエ・ボノーム
  2009年、ティエリと共同でネゴシアン「ピュズラ=ボノーム」を立ち上げる。  2014年末、ティエリは自身のドメーヌ業に専念するため、ネゴシアン事業から離れ、  ピエール・オリヴィエ・ボノームが100%経営を引き継ぎ、現在に至ります。
ヴァン・クゥール・ヴァン・キュ・ルージュ 2019ピエール・オリヴィエ・ボノーム Vin Coeur Vin cul Rouge 2019
ヴァン・クゥール・ヴァン・キュ・ルージュ 2019
品種:ガメイ70%、カベルネフラン30%
樹齢:38年平均
収量は日照りにより25 hL/haと40%減!
前年同様2019年も100%樽熟成!
買ブドウは、ガメイ がアラン・クルトー、フランソワ=サン・ レジェール、カベルネはボノームの自社畑から!
SO2無添加!ノンフィルター!

ダークチェリー、カシス、ミュールのジャ ム、バラの花弁、シソ、チョコレートの香 り。ワインは芳醇かつしっとりとしなや かで、野趣あふれるジューシーな果実 味をほんのりビターで鉱物的なミネラ ルとキメの細かいタンニンが支える!
新着マーク
18234
¥2,450(税込\2,695)

AC トゥーレーヌ・カーオー・ロンヌ 2015ピエール・オリヴィエ・ボノーム AC Touraine Ko Ronne 2015
AC トゥーレーヌ・カーオー・ロンヌ 2015
品種:コー100%
樹齢:平均20年
収穫日は9月20日。
収量は20hl/ha。 2015年は日照りの影響で収量が少 なかった!ブドウの果皮が厚く中身 が凝縮していたので、ワインがこなれ るまで3年の熟成を要した!ブドウは ボノームの自社畑から!ワイン名は 区画の名前から取った!SO2無添 加!ノンフィルター!


2019/10/23 ヴァンクールの試飲会
ダークチェリー、スミレのような濃厚な味わい。キメ細かなタンニンはたっぷりと存在し、
甘みを感じます。
19584
在庫 1本
¥3,530(税込\3,883)

トゥレーヌ・ラ・テニエール 2017ピエール・オリヴィエ・ボノーム Touraine La Tesnier 2017
トゥレーヌ・ラ・テニエール 2017
品種:ピノ・ドニス100%
樹齢:22年
収穫日は9月13日。
2017年は霜の被害により収量は20 hL/ha!
買いブドウはビオディナミ栽培者アランコクトーとビオ生産者タルデューから!
SO2は瓶 詰めの1ヶ月前に15 mg/L添加
ノンフィルター!

2018/10/25 ヴァンクールの試飲会にて
ダークチェリー、スミレ、 シャクヤク、そしてコショウのようなニュアンスも。酸をしっかり感じタンニンも細かい。
19370
在庫 1本
3,680(税込\4,048)

ヴァン・クゥール・ヴァン・キュ・ブラン 2009ティエリー・ピュズラ Vin Coeur Vin cul Blanc 2019
ヴァン・クゥール・ヴァン・キュ・ブラン 2019
品種:シュナンブラン50%、ムニュピノ50% 
樹齢:45年平均
収穫日は10月4日。収量は40 hL/ha。 残糖は5 g/L。
2019年はソーヴィニヨン ブランの代わりにシュナンが50%アッサンブラージュされています!
買いブドウ はローレンス・ディノショーとブリュノ・レ ディスから!SO2はアッサンブラージュ後のスーティラージュ時に20 mg/L添 加。再発酵防止のため目の細かいフィルターを掛けています。

2020/10/27 ヴァンクールの試飲会
黄桃、洋ナシ、熟したりんごのよう。ワインはピュア&フルーティーでクリーミーな口当たり。厚みとトロピカルな味わいです。優しいミネラルがきれいに溶け込んでいます。
16764 ¥2,450(税込\2,695)
フランス/ローヌ
Chateau La Canorgue
シャトー・ラ・カノルグ
  自然派   インポーター:ル・ヴァン・ナチュール
AvignonとAix-En-Provenceの間の小さな町、Bonnieuxに位置しています。ローマ時代から存在する古い町であり、シャトーには、自然の湧き水が湧き出ていて、それを得る為にローマ人が建設した運河も残っています。

 70年代から既に30年以上有機栽培を続けるパイオニアの一人。ローマ時代から続くシャトーで伝統的にワインを生産。

化学肥料や除草剤、殺虫剤などは全く使いません。肥料は、自然な堆肥やビオディナミのプレパラションのみです。病気に対しては、ボルドー液と薬草を組み合わせて対処しています。醸造は自然酵母のみで発酵、平均収穫量は30hl/haです。

2007年に公開された映画「プロヴァンスの贈りもの」(監督:リドリースコット 主演:ラッセル・クロウ、マリオン・コティヤール)の撮影舞台となったことでも良く知られています。
原作者のピーター・メイル氏が、カノルグのワインが好きだということです。
映画では、カノルグの≪ Coin Perdu ≫が登場します。
最新版ゴー&ミヨー2011ー5つ★評価を獲得する秀逸ドメーヌ。
カノルグ・ルージュ 2018シャトー・ラ・カノルグ Canorgue Rouge 2018
カノルグ・ルージュ 2018
品種:シラー、グルナッシュ、カリニャン
50%分のブドウだけ除梗。

2020/12/9 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会にて
口当たりは柔らかく、黒や赤い果実感とスパイシーさ。良く熟した果実と適度な酸で良いバランスがとても良いです。

2021/3/24 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会にて
口当たりは柔らかく、タンニンがたっぷり。奥には甘みがあり、やはりバランスよく相変わらず美味しいです。
19593
再入荷
¥2,720(税込\2,992)

ベレ・フロッグ バイ・ラ・カノルグ 2019シャトー・ラ・カノルグ Beret Frog by La Canorgue 2019
ベレ・フロッグ バイ・ラ・カノルグ 2019
品種:シラー 、グルナッシュ、カベルネ、メルロー

20%のブドウは除梗し発酵。80%セミ・カーヴォニック・マセラション。 50%は300Lサイズの樽で10ヶ月間熟成。

2020/12/9 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会にて
スパイシーでカシスやブラックベリーのような果実味があります。濃厚でありがら口当たりは柔らかく余韻もきれいで楽しめます。
18417 ¥2,500(税込\2,750)

カノルグ・ロゼ 2019シャトー・ラ・カノルグ Canorgue roze 2019
カノルグ・ロゼ 2019
品種:シラー、グルナッシュ

2021/3/24 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会にて
辛口で野イチゴやアセロラのような酸とフレッシュな味わい。爽やかなロゼはバランスよく、美味しいです。
新着マーク
19967
¥2,720(税込\2,992)

カノルグ・ロゼ 2018シャトー・ラ・カノルグ Canorgue roze 2018
カノルグ・ロゼ 2018
品種:シラー、グルナッシュ、ムールヴェードル

外観は澄んでいて、ややオレンジかかったサーモンピンク色。芳香は、 抜栓直後から良く香り、ピンクの花や赤い小さい果実を彷彿させました。

2020/7/15 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会にて
辛口で野イチゴやプラムのような酸とフレッシュな味わい。爽やかなロゼはキリっと冷やしてなんだら最高です。
19594 ¥2,720(税込\2,992)

カノルグ・ブラン 2019シャトー・ラ・カノルグ Canorgue Blanc 2019
カノルグ・ブラン 2019
品種:シラー 、グルナッシュ・ブラン、マルサンヌ、ルーサンヌ

2020/6/3 試飲
抜栓してから1週間程たってからの試飲です。柔らかな口当たりには綺麗な酸と黄色いフルーツの味わいが備わって、フレッシュで甘さと酸とのバランスがよくキラキラしています。

2020/6/24 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会にて
トロピカルなフルーツの香り、密っぽさと伸びのあるクリーンな酸味とても心地よく感じます。
新着マーク
18441
sold out
¥2,720(税込\2,992)
Domaine Mayoussier
ドメーヌ・マイユシェ
  自然派   インポーター:ル・ヴァン・ナチュール
 ヴェルコールの自然公園内に位置するドメーヌ。
13世紀から存在するシャトーを19世紀に現所有者が購入。
世界各地でソムリエやレストランマネージャーを務めたアントアン氏が念願かないワイン生産を開始しました。
ブドウ畑は80年代に一度引き抜かれました。その後、土壌調査を得て、適切な土壌と山の斜面にヴィオニエ、シラー、ソーヴィニョンブラン、ルーサンヌが植えられました。畑は有機栽培で耕作されており、化学的な除草剤や殺虫剤を使っていません。双子の雌馬ソネットとロザリーによって耕作されています。このアプローチは主に土壌の圧縮を避けるためと土壌内にいる微生物を促進するためです。
栽培・醸造を担当するアントアン・デピエール氏は、リヨンの大学を卒業したのち、ソムリエやケータリングディレクターとしてベルリン、マイアミ、ドバイ、ロンドンなどのホテルで働いたのち、ドメーヌを開始しました。
ル・ルージュ・ド・マイユシエ 2019ドメーヌ・マイユシェ Le Rouge de Mayoussier 2019
ル・ルージュ・ド・マイユシエ 2019
品種:シラー、グルナッシュ
醸造:自然酵母で発酵、28度で15日間浸漬、プレス後、50%がオーク樽で6か月熟成、残りの50%をステンレスタンクで熟成。樽はコートロティとコルナスで3年間使用されていたものを使っているとのこと。

2021/3/24 ル・ヴァン・ナチュールの試飲会にて
芳香は黒い果実感やイチジク・プルーンのジャム、カシスのようなニュアンス。黒い果実、ラズベリー的なニュアンス。心地よい酸もあり、適度な重みとバランスを持っています。タンニンが細かく綺麗、ふくよかさもあり美味しいです。
新着マーク
19467
¥3,100(税込\3,410)

レテ・ドゥ・マイユシエ 2019ドメーヌ・マイユシェ L'ete de Mayoussier 2019 Rose
レテ・ドゥ・マイユシエ 2019
品種:グルナッシュ
外観:淡い、橙色。ほんのりピンクがかっています。澄んでいます。 芳香:抜栓直後の香りの立ち上がりは控えめ。徐々に、小粒の赤い果実、梅(紫蘇?)やアセロラ的な芳香が立ち上がってきます。

2021/3/24 ル・ヴァン・ナチュールの試飲会にて
香りとは逆に、くっきり、はっきり、主張のあるきれいな赤い果実感。りんご、ザクロ、サクランボ、アセロラ、梅のよう。 バランスの良いロゼでオールマイティーにお食事と合わせられます。 酸とのバランスも良く美味しいです。
新着マーク
19968
¥2,520(税込\2,772)

ル・ブラン・ド・マイユシエ 2019ドメーヌ・マイユシェ Le Blanc de Mayoussier 2019
ル・ブラン・ド・マイユシエ 2019
品種:シャザン、ヴェルメンティーノ(買いブドウ)

2021/3/24 ル・ヴァン・ナチュールの試飲会にて
柑橘系の香りに、ほんのり草原的な香り。 2017年に比べると、爽やかでフレッシュ。抜栓時はレモンやグレープフルーツ的な柑橘系果物の香りですが味わいは熟したりんごの密っぽさが心地よく伝わって適度な酸がワインを引き締めています。
新着マーク
19516
¥2,720(税込\2,992)
Domaine Romaneaux Destezet
ドメーヌ・ロマノー・デストゥゼ
ローヌ川に対して垂直に向いた急 斜面に段々畑が続くタンエルミタージュの対岸に広がるサンジョセフ地区に自宅を構える現当主エルヴェ・スオー。そのローヌ川右岸から西へ30km、くねくねとした山道の上り下りを繰り返すと秘境のような高地アルルボスク村にあるドメーヌ。
 パリ出身のエルヴェは元貴族だという妻の実家が経営するドメーヌ・ロマノーデストゥゼを受け継ぎ、1993年からワイン造りを始めました。
 16世紀に建てられたお城のような住まいに併設した醸造所は、歴史を感じる重厚感があります。
ドメーヌ・ロマノー・デストゥゼ
  畑はドメーヌ近辺のドゥー川に続く南東向きの斜面のほか、サンジョセフ地区では珍しいとされるエルミタージュと同じ地質をもつ区画「サンテピーヌ」 など合計7ha所有し、すべて南東向きという好立地。
 昔、火山が噴火した花崗岩が風化し砂地になった標高450メートルの斜面の畑では、病気に強いヴィオニエ、早熟で病気に繊細なルーサンヌ、高樹齢のガメイやシラーが育っていました。
 標高の高さからブドウにしっかりとした酸がのるのが特徴 で、収穫も通常より2 ヶ月ほど遅い10月から開始されます。エルヴェはコルナスの自然派生産者ティエリー・アルマンの元で基本的なワイン造りを学び、友人であるダー ル・エ・リボの元で研修を積んだ真の実力者で、北ローヌの中でも美しく抽出された果実味とピュアという一言だけでは片付けられない繊細な崇高さ に目が覚める思いでした。
 年々ワインの質が向上し続け、現地での評価も上がっています。除梗なし、低温管理を行わず時間をかけた自然発酵、醸造段階SO2無添加 というこだわり、こうした丁寧な醸造方法があの高貴な味わいを生み出す、これぞまさしく深遠なるグランヴァンです。
ブラン 2019ロマノー・デストゥゼ Blanc 2019
ブラン 2019
品種:ヴィオニエ60% ルーサンヌ40%
サンジョセフ近郊の高地アルルボスク村のドメーヌに最も近い区 画の花崗岩で育つヴィオニエとルーサンヌをプレス後、ステンレス タンクで発酵、ブルゴーニュ樽で7ヶ月熟成しました。

2021/3/19 ディオニーの試飲会にて
粘性のある黄金色、ライチやパッションフルーツ、熟したりんご、キャラメルの香りやエスニックなアロマ、濃く密度のある液体は豊かな果実味に溶け込んだ酸、ドライフルーツのようなアフターが印象的です。
新着マーク
15474
¥3,760(税込\4,136)

ガメイ 2017ドメーヌ・ロマノー・デストゥゼ La Souteronne Gamay 2017
ラ・ストゥロンヌ・ガメイ 2017
品種:ガメイ100% (手摘み/平均60~80年)
北ローヌの高地アルルボスク村、2017年は太陽に恵まれた夏でしたが春の雹で収量が40%減少しました。
 花崗岩土壌のガメイをステンレスタンクで3週間発酵、木樽で8ヶ月シュールリー熟成しまし た。

2019/3/20 ディオニーの試飲会にて
明るいピンクルビー色。イチゴジャムやプラム、 ピュアな喉越し、果実の甘味と程良いタンニン、そしてアフターの苦みがバランスよく重なります。フルーティーで優しい口当たりは飲み飽きしません。
15477
在庫 1本
¥3,440(税込\3,784)
Domaine La Boheme
ドメーヌ・ラ・ボエム
   自然派  インポーター:ヴァンクール
かつてのパトリック・ブージュは、ワインの世界はアマチュアで、休日にワイン・ショップや極たまにワイナリーの訪問をするくらいの関心しかなく、自らワインを作ることなど考えも及ばなかったそうです。
その彼が人生を大きく方向転換するきっかけとなったのが、たまたま当時付き合っていた彼女に紹介されたピエール・ボージェとの出会いで
、以降、ピエール・ボージェのガイドの下、自然派ワインの世界にどっぷり足を埋めることとなりました。普段は IBM でコンピューター技師の仕事を持つ彼は、一方で、自ら 20アールの畑を借り、片手間だが週末と休日を利用して自分のワイン作りを開始しました。
分からないことは、常にピエール・ボージェからアドバイスをもらい、6 年間は経験を 積みつつ、表向きにはなりを潜めていました。それが 2002 年までの話。
2003 年に彼はワイナリーとして独立することを決意した後は、IBM でバイオの研究システムをつくる優秀なプログラマーだった地位を捨て、午前中だけ仕事をする契約 社員に格下げするよう願いを出し、以降、1.5ha の畑を買い、教会の敷地内にある昔のカーヴを借りて 2004 年に正式 にドメーヌ・ラ・ボエムをスタートさせたのです。
VdFニグロ 2019ドメーヌ・ラ・ボエム VdF Niglo 2019
VdFニグロ 2019
品種:ガメイ(ボジョレー)100%
収量は雹の被害により15 hL/ha!
ブドウはパトリックの所有する 2haのボジョレーの南Sarcey(サルセ イ)の自社畑から!
ドメーヌのプリムー ルというコンセプトでつくられたワイン !
ワイン名はハリネズミという意味と移動型民族というジプシーのような意味もあり、ボジョレーの収穫に多く携わってくれた人たちに感謝の意味を込めて名付けた!
SO2無添加 !ノンフィルター!

2021/2/26 ヴァンクールの試飲会
薄く透明なルビー色。
フランボワーズ、イチゴ、ザクロの香り。 ワインは明るくチャーミングでジューシー。ピュアなエキスに心地よい酸とミネラルがきれいに溶け込んでいます。
新着マーク
19958
在庫 1本
¥4,040(税込\4,444)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが同額程度の限定以外のワインを
一緒にお買い上げ下さいませ。

VdFシューペール・ベー 2019ドメーヌ・ラ・ボエム VdF Super B 2019
VdFシューペール・ベー 2019
品種:ガメイ(ボジョレー)100%
収量は30 hL/ha。今回は熟成に半分12hLのジ ャーと8hLアンフォラを使用!
買いブド ウはブルイィのビオ生産者ジュリアン・ ベルトラン、畑はブルイィでも卓越したクリマ「Pisse Vieille(ピス・ヴィエーユ)」から!
ワイン名のBはボジョレーのBで「最高のボジョレー」という意味を込めて名付けられました。SO2無添加!ノンフィルター!

2021/2/26 ヴァンクールの試飲会
フランボワーズ、シャクヤク 、スミレのような香り。ワインはミネラリーで柔らかく染み入るような果実味にダシのような旨味が詰まっていて、チャーミングで強かな酸とミネラル、キメの細かいタンニンが味わいを引き締めています。
新着マーク
19674
¥3,780(税込\4,158)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが同額程度の限定以外のワインを
一緒にお買い上げ下さいませ。

ジェー・エ・エム(マセラシオン)2019ドメーヌ・ラ・ボエム G&M 2019
ジェー・エ・エム(マセラシオン)2019
品種:ミュスカアレクサンドル35%、グルナッシュグリ25%、リースリング20%、ピノオーセロワ20%
収量は 30hL/ha平均。買いブドウは、ルーションのビオ生産者ヴァンサン・ラファージ ュそしてアルザスのグップから!
ミュス カアレクサンドルはジャー、グルナッシュグリはアンフォラ、それ以外はのフードル(大樽)で仕込ん仕込んでいます。
ワイン名は、当初グルナッシュグリとミ ュスカアレクサンドルだけで仕込む予定だった品種の頭文字を取ったG&Mという名前となった!SO2無添加!ノンフィルター!

2021/2/26 ヴァンクールの試飲会
濁った黄色や黄桃やジンジャーの香り。フル ーティーで熟したりんごを絞ったようなフルーツ感と繊細な酸。キメの細かいタンニンが味わいを引き締めています。
新着マーク
19957
¥4,040(税込\4,444)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが同額程度の限定以外のワインを
一緒にお買い上げ下さいませ。

ペティアン・ナチュレル・ロゼ・フェステジャール 2019ドメーヌ・ラ・ボエム Petillant Naturel Roze FESTEJAR 2019
ペティアン・ナチュレル・ロゼ・フェステジャール 2019
品種:ガメイ(ボジョレー)95%、 シルヴァネール、リースリング、 ピノグリ、ピノブラン5%
樹齢: 40年平均
収量は雹の被害により 25hL/ha!残糖は2g/L。
2019年は瓶 内二次発酵のティラージュにアルザスのブドウジュースを使用。買いブドウは南ボジョレーのビオ生産者ジャン =フランソワ・ドゥブーとアルザスのビオ生産者グップから!
FESTEJARの 意味はオック語で「お祭り騒ぎしようぜ !」という意味。ガス圧は2.4Bar。SO2 無添加!ノンフィルター!

2021/2/26 ヴァンクールの試飲会

イチゴ、熟したりんご、アセロラ、ドロップのような味わい。爽やかなガスとハーブの香り。酸とミネラルが味わいを引き締めています。
新着マーク
18336
sold out
¥3,780(税込\4,158)

ピカポル (マセラシオン)2019ドメーヌ・ラ・ボエム VdF Picapol 2019
ピカポル (マセラシオン)2019
品種: ピクプール
樹齢: 10年~70年
収量はミルデューの被害により25 hL/ha!
買いブドウはラングドックのビオ生産者ドメーヌ・ド・プティ・ルビィから!ミネラルを引き出すため炻器で作られたジャー(別名ドリア)で仕込んでいます。マセラシオンは除梗をせず全房を使用。ワイン名のPicapolはピクプールのカタローニュ地方の呼び名Pi capollから最後のLを外して名づけました。SO2無添加!ノンフィルター!

2021/2/26 ヴァンクールの試飲会

パッションフルーツ、パパイヤ、マンゴ ー、青りんごの香り。スパイシーで口当たりはフルーティー。繊細な酸とミネラルが綺麗です。
新着マーク
19956
¥3,780(税込\4,158)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが同額程度の限定以外のワインを
一緒にお買い上げ下さいませ。
Domaine Le Bel Endroit
ドメーヌ・ル・ベル・アンドロワ
  自然派
インポーター:ディオニー
 1972年ジュラで生まれた彼はアルボワの農業学校でワインの販売を学んだ後、25歳までコニャックでワインの醸造と栽培のインターンシップを受けました。より醸造のことを体系的に学びたいと思い、ディジョンの学校へ30歳になるまで通い、その後1年間アメリカとカナダを自転車で旅して回り、 各地のワイン造りを視察。帰国後、アルザスのジャン・ミッシェル・ダイスの元で半年間働き、ナチュラルワインへの志向を深めていきます。  ワイン造りの現場を体験し知識を深め、2003年からタン・レルミタージュのCFPPA(農業促進・職業訓練センター)でワイン造りに関する教鞭を振るいながら自身のドメーヌの立ち上げへの準備を始めます。2005年には弊社取扱のマチュ・バレーと出会い、マチュが造っていたネゴスラインの醸造を任せられるようになり、北ローヌの生産者や栽培家との関係を深めていきます。  2014年からはヴィニュロンとして独り立ちしました。  オーガニック栽培をし、すべてのワインをSO2無添加で仕上げているのかを尋ねると、「仕事とプライベートは別だよ(笑)ナチュラルワインにはまったきっかけはアルボワの学校時代に出会ったジュラのドメーヌ・ド・ラ・トゥルネル のパスカル・クレレの影響なんだ。と答えてくれました。  
ラ キュヴェ シ ローズNV 2015ドメーヌ・ル・ベル・アンドロワ La Cuvee Six Ross 2015
ラ キュヴェ シ ローズNV 2015
品種:シラー 100%(サンジョセフとクローズエルミタージュ) 伝統的なワイン造りを教える醸造学校の先生を辞めたセバスチャ ンが花崗岩と粘土石灰に植わるシラーをセミマセラシオンカルボ ニックで発酵し、セメントタンクと古樽で18 ヶ月熟成、SO2無添加で 瓶詰めしました。
定価は3,600円(インポーターさんの取り扱い終了にともない特別価格でご提供です)

2021/3/19 ディオニーの試飲会

紫を帯びたルージュの色調、カシスやスミレのアロマを感じます。シラーなのでしっかりした感じかと思いますが裏腹に優しく涼やかな印象。 プラムや巨峰を頬張った時の心地の良いタンニンが特徴です。
新着マーク
19953
¥2,500(税込\2,750)
フランス/ブルゴーニュ フランスその他 シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
イタリア スペイン
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]