2020年10月新着・ロワール・ローヌワイン

[ hasigoya on line TOP ]   [ ワイントップ ]   [ ご注文方法 ]   [カゴの中身を見る]   [お問い合わせ]
10月 新着ワイン   (=自然派ワイン)
ボジョレーヌーヴォー2020年
フランス/ブルゴーニュ フランスその他 シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
イタリア スペイン
2018年コサール・シャソルネイ
■ ■ ■ ご注文数量は半角英数字でご記入下さい■ ■ ■
フランス/ジュラ
Rata Poil
ラタ・ポワル
  自然派   インポーター:ヴォルテックス
 ラファエル モニエの家系はブドウ栽培農家でも酪農家でもなく、農業の類いとは無縁で、そのような環境で過ごした為かワインに対して特別な関心を抱くこともなくやってきました。ところが、最初に畑を購入した2000年よりも数年前、当時はアルボワから車で30分ほど離れた町で教師をしておりましたが、同僚が趣味でワインを造っており、手伝ううちに気がついたらワインの魅力に取り憑かれてしまいました。 ラファエル モニエ氏
 その後アルボワの中学校に転勤となり、偶然にもブドウ畑売却の看板を目にしてこれを購入。
 0.15haの畑を耕し自家用として2000年から2008年まで、趣味でワイン造りに取り組んでいました。 ラファエルのように畑を所有しておらず地元出身でもない人物が、趣味ではなくワインを本格的に造るために、アルボワは他の産地に比べて間違いなく条件が良かったと思われます。
 アルボワに代々住んでいる家系なら大抵はブドウ畑を所有しており、一方で昨今は若年層が畑を引き継がないケースが増えてきていることから、畑を入手し易い環境にありました。 2008年に自家用としてのワイン造りに終止符を打ち、ディジョン大学で醸造を学び、2009年から本格的にスタートを切りました。住宅兼醸造所は全てを自分で建築し、ひととおりの醸造設備も入手。エマニュエル・ウイヨンらと親交を暖めながら、ナチュラルワイン造りを行っています。彼は、現在も中学校の社会科の教師でもあります。
トゥルソー・シメール 2015ラタ・ポワル Trousseau Chimere 2015
トゥルソー・シメール 2015
品種:トゥルソー

入荷して3年4ヶ月経過しますが、現在に至るまで10回にわたる試飲を重ねました。
当初はややパワフルで、豆などの不安定要素やアニマル香などがありネガティヴな印象がいくつか感じられました。試飲する度に少しずつ印象は変化しており、今では数日経過しても安定しており熟成由来の複雑さや深み、上品な様子が引き出され奥行きのある落ち着いた果実の風味を感じられるようになっております。

やや黒みがかった淡い煉瓦色。ドライ苺やイチジク煮、レーズンやドライプルーン、たばこやドライハーブ、ラムレー ズンなど熟成由来の深みを感じさせる香りや風味が感じられます。熟成が進んだことで伸びやかな酸が全体をまとめタッチは軽やかになり繊細な印象が引き出され、ぐっと大人の雰囲気が醸し出されています。口中ではドライフルーツなどほんのりとした甘みや深みが感じられ、フルーツをブランデーに漬け込んだような風味、喉へと進むにつれ複雑な味わいが広がっていきます。
<インポーターさんのコメントから>
新着マーク
19764
¥4,990(税別)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが
限定以外のワインを一緒にお買い上げ下さいませ。

シラー・ヌメロ・サンク 2018ラタ・ポワル Syrah No.5 2018
シラー・ヌメロ・サンク 2018
品種:シラー
コート・ド・リュベロンの有機の葡萄を使用。

仄かにオレンジがかったガーネット色。赤すぐりやザクロなどキュッと引き締まった酸を持つ赤い果実のコンフィチュールのような香りに、ドライカシスやブルーベリー、レーズンなどの黒系果実のニュアンスや黒胡椒などのスパイス感が加わります。また、スミレなや茎や葉などをイメージするような仄かに青みがかった香りがあり、華やかさと洗練された雰囲気を感じさせます。
清らかな酸とチャーミングな果実味で冷涼感があり、飲み心地は軽やかです。若々しく瑞々しい赤い果実の果汁を想わせるジューシーな果実味の中にドライフルーツの様な深さとコク、極僅かにジンジャーやブラックオリーブを想わせる風味やオイリーな様子も加わりながら広がり、黒葡萄の果皮を噛んだ時のようなタンニンがやや残ります。全体の印象としては果実味が多くややスパイシーなミディアムスタイルです。 <インポーターさんのコメントから>
新着マーク
19765
¥3,340(税別)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが
限定以外のワインを一緒にお買い上げ下さいませ。

ヴィオニエ・ヌメロ・ユイット 2018ラタ・ポワル Viognier No.8 2018
ヴィオニエ・ヌメロ・ユイット 2018
品種:ヴィオニエ
コート・ド・リュベロンの有機の葡萄を使用。

ごく僅かに濁りのある中程度の黄色。熟した洋梨や黄りんご、白い花や花の蜜などを思わせる優しく甘やかな香りに黄色い果皮の柑橘が感じられ、甘やかで華やかな印象に爽快な印象を与えます。口に含むとほんのりと甘やかに薫る白い花やその蜜などの華やかさが伺われながらもフルー ティーな風味が強く、熟した果実の中に黄柑橘のコンフィチュールのような甘酸っぱい風味が混ざり合いながら広がり、旨味を感じさせます。馴染みやすいフルーツの風味と旨味を兼ね備えた辛口の仕上がりです。
<インポーターさんのコメントから>
新着マーク
19766
sold out
¥3,340(税別)
入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが
限定以外のワインを一緒にお買い上げ下さいませ。
フランス/ロワール
Les Grandes Vignes
レ・グランド・ヴィーニュ
  自然派 インポーター:野村ユニソン
 17世紀から代々土地を引き継いできた現当主のジャン=フランソワ・ヴァイランは、ワイン造りにのみ全神経を集中させる生粋のヴィニュロン。
シュナン・ブラン、シャルドネ、ピノードニス、カベルネ・フラン、グロロー等をメインに栽培しています。 2008年からビオディナミに転換しましたが、そのきっかけになったのは同じアンジューでビオディナミの大家として君臨しているマルク・アンジェリ氏。彼のワインに触れていくことで、「よりワインの本質に触れる様なワインを造って行かなければならない」と思ったんだと語りました。 「そしてその為には葡萄をより健全にしていく必要があり、それに最も適したアプローチがビオディナミと感じた」とも語り、それから10年以上取り組んでいます。 ワインは基本的にサン・スフルで瓶詰めされていますが、よくあるサン・スフルありきのワイン造りではなく、その時にワインが持つエネルギーや状態、ヴィンテージに応じて、必要があれば酸化防止剤は微量なら入れる事も躊躇わない柔軟な考えを持つ生産者です。
ビュル・ナチュール・ロゼ 2019レ・グランド・ヴィーニュ VdF Bulleture Non DEG 2019
ビュル・ナチュール・ロゼ 2019
品種:グロロー・ノワール 50%、カベルネ・フラン 50%

※抜栓時に勢い良く吹き出します。十分冷やしてから抜栓して下さい。
※デゴルジュマンしていない為、濁っておりますが不良ではございません。

2020/7/15 野村ユニソンの試飲会で
濃いベリー系を感じるルビー色。 フレッシュないちごやハーブの香り。しっかりとした泡。甘酸っぱさとのバランスがよく心地よい味わいです。
新着マーク
19769
¥2,810(税別)

ビュル・ナチュール・ノン・デコルジュマン 2019レ・グランド・ヴィーニュ VdF Bulleture Non DEG 2019
ビュル・ナチュール・ノン・デコルジュマン 2019
品種:シュナンブラン40%、シャルドネ40%、グロローグリ20%

2020/7/15 野村ユニソンの試飲会で
細かい泡ときりっとした酸。奥から密っぽさが表れて飲み心地のよい泡です。
新着マーク
19747
¥2,810(税別)

VdF ピノー・ド・ラ・ ロワール 2019レ・グランド・ヴィーニュ VdF Pineau de la Loire 2019
VdF ピノー・ド・ラ・ ロワール 2019
品種:シュナン・ブラン
シスト、クォーツの土壌で、平均20ヘクトリットル。

2020/5/23 試飲
果実味の豊かな味わいとフレッシュで綺麗な酸が底辺に感じられ花梨やカンロ飴の様な熟したシュナン ブランらしさと飲み飽きしないような味わいがとても良いと思います。
19619 ¥2,820(税別)
Les Vins Jardines (Yoann Gillot)
レ・ヴァン・ジャルダン(ヨアン・ジロー)
   自然派  
インポーター:ヴォルテックス
2018年がファーストヴィンテージとなり、現在所有している畑は、以前ヴァンサン・カイエ所有でヴィオディナミで管理されていたゴルジュにあるガブロ土壌の平均樹齢約65年のフォル・ブランシュ。ムロン・ド・ブルゴーニュの畑はゴルジュにあるガブロ土壌が30%、モニエールにあるグネスとクオーツ土壌が70%となっており、平均樹齢約50年の畑は 既にビオディナミの認証を取得しており、樹齢約18年~40年の畑は2021年に認証予定となっています。ドメーヌ名から分かるように、庭仕事をするように毎日手をかけてワイン造りに勤しみ、様々なことにチャレンジしながらも一つ一つ丁寧に、そして綿密に一歩一歩仕事をこなしていく真面目なヨアンは、この先彼の人柄が表れるワインを与えてくれ ることでしょう。
レ・プリュヌリエ2018レ・ヴァン・ジャルダン Les Prunelliers 2018
レ・プリュヌリエ2018
品種:ムロン・ド・ブルゴーニュ
SO2は瓶詰め1ヶ月前に2mg/L添加。
樹齢約51年
6~10時間かけてゆっくりとプレスし、発酵中のプレスジュースに除梗した葡萄5%を加え、ガラスコーティングされた地中のタンクで約4週間のマセラシオン。その後、同タンク で14ヶ月間のシュール・リ熟成。

輝きのあるやや濃い黄色。黄桃やりんごのコンポート、アカシアの蜂蜜などの豊かな果実や凝縮した香りに紅茶やべっこう飴のような芳ばしい軽いフュメ香が感じられ、また火打石の印象やドライハーブなども僅かに加わります。蜜などの膨よかな風味はリッチな印象、擦りりんごやべっこう飴などが深みを感じさせます。甘酸っぱいアプリコットや黄桃のコンポート、熟したプラムを散りばめたタルトのように芳醇な果実の風味と芳ばしさが混ざり合います。充実した味わいでややボディに厚みがありますが、キュッとレモンを絞ったような酸が輪郭を作りながら全体を支え、メロンやスイカのようなフルーティーな青さが仄かに感じられることで飲み心地に軽さを与えています。Vin Pour tous2019に 比べ深みと純米酒のようなコクが感じられる膨よかな辛口の仕上がりです。
室温では甘い風味やコクなどがより強く感じられますので、冷涼感を与えたい場合は冷やしながら軽やかさを引き出して頂くなど、時期に応じて温度で楽しみ方を変えて頂くのも良いかと思います。
新着マーク
19744
¥3,070(税別)

トゥス・プル・アン・エ・ヴァン・プル・トゥス2019レ・ヴァン・ジャルダン Tous pour un et Vin pour tous 2019
トゥス・プル・アン・エ・ヴァン・プル・トゥス 2019
品種:ムロン・ド・ブルゴーニュ
SO2無添加。
樹齢約18年(20%)約43年(40%)約51年(40%)の葡萄で構成。
6~10時間かけてゆっくりとプレスし、ガラスコーティングされた地中のタンクで発酵及び7ヶ月間のシュール・リ熟成。

ごく僅かに濁りが見られる中程度の黄色。洋梨や淡いパイナップル、白桃のコンポートを想像させるような甘やかな香りを放つ熟した果実や白い花のフローラルな印象が重なり口中に広がります。芳醇な果実味に小気味良いヴェルヴェンヌやローズマリーなどの爽やかな風味、黄柑橘やパッションフルーツが弾けるような張りのある溌剌とした酸が感じられ、軽快な様子が加わります。若々しくピュアでジューシーな果実味とほどよく肉付きの良い果肉感を想わせ、仄かな 旨味が感じられる優しい辛口です。 室温では芳醇な香りや甘味などが引き立ち柔らかさが感じられますが、冷やして頂きスッキリと した瑞々しい飲み心地をお楽しみください。
新着マーク
19743
¥2,700(税別)
フランス/ローヌ
les Vignerons d'Estezargues
レ・ヴィニュロン・デステザルグ
  自然派
 デステザルグ協同組合は、ローヌ河南部の街アヴィニョンの南西側に位置しており、加入者が10名たらずというフランス最小の協同組合と呼ばれています。 協同組合といえば、多収量・低価格のブドウを生産者から買い入れて価格の安いバルクワインを造るというのが一般的ですが、エステザルグ協同組合ではそれぞれの 生産者が品質にこだわったワインを造り、自らの名前をエチケットに記してリリースしています。「協同組合」としての大きなメリットは、農機具や新しい醸造 設備を共同で購入したり、醸造アドバイスを受けるシステムが構築しやすいなど、品質向上に向けた資金面でお互い協力し合える点といえます。 いわゆる「協同組合」のがぶ飲み用ワインとは一線を画した品質主義のワインを生産しています。 この協同組合を ここまで高品質なワインを造る生産者に育て上げたのは、現在フーラル・ルージュで自らワイン造りを行うジャン・フランソワ・ニックです。彼はこの協同組合 を指揮し、多量のワインを高品質に、自然な造りで生み出していました。 彼が独立した後もそのコンセプトを引き継ぎ、各生産者達がそれぞれに素晴らしいワインを造り上げているのです。

エステザルグ協同組合の特徴
※ 化学物質を一切使わない「ビオロジック」および極力農薬の使用を避ける「リュット・レゾネによる栽培」
※ 樹齢の高いぶどうから生まれる豊かな風味
※ 土壌の個性を生かし、区画ごとに分けた収穫
※ 平均35hl/haとグランクリュ並みの収穫量
※ 土着の自然酵母を使った発酵
※ 発酵~熟成中は、亜硫酸を添加しない
※ ろ過や澱下げをせずに瓶詰め。

Les Grandes Vignes”は、生産者ごとに瓶詰めされるこの協同組合にあって例外的にブレンドされたワインで、これは各農家の最高の区画で栽培されたブドウ、あるいは古い樹齢からのブドウを選別して造られたものであり、その目的は「エステザルグ」の認知度を高めるためのものに他なりません。言わば、組合の象徴的な存在といえるワインなのです。
レ・グランド・ヴィーニュ・コート・デュ・ローヌ・ルージュ2019レ・ヴィニュロン・デステザルグ Grandes Vignes Rouge 2019
レ・グランド・ヴィーニュ・コート・デュ・ローヌ・ルージュ2019
品種:サンソー、グルナシュ レ・ グラン・ヴィーニュは、生産者ごとに瓶詰めされる  この協同組合にあって例外的にブレンドされたワインで、  これは各農家の最高の区画で栽培されたブドウ、  あるいは古い樹齢からのブドウを選別して造られたものであり、  その目的は「エステザルグ」の認知度、  ブランド価値を高めるためのものに他なりません。  言わば、組合の象徴的な存在といえるワインです。  セパージュはサンソーをメインにグルナッシュをブレンドしていますが、  ブラインドで言い当てるのはかなり厳しいと言えるほど  完熟した葡萄から造られています。
新着マーク
19770
3L入り(750ml換算:958円)
¥3,870(税別)

コトー・デュ・ポン・デュ・ガール・キュヴェ・デガレ 2019レ・ヴィニュロン・デステザルグ VdP Coteaux du Pont du Gard Cuvee des Galets 2019
コトー・デュ・ポン・デュ・ガール・キュヴェ・デガレ 2019
品種:グルナッシュ、カリニャン、シラー
18737 ¥1,480(税別)
フランス/ブルゴーニュ フランスその他 シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
イタリア スペイン
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]