2020年5月新着・ロワール・ローヌワイン

[ hasigoya on line TOP ]   [ ワイントップ ]   [ ご注文方法 ]   [カゴの中身を見る]   [お問い合わせ]
5月 新着ワイン   (=自然派ワイン)
フランス/ブルゴーニュ フランスその他 シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
イタリア スペイン
2017年コサール・シャソルネイ
■ ■ ■ ご注文数量は半角英数字でご記入下さい■ ■ ■
フランス/ローヌ
les Vignerons d'Estezargues(Les Galets)
レ・ヴィニュロン・デステザルグ(レ・ガレ)
  自然派
ジャン・フランソワ・ニック氏エステザルグ協同組合エステザルグ協同組合葡萄畑
デステザルグ協同組合は、ローヌ河南部の街アヴィニョンの南西側に位置しており、加入者が10名たらずというフランス最小の協同組合と呼ばれています。 協同 組合といえば、多収量・低価格のブドウを生産者から買い入れて価格の安いバルクワインを造るというのが一般的ですが、エステザルグ協同組合ではそれぞれの 生産者が品質にこだわったワインを造り、自らの名前をエチケットに記してリリースしています。「協同組合」としての大きなメリットは、農機具や新しい醸造 設備を共同で購入したり、醸造アドバイスを受けるシステムが構築しやすいなど、品質向上に向けた資金面でお互い協力し合える点といえます。 いわゆる「協同組合」のがぶ飲み用ワインとは一線を画した品質主義のワインを生産しています。 この協同組合を ここまで高品質なワインを造る生産者に育て上げたのは、現在フーラル・ルージュで自らワイン造りを行うジャン・フランソワ・ニックです。彼はこの協同組合 を指揮し、多量のワインを高品質に、自然な造りで生み出していました。 彼が独立した後もそのコンセプトを引き継ぎ、各生産者達がそれぞれに素晴らしいワインを造り上げているのです。

エステザルグ協同組合の特徴
※ 化学物質を一切使わない「ビオロジック」および極力農薬の使用を避ける「リュット・レゾネによる栽培」
※ 樹齢の高いぶどうから生まれる豊かな風味
※ 土壌の個性を生かし、区画ごとに分けた収穫
※ 平均35hl/haとグランクリュ並みの収穫量
※ 土着の自然酵母を使った発酵
※ 発酵~熟成中は、亜硫酸を添加しない
※ ろ過や澱下げをせずに瓶詰め。

Les Grandes Vignes”は、生産者ごとに瓶詰めされるこの協同組合にあって例外的にブレンドされたワインで、これは各農家の最高の区画で栽培されたブドウ、あるいは古い樹齢からのブドウを選別して造られたものであり、その目的は「エステザルグ」の認知度を高めるためのものに他なりません。言わば、組合の象徴的な存在といえるワインなのです。
コトー・デュ・ポン・デュ・ガール・キュヴェ・デガレ 2016レ・ヴィニュロン・デステザルグ VdP Coteaux du Pont du Gard Cuvee des Galets 2016
コトー・デュ・ポン・デュ・ガール・キュヴェ・デガレ 2016
品種:グルナッシュ、カリニャン、シラー
新着マーク
18841
3L入り(750ml換算:920円税別)
¥3,680(税別)

コトー・デュ・ポン・デュ・ガール・キュヴェ・デガレ 2015レ・ヴィニュロン・デステザルグ VdP Coteaux du Pont du Gard Cuvee des Galets 2018
コトー・デュ・ポン・デュ・ガール・キュヴェ・デガレ 2018
品種:グルナッシュ、カリニャン、シラー
18737 ¥1,480(税別)

レ・グラン・ヴィーニュ2017レ・ヴィニュロン・デステザルグ Cotes du Rhone Les Grandes Vignes 2017
コート・デュ・ローヌ・ルージュ「レ・グラン・ヴィーニュ」2017
品種: サンソー 100%
レ グランド ヴィーニュは、生産者ごとに瓶詰めされるこの協同組合にあって例外的にブレンドされたワインで、これは各農家の最高の区画で栽培されたブドウ、あるいは古い樹齢からのブドウを選別して造られたものであり、その目的は「エステザルグ」の認知度を高めるためのものに他なりません。
言わば、組合の象徴的な存在といえるワインです。
セパージュは、サンソー100%ですが、ブラインドでそれを言い当てるのはかなり難しいといえるほど成熟したブドウから造られています。シラーを思わせるスパイスのような風味に、赤紫系の果実の熟した味わいがあり、エレガントな風味も感じられます。低価格なローヌにありがちな野暮ったさはなく、上品な味わいが楽しめます。 <インポーター著>
18232 ¥1,650(税別)
Les Vigneaux
ヴィニョー
  自然派   インポーター:ヴォルテックス
アルデッシュの南 Valvignere ヴァルヴィニェール村で三世代続くワインの造り手。 現在は、クリストフとエレーヌの2人がワインを造っています。 2001年からビオロジック、2009年からビオディナミに移行して、土地の力を最大限に生かしています。 畑を案内してくれるときに鍬をもってきて土を掘り起こし、土の違いが葡萄の違いに、そしてワインの違いになることを熱心に教えてくれます。 ここ数年、ジェラルド ウストリック(マゼル)やジル アゾーニなどが中心となって他の造り手を感化し、ヴァルヴィ二エール周辺では沢山の若手が自然派ワインを造り始めています。 そんな激戦区でありながら、ヴィニョーはとても注目されています。 彼らを一躍有名にしたのはピノノワール。南のピノノワールと聞くと大味を想像しがちですが、その果実味のフレッシュさ、繊細さに皆が驚きフランスで一気に評価を高めました。 その他の品種のワインもとても高いレベルで安定しています。 自然派ワインのファンはもちろん、そうでない方も誰もが安心して楽しめる貴重なワインの造り手です。
シラー 2016ヴィニョー Syrah 2018
シラー 2018
品種:シラー100%
やや紫がかった鮮やかな赤色。赤系果実主体にやや黒系が混ざり合うような若々しい果実香に、小さな紫の花などを想 わせる華やかさやクローヴのようなスパイス香が加わります。ミディアムな口当たりでチャーミングな果実感とほどよい甘さが調和良く、透明感のある酸が甘酸っぱい味わいへと導きます。アフターにかけてバラや紅茶を想わせるかぐわしい香りが広がり、カカオのようなニュアンスと葡萄の果皮をかじった時のようなタンニンが僅かに残ります。果実味豊かで馴染みやすい印象ですが、その中にもどこか落ち着きがあり洗練された雰囲気を感じさせます。現在の可愛らしい果実感や味わいも非常に魅力的ですが、今後の熟成の過程で上品さや華やかな様子が一層引き出されていくことでし ょう。
新着マーク
18506
在庫 1本
¥2,360(税別)

ヴァン・ド・フランス・ヴィオニエ・デ・ローブ 2016ヴィニョー VdF Voignier De's l'Aube 2018
ヴァン・ド・フランス・ヴィオニエ・デ・ローブ 2018
品種:ヴィオニエ
僅かにオレンジがかった濃い黄色。沈丁花のように思わず立ち止まってしまうような香り高い白い花、ライチや白桃な どの香りが感じられます。華やかすぎずほどよいアロマで引き寄せらるような魅力を感じさせます。香りと柔らかい甘 みがゆっくりと広がっていき、アフターにかけて紅茶の茶葉を想わせる香りやミルキーな風味が徐々に混ざり合い、深みやまろやかな様子が増していきます。辛口でありながらふんわりとした香りと甘い風味が感じられ、特にアタックは 優しい口当たり。その先へすっと流れるように道筋をつくる綺麗な酸が感じられ、豊かな風味を支えつつ全体をまとめ軽快な飲み心地を引き出してくれます。僅かに残る塩味も締まりを感じさせ、スッキリとしたスタイルでほどよい香り高さを表現し、シャルドネ同様に重たさがなく、品種の特徴を気持ち良く感じさせてくれます。
新着マーク
18910
在庫 1本
¥2,780(税別)
Domaine Les Deux Terres
ドメーヌ・レ・ドゥー・テール
  自然派   インポーター:ヴァンクール
エマニュエルとヴァンサンが最初に出会ったのは 1998年、ミラベルにある農業学校で、ヴァンサンは当時農業学校にある畑とカーヴの仕事に従事し、マニュエルは自分でワイナリーを立ち上げる準備の一環として学校に通っていた時だった。
彼らのモットーは「消費者が喜ぶ自然派ワ インをつくる!」こと。
ドメーヌ・レ・ドゥー・テール
ワインの欠点に一切の妥協は許さず、常にコストパフォーマンスの高いワインをつくり上げるために、テイスティングなどお互いの厳しいチェックは欠かせない。レ・ドゥーテール「二つの土地」というドメーヌ 名には、2 人の才能、2 人のそれぞれテロワールの異なるブドウを持ち合わせ、ひとつの素晴らしいワインをつくり上げ るという彼ら一心同体の強い思いが込められている。
シレーヌ(赤) 2013ドメーヌ・レ・ドゥー・テール VdF Silene Rouge 2018
シレーヌ(赤) 2018
品種:メルロー100%
樹齢:36年平均
マニュエル曰く、2018年は、質量共にドゥーテールが仕込んだシレーヌの中で最高のワインに仕上がったとのこと!いつもだとメルローとカベルネの収穫の間に10日前後の開きがあるが、 今回は完熟したメルローの重さを抑えるために、カベルネを早めに収穫し、味わいに若干の清涼感を与えた。また、前年はメルローとカベルネを別々に仕込み熟成時にアッサンブラージュしたが、 今回はメルローとカベルネを一緒に混ぜ同時に仕込んでいる。さらに、今回から樽熟以外にステンレスタンクで熟成を施すなど、重厚なワインに少しでも清涼感を与えるような工夫をしている。 出来上がったワインは、濃厚ながらもシレーヌの特徴である果実味のしなやかさは健在!カベルネとメルローを一緒に仕込むことで、よりワインに一体感が生まれている!
新着マーク
18955
¥2,500(税別)

VdF ブリック・ア・ブラック 2017ドメーヌ・レ・ドゥー・テール VdF Bric a Brac Rouge 2018
VdF ブリック・ア・ブラック 2018
品種:シラー100%
樹齢:42年
2018年は、シラーの当たり年!マニュエル曰く、8月10日に雨が降り、そこから収穫日までブドウの完熟か腐敗かの我慢比べを行ったが、9月に入りブドウの腐敗の兆候が出始めたので、 すぐに収穫に取り掛かったとのこと。マニュエルは今回のブリック・ア・ブラックについて、味わいの中にある酸がどうも気になるらしく、欲を言えばポラティムのシャルドネ同様に、 もう少し収穫を待てば良かったと振り返る。だが、実際のワインは、開けたてから香りが全開!味わいも中身がぎっしりと詰まっていて、当たり年のシラーを彷彿させる!マニュエルの気になる酸は、 ワインにしっかり溶け込んでいて、アルコールのボリュームと清涼のある絶妙なバランスだ!
新着マーク
18134
在庫 1本
¥2,720(税別)

ジャジャ(赤)2018ドメーヌ・レ・ドゥー・テール VdF Jaja Rouge 2019
ジャジャ(赤)2019
品種:メルロー40%、サンソー40%、シラー13%、グルナッシュ7%
樹齢:5年~42年
2019年は、日照りの影響によりメルローの潜在アルコール度数が14%近くまで上がったため、度数を緩和するために度数の低いサンソーの割合を増やし一緒に仕込んだ。 また、この年は、グルナッシュの収量が極端に少なく、ジャ・ジャに回す余裕がほとんどなかったので、グルナッシュを補うためにブリック・ア・ブラックのシラーを混ぜセニエで仕込み、 メルローとサンソーにアッサンブラージュした。出来上がったワインは、口当たりがビロードのように滑らかで、搾りたてのブルーベリーのような艶やかな果実味に思わず唸ってしまう!前年よりもワインに濃縮感があり、 プリムールの要素であるフレッシュな果実味を残しつつ、まろやかなコクが口の中を満たす!酒質的には初期のラ・ルブールと良く似ていて面白い!
新着マーク
18954
在庫 3本
¥2,300(税別)

IGP コトー・ド・ラルデッシュ赤ジグ・ザグ2010ドメーヌ・レ・ドゥー・テール VdF Zig-Zag Rouge 2018
ジグ・ザグ 2018
品種:シラー50%、グルナッシュ50%
樹齢:23年~46年
収穫日はシラーが9月7日、8日、グル ナッシュが10日、11日。
収量は30~ 42hl/ha。
2018年はシラーとグルナッ シュが十分熟していたため、メルロー を補填する必要がありませんでした!
ワイン名は「紆余曲折」で、初リリースのワ インの状態が落ち着くのに時間がかかったことからこの名前が付けられました!
SO2無添加、ノンフィルター!

2019/1/8 ヴァンクールの試飲会にて
ブルーベリージャムやスミレの花のような味わい。ほのかに感じる苦みとタンニンがあり濃厚な味わいです。
18136
在庫 3本
¥2,610(税別)

VdF ブリック・ア・ブラック 2017ドメーヌ・レ・ドゥー・テール VdF Bric a Brac Rouge 2015
VdF ブリック・ア・ブラック 2015
品種:シラー100%
樹齢:39年
収穫日は9月6日と例年よりも10日ほど早い!収量は28 hL/ha。2015年は全房のスミマセラシオンカルボニックで仕込んでいます!ワイン名は「雑多な骨董品」という意味があり、以前、初リリースしたワインの味が不安定だったことからこの名前を付けられました! SO2無添加!ノンフィルター!

2019/1/8 ヴァンクールの試飲会にて
カシスやドライプルーンのような濃厚で熟した果実の味わい。タンニンはキメ細かく、ほのかに感じる苦み。
19442 sold out
¥2,770(税別)

シレーヌ(赤) 2013ドメーヌ・レ・ドゥー・テール VdF Silene Rouge 2017
シレーヌ(赤) 2017
品種:メルロー70%、 カベルネソーヴィニヨン30%
樹齢:35年平均
収穫日はメルローが8月30日、カベルネ が9月12日と例年よりも2週間早い!収量は花ぶるいと日照りにより20~25 hL/haと40%減。 2017年はメルローの不足を補うためカベルネを加えた!ワイン名はギリシャ神話に出てくる酒の神デュオニュソスの従者で酔っぱらいのシレーノスからとった!
SO2無添加、ノンフィルター!

2019/2/27 ヴァンクールの試飲会にて

濃厚でカシスやプルーンなどの果実を思わせます。スパイシーで熟した旨味をきめ細かいタンニンが優しく全体を包んでいます。
18555
在庫 3本
¥2,500(税別)
フランス/オーヴェルニュ
Francois Dhumes
フランソワ・デュム
   自然派 インポーター:ディオニー
 フランスの中央に位置し、どちらかというと産業的には観光が主で、勿論フランス中、農業はどこも盛んですが、下に見られがちなオーヴェルニュ地方。  冬は厳しい寒さで、品種もBourgogneに近い認定品種ですが、その存在はあまり知られていないのが現状です。しかしそういう地域でも志を高い生産者は沢山おります。  
1979年生まれ、Maconで醸造学を学び、南仏の大きなワイナリーでしばらく働いておりました。しかし生まれ故郷のオーヴェルニュに戻り、ナチュラルワインと出会い、自ら造るなら!とヴァンサン達の協力を得て独立。
でもまだ Vincentの所で週の半分は働いております。
 2006年から開始したものの、ほとんど醸造した量は少なく、本当に一部の間でしか行きわたりませんでした。
フランソワ・デュム氏
 でもその真面目な味わいが実は生産者の間では評判が良かったのです。4000本しか生産されなかったので2007年は瓶詰め前に売り切れました
2009年から日本への輸出が可能になったのです。前から彼の評判は聞いてはおりましたが、幻のワインでしたからあまりくどくど説明しません。まずは召し上がって下さい。彼の人柄が解ると思います。
<ディオニさんの資料から>
サルモン ペッペール 2018フランソワ・デュム Sarment Pepper 2018
サルモン ペッペール 2018
品種:ピノノワール100%(手摘み/平均18年)

ビートルズの曲Sergent pepperを文字ったキュヴェ名で、花崗岩と粘土石灰に植わるピノノワールを除梗せずにグラスファイバータンクでセミカルボニック後、ゆっくりと発酵し熟成しました。

紫がかった薄めの ガーネット色から、スミレやフランボワーズ、甘草の香りを感じます。 しっかりとした旨味も拡がる果実味、上品な酸味がアフターの着地をやさしく招いてくれます。
<インポーターさんのコメント>
新着マーク
19689
sold out
¥3,770(税別)
入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが
限定以外のワインを一緒にお買い上げ下さいませ。

Nuit Blanche 2017
ニュイ ブランシュ 2017
品種:シャルドネ100% (手摘み/平均20年)
白夜の意で、発酵しづらく心配で眠らない(眠れない)夜から命名、粘土石灰土壌で育つシャルドネを木樽で12ヶ月発酵・熟成、SO2無添加で仕上げました。

淡く白濁したグリーンイエローの外観から、レモンや伊予柑、スワリング後に熟したみかんの香りへ変化します。柑橘のエキスと蜜の凝縮したニュアンスに集中力のある酸とたゆたうミネラル感、ボリュームのある長めの余韻が印象的です。
<インポーターさんのコメント>
新着マーク
19688
sold out
¥4,500(税別)
入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが
限定以外のワインを一緒にお買い上げ下さいませ。

ペティアン ナチュレル テット ド ブル ロゼ 2018フランソワ・デュム Petillant Naturel Tete de Bulle Rose 2018
ペティアン ナチュレル テット ド ブル ロゼ 2018
品種:ガメイ・ドーヴェルニュ100% (手摘み/平均40年)

樹齢40年のガメイで造るペティアンナチュレルで一次発酵の途中で残糖がある状態で瓶詰めし、そのまま8ケ月瓶内発酵熟成しました。
細かく小さな泡が立つサーモンピンクの外観から若いさくらんぼや青梅の香り、クリーミーで細かく柔らかな味わいにミネラル感とほんのりイチゴの果実感、残糖控えめなシャープでドライなアフターが涼やかな印象を与えてくれます。
新着マーク
19687
在庫 1本
¥3,350(税別)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが
限定以外のワインを一緒にお買い上げ下さいませ。
Domaine Vincent Tricot
ドメーヌ・ヴァンサン・トリコ
   自然派  インポーター:ヴァンクール
Domaine Peyra、Pierre Beauger氏らの出現によって見直されてきたAuvergne地方。シラクの生まれ故郷、昔はブドウ畑が沢山広がっておりましたが、ワイン造りをやめる醸造家が多い地方なのでした。何故ならフランスではまだまだワインに対する考え方が保守的で、この地のワインはどんなに頑張ってもINAOの法規上、VDQS以上にはなれませんでした。新しい造り主はそんなの関係なと、Table Wineに落としてまで、自分のワイン造りを始め、今密かなブームと注目を浴び始めております。
ヴァンサン・トリコは1972年生まれの若き醸造家。
 南仏でワインを11年造っておりましたが選んだ地は奥様の実家の近くオーヴェルニュ地方。この地で長い間(1971年~)無農薬で畑を守っていた、Claude Prugnard氏の所でお手伝いをしていました。引退を決心したClaude Prugnard氏はヴァンサンの情熱に惚れ、彼に畑とシェ(醸造所)を譲りました。
 2003年に購入、名実ともにオーナーとなり自分のワインを造り始めました。
 畑は全部で4.6ha、内訳は3.3haのGamay、0.7haのChardonnay、0.6haのPinot Noirなのであります。
 奥様のお父様もボージョレでネゴシアンをしていたから、田舎暮しやワインへの理解は大丈夫です。と仲の良い御夫婦です。
 将来性あふれる醸造家、彼の今後の活躍に期待したいと思います。
ピノ・ノワール・トワ・ボンノム 2018ドメーヌ・ヴァンサン・トリコ Pinot Noir 3 Bonhommes 2018
ピノ・ノワール・トワ・ボンノム 2018

開けたてから、これは美味しくなりそう!とピンときました。果実味、エキス感がじわじわと出かけていて、うめしそのピュアな味わい。2時間後にはやっぱり美味しくなっていて、うめしそに加えてベリーの果実味も広がり、つるんとピュアな質感に変わりました。
<インポーターさんのコメントから>
新着マーク
19332
¥3,770(税別)

エスカルゴ 2018ドメーヌ・ヴァンサン・トリコ Escargot 2018
エスカルゴ 2018
品種:シャルドネ100%(手摘み/平均19年)
標高450mの粘土石灰土壌に植わるシャルドネを直接圧搾し、3サイズの木樽で 21日間発酵、そのまま13ヶ月熟成しSO2 無添加で 仕上げました。

クリーミー、アプリコットの果実の凝縮感で奥から果実味も酸味もじわりと広がります。 最初、中度の樽感がありますが開いていき苦みが消えてまろやかな質感に変化します。
<インポーターさんのコメント>
新着マーク
18839
¥3,560(税別)

ル・プチ ルージュ ド ラ コート ウエスト 2017ドメーヌ・ヴァンサン・トリコ Le Petit Rouge de la Cote Ouest 2017
ル・プチ ルージュ ド ラ コート ウエスト 2017
品種:ガメイ・ドーヴェルニュ 100%(手摘み/平均45年)
プティットフルールで使うガメイよりも12日間遅れて収穫した高樹 齢で南西向きの畑のブドウを除梗し、21日間醸し4年落ちの樽で 7ヶ月熟成しました。

野イチゴ、スモモ、カルダモン系のハーブ、凝縮感のあるタイトな果実味と酸がバランス良く 瑞々しさがあります。
<インポーターさんのコメントから>
19418 ¥3,600(税別)
Domaine La Boheme
ドメーヌ・ラ・ボエム
   自然派  インポーター:ヴァンクール
かつてのパトリック・ブージュは、ワインの世界はアマチュアで、休日にワイン・ショップや極たまにワイナリーの訪問をするくらいの関心しかなく、自らワインを作ることなど考えも及ばなかったそうです。
その彼が人生を大きく方向転換するきっかけとなったのが、たまたま当時付き合っていた彼女に紹介されたピエール・ボージェとの出会いで、
ドメーヌ・ラ・ボエム
 以降、ピエール・ボージェのガイドの下、自然派ワインの世界にどっぷり足を埋めることとなりました。普段は IBM でコンピューター技師の仕事を持つ彼は、一方で、自ら 20 アールの畑を借り、片手間だが週末と休日を利用して自分のワイン作りを開始しました。
分からないことは、常にピエール・ボージェからアドバイスをもらい、6 年間は経験を 積みつつ、表向きにはなりを潜めていました。それが 2002 年までの話。
2003 年に彼はワイナリーとして独立することを決意した後は、IBM でバイオの研究システムをつくる優秀なプログラマーだった地位を捨て、午前中だけ仕事をする契約 社員に格下げするよう願いを出し、以降、1.5ha の畑を買い、教会の敷地内にある昔のカーヴを借りて 2005 年に正式 にドメーヌ・ラ・ボエムをスタートさせたのです。
VdFシューペール・ベー 2018ドメーヌ・ラ・ボエム VdF Super B 2018
VdFシューペール・ベー 2018
品種:ガメイ(ボジョレー)100%
ボジョレーのワインが好きなパトリックが、クリュ・ボジョレーに乗り込んだ!それがこのシューペール・ベーだ!
ブルイィの中でもとりわけ評価の高いクリマから。当初はブルイィ100%で仕込む予定だったが、ブルイィが醸造途中にボラティルが上がってしまったので、味わいを中和しバランスを取るためにボジョレーのサルセイにある自社畑のガメイを1/4アッサンブラージュした。
出来上がったワインは、艶やかでチャーミングな果実味にピス・ヴィエーユのグラニット・ローズの古樹からもたらされるタイトなミネラルが加わり、官能的で長期熟成を予感させる、まさにスーパーボジョレー!!の名の通り最高のワインに仕上がっている!

ダークチェリー、ミュール、スミレ、タイ ム、シナモン、シャンピニョン、鉱石の 香り。ワインはチャーミングかつミネラ リーで、染み入るようなピュアな果実 味に伸びのある酸と鉱物的なミネラ ル、キメの細かいタンニンの収斂味が きれいに溶け込む!
19674 ¥3,660(税別)

ペティアン・ナチュレル・フェステジャール・ドメーヌ・ラ・ボエム Petillant Naturel Roze FESTEJAR 2018
ペティアン・ナチュレル・ロゼ・フェステジャール 2018
品種:ガメイ(ボジョレー)95%、ヴィオニエ、シュナン5%
前年のフェスティジャールはボジョレーのガメイが半分で、残りはアルデッシュやオーヴェルニュのガメイも入っていたが、今回はボジョレーのガメイを主体につくられている。
パトリック曰く、2018年は収穫後も暑く発酵に勢いがあったため、一次発酵の時点でほぼワインが辛口に仕上がり、二次発酵の泡をつくる糖分が不足してしまった、とのこと。そこで急遽発酵途中の過程にあったヴィオニエとシュナンのブレンドジュースをティラージュの代わりに使い、何とか泡をつくることに成功した。クリスピーと言える程度の微発泡で、いつもよりも甘さ控えめな味わいに仕上がっているが、骨格を支える酸のキレもよく、余韻に残る滋味深いミネラルがただのヴァン・ド・ソワフに収まらないテロワールの貫録を見せつける!
18336 ¥3,660(税別)
フランス/ロワール
Domaine Julien Prevel
ドメーヌ・ジュリアン・プレヴェル
 自然派  インポーター:ディオニー
2009年に他界した私の大好きなステファン・コサ氏の名前は皆様の記憶にも残っていらっしゃると思います。
 Montlouisという地で作った、あのChenin Blancは今でも鮮明に素晴らしい味わいであったことを思い出します。ラッキーな事にその畑を次に預かった新しい生産者ジュジュこと、ジュリアン・プレヴェルのご紹介をさせて頂きます。  
 1982年3月9日、ブルターニュ生まれ、最初は全くワインと違う仕事をしていました。お風呂の販売会社にお勤めでしたが、自然の中で仕事がしたいと思いTours近郊で畑仕事をしていました。
  その後、その興味は葡萄に移り、ワインを造ろうと28歳の時にアンボワーズの醸造学校に入学。入学する前からフランツソーモンの剪定を手伝ったりしておりました。ですからフランツのところでスタージュ(研修)でお世話になり、本格的にナチュラルワインと出会います。
 今まで学校で学んでいたワインと全く違って、本当に葡萄が生き生きと味わいに表現されたワインを飲んでこんなナチュラルワインを造りたい!と決心。
 フランツとステファンは親友だったので、彼のような若者にステファンの残した畑を任せたらどうか?とフランツがステファンの奥様に話を持ちかけ、とんとん拍子に進んだのです。そして2014年~ジュリアン・プレヴェルが正式にステファン・コサの畑のオーナーになり、 新たな新人醸造家が誕生したのであります。
<新井順子さんのコメント>
シャン ド ティ―ル 2018ドメーヌ・ジュリアン・プレヴェル Le Chant de Tyr 2018
シャン ド ティ―ル 2018
品種:コー100% (手摘み/ComingSoon)

ステファン・コサの畑を引き継いだジュリアンが砂質土壌で育つ コーを除梗せずに2週間の醸し後バリックで8ヶ月発酵・熟成しました。

淡いパープルガーネットの外観から、フランボワーズや火打石 の香り、フレッシュでクリスピーなタッチ、 じわりと拡がるエキス感と ベリー系の旨味の凝縮感に思わず笑みがこぼれます。時間の経過と共に華やかな装いへと変化する 味わいをお楽しみください。 <インポーターさんのコメント>
新着マーク
19686
¥3,140(税別)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが
限定以外のワインを一緒にお買い上げ下さいませ。

ル・ジュ・ブリフィアン 2018ドメーヌ・ジュリアン・プレヴェル Le Jus Brifiant 2018
ル・ジュ・ブリフィアン 2018
品種:ガメイ100%

ステファン・コサの畑を2014年に引き継ぎ類まれなる才能を発揮するジュリアン、ガメイをグラスファイバータンクで発酵した後、 瓶詰 めしSO2無添加で造ったペティアンです。

鮮やかなサーモンオレンジの外観から若いイチゴの香りが拡がります。 ムースな泡立ちにイチゴの優しい甘み、ネガティブな要素が全く見受けられない、ゆるゆるとしたやさしい味わいに仕上がっています。 <インポーターさんのコメント>
新着マーク
18305
¥3,140(税別)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが
限定以外のワインを一緒にお買い上げ下さいませ。

パントレイ 2017ドメーヌ・ジュリアン・プレヴェル Pintray 2017
パントレイ 2017
品種:シュナンブラン100% (手摘み/ComingSoon)
ステファン・コサの畑を引き継いだジュリアン・プレヴェルがモンルイのシュナンブランをバリックで1ヶ月発酵し、そのまま12ヶ月熟成 後すべてのバリックをグラスファイバータンクでアッサンブラージュし3週間寝かせてから瓶詰めしました。

黄金色の外観から、夏みかんや甘草の香り、中程度の粘性と豊かなボリューム、美しい酸と硬質のミネラル、 ピールのほろ苦さをアフターに感じます。 <インポーターさんのコメント>
新着マーク
19685
¥4,080(税別)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが
限定以外のワインを一緒にお買い上げ下さいませ。

セック・マシーン 2018ドメーヌ・ジュリアン・プレヴェル Sec Machine 2018
セック・マシーン 2018
品種:シュナンブラン100% (手摘み/平均40年)

ステファン・コサの畑を引き継いだジュリアンが樹齢40年のシュナンブランをステンレスタンクで8ヶ月発酵後、1 9年5月にティラー ジュ、瓶内二次発酵・熟成を経て10月にデゴルジュマンしました。
クリアなライトイエローの色調、レモンやグレープフルーツの香り、穏 やかな泡にコンポートジュースの甘みと控えめな酸、アフターにややピールの苦みを感じる心地の良い味わいが拡がります。
<インポーターさんのコメント>
新着マーク
19600
¥3,140(税別)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが
限定以外のワインを一緒にお買い上げ下さいませ。
Chrustian Venier
クリスチャン・ヴニエ
   自然派   インポーター:ヴォルテックス
クリスチャン・ヴニエは、若い頃から自然派ワインに興味を抱いており、1995年に従兄弟の ティエリー・ピュズラと一緒に農業学校に入学しました。農薬の害などについて農民や周辺住民が 知らなかった時代に、ルネ・モスやジュー・ピトン達とも一緒に、当時としては革新的な有機栽培を 学びました。
クリスチャン家系は、ロワール地方のブロワ近くで何代も続いている農家ですが、 スタート時には、父親の畑の葡萄が醸造に適していなかったので、畑を借りましたが、現在は葡萄の 植え替えも終えてトータル8haの畑を所有。7つの品種を栽培しています。
クリスチャン・ヴニエ
シュヴェルニー・ラ・ピエール・オー・シアン 2018クリスチャン・ヴニエ Cheverny rouge La Pierre aux Chien 2018
シュヴェルニー・ラ・ピエール・オー・シアン 2018
品種:ピノ・ノワール100%
仄かにオレンジが加わる淡い赤色。  
熟した野山の赤い果実を籠いっぱいに摘んだような、素朴さと充実した果実香。  
加えて、有機のダージリンの茶葉やハーブティーなどを想わせる香り、お香などが仄かに感じられます。  
穏やかに甘い果実の風味が舌先からゆっくりと中盤位まで広がり、 ほんのりと黒蜜のような風味やコクが現れ、上品な中に温かさや奥行きがあります。  酸は柔らかいあたりながら中心を捉えつつ果実味を支え、ブレのなさを感じさせます。  
果実味やエレガントな様子を感じさせながら、僅かにスパイシーさやお香などの香りをまとわせながら波のように抑揚を感じさせます。 暑い年だったこともあり、果皮由来の強さを風味の中に僅かに感じさせつつ、洗練された品格をもつスタイルです。
新着マーク
19683
sold out
¥3,780(税別)

シュヴェルニー・オー・ド・マドン・ルージュ 2018クリスチャン・ヴニエ Cheverny Les Hauts de Madon rouge 2018
シュヴェルニー・オー・ド・マドン・ルージュ 2018
品種:ピノ・ノワール80%、ガメイ20%
僅かにオレンジがかったガーネット色。  
熟したアメリカンチェリーやグレナデンなどしっかりと凝縮した果実の香りに、バラのような華やかさとフレッシュハーブや果実の葉などの爽やかな印象が仄かに薫り、それが清々しいアクセントになっています。  酸も併せ持つことでタッチは軽ささえ感じますが、コンポートやソフトドライの赤い果実、フレッシュ果実をリキュールに漬け込んだようなエキス感、それに伴う甘い風味が優しく舌を包み、芯のしっかりとしたスタイルです。
新着マーク
16240
sold out
¥3,030(税別)

シュヴェルニー・ルージュ・クロ・デ・カルトリー 2018クリスチャン・ヴニエ Cheverny rouge Clos des Carteries 2018
シュヴェルニー・ルージュ・クロ・デ・カルトリー 2018
品種:ガメイ100%
鮮やかな中程度の明るい赤色。  
クランベリーや苺などをドライフルーツにしたような凝縮した赤い果実の香りに、クローブやナツメグのようなスパイス香が仄かに感じられます。  口中では赤いドライフルーツだけでなく僅かに黒系果実も混ざり合うような凝縮した果実味に、ザクロなどがプチっと弾けるようなピンと張りのあるような伸びやかな酸が合わさり、軽さや溌剌とした雰囲気が加わります。  引っ掛かりのないスムーズな軽い飲み心地で、アタックの若々しく澄んだ果実の印象から、中盤からアフターにかけてより果実の詰まったエキスを感じ風味とスパイス感が広がり、ワインに動きを与えています。
新着マーク
19455
sold out
¥2,850(税別)

シュヴェルニー・オー・ド・マドン・ブラン 2018クリスチャン・ヴニエ Cheverny Les Hauts de Madon blanc 2018
シュヴェルニー・オー・ド・マドン・ブラン 2018
品種:ソーヴィニョン・ブラン、ムニュ・ピノ
中程度の黄色。発泡というわけではありませんが、抜栓時瓶底から細かなガスが何本もの列となり上がってきます。  
新鮮な青りんごや洋梨を想わせる爽やかな果実香が感じられます。  パリッとしたりんごから弾けるような引き締まった酸が香りの果実や文旦のような柑橘などの風味と相まって、爽やかさと充実したフルーツ感溢れる味わいが広がります。  若々しく溌剌として馴染みやすく、スッキリとした印象です。  口当たりは軽快でアフターにかけて果実の様子が膨らんでいき、鼻腔にはりんごと白桃が混ざり合ったような、熟した果実の甘やかな香りが抜けていきます。
新着マーク
16376
在庫 1本
¥3,320(税別)

ヴァン・ド・フランス・ブラン・ラ・プラント・オー・ルー2018クリスチャン・ヴニエ VdF Blanc La Planre aux Loups 2018
ヴァン・ド・フランス・ブラン・ラ・プラント・オー・ルー2018
品種:シャルドネ
やや淡い黄色。洋梨や白桃、淡いパイナップルなど甘やかな果実香、それに加えレモンの蜂蜜漬けや柑橘の葉、フレッシュハーブなどが僅かに香ります。  香りの果実を使ったフルーツポンチや仄かな蜂蜜の風味と残糖を感じ、フルーティーでジューシーな優しい甘みが感じられます。  残糖がありますが、柑橘のような酸や爽やかに薫る葉やハーブ香などと共に広がり、アタックの甘みに比べ口中ではボリューム感が抑えられ、アフターに若干の塩味が残り引き締める効果を感じます。  室温では甘みや芳醇な様子が膨らみますが、冷やして頂くと酸と甘みがマッチしスッキリとした印象を楽しむことができます。  南国フルーツの果汁や甘み、果実をぎゅっと絞ったようなシズル感をイメージするように風味が広がります。
新着マーク
16247
在庫 2本
¥3,320(税別)

ヴァン・ド・フランス・ブラン・レ・ペリエール2018 VdF Blanc Les Perrieres 2018
ヴァン・ド・フランス・ブラン・レ・ペリエール2018
品種:ムニュ・ピノ
中程度の黄色。新鮮なりんごやパイナップルのコンポートシロップ、黄色の柑橘のほろ苦さ、加えて仄かに日本酒のような酵母を想わせる香りが混ざり合います。  辛口ではありますが、豊かな果実味があることで口当たりはまろやかで、フルーティーな甘酸っぱさが優しくゆっくりと広がります。  日本酒のようなコクとチーズのような旨味がじんわりと溢れるように感じられ、アフターには新鮮なりんごの風味や塩味、僅かに乳酸的な円みが残ります。  旨味やコクなどの円みだけでなく、ふわっと熟した果実の風味に酸も一定に感じられることで、タッチに軽さを与えています。
新着マーク
19457
在庫 1本
¥3,030(税別)

シュヴェルニー・ブラン・レ・カルトリー2018クリスチャン・ヴニエ Cheverny Blanc Clos des Carteries 2018
シュヴェルニー・ブラン・レ・カルトリー2018
品種:ソーヴィニョン・ブラン、フィエ・グリ、ムニュ・ピノ
やや濃い黄色。擦りりんごや洋梨、黄色の柑橘やみかんなどの果実香に蜂蜜や糸飴のような僅かな芳ばしさ、干草などの深みやコクを想わせるような香りが加わります。  舌先にまろやかな甘みが感じられ、熟したソーヴィニョン・ブラン由来の果実味とドライハーブや干し草のような風味、それに若干早めに収穫したフィエ・グリとムニュ・ピノ由来の酸、僅かに感じるミルキーな風味が軽さと  旨味を与えています。  膨らみのある風味と深みのあるしっかりとした味わいが口中に押し寄せ、それと共に軽い飲み心地へとバランスをとりながら進む酸が感じられ、擦りりんごや淡い芳ばしい風味を引き立てます。  喉に差し掛かる頃に、ドライアプリコットをかじったような甘酢っぱいキュッとした酸が舌先にすっと現れ、それがしっかりとした味わいに小気味好いアクセントを与えることでせ、次の一杯に手が伸びます。
新着マーク
16649
在庫 2本
¥2,850(税別)

ラ・ピエール・オー・シアン 2016クリスチャン・ヴニエ Cheverny rouge La Pierre aux Chien 2016
ラ・ピエール・オー・シアン 2016
品種:ピノ・ノワール100%

2018/2/22 ヴォルテックスの試飲会にて
オレンジ色を帯びた赤。
透明感がありますが味わいは濃厚でプルーンやカシス、ドライフルーツのような味わいです。薬草のようなスパイシーな香りもあります。
18938
在庫 2本
¥3,660(税別)
Les Capriades
レ・カプリアード
   自然派 インポーター:ヴォルテックス
パスカル・ポテールは95年ジャニエール、1998年にヴヴレーで働いた後、02年ドメーヌ・ボワルキャの責任者になる。平行して03年から彼自身のワインをつくり始 め、05年にボワルキャを退職後、正式にレ・カプリアードを立ち上げる。 パスカル・ポテール氏とモーズ・ガドゥッシュ
2011年9月、モーズ・ガドゥッシュと共 に共同経営として、ドメーヌとネゴシアンも兼ね備えた新生レ・カプリアードを立ち上げ現在に至る。
メトード・アンセストラル・ラ・ビュル・ルージュ 2018レ・カプリアード Methode Ancestrale La Bulle Rouge 2018
メトード・アンセストラル(中辛口)ラ・ビュル・ルージュ 2018
品種:ガメイドブーズ30%、ガメイフレオー30%、 ガメイショードネイ30%、 ガメイドボジョレー10%
樹齢:52年平均
収量はミルデューの被害に遭い30 hL/haと例年の 30%減!
残糖は23 g/L。
ブドウはシルヴァン・リーストとパスカルの自社畑から!
BCFからシンプルにLa Bulle Rouge(赤の泡)と名前を変更! Teinturier(タンチュリエ)と呼ばれる果肉の赤いガメイでつくられている!SO2 無添加!ノンフィルター!

※泡に勢いがあるため、良く冷やして、斜め45度に瓶を傾けてご開栓くださいませ

パスカル曰く、2018年は北の鋭い酸に南のボリュームが加わったような自身の理想とするペティアンが出来上がったとのことです。  ワインは、フランボワーズやクランベリーのような赤い果実のフレッシュな香りと、ブルーベリーやミュールのジャム、レーズンのような黒い果実の深い味わいがあり、香りと味わいとのギャップがとても魅力的です。 残糖は23g/Lありますが、泡の勢いとキレのある酸が甘さを相殺し、コクのあるまるで赤ワインのような余韻を演出します。
新着マーク
17021
在庫 1本
¥3,530(税別)

メトード・アンセストラル(中辛口)ピノーズ・ロゼ 2017レ・カプリアード Methode Ancestrale Pynoz Rose 2017
メトード・アンセストラル(中辛口)ピノーズ・ロゼ 2017
品種:ピノノワール50%、ピノドニス50%
樹齢:32年~72年
収量は春の遅霜の被害に遭い15 hL/haと70%減!
残糖は 18g/L。ブドウはシルヴァン・リーストと ジャン・クリストフ・ジェゼケルから!
ワイン名の「Pynoz」は中世のピノノワールの綴りから取った!SO2無添加!ノンフィルター!

金柑、スターフルーツ、バラのオイル、スズラン、桜餅の華やかですっきりとした香り。泡立ちは比較的やさしく、やわらかな酸と、鉱物的な心地よい苦みと共にワインに溶け込んでいる。
香りは淡いが、その分フィネスと気品が感じられ、しなやかに体に染み込んでくる! <インポーターさんのコメント>

パスカル曰く、フランスでは特に女性に人気なのがこのピノーズだそうです。 開けたては少し還元があるがすぐに飛ぶのでご安心を。
新着マーク
18844
在庫 2本
¥4,000(税別)

メトード・アンセストラル(中辛口)ピノーズ・ロゼ 2018レ・カプリアード Methode Ancestrale Pieges a Filles Rose 2018
メトード・アンセストラル(中辛口) ピエージュ・ア・フィーユ(ロゼ泡)2018
品種:コー50%、カベルネフラン30%、 ガメイ20%
32年平均
収量は 35hL/ha。残糖は25g/L。
ブドウはシルヴァン・リースト、フランソワ・エステル、 ミカエル・ブージュ、パスカルの自社畑から!
ワイン名を直訳すると「女の子への罠」!女性もつい飲みすぎてしまうくらい美味しいペティアンという意味がある!
SO2無添加!ノンフィルター!

パスカル曰く、2018年は北の鋭い酸に南のボリュームが加わったような自身の理想とするペティアンが出来上がったとのことです。  ワインは、フランボワーズやクランベリーのような赤い果実のフレッシュな香りと、ブルーベリーやミュールのジャム、レーズンのような黒い果実の深い味わいがあり、香りと味わいとのギャップがとても魅力的です。  残糖は23g/Lありますが、泡の勢いとキレのある酸が甘さを相殺し、コクのあるまるで赤ワインのような余韻を演出します。
新着マーク
18110
在庫 1本
¥3,530(税別)

メトード・アンセストラル(中辛口)ピノーズ・フブラン 2018レ・カプリアード Methode Ancestrale Pieges a Filles Blanc 2018
VdF ペティアン・ナチュレル(中辛口)・ピエージュ・ア・フィーユ(白泡) 2018
品種:シュナンブラン80%、ムニュピノ20%
収量は豊作 で45hL/ha!残糖は28g/L。
ブドウはシルヴァン・リースト、ミカエル・ブージュから!
ワイン名を直訳すると「女の子への罠」!
女性もつい飲みすぎてしまうくらい美味しいペティアンという意味 がある!SO2無添加!ノンフィルター!

※泡に勢いがあるため、良く冷やし て、斜め45度に瓶を傾けてご開栓くださいませ

カリン、リュバーブ、杏子、エルダーフラ ワー、ヨード、べっこう飴の香り。泡立ちに勢いがあり、ほのかな甘みと少しの揮発が食欲をそそる。ふくらみのあるボディとピュアなエキス感がやさしく広がり、やや硬くタイトな鉱物感がシャープに引き締める!
新着マーク
18288
在庫 1本
¥3,680(税別)
Domaine Julien Pineau
ドメーヌ・ジュリアン・ピノー
   自然派   インポーター:ディオニー
 ドメーヌ・デ・ボワ・ルカは、クロ・ロッシュ・ブランシュの 所有する無農薬の畑を8ha購入させて頂きました。クロ・ロッシュ・ブランシュのオーナー カトリーヌは2015年に引退をしましたが、 その最後の6.7haを購入し新しくドメーヌを誕生させたのが、ジュリアン・ピノーです。  
1985年生まれ。大学でワインとは全く違う経済を専攻後、アメリカに留学。
その間に夏休みを利用して葡萄畑の収穫を経験。
その時に自然の素晴らしさを認識します。  
帰国した2009年にモンルイのリーズ・エ・ベルナール・スーセで収穫をして、ワインを造ろう!と決意。 早速アンボワーズの 醸造学校に入学し、本格的に醸造を勉強します。みっちりとエノローグを勉強した後、2012 ~ 2013年プロヴァンスのドメーヌ・テール・プロミズやクリストフ・コモールで仕事をして、やはりロワールで自分のワイナリーを立ち上げようと、 2014年ノエラ・モラン タンの所で働きました。
そこでクロ・ロッシュ・ブランシュのカトリーヌと出会い、今回の畑購入となったのです。  カトリーヌの畑を引き継いだのは全部で4名、私、ノエラ、ローラン、そして今回のジュリアン、全てビオを実践しております。
彼女は引退しても、 同じ志の仲間が畑を守っております。ジュリアンは最後までカトリーヌが売らなかった、一番良い畑をGetしました。
あの樹齢100年以上の素晴らしいコーも ジュリアンにご縁があったのです。  
<ディオニー・新井順子さんの資料から>
レ シュセット アロニス 2018ジュリアン・ピノー Les Sucettes a l'Aunis 2018
レ シュセット アロニス 2018
品種:ピノドニス70%(手摘み/平均73年) ガメイ30%(手摘み/平均27年)
元クロ・ロッシュ・ブランシュの畑に植わるピノドニスとガメイをグラスファイバータンクと食物用バックで10日間醸しプレス、ステン レスタンクで4ヶ月発酵、そのまま5ヶ月シュールリー熟成しSO2無添加で瓶詰めしました。

淡いルビー色からレッドチェリーや出汁系の香り、フレッシュなアタックにフルーティな酸味と硬質のミネラル、滑らかなジュースがアフターへと流れます。
少々香りにブレッド香あります。ピュアで冷涼な飲み心地、タンニンが最初ざらつきますが2時間ほど経つと引き締まりのある心地よいタンニンに変化します。ブラックベリーやプラムのフレッシュな果実感です。 <インポーターさんのコメント>
新着マーク
19677
¥3,230(税別)

ボアソン ダヴリル 2017ジュリアン・ピノー Boisson d'Avril 2017
ボアソン ダヴリル 2017
品種:カベルネフラン100%
雹の被害を受けた17年、トゥーレーヌのドメーヌ、パスカル・アヴリ ルから購入したカベルネフランを発酵後、11月末に残糖20グラム の状態で瓶詰めしました。仏語のエイプリルフール(ポワソンダヴ リル)にかけボワソンダヴリル(アヴリルの飲み物)となりました。

オレンジを帯びたライトイエローに細かな泡立ち、もぎたてのイチゴの香り、果実味とエキス感にコク、バランスの良さが光ります。
泡はスムースで中度にあります。少々残糖あるスタイルで、酸もしっかりあって甘酸っぱい果実感です。 キャッチーでイチゴやオレンジなど複雑味を感じる味わい、アフターはべた付くことなくドライな仕上がりです。 <インポーターさんのコメント>
新着マーク
19676
¥3,230(税別)

ロッシュ ブランシュ 2018ドメーヌ・ジュリアン・ピノー Roche Blanche 2018
ロッシュ ブランシュ 2018
品種:ソーヴィニヨンブラン100% (手摘み/40年)
元クロ・ロッシュ・ブランシュの畑に植わるソーヴィニヨンブランを プレス後ステンレスタンクで12ヶ月発酵・熟成、最終段階はとても ゆっくり発酵が続き、澱を取り除くため瓶詰め前に濾過しサンスフルで仕上げました。

輝くクリーム色、ナッツやマンゴーの香り、瑞々 しいアタックに柔らかな酸とミネラル、沁み入るエキス分が心地の 良いバランスの整った味わいで、甘味を帯びた余韻が続きます。
17年よりはやや軽やかな仕上がりながら、果実の熟度を感じる凝縮感のある味わい、アフターはしっかりドライです。 杏、白桃、蜜、石っぽいミネラルが混ざり合いエレガントな仕上がりです。
<インポーターさんのコメント>
新着マーク
19307
sold out
¥3,050(税別)

シュブスタンス 2017ジュリアン・ピノー Substance 2017
シュブスタンス 2017
品種:ソーヴィニヨンブラン100% (手摘み/平均40年・75年)

17年は雹の被害を受け収量が激減したためドメーヌのソーヴィニ ヨンブラン全てをシュブスタンスとして仕込みました。プレスの中で 24時間ガスカルボニック後、樽とフードルで6 ヶ月発酵、そのまま 15ヶ月シュールリー熟成しました。

輝く麦わら色、パングリエやバター香、丸いエキスを感じる甘めの口あたり、瑞々しい酸が流れる エレガントなアフター、まさにグランヴァンの風格です。
洋梨、メロンなど熟した瑞々しい果実感、酸がとても繊細で綺麗、エレガントです。 アフターに樽の絶妙なクリーミーさがあり、時間が経つほどに蜜感、凝縮感ある旨みが乗ってきて・・・美味しいです。 実は古木で作ったシュブスタンスは次回18年ヴィンテージで最後になります。全部引っこ抜いてしまうそうです。 収量が取れなさすぎて、採算が取れなくなってきているからだそうです。悲しい・・・ 16・17と不作続きで値段も上がってしまったので彼なりの決断だったんだと思います。 今のうちに楽しみたいワインですね! <インポーターさんのコメント>
新着マーク
19680
¥4,150(税別)
Domaine Frantz Saumon
ドメーヌ・フランツ・ソーモン
  インポーター:ディオニー 自然派
 フランツ ソーモンは1998年よりブリソーのクリスチャン ショサール氏の元で修行後、その後タイユオー ループのジャッキーブロ氏の元でシュナンブランの醸造、2005年にヴーヴレで醸造の後、2005年に独立しました。
 今ではDomaineだけの生産量では足りなく2009年からはネゴシ アンの会社Un Saumon dans la Loire(アン・ソーモン・ダン・ラ・ロワール)を設立し、意欲的に活躍しております。
 無農薬の農法に興味が有り、やはりシュナンブランに挑戦したいと同じAOCを結果的に選びました。畑で無農薬の仕事はきりがありません。
 彼の畑は4haですが、オーナーが無農薬とは全く反対の農法を行っていたので、1年目は仕事がエンドレスな状態です。
予算の関係もあり、最初から畑は購入できません。1haを購入し、残り3haは借りました。この3haも将来的に購入予定です。4haをたった1人で化学肥料から無農薬へ切り替える作業が大変なのがご想像頂けますでしょうか? 本当に朝から晩まで畑とにらめっこです。このように沢山のエネルギーを頂い た畑から取れた葡萄は格別です。彼の畑は毎年毎年質の向上、間違い無しです。
ミネラル プリュス 2016フランツ・ソーモン Mineral+ 2016
ミネラル プリュス 2016
品種:シュナンブラン100% (手摘み/平均35年)

パートナーのマリー・チボーと公私共に順調なフランツ・ソーモン のおなじみ、ドメーヌ物の代表作です。 シュナンブランを木樽で 15ヶ月熟成、無濾過・無清澄で仕上げました。ライトイエローの外 観から、 パイナップルや捥ぎたてのリンゴの香りを感じます。中程度の粘性に、アプリコットやヴィネクレットのニュアンスを纏う果実感と際立つ酸味、 行き過ぎないナチュラル感がクセになります。
新着マーク
19673
¥3,330(税別)

ヴァン ド フランツ シャルドネ 2018フランツ・ソーモン VdF Chardonnay 2018
ヴァン・ド ・フランツ・シャルドネ 2018
品種:シャルドネ100% (手摘み/平均30年)

フランツのネゴスシリーズで2018年はアンジュのDomaine Richou のシャルドネを購入し、ロワールの自身のドメーヌで仕込みました。 半分は木樽、半分はステンレスタンクで発酵・熟成しました。

2020/2/18 ディオニーの試飲会にて
白桃のような果実の味わい。さわやかとふくよかさ、ピュアでジューシーで綺麗な酸。
19632 ¥2,300(税別)

ヴァン ド フランツ シュナンブラン2018フランツ・ソーモン VdF Chenin Blanc 2018
ヴァン・ド・フランツ・シュナン・ブラン 2018
品種:シュナンブラン100% (手摘み/平均40年)

フランツのネゴスシリーズで2018年はソミュールでビオ転換中の 友人からシュナンブランを購入し、自身のドメーヌで仕込みました。 半分は木樽、半分はステンレスタンクで発酵・熟成しました。

2020/2/18 ディオニーの試飲会にて
ハッサクやりんご、レモンのような果実と酸。密っぽさと柑橘系の味わいがいい感じに溶け合っています。
19633 ¥2,300(税別)

ペティアン・ラ・プティット・ゴール・デュ・マタン2018フランツ・ソーモン Petillant La P'tite Gaule du Matin 2018
ペティアン・ラ・プティット・ゴール・デュ・マタン 2018ネゴス
品種:シャルドネ40% シュナン40% ソーヴィニョン20% (手摘み/平均35年)

「朝の小さな竿」というキュヴェ名。18年は春先の雹に続いて湿気でうどん粉病が発生しましたが夏は 太陽に恵まれました。3種のブドウを発酵・熟成し3ヶ月瓶内 熟成後、2019年4月にデゴルジュマンしました。

2019/11/19 ディオニーの試飲会にて
レモン、りんご、トロピカルな香りと密っぽさがあり、程良い泡と甘み、苦みのバランスがよい気軽に飲みやすいペティアンです。
19598 ¥2,950(税別)

ロゼ・ペティアン・ラ・カーヴ・ス・ルビフ 2017ドメーヌ・フランツ・ソーモン Rose Petillant Le Cave Se Rebiffe 2018
ロゼ・ペティアン・ラ・カーヴ・ス・ルビフ 2018
グロロー(アンジュー)60%、ガメイ(ガイヤック)40% (手摘み/平均35年)

18年は春先の雹つ続いて湿気でうどん粉病の発生しましたが夏は 乾燥し豊かな収穫を迎えられました。
セメントタンクで発酵、糖と酵母が残った状態で 瓶詰めし3ヶ月瓶内熟成後、 テゴルシュマンしました。

2019/11/19 ディオニーの試飲会にて
さくらんぼ、すもも、いちごの、ざくろのような果実の香りと味わい。果皮の味わいや果実の甘みもほのかに感じます。
細かな泡と溌剌のした味わいがとても心地よいです。
18865 ¥2,770(税別)

ヴァン・ド・フランツ・ロゼ 2017ドメーヌ・フランツ・ソーモン Vin De Frantz Rose 2018
ヴァン・ド・フランツ・ロゼ 2018(ネゴス)
品種:ガメイ グロロー (手摘み/ComingSoon)

1968年からビオロジックを行うアンジュの生産者のグロロとガイヤックのビオ生産者から購入したガメイをアッサンブラージュし、 セメントタンクで4ヶ月発酵、2ヶ月熟成しました。

2019/8/20 ディオニーの試飲会にて
淡いピンク色。いちご、チェリー、ザクロのような薄甘い感じ。ピンクグレープフルーツのような酸と苦みも感じます。
いちごを潰したような甘みがチャーミング。スイスイ飲めるロゼワインです。
19309 ¥2,210(税別)
フランス/ブルゴーニュ フランスその他 シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
イタリア スペイン
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]