2019年7月 新着アルザス・ラングドック・ボルドー他ワイン

[ hasigoya on line TOP ]   [ ワイントップ ]   [ ご注文方法 ]   [カゴの中身を見る]   [お問い合わせ]
7月 新着ワイン    (=自然派ワイン)
フランス/ブルゴーニュ シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
ロワール・ローヌ イタリア スペイン
2017年コサール・シャソルネイ
■ ■ ■ ご注文数量は半角英数字でご記入下さい■ ■ ■
フランス/アルザス
Domaine Ginglinger
ドメーヌ・ガングランジェ
   自然派   インポーター:ヴァンクール
オーナーであるジャン・フランソワ(ブリュノ・シュレールの親戚)は、1999年に父の畑を継いでワイナリーを起ち上げる。(以前はブドウを農協に売っていた)1996年から畑を完全にビオ農法に変え、同時にビオディナミを実践に取り入れる。
2003年から一部SO2無添加のワインを試作していたが、2012年から本格的にサンスフルのワインスタイルにシフトしました。
ピノノワール 2017ドメーヌ・ガングランジェ AC Alsace Pinot Noir 2017
ピノ・ノワール 2017
品種:ピノノワール
樹齢:30年平均
収穫は2015年とほぼ同じ9月5日。 (例年よりも2週間早い)収量は40 hL/ha。この年から植樹したばかりの ブドウがアッサンブラージュされてい る!SO2無添加、ノンフィルター!

2016年はミルデューにより壊滅…。  
ブドウがほとんど取れなかったのでリリースがなかった。  
今回は2年ぶりのリリース!春の遅霜の被害もなく、久々に収量に恵まれた当たり年!  
この年から、2014年に植樹したピノノワールが20%ほどアッサンブラージュされています。

2019/5/28 ヴァンクールの試飲会にて
カシス、ダークチェリーのような赤系の果実の香り。ワインは艶やかで口当たりが柔らかく、チャーミングな酸とキメの細かく優しいタンニンがきれいに溶け込んでいます。
新着マーク
17679
¥2,930(税別)

カ・エス 2017ドメーヌ・ガングランジェ VdF KS 2017
カ・エス 2017
品種:ピノノワール
樹齢: 15年~50年
収穫は9月7日。収量は35hl/ha。ピノ グリとピノノワールを混ぜて仕込んだロゼに近い赤!ワイン名KSは Kopfacker(コッファーカー)というピノ グリの畑とSandstein(サンシュタイ ン)のピノノワールの畑の頭文字を取って名付けた!
SO2無添加、ノンフィルター!

今回日本初リリースのカ・エス(KS)。  
KSは畑の区画名の頭文字で、KはKopfacker(コッファーカー)で ピノグリを、SはSandstein(サンシュタイン)で、その若樹のピノノワールを使用。  
全房のピノグリとピノノワールをブドウの時点で半々の割合に混ぜ、通常の赤の仕込みと同じように醸造。  
ガングランジェ曰く「ロゼに近い赤!」。  
このワインの生まれたきっかけは・・・前年の2016年、この2つの区画がミルデューにより大打撃を受け収量が激減し、ピノグリ、若樹のピノノワール単独では、キュヴェが仕込めなかったため、  アッサンブラージュすることにしたが、それが新しい可能性を生み出したです。

2019/5/28 ヴァンクールの試飲会にて

タンニンが細かくしなやか、酸と柔らかな口当たりが印象的。
新着マーク
17009
¥3,560(税別)

シルヴァネール&リースリング・ビール・サンスフル 2016ドメーヌ・ガングランジェ Sylvaner Riesling Bhil Sans Soufre 2016
シルヴァネール&リースリング・ビール・サンスフル 2016
リースリング60%、 シルヴァネール40%
樹齢:30年平均
収穫日は10月1日。収量は 45hL/ha。残糖は1.9g/Lの辛口!
ビ ルは区画名。畑は国道を挟んでグランクリュの丘の対面に位置し、土壌は主に石灰質に支配される!
シルヴァネールとリースリングが同じ区画内にあるため分けずに全てアッサンブラージュした!SO2無添加!ノンフィルター!

2016年は、ミルデューが猛威を振るった年だが、ビルの畑は散布がうまく行ったおかげでほとんど被害がありませんでした。  
きれいなブドウに恵まれ発酵も順調に終わりパーフェクトな出来と思われたが、瓶詰め後に糸引きが発生…。  
糸引きが収まるまでリリースを見送り、現在は落ち着きを取り戻し、ビル本来の芳醇で上品な味わいが前面に出ています。

2019/5/28 ヴァンクールの試飲会にて
黄桃、アプリコット、カリン、パイ ナップルの香り。フルーティーな香りと酸がきれいに溶け込んでいます。
新着マーク
18632
¥3,560(税別)

ミュスカ 2016ドメーヌ・ガングランジェ AC Alsace Muscat 2016
ミュスカ 2016
品種:ミュスカプティグレン50%、 ミュスカダルザス50%
樹齢:33年平均
収穫日は9月28日。収量は35 hL/ha。残糖は1.6g/Lの完全辛口! ミュスカプティグレンはアルコールの ボリュームと骨格、ミュスカダルザス は酸のフレッシュさと軽快さをワイン に与える!SO2無添加!軽くフィル ター有り。

2016年は花ぶるい、ミルデュー、夏の猛暑によりブドウの房は小さく少量で、当初は収量を例年の半分の25hl/haを予想していた。  だが、幸い収穫直前にまとまった雨が降ったおかげでブドウは一気に水分を吸い上げ、最終的に35hl/haまで収量を確保できました。  
前年は発酵熟成にフードルを使用したが、今回はワインのフレッシュさを保つためにステンレスタンクを使用。  
出来上がったワインは、収穫直前の雨のおかげでアルコール度数も12%といつもより低い。

2019/5/28 ヴァンクールの試飲会にて

ドライイチジク、マスカットのような華やかな香り。透明感のあるまったりとしたエキスとレモンのような酸が混在しています。
新着マーク
17429
sold out
¥2,930(税別)

ピノ・ブラン 2017ドメーヌ・ガングランジェ AC Alsace Pinot Blanc 2017
ピノ・ブラン 2017
品種: ピノオーセロワ
樹齢:62年平均
収穫日は9月7日と前年よりも3週間 早い!収量は50 hL/ha。残糖は 1.6g/Lの辛口!2017年はピノブラン を他のキュヴェにアッサンブラージュしたためピノオーセロワ100%で仕込んでいる!(前年は50%ピノブランが 入っていた)。グレローズの土壌が香り高いワインに仕上げる!SO2無添加!ノンフィルター!

2017年はピノ・オークセロワ100%で仕込んでいます。(例年だとピノ・ブランをアッサンブラージュするのだが、今回ピノ・ブランはシルヴァネールとアッサンブラージュし、別のキュヴェとしてリリースする予定)。

2019/5/28 ヴァンクールの試飲会にて
スモモ、青梅、グレー プフルーツのような酸。ピュアな味わいと奥に潜む密っぽさが あります。時間とともに酸も穏やかになって本領発揮しそうです。
新着マーク
17400
¥2,620(税別)
DOMAINE Andre Stentz
ドメーヌ・アンドレ・ステンツ
  自然派  インポーター:ル・ヴァン・ナチュール
ステンツ家は、1674年にコルマールより南西6Kmに位置する
ヴェトルスハイムに移ってきました。  ヴォージュ山脈の麓に広がるブドウ畑は日光の良くあたる理想的なミクロクリマを持っています。ワインの質、環境への敬意、そして健康を尊重する方法を求めて有機栽培を行い始め、1984年にナチュール・エ・プログレ(Nature et Progres)の認証を得ました。
ドメーヌ・アンドレ・ステンツブドウ畑 ドメーヌ・アンドレ・ステンツブドウ畑
化学肥料や除草剤、化学殺虫剤は使用していません。
栽培 :彼は、土壌の活性化と自然界のバランスを取ることを心がけています。
土壌は春から初夏にかけて耕されその後、8月から3月まで伸びる草は自然の肥料として使われ、また、益虫が害虫を捕食するようになります。
これらの畑作業により、ブドウの熟成は良く進み、テロワールを純粋に表現するワインとなります。
醸造 :ナチュール・エ・プログレの規定に沿ってブドウは醸造されます。
手摘み、半日間かけてのプレスし、温度コントロールをして発酵。
果実味と上品さを兼ね備えています。補糖は全く行いません。
ワインは、混じりけ無くすっきりしていて、ブドウ品種とテロワールの特徴を存分に表現しています。
テロワール :土壌は、粘土石灰岩層。
Wettolsheim、Eguisheim、Wintzenheim、Mittelwihr地区に位置しています。
最も素晴らしい場所は、グラン・クリュSteingrubler、Mandelberg、Hengst(Schoflit)です。 ドメーヌの南に位置するRosenbergの土壌は非常に複雑で、  泥炭土・石灰岩・ケイ質砂岩が交じり合っています。
リースリングに向いた土壌であり、果実味と繊細さを兼ね備えたものとなります。  Wettolsheim 地区北西に位置するSchoflitは、土壌は漸新世の礫岩と赤色の泥炭石灰岩、  グラン・クリュHengstの一部です。
ピノノワール 2017ドメーヌ・アンドレ・ステンツ Pinot Noir 2017(sulfite)
ピノノワール 2017
品種:ピノノワール100%。
SO2を使用せずに醸造したキュヴェ。
ALC:13.34%、残糖:0.2g/L、総亜硫酸:15mg/L

2019/5/22 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会

1ヶ月前に空輸便が到着したてを飲んだ時は味わいがバラバラでがっかりして仕入れませんでした。今回の試飲会で船便を飲んでびっくりしました。同じワインとは思えない程、チャーミングで味わい深くしっとりとした口当たりとカシスやハーブの香りがしてこれもアルザスのピノなのっと思う程、素敵な味わいでした。
新着マーク
18483
¥3,370(税別)

ピノ・グリ 2017ドメーヌ・アンドレ・ステンツ Pinot Gris 2017
ピノ・グリ 2017
品種:ピノ・グリ100%

2019/4/25 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会
甘酸っぱい熟したリンゴやパイナップルのような味わい。トロピカルな香りと優しいガスがのど越しよく爽やか。
新着マーク
18856
¥3,390(税別)

リースリング 2017ドメーヌ・アンドレ・ステンツ Riesling 2017
リースリング 2017
品種:リースリング100%

2019/4/25 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会
レモンのような爽やかな酸。フレッシュな味わいとトロピカルな香りがバランスよく、粘度のあるとろんとした液体です。
新着マーク
18482
sold out
¥2,990(税別)

シルヴァネール 2017ドメーヌ・アンドレ・ステンツ Sylvaner 2017
シルヴァネール 2017
品種:シルヴァネール100%  

2019/4/25 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会

レモンのようなキリッとした綺麗でフレッシュな酸とカリンのような薄甘い果実の味わい、ほのかに感じる苦味が味わいを引き締めています。
新着マーク
18481
sold out
¥2,610(税別)

エデルツヴィッカー・ヴァン・ダルザス 2017ドメーヌ・アンドレ・ステンツ Edelzwicker 2017
エデルツヴィッカー・ヴァン・ダルザス 2017
品種:シャスラー中心、シルヴァネール、ミュスカ
edel<高貴な>+zwicker<ブレンド>という意味で、アルザスのブドウ品種をブレンドし、 1リットル瓶で販売されるアルザス独特のワイン。
シャスラ種中心でゲヴルツ、ミュスカなどがブレンド。

2019/4/25 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会
トロピカルな香りが心地よく、蜜っぽくとろんとした液体は飲み飽きしない美味しさです。
新着マーク
18367
1000ml
sold out
¥2,610(税別)
Domaine Marc Tempe
マルク・テンペ
   自然派
ゴーミヨー4つ星生産者、マルク・テンペはアルザスの中心部から南西に7kmほどのツェレンベルグの畑で、今までにないアルザスのワイン造りを目指しています。
オーナーであるジャン・フランソワ(ブリュノ・シュレールの親戚)は、1999年に父の畑を継いでワイナリーを起ち上げる。 (以前はブドウを農協に売っていた)1996年から畑を完全にビオ農法に変え、同時にビオディナミを実践に取り入れています。
リースリング・ツェレンベルグ 2007マルク・テンペ Riesling Zellenberg 2016
リースリング・ツェレンベルグ 2016
品種:リースリング100%
樹齢:(手摘み/平均40年)

ツェレンベルグ村、粘土石灰土壌に植わる平均40年のリースリングを ゆっくりプレスし24時間のデブルバージュ後、フードルで24 ヶ月シュー ルリー熟成しました。
2016年は開花を遅らせた春雨やベト病の影響を受けましたが夏と秋には天候に恵まれました。

2019/4/24 ディオニーさんの試飲会にて
白い花のような華やかな香りがします。リンゴのような甘酸っぱい酸とジューシーな甘味がバランスよく感じます。
17923 ¥3,350(税別)
Domaine Joseph et Christian Binner
ドメーヌ・ジョゼフ・エ・クリスチャン・ビネール
  自然派
 アルザスで1770年からワインを生産している名門のドメーヌです。 醸造に関しては農業本来の姿をモットーとして、無農薬を徹底し、一切SO2を使わず、また葡萄も収穫も手作業の為、 家族だけで出来る6haの畑で生産をしています。
今でこそ無農薬のスタイルが見直されておりますが、お父様の時代には化学肥料がもてはやされた頃でした。その時代にもかたくなに一貫して無農薬の農業を続けました。収穫も手で行っている為、家族だけで手入れが出来る11haの畑を大切に守っております。アルザスでは決して大きな造り主ではありませんが、先祖代々から大切に受け継がれた財産は、カーブの中1つとってもうかがえます。
<インポーターさんの資料から>
シルヴァネール 2017クリスチャン・ビネール Sylvaner 2017
シルヴァネール 2017
品種:シルヴァネール100%
樹齢:50年(手摘み)
2019/6/19 ディオニーの試飲会にて
パイナップルや熟したりんごのような完熟した果実の密いっぱさとほんの少し感じる苦み。甘みと酸のバランスがいいです。
新着マーク
19519
¥2,770(税別)

ピノ・ノアールNF・NS 2016クリスチャン・ビネール Pinot Noir 2016
ピノ・ノアール・ベアトリス 2016
品種:ピノノワール100%
樹齢:平均30年(手摘み)
土壌:花崗岩、粘土石灰  
標高・向き:300m・南東  
面積・収量:1ha・35hl/ha  
醗酵:自然醗母、ステンレスタンクで2週間マセラシオン。    毎日ピジャージュ、1~2回ルモンタージュ。  
熟成:フードルで11ヶ月シュールリー熟成。     
無濾過・無清澄。  
SO2:無添加 トータル14mg/L  
アルコール度:14%  石表層は花崗岩、深層は粘土石灰土壌に植わる樹齢30年のピノ・ノワールをフードルで11ヶ月熟成し酸化防止剤無添加で瓶詰めしました。

2018/5/22 ディオニーの試飲会にて
色調は薄いルビー色。チェリーや杏のような甘酸っぱさ。フレッシュでタンニンがとてもシルキーです。
18410 ¥3,800(税別)

ピノ・ノワール・ノンフィルトレ・ノンサルファイトゥ 2017クリスチャン・ビネール Pinot Noir NF 2017
ピノ・ノワール・ノンフィルトレ・ノンサルファイトゥ 2017
品種:ピノ・ノワール100%(手摘み)  
樹齢:平均30年  
土壌:花崗岩・粘土石灰  
標高・向き:300m・南  
面積・収量:1ha・35hl/ha  
醗酵:自然醗母、セメントタンクで2週間マセラシオン     
毎日ピジャージュ、1〜2回ルモンタージュ 。  
熟成:フードルで11 ヶ月熟成し、シュールリー熟成、無濾過・無清澄。  
SO2:無添加 トータル14mg/L  
アルコール度:13%  
表層は花崗岩、深層は粘土石灰土壌に植わる  
樹齢30年のピノ・ノワールをフードルで11ヶ月シュールリー熟成し酸化防止剤無添加で瓶詰めしました。  

淡いピンクを帯びたルビーの外観から、ラズベ リーやザクロの甘い香りが拡がります。控えめで瑞々しい口あたり、滑らかなタンニンがたゆたう液体は、塩気を感じる余韻が心地よく響き渡るアルザスらしい繊細なピノノワールです。
ピノノワールの華やかな香り、香りの強さはそこまで強くないです。 ブルーベリー、ラズベリーの香り旨み、塩気あり、バランス良く、酸もきちんとあります。
<インポーターの資料>
17345
在庫 2本
¥3,520(税別)
Laurant Bannwarth
ローラン・バーンワルト
自然派    インポーター:ヴォルテックス
1960年代にコルマールの南にある村、Obermorschwihrにて創業した蔵元で、 合計12ヘクタールの畑を所有。
父ローランの跡を継いだ息子ステファンは、80年代に栽培をビオディナミに変え、エコセールの認証を取得しました。加えて、アルザスの自然派の造り手たちからの影響 もあり、2007年から少しずつ、探るように自然なワイン造りを始めています。
ステファン・バーンワルト氏
当初は醸造的に白よりも比較的リスクの低い赤ワイン(ピノ ノワール)のみでしたが、2009年にはエデルツヴィッカーとリースリングも亜硫酸を使わずに醸造しました。 本格的に取り組みを始めたのは2010年、ジュラのJean-Marc Brignotが彼のゲヴェルツとピノグリを買い付けて亜硫酸ゼロで仕込んだ年で、シルヴァネールをビン詰めに至るまで亜硫酸を徹底して使わずに造っています。
2011年はアンフォラを使ってピノ・ノワール、リースリングとゲヴェルツトラミネールを醸造、またシルヴァネールでは長期間のマセラシオンを試みるなど、意欲的にナチュラルなワイン造りに取り組んでいる、将来がとても楽しみな生産者です。
土壌:石灰、粘土石灰、砂、レス、花崗岩など、様々なタイプの土壌構成
樹齢:平均して50年
醸造:手摘みしたブドウを収穫しながれ選別して、除梗せずに全房プレス
一晩デブルバージュした後にコンクリートタンクとフードルで自然発酵
清澄はせず、フィルターもかけずにビン詰め。

2010年 冬が長かった年で3月上旬まで残雪があった。春が訪れた後は比較的気温が高く好天で推移した。
8月下旬になって雨がちになり気温も低く不安定な状態になったが、9月は 一転して毎日が快晴となったことで挽回できた。 他の生産者より1週間収穫を遅らせて、種まで完熟したブドウを得ることができた。6 月中旬に開花し、3週間かけて終わった。
シルヴァン・ネトル 2017ローラン・バーンワルト Sylvan'etr 2017
シルヴァン・ネトル 2017
品種:シルヴァネール100%

2019/4/23 ヴォルテックスの試飲会にて
ラムネやりんごのコンポートのようなのような甘酸っぱい味わいです。爽やかな酸が飲み心地良く王冠になっていますが強いガスはなく、ほんの少し舌に感じる程度です。
新着マーク
18131
¥3,220(税別)

ピノ・ノワール・ビルドストックレ 2017ローラン・バーンワルト Pinot Noir Bildstoeckle 2017
ピノ・ノワール・ビルドストックレ 2017
品種:ピノ・ノワール100%
ビルドストックレは収穫が遅いため、充実した香りでしっかりと熟した風味と骨格が感じられるスタイル

2019/4/24 ヴォルテックスの試飲会にて
土のような香り。タンニンは細かくエレガント。
19494 ¥4,460(税別)

ピノ・グリ 2017ローラン・バーンワルト Pinot Gris 2017
ピノ・グリ 2017
品種:ピノ・グリ100%

2019/4/24 ヴォルテックスの試飲会にて
りんごのコンポートや桃のようなトロピカルな香り。密がたっぷりですがキレもよくフレッシュでフルーティーな味わい。
新着マーク
18847
¥3,220(税別)

ゲヴュルツトラミネール・ナチューレ・ヴァン・ダルザス2017ローラン・バーンワルト Gewurztraminer Nature 2017
ゲヴュルツトラミネール・ナチューレ・ヴァン・ダルザス2017
品種:ゲヴュルツトラミネール

2019/4/24 ヴォルテックスの試飲会にて
ライチやりんご、洋梨やマスカットなどのフルーティーな香り紅茶や白い花のような香りがミックスされています。
フルーティーでほのかな苦みがアクセント、甘みの中にキレのよい酸がいい感じです。
新着マーク
19495
sold out
¥3,400(税別)

リースリング・クヴェヴリ 2014ローラン・バーンワルト Riesling Qvevri 2014
リースリング・クヴェヴリ 2014
品種:リースリング

2019/4/24 ヴォルテックスの試飲会にて
熟成して黄色味がかった色をしています。ゴムのような石油系の香りが若干しましたが暫くすると蜜やトロピカルな香りがしてきます。クヴェヴリというとというイメージではなく、厚みの中に軽さや柑橘系の味わいがある味わいです。
新着マーク
18804
¥4,700(税別)

リースリング・ナチュール 2015ローラン・バーンワルト Riesling Nature 2015
リースリング・ナチュール 2015
品種:リースリング100%

2019/4/24 ヴォルテックスの試飲会にて
パイナップルや煮詰めたりんごや密、レモンのようなきりっとした酸。ハーブのような香りとのバランスが絶妙。
新着マーク
18800
¥3,380(税別)

エデル 2017ローラン・バーンワルト EDEL 2017
エデル 2017
品種:ミュスカ、ゲヴェルツトラミネール、ピノ・グリ、ピノ・オーセロワ、シルヴァネール

2019/4/24 ヴォルテックスの試飲会にて
レモンや青りんごやハーブのような香りとシャープでフレッシュな口当たり。蜜っぽさと甘酸っぱさバランスよく混在しています。
新着マーク
18080
sold out
¥2,470(税別)
お一人様、3本までと
させて頂きます。
フランス/ジュラ
Raphael Bartucci
ラファエル・バルトゥッチ
  自然派  インポーター:ヴォルテックス
ラファエル・バルトゥッチはロレーヌ地方の製鉄所で電気技師として役10年間働いた後、アン県のメリニヤという所に ある家屋とすこしばかりの未開墾地を購入。  
数年間はエンジニアとして生計を立てながら、荒地を切り開きぶどうを植樹するという二束のわらじを履き、1983年からワインを作り出し、1992年からヴィニュロンに転身した。  
セルドン村で造られる、弱発泡の中甘口ロゼワイン(ビュジェ・セルドン)のみを造っております。  
あのオヴェルノワ氏にワイン造りで指示を仰ぎビオロジックを取り入れる。  
2004年にECOSERTに認定され、2.5haという小さなぶどう畑を丹念に育てている。  亜硫酸は圧搾後の澱下げのときに入れるだけ使用し、天然酵母で醗酵、補糖やドザージュなど人工的な糖分添加をせず、補酸など一切行いません。  
1983年に畑を購入し、2~3年ごとに少しづつ増やしています。  
ひとりで作るには2haが精一杯と言う彼がワイン造りにおいて大事にしている事は  「補糖せずにワインをつくる事、幸いセルドンは日照が少なくても待つ事が出来るからね。」と語ります。  
畑は、標高450m、傾斜70度の場所に1980年と90年に植えたプルサールが、その他南西と東向きの場所にガメィが植えられています。2~3年に1回荒地を購入し、1年目にブドウの木を植え、2年目に杭(40cm埋める)とワイヤーを張る作業をしています。  朝露に濡れた粘土質の畑は、スニーカーで見学すると靴底がすぐに3cmは泥で厚くなるほどです。  
うさぎが来るので電流の流れるワイヤーを貼りぶどうを守っています。  
メリニャの4件の生産者が共同で使用する瓶詰所の機械のメンテナンスは前職を生かしたバルトッチがほとんどメンテナンスを請け負っており、他の生産者からも頼りにされています。
ビュジェ・セルドン・ペティアン・ロゼ・メトード・アンセストラル 2018ラファエル・バルトゥッチ Bugey Cerdon 2018
ビュジェ・セルドン・ペティアン・ロゼ・メトード・アンセストラル 2018
品種:ガメイ90%、プルサール10%  
畑:2ha 粘土石灰質。    
収穫は、20人で朝3h、午後3hを5日間。    
他の生産者とは違う浅い容器に平にブドウを並べ、潰れないよう気をつける。果皮にキズが付いて酸化が始まると、酸化防止剤が必要になるのを防ぐため。  
栽培:ビオロジック  
醸造・熟成:醗酵中に酸味は落ち着くとの理由からマロラクティック醗酵はなし。 収穫したブドウをタンクでアルコール醗酵させ、残糖を残し醗酵中の果汁を2~0度近くまで冷却して醗酵を中断させビンに詰めて王冠で留めます。        
その後、2ヶ月ビンを立てた状態 (立てる方が醗酵が遅く泡が細かくなるため)でゆっくりと再醗酵させる。(ビンを寝かせる生産者は3週間で終わる)王冠でガスが逃げないようになっているため泡が液体に溶け込む。アルコール度数が8%になったところで味わいのバランスを確認、再びろ過をしながら最後のビン詰めを行い完成。 この処理には、ガスが逃げないようガス圧よりも高い圧力をかけながらビン詰めできる特殊な機械を使用。

2019/5/29 ヴォルテックスさんの試飲会にて
キメの細かな泡がたっぷりで心地よい。
甘酸っぱいイチゴやさくらんぼのような薄甘く綺麗な酸。
チャーミングな味わいです。
新着マーク
17368
¥2,930(税別)
フランス/ラングドック
Jacques Frelin
ジャック・フレラン
  自然派 インポーター:ディオニー
 彼の会社はブドウを探し、醸造は別の会社に頼み、瓶詰めとストック管理も別会社に委託するという 新しいスタイル。それは結果経費の無駄を減らし、低料金・高品質の商品をお客様に提供出来るからです。 健全な問題の無いワインを造るために時にはビオの酵母菌を添加したり、SO2を使用します。 しかしオーナーのジャックは無農薬のブドウで、出来るだけ自然に近い味わいを求め今の形が出来上がりました。
エリソン・マラン 2018ジャック・フレラン Herisson Malin 2018
エリソン・マラン 2018
品種:シャルドネ100%(20~25年)
モンペリエのネゴシアンが供給する無農薬ブドウ且つSO2無添加でこの価格、環境保全と生物多様性の象徴でもあるハリネズミをラベルに 冠しました。シャルドネを直接的圧搾しステンレスタンクで発酵後、そのままシュールリー熟成しました。 クリーム色の外観から、 バナナやパイナップルの香り、果実味たっぷりの口あたりで、フルー ティーな甘さと酸のバランスが素晴らしい出来栄えです。

2019/6/19 ディオニーの試飲会にて
カリンやパイナップルのような厚みのある果実味たっぷりの味わい。フルーティーさの中にハーブのような香りとほんの少し塩味を 感じます。価格からしてもデイリーに使って頂きたいワインです。
新着マーク
19518
¥1,750(税別)
Sainte Marie des Pins
サン・マリ・デ・パン
  自然派 インポーター:ル・ヴァン・ナチュール
カルカッソンの南に約15hlのブドウ畑を所有。また13haで他の果実やオリーブなども生産している。 約30年前に葡萄畑を購入し、1998年からビオロジック、2009年からビオディナミの認証も取得した。
オー・ウイ 2018サン・マリ・デ・パン Oh Oui 2018
オー・ウイ 2018
品種:クレレット70%、ヴィオニエ30%。SO2無添加

2019/6/19 ル・ヴァン・ナチュールの試飲会にて
果実味たっぷりのフルーティーな香りがあります。トロピカルで密っぽさ、酸もありますのでベタベタした感じにはなっていません。
新着マーク
19515
¥2,300(税別)
フランス/ボルドー
Chateau Cru Godard
シャトー・クリュ・ゴダール
  自然派 インポーター:ル・ヴァン・ナチュール
 シャトー・クリュ・ゴダールは、ボルドーのコート・ド・フランに約2haのブドウ畑を所有しています。4世代続く、家族経営のシャトーで、 1998年から現在のフランクとカリーヌ夫妻が栽培・醸造にあたっています。
最初は減農薬農法で栽培をしterra-vitisの認証を得ていました。
2000年までは、協同組合としてワインを醸造していましたが、品質向上を目指し、状態の悪い畑を放棄し、醸造・瓶詰を自ら行うようになりました。
2007年から有機栽培に移行し、現在、Ecocert認証を申請しています(2008年ヴィンテージは移行2年目)。 フランク氏は、2011年現在、コート・ド・フラン地区のワイン生産者組合の会長をつとめています。
クリュ・ゴダール 2016シャトー・クリュ・ゴダール Cru Godard 2016
クリュ・ゴダール 2016
品種:メルロー65%、カベルネソーヴィニョン20%、フラン10%、マルベック5%。
しっかりとした赤紫の濃い色合いです。

2019/5/22 ル・ヴァン・ナチュールの試飲会にて
濃厚な味わいと細かで繊細なタンニンが複雑。2016年は特に美味しいと感じます。この価格でボルドーと考えるととてもコストパフォーマンスの高い納得の1本だと思います。
新着マーク
17388
¥2,230(税別)

クリュ・ゴダール・ソーヴィニョン2018シャトー・クリュ・ゴダール Cru Godard Sauvignon 2018
クリュ・ゴダール・ソーヴィニョン2018
品種:ソーヴィニョンブラン100%。
2017年が霜で全滅したため、2016年以来の入荷です。

2019/5/22 試飲会
ボルドーのソーヴィニョン・ブランらしく厚みがあり、酸がキリッとした感じです。
始め飲んだ時は爽やか酸、ドライで苦みを少し感じるりんごやグレープフルーツのような感じがしましたが暫くしてもう一度飲んでみると 果実味や密っぽさが明らかに感じられました。
食中酒としてもお料理の邪魔をしない名わき役になりそうです。
そしてこの価格はいいですよね。
新着マーク
17372
¥2,230(税別)
フランス/ボルドー/メドック
La Cave des Nomades
シャトー・プランケット
   自然派   インポーター:ル・ヴァン・ナチュール
サンテステフの北、St-Yzans-de-Medocに1.7ヘクタールのブドウ畑を所有する生産者。当主のデディエ氏は、数 年間、幾つかのドメーヌで修行した後に、ブドウ畑を購入。シャトー名は、母方の祖父の名前に由来します。
AOC メドックでは珍しく、自然酵母、無清澄・無濾過、SO2最低限でワインを生産しています。1.7ヘクタールのブドウ畑で、カベルネ・ソーヴィニョン(48%)、メルロー(48%)、プティ・ヴェルド(4%)を栽培してい ます。
 エコセール認証を取得しています。
本人は、栽培方法については「自然が仕事をしている」として、あまり多く を語りませんが、1.7ヘクタールと畑のサイズが小規模であることから、とても丁寧に面倒をみることができるそうで す。未開墾地に接している為、他の畑に散布されている殺虫剤や除草剤などにも影響をうけることがありません。
平均樹齢は約30年、土壌は砂利や砂質で水はけも良好。
 収穫は手摘みで行っています。2006、2007年と病気に 悩まされほとんど生産できなかったそうですが、2008年は6500本の生産量でした。 醸造は、自然酵母で発酵し、補糖、補酸、酵母添加など行いません。SO2は必要に応じて無添加だったり、添加 したりしていますが、合計で15mg/Lを超える量は添加しないということです。2015年は合計2mg/Lです。平均で、2~ 3年樽熟成を経たのち、リリースされます。基本的には、力強く、アロマティック、ほどよい渋みを備えつつ、新鮮な酸 味を持ったワインです。樽のニュアンスが極めて控えめであることも、特徴です。開けたては、味が閉じこもっていることが多いので、できれば、カラフに移すことを推奨しています。
シャトー・プランケット 2015シャトー・プランケット Chateau Planquette 2016
シャトー・プランケット 2016
品種:カベルネ48%、メルロー48%、プティヴェルド4%
古典的な ボルドースタイルの赤ワイン。
良いヴィンテージの影響を 受け、カベルネに由来する複雑な風味とメルローの果実 感がバランスよくまとまっていて、素朴だけど上品というプ ランケットの良さが表現されています。渋みもありますが、 果実感も十分にあるので、今からでもアプローチしやすいです。渋み、酸、コクが高い次元でまとまっています。
牛肉や仔羊、鴨などと合わせて。

2019/3/20 ル・ヴァン・ナチュールの試飲会にて
ドライプルーンやダークチェリーのような濃厚で果実味がしっかりしています。品の良いたっぷりのタンニンや酸がバランスよく、価格的にも納得のボルドーワインです。
19396 ¥3,700(税別)
フランス/ブルゴーニュ シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
ロワール・ローヌ イタリア スペイン
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]