2020年11月新着・ロワール・ローヌワイン

[ hasigoya on line TOP ]   [ ワイントップ ]   [ ご注文方法 ]   [カゴの中身を見る]   [お問い合わせ]
11月 新着ワイン   (=自然派ワイン)
フランス/ブルゴーニュ フランスその他 シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
イタリア スペイン
2018年コサール・シャソルネイ
■ ■ ■ ご注文数量は半角英数字でご記入下さい■ ■ ■
フランス/ローヌ
La Grande Colline
ラ・グランド・コリーヌ
  自然派   インポーター:ヴォルテックス
大岡弘武さんは、明治大学理工学部を卒業後フランスへ渡り、ボルドー大学醸造学部でワイン全般を学んだ後にローヌ最大手GUIGAL社の、ジャンルイ・グリッパが所有していたサンジョセフの区画における栽培責任者を務めました。
その後、北ローヌ地方を代表する自然派ワインの生産者で最高のコルナスを造ることで知られるティエリー・アルマンに師事、最後は栽培長を任されるまでになりました。

師アルマンとの出会いは、大岡さんが後にワイン造りを始めるにあたって決定的と言えるもので、ブドウ栽培から醸造に至るまでのほとんど全てにおいて影響を受けたようです。
醸造での人的関与を必要最低限に留める自然なワイン造りを実践するために最も大切なことは良いブドウを育てることに尽きるのですが、花崗岩に覆われた急斜面で夏は極めて暑く冬が寒いコルナスにおいては、畑仕事に費やす労力はいっそう厳しいものになります。

現在大岡さんがフランスで所有する畑は、2006年より自ら開墾した始めた極めて急峻なコルナスの畑です。栽培はビオロジックを実践しており、除草剤や化学肥料は使用しません。農薬は化学合成薬品ではなく、硫黄(ビオディナミの認証団体である「デメテール」で認可されているもの)に限定し、使用回数も極力減らしております。
「少量でも構わないから良いブドウだけを育てたい」、大岡さんの畑仕事における考えです。
 ル・カノン・ルージュ・ラ・グランド・コリーヌ LE CANON Rouge NV(2019)
ル・カノン・ルージュ 2019
品種:シラー100%
サミュエルはラ・グランド・コリーヌの設立に関わった人物で、今でも共同経営者としてドメーヌの運営に参画しています。ワイン関係の法律に詳しいだけでなく、シャトー・ヌフのとあるドメーヌにて醸造責任者を務めており、2017年以降ル・カノンはここで醸造されています。 彼が醸造した2017年は大岡さんが醸造した葡萄らしさの残る素朴なニュアンスも感じさせながら、どこか洗練された印象でした。今回の2019年も、非常に綺麗で端正な仕上がりです。手摘みで収穫後、除梗し2週間セメントタンクにてマセラシオン。プレスの後タンクで半年間の熟成。

やや紫がかった深紅の色合い。ブラックベリーやブルーベリー、ドライプルーンなどのような凝縮した香りに新鮮な黒系果実も混ざる印象。口当たりは滑かで負担がなく甘い風味は控えめで、若々しい果実とジューシー感が広がりながら明るいアタックの印象からアフターにかけて紅茶の風味やビターカカオ、仄かに木の皮のような芳ばしさときめの細かいタンニンが僅かに残り、全体を支えるしっかりとした酸が輪郭をつくり、度数15%と高めの表示ながらも冷涼感さえあり、軽いタッチにすら想わせる程良いミディアムの仕上がりです。
<インポーターさんのコメントから>
大岡さんに代わってサミュエルさんが作るル・カノンは価格以上の満足感のある1本です。
新着マーク
19783
¥2,180(税別)
フランス/オーヴェルニュ
Domaine Vincent Tricot
ドメーヌ・ヴァンサン・トリコ
   自然派  インポーター:ヴァンクール
Domaine Peyra、Pierre Beauger氏らの出現によって見直されてきたAuvergne地方。シラクの生まれ故郷、フランスの丁度真ん中に位置するクレモンフェラーの南に広がり、昔はブドウ畑が沢山広がっておりましたが、ワイン造りをやめる醸造家が多い地方なのでした。 ドメーヌ・ヴァンサン・トリコ
ヴァンサン・トリコは1972年生まれの若き醸造家。
 手伝いをしていたClaude Prugnard氏が年齢的理由で引退を決心し、彼の子供がワイン造りに興味はなかったので彼に畑とシェ(醸造所)を譲りました。
 2003年に購入、名実ともにオーナーとなり自分のワインを造り始めました。
 畑は全部で4.6ha、内訳は3.3haのGamay、0.7haのChardonnay、そして何と0.6haのPinot Noirなのであります。昔この地では沢山のPinot Noirが植わっておりましたが、近くのBourgogneの関係で泣く泣くブドウの木を抜かなくてはならないほど、経済的ダメージを受けたこの地で、頑なに守られてきたPinot Noir。
将来性あふれる醸造家、彼の今後の活躍に期待したいと思います。
レ プティット フルール 2018ヴァンサン・トリコ Les Petites Fleurs 2018
レ プティット フルール 2018
品種:ガメイ・ドーヴェルニュ 100%(手摘み/平均47年)

全房のガメイと除梗したガメイをマセラシオンカルボニック後、 アッサンブラージュ、グラスファイバータンクで発酵、3週間マロラク ティック発酵し、そのまま5ヶ月熟成しました。

2020/10/19 ディオニーの試飲会で
透明感ある綺麗なガーネット色。プラム、フランボワーズやベリー系の香り、上品なアタックに口いっぱいに拡がるエキスとやさしいタンニン、ほっとする味わいです。
新着マーク
19331
¥2,870(税別)

ル・プチ ルージュ ド ラ コート ウエスト 2017ドメーヌ・ヴァンサン・トリコ Le Petit Rouge de la Cote Ouest 2017
ル・プチ ルージュ ド ラ コート ウエスト 2017
品種:ガメイ・ドーヴェルニュ 100%(手摘み/平均45年)
プティットフルールで使うガメイよりも12日間遅れて収穫した高樹 齢で南西向きの畑のブドウを除梗し、21日間醸し4年落ちの樽で 7ヶ月熟成しました。

野イチゴ、スモモ、カルダモン系のハーブ、凝縮感のあるタイトな果実味と酸がバランス良く 瑞々しさがあります。
<インポーターさんのコメントから>
19418
在庫 2本
¥3,600(税別)
フランス/ロワール
Le Vinsans Ricard
ル・ヴァンサン・リカール
   自然派
アンボワーズの醸造栽培学校を卒業、シノンのフィリップ・アリエやクロード・ルヴァスール(モンルイのフランソワ・シデンヌの叔父)で修行を積んだヴァンサンは、1998年以降テーゼ村のドメーヌに戻り父のアランとともに土壌の特長を生かしたワイン生産をするべく働いています。
 シェール川沿い丘陵地に位置するドメーヌ・リカールは、5世代続くファミリードメーヌ。 17haを所有するうち12.7haはソーヴィニヨン・ブラン、他はガメィ、カベルネ・フランが植えられています。
ル・ヴァンサン・リカール氏
南東向きの粘土石灰質土壌の畑で、自然環境を尊重したブドウ栽培を実践しています。 これまでも農薬や化学肥料など使用しない農法でブドウ栽培をしてきましたが、これまでも農薬や化学肥料など使用しない農法でブドウ栽培をしてきましたが、2013年に正式にエコセルトの認証を受けました。
 収穫はすべて手作業、自然酵母での醗酵、酸化防止剤はソーヴィニヨン・ブランのフレッシュな美味しさをキープするため入れるが、添加量はできるだけ控えているとのこと。
RVF(ルヴュ・デ・ヴァン・ドゥ・フランス)やルージュ・エ・ブラン(フランスの自然派の優良生産者達を丁寧に紹介する実直な雑誌)での評価も高い、今後の活躍が楽しみな期待の出来る生産者です。
リカール・トゥーレーヌ・ル・ヴィラン・プチ・ルージュ2018 Touraine Le Vilain P'tit Rouge 2018
トゥーレーヌ・ル・ヴィラン・プチ・ルージュ 2018
品種:コー80%,カベルネ・フラン20%
ル・ヴィラン=直訳すると”いやなやつ” しかし、憎めないかわいい赤小悪魔がニヤリと笑うラベルが微笑ましいです。
パリでの納品先は、ミシュランの星付きレストランが30件あまりとカヴィストになります。
柔らかな口当たりと繊細なタンニン、品の良い果実味があります。

主な販売店 パリミシュラン星付き:Chikito/Cottage trianon/Carre des Vosges  ほか約30件
ワインバー パリ:l'Ebauchoir / l'Annexe/Tagada/Tourbillon
新着マーク
17798
¥2,150(税別)

トゥーレーヌ ル・プチオ 2018ル・ヴァンサン・リカール Touraine Le Petiot 2018
トゥーレーヌ ル・プチオ 2018
品種:ソーヴィニヨンブラン100%
樹齢:30年
味わい:採れたてのフレッシュハーブのアロマがしっかりとあります。 新鮮なシャキッとした酸味が特徴です。

アペリティフとして、またはビストロやカフェでグラスワインとして幅広くお使いになれます。
主な販売店:パリミシュラン星付き:Chikoto/Cottage Trianon/Carre des Vosges ほか約30件
17658 ¥2,180(税別)

レ・トロワ・シェーヌ 2018ル・ヴァンサン・リカール Touraine blanc Les Trois Chene 2018
レ・トロワ・シェーヌ 2018
品種:ソーヴィニヨンブラン100%
樹齢:50~60年
プレス後樽発酵・樽熟成を経ており、タンクのみで造られたプチオ(樹齢25才までの葡萄)に比べ熟した果実味と柔らかい円みのある仕上がりのワインとなっております。

2019/5/29 ヴォルテックスの試飲会にて
マンゴーやパイナップルなどのトロピカルフルーツのような香り。
優しい甘みと果実味、酸も綺麗です。あまり樽の香りは感じられず、ほのかに感じる苦みが良いアクセントになっています。
プチオのようなキレのある酸というより、ふくよかで円やかな感じです。
18993 ¥2,400(税別)

ヴァン・ド・ペイ・ターブル・ムスー NV(2017)ル・ヴァンサン・リカール VdT MOUSSEUX NV 2017
ヴァン・ド・ペイ・ターブル・ムスー NV(2017)
ソーヴィニヨンブラン100%
樹齢30年
畑 南北東方面の緩やかな傾斜地、(白色)粘土石灰質土壌が表面を覆い、地中はチュフォ(石灰土壌と珪土質土壌シリスの混ざったもの) ただ畑の区画は必ずしもプチオではなく、年によってトロワ・シェーヌであったり、プチオだったりする。ぶどうの度数や味わいによって決める。収穫時の糖度は約12.40%、過熟のブドウを避けながら充分に熟したものを厳選する。 収穫はすべて手作業、自然酵母での醗酵、酸化防止剤はソーヴィニヨン・ブランのフレッシュな美味しさをキープするため入れるが、添加量はできるだけ控えているとのこと。 RVF(ルヴュ・デ・ヴァン・ドゥ・フランス)やルージュ・エ・ブラン(フランスの自然派の優良生産者達を丁寧に紹介する実直な雑誌)での評価も高いです。

2011/02/22 ヴァンクールの試飲会で
 細かくて優しいガスと、若々しい果実の酸味が心地よい。青りんごのような爽やかでフレッシュな果実味を感じます。フルーティーでもあり、初心者が飲んでも、ワイン好きの方が飲んでも納得頂ける味わいです。気軽に飲んでください。
18115 ¥2,320(税別)
Puzelat=Bonhomme
ピエール・オリヴィエ・ボノーム
   自然派   インポーター:ヴァンクール
オーナーであるピエール・オリヴィエ・ボノームは2004年、弱冠18歳の時に ル・クロ・デュ・テュ=ブッフの収穫に参加し、そこでティエリ・ピュズラに才能を見いだされ、以降、ティエリか ら共同経営者を前提にスカウトされる。
2006年から 2008年までアンボワーズのワイン学校に通いながらティエリのネゴスで経験を積む。
ピエール・オリヴィエ・ボノーム
  2009年、ティエリと共同でネゴシアン「ピュズラ=ボノーム」を立ち上げる。  2014年末、ティエリは自身のドメーヌ業に専念するため、ネゴシアン事業から離れ、  ピエール・オリヴィエ・ボノームが100%経営を引き継ぎ、現在に至ります。
ラ・テニエール ピノ ドニス 2019ピエール・オリヴィエ・ボノーム VdF La Tesniere 2019
ラ・テニエール ピノ ドニス 2019
品種:ピノドニス100%
樹齢:24年
収穫日は9月27日。収量は日照りによ り20hl/haと50%減。
買いブドウはビオ ディナミ栽培者アランクルトーとビオ生産者シモンタルデューから!SO2無添 加!ノンフィルター!

2020/10/27 ヴァンクールの試飲会
赤い果実を煮詰めたような濃厚な口当たり。ボリューム感と細かなタンニンがあります。繊細な酸がきれい溶け込んでいます。
新着マーク
17010
¥3,720(税別)

ヴェルシュニー 2019ピエール・オリヴィエ・ボノーム VdF Vercheny Rouge 2019
ヴェルシュニー 2019
品種:ピノノワール100%
樹齢:42年平均

2020/10/27 ヴァンクールの試飲会

プルーン、カシスやブルーベリーのような小粒の赤い果実を思わせます。ボリューム感があって繊細なタンニンが全体を包んでいます。
新着マーク
19342
¥2,960(税別)

ヴァン・クゥール・ヴァン・キュ・ブラン 2009ティエリー・ピュズラ Vin Coeur Vin cul Blanc 2019
ヴァン・クゥール・ヴァン・キュ・ブラン 2019
品種:シュナンブラン50%、ムニュピノ50% 
樹齢:45年平均
収穫日は10月4日。収量は40 hL/ha。 残糖は5 g/L。
2019年はソーヴィニヨン ブランの代わりにシュナンが50%アッサンブラージュされています!
買いブドウ はローレンス・ディノショーとブリュノ・レ ディスから!SO2はアッサンブラージュ後のスーティラージュ時に20 mg/L添 加。再発酵防止のため目の細かいフィルターを掛けています。

2020/10/27 ヴァンクールの試飲会
黄桃、洋ナシ、熟したりんごのよう。ワインはピュア&フルーティーでクリーミーな口当たり。厚みとトロピカルな味わいです。優しいミネラルがきれいに溶け込んでいます。
新着マーク
16764
¥2,360(税別)

AC トゥーレーヌ・カーオー・ロンヌ 2015ピエール・オリヴィエ・ボノーム AC Touraine Ko Ronne 2015
AC トゥーレーヌ・カーオー・ロンヌ 2015
品種:コー100%
樹齢:平均20年
収穫日は9月20日。
収量は20hl/ha。 2015年は日照りの影響で収量が少 なかった!ブドウの果皮が厚く中身 が凝縮していたので、ワインがこなれ るまで3年の熟成を要した!ブドウは ボノームの自社畑から!ワイン名は 区画の名前から取った!SO2無添 加!ノンフィルター!


2019/10/23 ヴァンクールの試飲会
ダークチェリー、スミレのような濃厚な味わい。キメ細かなタンニンはたっぷりと存在し、
甘みを感じます。
19584 ¥3,530(税別)

トゥレーヌ・ラ・テニエール 2017ピエール・オリヴィエ・ボノーム Touraine La Tesnier 2017
トゥレーヌ・ラ・テニエール 2017
品種:ピノ・ドニス100%
樹齢:22年
収穫日は9月13日。
2017年は霜の被害により収量は20 hL/ha!
買いブドウはビオディナミ栽培者アランコクトーとビオ生産者タルデューから!
SO2は瓶 詰めの1ヶ月前に15 mg/L添加
ノンフィルター!

2018/10/25 ヴァンクールの試飲会にて
ダークチェリー、スミレ、 シャクヤク、そしてコショウのようなニュアンスも。酸をしっかり感じタンニンも細かい。
19370
在庫 1本
3,680(税別)

AC トゥレーヌ・ブラン・ラ・テニエール 2018ピエール・オリヴィエ・ボノーム AC Touraine Blanc La Tesniere 2018
AC トゥレーヌ・ブラン・ラ・テニエール 2018
品種:ムニュピノ70%、シュナンブラン30%
樹齢:45年~50年
収穫日は9月16日。収量は40 hL/ha!ブドウはボノームの自社畑 とビオブドウ栽培者フランソワ・サン =レジェールの買いブドウから!残 糖は0.2 g/Lの完全辛口!SO2は瓶 詰前のスーティラージュ時に20 mg/L添加。軽くフィルター有。

2020/8/25 ヴァンクールの試飲会にて

レモン、パイナップル、りんごのような酸とハーブの香り。密っぽさとミネラルを感じさせます。
19739 ¥3,450(税別)

トゥーレーヌ・ピノノワール 2018ピエール・オリヴィエ・ボノーム AC Touraine Pinot Noir 2018
トゥーレーヌ・ピノノワール 2018
品種:ピノノワール100%
樹齢:32年~37年
収穫日は9月11日。
2018年はミル デューの被害により収量は15 hL/ha!買いブドウはビオ生産者フィ リップ・ビュグレから!SO2は瓶詰時 に10 mg/L添加。ノンフィルター!

2019/10/23 ヴァンクールの試飲会
オレンジっぽい茶色。プルーンやフランボワーズのような感じ。細かなタンニンが甘く品の
良さとチャーミングな酸がバランスよく、伸びのある味わい。
19583 ¥4,920(税別)
Les Grandes Vignes
レ・グランド・ヴィーニュ
  自然派 インポーター:野村ユニソン
 17世紀から代々土地を引き継いできた現当主のジャン=フランソワ・ヴァイランは、ワイン造りにのみ全神経を集中させる生粋のヴィニュロン。
シュナン・ブラン、シャルドネ、ピノードニス、カベルネ・フラン、グロロー等をメインに栽培しています。 2008年からビオディナミに転換しましたが、そのきっかけになったのは同じアンジューでビオディナミの大家として君臨しているマルク・アンジェリ氏。彼のワインに触れていくことで、「よりワインの本質に触れる様なワインを造って行かなければならない」と思ったんだと語りました。 「そしてその為には葡萄をより健全にしていく必要があり、それに最も適したアプローチがビオディナミと感じた」とも語り、それから10年以上取り組んでいます。 ワインは基本的にサン・スフルで瓶詰めされていますが、よくあるサン・スフルありきのワイン造りではなく、その時にワインが持つエネルギーや状態、ヴィンテージに応じて、必要があれば酸化防止剤は微量なら入れる事も躊躇わない柔軟な考えを持つ生産者です。
ビュル・ナチュール・ロゼ 2019レ・グランド・ヴィーニュ VdF Bulleture Non DEG 2019
ビュル・ナチュール・ロゼ 2019
品種:グロロー・ノワール 50%、カベルネ・フラン 50%

※抜栓時に勢い良く吹き出します。十分冷やしてから抜栓して下さい。
※デゴルジュマンしていない為、濁っておりますが不良ではございません。

2020/7/15 野村ユニソンの試飲会で
濃いベリー系を感じるルビー色。 フレッシュないちごやハーブの香り。しっかりとした泡。甘酸っぱさとのバランスがよく心地よい味わいです。
新着マーク
19769
¥2,810(税別)

ビュル・ナチュール・ノン・デコルジュマン 2019レ・グランド・ヴィーニュ VdF Bulleture Non DEG 2019
ビュル・ナチュール・ノン・デコルジュマン 2019
品種:シュナンブラン40%、シャルドネ40%、グロローグリ20%

2020/7/15 野村ユニソンの試飲会で
細かい泡ときりっとした酸。奥から密っぽさが表れて飲み心地のよい泡です。
新着マーク
19747
¥2,810(税別)
フランス/ブルゴーニュ フランスその他 シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
イタリア スペイン
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]