2020年5月 新着アルザス・ジュラ・ラングドック・ボルドー他ワイン

[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]
5月 新着ジュラ・アルザス・ジュラ・ラングドック・ボルドー他ワイン    
フランス/ブルゴーニュ シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
ロワール・ローヌ イタリア スペイン
2017年コサール・シャソルネイ
フランス/デュラス
Mouthes le Bihan
ムート・ル・ビアン
自然派  インポーター:ル・ヴァン・ナチュール
 Catherineさんと Jean-Maryさんが1990年代末に、 前所有者から27ヘクタールのブドウ畑を購入して、Domaine Mouthes Le Bihanとしてブドウ栽培、ワイン生産を開始。
 2000年が最初のヴィンテージです。
当初から良いワインを、出来る限りナチュラルなブドウ栽培とワイン醸造で生産することを目的としてきて 、ブドウ畑の作業に力を注いでいます。
 環境や消費者、自身の健康を考え、 除草剤、殺虫剤、化学肥料を使用していません。
 栽培は有機栽培。各樹の樹勢に応じて、土を耕すか、 草を抜くか生やすかなどを決めるそうです。
 収穫は手積み。選別をえて発酵を始めます。
 野生酵母のみによる発酵です。少量のSO2以外、醸造を助ける酵素や清澄用の添加物、 保存料の類は使用していません。
 したがって、定期的な監視と試飲が重要ということです。発酵は長く、場合によっては、収穫翌年まで続く こともあるそうです。発酵が長いことによる問題は特にないため、気長に待つそうですが、これまでの結果としては、 この自然な発酵スタイルに良い感触を得ているとのこと。
ラ・ピコレット・ロゼ 2018ムート・ル・ビアン Le Pie Colette Rose 2018
ラ・ピコレット・ロゼ 2018
品種:カベルネソーヴィニョン100%(プレス果汁)

2020/5/14 試飲
オレンジがかったピンク色。ザクロ、イチジク、イチゴシロップのような香りと味わい。少しガスを感じラムネのような爽やかロゼです。ほんの少し苦みもあって夏の暑い季節に冷やし気味にして召し上がるといいと思います。
新着マーク
19684
¥2,610(税別)

ラ・ピ・コレット・ブラン 2017ムート・ル・ビアン Le Pie Colette 2017
ラ・ピ・コレット・ブラン 2017
品種:セミヨン30%、ソーヴィニョンブラン50%、シュナンブラン20%。

2020/5/14 試飲

メロンやみかん、僅かにトロピカルな味わい。スパイシーで厚みもあり、酸も存在してしっかりした味わいなので洋風の魚料理や鶏肉にも合いそうです。
新着マーク
18436
¥2,610(税別)

レメ・チャイ 2015ムート・ル・ビアン Laime chai 2015
レメ・チャイ 2015
品種:メルロー70%、カベルネ・ソーヴィニヨン50%、マルベック10%。

2019/10/23 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会

タンニンが細かく、酸も感じます。濃厚で甘味と膨らみがあり、いい感じのワインです。
19577
再入荷
¥2,220(税別)

ヴァン・ド・フランス・ヴィエイユフォン2015ムート・ル・ビアン VdF Vieillefont 2015
ヴァン・ド・フランス・ヴィエイユフォン2015
品種:ソーヴィニヨン・ブラン80%、メルロー20%など。

2019/10/23 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会

カシスやプルーンのような熟した味わいです。タンニンや甘味、ふくよかさも申し分なく、いい感じのワインです。
17365 ¥3,140(税別)

ラ・ピ・コレット・ルージュ 2017ムート・ル・ビアン La Pie Colette Rouge 2017
ラ・ピ・コレット・ルージュ 2017
品種:メルロー80%、マルベック20%。
La Pie Coletteの上にあたるキュヴェ。

2019/10/23 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会
口に含むとふくよかでタンニンも綺麗で甘味を感じます。
18435
在庫 1本
¥2,610(税別)
フランス/アルザス
Laurant Bannwarth
ローラン・バーンワルト
   自然派    インポーター:ヴォルテックス
1960年代にコルマールの南にある村、Obermorschwihrにて創業した蔵元で、 合計12ヘクタールの畑を所有。
父ローランの跡を継いだ息子ステファンは、80年代に栽培をビオディナミに変え、エコセールの認証を取得しました。加えて、アルザスの自然派の造り手たちからの影響 もあり、2007年から少しずつ、探るように自然なワイン造りを始めています。
ステファン・バーンワルト氏
当初は醸造的に白よりも比較的リスクの低い赤ワイン(ピノ ノワール)のみでしたが、2009年にはエデルツヴィッカーとリースリングも亜硫酸を使わずに醸造しました。 本格的に取り組みを始めたのは2010年、ジュラのJean-Marc Brignotが彼のゲヴェルツとピノグリを買い付けて亜硫酸ゼロで仕込んだ年で、シルヴァネールをビン詰めに至るまで亜硫酸を徹底して使わずに造っています。
2011年はアンフォラを使ってピノ・ノワール、リースリングとゲヴェルツトラミネールを醸造、またシルヴァネールでは長期間のマセラシオンを試みるなど、意欲的にナチュラルなワイン造りに取り組んでいる、将来がとても楽しみな生産者です。
土壌:石灰、粘土石灰、砂、レス、花崗岩など、様々なタイプの土壌構成
樹齢:平均して50年
醸造:手摘みしたブドウを収穫しながれ選別して、除梗せずに全房プレス
一晩デブルバージュした後にコンクリートタンクとフードルで自然発酵
清澄はせず、フィルターもかけずにビン詰め。
エデル 2017ローラン・バーンワルト EDEL 2018
エデル 2018
品種:ピノ・オーセロワ、ピノ・グリ、ゲヴェルツトラミネール、ミュスカ

麦藁色。りんごやマスカット、ライチやプラムなど様々な完熟フルーツの香りや、白や黄色の花を想わせる華やかさや 仄かなドライハーブ、蜂蜜などの複雑な香りが感じられます。
例年のアロマティックでフレッシュ感溢れる果実などの芳醇な印象に加え、ドライハーブなどから引き出される落ち着いた雰囲気を感じます。口に含むと甘やかな果実香の印象に比べ伸びやかな酸がありすっきりとした飲み口で、芳醇な香りを楽しみながら輪郭の感じられる辛口です。アフターにかけて僅かにミルキーな風味があり柔らかく円さやコクが感じられる変化のある味わいです。2日目にはやや色合いが濃くなり若干酸化した印象が感じられ、擦りりんごや杏などの風味が鼻腔に抜けていきます。 <インポーターさんのコメント>
新着マーク
18080
¥2,430(税別)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが
限定以外のワインを一緒にお買い上げ下さいませ。

ゲヴュルツトラミネール・ナチューレ・ヴァン・ダルザス2017ローラン・バーンワルト Gewurztraminer 2018
ゲヴュルツトラミネール 2018
品種:ゲヴュルツトラミネール

ごく僅かに濁りの見られるやや濃い黄色。
品種からイメージするライチ香などは控えめで、庭や公園などから気づくと薫ってっくるようなジャスミンや沈丁花を想わせる木々の、香り高い白い花や柑橘のピールに似たほろ苦い香りが多く感じられ、その奥に黄桃やアプリコットなど熟した果実や蜂蜜などの甘やかな香りが仄かに感じられます。角が丸く穏やかにあたる酸と果実味や仄かな甘みがバランス良く口中に広がることから、15.5%とアルコール表示は高いものの、重たさやボリューム感を感じさせず軽やかなタッチの辛口です。余韻には僅かにミルキーな柔らかな風味、そしてジンジャー香が現れ抑揚を感じさせます。
2日には香りに感じられた黄桃などの果実のフレーヴァーや味わいがより深まる印象で、一層全体がまとまり魅力的な様子を引き出します。 <インポーターさんのコメント>
新着マーク
19495
¥3,370(税別)

ピノ・ノワール・ビルドストックレ 2017ローラン・バーンワルト Pinot Noir Nature 2018
ピノ・ノワール・ナチューレ 2018
品種:ピノ・ノワール100%

深いルビー色。ソフトドライや完熟した赤い果実の印象を併せ持つエキスの詰まった果実の甘さ控えめな香り、それに加えカルダモンなどの爽やかなスパイス香が感じられます。口に含むと香りからのイメージに比べすっと抜けるような 軽やかな飲み口で、グレナデンや赤い果実のフルーツソースのように凝縮した風味が広がり、澄んだ酸が軽快さだでなく奥へと引きこむように導きます。ブルゴーニュのピノ・ノワールのように軽やかな果実味とピンと張りのある酸をもつスタイルではなく、アルザスの南の地域らしい凝縮した果実感やエキスのしっかりとした味わい、そして品格を感じさせながら、綺麗で伸びやかな酸が冷涼感や軽さを与え飲み心地のスムーズな仕上がりです。 <インポーターさんのコメント>
新着マーク
18079
¥3,370(税別)

リースリング・クヴェヴリ 2014ローラン・バーンワルト Riesling Qvevri 2014
リースリング・クヴェヴリ 2014
品種:リースリング

2019/4/24 ヴォルテックスの試飲会にて
熟成して黄色味がかった色をしています。ゴムのような石油系の香りが若干しましたが暫くすると蜜やトロピカルな香りがしてきます。クヴェヴリというとというイメージではなく、厚みの中に軽さや柑橘系の味わいがある味わいです。
18804
在庫 1本
¥4,700(税別)

リースリング・・ビルドストックレ 2015ローラン・バーンワルト Riesling Bildstoeckle 2015
リースリング・ビルドストックレ 2015
品種:リースリング100%

2018/4/4 ヴォルテックスの試飲会にて
きりっとした酸の中にトロピカルな熟した果実の感じも覗いていました。厚みもありピュアな果実味が冴え渡ります。余韻には密のような味わいが上がってきます。
18299
在庫 1本
¥4,450(税別)

ピノ・ノワール・ビルドストックレ 2017ローラン・バーンワルト Pinot Noir Bildstoeckle 2017
ピノ・ノワール・ビルドストックレ 2017
品種:ピノ・ノワール100%
ビルドストックレは収穫が遅いため、充実した香りでしっかりと熟した風味と骨格が感じられるスタイル

2019/4/24 ヴォルテックスの試飲会にて
土のような香り。タンニンは細かくエレガント。
19494
在庫 4本
¥4,460(税別)
Domaine Joseph et Christian Binner
ドメーヌ・ジョゼフ・エ・クリスチャン・ビネール
  自然派
 アルザスで1770年からワインを生産している名門のドメーヌです。 醸造に関しては農業本来の姿をモットーとして、無農薬を徹底し、一切SO2を使わず、また葡萄も収穫も手作業の為、 家族だけで出来る6haの畑で生産をしています。
今でこそ無農薬のスタイルが見直されておりますが、お父様の時代には化学肥料がもてはやされた頃でした。その時代にもかたくなに一貫して無農薬の農業を続けました。収穫も手で行っている為、家族だけで手入れが出来る11haの畑を大切に守っております。アルザスでは決して大きな造り主ではありませんが、先祖代々から大切に受け継がれた財産は、カーブの中1つとってもうかがえます。
<インポーターさんの資料から>
リースリング ル シャン デ アルエット2017クリスチャン・ビネール Riesling Le Champ des Alouettes 2017
リースリング ル シャン デ アルエット2017
品種:リースリング100% (手摘み/平均40年)
カッツェンタール村のリューディ「Lerchenfeld」の花崗岩粘土に植わる樹齢40年のリースリングを収穫後プレスしフードルで発酵、 そのまま18ヶ月シュールリー熟成しSO2無添加で瓶詰めしました。イ エローの外観から柑橘のアロマ、しっかりとした粘性とミネラル感のあるアタック、 カリンの果実味に、存在感はあるが後に長引かない酸、余韻まで果実感を楽しめる逸品です。
新着マーク
16939
¥2,690(税別)

リースリング スゲルト 2018クリスチャン・ビネール Riesling S'Ge-lt 2018
リースリング スゲルト 2018
品種:リースリング100% (手摘み/平均40年)
その名もスゲルト!です。 スゲルトとはアルザス語で乾杯の意味で、豊作への喜びが表現されています。 通常であれば、リースリング・サロン・デ・バン(=旧アムルシュヴィール)のキュヴェの畑ですが、 18年は豊作であったため、樽違いでより軽いものをスゲルトとして詰め、サロンデヴァンは別途今後リリース予定です。 18年は豊作で自然の恵みを皆と分かち合いたいと誕生したキュヴェ、アルザスの方言で乾杯の意味です。 サロンデバンと同じアムルシュヴィールのリースリングを油圧空圧式圧搾機で12時間プレスしフードルで12ヶ月発酵・熟成しました。 濁るライトイエロー、レ モンや金柑の香り、塩気を纏った深く長く拡がる果実とエキス感、 若い洋梨と金柑の優しい味わいがほっこりとさせてくれます。
新着マーク
19690
¥2,660(税別)

シ・ローズ・ヴァン・ダルザス 2015et2016ドメーヌ・ジョゼフ・エ・クリスチャン・ビネール Si Rose 2017et2018
シ・ローズ・ヴァン・ダルザス 2017et2018
品種:ゲヴュルツトラミネール65% ピノ・グリ35%(手摘み)
樹齢:平均45年
バラのような=Si Roseと肝硬変=Cirrhoseの発音が似ている事からラベルに肝臓が描かれています。
Bildstoeckleのリューディを含む区画のピノ・グリと  ゲヴュルツを8ヶ月醸した17年と8日間醸した18年をアッサンブラージュしフードルで熟成し19年秋に瓶詰めしました。  
憂いを帯びたアンバー橙色、オレンジピールやバラの香りハニーの甘味に上品なタンニン、素晴らしい逸品です。
新着マーク
18907
¥3,600(税別)

ピノ・ノワール・ノンフィルトレ・ノンサルファイトゥ 2017クリスチャン・ビネール Pinot Noir NF 2017
ピノ・ノワール・ノンフィルトレ・ノンサルファイトゥ 2017
品種:ピノ・ノワール100%(手摘み)  
樹齢:平均30年  
土壌:花崗岩・粘土石灰  
標高・向き:300m・南  
面積・収量:1ha・35hl/ha  
醗酵:自然醗母、セメントタンクで2週間マセラシオン     
毎日ピジャージュ、1〜2回ルモンタージュ 。  
熟成:フードルで11 ヶ月熟成し、シュールリー熟成、無濾過・無清澄。  
SO2:無添加 トータル14mg/L  
アルコール度:13%  
表層は花崗岩、深層は粘土石灰土壌に植わる  
樹齢30年のピノ・ノワールをフードルで11ヶ月シュールリー熟成し酸化防止剤無添加で瓶詰めしました。  

淡いピンクを帯びたルビーの外観から、ラズベ リーやザクロの甘い香りが拡がります。控えめで瑞々しい口あたり、滑らかなタンニンがたゆたう液体は、塩気を感じる余韻が心地よく響き渡るアルザスらしい繊細なピノノワールです。
ピノノワールの華やかな香り、香りの強さはそこまで強くないです。 ブルーベリー、ラズベリーの香り旨み、塩気あり、バランス良く、酸もきちんとあります。
<インポーターの資料>
17345
在庫 1本
¥3,520(税別)

ピノ・ノアールNF・NS 2016クリスチャン・ビネール Pinot Noir 2016
ピノ・ノアール・ベアトリス 2016
品種:ピノノワール100%
樹齢:平均30年(手摘み)
土壌:花崗岩、粘土石灰  
標高・向き:300m・南東  
面積・収量:1ha・35hl/ha  
醗酵:自然醗母、ステンレスタンクで2週間マセラシオン。    毎日ピジャージュ、1~2回ルモンタージュ。  
熟成:フードルで11ヶ月シュールリー熟成。     
無濾過・無清澄。  
SO2:無添加 トータル14mg/L  
アルコール度:14%  石表層は花崗岩、深層は粘土石灰土壌に植わる樹齢30年のピノ・ノワールをフードルで11ヶ月熟成し酸化防止剤無添加で瓶詰めしました。

2018/5/22 ディオニーの試飲会にて
色調は薄いルビー色。チェリーや杏のような甘酸っぱさ。フレッシュでタンニンがとてもシルキーです。
18410 ¥3,800(税別)
DOMAINE Andre Stentz
ドメーヌ・アンドレ・ステンツ
  自然派  インポーター:ル・ヴァン・ナチュール
ヴォージュ山脈の麓に広がるブドウ畑は日光の良くあたる理想的なミクロクリマを持っています。ワインの質、環境への敬意そして健康を尊重する方法を求めて有機栽培を行い始め、1984年にナチュール・エ・プログレの認証を得ました。化学肥料や除草剤、化学殺虫剤は使用していません。 ドメーヌ・アンドレ・ステンツブドウ畑 ドメーヌ・アンドレ・ステンツブドウ畑
栽培 :彼は、土壌の活性化と自然界のバランスを取ることを心がけています。
土壌は春から初夏にかけて耕されその後、8月から4月まで伸びる草は自然の肥料として使われ、また、益虫が害虫を捕食するようになります。
これらの畑作業により、ブドウの熟成は良く進み、テロワールを純粋に表現するワインとなります。手摘み、半日間かけてのプレスし、温度コントロールをして発酵。
果実味と上品さを兼ね備えています。補糖は全く行いません。
ワインは、混じりけ無くすっきりしていて、ブドウ品種とテロワールの特徴を存分に表現しています。
テロワール :土壌は、粘土石灰岩層。
最も素晴らしい場所は、グラン・クリュSteingrubler、Mandelberg、Hengst(Schoflit)です。 ドメーヌの南に位置するRosenbergの土壌は非常に複雑で、  泥炭土・石灰岩・ケイ質砂岩が交じり合っています。
リースリングに向いた土壌であり、果実味と繊細さを兼ね備えたものとなります。  Wettolsheim 地区北西に位置するSchoflitは、土壌は漸新世の礫岩と赤色の泥炭石灰岩、 グラン・クリュHengstの一部です。
ピノノワール 2017ドメーヌ・アンドレ・ステンツ Pinot Noir 2018(sulfite)
ピノノワール 2018
品種:ピノノワール100%。
SO2を使用せずに醸造したキュヴェ。
ALC:13.34%、残糖:0.2g/L、総亜硫酸:15mg/L

2020/3/25 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会
カシス、プルーンのような濃厚な味わいながらタンニンは滑らかでスムーズ。
18483 ¥3,140(税別)

リースリング 2018ドメーヌ・アンドレ・ステンツ Riesling 2018
リースリング 2018
品種:リースリング100%

2019/10/23 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会
熟した果実の香り。シトロンやライムのような爽やかな酸。 滑らかな果実感でアフターに苦味もなく品が良く美味しいリースリングです。

2020/3/25 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会
やっぱり美味しいです。爽やかな柑橘系の果実の香りと品の良い酸。時間が経って益々心地よい味わいになりました。
19576 ¥2,930(税別)

エデルツヴィッカー・ヴァン・ダルザス 2018ドメーヌ・アンドレ・ステンツ Edelzwicker 2018
エデルツヴィッカー・ヴァン・ダルザス 2018
品種:シャスラー中心、シルヴァネール、ミュスカ
edel<高貴な>+zwicker<ブレンド>という意味で、アルザスのブドウ品種をブレンドし、 1リットル瓶で販売されるアルザス独特のワイン。
シャスラ種中心でゲヴルツ、ミュスカなどがブレンド。

2019/4/25 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会
トロピカルな香りが心地よく、蜜っぽくとろんとした液体は飲み飽きしない美味しさです。

2020/3/25 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会
ハーブの香り。フルーティーで柑橘系、オレンジのような香りと熟したりんごの味わい。厚みのあるふくよかささが良いです。
18367
1000ml
¥2,510(税別)

クレマン・ダルザス 2017ドメーヌ・アンドレ・ステンツ Cremant d'Alsace 2017
クレマン・ダルザス 2017
品種:ピノブラン・オーセロワ80%、シャルドネ20%
残糖6.11g/L

2019/10/23 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会
細かい泡立ちがたっぷりしています。レモンのような酸、桃のような甘み、密っぽさもありますがドライでフレッシュで軽やかです。

2020/3/25 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会
フレッシュで爽やかな泡立ち。りんごのような酸と蜜っぽさがいい具合にバランスよく存在します。
18604 ¥3,240(税別)
フランス/ルーション
La Guinelle
ラ・ギネル
  自然派 インポーター:ディオニー
無謀な挑戦とも言われた自然派ヴィネガー造り  
乾燥した気候と照りつける太陽が特徴の南フランス ルーション地方。  
この地で、「本物のヴィネガー造り」を目指し、挑戦した女性がいます。  
彼女の名前はナタリー エール。
今やフランスをはじめ世界中で賞賛されるようになった天然醸造による自然派ワインヴィネガーの造り手です。
本来ワインヴィネガーは、自然界に存在する酢酸菌の作用でワインからヴィネガーへと自然と発酵し、変化していきます。
ナタリー エール
 反対の視点に立てば、古来のワイン造りにおいては、ワインをいかにヴィネガーとならないようにするかがワイン生産者たちの永遠のテーマでした。  
例えば、ブルゴーニュ地方の都市ディジョンがマスタード(マスタードシードとヴィネガーで造られる)の産地として有名になったのも一大ワイン産地ブルゴーニュで多量のヴィネガーが副産物として生まれていたからだとも言います。  
しかし、酸化防止剤となる亜硫酸塩の使用や醸造管理技術が発達した現代においては、ワインが意図せずヴィネガーになってしまうという事態は珍しいものとなりました。  
そして、ワインヴィネガー生産は、ヴィネガー生産のみを目的とした工業的プロセスにとってかわり、天然醸造と呼べるスタイルのヴィネガー造りは失われてしまいました。  そのような状況のなかで、一人の自然派ワインファンであったナタリーは  「伝統的な本物のワインヴィネガーを造りたい」と考え、バニュルスにほど近い場所で、完全天然醸造によるヴィネガー製造の「ラ ギネル」をはじめました。  
そんな彼女の挑戦を、当初この地域の自然派ワインの造り手たちは、無謀な挑戦であると止めようとしたと言います。  
しかし、素晴らしいワインの造り手たちに囲まれた環境の中で、自分自身も価値のあるものを手がけ、世に出したいという彼女の強い意思は、止めることはできませんでした。  
伝統的なヴィネガー造りの手法  
昔ながらの手法にまず欠かせないのが醸造中に酸化防止剤となる亜硫酸を一切使用していないワインです。  
ラ・ギネルはバニュルスの地を中心に主に亜硫酸無添加のワインをヴィネガー造りの原酒として買い付け、そのまま古樽に入れて太陽照りつけるバニュルスの気候の中で、自然と酢酸菌が活動してヴィネガーへと発酵していくのを待ちます。  
現代の多くのメーカーでは人為的に酢酸菌を添加し、より管理しやすい形で発酵させるのに対して、空気中の酢酸菌の活動に頼ったより自然で古典的な手法といえます。  この素朴で香り豊かなヴィネガーはフランス本国の多くの星付きレストランをはじめ、名だたるレストランのシェフがこぞって使用するようになりました。  
「原料となるワインが良いものでなければ、本当に素晴らしいヴィネガーには成りえません。  
上質なヴィネガーだけが持つ、ワインからもたらされる風味と力強さを見出していただけることと思います。  
かのルイ パスツールは、ワインのみから作られたヴィネガーだけが、本物のワインヴィネガーの名に値すると語っています。  
ヴィネガーとは、簡単に言ってしまえば家庭のサラダをおいしくするシンプルな調味料です。  しかしこの本当の意味を私が造ったラ・ギネルのヴィネガーで 皆様に感じていただけるでしょう。」  当主、ナタリー エール女史の言葉です。  
<野村ユニソンさんの資料より>
ヴィネーグル ディネス 2017ラ・ギネル Vinaigre D'Ines 2017
ヴィネーグル ディネス 2017
 天下のBruno Duchenのワインでも起きてしまう酢酸発酵。100%ナチュラルに造っていると、 いつも酢酸菌と戦いながらワインを造っております。 ブルノのINES 2017はこの世に存在しておりません。何故なら瓶詰め直前に酢酸発酵が始まり、 瓶詰めを断念。 そしてナタリーに頼んでヴィネガーにしてもらいました。 そしてこのヴィネガーは100%日本にのみ輸出。ブルノには事故ですが、 飲み手のファンの 我々にはちょっと嬉しいかもしれませんね。後にも先にも偶然出来たヴィネガーです。
新着マーク
19691
¥2,530(税別)
フランス/ラングドック
Jacques Frelin
ジャック・フレラン
  自然派 インポーター:ディオニー
 彼の会社はブドウを探し、醸造は別の会社に頼み、瓶詰めとストック管理も別会社に委託するという 新しいスタイル。それは結果経費の無駄を減らし、低料金・高品質の商品をお客様に提供出来るからです。 健全な問題の無いワインを造るために時にはビオの酵母菌を添加したり、SO2を使用します。 しかしオーナーのジャックは無農薬のブドウで、出来るだけ自然に近い味わいを求め今の形が出来上がりました。
ラ・マルエット 2018ジャック・フレラン La Marouette 2018
ラ・マルエット 2018
品種:メルロー 100%(平均25年)
ワイン名は川沿いや沼地に生息する渡り鳥「マルエット」、ジャック 達はマルエットやその生息地の保全活動団体に協力しています。メ ルローをステンレスタンクで発酵・熟成SO2無添加で瓶詰めしまし た。粘性のある赤紫の外観から煮詰めたベリーやストロベリーチョ コの香り、甘くフルーティーな口あたり、バニラやカシスが拡がるバ ランスの整った味わいと心地良いアフターをお楽しみいただけます
新着マーク
19617
¥1,800(税別)
フランス/ブルゴーニュ シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
ロワール・ローヌ イタリア スペイン
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]