2021年4月 新着ワイン・イタリアワイン

[ hasigoya on line TOP ]  [ ワイントップ ]  [ ご注文方法 ]  [カゴの中身を見る]  [お問い合わせ]
4月 新着イタリアワイン (=自然派ワイン)
フランス/ブルゴーニュ フランスその他 シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
ロワール・ローヌ スペイン
2018年コサール・シャソルネイ
■ ■ ■ ご注文数量は半角英数字でご記入下さい■ ■ ■
イタリア/アブルッツォ
Colle San Massimo
コッレ・サン・マッシモ
    自然派  インポーター:エヴィーノ
大学卒業後アメリカで20年近く教師として勤めてきたエンリーコ。2003年に故郷に戻り、祖父の農園を引き継ぎ、オリーブの 栽培と自家消費用のワインを造り始めました。ブドウは祖父の時代に植えた樹齢40年~50年。
モンテプルチアーノ・ダブルッツオを中心に、トッレピアーノ、バッセリーナ、 マルヴァージアを栽培。
コッレ・サン・マッシモ・エンリーコ氏
肥料を与えず、不必要な剪定や除葉、グリーンハーヴェストを行っていません。ほとんどが手作業中心、効率を考えず時間と費やす、それが 最も大切だと話していました。生産量はわずかに2000本という極めて 小さなカンティーナ。
ロッソ 2018コッレ・サン・マッシモ Rosso 2018
ロッソ 2018
品種:モンテプルチアーノ100%
樹齢 40~50 年。粘土質土壌。収穫後、果皮と共に約 1週間、野生酵母による醗酵を促す。
圧搾後、セメントタンクにて 12 カ月、ボトル詰め後12カ月の熟成。
ストレスを感じない飲み心地には、毎年驚かされてしまいます。 以前は「Piu Rosso ピウ ロッソ」という名前でしたが、生産量の少なさえお解消するため造り分けることを止めたので、名前がシンプルになりました。こちらも DOC を申請していないため名乗れませんが、モンテプルチアーノ ダブルッツォとして造られた赤。2018 は天候的にはあまり恵まれず、冷涼さを感じるヴィンテージ。例年のような強い果実というよりも、エレガントな酸ときめ細かいタンニン、繊細な味わいです。ポテンシャルをストレートに感じつつも、決して気張らない柔らかい果実味。造り手の思いや意志がワインに伝 わるのだとしたら、このワインにはエンリーコ自身の穏やかさ、優しさを感じるワインなのだと思います。
新着マーク
18676
¥2,770(税込\3,047)

メーノ・ロッソ 2019コッレ・サン・マッシモ meno Rosso 2019
メーノ・ロッソ 2019
品種:モンテプルチアーノ100%
樹齢40~50 年。粘土質土壌。収穫後、除梗し 果皮と共に約半日、野生酵母による醗酵を促す。圧搾後、セメントタンクにて 10 か月の熟成。チェラスオーロという考えで造られたロゼ。
(meno=色が少ない)という意味合いのロゼ。
2019 は日照にも恵まれ、バランスの取れたヴィンテージ。強い果実と酸、昨年よりも少し力強さを感じる味わいです。DOC を取っていないためチェラスオーロとは名乗れませんが、しっかりと抽出した色調と芯のあるタンニン、それでいてエンリーコらしい柔らかさと質感には、癒しさえ感じる味わい。「特別なワイン」というよりも、日常を彩るような気軽さと柔らかさ、心地よさを持ったワインです!
新着マーク
19434
¥2,580(税別)

ピウ・ロッソ 2014コッレ・サン・マッシモ Piu Rosso 2014
ピウ・ロッソ 2014
品種:モンテプルチアーノ100%
樹齢40~50年。
粘土質土壌。
収穫後、果皮と共に約1週間のマセレーション。
野生酵母による醗酵を促す。圧縮後、セメントタンクにて12ヶ月、ボトル詰め後12ヶ月の熟成。

2018/6/13 エヴィーノさんの試飲会にて
口当たりが優しく、フレッシュ。タンニンも綺麗です。
18677 ¥3,140(税込\3,454)

ピウ・ロッソ 2016コッレ・サン・マッシモ Piu Rosso 2016
ピウ・ロッソ 2016
品種:モンテプルチアーノ100%
樹齢40~50年。
粘土質土壌。
収穫後、果皮と共に約1週間のマセレーション。
野生酵母による醗酵を促す。圧縮後、セメントタンクにて12ヶ月、ボトル詰め後12ヶ月の熟成。

2019/2/25 エヴィーノさんの試飲会にて
深紅のルビー色。タンニンが上品で柔らかく、心地よい。ビンテージが若いですがとても美味しく感じるモンテプルチアーノです。
19433 ¥3,050(税込\3,355)
イタリア/ エミリア・ロマーニャ
Vittorio Graziano
ヴィットーリオ・グラツィアーノ
 自然派  インポーター:エヴィーノ
現在生産されているランブルスコの99%を占める、平地でのブドウ栽培と、 大型のアウトグラーヴェ(加圧式ステンレスタンク)による大量生産。しかし、ヴィットーリオが追求するのは残りの1%、 自然環境を重視したブドウ栽培と、古典的な瓶内醗酵を前提として極力介入や添加を行わない醸造。畑では自然環境をメインに考え、 不耕起、無肥料による草生栽培を実践。人為的な介入を最小限に抑えることで、ブドウそれぞれの持つ個性(野性味)を引き出す。
ブドウについても畑に残っていた古樹より自ら苗木を取り、クローン選抜される以前のランブルスコ系のグラスパロッサ、サラミーノ、 ソルバーラ。
ヴィットーリオ・グラツィアーノ
「ランブルスコ系統でいえば、モデナを代表するといってもいいグラスパロッサは、その名の通り梗(及び葉)が赤く、 果皮の厚みと房の大きさあるブドウ。だけど、巷にあるグラスパロッサには、この畑にあるような個性はほとんど見られないな。 そのように改良されてしまっているんだ。そして最も古くからあるとされているソルバーラ、結実がとても悪く色調も薄いけど、 素晴らしく繊細な香りと骨太な酸を持っている。そして房が小さいサラミーノは果実が密集、豊かなタンニン。トレッビアーノについても 同じ、モンタナーロは厚い果皮と十分なエキス分。そしてスパーニャは未知な部分が多いブドウだけれど、 繊細な酸と奥行きのあるブドウ。」 そう語るヴィットーリオ。
ブルットスプリングスティーン2015ヴィットーリオ・グラツィアーノ Brutsprintstin 2015
ブルットスプリングスティーン 2015
品種:トレッビアーノ モデネーゼ

正式なリリースは初めてとなる、ヴィットーリオが実験的に造った瓶内再醗酵のスプマンテ!シャンパーニュのようにティラージュ(2 次醗酵分の糖分を加えて瓶詰め)やドサージュ(オリ抜き時に糖分などを加える)、さらには 2 次醗酵のために酵母を添加するなど、「ブドウ以外の原料を用いる」という手法が好きではないヴィットーリオ、さらには「冷蔵保存したモスト加える」などの瓶内醗酵とも違う、「通常の醗酵過程の延長」という考えで造り始めた。 2015年は日照に恵まれ果実的な熟度、そして高い酸度を両立したヴィンテージのみ、高樹齢のモデネーゼの区画で収穫したブドウで醸造するというこだわり。通常のフリッツァンテと同じくアルコール醗酵を行うが、まだ残糖が 20g/L とかなり早い段階でボトル詰め。その後、瓶内で醗酵を継続させるという方法。醗酵の進み具合・残糖分の量が異なるため、醗酵の進行過程が全く異なります。瓶内で24 か月以上、酵母の活動が完全に止まってからオリ抜き(スボッカトゥーラ)、そ の後 1年の熟成を経てリリースされたスプマンテ。彼曰く、「より緩やかで長期的な醗酵のため、ある程度残糖を残した状態で醗酵が止まる。結果、人為的にではなくブドウ由来の糖分・酵母によって造り上げたドゥミ・セックのスプマンテ」。キメの細かい泡と心地の良いブドウ由来の甘み、そしてきれいに洗い流してくれるかのような酸の心地よさを感じる。
「有名ロックシンガーの彼のように、ワイルドさを持ちながらも、皆から愛される希少な存在」と言い張る。

2021/3/8 エヴィーノさんの試飲会にて
爽やかな酸。しっかりした泡、フレッシュでレモンのような酸とミネラルが豊富。
新着マーク
19960
¥3,330(税込\3,663)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが同額程度の限定以外のワインを一緒にお買い上げ下さいませ。
イタリア/フリウリ
Damijan Podversic
ダミアン・ポドヴェルシッチ
  インポーター:エヴィーノ
 ダミアンにとっての始まり、すべては無き父の存在だといえる。2haのブドウ畑で栽培したブドウでワインを造り自分のオステリアで出す父。オステリアの仕事より畑仕事が大好きであった父に連れられ、幼いころから栽培や醸造にのめり込んでいたダミアン。 1985年当時、フリウリのワイン造りに一石を投じたヨスコの元には、多くの熱意ある造り手が集まっていた時期。父に連れられ、当時17歳のダミアンは、ここで多くの経験をすることとなる。 ダミアン ポドヴェルシッチ
ダミアン曰く、「技術的なことだけでなく、より内面的な部分で学ぶことがたくさんあった」という。徐々に自身の進む道を定め1998年に高樹齢の畑(Monte Calvario)を手に入れ本格的に栽培・醸造を開始。 畑では年により必要最小限の銅と硫黄物を使うのみで、一切の肥料、薬品類を使用しない。 さらには土壌の耕転さえも行わない。春から夏にかけての徹底した除葉と摘房、果実の収量制限を行う。 また、収穫に至っては樹上に極限まで残し熟成を促す。コッリオ周辺特有の湿度の高さは、一定の条件を満たすことで、ボトリティス ノービレ(貴腐)の恩恵を受けた白ブドウを収穫。畑での徹底的な追及と作業量の多さ(過酷さ)はどんな造り手にも引けを取らないだろう。 貴腐化した果実を含むため、非常に厳しい選果を行ってから除梗。 縦型の開放式大樽の中にてマセレーション(果皮の浸漬)を行いつつ、野生酵母にて醗酵。日々のパンチングダウン (浮き上がった果帽を突き崩す)を繰り返し、60~90日に及ぶ醗酵の後に圧搾。圧搾後、大樽にて36か月、瓶詰め後12か月の熟成を行う。モンテカルヴァリオの持つ強烈なミネラル感、完熟した豊かな果実、そして全く失われることのない骨太な酸、ここにボトリティスの恩恵を受けた彼のワインは、豊かさと旨みはもちろんの事、他のいかなるワインとも異なる個性を持つ。
リボッラ・ジャッラ・セレツィオーネ 2005ダミアン・ポドヴェルシッチ Ribolla Gialla Selezione 2005
リボッラ ジャッラ セレツィオーネ 2005
品種:リボッラ ジャッラ
収穫後、開放式の大樽にてマセレーション。期間は 60~90 日、圧搾後大樽にて2 年間の熟成。ボトル詰め後 年間 熟成の後、2012 年にリリースされた唯一のリゼルヴァ。
2005 年、収穫の時点ですべてのブドウにボトリティスが回ったリボ ッラジャッラ。気の遠くなるような選果を行い、7 年という歳月を 費やしてリリース。今のダミアンの起点ともいえる特別なヴィンテー ジ。あれからさらに8 年を費やし、今回ダミアンのストックよりいただきました。

2020/10/08 エヴィーノさんの試飲会にて
滑らかでトロトロ。香しいカリンのような香りにハーブの香り。
酸を含んだ密の味わいは引き込まれていきそうです。繊細で上品で素晴らしいワインでした。余韻が永く官能的な味わいです。
19907
在庫 1本
¥12,450(税込\13,695)

カプリャ・セレツィオーネ 2005ダミアン・ポドヴェルシッチ Kaplja Selezione 2005
カプリャ・セレツィオーネ 2005
品種:シャルドネ, フリウラーノ,マルヴァジア
樹齢:30~40年。
収穫後、開放式の大樽にてマセレーション。
期間は60~90日、圧搾後大樽にて36ヶ月の熟成、
ボトル詰め後5年間熟成。2005年はすべてのブドウにボトリティスが回った樽を選別し5年後にリリースしたカプリャ。
ダミアンの起点になった特別な ヴィンテージ。それからさらに8年を経過した、まさに最高の状態ともいえるカプリャ。

2020/10/08 エヴィーノさんの試飲会にて
ふくよかで洋ナシのような味わいと奥から蜜の味わいを感じます。余韻も素晴らしく心を惹かれます。
19283
在庫 1本
¥7,830(税込\8,613)

マルヴァージア2015ダミアン・ポドヴェルシッチ Malvasia 2015
マルヴァージア 2015
品種:マルヴァジーア イストゥリアーナ100%。
樹齢:40~60 年。
収穫を可能な限り遅らせることで、最大限に成熟した果実。
果皮には多くの貴腐の恩恵を受けたブドウと腐敗果を徹底して選果 を行う。除梗して果皮・種子と共に3ヶ月、圧搾後、大樽にて36 か月、瓶内にて18ヶ月 の熟成。
 果実的な熟度の高さと、貴腐由来の繊細さ、奥行き、両方を兼ね備えたヴィンテージ。 果皮も厚く、強いアロマを持ちブドウの熟度が高く、貴腐の影響も強い2015 のような気候に最も合っていたのは おそらくこのマルヴァジーアだと感じました。最終的にボトリティスの割合は80%と高い比率で貴腐が回ったヴィンテージ。強いアロマとヴォリューム感を持ちながらも貴腐の影響による複雑さと味わい深さ。

2020/11/11 エヴィーノさんの試飲会にて
黄色味の強い色あいです。黄色い果実のトロピカルで芳醇な香り。カリンやハーブ、そして甘く凝縮した味わいは繊細で複雑です。 トロトロと柔らかく口の中で円やかに広がります。
19281
在庫 1本
5,070(税込\5,577)

ネカイ 2015ダミアン・ポドヴェルシッチ Nekaj 2015
ネカイ 2015
品種:フリウラーノ
樹齢:30~40年。
かつてはトカイと呼ばれていて、今はフリウラーノと呼ばれるブドウ。しかし、DOC の認定をパスしないとフリウラーノと名乗ることができないため、Nekaj (スロヴェニア語=他の何か)という名前でリリースしています。
 2015年は約50%のブドウに現れた貴腐。マルヴァジーア同様、果実的な味わい、ヴォリューム感を持ちながらも寒い年に見られるような貴腐由来の深み、香り、奥行きを兼ね備えた魅力的なヴィンテージ。フリウラーノには感じにくい複雑さをも持ち合わせた柔らかさ、バランス感を持ったワインです。
収穫を可能な限り遅らせることで、最大限に成熟した果実。 果皮には多くの貴腐の恩恵を受けたブドウと腐敗果を徹底して選果を行う。除梗して果皮・ 種子と共に3ヶ月。圧搾後、大樽にて36 ヶ月、瓶内にて18ヶ月の熟成。最も繊細なブドウともいわれるフリウラーノ、果実的な熟度に恵まれつつも、足りない骨格や力強さを埋める役割を貴腐が担う。最も女性的な白。

2020/11/11 エヴィーノさんの試飲会にて

はじめに官能的な香りにクラクラとなりました。黄色い果実の香りと滑らかできめ細かな口当たりが素晴らしい。
とろんとした液体でふくよかさやキラキラとした酸。
優しい味わいが口一杯に広がり、幸せな気持ちになります。 味わいが繊細で上品です。
19284
在庫 1本
5,070(税込\5,577)

カプリャ 2015ダミアン・ポドヴェルシッチ Kaplja 2015
カプリャ 2015
品種:シャルドネ、フリウラーノ、マルヴァジア イストリアーナ
樹齢:30~40 年
リボッラと近い奥行きを持つシャルドネをベースに、横の広がりを持つ2つのブドウによって、彼の考える最高の一滴(雫しずく=Goccia イタリア語=Kaplja スロヴェニア語)という名を冠したワイン。
シャルドネは 80%近い割合で貴腐が回ったため、2015 は果実的な要素と貴腐由来の複雑さ、香りが混在するヴィンテージ。
他の白にはない圧倒的なバランス、完成美を感じるワインです
収穫を可能な限り遅らせることで、最大限に成熟した果実。果皮には多くの貴腐の恩恵を受けたブドウ と腐敗果を徹底して選果を行う。除梗して果皮・種子と共に3ヶ月、圧搾後、大樽にて36ヶ月、瓶内にて18ヶ月の熟成。
唯一ブレンドされた白であり、ダミアンの考える黄金比。
リボッラと同じく骨格を宿すシャルドネとアロマティックさと香りを宿すマルヴァジーアとフリウラーノ。

2020/11/11 エヴィーノさんの試飲会にて

とろんとした口当たり。白桃、洋ナシのような果実の香り。
綺麗な酸と濃厚で永く続く余韻で素晴らしく心を惹かれます。
19286
在庫 2本
¥5,070(税込\5,577)

プレリット 2015ダミアン・ポドヴェルシッチ Prelit 2015
プレリット 2015
品種:メルロー85%、カベルネソーヴィニヨン15%
樹齢:30~40年。
収穫後、開放式の大樽にてマセレーション。
期間は60~90日、圧搾後大樽にて36ヶ月の熟成、
オリ引きを行った後にボトル詰め、その後12か月の熟成ののちにリリース。

2020/11/11 エヴィーノさんの試飲会にて
冷涼な年だったようでアタックは優しくプラム、すもも、チェリーのような味わい。タンニンは繊細、果実の酸もきれいに存在し心地よく飲めます。
19787
在庫 2本
¥5,070(税込\5,577)
イタリア/ピエモンテ
San Fereolo
サン・フェレオーロ
  自然派     インポーター:エヴィーノ
「ドルチェットにこれほど愛情と情熱を注いだ造り手は、彼女をおいて他にいるだろうか?」そう言っても決して過言ではない、ドルチェットを最大表現する造り手。  ピエモンテ、ドリアーニ北部、ニコレッタ ボッカは1992年、念願であったブドウ畑を手に入れた。
この特徴が「ネッビオーロではなく、ドルチェット」という裏付けといってもいい。  また、彼女の畑はモンフォルテ ダルバまで近いため、モンフォルテらしさともいう強烈な石灰質も併せ持つ特殊性も持つ。
サン・フェレオーロ
 畑との関わりは当然の如く自然環境を重視したものであった。
50年を越えるものが大半を占め、区画によっては70年を越えてくる樹も少なくない。  古くより残るクローンが混在した状態(セレクション マッサール)であり、 プロヴィナージュやピエディ・フランコ(自根)のまま残る樹ばかり。
彼女にとっての「完熟」とは、果皮でも果実の糖度でもなく果実本来の役割ともいえる「種子の熟成」にあると考えています。収穫量は恐ろしく少ない。
醸造においてはピエモンテ、特にアルバ周辺の伝統的といえる手法を守るとともに、  長い熟成期間をとる。除梗した果実を開放式の大樽にて、約3週間を越えるマセレーション(果皮浸漬)。
「ドルチェットは一般的にタンニンが少ない(酸も少ない)といわれるブドウ。
果皮の要素をゆっくりと引き出そうとすれば、十分なタンニンと酸を得ることができる。他のどんなブドウにもない深みと奥行きが感じられるの。」。

ボトル詰めしてからも4年以上熟成期間を取ってからリリースされ、凄まじい果実の凝縮でありながら、驚くほどの繊細な香り。
柔らかさを持ったタンニンと酸ながら、しっかりとワインを支えるに十分なバランス。  ドルチェットのもつ質感と可能性を最大限表現するサン フェレオーロ、他に出会ったことがありません。
ヴィーニェドルチェ 2017サン・フェレオーロ Viqne Dolci 2017
ヴィーニェドルチェ 2017
品種:アルタランガのドルチェット
樹齢:30年
今回初めてリリースされた新しいドルチェット。30~40年前は、現在よりも平均気温が3度以上低かったというピエモンテ。標高の高すぎるアルタランガでは、ブドウの完熟は不可能に近かったとの事。しかし近年、温暖化の影響もありアルタ ランガでも十分なブドウの成熟ができるようになったため、最近注目を集めている土地。この畑に植わっていた僅かなドルチェットに、サン フェレオーロの土地とは全く異なる個性を感じた彼女。アルタ ランガのドルチェットのみで醸造したワイン。土地の個性の違いで、ドルチェットにもここまでの違いが出る事に驚きを隠せません!
力強さではない繊細さ、そして全体を引き締める酸をもったドルチェット。サンフェレオーロの畑とは全く違う、心地よさを持ったワインです! 2017 は冷涼なアルタランガにとって、天の恵みともいえる良年。

2021/3/8 エヴィーノさんの試飲会にて
濃厚で品の良いタンニン豊富。心地よい甘みがあり、口当たりが柔らかく、ドルチェットの繊細さ、軽やかさを持ちエレガントで美しい酸と実った果実の味わいのバランスを持った素晴らしい味わい。
新着マーク
19410
¥2,770(税込\3,047)

ラ・ルーパ・ランゲ・ロザート 2019サン・フェレオーロ La Lupa Langhe Rosato 2019
ラ・ルーパ・ランゲ・ロザート 2019
品種:ドルチェット90%、トラミネール アロマティコ10%
ドルチェットは収穫後、直接圧搾し果汁のみの状態で醗酵。トラミネールは完熟したものを果皮と共に約2週間醗酵したものをアッサンブラージュ。 ドルチェットの果実的な柔らかさと、トラミネールの強いアロマと香り、個性的でありながらシンプルに楽しめる、楽しむべきワイン。

2021/3/8 エヴィーノさんの試飲会にて

いちごのような綺麗な薄赤い色あい。ハーブの香りとスパイシーな味わい。ほのかに苦みもありますが個性的な味わいは心を惹きつけられます。
新着マーク
19642
¥3,220(税込\3,542)

ミッレチンクエチェント・ノヴァンタトレ 2007サン・フェレオーロ 1593 DOC Langhe Rosso 2007
ミッレチンクエチェント・ノヴァンタトレ 2007 (マグナム)
品種:ドルチェット
樹齢:70~80年。
「ドリアーニに残る、ドルチェットが醸造された最古のヴィンテージ」サンフェレオーロの畑の中でも、もっとも古い区画(第二次大戦前に植えられた樹齢 80 年近いブドウ樹)、その半分以上のブドウ樹はピエディ フランコ(台木を使わずに自根にて栽培)として残っている畑。ここから選別した最高のブドウのみを収穫。まるで伝統的なバローロの造り手のような長期間のマセレーションを行ったという、特別なドルチェット。 マセレーションの方法を大樽の中で果帽を沈めた状態に保つことで、果皮が表面に浮き上がらない、バローロの地域で行われてきた手法を取り入れました。そのため、フォラトゥーラ によって必要以上に潰すような、いわゆる強い抽出を行わないことと、果皮が空気に触れる酸化というリスクを予防することができ、これまでよりも複雑味と繊細さ、エレガントさを感じるワインとなっております。驚異的な成熟を遂げたドルチェット、そのブドウを徹底的に追及した最高の表現。 収穫より12年を費やしてリリースされる、サン フェレオーロの特別なワインとなっております。

2019/1/23 エヴィーノさんの試飲会にて
タンニンが細かくとてもきれい。樽の香りと奥から甘みが覗く。
マグナム瓶はどんなにか美味しいでしょう!
19608
1500ml
在庫 1本
¥12,000(税込\13,200)

イル プロヴィンチァーレ・ランゲ ネッビオーロ 2014サン・フェレオーロ Il Provinciale Langhe Nebbiolo DOC 2014
イル プロヴィンチァーレ・ランゲ ネッビオーロ 2014
品種:ネッビオーロ100%
樹齢40年
果皮とともに3週間以上。開放式の木樽にて穏やかに醗酵が始まるのを待つ。圧縮後、大樽にて24ヶ月、ボトル詰め後24ヶ月の熟成。アルバに比べ非常に標高の高いドリアーニ、強靭すぎる酸とタンニンを持つサン・フェレオーロのネッピオーロと、セッラルンガダルバより収穫された繊細さを持ったネッピオーロ。ニコレッタの愛するピエモンテ、古き良きバローロの造り手たちへのオマージュともいえるワイン。

2020/3/4 エヴィーノさんの試飲会にて
素晴らしい味わい。うっとりです。濃厚な味わいですがこんなに綺麗なネッピオーロ、甘みだけではなくタンニンが細かくとてもきれい。エレガントで余韻も楽しめる味わいです。
19152
在庫 1本
¥3,880(税込\4,268)
Saccoletto Daniele
サッコレット・ダニエーレ
  自然派  インポーター:エヴィーノ
 モンフェッラートの個性をユニークな感性と独自の理論で表現した、存在感と飲み心地。 カザーレ モンフェッラートからすぐの町サン ジョルジョ モンフェッラート。1984年よりブドウ栽培、ワイン醸造を続けるダニエーレ・サッコレット。ピエモンテの流儀“という、常識や固定観念といったものに全く左右されることなく、独自の考察と価値観のもとワイン造りをしてきたという異色の存在。 サッコレット・ダニエーレ
 畑は約10ha、標高は200~250mの小高い丘陵地で、表土は石灰を豊富に含んだ砂質に覆われ、多雨に強く湿度が上がりにくい、恵まれた環境。畑は数か所に点在し、独自の個性を持つ。「自分で納得できるものだけをボトリングする」と言い切る、その「こだわりの深さ」こそ、サッコレットの真髄といっても過言ではない。 果実を限界まで樹上に残し、完熟しきったブドウのみを選別して収穫。年によっては樹上で脱水が始まるほどに熟成したバルベーラ。そしてブドウの持つ要素を最大限に引き出すため、50日を超えるマセレーション(果皮浸漬)。年によっては2カ月を超えることもある。それは、バルベーラに限ったことではなく、同様にグリニョリーノ、フレイザにおいても全く同じ考え。全てを出し切ったブドウから、ゆっくりと時間を費やしたワイン造り。バルベーラやグリニョリーノの個性を引き出すオリジナリティ溢れる造り手。
バルベーラ”アウルム”2009サッコレット・ダニエーレ Barbera"Aurum"2009
バルベーラ”アウルム”2009
品種:バルベーラ
樹齢:30~40年。
猛暑の年、 ミネルヴァの畑より樹上にて限界まで熟成した部分、 高い糖度を持ったブドウのみを選別して収穫。 除梗し果皮、種子とともに50日緩やかに醗酵を続ける。 圧搾後大小さまざまな木樽にて48か月以上熟成。 ボトル詰めを遅らせたロット

2020/10/08 エヴィーノさんの試飲会にて
タンニンが細かく優しい。フランボワーズのような赤系の果実の感じ、口当たりが柔らかく余韻が綺麗。
前回入ってきた2009年より濃い感じではなく、複雑な味わいでとてもエレガントです。
18927 ¥3,230(税込\3,553)

ビアンコ イ ティッリ 2019サッコレット・ダニエーレ Bianco I Tigli 2019
ビアンコ イ ティッリ 2019
品種:ブッサネッロ65%、ティモラッソ35%
樹齢 15~20 年。収穫後、除梗し果皮、種子と共に短時間、野生酵母による醗酵を促す。圧搾後、その ままタンクで 6 カ月以上熟成。

2020/10/08 エヴィーノさんの試飲会にて
味わいは複雑でほのかに苦みがあり厚みもあります。
18925 ¥2,120(税込\2,332)
イタリア/ ヴェネト
Le Coste di Gian Marco Antonuzi
レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

自然派  インポーター:エヴィーノ
2004年、ジャンマルコ アントヌツィはラツィオ北部のボルセーナ湖半にてブドウ樹 の栽培、ワイン醸造を開始。彼の考え方は非常にシンプル、かつ合理的。自分の造りたいワイン、 そこに到達するために何が必要なのか?多くの素晴らしい造り手のもとで働き、知識・経験を持ちます。 ジャン・マルコ・アントヌツィ
  祖父の持っていたグラードリのぶどう畑を 起点にLe Costeの畑を開始。フランコ ピエーデ(台木を使わずに自根にて)から薬品など一切を排除した栽培を。知識や技術に傾倒しない、 感性に任せた醸造を。そしてそこに「どんなものを造りたいか?」という彼の考える「到達点」。そしてそこに辿り着くために必要な手段。結果、いつも挑戦につながる、いわば全く妥協のない彼の信念。 だからこそ毎回楽しませてくれる、常に想像の2~3歩先をゆく造り手です。 
プリムール 2019レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ Le primeur 2019
プリムール 2019
品種:アレアティコ100%
収穫したブドウは除梗せず、外気に触れないカーボニ ックマセレーションにて2週間、圧搾後モストだけの状態で約1 か月、醗酵が
終わるのを待つ。近年まれにみる良年でアレアーティコはほぼ完璧な状態で醗酵を終える。果実、アロマティックでいて複雑、輪郭のはっきりした味わい。
マルタとカミッラ2人の愛娘の成長を描き続けてきたエチケット、レ コステのワインの中でもファンの多いプリムール。

2020/9/7 エヴィーノさんの試飲会にて
濃厚ですがタンニンが繊細で綺麗です。
優しい甘味もあってとてもチャーミングなワインです。
18751 ¥3,870(税込\4,257)

ビアンコ 2018レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ Bianco 2018
ビアンコ 2018
品種:プロカーニコ、マルヴァジーア ディ カンデイア、ヴェルメンティーノ他。
樹齢:40 年前後。
収穫後、果 皮と共に 2週間醗酵を行う。圧搾後そのまま大樽にて12か月、ボトル詰め後6 か月の熟成。ややタンニンを感じる繊細な果実と深みのある酸、バランス感のあるヴィンテージ。

レ コステの数あるワインの中で、その名の通り「基準」ともいえるワイン。ワイン全てに共通する「軽快さ、飲み心地」、 トップキュヴェにのみ表現できる「ブドウ、土地、年の個性」、その中庸と言える存在。 2018年は長雨や干ばつなど、散々な気象に振り回されたといいますが、果実はやや控えめながらも、 バランスの取れた味わいとなっております。ややタンニンを感じつつも、決して 重くならないレコステの個性、 美しい酸の一体感をもったヴィンテージになっています。昔のアグレッシブで危なっかしいビアンコが、 今はこんなにもきれいで繊細になってしまうなんて。 ジャンマルコの成長は本当に素晴らしいと感じる1本です。

2020/6 試飲
ふくよかでりんごやレモン、パッションフルーツのような酸がありました。フレッシュで厚みとバランスがとれた味わいです。
3日目位になると豆香が出てきますので抜栓したらお早目に飲み切ってしまった方がいいですね。
18854
在庫 7本
¥3,700(税込\4,070)

ロッソ ディ ガエターノ 2017レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ Rosso di Gaetano 2017
ロッソ ディ ガエターノ 2017
品種:サンジョヴェーゼ60%、メルロー、シラー40%。
樹齢:15~20 年。レ コステのご近所さん、ガエターノの畑から収穫したブドウで造られるロッソ。言い方を変えれば「買いブドウ」ですが、畑の世話から収穫まですべてレ コステで行っているので、ちょっと線引きが難しいです。(しかも最近は自分たちで試したいブドウを勝手に植えたり)。数年前から実験的にシラー を植えたということもあり、昨年のヴィンテージから少しシラーも加わっております。
ロッソよりも軽やかで、リトロッツォよりも飲みごたえのある、何ともバランス感を感じるワインです。
果皮とともに3 週間大樽にて醗酵、圧搾後そのまま12カ月の熟成。

2019/7/11 エヴィーノさんの試飲会にて
シラーも加わり、タンニンが細かく口当たりは柔らかい。濃厚でありながらバランスの良い酸とフレッシュさが軽やかな味わいになっています。
19524
在庫 1本
¥2,860(税込\3,146)

ヴィノ・ダ・タヴォラ・アーレア・ヤクタ・レスト 2014レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ VdT Alea Jacta Est (2014)
ヴィノ・ダ・タヴォラ・アーレア・ヤクタ・レスト 2014
品種:アレアティコという古くからある土着の葡萄品種100%
樹齢10年~15年(一部40年)、Le Coste の 畑のブドウが中心。  収穫後、除梗せず2週間のカーボニックマセレーション、ピジャージュし開放式の木樽でさらに2週間。  
圧搾後500Lの木樽て24ヶ月、ボトリング後24ヶ月という長い熟成期間を取ってリリースされる、最高のアレアーティコ。  
「賽は投げられた」という意味を持った名前は、アレアーティコというブドウに対して、すべてのことをやり切ったという意味合いのワイン。  2014年は冷涼で繊細さを持ったヴィンテージ。  
果実の強さ、密度を表現してきたのが今までのアーレア・ヤクタ・エストだとすると、今まで以上に繊細で奥行きがあるワインになっていると思います。  
醸造においても、除梗せず空気に触れない状態からマセレーションを始め、途中からあえて空気との接触を行いさらにマセレーションを続けるという今までにない方法。  
繊細でありながら複雑な酒質と、香りを持ったアレアーティコは合計4年近い歳月をかけてリリース。  アレアーティコの魅力ともいえる果実的な柔らかみ、甘みを持ったタンニン、複雑さと心地よさが同居する素晴らしいワインです。

2018/7/6 エヴィーノの試飲会にて
鼻から抜けていくハーブやシトラスの香りがなんともエレガント。濃厚でシルキーなタンニンが滑らかで糖度を感じます。
18205
在庫 1本
¥6,630(税込\7,293)

ピッズィカンテ ロッソ 2017レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ Pizzicante Rosso 2017
ピッズィカンテ ロッソ 2017
品種:サンジョヴェーゼ主体、メルロー。
合わせて収穫し直接プレス、醗酵を促す。
途中ボトル詰めを行い、瓶内で醗酵を終える。
瓶内で 12か月熟成の後、スボッカトゥーラ(オリ抜き)を行ってからリリース。詰まった果実が特徴的、心地よい甘みがたまらない素晴らしい飲み心地を持った赤。

その名の通り、「弾けるような飲み心地」の微発砲、
2年ぶりのリリースとなるピ ッズィカンテ2017 年は猛暑で果実がとても強いヴィンテージで非常に果実的!それでいて決して重苦しくない心地よさを持っております!

2019/7/11 エヴィーノの試飲会にて
細かなガスが口の中でプツプツと弾けます。ランブルスコを思わせるような心地よい甘みがあって飲み飽きせずいい感じの赤ワインです。
19526
在庫 1本
¥2,720(税込\2,992)

アレアーティコ ドルチェ“ウナタントゥム 2012レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ Aleatico dolce natantum 2012
アレアーティコ ドルチェ ウナタントゥム 2012
品種:アレアーティコ
樹齢 10~30 年
遅摘み、粒単位の選果ののち、約3 週間の陰干しを行う。
脱水した果実を足でピジャージュ、6 か月の果皮浸漬を行う。圧搾後 50~100L の小型の木樽に移し約4 年間、醗酵と熟成を繰り返す。糖分を持った甘口でありながら、酵母の活動が完全に終わってからボトル詰めするため、SO2 もフィルターも必要としない。完全 無添加のヴィーノドルチェ。
アレアーティコのもう一つの魅力を引き出すために費やした手間と時間は計り知れない。素晴らしいデザートワイン。
完熟を待って収穫したアレアーティコを、さらに畑の中心にある小屋で3週間、陰干しを行い造られるヴィーノ ドルチェ。
果実に少しでもキズや病果があると、そこから腐敗が起きるため、すべて粒単位で選果する必要があり、そこから凝縮することで搾汁量は僅か20%程度。
さらに残糖のある甘口でありな がら、酵母の働きを抑えるSO2やフィルターを使わない。半年に及ぶマセレーション、木樽での3年間以上の熟成。樽の中で醗酵と熟成を繰り返しながら、酵母が完全に活動をしなくなるまで待ってからボトル詰めさせれるという、想像を絶する労力をかけて造られるヴィーノドルチェ。
「これほど手間をかけているのに、価格が高いなんて言わせない!」、そう笑うジャンマルコ。プリムールやアレアヤクタには表現できない、アレアーティコの美しい甘み、香り。経てしなく続く余韻には本当に驚かされてしまいます。

2019/1/23 エヴィーノさんの試飲会にて
伸びのある密の感じとハーブの香り、余韻は甘いだけのベタベタした感じではなく、伸びやかに上品でとても幸せな気持ちになります。 
19413
375ml
在庫 2本
¥6,000(税込\6,600)

ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・モスカート・ドゥエ・エンメ 2015レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ Moscato "Due M" 2015
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・モスカート・ドゥエ・エンメ 2015
品種:モスカート
樹齢:10~15年。  ピエディフランコ(自根)の畑が中心。  
2通りのマセレーションを行ったモスカートをアッサンブラー ジュ、木樽(500L)にて8ヶ月、ボトリング後6ヶ月の熟成。  
「2つのM」という意味合いのモスカート。  Cruの畑に植わっているピエ ディ フランコ(自根)のモスカートを、異なる2つのマセレーション(果皮浸漬)によって醗酵を行い、それを一つに合わせたという奇抜なワイン。  なぜこんなことしたの!?と初めは思ってしまいましたが、ジャンマルコ曰く、「2種類の醗酵で生まれる香りは全く違い、そのどちらの香りも併せ持ち、より香りに複雑さが生まれる。  
モスカートの非常に強い香りとアロマを最大限引き出すことができる方法」といいます。  
カーボニックマセレーションによって表現される「繊細さ、フレッシュさ」、そして伝統的ともいえる空気に触れながらの長いマセレーションから「体躯、骨格」。  
他のブドウでは表現できないモスカートの香りと味わいを引き出した、唯一無二のモスカートといっても過言ではないと思います!  しかし、造られるのはモスカートが本当の意味で「最高」と呼べる  素晴らしい収穫を遂げた年のみ。  
僅か500L程度しか造ることができないワインではありますが、  それでも一切妥協なく追求する彼のこだわりには、いつもながら驚かされてしまいます。

2018/7/6 エヴィーノの試飲会にて
きんもくせいやりんご、ハーブのような華やかで濃厚な香り。トロピカルな味わいで酸のキレもよく、上品。素晴らしい味わいです。
19298
在庫 1本
¥6,630(税込\7,293)
フランス/ブルゴーニュ フランスその他 シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
ロワール・ローヌ スペイン
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]