2019年4月新着・ロワール・ローヌワイン

[ hasigoya on line TOP ]   [ ワイントップ ]   [ ご注文方法 ]   [カゴの中身を見る]   [お問い合わせ]
4月 新着ワイン   (=自然派ワイン)
フランス/ブルゴーニュ フランスその他 シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
イタリア スペイン
■ ■ ■ ご注文数量は半角英数字でご記入下さい■ ■ ■
フランス/ローヌ
Domaine Romaneaux Destezet
ドメーヌ・ロマノー・デストゥゼ
ローヌ川に対して垂直に向いた急 斜面に段々畑が続くタンエルミタージュの対岸に広がるサンジョセフ地区に自宅を構える現当主エルヴェ・スオー。そのローヌ川右岸から西へ30km、くねくねとした山道の上り下りを繰り返すと秘境のような高地アルルボスク村にあるドメーヌ。
 パリ出身のエルヴェは元貴族だという妻の実家が経営するドメーヌ・ロマノーデストゥゼを受け継ぎ、1993年からワイン造りを始めました。
 16世紀に建てられたお城のような住まいに併設した醸造所は、歴史を感じる重厚感があります。
ドメーヌ・ロマノー・デストゥゼ
  畑はドメーヌ近辺のドゥー川に続く南東向きの斜面のほか、サンジョセフ地区では珍しいとされるエルミタージュと同じ地質をもつ区画「サンテピーヌ」 など合計7ha所有し、すべて南東向きという好立地。
 昔、火山が噴火した花崗岩が風化し砂地になった標高450メートルの斜面の畑では、病気に強いヴィオニエ、早熟で病気に繊細なルーサンヌ、高樹齢のガメイやシラーが育っていました。
 標高の高さからブドウにしっかりとした酸がのるのが特徴 で、収穫も通常より2 ヶ月ほど遅い10月から開始されます。エルヴェはコルナスの自然派生産者ティエリー・アルマンの元で基本的なワイン造りを学び、友人であるダー ル・エ・リボの元で研修を積んだ真の実力者で、北ローヌの中でも美しく抽出された果実味とピュアという一言だけでは片付けられない繊細な崇高さ に目が覚める思いでした。
 年々ワインの質が向上し続け、現地での評価も上がっています。除梗なし、低温管理を行わず時間をかけた自然発酵、醸造段階SO2無添加 というこだわり、こうした丁寧な醸造方法があの高貴な味わいを生み出す、これぞまさしく深遠なるグランヴァンです。
VdT シラー 2014ドメーヌ・ロマノー・デストゥゼ VdT シラー 2017
VdT シラー 2017
品種:シラー100%。
樹齢:25年
長年ドメーヌミランで勤め同キュヴェの醸造を担当したセバスチャン・グザヴィ エの頭文字をキュヴェ名に冠しました。
最後に収穫した完熟のグルナッシュを醸し後、樫樽で12 ヶ月間発酵・熟成しました。濃い小豆色の外観、桃とプラムの香りを感じます。思わず唸るナチュール感、完熟したグルナッシュのパワーが炸裂し た果実は濃すぎず上品な柔らかさでピノノワールを彷彿とする味わいです。
新着マーク
15467
¥3,440(税別)

ガメイ 2013ドメーヌ・ロマノー・デストゥゼ La Souteronne Gamay 2017
ラ・ストゥロンヌ・ガメイ 2017
品種:ガメイ100% (手摘み/平均60〜80年)
北ローヌの高地アルルボスク村、2017年は太陽に恵まれた夏でしたが春の雹で収量が40%減少しました。
 花崗岩土壌のガメイをステンレスタンクで3週間発酵、木樽で8ヶ月シュールリー熟成しまし た。

2019/3/20 ディオニーの試飲会にて
明るいピンクルビー色。イチゴジャムやプラム、 ピュアな喉越し、果実の甘味と程良いタンニン、そしてアフターの苦みがバランスよく重なります。フルーティーで優しい口当たりは飲み飽きしません。
新着マーク
15477
¥3,440(税別)

ガメイ 2013ドメーヌ・ロマノー・デストゥゼ Blanc 2017
ブラン 2017
品種:ヴィオニエ70% ルーサンヌ30%
北ローヌ、サンジョセフ近郊アルディッシュの実力者エルヴェ・スオーが造る希少な白ワインです高地アルルボスク村の花崗岩土壌で育まれる ヴィオニエとルーサンヌを古い木樽で発酵、シュール リーで熟成しました。

2019/3/20 ディオニーの試飲会にて
金木犀や白桃、 ナッツの香りを感じます。果実味を伴う瑞々く華やかな香りと口当たり、適度なボリュームと程良い苦みのアフターが心地よい味わいです。余韻も楽しめます。
新着マーク
15474
¥3,440(税別)
Samuel Boulay
サミュエル・ブーレ
  自然派   インポーター:ヴォルテックス
 2000年に研修生としてミッシェル オジェに弟子入り、2006年からはスタッフとして雇用され12年まで、自らもワインを造りながら働いた経歴の持ち主です。
 ジル・アゾーニ氏が畑を売りに出したためこれを購入、5haを得てミッシェル・オジェを退職してアルデッシュで再びワイン造りを開始しました。
 今回リリースした15年が、記念すべき初ヴィンテージとなります。
畑仕事について :
現在のところ、引き継いだ畑のうち1haはブドウが植わっておらず、更にいくつもの樹を抜いて土地を休ませながら、畑のコンディションを徐々に整える方針で今後は不耕起栽培を行う予定です。
 アゾーニ氏が耕作していたため、それを突然止めることにより生じる問題を懸念して15年は2畝ごとに耕やしましたが、16年からは全て止めています。
 単位収穫量についてはロワール時代で8〜10hl/haだったので、ここアルデッシュでも同じくらい収穫できれば十分だと考えています。  
 土地の面積に対して植わっているブドウが少ないことについて、そういった状況を恥じる生産者は多いが、本人は反対にとても誇りに思っています。

醸造について :
 自分の仕事は畑の中でほぼ終わっています。
つまり、収穫したブドウを圧搾すること、必要に応じてピジャージュやルモンタージュをすることくらい。
基本的には何もしないで、微生物の活動を見守るだけと考えている。
スピガオ 2016サミュエル・ブーレ Spigao 2016
スピガオ 2016
品種:カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロー30%
やや黒みがかった深紅の色合い。
ラズベリーやグレナデン、ブルーベリーやブラックベリーなど酸を持つ熟した赤や黒系果実が混ざり合うような香りに、 土や茎のような大地を想わせる香りがやや感じられます。セパージュのイメージからは重厚でパワフルな味わいを想像しがちですが、ベジェテルな青さなどはなく、 フルーティーさと畑の土などを想わせる素朴な風味が感じられ、落ち着きのあるミディアムで穏やかな仕上が りです。軽やかなタッチで甘さは控えめ、綺麗な酸と果実味が混ざり合い甘酸っぱくジューシーさを感じさせながら広がり、スムーズな飲み心地です。香りにも感じられる土や植物の茎のような風味と細かなタンニンが残り、また鼻腔にグレナデンのような果実香が抜けていき、抑揚が感じられます。軽やかで馴染みやすさがありながら、芯のある印象のワインです。
<ヴォルテックスさんの資料から>

2018/4/25 ヴォルテックスの試飲会にて
濃くて綺麗なルビー色。ガスを感じカシスやブルーベリーのような濃厚で熟した果実を思わせます。タンニンもしっかりしていました。
新着マーク
19468
¥3,660(税別)

フリシュティ 2015サミュエル・ブーレ Fricheti 2016
フリシュティ 2016
品種:グルナッシュ、アリカント、メルロー、ルーサンヌ、ヴィオニエ
深いルビー色。
赤い果皮の果物やタバコ、ドライプルーンなど新鮮な果実と凝縮した果実の香りが混ざり合います。香りからもミディアムなワインを想像できる軽さが感じられます。黒系果実の凝縮感を多く感じ、それに軽さを与える赤い果実の甘酸っぱさやチャーミングさが加わります。
落ち着ついた雰囲気をもつスピガオに比べ、果実味やそれに伴う甘さを想わせる風味が豊かです。口当たりは繊細で瑞々しく、アタックに甘味があることでしっかりとした酸がありながら角が丸く感じられます。芳醇な香りや果実味などの緻密なエキスがしっかりと
広がりますが、流れるような瑞々しい飲み心地にサミュエルのセンスの良さを感じます。
<ヴォルテックスさんの資料から>

2018/4/25 ヴォルテックスの試飲会にて
濃厚なルビー色。凝縮した果実の香りと味わい。ガスを感じましたが口当たりは滑らかで心地よい飲み心地でした。
新着マーク
18837
¥3,660(税別)

ラパペオ 2016サミュエル・ブーレ Rappapeo 2016
ラパペオ 2016
品種:ヴィオニエ56%、ルーサンヌ44%
やや濁りのある麦藁色。ヴィオニエ由来の華やかさとアロマティックな香りの高さにルーサンヌ由来の白い花やハーブティー、酸が混ざることで芳醇さと爽やかさが感じられるバランスの良い辛口の仕上がりです。桃やマンゴー、パイナップルやリンゴ、オレンジ。様々なフルーツを想わせる果実味が豊かに広がります。
2015年ヴィンテージは甘さやボリューム感が多く感じられましたが、この2016年はシャープな酸が感じられる冷涼感のある印象を受けます。庭に咲く小さな花々やハーブ、若草などを想像させる香りや風味もあり、エチケット黄色と緑、そして中心にある花の絵は
まさにイメージがピッタリです。優しく舌に広がる甘さと香りに似た果実味、柑橘やパイナップルのようなシャープな酸がすっと寄り添うように調和を持たせ、ボリューム感が出過ぎることがありません。酸のお陰でキレもよく、アフターに残るフルーティーさが心地良さを感じさせ、明るく春らしい爽やかな印象です。
5時間程度で僅かに豆のニュアンスを感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、香りの高さや味わいがしっかりとしていることから気になるほどではありません。抜栓直後の味わいがとても素晴らしいので、そのニュアンスを気にされる方は数人で飲み切るなど短時間でお楽しみ頂くことをお勧め致します。
また、グラスワインでのご使用の場合、翌日は香りの芳醇さがやや控えめに感じられますので、当日に使い切ることで香りと味わいのバランスの良さをより感じて頂けると思います。

<ヴォルテックスさんの資料から>

2018/4/25 ヴォルテックスの試飲会にて
マスカットや桃、パイナップルのようなトロピカルで果実味豊かな香りがします。少し、豆の香りを感じましたが1年近く寝かせてのリリースなのでだいぶ落ち着いているとの事です。
新着マーク
18835
¥4,300(税別)
Domaine Mayoussier
ドメーヌ・マイユシェ
  自然派   インポーター:ル・ヴァン・ナチュール
 ヴェルコールの自然公園内に位置するドメーヌ。
13世紀から存在するシャトーを19世紀に現所有者が購入。
世界各地でソムリエやレストランマネージャーを務めたアントアン氏が念願かないワイン生産を開始しました。
ブドウ畑は80年代に一度引き抜かれました。その後、土壌調査を得て、適切な土壌と山の斜面にヴィオニエ、シラー、ソーヴィニョンブラン、ルーサンヌが植えられました。畑は有機栽培で耕作されており、化学的な除草剤や殺虫剤を使っていません。双子の雌馬ソネットとロザリーによって耕作されています。このアプローチは主に土壌の圧縮を避けるためと土壌内にいる微生物を促進するためです。
栽培・醸造を担当するアントアン・デピエール氏は、リヨンの大学を卒業したのち、ソムリエやケータリングディレクターとしてベルリン、マイアミ、ドバイ、ロンドンなどのホテルで働いたのち、ドメーヌを開始しました。
ル・ルージュ・ド・マイユシエ 2017ドメーヌ・マイユシェ Le Rouge de Mayoussier 2017
ル・ルージュ・ド・マイユシエ 2017
品種:シラー、グルナッシュ
醸造:自然酵母で発酵、28度で15日間浸漬、プレス後、50%がオーク樽で6か月熟成、残りの50%をステンレスタンクで熟成。樽はコートロティとコルナスで3年間使用されていたものを使っているとのこと。
品種特性のでている濃い赤紫の外観、芳香は黒い果実感やイチジク・プルーンのジャムのようなニュアンス。丸みのある味わいで、黒い果実、ラズベリー的なニュアンス。心地よい酸もあり、適度な重みとバランスを持っています。

2019/3/20 ル・ヴァン・ナチュールの試飲会にて
スミレのような花の香り、かぐわしい香りとカシスやブルーベリーのような小粒で果実味の強い味わい。
タンニンが細かく綺麗、優しい味わいとほのかに感じる甘味が心地よく余韻も永く続きます。
新着マーク
19467
¥3,500(税別)
Le Mazel
ル・マゼル
  自然派   インポーター:ヴォルテックス
 ローヌ南部アルデッシュの小さな村ヴァルヴィニエールに位置しており、現在19haのブドウ畑を所有しており ます。 ブドウ栽培は祖父により1919年から始まり、父や現当主のジェラルドにより大きく成長しました。 ジェラルドは、1984年より父の元で働き始めました。
 当時、ブドウはヴァルヴィニエール協同組合のワイナリ ーへ 卸していました。
 80年代に入り化学肥料や農薬、除草剤などが蔓延しただけでなく、販売率を優先したワイン 造りや不自然なワイン造りが多くなっている時代でした。そのような時に、ジャック・ネオポールとマルセル・ラピ ーエールに出会い、化学肥料や亜硫酸、培養酵母などを使わず自然で高品質なワインを造る事が出来ると知り、1997年より自ら醸造を手掛けるようになりました。 100%天然酵母、酵素やビタミン、亜硫酸の無添加。清澄やろ過も行っておらず出来るだけ自然な造りを心がけ、 フルーティーで香り豊かなワインを造る事を心がけています。
ラルモンド 2013ル・マゼル Larmande 2013
ラルモンド 2013
品種:シラー100%
  約6年経過しておりますが、ややチャーミングな果実味を残しながら落ち着いた雰囲気を兼ね備え今でも充分に楽しめる味わいですが、葡萄のエキスがしっかりと感じられるパワーの強さや芯のある骨格が感じられますので、この先の熟成でより柔らかく、また、妖艶さや深みが増していくことでしょう。 

2019/2/27 ヴォルテックスの試飲会にて
やや黒みがかった濃いガーネット色。
カシスのような赤い果実の凝縮感と熟成による深い味わい。
ほどよい甘みと張りのある酸に加え細かく品の良いタンニンが豊かな味わいとなって素晴らしい熟成を感じます。
新着マーク
19458
¥2,780(税別)

サン・フィリップ 2012ル・マゼル St Philippe 2012
サン・フィリップ 2012
品種:シラー、グルナッシュ

サン・フィリップの畑はアンドレア・カレックに売却した為、この2012年が最後のヴィンテージとなります。
以前は樽のニュアンスが強くタニックですぐに販売出来る状態ではなかったとジェラルドが話しておりました。
この先の熟成も充分に耐えうる酒質の強さがあり、ダシのようなニュアンスや艶やかさなど、一層複雑さを伴う素晴らしい味わいが引き出されることと 大いに期待が湧きます。 <インポータさんのコメントから>

2019/2/27 ヴォルテックスの試飲会にて
オレンジがかった深いガーネット色。
しっとりとした口当たりでドライプルーンやレーズンなどの風味と熟成による複雑さを感じます。 甘みがほどよく感じられ濃厚。酸もありますがまだ若さを感じさせる甘みや果実味も感じられその酸を上回るような魅力があります。
新着マーク
19460
¥2,960(税別)

ミアス 2003ル・マゼル Mias 2003
ミアス 2003
品種:ヴィオニエ100%
ブドウ畑で収穫をしながら白ブドウを頬張るような果汁感や甘み、それに似た果実味との調和が良く感じられ嫌味がありません。
アフターには仄かな乳酸のような円みと僅かな塩味が感じられます。これから暑くなっていくにつれ、体が欲するような甘酸っぱいチャーミングな味わいは、よく冷して頂くとついついもう1杯と手が伸びてしまうような魅力があるワインです。

2019/2/27 ヴォルテックスの試飲会にて
やや濁りのある中程度の黄色。揮発酸が高く約16年経過しながらも甘酸っぱく思わず、酸っぱい!と言ってしまいます。
しかし味わいはハーヴィーな香りとフレッシュな果実を想像させます。 また、その酸があることでキレがある締りの良い飲み心地、酸の奥には密たっぷりの美味しい味わいが潜んでいます。
何とも不思議な味わい!
2回目に飲んだ時はだいぶ酸が落ち着いてきました。でも酸っぱい!(笑)ご興味のある方は是非お試し下さい。
新着マーク
19459
¥4,430(税別)

ラウル 2015ル・マゼル Raoul 2015
ラウル 2015
品種:カリニャン100%

2018/5/23 ヴァンクールの試飲会にて
深いルビー色。カシスジャム、ブルーベリージャムのような熟した果実ベリー系の香りが口中に広がります。繊細なタンニンと甘み、果実の酸が心地よく調和しています。
18999 ¥2,780(税別)

ラルモンド 2011ル・マゼル Larmande 2011
ラルモンド 2011
品種:シラー100%

2018/5/23 ヴァンクールの試飲会にて
プラムや梅、グレナデンのような薄赤系の香りと味わい。果実味が凝縮されて柔らかな味わいと甘み、タンニン、酸を感じます。
19002 ¥2,780(税別)
フランス/ロワール
Les Vins Contes
レ・ヴァン・コンテ
  自然派
ソムリエだったオリヴィエ・ルマソン氏と、自然派「ムーラン」のエルヴェ・ヴィルマード氏で立ち上げた会社ですが、考えの違いからエルヴェは自らのドメーヌに戻り、オリヴィエがレ・ヴァン・コンテを続けることになりました。
ソムリエ時代多くの素晴らしいワインと出会い、自然派ワインにショックを受け、1998 〜 2001年までBeaujolaisの大御所マルセル・ラピエールの所でワイン造りを学びます。そして2001 〜 2002年、最後の1年間だけParisに戻りCave a Parisという酒屋さんで自然派ワインばかりのセレクションのお店をたった1人で任せられ、そして遂に2002年より独立しました。
 物腰柔らかい、とても紳士的なハンサムボーイ、ワイン醸造家というよりソムリエさんのイメージでしたが、今ではその面影は過去のもの。オリヴィエはすっかり醸造家として二回りも三回りもたくましくなりました。(新井順子さんのコメントから)
シュヴィユ ド フェル 2017レ・ヴァン・コンテ Cheville de Fer 2017
シュヴィユ ド フェル 2017
品種:コ100%
樹齢:平均65年
馬で耕された粘土の区画で造られたキュヴェで、シュヴィユ・ド・ フェル=「馬蹄」という名前が付けられました。平均樹齢65年のコを マセラシオンカルボニック、木樽で熟成、SO2無添加で仕上げまし た。

 やや濁りのあるイエローの色調に、カモミールやユーカリのハーブ香とリンゴジュースの香りを感じます。柔らかなアタックはグレープフルーツ系の美しい酸を伴い、時間と共にトロピカルフルーツの果実が濃厚に開きます。<インポーターさんのコメント>
新着マーク
19469
¥2,830(税別)

アルゴテスト 2016レ・ヴァン・コンテ Algotest 2016
アルゴテスト 2016
品種:アリゴテ100%
樹齢:平均65年
レヴァンコンテを代表する白ワイン、粘土シレックス土壌に植わる 樹齢65年のアリゴテをフードルで発酵、500Lの木樽で6ケ月熟成し、 SO2無添加で瓶詰めしました。

2019/3/19 ディオニーの試飲会にて
 やや濁りのあるイエローの色調。カモミールやトロピカルな果実の香りに加えハーブやリンゴジュースの香りを感じます。ふくよかで蜜っぽく、余韻が心地よい味わいです。
新着マーク
16558
¥2,650(税別)
Noella MORAITIN
ノエラ・モランタン
   自然派 インポーター:ヴァンクール
歴史 現オーナーであるノエラ・モランタンがドメーヌを立ち上げたのは 2008 年。
学生時代にナントの職業技術短大(DUT) でマーケティングを学んだ彼女は、卒業後マーケティング関係の会社に入社。当時は、毎日デスクワークに明け暮れるようなワインとは全く無関係の仕事に従事していた。

2001 年、30 歳を機に会社を辞めて、すぐにミュスカデにあるワインの学校で醸造と栽培を学び始める。また、学校に通いながら、同時にアニエス・エ・ルネ・モスのドメーヌで2年間実地研修をこなす。
学校を卒業後、2003 年の秋にはフィリップ・パカレのところで収穫、その後マルク・ペノーのところで翌年の 4 月まで醸造と剪定を手伝う。2004 年 5 月、ドメーヌ・ボワルキャの醸造栽培責任者として働き始める。
そして2008 年ドメーヌ・ノエラ・モランタンを立ち上げ現在に至る。
現在、ノエラ・モランタンは 8.5ha の畑を2人で管理。彼女の所有するブドウ品種は、ソービニヨンブラン、 シャルドネ、ガメイ、カベルネソービニヨン、コーで、彼女がワイン造りで最も大切にしていることは「フィーリング」。
ブドウの栽培に一部ビオディナミを取り入れたり、畑が疲れていると感じた時は fleur de Bach というホメオパシーの ひとつを散布するなど、常に現場に出てブドウの状態を観察しながらその場に適した対処を施し、 また、醸造はマセラシオンの方法、期間、醗酵、スーティラージュ、熟成方法等、全てテイスティングを通して臨機応変に対応。 常に出来上がるワインを想像し、そのイメージに沿って柔軟に対応し、彼女独自の個性をワインに反映する。 ドメーヌ の立ち上げ2 年目で、すでに彼女のワインはパリのカーヴ・オジェをはじめ、フランス、ベルギーの多くのカーヴィスト から独自のスタイルがあると高い評価を得ている。
VdF コー・タ・コー 2017ノエラ・モランタン Cot a Cot 2017
VdF コー・タ・コー 2017
品種:コー100%。
樹齢:33年
収穫日は9月15日。収量は30hL/ha。
前年同様ミカエル・ブージュの買いブドウ100%で仕込んでいる!Cot a Cotは横並び、一緒にいることという熟語と品種である コー(Cot)をかけている!
SO2は瓶詰め前に10 mg/L添加、ノンフィルター!

2019/4/2 ヴァンクールの試飲会にて
プルーン、ブルーベリー、カシスのような香り。タンニンはキメが細かく凝縮しています。優しく果実味にあふれています。
新着マーク
18199
¥3,530(税別)

タンゴ・アトランティコ 2017ノエラ・モランタン AC Touraine Rouge Cuvee La Boudinerie 2016
タンゴ・アトランティコ 2017
品種:カベルネフラン60%、コー40%
42年〜50年
収穫日はコーが9月15日、カベルネ が9月29日。
平均収量は35 hL/ha。
ワイン名はノエラの好きなアーティストジョー・ジャクソンの曲から取った!
曲の感じとワインの味わいとがマッチしたことからこの名前を付けた!カベルネはシノンのマチュ・アヴリル、コーはミカエル・ブージュから!SO2 は瓶詰め前に10 mg/L添加、ノンフィルター!

カシス、スミレ、しし唐辛子、ビーツ、甘草、クローブ、ブラックチョコレート、腐葉土の香り。ワインは芳醇かつ 滑らかで、旨味の凝縮した柔らかい果実味に、洗練されたミネラルとじわっと染み入る強かな酸がきれいに10 mg/L添加、ノンフィター

2019/4/2 ヴァンクールの試飲会にて

カシス、スミレ、ダークチェリーのような香り。タンニンが細かく上品です。奥から甘味が上がってきて、ふくよかな味わいが口に広がります。
新着マーク
19475
在庫 1本
¥3,530(税別)

ACトゥレーヌ・ガメイ・ブディヌリー 2016ノエラ・モランタン AC Touraine Rouge Cuvee La Boudinerie 2017
ACトゥレーヌ・ガメイ・ブディヌリー 2017
品種:ガメイ100%。
樹齢:50年平均
収穫日はノエラのブドウが9月26日、買いブドウが9月27日。
平均収量は27 hL/ha。
今回モン・シェール向けのガメイと、買いブドウのガメイ(ミカ エル・ブージュから)をブレンドし、ブディヌリーとしてリリースしている!
S02は瓶詰め前に10 mg/L添加、ノンフィルター!

2019/4/2 ヴァンクールの試飲会にて
ダークチェリー、ブルーベリー、スミレのような香り。果実味は優しいタンニンと酸でバランスが絶妙 !
新着マーク
19476
¥3,080(税別)

VdF シェ・シャルル・ソーヴィニヨン 2017ノエラ・モランタン VdF Chez Charles Sauvignon(2017)
VdF シェ・シャルル・ソーヴィニヨン 2017
品種:ソーヴィニヨンブラン100%。
樹齢:30年〜39年
収穫日は9月14日。
2017年は春の遅霜の被害で収量が少なく、ビオ生産者ミカエル・ブージュからブドウを買っている。
ブドウの収量はノエラが 25hL/ha、ミカエルが30 hL/ha。
残糖1 g/L以下の完全辛口!
ワイン名は、昔の畑所有者がシャルル・ブシュ氏で、その名前から取った。
またChez(〜宅)はシェール川とも掛けている!SO2は瓶詰め前に10 mg/L添加。ノンフィルター!

パッションフルーツ、白桃、ライチ、ゼスト、シトラス、ココナッツ、ミュスク、杉の木の香り。ワインはピュアかつ静 謐でフィネスがあり、ダシのように澄 んだ旨味エキスと塩気の感じる上品 なミネラルが口の中にスッと染み入 る!

2019/4/2 ヴァンクールの試飲会にて

パッションフルーツ、白桃、レモンのような酸とミネラル。
厚みがあってピュアな味わい。
新着マーク
19471
¥3,530(税別)

ACトゥレーヌ・ソーヴィニヨン・ブラン・ピショー 2017ノエラ・モランタン AC Touraine Blanc Cuvee Pichiaux 2017
ACトゥレーヌ・ソーヴィニヨン・ブラン・ピショー 2017
品種:ソーヴィニヨン・ブラン100%。
樹齢:15年〜30年
収穫日は9月5日。2017年は春の遅 霜の被害で収量が少なく、ビオ生産者ミカエル・ブージュからブドウを買っている。
ブドウの収量はノエラが10 hL/ha、ミカエルが30 hL/ha。
 残糖は1.4 g/Lの辛口!Pichiauxは昔 の畑の区画名。
SO2は瓶詰め前に 10 mg/L添加。ノンフィルター!

2019/4/2 ヴァンクールの試飲会にて
黄リンゴ、洋ナシのような爽やかな蜜っぽさとレモンのような酸。
口当たりは優しくミネラルがきれいです。
新着マーク
19470
¥3,080(税別)

VdF ソーヴィニヨン 2012ノエラ・モランタン VdF Sauvignon 2012
VdF ソーヴィニヨン 2012
品種:ソーヴィニヨンブラン100%。
樹齢:47年〜69年
収穫日は9月21日、22日。
収量はたったの4hl/ha!ノンフィルター!
畑はボワ・ルカの区画で、 ワイン名はボワ・ルカ以外に相応しい名前が見当たらないとの理由で、あえて空白にしてます!

黄リンゴ、西洋菩提樹、アニス、キャラメルの香り。ワインはダイナミックかつはっきりとした輪郭があり、 洗練された酸、緻密なミネラル、旨味のハーモニーが完璧です!

2014/5/27 ヴァンクールの試飲会にて
初登場!濃厚でオレンジピールやシトラス、心地よいガスがあってふくらみのある味わい。
17904
在庫 1本
¥4,410(税別)

ACトゥレーヌ・ソーヴィニヨン・ブラン・ピショー 2016ノエラ・モランタン AC Touraine Blanc Cuvee Pichiaux 2016
ACトゥレーヌ・ソーヴィニヨン・ブラン・ピショー 2016
品種:ソーヴィニヨン・ブラン100%。
樹齢:14年
収穫日は9月24日。
ブドウの収量はミルデューの被害で14hL/haと前年の45%減。
残糖は1 g/L以下の完全辛口!
Pichiauxは昔の畑の区画名。
ピショーのコンセプトは喉の渇きを潤すヴァン・ド・ソワフ!SO2は瓶詰め前に15mg/L添加、フィルター有

2018/2/15 神田にて

みかん、洋ナシ、ジンジャーの香り。
ワインはピュアかつエレガントで、 エキスに透明感と輝きがあり、ダシのように澄んだ旨味と線の細い酸がきれいです。
18934
在庫 1本
¥2,900(税別)

VdF シェ・シャルル・ソーヴィニヨン 2013ノエラ・モランタン VdF Chez Charles Sauvignon(2013)
VdF シェ・シャルル・ソーヴィニヨン 2013
品種:ソーヴィニヨンブラン100%。
樹齢:34年平均
収穫日は9月24日。
収量は例年の50%減で18hl/ha!フィルター有。
ChezCharleのワイン名は、 昔の畑所有者がシャルル・ブシュ氏で、その名前から取りました。またChez(〜宅)はシェール川とも掛けています!

リンゴ、白桃、ヴェルヴェンヌの香り。ワインはピュアかつ緻密な旨味が詰まっていて、清涼感のある風味と凝縮したミネラル、 上品な酸が絶妙なバランスで調和しています!

2014/5/27 ヴァンクールの試飲会にて
濃厚でふくよか、みかんやシトラスの香り、酸が綺麗で少し感じるにがみが心地よい。
18078
在庫 1本
¥3,230(税別)

VdF シェ・シャルル・ソーヴィニヨン 2016ノエラ・モランタン VdF Chez Charles Sauvignon(2016)
VdF シェ・シャルル・ソーヴィニヨン 2016
品種:ソーヴィニヨンブラン100%。
樹齢:38年平均
収穫日は9月29日。
収量は29hL/ha。 残
糖1 g/L以下の完全辛口!
ワイン名は、昔の畑所有者がシャルル・ブシュ氏で、その名前から取った。 またChez(〜 宅)はシェール川とも掛けている!
SO2 は瓶詰め前に10mg/L添加。ノンフィルター!

2018/2/15 神田にて

黄桃、洋ナシ、ライチ、ハチミツの香りと味わい。ワインはピュアかつ滑らかでネクターのような優しい旨みエキスと塩気を感じる洗練されたミネラル、繊細な酸がきれいに溶け込んでいます。
17912
在庫 2本
¥3,380(税別)
Marc Pesnot
マルク・ペノ
      自然派      インポーター:野村ユニソン
東京ドーム3個分に匹敵する面積15haという決して狭くはない畑を所有しながら、栽培はほぼ1人でこなすというエネルギー溢れる造り手です。 冬の剪定作業は12月に始めて4月まで毎日休みなしで続き畑の土を覗くとシストなどの石が多く見られ、ミネラル豊かなワインの源となっています。
 栽培においては化学的な物質を用いない自然な農法を採用し、所有している畑の多くに樹齢の高いブドウが植えられており、これも芳醇で複雑な味わいのワインを生み出す要因となっています。 採算を全く顧みず自分の夢にかけるペノ氏の姿勢には感動を覚えるほどです。
 夢を追う少年の目の様に全く濁りがなく黒い瞳がキラキラ輝いており、屋根が壊れてもこれを修理するだけのお金もないほど、全てをワイン造りに費やしている彼によって造り出されるワインは、まさに究極のミュスカデ、究極のグロプランといえます。
マルク・ペノのブドウ マルク・ペノ氏 マルク・ペノのブドウ畑
なんと43年間もワイン造りを続けていて、マルセル・ラピエールとの出会いから自然派ワイン造りに挑戦しはじめたという彼ですが、その歩みは本当に一歩一歩といった感じで、あらゆる試行錯誤を経て現在に至ります。

どんどんと新しい造り手が誕生している自然派ワインの世界ですが、そんな若手たちともまた少し違ったアプローチで自然派ワイン造りを捉えており、特にムロン
ド ブルゴーニュ(ミュスカデの品種)やフォル ブランシュというアロマが弱く、個性に乏しい品種でのワイン造りにおいては、特別な工夫が必要だったと言います。

畑の上ではビオロジック栽培を実施し、自然なブドウ得るのは勿論ですが、と同時に、醸造においては、アロマや味わいを自然に引き出す手法の研究を重ねる必要がありました。そんな中で、白ブドウでのマセラシオン・カルボニックや通常の1/10の圧力で12時間もの時間をかけてのプレスによって、ムロン ・ド ブルゴーニュやフォル
ブランシュとは思えないほどのいきいきとした風味のワインを生み出すことに成功したマルク ペノ。

「シンプルに自然酵母で発酵すれば美味しい自然派ワインができる」と話す若手の造り手もいるなか、アロマの弱い品種から、自然に香水のような華やかさを引き出すために苦心し続けてきたマルク ペノ。その進化をしっかりと感じられるワインを次々と届けてくれています。
ニュイタージュ 2015マルク・ペノ VDF NUITAGE 2015
ニュイタージュ 2015
品種:ムロン ド ブルゴーニュ 100%
ニュイとはフランス語で「夜」の意味で、ニュイタージュとは、白ブドウを圧搾する際に12時間という時間をかけて低圧でじっくりとプレスし、 果汁と果皮などが接触する時間を確保します。
そして、プレスした果汁と果皮などをそのままひと晩(15時間)かけてマセラシオン(醸し)を行い、気温の低いに夜にじっくりと発酵がスタートするように導くという手法です。
ラ デジレ同様に樹齢の高いヴィエイユ ヴィーニュのブドウをこのニュイタージュの手法で仕込み、本来控えめな品種の風味をしっかりと引き出しました。
味わいですが、通常のラ デジレよりもぐぐっと大人っぽさがあり、果実味にも密度があります。余韻も長く複雑味もたっぷりという雰囲気ですが、ムロン ド ブルゴーニュらしい「爽快さ」はもちろん失われていません。長くマセラシオンした白ワインのイメージではなく、あくまで純粋な白ワインの延長線上にある風味で、マルク ペノが意図した控えめな性格のムロン ド ブルゴーニュの明るさを引き出すという目的がしっかりと達成されています。

2019/2/19 野村ユニソンの試飲会にて
密っぽさとキメの細かさ、ミネラルもキラキラしていて優しい酸が下支えしていて大好きな味わいでした。
新着マーク
15031
¥3,500(税別)

クール・ド・レザン 2018マルク・ペノ VDF Coeur de Raisins 2018
クール・ド・レザン 2018
品種:ムロン ド ブルゴーニュ
「ぶどうのこころ」という可愛らしい名前を授けられたこのキュヴェ。エチケットにはマルクの代名詞とも言えるムロンド ブルゴーニュの断面が、まるで微笑んでいるかの様に描かれ、こちらも他のキュヴェ同様、香りや 旨味を最大限に引き出す為、低圧力にて12時間かけて丁寧に丁寧にプレスされて作られています。

「2018年は素晴らしい年だったから、新酒を作ってみたんだ!」と、久しぶりの豊作とブドウの品質に自信を覗かせるマルクが作った、ハートに響く新作ワイン。
爽快且つ、白い花の華やかなアロマや青りんごの様な蜜、熟れた洋梨の甘い芳香に、バランスの良いミネラルが沿えられ、柔らかな酸とほんのり残糖を感じられる果実味が、強い旨味と長い余韻を感じさせる満足度の高い1本。グラス保ちも抜群で、ピクニックにはもちろんの事、魚介系のお料理にもぴったりな、この春大活躍をしそうなワインです。<インポーターさんのコメントから>
新着マーク
15032
¥2,400(税別)
Chrustian Venier
クリスチャン・ヴニエ
   自然派   インポーター:ヴォルテックス
クリスチャン・ヴニエは、若い頃から自然派ワインに興味を抱いており、1995年に従兄弟の ティエリー・ピュズラと一緒に農業学校に入学しました。農薬の害などについて農民や周辺住民が 知らなかった時代に、ルネ・モスやジュー・ピトン達とも一緒に、当時としては革新的な有機栽培を 学びました。クリスチャン家系は、ロワール地方のブロワ近くで何代も続いている農家ですが、 スタート時には、父親の畑の葡萄が醸造に適していなかったので、畑を借りましたが、現在は葡萄の 植え替えも終えてトータル8haの畑を所有。7つの品種を栽培しています。
ラ・ミー 2017クリスチャン・ヴニエ VdF Rouge La Mee 2017
ラ・ミー 2017
品種:カベルネ・フラン

2019/2/27 ヴォルテックスの試飲会にて
やや茶色がかったガーネット色。
熟した苺やフランボワーズ、ドライいちじくそして茎のような青みがかった香りと薬草のようなハーブの香りも感じます。
優しい酸と軽やかでスムーズな口当たりが感じられ、、飲み心地のよい味わいです。
新着マーク
19456
在庫 2本
¥3,090(税別)

クロ・デ・カルトリー 2017クリスチャン・ヴニエ Cheverny rouge Clos des Carteries 2017
シュヴェルニー・ルージュ・クロ・デ・カルトリー 2017
品種:ガメイ70%、ピノ・ノワール30%

2019/2/27 ヴォルテックスの試飲会にて

グレナデンシロップや完熟した苺果汁のような甘みを感じさせる香りです。優しく穏やかな口当たりで綺麗な酸があり、エレガントなタンニンも感じます。
新着マーク
19455
sold out
¥2,910(税別)

レ・ペリエール 2017クリスチャン・ヴニエ VdF Blanc Les Perrierres 2017
ブラン・レ・ペリエール 2017
品種:ムニュ・ピノ

2019/2/27 ヴォルテックスの試飲会にて
りんごや桃が熟しような芳醇な香り、フルーティでとろみや密の味わいが口の中に広がります。
新着マーク
19457
在庫 2本
¥3,090(税別)

レ・カルトリー2017クリスチャン・ヴニエ Cheverny Blanc Les Cartries 2017
シュヴェルニー・ブラン・レ・カルトリー2017
品種:ソーヴィニョン・ブラン、シャルドネ

2019/2/27 ヴォルテックスの試飲会にて
ややとろみがかった淡い黄色。パイナップルやみかんのような果実を想わせる甘い香りが優しく薫ります。新鮮なりんごのような酸と厚み、密っぽさを感じます。冷やして頂きスッキリとお楽しみ頂くといいですね。
新着マーク
19454
在庫 2本
¥2,910(税別)

ラ・ピエール・オー・シアン 2016クリスチャン・ヴニエ Cheverny rouge La Pierre aux Chien 2016
ラ・ピエール・オー・シアン 2016
品種:ピノ・ノワール100%

2018/2/22 ヴォルテックスの試飲会にて
オレンジ色を帯びた赤。
透明感がありますが味わいは濃厚でプルーンやカシス、ドライフルーツのような味わいです。薬草のようなスパイシーな香りもあります。
18938
在庫 4本
¥3,660(税別)

オー・ド・マドン・ルージュ 2016クリスチャン・ヴニエ Cheverny Les Hauts de Madon rouge 2016
オー・ド・マドン・ルージュ 2016
品種:ピノ・ノワール80%、ガメイ20%

2018/2/22 ヴォルテックスの試飲会にて

いちごやザクロの香り。優しい甘みとフレッシュですが、ほのかな苦みがアクセントになっています。
16240
在庫 4本
¥2,950(税別)

クロ・デ・カルトリー 2016クリスチャン・ヴニエ Cheverny rouge Clos des Carteries 2016
シュヴェルニー・ルージュ・クロ・デ・カルトリー 2016
品種:ガメイ100%

2018/2/22 ヴォルテックスの試飲会にて

グレナデンシロップや完熟した苺果汁のような果実由来の甘みを感じさせる香りです。甘酢っぱい果実にブルーベリーやカシスの風味が加わったような感じもします。
16649 sold out
¥2,950(税別)

プラント・オー・ルー 2016クリスチャン・ヴニエ Cheverny Les Hauts de Madon blanc 2016
オー・ド・マドン・ブラン 2016
品種:ソーヴィニョン・ブラン60%、ムニュ・ピノ40%

2018/2/22 ヴォルテックスの試飲会にて

フレッシュなりんごやグレープ・フルーツのような柑橘系の香り。
ヨーグルトのような風味、ほのかに密も感じます。
16376
在庫 1本
¥2,950(税別)
Domaine La Boheme
ドメーヌ・ラ・ボエム
   自然派  インポーター:ヴァンクール
 かつてのパトリック・ブージュは、ワインの世界はアマチュアで、休日にワイン・ショップや極たまにワイナリーの訪問をするくらいの関心しかなく、自らワインを作ることなど考えも及ばなかったそうです。

その彼が人生を大きく方向転換するきっかけとなったのが、たまたま当時付き合っていた彼女に紹介されたピエール・ボージェとの出会いで、以降、ピエール・ボージェのガイドの下、自然派ワインの世界にどっぷり足を埋めることとなりました。普段は IBM でコンピューター技師の仕事を持つ彼は、一方で、自ら 20 アールの畑を借り、片手間だが週末と休日を利用して自分のワイン作りを開始しました。
 分からないことは、常にピエール・ボージェからアドバイスをもらい、6 年間は経験を 積みつつ、表向きにはなりを潜めていました。それが 2002 年までの話。
2003 年に彼はワイナリーとして独立することを決意した後は、IBM でバイオの研究システムをつくる優秀なプログラマーだった地位を捨て、午前中だけ仕事をする契約 社員に格下げするよう願いを出し、以降、1.5ha の畑を買い、教会の敷地内にある昔のカーヴを借りて 2004 年に正式 にドメーヌ・ラ・ボエムをスタートさせたのです。
モル 2017ドメーヌ・ラ・ボエム VdF Mol 2017
モル 2017
品種:シラー40%、ガメイ40%(ボジョレー) カリニャン10%、サンソー10%
樹齢:20年〜86年
収穫日は9月1日〜9月15日。
収量は 25〜35 hL/ha。
ワインのコンセプトは、品質の保証されたピュアなブドウでつくるラ・ボエムのテーブルワイン!
買いブドウはコルビエールのアンドレア・ジョリエスとボジョレーのラファエル・ベイサンから!
ワイン名Molはジプシーの言葉で「赤ワイン」を意味し、 ジプシーと一緒に収穫をした時にこの名前のヒントを得た!
SO2無添加!ノンフィルター!

2019/2/27 ヴァンクールの試飲会にて
ダークチェリー、スミレ、カシスのような香り。果実味が豊かでタンニンはきめ細かく濃厚。口当たりはエレガントで酸も感じ、バランスのよいワインです。
新着マーク
18917
¥3,380(税別)

VdT ザ・ブラン白 2014ドメーヌ・ラ・ボエム Vin de France Blanc Cuvee The Blanc 2015・2016
 VdT ザ・ブラン白 2015・2016
品種:シャルドネ100%。
樹齢: 27年〜52年
収穫日は2015年が9月20日、2016年 が10月10日。
2015年、2016年と2年 連続雹の被害に遭い収量は10〜12 hL/ha!2015年の発酵が終わらず途中2016年をアッサンブラージュし約2年かけて発酵を終わらせた!ワインの ネーミングとエチケットのデザインは、 ビートルズ「The White Album」のジャケットに感化された!
SO2無添加!ノ ンフィルター!

2019/2/27 ヴァンクールの試飲会にて
白桃、洋ナシ、密などの果実の甘みを感じます。しっかりとした味わいは濃厚ですが酸のキレも良くミネラルの豊富さを感じます。
18239
在庫 1本
¥4,410(税別)
フランス/ブルゴーニュ フランスその他 シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
イタリア スペイン
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]