2020年3月 新着スペインワイン

[ hasigoya on line TOP ]  [ ワイントップ ]  [ ご注文方法 ]  [カゴの中身を見る]  [お問い合わせ]
3月 新着・スペインワイン
=自然派ワイン)
フランス/ブルゴーニュ フランスその他 シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
ロワール・ローヌ イタリア
2017年コサール・シャソルネイ
■ ■ ■ ご注文数量は半角英数字でご記入下さい■ ■ ■
スペイン/リベラ・デル・ドゥエロ
Goyo Garcia Viadero
ゴヨ・ガルシア・ヴィアデロ
    インポーター:ディオニー  自然派
 ヴィアデロ家は1980年代、ボデガ・ヴァルドゥエロ の名でリベラ・デル・ドゥエロを復活させた一家として知られています。現在も彼の父と姉によって経営されており、この地で最も重要な財産と認識されています。  ゴヨ・ガルシアは家族のボデガのもとで働く安定路線をすて、ロア村近くのいくつかの区画を購入し、2003年に独立する道を選びます。ジュラの偉大な生産者、ピエール・オヴェルノワのようなナチュラルワインメイキングに強く影響をうけ、独立時からこの方法をとっています。  
 畑が完全にビオに転換されるまでの6年間、彼はワインをリリースしませんでした。 現在は約40haの畑をリベラ・デル・ドゥエロにもち、そのすべてがビオロジックで、奥様含めわずか4人で畑を見ています。植わっている品種は、テンプラニーリョにグラシアーノ、アルビーリョが混植されています。このアイデアは伝統的な方法に則っており、単一品種の畑よりもよりブドウが熟すと考えられてきました。  
 ブドウ樹の多くは100年近くの古木で、株仕立て(ゴブレ)。  
ブドウはすべて除梗され、自然酵母で発酵、瓶詰めまで一切の添加物はありません。
フィンカ ヴァルデオモス 2014ゴヨ・ガルシア・ヴィアデロ Finca Valdeolmos 2014
フィンカ・ヴァルデオモス 2014
品種:テンプラニーリョ90~95% アルビーリョ5~10%(手摘み/平均55年)
スペイン・リベラデルドゥエロ、標高900mの赤砂質で育つテンプラ ニーリョとアルビーリョを除梗し10~ 15日の発酵後、3ヶ月そのまま漬け込み、ボルドー樽で12ヶ月熟成しました。

2020/2/18 ディオニーの試飲会にて
濃厚な甘みとは花のような香り。ピュアで余韻も上品な味わいです。
新着マーク
19635
¥5,070(税別)

フィンカ ギハラレス 2016ゴヨ・ガルシア・ヴィアデロ Finca Guigarrales 2016
フィンカ・ギハラレス 2016
品種:グラシアーノ100%( 手摘み/平均55年)
スペイン・リベラデルドゥエロの新星ゴヨガルシアが標高900mの赤 砂質で育つグラシアーノを10月に収穫し10~ 15日の発酵後、3ヶ月そのまま漬け込み、ボルドー樽で12ヶ月熟成しました。

2020/2/18 ディオニーの試飲会にて
濃厚で果実味が詰まったような凝縮した味わい。タンニンが綺麗で樽のほのかな香りも楽しめます。
新着マーク
19634
¥3,690(税別)
スペイン/カスティーリャ・ラ・マンチャ
UVA DE VIDA
ウヴァ・デ・ヴィダ
    インポーター:ル・ヴァン・ナチュール  自然派
Maria Carmen López DelgadoさんとLuis Ruizさんが、トレド州のサンタ・オレージャ村で2005年に起こしたワイナリーです。
Carmenさんは重病から回復した際(放射線治療を経て)、食事の大切さと自然に着目し、その過程でビオディナミを学び、ワインを生産することを決意、このプロジェクトを始めたそうです。
主に彼女が栽培と醸造、夫がマーケティングを担当しています。  内陸の地中海性気候で少雨量の土地に9.5haのグラシアーノと3haのテンプラニーリョを厳格なビオディナミ農法にのっとって栽培、ワイン醸造を行っています。
Luis Ruizさん
ヴィノ・デ・ラ・ティエラ・デ・カスティーヤ・ラティトゥ40・グラシアーノ2015ウヴァ・デ・ヴィダ UAtitud40 Graciano 2015
ヴィノ・デ・ラ・ティエラ・デ・カスティーヤ・ラティトゥ40・グラシアーノ2015
品種:グラシアーノ100%

2020/1/22 ル・ヴァン・ナチュールの試飲会にて
プラム、カシス、ブルーベリー、味わい濃厚ですが口当たりは柔らかくまろやかで綺麗です。
タンニンと酸とのバランスはとてもいい感じ。余韻も申し分ありません。時間とともにますます丸みを帯びてきます。
新着マーク
19628
¥2,820(税別)

ビオグラフィコ・テンプラニーニョ・グラシアーノ2018ウヴァ・デ・ヴィダ Biografico Gracianoy Tempranillo 2018
ビオグラフィコ・テンプラニーニョ・グラシアーノ2018
品種:テンプラニーリョ100%

2020/1/22 ル・ヴァン・ナチュールの試飲会にて
プラム、カシス、ブルーベリー、味わい濃厚ですが口当たりは柔らかく綺麗で余韻も申し分ありません。時間とともにますます丸みを帯びてきます。
新着マーク
19627
¥2,500(税別)

ビオグラフィコ・テンプラニーニョ・ロザード2018ウヴァ・デ・ヴィダ Biografico Tempranillo Rosado 2018
ビオグラフィコ・テンプラニーニョ・ロザード 2018
品種:テンプラニーリョ100%

2020/1/22 ル・ヴァン・ナチュールの試飲会にて
赤ワインのような透明な赤色です。ロゼというよりテンプラニーニョの果実感、赤の渋みを削ったようなフレッシュでふくよかで爽やかで瑞々しい。とってもお気に入りのロゼワインです。是非お試しください。
新着マーク
19626
¥2,500(税別)
スペイン/リオハ
Vina Ilsion
ヴィーニャ・イルシオン
   インポーター:ル・ヴァン・ナチュール  自然派
ヴィーニャ・イルシオンのマーティンさんとグロリアさんは、1992年、リオハのCicdacos Valleyに畑を購入しました。
ブドウのほかにオリーブやマルメロ、様々な果物を育てています。  購入したときから有機栽培を続けていて、特に自然農法で有名な故福岡正信氏やルドルフシュタイナーの ビオディナミの農法を取り入れています。
ヴィーニャ・イルシオンマーティンさんグロリアさん
 栽培・醸造 :畑は、Isasa山の700mに位置していて沖積土砂の土壌です。  
標高や谷の気候の影響で、ブドウをはじめオリーブやアーモンドなど地中海性の植物、果物が育つそうで、生態系や環境を尊重した農業を取り組んでいるそうです。  
現在5haのブドウ畑を所有し、また近隣の16haのブドウ生産者(同じ農法)と一緒に働いているという事です。  
プラナ 2018ヴィーニャ・イルシオン Prana 2018
プラナ 2018
品種:テンプラニーリョ、ガルナッチャ、カベルネ
マセラシオン・カルボニックで醸造。

2020/2/19 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会にて
濃厚な色。カシスやプルーンのような熟した黒系の果実の香りですが口当たりは柔らかく果実味たっぷりです。
新着マーク
18683
¥2,130(税別)

ヴィーニャ・イルシオン2017ヴィーニャ・イルシオン Vina Ilusion2017
ヴィーニャ・イルシオン2017
品種:テンプラニーリョ、ガルナッチャ、グラシアーノ、カベルネソーヴィニョン 。

2020/1/22 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会にて
甘酸っぱく、口当たりは柔らかく、時間が経つとますますふくよかで明るい感じ。
新着マーク
19625
¥2,190(税別)
スペイン/アンダルシア
Marenas
マレナス
  自然派 インポーター:ル・ヴァン・ナチュール
 マレナスは、ホセ・ミゲル氏が1990年台から開始したワイナリーです。
コルドバ県のモンティーヤに位置しています。元々、白ワインや甘口のシェリーで有名な地域ですが、この地域で評価の高い赤ワインを生産しています。スペインのナチュラルワイン生産者団体のメンバーで栽培、 醸造で化学製品、殺虫剤、醸造で一般的使用される人口酵母や酸化防止剤は使用していません。
マレナス
メディアカパ 2015マレナス Mediacapa 2017
メディアカパ 2017
品種:ペドロヒメネス100%
2007年に植えた1400樹より。
コルドバ県のシエラ・デ・モンティリャの海抜450mに位置する リオ・フリオ・アルトにブドウ畑はある。
残糖23g/Lとういうことで甘みをしっかり感じつつ、それを強い酸が支えているバランス。
梅酒的なニュアンスでユニーク。
王冠はおそらく2次発酵が起きた際の予防策かと思われる。

2019/11/20 ル・ヴァン・ナチュールの試飲会にて
焼きリンゴやハーヴの香り。残糖があり甘みがありますがふくよかで密っぽさに加え、きちんと酸があるので甘いだけではない美味しさです。
新着マーク
18758
¥2,980(税別)

ラヴェロ 2017マレナス Lavelo 2017
ラヴェロ 2017
品種:テンペラニーニョ100%

2019/5/22 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会にて
甘く熟した濃厚な果実。タンニンがシルキーでスパイシー、酸がまろやかで濃厚さを軽やかにしてくれています。
19497 ¥2,620(税別)
ポルトガル/ミーニョ
VINIBIO
ヴィニビオ
  自然派 インポーター:BMO
ポルトガルでビオディナミのパイオニア的存在、フェルナンド・パイヴァ氏が先頭に立ち、4人のぶどう栽培家が本当に美味しいヴィーニョ・ヴェルデを造ろうと共同組合を立ち上げる。 小規模で自然派の考え方の造り手はポルトガルではまだまだ僅かで、認証を取得しているのは更に僅か。 しかし、彼の影響を受け本当に良いワインを造っていこうとする動きは、 ポルトガルでも確実に起こってきている。
ミカ 2017ヴィニビオ Mica 2017
ミカ 2017
品種:アサル、ロウレイロ、トレイシャドゥラ、アルヴァリーニョ

キュベ名のミカとは雲母のことで、土壌の高い割合を占め、 ワインに際立つミネラルを与えてくれることから名付けられた。 自然に即した生活をする彼の考えはミカにも反映されており、川を伝ってもたらされる大西洋からの風、痩せた花崗岩質、非常に酸が高くミネラルを感じるワイン。 ミカはその驚きのコストパフォーマンスの高さから、モンビニック、グレスカなど、ワインにこだわるバルセロナのお店でも静かに注目されている。 ミネラル・濡れた石・ウイキョウ・青りんごなど、アフターの柑橘系の味わいが心地よい。 余韻に清々しい青さも。 果実味もあり、エレガントなフレッシュ。2017年はほんのりフルーティ!
新着マーク
19646
¥1,970(税別)
フランス/ブルゴーニュ フランスその他 シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物2
NO.2
ロワール・ローヌ イタリア
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]