2021年2月 新着ワイン・イタリアワイン

[ hasigoya on line TOP ]  [ ワイントップ ]  [ ご注文方法 ]  [カゴの中身を見る]  [お問い合わせ]
2月 新着イタリアワイン (=自然派ワイン)
フランス/ブルゴーニュ フランスその他 シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
ロワール・ローヌ スペイン
2018年コサール・シャソルネイ
■ ■ ■ ご注文数量は半角英数字でご記入下さい■ ■ ■
イタリア/フリウリ
Damijan Podversic
ダミアン・ポドヴェルシッチ
  インポーター:エヴィーノ
 ダミアンにとっての始まり、すべては無き父の存在だといえる。2haのブドウ畑で栽培したブドウでワインを造り自分のオステリアで出す父。オステリアの仕事より畑仕事が大好きであった父に連れられ、幼いころから栽培や醸造にのめり込んでいたダミアン。 1985年当時、フリウリのワイン造りに一石を投じたヨスコの元には、多くの熱意ある造り手が集まっていた時期。父に連れられ、当時17歳のダミアンは、ここで多くの経験をすることとなる。 ダミアン ポドヴェルシッチ
ダミアン曰く、「技術的なことだけでなく、より内面的な部分で学ぶことがたくさんあった」という。徐々に自身の進む道を定め1998年に高樹齢の畑(Monte Calvario)を手に入れ本格的に栽培・醸造を開始。 畑では年により必要最小限の銅と硫黄物を使うのみで、一切の肥料、薬品類を使用しない。 さらには土壌の耕転さえも行わない。春から夏にかけての徹底した除葉と摘房、果実の収量制限を行う。 また、収穫に至っては樹上に極限まで残し熟成を促す。コッリオ周辺特有の湿度の高さは、一定の条件を満たすことで、ボトリティス ノービレ(貴腐)の恩恵を受けた白ブドウを収穫。畑での徹底的な追及と作業量の多さ(過酷さ)はどんな造り手にも引けを取らないだろう。 貴腐化した果実を含むため、非常に厳しい選果を行ってから除梗。 縦型の開放式大樽の中にてマセレーション(果皮の浸漬)を行いつつ、野生酵母にて醗酵。日々のパンチングダウン (浮き上がった果帽を突き崩す)を繰り返し、60~90日に及ぶ醗酵の後に圧搾。圧搾後、大樽にて36か月、瓶詰め後12か月の熟成を行う。モンテカルヴァリオの持つ強烈なミネラル感、完熟した豊かな果実、そして全く失われることのない骨太な酸、ここにボトリティスの恩恵を受けた彼のワインは、豊かさと旨みはもちろんの事、他のいかなるワインとも異なる個性を持つ。
リボッラ・ジャッラ・セレツィオーネ 2005ダミアン・ポドヴェルシッチ Ribolla Gialla Selezione 2005
リボッラ ジャッラ セレツィオーネ 2005
品種:リボッラ ジャッラ
収穫後、開放式の大樽にてマセレーション。期間は 60~90 日、圧搾後大樽にて2 年間の熟成。ボトル詰め後 年間 熟成の後、2012 年にリリースされた唯一のリゼルヴァ。
2005 年、収穫の時点ですべてのブドウにボトリティスが回ったリボ ッラジャッラ。気の遠くなるような選果を行い、7 年という歳月を 費やしてリリース。今のダミアンの起点ともいえる特別なヴィンテー ジ。あれからさらに8 年を費やし、今回ダミアンのストックよりいただきました。

2020/10/08 エヴィーノさんの試飲会にて
滑らかでトロトロ。香しいカリンのような香りにハーブの香り。
酸を含んだ密の味わいは引き込まれていきそうです。繊細で上品で素晴らしいワインでした。余韻が永く官能的な味わいです。
新着マーク
19907
¥12,450(税別)

カプリャ・セレツィオーネ 2005ダミアン・ポドヴェルシッチ Kaplja Selezione 2005
カプリャ・セレツィオーネ 2005
品種:シャルドネ, フリウラーノ,マルヴァジア
樹齢:30~40年。
収穫後、開放式の大樽にてマセレーション。
期間は60~90日、圧搾後大樽にて36ヶ月の熟成、
ボトル詰め後5年間熟成。2005年はすべてのブドウにボトリティスが回った樽を選別し5年後にリリースしたカプリャ。
ダミアンの起点になった特別な ヴィンテージ。それからさらに8年を経過した、まさに最高の状態ともいえるカプリャ。

2020/10/08 エヴィーノさんの試飲会にて
ふくよかで洋ナシのような味わいと奥から蜜の味わいを感じます。余韻も素晴らしく心を惹かれます。
新着マーク
19283
¥7,830(税別)

リボッラ ジャッラ 2015ダミアン・ポドヴェルシッチ Ribolla Gialla 2015
リボッラ ジャッラ 2015
品種:リボッラ ジャッラ100%。
樹齢:20~40年
2015は非常に複雑かつ、 収束した素晴らしいヴィンテージ。
基本的に収穫の遅いダミアン、9月上旬までは日照に恵まれましたが、中旬以降の長雨によって、急激に気温が下がり湿度も高まったため、リボッラでは約50%に貴腐が回ったと言います。ダミアン曰く「ヴィンテージの特徴を生み出すのは年間の気候ではなく、収 穫前 1 か月の気候によって決まる」との事。夏の日照によって豊かに育った果実と果皮を持ちながらも、貴腐の恩恵も十分に持ち、重厚さと繊細さが両立したリボッラ ジャッラ。全体的なサイズの大きさ、存在感を持ったヴィンテージです。

2020/11/11 エヴィーノさんの試飲会にて
黄色味の強い色あいです。厚みとふくよかさ、口当たりは柔らかく熟した果実の味わいが広がります。 酸もきちんと存在しトロピカルな香りと上品でエレガントな口当たりは素晴らしく、これからも楽しみな味わいです。
19285 ¥5,070(税別)

マルヴァージア2015ダミアン・ポドヴェルシッチ Malvasia 2015
マルヴァージア 2015
品種:マルヴァジーア イストゥリアーナ100%。
樹齢:40~60 年。
収穫を可能な限り遅らせることで、最大限に成熟した果実。
果皮には多くの貴腐の恩恵を受けたブドウと腐敗果を徹底して選果 を行う。除梗して果皮・種子と共に3ヶ月、圧搾後、大樽にて36 か月、瓶内にて18ヶ月 の熟成。
 果実的な熟度の高さと、貴腐由来の繊細さ、奥行き、両方を兼ね備えたヴィンテージ。 果皮も厚く、強いアロマを持ちブドウの熟度が高く、貴腐の影響も強い2015 のような気候に最も合っていたのは おそらくこのマルヴァジーアだと感じました。最終的にボトリティスの割合は80%と高い比率で貴腐が回ったヴィンテージ。強いアロマとヴォリューム感を持ちながらも貴腐の影響による複雑さと味わい深さ。

2020/11/11 エヴィーノさんの試飲会にて
黄色味の強い色あいです。黄色い果実のトロピカルで芳醇な香り。カリンやハーブ、そして甘く凝縮した味わいは繊細で複雑です。 トロトロと柔らかく口の中で円やかに広がります。
19281 5,070(税別)

ネカイ 2015ダミアン・ポドヴェルシッチ Nekaj 2015
ネカイ 2015
品種:フリウラーノ
樹齢:30~40年。
かつてはトカイと呼ばれていて、今はフリウラーノと呼ばれるブドウ。しかし、DOC の認定をパスしないとフリウラーノと名乗ることができないため、Nekaj (スロヴェニア語=他の何か)という名前でリリースしています。
 2015年は約50%のブドウに現れた貴腐。マルヴァジーア同様、果実的な味わい、ヴォリューム感を持ちながらも寒い年に見られるような貴腐由来の深み、香り、奥行きを兼ね備えた魅力的なヴィンテージ。フリウラーノには感じにくい複雑さをも持ち合わせた柔らかさ、バランス感を持ったワインです。
収穫を可能な限り遅らせることで、最大限に成熟した果実。 果皮には多くの貴腐の恩恵を受けたブドウと腐敗果を徹底して選果を行う。除梗して果皮・ 種子と共に3ヶ月。圧搾後、大樽にて36 ヶ月、瓶内にて18ヶ月の熟成。最も繊細なブドウともいわれるフリウラーノ、果実的な熟度に恵まれつつも、足りない骨格や力強さを埋める役割を貴腐が担う。最も女性的な白。

2020/11/11 エヴィーノさんの試飲会にて

はじめに官能的な香りにクラクラとなりました。黄色い果実の香りと滑らかできめ細かな口当たりが素晴らしい。
とろんとした液体でふくよかさやキラキラとした酸。
優しい味わいが口一杯に広がり、幸せな気持ちになります。 味わいが繊細で上品です。
19284 5,070(税別)

カプリャ 2015ダミアン・ポドヴェルシッチ Kaplja 2015
カプリャ 2015
品種:シャルドネ、フリウラーノ、マルヴァジア イストリアーナ
樹齢:30~40 年
リボッラと近い奥行きを持つシャルドネをベースに、横の広がりを持つ2つのブドウによって、彼の考える最高の一滴(雫しずく=Goccia イタリア語=Kaplja スロヴェニア語)という名を冠したワイン。
シャルドネは 80%近い割合で貴腐が回ったため、2015 は果実的な要素と貴腐由来の複雑さ、香りが混在するヴィンテージ。
他の白にはない圧倒的なバランス、完成美を感じるワインです
収穫を可能な限り遅らせることで、最大限に成熟した果実。果皮には多くの貴腐の恩恵を受けたブドウ と腐敗果を徹底して選果を行う。除梗して果皮・種子と共に3ヶ月、圧搾後、大樽にて36ヶ月、瓶内にて18ヶ月の熟成。
唯一ブレンドされた白であり、ダミアンの考える黄金比。
リボッラと同じく骨格を宿すシャルドネとアロマティックさと香りを宿すマルヴァジーアとフリウラーノ。

2020/11/11 エヴィーノさんの試飲会にて

とろんとした口当たり。白桃、洋ナシのような果実の香り。
綺麗な酸と濃厚で永く続く余韻で素晴らしく心を惹かれます。
19286 ¥5,070(税別)

プレリット 2015ダミアン・ポドヴェルシッチ Prelit 2015
プレリット 2015
品種:メルロー85%、カベルネソーヴィニヨン15%
樹齢:30~40年。
収穫後、開放式の大樽にてマセレーション。
期間は60~90日、圧搾後大樽にて36ヶ月の熟成、
オリ引きを行った後にボトル詰め、その後12か月の熟成ののちにリリース。

2020/11/11 エヴィーノさんの試飲会にて
冷涼な年だったようでアタックは優しくプラム、すもも、チェリーのような味わい。タンニンは繊細、果実の酸もきれいに存在し心地よく飲めます。
19787 ¥5,070(税別)
イタリア/ピエモンテ
Saccoletto Daniele
サッコレット・ダニエーレ
  自然派  インポーター:エヴィーノ
 モンフェッラートの個性をユニークな感性と独自の理論で表現した、存在感と飲み心地。 カザーレ モンフェッラートからすぐの町サン ジョルジョ モンフェッラート。1984年よりブドウ栽培、ワイン醸造を続けるダニエーレ・サッコレット。ピエモンテの流儀“という、常識や固定観念といったものに全く左右されることなく、独自の考察と価値観のもとワイン造りをしてきたという異色の存在。 サッコレット・ダニエーレ
 畑は約10ha、標高は200~250mの小高い丘陵地で、表土は石灰を豊富に含んだ砂質に覆われ、多雨に強く湿度が上がりにくい、恵まれた環境。畑は数か所に点在し、独自の個性を持つ。「自分で納得できるものだけをボトリングする」と言い切る、その「こだわりの深さ」こそ、サッコレットの真髄といっても過言ではない。 果実を限界まで樹上に残し、完熟しきったブドウのみを選別して収穫。年によっては樹上で脱水が始まるほどに熟成したバルベーラ。そしてブドウの持つ要素を最大限に引き出すため、50日を超えるマセレーション(果皮浸漬)。年によっては2カ月を超えることもある。それは、バルベーラに限ったことではなく、同様にグリニョリーノ、フレイザにおいても全く同じ考え。全てを出し切ったブドウから、ゆっくりと時間を費やしたワイン造り。バルベーラやグリニョリーノの個性を引き出すオリジナリティ溢れる造り手。
バルベーラ”アウルム”2009サッコレット・ダニエーレ Barbera"Aurum"2009
バルベーラ”アウルム”2009
品種:バルベーラ
樹齢:30~40年。
猛暑の年、 ミネルヴァの畑より樹上にて限界まで熟成した部分、 高い糖度を持ったブドウのみを選別して収穫。 除梗し果皮、種子とともに50日緩やかに醗酵を続ける。 圧搾後大小さまざまな木樽にて48か月以上熟成。 ボトル詰めを遅らせたロット

2020/10/08 エヴィーノさんの試飲会にて
タンニンが細かく優しい。フランボワーズのような赤系の果実の感じ、口当たりが柔らかく余韻が綺麗。
前回入ってきた2009年より濃い感じではなく、複雑な味わいでとてもエレガントです。
新着マーク
18927
¥3,230(税別)

ロッソ・クラシス 2013サッコレット・ダニエーレ Rosso"Krasis" 2013
ロッソ・クラシス 2013
品種:ネッビオーロ60%、バルベーラ、フレイザ、シラー

4 種のブドウを同じタンクで、果皮と共に40日以上野生酵母による醗酵。大樽にて5年以上の熟成。非常に果実的なネッビオーロ、長期間の熟成によって素晴らしい味わいと柔らか味、複雑さを持ったワイン。

2020/10/08 エヴィーノさんの試飲会にて
チェリーやプラムのような薄旨系。タンニンは柔らかく甘みを感じます。
新着マーク
18812
¥2,770(税別)

バルベーラ・ミネルヴァ 2014サッコレット・ダニエーレ Barbera "Minerva" 2014
バルベーラ・ミネルヴァ 2014
品種:バルベーラ
樹齢:20年~30年
樹上にて限界まで熟成した部分のみを選別して収穫。除梗し果皮、種子ともに40日~50日。圧搾後セメントやステンレスタンクで36ヶ月以上熟成。

サッコレットのワインはどれも果皮の接触が非常に長い為、熟成にある程度の時間が必要です。それに比べて果実が落ち着き、されに熟成による複雑さ、柔らかみが感じられます。これだけ時間を費やしたバルベーラがまだ残っていたこと、そして何ともリーズナブルな価格に驚かされます。
<インポーターさんのコメント>
新着マーク
18811
¥2,030(税別)

グリニョーノ・イル・コルナラスカ(ロゼ) 2018サッコレット・ダニエーレ Grignolino il Cornalasca 2018
グリニョーノ・イル・コルナラスカ(ロゼ) 2018
品種:グリニョーノ
樹齢:約20年。2018 年は収穫したブドウをさらに選別し、はじ いたブドウで醸造。ブドウを直接プレスし、果汁のみで醗酵を行ったグリニョ リーノ。セメントタンクにて 12 か月の熟成。今までのサッコレットのグリニョリーノにはない、スムーズで軽やかな飲み心地、疲れない味わいのロゼ。

2020/10/08 エヴィーノさんの試飲会にて
薄い赤。梅やチェリー茶葉の香り。ふくよかさとほんの少し感じる苦みが味わいを引き締めています。
新着マーク
18926
¥2,030(税別)

ビアンコ イ ティッリ 2019サッコレット・ダニエーレ Bianco I Tigli 2019
ビアンコ イ ティッリ 2019
品種:ブッサネッロ65%、ティモラッソ35%
樹齢 15~20 年。収穫後、除梗し果皮、種子と共に短時間、野生酵母による醗酵を促す。圧搾後、その ままタンクで 6 カ月以上熟成。

2020/10/08 エヴィーノさんの試飲会にて
味わいは複雑でほのかに苦みがあり厚みもあります。
新着マーク
18925
¥2,120(税別)
イタリア/ロンバルディアーブレーシア
Divella Gussago
ディヴェッラ・グッサーゴ
    自然派  インポーター:エヴィーノ
ロンバルディア州ブレーシア、フランチャコルタの東部エリア、グッサーゴに誕生した新しい造り手。グッサーゴとチェラーティカの中間に位置する標高350mの畑。氷河の影響を受けた西側と違い、強烈な粘土質と石灰質を持った素晴らしい土地。アレッサンドラの考える栽培理念は、「限りなく土地への介入を減らす事」だという。収穫はただ酸だけでなく果実の香り、味わい、フレッシュ感も同等に大切という。 アレッサンドラ女史
その絶妙なバランス感を持ったブドウを収穫。 そして、彼女が何よりも尊重しているのが原酒の存在。温度コントロールや酵母、SO2の添加など一切なく、小型のセメントタンクで自発的な醗酵を行う。そのため、アルコール醗酵が終わるまでに1か月以上のかかることがほとんど、さらに木樽で約12か月の熟成。原酒に十分な時間を費やし、木樽で熟成することで強く酸素との接触を促し、果実そのものの味わいだけでなく醗酵中に生まれる複雑さ、そして木樽で起きる酸化熟成による香りと、味わいの幅の広がりを意識。長いシュールリーを経たスプマンテには、ドサージュもSO2の添加も必要ない。 誰かに教わった訳でなく、最良のワイン造りに最短距離で到達するかのような研ぎ澄まされた感性と行動力。まだ28歳という若さと、一見造り手には見えないような華奢なアレッサンドラ。しかし、ワインへのこだわりと強い信念は、まるで熟練の造り手と全く変わりがありません。さらに言えば、この柔軟な発想には驚かされることの方が多いかもしれません。素晴らしいセンスと、こだわりを持った若き造り手。これからが楽しみでなりません。
ブラン・ド・ブラン・ドサッジョ・ゼロ 2016ディヴェッラ・グッサーゴ Blanc de Blancs Dosaggio Zero 2016
ブラン・ド・ブラン・ドサッジョ・ゼロ 2016
品種:シャルドネ100%
樹齢:30年 
収穫後、除梗せず圧力でプレス、セメントタンクにて醗酵。
古バリックにて約12か月の熟成。リザーヴワインと微量の糖分、酵母を加えて瓶内2次醗酵。そのまま24か月、オリと共に熟成。オリ抜きを行った後にリリース。ドサージュ(糖分、リキュール添加)を行わずSO2も添加しないスプマンテ。

2020/10/8 エヴィーノさんの試飲会にて
青りんご、レモンのような爽やかな酸。ガスは柔らかくコクのある味わいが口中に広がります。
新着マーク
19450
¥4,160(税別)

ニーニ・ドサッジョ・ゼロ  2012ディヴェッラ・グッサーゴ NiNi Dosaggio Zero 2012
ニーニ・ドサッジョ・ゼロ 2012
品種:シャルドネ50%、ピノネーロ50%
樹齢:30年 
収穫後、除梗せず圧力でプレス、セメントタンクにて醗酵。古バリックにて約6か月の熟成。
リザーヴワインと微量の糖分、酵母を加えて瓶内2次醗酵。
 そのまま60か月、オリと共に熟成。
オリ抜きを行った後にリリース。
ドサージュ(糖分、リキュール添加)を行わずSO2も添加しないスプマンテ。  
父のニックネームから名づけられたシャルドネとピノ・ネーロをブレンド、2012年初めての収穫から造ったスプマンテ。  
 瓶内で48〜60ヶ月オリと共に熟成。  味わい深くも繊細な質感 を持った、父のイメージに当てはまる味わい。

2019/2/25 エヴィーノさんの試飲会にて

レモンのようなキリっとした酸。泡もたっぷりとしてかすかに感じる苦みが味わいを引き締めています。
19451 ¥5,730(税別)
イタリア/トスカーナ
Fanetti(Tenuta S.Agnese)
ファネッティ(テヌータ サンタニェーゼ)
  自然派  インポーター:エヴィーノ
「変化しない」ということの良さ、歴史に裏付けられたワイン造りを貫き続けるカンティーナ。 17世紀の詩人フランチェスコレディの著書「バッコ・イン・トスカーナ」に登場する、「モンテプルチャーノは全てのワインの王」という記述や、 フランスの作家デュマの「モンテクリスト伯」などにも登場することから、「Nobile 高貴な」という言葉で表現されるようになっていった。
1966年にDOC、1983年に最初のDOCGの一つとして数えられた。
 1700年代よりモンテプルチアーノに暮らし、ワイン造りをはじめとした農園を営んできたファネッティ家。
 肥料は基本的に使用せず、農薬についても極力使用しない、手作業中心の栽培を貫いている。醸造については、さらに徹底した手法を守っている。
 6000Lを越える大型のセメントタンクにて2週間ほどのマセレーション。
 当然のことながら温度管理や酵母添加は行っていない。
  熟成はモンテプルチアーノの町の地下深く続く、トンネルのようなカンティーナにて。昔から使い続けている大樽(30 年、古いものは60年以上現役の樽もあるという話)による悠久ともいえる長い熟成を行っている。
 「本来のノービレは最低でも4年(48か月)は大樽で時間を過ごさせないとサンジョヴェーゼの持つ本来の香りは出てこない。だから私たちの造るノービレは現在のDOCGの基準だと、すべてがリゼルヴァと表記することになってしまっている。」と 嘆くエリザベッタ。
祖父の頃より変わらない6年間というサイクルでリリースされる彼女のノービレ。
 また、過去のヴィンテージについても、 相当な量をストックするという考えを持ち、古くは60年代(これ以前の物もあるようだが、ラベルが無かったり、コルクが傷んでいたり ヴィンテージが明確にわからないという)より多くのストックが迷路のようなカンティーナに眠っている。
ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ・リゼルヴァ 2009ファネッティ Vino Nobile di Montepulciano Riserva 2009
ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ・リゼルヴァ 2009
品種:プルニョーロ、カナイオーロ、マンモーロ。
収穫後、果皮と共に2週間、野生酵母による醗酵を促す。 圧搾後、大樽(20~30hl)にて7年間の熟成。 これまで地下15mのカンティーナで 保管されてきた希少なバックヴィンテージ。

2020/10/08 エヴィーノさんの試飲会にて
プラムやカシス、細かなタンニンがたっぷりあって甘みと口当たりの柔らかさとふくよかさを感じます。
19004 ¥4,530(税別)

ロッソ・ファネッティ 2016ファネッティ Rosso Fanetti 2016
ロッソ・ファネッティ 2016
品種:サンジョヴェーゼ主体、カナイオーロ、 マルヴァジーア、トレッビアーノ
樹齢:30年。
収穫後、大型のセメントタンクにて約2週間のマセレーション。 野生酵母による醗酵を促す。その後オリ引きを行い、 使い込んだ大樽(30hl)にて24か月の熟成。 ノンフィルターにてボトル詰め。地域の伝統として、 白ブドウも合わせて醸造される、 トスカーナの日常的ワイン。

2020/10/08 エヴィーノさんの試飲会にて
嬉しい価格、プラムやカシス、細かなタンニンと酸がきれいにのっています。デイリーワインとしてオススメです。
19767 ¥1,660(税別)

ビアンコ・ サンタニューゼ゙2016ファネッティ Bianco SAgnese 2016
ビアンコ・ サンタニューゼ゙2016
品種:トレビアーノ トスカーノ、マルヴァジーア  ビアンカ、
樹齢:30~40年。
収穫後、 約1日のマセレーション(果皮浸漬)、 野生酵母による醗酵を促す。 圧搾後大型のセメントタンクにて醗酵、 途中オリ引きを行いそのまま12か月の熟成。 50年以上全く変わらない手法のトスカーナビアンコ。

2020/10/08 エヴィーノさんの試飲会にて
密っぽさとふくよかさ、綺麗な酸。口当たりが柔らかくスイスイ飲めてしまいます。こんなデイリーワイン、いいですよ。
19768 ¥1,660(税別)
イタリア/ ヴェネト
Le Coste di Gian Marco Antonuzi
レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

自然派  インポーター:エヴィーノ
2004年、ジャンマルコ アントヌツィはラツィオ北部のボルセーナ湖半にてブドウ樹 の栽培、ワイン醸造を開始。彼の考え方は非常にシンプル、かつ合理的。自分の造りたいワイン、 そこに到達するために何が必要なのか?多くの素晴らしい造り手のもとで働き、知識・経験を持ちます。 ジャン・マルコ・アントヌツィ
  祖父の持っていたグラードリのぶどう畑を 起点にLe Costeの畑を開始。フランコ ピエーデ(台木を使わずに自根にて)から薬品など一切を排除した栽培を。知識や技術に傾倒しない、 感性に任せた醸造を。そしてそこに「どんなものを造りたいか?」という彼の考える「到達点」。そしてそこに辿り着くために必要な手段。結果、いつも挑戦につながる、いわば全く妥協のない彼の信念。 だからこそ毎回楽しませてくれる、常に想像の2~3歩先をゆく造り手です。 
プリムール 2019レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ Le primeur 2019
プリムール 2019
品種:アレアティコ100%
収穫したブドウは除梗せず、外気に触れないカーボニ ックマセレーションにて2週間、圧搾後モストだけの状態で約1 か月、醗酵が
終わるのを待つ。近年まれにみる良年でアレアーティコはほぼ完璧な状態で醗酵を終える。果実、アロマティックでいて複雑、輪郭のはっきりした味わい。
マルタとカミッラ2人の愛娘の成長を描き続けてきたエチケット、レ コステのワインの中でもファンの多いプリムール。

2020/9/7 エヴィーノさんの試飲会にて
濃厚ですがタンニンが繊細で綺麗です。
優しい甘味もあってとてもチャーミングなワインです。
18751 ¥3,870(税別)

ヴィノ・ダ・タヴォラ・リパッツォ・ロザート2018/2019レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ VdT Ripazzo rosate 2018/2019
ヴィノ・ダ・タヴォラ・リパッツォ・ロザート2018/2019
品種:プロカニコ、マルヴァジーア/ロシェット/ペティーノ/ロマネスコアレ

リトロッツォビアンコ 18(プロカーニコ、マルヴァジーア中心)になる予定のタンクで醗酵が止まってしまったものを、そのまま保存。翌年の収穫後、リトロッツォロザート 19 のヴィナッチャを加え、短期間のマセレーション。ヴィナッチャに残っていた活発な酵母により再醗酵が終わるのを待つ。
アーティコ由来の

2020/9/7 エヴィーノさんの試飲会にて

チェリーやハーブの香り。揮発酸がありますが甘やかな香りと旨みとスムーズな口当たりです。
19746
在庫 1本
¥2,680(税別)

ビアンコ 2018レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ Bianco 2018
ビアンコ 2018
品種:プロカーニコ、マルヴァジーア ディ カンデイア、ヴェルメンティーノ他。
樹齢:40 年前後。
収穫後、果 皮と共に 2週間醗酵を行う。圧搾後そのまま大樽にて12か月、ボトル詰め後6 か月の熟成。ややタンニンを感じる繊細な果実と深みのある酸、バランス感のあるヴィンテージ。

レ コステの数あるワインの中で、その名の通り「基準」ともいえるワイン。ワイン全てに共通する「軽快さ、飲み心地」、 トップキュヴェにのみ表現できる「ブドウ、土地、年の個性」、その中庸と言える存在。 2018年は長雨や干ばつなど、散々な気象に振り回されたといいますが、果実はやや控えめながらも、 バランスの取れた味わいとなっております。ややタンニンを感じつつも、決して 重くならないレコステの個性、 美しい酸の一体感をもったヴィンテージになっています。昔のアグレッシブで危なっかしいビアンコが、 今はこんなにもきれいで繊細になってしまうなんて。 ジャンマルコの成長は本当に素晴らしいと感じる1本です。

2020/6 試飲
ふくよかでりんごやレモン、パッションフルーツのような酸がありました。フレッシュで厚みとバランスがとれた味わいです。
3日目位になると豆香が出てきますので抜栓したらお早目に飲み切ってしまった方がいいですね。
18854
在庫 7本
¥3,700(税別)

ロザート 2018レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ  Rosato 2018
ロザート 2018
アレアーティコ、樹齢の古いものが中心。除梗し数時間果皮と共に攪拌、ソフトプ レスにて圧搾。果汁のみの状態で木樽にて約 2 ヶ月の醗酵。オリ引き後、木樽にて10 か月、ボトル詰め後6 か月の熟成。
アレアーティコにとっては理想的な ヴィンテージだったと話すジャンマルコ。果実味は控えめながら、アレアーティコ の果実的香りを強く持った、アレアーティコから造る果汁のみで表現した美しさを感じるロザート。
「果実的な厚みやタンニンは確かに旨みや飲みごたえはあるけれど、喉を通る時のスムーズさ、繊細さを失われてしまう。質の高いブドウだからこそ、より高いリスクにも耐えられる」そう話す彼。2018は気温のバランスが取れ、素晴らしい成熟と非常に 豊かな香り、味わいのデリケートさを持ち合わせたヴィンテージだと言います。数時間果皮と触れさせてからソフトプレス、2ヶ月をかけて緩やかに進んだ 醗酵。気候に振り回されたヴィンテージなだけに、果実的な凝縮感は弱いですが、繊細さや香りの高さ、飲み心地を考えると 2017 を越える素晴らしいポテンシャルを持ったヴィンテージだと感じます。

2020/6 試飲
さくらんぼやオレンジの果皮の感じ。ハーブのようなスパイシーな香りもあります。ほのかにタンニンがあり、フレッシュで濃厚。3日目位から豆香が出てくるようです。抜栓したらお早目にお召し上がりください。
18750
在庫 1本
¥4,800(税別)

ロッソ ディ ガエターノ 2017レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ Rosso di Gaetano 2017
ロッソ ディ ガエターノ 2017
品種:サンジョヴェーゼ60%、メルロー、シラー40%。
樹齢:15~20 年。レ コステのご近所さん、ガエターノの畑から収穫したブドウで造られるロッソ。言い方を変えれば「買いブドウ」ですが、畑の世話から収穫まですべてレ コステで行っているので、ちょっと線引きが難しいです。(しかも最近は自分たちで試したいブドウを勝手に植えたり)。数年前から実験的にシラー を植えたということもあり、昨年のヴィンテージから少しシラーも加わっております。
ロッソよりも軽やかで、リトロッツォよりも飲みごたえのある、何ともバランス感を感じるワインです。
果皮とともに3 週間大樽にて醗酵、圧搾後そのまま12カ月の熟成。

2019/7/11 エヴィーノさんの試飲会にて
シラーも加わり、タンニンが細かく口当たりは柔らかい。濃厚でありながらバランスの良い酸とフレッシュさが軽やかな味わいになっています。
19524
在庫 2本
¥2,860(税別)

ヴィノ・ダ・タヴォラ・アーレア・ヤクタ・レスト 2014レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ VdT Alea Jacta Est (2014)
ヴィノ・ダ・タヴォラ・アーレア・ヤクタ・レスト 2014
品種:アレアティコという古くからある土着の葡萄品種100%
樹齢10年~15年(一部40年)、Le Coste の 畑のブドウが中心。  収穫後、除梗せず2週間のカーボニックマセレーション、ピジャージュし開放式の木樽でさらに2週間。  
圧搾後500Lの木樽て24ヶ月、ボトリング後24ヶ月という長い熟成期間を取ってリリースされる、最高のアレアーティコ。  
「賽は投げられた」という意味を持った名前は、アレアーティコというブドウに対して、すべてのことをやり切ったという意味合いのワイン。  2014年は冷涼で繊細さを持ったヴィンテージ。  
果実の強さ、密度を表現してきたのが今までのアーレア・ヤクタ・エストだとすると、今まで以上に繊細で奥行きがあるワインになっていると思います。  
醸造においても、除梗せず空気に触れない状態からマセレーションを始め、途中からあえて空気との接触を行いさらにマセレーションを続けるという今までにない方法。  
繊細でありながら複雑な酒質と、香りを持ったアレアーティコは合計4年近い歳月をかけてリリース。  アレアーティコの魅力ともいえる果実的な柔らかみ、甘みを持ったタンニン、複雑さと心地よさが同居する素晴らしいワインです。

2018/7/6 エヴィーノの試飲会にて
鼻から抜けていくハーブやシトラスの香りがなんともエレガント。濃厚でシルキーなタンニンが滑らかで糖度を感じます。
18205
在庫 1本
¥6,630(税別)

ピッズィカンテ ロッソ 2017レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ Pizzicante Rosso 2017
ピッズィカンテ ロッソ 2017
品種:サンジョヴェーゼ主体、メルロー。
合わせて収穫し直接プレス、醗酵を促す。
途中ボトル詰めを行い、瓶内で醗酵を終える。
瓶内で 12か月熟成の後、スボッカトゥーラ(オリ抜き)を行ってからリリース。詰まった果実が特徴的、心地よい甘みがたまらない素晴らしい飲み心地を持った赤。

その名の通り、「弾けるような飲み心地」の微発砲、
2年ぶりのリリースとなるピ ッズィカンテ2017 年は猛暑で果実がとても強いヴィンテージで非常に果実的!それでいて決して重苦しくない心地よさを持っております!

2019/7/11 エヴィーノの試飲会にて
細かなガスが口の中でプツプツと弾けます。ランブルスコを思わせるような心地よい甘みがあって飲み飽きせずいい感じの赤ワインです。
19526
在庫 5本
¥2,720(税別)

アレアーティコ ドルチェ“ウナタントゥム 2101レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ Aleatico dolce natantum 2101
アレアーティコ ドルチェ ウナタントゥム 2101
品種:アレアーティコ
樹齢 10~30 年
遅摘み、粒単位の選果ののち、約3 週間の陰干しを行う。
脱水した果実を足でピジャージュ、6 か月の果皮浸漬を行う。圧搾後 50~100L の小型の木樽に移し約4 年間、醗酵と熟成を繰り返す。糖分を持った甘口でありながら、酵母の活動が完全に終わってからボトル詰めするため、SO2 もフィルターも必要としない。完全 無添加のヴィーノドルチェ。
アレアーティコのもう一つの魅力を引き出すために費やした手間と時間は計り知れない。素晴らしいデザートワイン。
完熟を待って収穫したアレアーティコを、さらに畑の中心にある小屋で3週間、陰干しを行い造られるヴィーノ ドルチェ。
果実に少しでもキズや病果があると、そこから腐敗が起きるため、すべて粒単位で選果する必要があり、そこから凝縮することで搾汁量は僅か20%程度。
さらに残糖のある甘口でありな がら、酵母の働きを抑えるSO2やフィルターを使わない。半年に及ぶマセレーション、木樽での3年間以上の熟成。樽の中で醗酵と熟成を繰り返しながら、酵母が完全に活動をしなくなるまで待ってからボトル詰めさせれるという、想像を絶する労力をかけて造られるヴィーノドルチェ。
「これほど手間をかけているのに、価格が高いなんて言わせない!」、そう笑うジャンマルコ。プリムールやアレアヤクタには表現できない、アレアーティコの美しい甘み、香り。経てしなく続く余韻には本当に驚かされてしまいます。

2019/1/23 エヴィーノさんの試飲会にて
伸びのある密の感じとハーブの香り、余韻は甘いだけのベタベタした感じではなく、伸びやかに上品でとても幸せな気持ちになります。 
19413
375ml
在庫 2本
¥6,000(税別)

ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・モスカート・ドゥエ・エンメ 2015レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ Moscato "Due M" 2015
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・モスカート・ドゥエ・エンメ 2015
品種:モスカート
樹齢:10~15年。  ピエディフランコ(自根)の畑が中心。  
2通りのマセレーションを行ったモスカートをアッサンブラー ジュ、木樽(500L)にて8ヶ月、ボトリング後6ヶ月の熟成。  
「2つのM」という意味合いのモスカート。  Cruの畑に植わっているピエ ディ フランコ(自根)のモスカートを、異なる2つのマセレーション(果皮浸漬)によって醗酵を行い、それを一つに合わせたという奇抜なワイン。  なぜこんなことしたの!?と初めは思ってしまいましたが、ジャンマルコ曰く、「2種類の醗酵で生まれる香りは全く違い、そのどちらの香りも併せ持ち、より香りに複雑さが生まれる。  
モスカートの非常に強い香りとアロマを最大限引き出すことができる方法」といいます。  
カーボニックマセレーションによって表現される「繊細さ、フレッシュさ」、そして伝統的ともいえる空気に触れながらの長いマセレーションから「体躯、骨格」。  
他のブドウでは表現できないモスカートの香りと味わいを引き出した、唯一無二のモスカートといっても過言ではないと思います!  しかし、造られるのはモスカートが本当の意味で「最高」と呼べる  素晴らしい収穫を遂げた年のみ。  
僅か500L程度しか造ることができないワインではありますが、  それでも一切妥協なく追求する彼のこだわりには、いつもながら驚かされてしまいます。

2018/7/6 エヴィーノの試飲会にて
きんもくせいやりんご、ハーブのような華やかで濃厚な香り。トロピカルな味わいで酸のキレもよく、上品。素晴らしい味わいです。
19298
在庫 1本
¥6,630(税別)
フランス/ブルゴーニュ フランスその他 シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
ロワール・ローヌ スペイン
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]