2020年3月 新着アルザス・ジュラ・ラングドック・ボルドー他ワイン

[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]
3月 新着ジュラ・アルザス・ジュラ・ラングドック・ボルドー他ワイン    
フランス/ブルゴーニュ シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
ロワール・ローヌ イタリア スペイン
2017年コサール・シャソルネイ
フランス/ジュラ
Michel Gahier
ミッシェル・ガイエ
   自然派 インポーター:ヴォルテックス
 ミッシェルの蔵は、エマニュエル・ウイヨンやピエール・オヴェルノワが居を構えるピュピヤンから、車で15分ほど山道を走ったモンティニィ・レ・アルスル村にあります。
16歳から父親と一緒に働いていたが、ワインを専門に造っていなかったことから、ほぼ独学でワインについて学んできた。
ミッシェル・ガイエ氏
有機栽培をしていることで周囲からは異端者扱いされ、(採算性が悪い理由から)  銀行もお金を貸してくれない、極めて厳しい時代を耐え抜いてきた苦労人である。  頑張って続けて来ることができたのは、アルボワのレストラン「ジャン-ポール ジュネ」の初代料理長アンドレ・ジュネ氏から受けた薫陶が大きいと言う。
 アンドレは、ミッシェルが納品に訪れるたびに古いワインを飲ませてくれ、 苦しくても栽培と醸造の方法を楽な方向に変えては絶対にいけないと励ましてくれました。 ミッシェルのワイン造りの根幹にあるのは、仕事の内容は違っても、アンドレ ジュネのようなモノ造りをする職人が共通して持つ、魂のようなものなのだと思われる。
アルボワ・シャルドネ・ムロン・ラ・フォーケット 2014ミッシェル・ガイエ Arbois Chardonnay Melon La Fauqette 2014
アルボワ・シャルドネ・ムロン・ラ・フォーケット 2014
品種:ムロン100%。
樹齢約55年。
やや濃い黄金色。
400Lの樽で3年間酸化熟成させています。

2019/9/4 ヴォルテックスの試飲会にて

それほど強い酸化のニュアンスではありません。
はっさくやメロン、フレッシュなすりおろしたりんごのような味わいです。まろやかな口当たりでとろんとした密っぽさ、樽の香り、ほのかに感じる苦みがアクセントになっていて心地よい風味の甘さが魅力的です。
新着マーク
16769
4,480(税別)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが
限定以外の同額程度のワインを
一緒にお買い上げ下さいませ。

アルボワ・シャルドネ・レ・フォラス 2016ミッシェル・ガイエ Arbois Chardonnay Les Follasses 2016
アルボワ・シャルドネ・レ・フォラス 2016
品種:シャルドネ100%。
樹齢約45年。

2019/9/4 ヴォルテックスの試飲会にて
やや濃い黄色。ふくよかで口当たりは柔らかくふくよかです。
白桃や柑橘などの果実香に蜂蜜や白い花の味わいがあります。
余韻も申し分なく心地よい味わいです。
新着マーク
16578
¥3,370(税別)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが
限定以外の同額程度のワインを
一緒にお買い上げ下さいませ。

アルボワ・ブラン・レ・クレ 2015ミッシェル・ガイエ Arbois blanc les Crets 2015
アルボワ・ブラン・レ・クレ 2015
品種:シャルドネ100%。
樹齢約50年。

2019/9/4 ヴォルテックスの試飲会にて
柑橘の香りと奥からは密の香りと味わいとフレッシュでハーブのような爽やかな香りが心地よいです。苦みと酸がいい感じで調和していて時間が経つ程に熟した果実の味わいが膨らんでいきそうです。
新着マーク
19658
¥4,000(税別)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが
限定以外の同額程度のワインを
一緒にお買い上げ下さいませ。
フランス/ルーション
La Cave des Nomades
ラ・カーヴ・デ・ノマード
   自然派    インポーター:ヴォルテックス
 ポルトガル出身のホセ・カルバルホが、2014年にバニュリュスで立ち上げた蔵元。 ホセはかつてギターとパーカッションのミュージシャンで、ヨーロッパ中を演奏旅行して一年を過ごしていた。また、2005年にポルトガルで シュタイナー農法を学び、若い時分からビオディナミで野菜を栽培していたこともあり、秋になるとワイナリ ーの収穫を手伝って生活の足しにしていました。
 妻パウリーナとは2010年にバニュルスで収穫した際に知り合い、その後は一緒に演奏の旅を続け、秋になると収穫のために思い出の地であるバニュルスに 戻る生活を繰り返していた。そうしているうちに醸造に対しても次第に関心を抱くようになり、ボルドーで栽培から醸造まで実際に経験する機会を得た。
その後、敬愛して止まないアラン・カステックスやブルーノ・デュシェンが住むバニュルスへ戻り、新しくできた醸造所「9カーヴ」も 使えるようになった。散布を認められているボルドー液は使わないので結果として、痩せた土地で栽培される平均65歳のブドウから収穫されるブドウの収穫量は どんなに多ても10hl/ha未満となる。 この栽培面積では生活できないことを悟ったホセは、2015年の夏にクラウドファウンディングで資金を集めることを決断。 2016年は6338本の生産。
醸造:赤白どちらも房まるごと7日から30日ほど醸す期間がある。
赤はマセラシオンカルボニックだが、CO2は使わない。 ペティヤンナチュレルを除き、 熟成には500Lから小さいものは100L程度の樽を用いる。その期間は半年程度で少し短い感もあるが、 テロワールの素晴らしさに 加えて徹底してストイックな栽培からのみ得ることのできるブドウのポテンシャルを強く感じるワインとなっている。 亜硫酸は全く添加しない。瓶詰めにあたってはフィルターもかけず、清澄もしない。
デュ・パリ・ア・パリ・パー・メー 2018ラ・カーヴ・デ・ノマード De Paris a Paris par Mer 2018
デュ・パリ・ア・パリ・パー・メー 2018
品種:グルナッシュ・ノワール、グルナッシュ・ブラン、グルナッシュ・グリ、シラー、メルロー、カリニャン

薄濁りの赤色。クランベリーやグレナデンなどの甘酸っぱい赤い果実の香りや風味に旨味が感じられます。ブリュタルに比べややしっかりとした風味を持ちながら、控えめな甘さで優しく搾られたような赤い果実の果汁感が広がり、軽快で瑞々しいタッチで洗練された雰囲気です。飲み心地は軽く喉を潤すようなイメージですが、比較的アルコールはしっかりとしていることから、後からゆっくりと膨らんでくるように感じられます。凝縮感のある赤い果実の風味にクラン ベリーのようなキリッとした酸が混ざり合うことで甘酸っぱい味わいへと導き、馴染みやすさも感じられるスタイルで す。
<インポーターさんのコメント>
新着マーク
19656
¥3,220(税別)

ブリュタル 2018ラ・カーヴ・デ・ノマード Brutal 2018
ブリュタル 2018
品種:グルナッシュ、カリニャン
13%のアルコ ールがありますので、ペースは少しゆっくり楽しんで頂くと良いかと思います。

2019/10/30 ヴォルテックスの試飲会にて
鮮やかな淡い赤色。もぎたての熟した苺やクランベリー、フランボワーズのジュースのような香りが感じられ、スパイシーな口当たり、ハッカのような香りもします。スムーズで軽快な飲み心地です。
新着マーク
19657
sold out
¥3,400(税別)

アン・ギャルソン・オー・ペイ・デュ・ソレイユ 2018ラ・カーヴ・デ・ノマード Un Garcon au Pays du Soleil 2018
アン・ギャルソン・オー・ペイ・デュ・ソレイユ 2018
品種:カリニャン25%、グルナッシュ25%、メルロー25%、シラー25%

2019/10/30 ヴォルテックスの試飲会にて
仄かに赤みがさした淡いオレンジ色。やや色味が強く厚みがあります。デーツ、さくらんぼやクランベリーを想わせる溌剌とした酸を感じフルーティーさと力強さがあります。
新着マーク
19655
¥4,120(税別)
Le Casot des Mailloles
ル・カゾ・デ・マイヨール
   インポーター:野村ユニソン
 2019年6月、当初のイメージは、ヤンチャでまだ落ち着きがなさそう。しかし彼の話を聞き、彼の造ったワインを飲むとそんなネガティヴなイメージは一切消えた。 あのカゾ・デ・マイヨールを受け継いだジョルディ・ペレズは1983年のトゥールーズ生まれ。ボルドー大学で醸造学を学び、その後約2年間、サンジュリアンのシャトー・ベイシュベルにて働き、マルマニヤック及びラングドックの大手ドメーヌで責任者を努める。この頃からジュルディは有機栽培に関して興味をもっていたが、自然派ワインの存在はまったく知らなかったという。 彼は現在36歳。バニュルスに移り住み2年。カゾ・デ・マイヨールでの経験も2017年で3年目を迎える。彼のワイン造りはしっかりとした方向性があり、各キュヴェにはきちんとしたキャラクターが表現されている。 「今後の目標や目指しているスタイルはなに?」と尋ねた時、「継続と正確さの追求」 「アランから受け継いた畑、そして経験をいかに継続していくか。それを自身に落とし込み、いかに美味しいワインを継続して造り上げていくか。そして、その品質をいかに毎回、正確に表現していくか。もちろんアランにはアランのスタイルがあり、自分では自分のスタイルを追求していく。2年目だが自身で醸造したワインには、非常に満足している。これをいかに正確に継続し追求していくか。」 予想以上に落ち着いた回答はこれらのワインを飲めば納得できるに違いない。
コマ エティリックス 2018ル カゾ デ マイヨール VdF Comax Ethylix 2018
コマ エティリックス 2018
品種:シラー、マルサンヌ
コマ・エティリックスとは飲みすぎて頭が昏睡した状態の意味。ガスコーニュ地方にこの名前を冠した美食会のようなものがあり、ジョルディもその会のメンバーであることから、このキュヴェ名を付けました。醸造方法はやや複雑で、ジュースを絞ったヴェルメンティーノのマールの上に、徐梗したシラーと全房のシラーを入れ、さらにダイレクトプレスしたマルサンヌのジュースを入れ、コンクリートタンクにて醗酵。発酵途中でステンレスタンクに入れ替えるという、まるで料理をするかのような方法で行います。
酸、タンニン、果実の旨味、すべてがバランスよく整っており、まさに美食家の為の赤ワイン。バニュルスのテロワールの凄みを感じられます。
新着マーク
19640
¥3,230(税別)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが
限定以外の同額程度のワインを
一緒にお買い上げ下さいませ。

ル ロゼ ド ザザ 2018ル カゾ デ マイヨール VdF Le Rose de Zaza 201
ル ロゼ ド ザザ 2018
品種:シラー80%、マルサンヌ20%
白かロゼしか飲まないジョルディの奥様、エルザ(ザザ)の為に造ったロゼが、このロゼ ド ザザ。
ステンレスタンクにて1ヶ月以上かけてアルコール発酵。アランはセニエにてロゼを醸造していましたが、ジョルディはロゼにフレッシュさを残すために、ダイレクトプレスにて醸造。アランのロゼとは方向性が違い、より酸と塩っぽさをかんじさせる酒質の透明感と、やわらかな果実味が舌の上に広がる、爽やかな味わいに仕上がっています。様々な料理と会わせることができる万能なロゼ。
新着マーク
19638
¥3,500(税別)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが
限定以外の同額程度のワインを
一緒にお買い上げ下さいませ。

オブレプティス 2018ル カゾ デ マイヨール VdF Obreptice 2018
オブレプティス 2018
品種:ヴェルメンティーノ80%、マルサンヌ20%
ジュルディが新たに購入した標高700~800mに位置するバニュルスの新しい区画で栽培される新しい白ワイン。
半分は樽熟成、そして半分はステンレスタンクで発酵・熟成され、その後アッサンブラージュ。
マセレーションしたような薄いオレンジ掛かった麦藁色の外観。果実の力強さがありながら、標高の高さゆえの綺麗な酸をしっかりと感じ、アフターにはキレがあります。将来へのポテンシャルの高さ、期待感を持つことができる素晴らしい白ワイン。
新着マーク
19639
¥3,320(税別)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが
限定以外の同額程度のワインを
一緒にお買い上げ下さいませ。
Vineyer de la Ruca
ヴィネヤー・ド・ラ・ルカ
     自然派  インポーター:ディオニー
 マニュエル・ディ・ヴェキ・スタラズは ブルーノ・デュシェンらと共に9cave(ヌフカーヴ)のメンバーで1974年生まれのイタリア人。
 奥様はデンマーク生まれの画家で、イタリアで知り合いました。
彼女がフィレンツェの美術大学で学んでいた時、 理想的な地を求め、フランス最南端の町バニュルスにたどり着きました。 マニュエルは栽培家というよりビオディナミのコンサルタントとしてフランスで知られていたのでした。
 ブドウに音楽を2 ~ 3時間聴かせながら開放桶で醸し、手でかき混ぜ、樽に移す際もバケツで一杯一杯運び移すほか、除梗する際やプレスも全て手で行うという徹底ぶり。バニュルスの瓶は知人の職人さんに頼んで作ってもらっていて、1本ずつ微妙に違っています。生産量が少ないからこその成せる技、手作り感を大切し、想いを込めて造ったワインたちです。
シルヴァノ 2018ヴィネヤー・ド・ラ・ルカ Silvano 2018
シルヴァノ 2018
品種:グルナッシュ100% (手摘み/平均20年)
地中海の影響を受けて乾燥した低地の小石の多いシスト土壌に植 わるグルナッシュを除梗せずに2~ 3日間の醸し後、木製の古式圧 搾機でプレス、フードルに移し替えて8ヶ月発酵・熟成し、SO2無添加で瓶詰めしました。

2020/1/8 ヴァンクールの試飲会にて
色が濃厚。カシスやダークチェリーのような黒く熟した小さな果実を感じます。タンニンは甘く、綺麗で上質で伸びやか。余韻がとても永くスムーズ。
新着マーク
19636
¥4,150(税別)
フランス/ボルドー
Chateau Sociando-Mallet
シャトー・ソシアンド・マレ
  自然派 インポーター:野村ユニソン
1850年頃にここを購入した寡婦であるマダム・マレの要請で、19世紀中頃にこの最終的なシャトー・ソシアンド・マレの名前を取った。そして現在の所有者、ジャン・ゴートローが1969年に僅かな畑を購入し、今では格付けシャトー匹敵する評価を受けるまでになりました。
シャトー・ソシアンド・マレ・キュヴェ・ジャン・ゴートロー 2008 シャトー・ソシアンド・マレ Jean Gautreau 2008
シャトー・ソシアンド・マレ・キュヴェ・ジャン・ゴートロー 2008
品種:カベルネ・ソーヴィニョン、メルロー、カベルネ・フラン
オーナーであるジャン・ゴトロー氏のプライベート用に造ったスペシャル・キュヴェで  数量は少なく、限られたネゴシアンにしかオファーされない  滅多にお目にかかれない超レア商品となります。 <インポーターさんのコメントから>

新着マーク
18145
¥11,600(税別)

シャトー・ソシアンド・マレ・キュヴェ・ジャン・ゴートロー 2012シャトー・ソシアンド・マレ Jean Gautreau 2012
シャトー・ソシアンド・マレ・キュヴェ・ジャン・ゴートロー 2012
品種:カベルネ・ソーヴィニョン、メルロー、カベルネ・フラン
オーナーであるジャン・ゴトロー氏のプライベート用に造ったスペシャル・キュヴェで  数量は少なく、限られたネゴシアンにしかオファーされない  滅多にお目にかかれない超レア商品となります。 <インポーターさんのコメントから>

新着マーク
19659
¥10,300(税別)

シャトー・ソシアンド・マレ・キュヴェ・ジャン・ゴートロー 2013シャトー・ソシアンド・マレ Jean Gautreau 2013
シャトー・ソシアンド・マレ・キュヴェ・ジャン・ゴートロー 2013
品種:カベルネ・ソーヴィニョン、メルロー、カベルネ・フラン
オーナーであるジャン・ゴトロー氏のプライベート用に造ったスペシャル・キュヴェで  数量は少なく、限られたネゴシアンにしかオファーされない  滅多にお目にかかれない超レア商品となります。 <インポーターさんのコメントから>

新着マーク
19660
¥9,300(税別)

シャトー・ソシアンド・マレ・キュヴェ・ジャン・ゴートロー 2014シャトー・ソシアンド・マレ Jean Gautreau 2014
シャトー・ソシアンド・マレ・キュヴェ・ジャン・ゴートロー 2014
品種:カベルネ・ソーヴィニョン、メルロー、カベルネ・フラン
オーナーであるジャン・ゴトロー氏のプライベート用に造ったスペシャル・キュヴェで  数量は少なく、限られたネゴシアンにしかオファーされない  滅多にお目にかかれない超レア商品となります。 <インポーターさんのコメントから>

新着マーク
19661
¥11,100(税別)
フランス/ラングドック
La Fontude
ラ・フォンチュード
  自然派 インポーター:ヴォルテックス
 パリで環境アドバイザーをしていたフランソワ オーブリーは、年老いた両親が余生をのんびりと過ごすことのできる土地を探し続け、ようやく2003年に格好の場所を見つけて移住しました。
 ラングドックの中心に位置するサラグーの谷にある、放棄された森と30haに及ぶ牧草地、そして3.5haの小さなブドウ畑も付いた土地です。
 自分たちの仕事は環境と祖先の遺産、そして動植物たちによって成り立っていると考えるオーブリーは、 これ以上はないほど自然に恵まれたこの土地が有する多様性を余すことなく発揮できるよう、遺産を守るように森と牧草地の状態を再生させて来ました。
長年の薬剤投与によって荒れ果てたブドウ畑は、カリニャン、サンソー、アラモン、テレブラン、そしてグ ルナッシュ。 どれも樹齢が古く収穫量が少ない固有種で、その効率の悪さのため抜かれる運命にあったブドウです。
 この畑をバイオダイナミクスで栽培、使う農薬は少量の銅と硫黄のみで、他はハーヴと調剤を散布すること10年、 ようやく畑の土は柔らかくなり沢山の虫や草花が畑に戻って来ました。 オーブリーは、牧草地に羊を放牧しています。
 羊たちは豪雨、猛暑と厳寒期を除き、基本的に年間を通して外で育てられています。従って、出産も外で行われ冬から春にかけて子羊が元気に外を飛び回る姿を 観ることもできるようです。
ピエール・ド・リュヌ 2014ラ・フォンチュード Pierre de Lune 2017
ピエール・ド・リュヌ 2017
品種:グルナッシュ100%
カルナヴァル、ピエール・ド・リュヌ共に溌剌とした果実味を楽しむスタイルですので、その良さを堪能して頂くためにグラスワインなどでのご提供は翌日に持ち越さず、その日のうちにお使い頂くことをお勧め致します。
<インポーターさんのコメントから>

2019/6/26 ヴォルテックスさんの試飲会にて
熟したカシスやイチゴや華やかな香り。僅かにガス、そして甘みとジューシーさ、スパイシーさを感じます。
18908 ¥2,540(税別)
フランス/ミネルヴォワ
Hegarty Domaine de Chamans
エガルティ・ドメーヌ・ドゥ・シャマン
   インポーター:サンリバティー
 モンペリエとトゥールーズの間に位置する丘陵地帯、モンターニュ・ノワールの地に15ヘクタールを所有。AOCミネルヴォワのエリア。 畑は低木と森よって他の畑から隔離されたエリアにあり、有機栽培とビオディナミの手法に基づいたワイン造りを追求している生産者です。
機械類や、収獲したブドウを運ぶ為のトラックの使用は土壌に悪影響を与えるという考えから、極力抑えられており、その代わりに馬、豚、にわとり、ハチ、そして羊といった動物たちとともに生物多様性を創る事を重要視したブドウ栽培を心掛けています。 独自の堆肥を造り、有機肥料とプレパラシオンによって畑には自然の力が宿り、どのワインにも活き活きとした味わいと密度が生まれます。
2010年にAB、2011年にdemeterの認証を取得。 栽培は有機栽培とビオディナミを実践。それは生態系を尊重する事を何よりも重要視するという哲学に基づいています。
レ・ノンヌ・ミネルヴォア エガルティ・ドメーヌ・ドゥ・シャマン Les Nonnes Minervois 2015
レ・ノンヌ・ミネルヴォア 2015
品種:グルナッシュブラン40%、ルーサンヌ40% クレレット20%
新着マーク
18989
¥2,380(税別)

オープン・ナウ・キュヴェGSM 2017エガルティ・ドメーヌ・ドゥ・シャマン Open Now cuvee GSM 2017
オープン・ナウ・キュヴェ ジー・エス・エム 2017
品種:ムールヴェードル50%、グルナッシュ40%、シラー10%
新しいオープン・ナウ入荷!野生酵母で3週間発酵後、24ヶ月タ ンクで熟成。新たにグルナッシュをブレンドして華やかな印象になりました。
新着マーク
16420
¥1,660(税別)
フランス/アルザス
DOMAINE Andre Stentz
ドメーヌ・アンドレ・ステンツ
  自然派  インポーター:ル・ヴァン・ナチュール
ヴォージュ山脈の麓に広がるブドウ畑は日光の良くあたる理想的なミクロクリマを持っています。ワインの質、環境への敬意そして健康を尊重する方法を求めて有機栽培を行い始め、1984年にナチュール・エ・プログレの認証を得ました。化学肥料や除草剤、化学殺虫剤は使用していません。 ドメーヌ・アンドレ・ステンツブドウ畑 ドメーヌ・アンドレ・ステンツブドウ畑
栽培 :彼は、土壌の活性化と自然界のバランスを取ることを心がけています。
土壌は春から初夏にかけて耕されその後、8月から3月まで伸びる草は自然の肥料として使われ、また、益虫が害虫を捕食するようになります。
これらの畑作業により、ブドウの熟成は良く進み、テロワールを純粋に表現するワインとなります。手摘み、半日間かけてのプレスし、温度コントロールをして発酵。
果実味と上品さを兼ね備えています。補糖は全く行いません。
ワインは、混じりけ無くすっきりしていて、ブドウ品種とテロワールの特徴を存分に表現しています。
テロワール :土壌は、粘土石灰岩層。
最も素晴らしい場所は、グラン・クリュSteingrubler、Mandelberg、Hengst(Schoflit)です。 ドメーヌの南に位置するRosenbergの土壌は非常に複雑で、  泥炭土・石灰岩・ケイ質砂岩が交じり合っています。
リースリングに向いた土壌であり、果実味と繊細さを兼ね備えたものとなります。  Wettolsheim 地区北西に位置するSchoflitは、土壌は漸新世の礫岩と赤色の泥炭石灰岩、 グラン・クリュHengstの一部です。
ピノ・グリ 2017ドメーヌ・アンドレ・ステンツ Pinot Gris 2017
ピノ・グリ 2017
品種:ピノ・グリ100%
2019/10/23 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会
熟した果実の香りをたっぷり感じます。
甘みと厚みふくよかで濃厚です。

2019/4/25 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会
甘酸っぱい熟したリンゴやパイナップルのような味わい。トロピカルな香りと優しいガスがのど越しよく爽やか。
18856 ¥3,460(税別)

ピノ・ブラン 2018ドメーヌ・アンドレ・ステンツ Pinot Blanc 2018
ピノ・ブラン 2018
品種:ピノ・ブラン100%

2020/2/19 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会
熟した黄色い果実の華やかな香り。酸もあり残糖はありますが綺麗に溶け合ってバランスよい状態で果実味たっぷりの美味しい味わいです。

2019/10/23 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会

黄色い花や熟した黄色い果実っぽさを感じる芳香。 17年よりも残糖が多めですが良い酸味と果実感に支えられバランスは良いです。
再入荷
18679
2,720(税別)
フランス/ブルゴーニュ シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
ロワール・ローヌ イタリア スペイン
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]