2019年6月 新着アルザス・ラングドック・ボルドー他ワイン

[ hasigoya on line TOP ]   [ ワイントップ ]   [ ご注文方法 ]   [カゴの中身を見る]   [お問い合わせ]
6月 新着ワイン    (=自然派ワイン)
フランス/ブルゴーニュ シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
ロワール・ローヌ イタリア スペイン
2017年コサール・シャソルネイ
■ ■ ■ ご注文数量は半角英数字でご記入下さい■ ■ ■
フランス/アルザス
DOMAINE Andre Stentz
ドメーヌ・アンドレ・ステンツ
  自然派  インポーター:ル・ヴァン・ナチュール
ステンツ家は、1674年にコルマールより南西6Kmに位置する
ヴェトルスハイムに移ってきました。  ヴォージュ山脈の麓に広がるブドウ畑は日光の良くあたる理想的なミクロクリマを持っています。ワインの質、環境への敬意、そして健康を尊重する方法を求めて有機栽培を行い始め、1984年にナチュール・エ・プログレ(Nature et Progres)の認証を得ました。
ドメーヌ・アンドレ・ステンツブドウ畑 ドメーヌ・アンドレ・ステンツブドウ畑
化学肥料や除草剤、化学殺虫剤は使用していません。
栽培 :彼は、土壌の活性化と自然界のバランスを取ることを心がけています。
土壌は春から初夏にかけて耕されその後、8月から3月まで伸びる草は自然の肥料として使われ、また、益虫が害虫を捕食するようになります。
これらの畑作業により、ブドウの熟成は良く進み、テロワールを純粋に表現するワインとなります。
醸造 :ナチュール・エ・プログレの規定に沿ってブドウは醸造されます。
手摘み、半日間かけてのプレスし、温度コントロールをして発酵。
果実味と上品さを兼ね備えています。補糖は全く行いません。
ワインは、混じりけ無くすっきりしていて、ブドウ品種とテロワールの特徴を存分に表現しています。
テロワール :土壌は、粘土石灰岩層。
Wettolsheim、Eguisheim、Wintzenheim、Mittelwihr地区に位置しています。
最も素晴らしい場所は、グラン・クリュSteingrubler、Mandelberg、Hengst(Schoflit)です。 ドメーヌの南に位置するRosenbergの土壌は非常に複雑で、  泥炭土・石灰岩・ケイ質砂岩が交じり合っています。
リースリングに向いた土壌であり、果実味と繊細さを兼ね備えたものとなります。  Wettolsheim 地区北西に位置するSchoflitは、土壌は漸新世の礫岩と赤色の泥炭石灰岩、  グラン・クリュHengstの一部です。
ピノノワール 2017ドメーヌ・アンドレ・ステンツ Pinot Noir 2017(sulfite)
ピノノワール 2017
品種:ピノノワール100%。
SO2を使用せずに醸造したキュヴェ。
ALC:13.34%、残糖:0.2g/L、総亜硫酸:15mg/L

2019/5/22 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会

1ヶ月前に空輸便が到着したてを飲んだ時は味わいがバラバラでがっかりして仕入れませんでした。今回の試飲会で船便を飲んでびっくりしました。同じワインとは思えない程、チャーミングで味わい深くしっとりとした口当たりとカシスやハーブの香りがしてこれもアルザスのピノなのっと思う程、素敵な味わいでした。
新着マーク
18483
¥3,370(税別)

ピノ・グリ 2017ドメーヌ・アンドレ・ステンツ Pinot Gris 2017
ピノ・グリ 2017
品種:ピノ・グリ100%

2019/4/25 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会
甘酸っぱい熟したリンゴやパイナップルのような味わい。トロピカルな香りと優しいガスがのど越しよく爽やか。
新着マーク
18856
¥3,390(税別)

リースリング 2017ドメーヌ・アンドレ・ステンツ Riesling 2017
リースリング 2017
品種:リースリング100%

2019/4/25 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会
レモンのような爽やかな酸。フレッシュな味わいとトロピカルな香りがバランスよく、粘度のあるとろんとした液体です。
新着マーク
18482
¥2,990(税別)

シルヴァネール 2017ドメーヌ・アンドレ・ステンツ Sylvaner 2017
シルヴァネール 2017
品種:シルヴァネール100%  

2019/4/25 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会

レモンのようなキリッとした綺麗でフレッシュな酸とカリンのような薄甘い果実の味わい、ほのかに感じる苦味が味わいを引き締めています。
新着マーク
18481
¥2,610(税別)

エデルツヴィッカー・ヴァン・ダルザス 2017ドメーヌ・アンドレ・ステンツ Edelzwicker 2017
エデルツヴィッカー・ヴァン・ダルザス 2017
品種:シャスラー中心、シルヴァネール、ミュスカ
edel<高貴な>+zwicker<ブレンド>という意味で、アルザスのブドウ品種をブレンドし、 1リットル瓶で販売されるアルザス独特のワイン。
シャスラ種中心でゲヴルツ、ミュスカなどがブレンド。

2019/4/25 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会
トロピカルな香りが心地よく、蜜っぽくとろんとした液体は飲み飽きしない美味しさです。
新着マーク
18367
1000ml
¥2,610(税別)
Domaine Julien Meyer
ドメーヌ・ジュリアン・メイエー
      自然派
 1705年から存在する古いドメーヌです。1990年から完全無農薬に切り替え、1999年からバイオダイナミクスを実践しています。 あまり知られていませんがビオの生産者の間では知らない人はいないほど有名な生産者です。
ナチュール 2017ドメーヌ・ジュリアン・メイエー Nature 2017
ナチュール 2017
品種:シルヴァネール90% ピノブラン10%
(手摘み/30~50年)
雹の被害を受けた2016年は収量が激減したため、生き残った貴重なブドウにこれまで以上に愛情を注ぎ寄り添い造り上げたシルヴァネー ル主体のキュヴェです。

青りんごや柑橘のニュアンス、さわやかな果実味に塩気と旨味を感じます。 2時間でマメが出てきますが、、スルスル系で美味しいです。<インポーターさんのコメント>
新着マーク
17156
sold out
¥2,500(税別)

ピノノワール・レ・ピエール・シャウド 2013ドメーヌ・ジュリアン・メイエー Pinot Noir Les Pierres Chaudes 2017
ピノノワール・レ・ピエール・シャウド 2017
熱い岩という名前のキュヴェ。
樹齢:40年の花崗岩土壌で造られる。
3週間ステンレスタンクで発酵、600Lの木樽で12ヶ月熟成しました。
明るい赤の色調、熟したイチゴやアメリカンチェリーの香りの後に少し鉱物的なニュアンスがあります。味わいはフレッシュ感もありながら、落ち着いた果実の 旨味も同居し、アフターに香りと同様、鉱物的な塩気を感じます。
<インポーターの資料>
16962
在庫 1本
¥3,270(税別)
Domaine Marc Tempe
マルク・テンペ
   自然派
ゴーミヨー4つ星生産者、マルク・テンペはアルザスの中心部から南西に7kmほどのツェレンベルグの畑で、今までにないアルザスのワイン造りを目指しています。
オーナーであるジャン・フランソワ(ブリュノ・シュレールの親戚)は、1999年に父の畑を継いでワイナリーを起ち上げる。 (以前はブドウを農協に売っていた)1996年から畑を完全にビオ農法に変え、同時にビオディナミを実践に取り入れています。
リースリング・ツェレンベルグ 2007マルク・テンペ Riesling Zellenberg 2016
リースリング・ツェレンベルグ 2016
品種:リースリング100%
樹齢:(手摘み/平均40年)

ツェレンベルグ村、粘土石灰土壌に植わる平均40年のリースリングを ゆっくりプレスし24時間のデブルバージュ後、フードルで24 ヶ月シュー ルリー熟成しました。
2016年は開花を遅らせた春雨やベト病の影響を受けましたが夏と秋には天候に恵まれました。

2019/4/24 ディオニーさんの試飲会にて
白い花のような華やかな香りがします。リンゴのような甘酸っぱい酸とジューシーな甘味がバランスよく感じます。
新着マーク
17923
¥3,350(税別)

ピノ・グリ・ツェレンベルグ 2015マルク・テンペ Pinot Gris Zellenberg 2015
ピノ・グリ・ツェレンベルグ 2015
アルザス定番の白、本拠地ツェレンベルグ村でビオディナミ栽培す るピノブランを圧搾後、24時間デブルバージュしフードルで24ヶ 月シュールリー熟成しました。

2019/2/19 ワイン東京にて
淡いイエロー。もぎたてリンゴの香り、トロピカルな香りと優しい甘みの調和の中に酸とほのかに感じる苦みが心地良い味わいになっています。
19461
在庫 1本
¥3,270(税別)
Domaine Joseph et Christian Binner
ドメーヌ・ジョゼフ・エ・クリスチャン・ビネール
  自然派
 アルザスで1770年からワインを生産している名門のドメーヌです。 醸造に関しては農業本来の姿をモットーとして、無農薬を徹底し、一切SO2を使わず、また葡萄も収穫も手作業の為、 家族だけで出来る6haの畑で生産をしています。
今でこそ無農薬のスタイルが見直されておりますが、お父様の時代には化学肥料がもてはやされた頃でした。その時代にもかたくなに一貫して無農薬の農業を続けました。収穫も手で行っている為、家族だけで手入れが出来る11haの畑を大切に守っております。アルザスでは決して大きな造り主ではありませんが、先祖代々から大切に受け継がれた財産は、カーブの中1つとってもうかがえます。
<インポーターさんの資料から>
ピノ・ノアールNF・NS 2016クリスチャン・ビネール Pinot Noir 2016
ピノ・ノアール・ベアトリス 2016
品種:ピノノワール100%
樹齢:平均30年(手摘み)
土壌:花崗岩、粘土石灰  
標高・向き:300m・南東  
面積・収量:1ha・35hl/ha  
醗酵:自然醗母、ステンレスタンクで2週間マセラシオン。    毎日ピジャージュ、1~2回ルモンタージュ。  
熟成:フードルで11ヶ月シュールリー熟成。     
無濾過・無清澄。  
SO2:無添加 トータル14mg/L  
アルコール度:14%  石表層は花崗岩、深層は粘土石灰土壌に植わる樹齢30年のピノ・ノワールをフードルで11ヶ月熟成し酸化防止剤無添加で瓶詰めしました。

2018/5/22 ディオニーの試飲会にて
色調は薄いルビー色。チェリーや杏のような甘酸っぱさ。フレッシュでタンニンがとてもシルキーです。
新着マーク
18410
¥3,800(税別)

ピノ・ノワール・ノンフィルトレ・ノンサルファイトゥ 2017クリスチャン・ビネール Pinot Noir NF 2017
ピノ・ノワール・ノンフィルトレ・ノンサルファイトゥ 2017
品種:ピノ・ノワール100%(手摘み)  
樹齢:平均30年  
土壌:花崗岩・粘土石灰  
標高・向き:300m・南  
面積・収量:1ha・35hl/ha  
醗酵:自然醗母、セメントタンクで2週間マセラシオン     
毎日ピジャージュ、1〜2回ルモンタージュ 。  
熟成:フードルで11 ヶ月熟成し、シュールリー熟成、無濾過・無清澄。  
SO2:無添加 トータル14mg/L  
アルコール度:13%  
表層は花崗岩、深層は粘土石灰土壌に植わる  
樹齢30年のピノ・ノワールをフードルで11ヶ月シュールリー熟成し酸化防止剤無添加で瓶詰めしました。  

淡いピンクを帯びたルビーの外観から、ラズベ リーやザクロの甘い香りが拡がります。控えめで瑞々しい口あたり、滑らかなタンニンがたゆたう液体は、塩気を感じる余韻が心地よく響き渡るアルザスらしい繊細なピノノワールです。
ピノノワールの華やかな香り、香りの強さはそこまで強くないです。 ブルーベリー、ラズベリーの香り旨み、塩気あり、バランス良く、酸もきちんとあります。
<インポーターの資料>
17345
在庫 2本
¥3,520(税別)
Laurant Bannwarth
ローラン・バーンワルト
自然派    インポーター:ヴォルテックス
1960年代にコルマールの南にある村、Obermorschwihrにて創業した蔵元で、 合計12ヘクタールの畑を所有。
父ローランの跡を継いだ息子ステファンは、80年代に栽培をビオディナミに変え、エコセールの認証を取得しました。加えて、アルザスの自然派の造り手たちからの影響 もあり、2007年から少しずつ、探るように自然なワイン造りを始めています。
ステファン・バーンワルト氏
当初は醸造的に白よりも比較的リスクの低い赤ワイン(ピノ ノワール)のみでしたが、2009年にはエデルツヴィッカーとリースリングも亜硫酸を使わずに醸造しました。 本格的に取り組みを始めたのは2010年、ジュラのJean-Marc Brignotが彼のゲヴェルツとピノグリを買い付けて亜硫酸ゼロで仕込んだ年で、シルヴァネールをビン詰めに至るまで亜硫酸を徹底して使わずに造っています。
2011年はアンフォラを使ってピノ・ノワール、リースリングとゲヴェルツトラミネールを醸造、またシルヴァネールでは長期間のマセラシオンを試みるなど、意欲的にナチュラルなワイン造りに取り組んでいる、将来がとても楽しみな生産者です。
土壌:石灰、粘土石灰、砂、レス、花崗岩など、様々なタイプの土壌構成
樹齢:平均して50年
醸造:手摘みしたブドウを収穫しながれ選別して、除梗せずに全房プレス
一晩デブルバージュした後にコンクリートタンクとフードルで自然発酵
清澄はせず、フィルターもかけずにビン詰め。

2010年 冬が長かった年で3月上旬まで残雪があった。春が訪れた後は比較的気温が高く好天で推移した。
8月下旬になって雨がちになり気温も低く不安定な状態になったが、9月は 一転して毎日が快晴となったことで挽回できた。 他の生産者より1週間収穫を遅らせて、種まで完熟したブドウを得ることができた。6 月中旬に開花し、3週間かけて終わった。
シルヴァン・ネトル 2017ローラン・バーンワルト Sylvan'etr 2017
シルヴァン・ネトル 2017
品種:シルヴァネール100%

2019/4/23 ヴォルテックスの試飲会にて
ラムネやりんごのコンポートのようなのような甘酸っぱい味わいです。爽やかな酸が飲み心地良く王冠になっていますが強いガスはなく、ほんの少し舌に感じる程度です。
新着マーク
18131
¥3,220(税別)

ピノ・ノワール・ビルドストックレ 2017ローラン・バーンワルト Pinot Noir Bildstoeckle 2017
ピノ・ノワール・ビルドストックレ 2017
品種:ピノ・ノワール100%
ビルドストックレは収穫が遅いため、充実した香りでしっかりと熟した風味と骨格が感じられるスタイル

2019/4/24 ヴォルテックスの試飲会にて
土のような香り。タンニンは細かくエレガント。
新着マーク
19494
¥4,460(税別)

ピノ・グリ 2017ローラン・バーンワルト Pinot Gris 2017
ピノ・グリ 2017
品種:ピノ・グリ100%

2019/4/24 ヴォルテックスの試飲会にて
りんごのコンポートや桃のようなトロピカルな香り。密がたっぷりですがキレもよくフレッシュでフルーティーな味わい。
新着マーク
18847
¥3,220(税別)

ゲヴュルツトラミネール・ナチューレ・ヴァン・ダルザス2017ローラン・バーンワルト Gewurztraminer Nature 2017
ゲヴュルツトラミネール・ナチューレ・ヴァン・ダルザス2017
品種:ゲヴュルツトラミネール

2019/4/24 ヴォルテックスの試飲会にて
ライチやりんご、洋梨やマスカットなどのフルーティーな香り紅茶や白い花のような香りがミックスされています。
フルーティーでほのかな苦みがアクセント、甘みの中にキレのよい酸がいい感じです。
新着マーク
19495
¥3,400(税別)

リースリング・クヴェヴリ 2014ローラン・バーンワルト Riesling Qvevri 2014
リースリング・クヴェヴリ 2014
品種:リースリング

2019/4/24 ヴォルテックスの試飲会にて
熟成して黄色味がかった色をしています。ゴムのような石油系の香りが若干しましたが暫くすると蜜やトロピカルな香りがしてきます。クヴェヴリというとというイメージではなく、厚みの中に軽さや柑橘系の味わいがある味わいです。
新着マーク
18804
¥4,700(税別)

リースリング・ナチュール 2015ローラン・バーンワルト Riesling Nature 2015
リースリング・ナチュール 2015
品種:リースリング100%

2019/4/24 ヴォルテックスの試飲会にて
パイナップルや煮詰めたりんごや密、レモンのようなきりっとした酸。ハーブのような香りとのバランスが絶妙。
新着マーク
18800
¥3,380(税別)

エデル 2017ローラン・バーンワルト EDEL 2017
エデル 2017
品種:ミュスカ、ゲヴェルツトラミネール、ピノ・グリ、ピノ・オーセロワ、シルヴァネール

2019/4/24 ヴォルテックスの試飲会にて
レモンや青りんごやハーブのような香りとシャープでフレッシュな口当たり。蜜っぽさと甘酸っぱさバランスよく混在しています。
新着マーク
18080
sold out
¥2,470(税別)
お一人様、3本までと
させて頂きます。

リースリング・・ビルドストックレ 2015ローラン・バーンワルト Riesling Bildstoeckle 2015
リースリング・ビルドストックレ 2015
品種:リースリング100%

2018/4/4 ヴォルテックスの試飲会にて
きりっとした酸の中にトロピカルな熟した果実の感じも覗いていました。厚みもありピュアな果実味が冴え渡ります。余韻には密のような味わいが上がってきます。
18299
在庫 1本
¥4,450(税別)
Domaine Xavier Wymann
ドメーヌ・グザヴィエ・ヴァイマン
      インポーター:ディオニー  自然派
 このワインの計画は2012年から始まっておりました。 何故かと言うとクリスチャン・ビネールのワインは年々人気が出るのに供給が追いつかないからです。
ナチュラルワインの生産者で人気が出てくる生産者は、必ずネゴシアンを始めます。そうでないと需要に追いつかないからです。
しかしネゴシアンと言うのは葡萄を他の人にお任せして、自分で醸造する方法。
そこに疑問を持ちながら何とか同じような方法でお客様に出来る限り美味しいワインを届けたい! そういう思いが我々の中に合ったからです。
ドメーヌ・グザヴィエ・ヴァイマン
 そんな時、Jean-lucと縁がありました。
Xavier Wymannの2011年のワインが一度日本に上陸したので、彼のことはご存知の人が多いはず!そのJean-LucとChristianが、身体をリラックスさせる ナチュラルなワインを作ろう!と2012年から一緒に取り組みました。
 2011年ではクリスチャンのコンサルを受けていたので、お互いの信用はもうばっちり!後は行動に出るだけです。
やはりDomaineに拘りたい!!でもクリスチャンの畑は限られている。 そんな矛盾の中、クリスチャンの思いをDomaine Xavier Wymannとして2人 で表現しました!こうなるとコンサルでなくコラボです。<新井順子さんのコメントから>
ピノブラン 2015ドメーヌ・グザヴィエ・ヴァイマン Minori Pinot Blanc 2015
ピノブラン 2015
品種:ピノ・ブラン 100%
樹齢:平均35年
ビネールが醸造コンサルを務めた日本限定のMinoriシリーズ。
粘土泥土に植わる樹齢35年のピノブランをステンレスタンクで11 ヶ月発酵・ 熟成しSO2無添加で瓶詰めしました。

2019/3/19 ディオニーさんの試飲会にて
パイナップルやオレンジピールのような濃厚な香りがかぐわしく香ります。甘さは控えめで果実味と塩気がいい感じに交じり合っています。
新着マーク
19492
¥2,470(税別)

リースリング 2014ドメーヌ・グザヴィエ・ヴァイマン Minori Riesling 2014
リースリング 2014
品種:リースリング 100%
樹齢:平均45年
日本限定でビネールが醸造コンサルを務めたMinoriシリーズ。
砂質・ 花崗岩土壌に植わる樹齢45年のリースリングをステンレスタンクで4 年間シュールリー熟成し無濾過無清澄で瓶詰めしました。

2019/3/19 ディオニーさんの試飲会にて
とろんとした口当たり、ほのかに感じる苦味、オレンジピールのような甘酸っぱい蜜っぽさとミネラリーな味わいが印象的です。
新着マーク
19493
¥2,830(税別)
フランス/ジュラ
Alain Renardat-Fache
アラン・ルナルダ・ファッシュ
  自然派
ビュジェ村の手前の急な細い山道を数百メートル登り、小さな橋を渡ると人口115人、ワイン生産者5件のときおり霧に包まれる美しいメリニャ村に到着します。 ファッシュさんは、現在一緒に仕事をしている息子さんで6代目になる古くからの生産者です。
 長年に渡りビュジェ・セルドンの品質を広く理解してもらおうと様々な努力を続けてきましたが、
アラン・ルナルダ・ファッシュ氏
いよいよ2010年(2009年産)から”AOCビュジェセルドン”が名乗れるようになり「ここまでくるのに大変だったよ」と喜びを噛みしめている様子でした。この”メソードアンセストラル”がシャンパーニュと違いリキュール添加、補糖が認められていない所を非常に重要視して区別しています。
 作り方は昔から変わらず自然に任せていますが2009年には、自社畑の一部プルサール4haとガメィ8haを「AB=アグリカルチュール・ビオロジック」に申請中です。 ビュジェセルドンの生産者は、現在40人。 
 メリニャ村には、そのうち5件の生産者のみですが、ルナルダは中でも一番広く畑を所有しています。
古くは、USA,オランダ、ベルギーに輸出され、最近はカナダ、オーストラリア、イギリス、そして日本からも多くの需要がある人気のドメーヌです。<インポーターの資料から>
ビュシュ・セルドン・メトード・アンセストラル 2018アラン・ルナルダ・ファッシュ Bugey Cerdon 2018
ビュシュ・セルドン・メトード・アンセストラル 2018
品種:ガメイ70%、プルサール30%
畑:4haのプルサールと、8haのガメィ。  
栽培:ビオロジック 。株の回りのみ草を取り、畝の中心は残す。20年以上防虫剤不使用。 取りの羽を燃やした粉でディナミゼをしている。     
肥料は必要に応じて使用。  
収穫量:60hl/ha  
醸造・熟成:通年9度に保たれているセラーにて醸造。      酸化を防ぐ為SO2をいれて圧搾。醗酵温度20度で6気圧に保ちながら温度を下げて行き、最終的に2度で4気圧にする。  
特徴:メリニャ村の様々な場所に畑を持つ。  

2019/4/10 ラシーヌさんの試飲会にて
キメの細かな泡がたっぷり。
甘酸っぱいイチゴやさくらんぼのような薄甘く綺麗な酸。
チャーミングな味わいです。
新着マーク
17499
在庫 2本
¥2,470(税別)
フランス/ラングドック
Cave Castelmaure
カステルモール協同組合
  自然派
カステルモール協同組合カステルモール協同組合カステルモール協同組合
南フランスにある協同組合は昨今、ワイン販売の不振に悩んでいます。
近年は、スペイン、イタリアそしてポルトガルからフランスへワインが入ることを拒んで、組合の人々が高速道路をロックアウトした事件がありました。
こうした状況に陥った一番の理由は、ワインの安さでは低価格ワインが多い南フランスといえどもこれらの国々には勝てないからです。
つまり、低価格が売りのワインは、フランス産以外のワインが市場の主導権を握りつつあるとも言えるのです。
カステルモールは1921年に創業。この組合の最も素晴らしい点は、将来はラングドックのワインが価格だけでは売れなくなることを予見して、1978年に品質を追い求めたワインの生産に着手していたことです。
確かに最近の南フランスワインのレベルは平均的には良くなってきていますし、目を見張るようなワインも一部にはあります。しかし、ラングドックの生産者達の多くが品質の向上をはかりはじめたのは、ここ7~8年のことで、この協同組合のように古くから本腰を入れて品質向上に努めてきた生産者は非常に稀な例といえます。
以下はこの組合が1978年当時から変わらず行っている生産ポリシーです。
・収穫は全て手摘み。選果台の導入。
・ブドウは潰れることを避けてカジェットに入れて醸造所まで運ぶ。
・発酵から熟成、瓶詰めに至るまで、一切ポンプアップしない。

1990年からは畑の区分(全300ha)を720の区画に分類、その区画の条件にあう営農法を指導しています。また、畑の健全性やブドウ品種、成熟度合そして土壌の種類ごとに収穫されたブドウを分けて発酵させることを実施しました。1993年からは品種別に発酵の手法を変えています。
ビュヴェット ルージュ 2017カステルモール協同組合 VDT Buvette Rouge NV 2017
ビュヴェット ルージュ 2017
品種: グルナッシュ 60% カリニャン 40%
かわいいデザインのエチケットに透明な瓶、誰もが気軽に楽しむことのできるスーパーデイリーなワインがこの「ビュヴェット」です。以下エチケットに記されたフランス語の訳です。 "Buvette"とは昔の言葉で、ワインを飲む場所、ブラッスリー、立ち飲みスタンド、軽食堂という意味と共に、気のおけない仲間が集まって酒盛りや宴会を開くという意味で使われていました。
夏、太陽の日差しが燦々と照りつけるルーション地方では、夕食時になると海風やガリッグを吹き抜けてくる夜風に涼みながら、ワルツを踊り陽気に杯を交わします。私たちヴィニュロン(ぶどう栽培・ワイン醸造家)にとっては、この言葉の根本的な「飲む」という行為が強く残っています。「飲む」とは、日常的に飲める美味しいワイン、口当たりがよくて、ぶどう本来の味がするワインを飲むことなのです。
ワインがなくなったら空きビンを持って近所の醸造所に買いに行く。それは大地を耕し自然を享受して生きる人々の大きな楽しみなのです。私たちはこのワインが、リラックスした楽しい時間を演出するイントロダクションになり、暴飲せず、陽気に楽しく、心地よさに浸れるように、寛ぎの一時を皆様と分かち合えることを願っています。
16187 ¥1,380(税別)
フランス/ボルドー
Chateau Cru Godard
シャトー・クリュ・ゴダール
  自然派 インポーター:ル・ヴァン・ナチュール
 シャトー・クリュ・ゴダールは、ボルドーのコート・ド・フランに約2haのブドウ畑を所有しています。4世代続く、家族経営のシャトーで、 1998年から現在のフランクとカリーヌ夫妻が栽培・醸造にあたっています。
最初は減農薬農法で栽培をしterra-vitisの認証を得ていました。
2000年までは、協同組合としてワインを醸造していましたが、品質向上を目指し、状態の悪い畑を放棄し、醸造・瓶詰を自ら行うようになりました。
2007年から有機栽培に移行し、現在、Ecocert認証を申請しています(2008年ヴィンテージは移行2年目)。 フランク氏は、2011年現在、コート・ド・フラン地区のワイン生産者組合の会長をつとめています。
クリュ・ゴダール 2016シャトー・クリュ・ゴダール Cru Godard 2016
クリュ・ゴダール 2016
品種:メルロー65%、カベルネソーヴィニョン20%、フラン10%、マルベック5%。
しっかりとした赤紫の濃い色合いです。

2019/5/22 ル・ヴァン・ナチュールの試飲会にて
濃厚な味わいと細かで繊細なタンニンが複雑。2016年は特に美味しいと感じます。この価格でボルドーと考えるととてもコストパフォーマンスの高い納得の1本だと思います。
新着マーク
17388
¥2,230(税別)

クリュ・ゴダール・ソーヴィニョン2018シャトー・クリュ・ゴダール Cru Godard Sauvignon 2018
クリュ・ゴダール・ソーヴィニョン2018
品種:ソーヴィニョンブラン100%。
2017年が霜で全滅したため、2016年以来の入荷です。

2019/5/22 試飲会
ボルドーのソーヴィニョン・ブランらしく厚みがあり、酸がキリッとした感じです。
始め飲んだ時は爽やか酸、ドライで苦みを少し感じるりんごやグレープフルーツのような感じがしましたが暫くしてもう一度飲んでみると 果実味や密っぽさが明らかに感じられました。
食中酒としてもお料理の邪魔をしない名わき役になりそうです。
そしてこの価格はいいですよね。
新着マーク
17372
¥2,230(税別)
フランス/ボルドー/メドック
La Cave des Nomades
シャトー・プランケット
   自然派   インポーター:ル・ヴァン・ナチュール
サンテステフの北、St-Yzans-de-Medocに1.7ヘクタールのブドウ畑を所有する生産者。当主のデディエ氏は、数 年間、幾つかのドメーヌで修行した後に、ブドウ畑を購入。シャトー名は、母方の祖父の名前に由来します。
AOC メドックでは珍しく、自然酵母、無清澄・無濾過、SO2最低限でワインを生産しています。1.7ヘクタールのブドウ畑で、カベルネ・ソーヴィニョン(48%)、メルロー(48%)、プティ・ヴェルド(4%)を栽培してい ます。
 エコセール認証を取得しています。
本人は、栽培方法については「自然が仕事をしている」として、あまり多く を語りませんが、1.7ヘクタールと畑のサイズが小規模であることから、とても丁寧に面倒をみることができるそうで す。未開墾地に接している為、他の畑に散布されている殺虫剤や除草剤などにも影響をうけることがありません。
平均樹齢は約30年、土壌は砂利や砂質で水はけも良好。
 収穫は手摘みで行っています。2006、2007年と病気に 悩まされほとんど生産できなかったそうですが、2008年は6500本の生産量でした。 醸造は、自然酵母で発酵し、補糖、補酸、酵母添加など行いません。SO2は必要に応じて無添加だったり、添加 したりしていますが、合計で15mg/Lを超える量は添加しないということです。2015年は合計2mg/Lです。平均で、2~ 3年樽熟成を経たのち、リリースされます。基本的には、力強く、アロマティック、ほどよい渋みを備えつつ、新鮮な酸 味を持ったワインです。樽のニュアンスが極めて控えめであることも、特徴です。開けたては、味が閉じこもっていることが多いので、できれば、カラフに移すことを推奨しています。
シャトー・プランケット 2015シャトー・プランケット Chateau Planquette 2016
シャトー・プランケット 2016
品種:カベルネ48%、メルロー48%、プティヴェルド4%
古典的な ボルドースタイルの赤ワイン。
良いヴィンテージの影響を 受け、カベルネに由来する複雑な風味とメルローの果実 感がバランスよくまとまっていて、素朴だけど上品というプ ランケットの良さが表現されています。渋みもありますが、 果実感も十分にあるので、今からでもアプローチしやすいです。渋み、酸、コクが高い次元でまとまっています。
牛肉や仔羊、鴨などと合わせて。

2019/3/20 ル・ヴァン・ナチュールの試飲会にて
ドライプルーンやダークチェリーのような濃厚で果実味がしっかりしています。品の良いたっぷりのタンニンや酸がバランスよく、価格的にも納得のボルドーワインです。
19396 ¥3,700(税別)
フランス/ブルゴーニュ シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
ロワール・ローヌ イタリア スペイン
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]