2018年5月 新着アルザス・ラングドック他ワイン

[ hasigoya on line TOP ]   [ ワイントップ ]   [ ご注文方法 ]   [カゴの中身を見る]   [お問い合わせ]
5月 新着ワイン    (=自然派ワイン)
フランス/ブルゴーニュ シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
ロワール・ローヌ イタリア スペイン・ドイツ
シャソルネイ&フレデリック・コサール
■ ■ ■ ご注文数量は半角英数字でご記入下さい■ ■ ■
フランス/ニーム
LOUIS JULIAN
ルイ・ジュリアン
  自然派  インポーター:ヴォルテックス
 ニームから約30Km北西にある小さな村Ribaute Les Tavernesで、ただ1軒のワイン生産者である。ルイはもの静かで、質問をしてもあまり多くを語ろうとはしない。 しかし、彼はブドウの品種改良の研究者でもあり、温暖化対策として暑い気候でも対応できる品種などを開発している。恐らく 60を超えていると思われるが記憶力は抜群で、2006年の天候について尋ねると、数字を明確に交えてすらすらと答えてくれた。 彼のワインのほとんどは村人たちによって消費されている。 ルイ・ジュリアンさん
★栽 培:有機栽培
 畑は2ヶ所に分かれており、合計で24haを所有。土壌構成はマルヌーブルー(青色の石灰でとても硬質)と粘土石灰質。樹齢は平均で30~40年で、最も古いカリニャンは最低でも70年以上経っている。ブドウは混植されており、グルナッシュ、シラー、メルロ、 カベルネソーヴィニヨン、カリニャン、アラモン、オーバン、クレレット、ユニブラン、ヴィラブランなどに加えて、独自に交配した品種も多数植えられている。
★醸 造
一部を除梗した後にタンクで野生酵母による発酵。発酵中の温度コントロールは行わない。発酵終了後に軽く圧搾した後、ホーローのタンクで3~4ヶ月の熟成。亜硫酸はビン詰めの際に、極めて少量を添加するのみ。清澄、ろ過のどちらも行わない。

★2017年について
ルイ ジュリアンの住む周辺における2017年の天候について、最も悩ましい問題は霜や雹ではなく、極端に乾燥していたことでした。
2016年の11月に合計100ミリほどの降水量、その後パラパラと少量の雨が降った
のみで、2017年4月から収穫時期に至るまでほとんど降雨がなかった年。それが原因で果汁も少なく、結実不良と霜の被害まで含めて前年比で4割の減産となる厳しいヴィンテージとなりました。


ばりばりのエコロジストで瓶やラベルは全てリサイクル品です。品種改良の専門家で、温暖化に対応できる品種も開発していることで知られております。

★ぶどう品種 :
平均樹齢30~40年のグルナッシュ、シラー、メルロ、カリニャン、カベルネソーヴィニヨン、などを含む20数種類のブレンドです。

★保存料:
酸化防止剤はビン詰めの際に僅かに添加するだけで、分析上では検出できないほどです。しかし、発酵中に発生する炭酸ガスを意図的に残しているため、意外なほど保ちます。

★★ルイ・ジュリアンのご購入のご注意 必ずお読み下さい★★
1)再生ボトル(1リットル)を使用していますので、擦れた様な瓶傷や瓶の色、2枚貼り等のラベル不良が多数含まれる可能性がありますが全て出荷の対象とさせていただきます。

2)コルク打栓していません。プラスチック製の栓ですので、横にすると漏れる可能性があります。また、すべて手詰めしていますので、瓶口及び瓶にワインによる汚れや一部キャップ部分がガスのため膨らんでいるものがございます。
熱劣化によるモレではございません。

3)時間の経過に伴い、瓶口や液中に白い結晶状の「フロール」と称するタンパク質が浮いてくる場合がございますが、品質には全く問題ございません。

4)セラー(15度以下)、又は冷蔵庫での保管をお願い致します。

5)保管日数は、お客様ご自身でお決め下さい。
  商品到着後2日以降の変質につきましては返品交換はお受け出来ません。

6)必ず、縦置きで保管してください。

●2008年夏・シネスイッチ銀座ほか、全国ロードショー
「未来の食卓」  農薬を使用しない生産者として出演しました。
http://www.uplink.co.jp/shokutaku/
ルイ・ジュリアン・ヴァン・ド・ターヴル・ルージュNV13.0 VdT de Rouge NV 13.0%(2017)
ヴァン・ド・ターヴル・ルージュ NV 13.0%(2017)
品種:メルロー、シラー、グルナッシュ、カベルネ・ソーヴィニョン他20種ほど
栽培:ビオディナミ
   畑は2ヶ所に分かれており,合計で24haを所有。
   土壌構成はマルヌーブルー(青色の石灰でとても硬質)と粘土石灰質。
   樹齢は平均で30~40年で,最も古いカリニャンは最低でも70年。
収穫:9名で3週間くらい すべて手摘み
醸造:一部を除梗した後にタンクで野生酵母による発酵。
   発酵中の温度コントロールは行わない。
   発酵終了後に軽く圧搾した後、ホーローのタンクで3~4ヶ月の熟成。亜硫酸の添加はなし。清澄、ろ過のどちらも行わない。

<インポーターさんのコメント>
紫がかった深い赤色。
カシスやブルーベリー、グミなどの熟した黒系果実の香りや風味が広がります。骨格も感じさせながら甘酸っぱい口当たりで、どこか人懐っこさを感じさせる印象です。綺麗な酸が全体をうまく調和させボリューム感や強いアルコール感を感じさせず、タンニンも滑らかでスムーズな飲み心地です。今年は乾燥したヴィンテージでしたので、しっかりとしたボリューム感のあるワインを想像しておりましたが、4アイテム全てにおいて心地よい酸が印象的で非常にバランスの良い洗練された仕上がりとなっております。
1000ml
16225
クール便指定になります。
10本以上はクール代が475円になります。
保管は立てた状態で冷蔵庫に入れて下さい
¥1,850(税別)

入荷数が少ないので
お一人様
6本までになります。
フランス/アルザス
DOMAINE Andre Stentz
ドメーヌ・アンドレ・ステンツ
  自然派  インポーター:ル・ヴァン・ナチュール
ステンツ家は、1674年にコルマールより南西6Kmに位置する
ヴェトルスハイムに移ってきました。  ヴォージュ山脈の麓に広がるブドウ畑は日光の良くあたる理想的なミクロクリマを持っています。ワインの質、環境への敬意、そして健康を尊重する方法を求めて有機栽培を行い始め、1984年にナチュール・エ・プログレ(Nature et Progres)の認証を得ました。
ドメーヌ・アンドレ・ステンツブドウ畑 ドメーヌ・アンドレ・ステンツブドウ畑
化学肥料や除草剤、化学殺虫剤は使用していません。
栽培 :彼は、土壌の活性化と自然界のバランスを取ることを心がけています。
土壌は春から初夏にかけて耕されその後、8月から3月まで伸びる草は自然の肥料として使われ、また、益虫が害虫を捕食するようになります。
これらの畑作業により、ブドウの熟成は良く進み、テロワールを純粋に表現するワインとなります。
醸造 :ナチュール・エ・プログレの規定に沿ってブドウは醸造されます。
手摘み、半日間かけてのプレスし、温度コントロールをして発酵。
果実味と上品さを兼ね備えています。補糖は全く行いません。
ワインは、混じりけ無くすっきりしていて、ブドウ品種とテロワールの特徴を存分に表現しています。
テロワール :土壌は、粘土石灰岩層。
Wettolsheim、Eguisheim、Wintzenheim、Mittelwihr地区に位置しています。
最も素晴らしい場所は、グラン・クリュSteingrubler、Mandelberg、Hengst(Schoflit)です。 ドメーヌの南に位置するRosenbergの土壌は非常に複雑で、  泥炭土・石灰岩・ケイ質砂岩が交じり合っています。
リースリングに向いた土壌であり、果実味と繊細さを兼ね備えたものとなります。  Wettolsheim 地区北西に位置するSchoflitは、土壌は漸新世の礫岩と赤色の泥炭石灰岩、  グラン・クリュHengstの一部です。
ピノノワール 2016ドメーヌ・アンドレ・ステンツ Pinot Noir 2016(sulfite)
ピノノワール 2016
品種:ピノノワール100%。
SO2を使用せずに醸造したキュヴェ。
ALC:13.34%、残糖:0.2g/L、総亜硫酸:15mg/L

2018/5/9 お店で

サクランボやザクロ、チェリーのようなチャーミング で軽やかな味わいと綺麗な酸、小さな果実を思わせる美味しい赤ワインです。
新着マーク
18483
¥3,230(税別)

シルヴァネール 2016ドメーヌ・アンドレ・ステンツ Sylvaner 2016(microsulfite)
シルヴァネール 2016
品種:シルヴァネール100%  
ALC:12.39%、
残糖:4.12g/L、
総亜硫酸:53mg/L
昨年よりも残糖が少なく、より辛口で新鮮感を楽しめるヴィンテージ。花のような芳香。口当たりはしなやかで新鮮。 収量を低めに抑えられ、比較的涼しい夏であったことから、 味わいが凝縮しつつ、酸度とミネラル感も備えたワインです。
冷製の前菜や魚介と相性良し。

2018/5/9 お店で

ふくよかで洋ナシのような穏やかな酸、青りんごのようなフレッシュな感じもあり、飲みやすいです。ちょっと冷やして飲むとお料理に合いやすいと思います。
新着マーク
18481
¥2,400(税別)

リースリング・ヴァン・ダルザス 2016ドメーヌ・アンドレ・ステンツ Riesling 2016
リースリング・ヴァン・ダルザス 2016
品種:リースリング100%
ALC:12.47%、残糖:3.60g/L、総亜硫酸:55mg/L

2018/5/9 お店で
レモンのような酸と花のような香りがよくあっています。
キラキラしたミネラルがあって爽やかな味わいが心地よいです。
新着マーク
18482
¥2,860(税別)

エデルツヴィッカー・ヴァン・ダルザス2013ドメーヌ・アンドレ・ステンツ Edelzwicker 2014
エデルツヴィッカー・ヴァン・ダルザス2014
品種:シャスラー中心、シルヴァネール、ミュスカ
edel<高貴な>+zwicker<ブレンド>という意味で、アルザスのブドウ品種をブレンドし、 1リットル瓶で販売されるアルザス独特のワイン。
シャスラ種中心でゲヴルツ、ミュスカなどがブレンド。
11年に比べると、軽やか、すっきり、フレッシュ。 主に柑橘系のニュアンスでドライ。最後に心地良い苦味。
食前酒としてやサラダ、キッシュ、刺身などと。

2015/6/4 ル・ヴァン・ナチュールの試飲会にて

花の香り、レモンのようなすっきりした酸、口の中に色々な味わいが浮かぎ上がってきます。冷やし気味が美味しいです。

2016/2/12 試飲会
1年近く経って先日試飲しました。少し熟成した来た感じ。レモンのような酸味の角が取れ、若干粘度が出てきて優しい甘味を感じます。
18367
1000ml(750ml換算 1815円)
¥2,420(税別)

ミュスカ 2015ドメーヌ・アンドレ・ステンツ Muscat 2015
ミュスカ 2015
品種:ミュスカ(プティグランとオットネル)100%
残糖29.64g/L。
色合いは黄緑かかった金色。芳香はやや控えめで、桃やメロンのようなニュアンス。
味わいもよりふくよかでメロンや熟した白い果物的な感じ。残糖29.9g/Lということですが重みは感じず、白ワインとして中華料理やちょっとスパイシーな料理、フロマージュなどと相性が良さそうです。
※抜栓後、1時間くらいで華やかさがでてきて、味わいがくっきりしてきました。

2015/9/14 ル・ヴァン・ナチュールの試飲会にて
とろんとした果実味。カリンや黄桃。鼻から芳しい香りが抜けていきます。
18680
在庫 1本
¥2,950(税別)

クレマン・ダルザス 2014ドメーヌ・アンドレ・ステンツ Cremant d'Alsace 2014
クレマン・ダルザス 2014
品種:ピノブラン、オーセロワ、シャルドネ
残糖6.11g/L
淡い金色、柑橘系のレモンやレモンドロップ的な芳香、
泡は新鮮で、全体的にフレッシュで澄んだ酸味、適度な残糖感が味に膨らみを与えている感じです。
辛口で、心地よいです。
食前酒、サラダ、ケークサレ的な食事と共に。

2016/9/14 ル・ヴァン・ナチュールの試飲会にて
フレッシュで爽やかな酸と洋ナシやかりんのようなほのかな甘さがバランスよく、キレもあって飲み飽きしない味わい。
18604
在庫 1本
¥3,250(税別)
Laurant Bannwarth
ローラン・バーンワルト
   自然派    インポーター:ヴォルテックス
1960年代にコルマールの南にある村、Obermorschwihrにて創業した蔵元で、 合計12ヘクタールの畑を所有。
父ローランの跡を継いだ息子ステファンは、80年代に栽培をビオディナミに変え、エコセールの認証を取得しました。加えて、アルザスの自然派の造り手たちからの影響 もあり、2007年から少しずつ、探るように自然なワイン造りを始めています。
当初は醸造的に白よりも比較的リスクの低い赤ワイン(ピノ ノワール)のみでしたが、2009年にはエデルツヴィッカーとリースリングも亜硫酸を使わずに醸造しました。 本格的に取り組みを始めたのは2010年、ジュラのJean-Marc Brignotが彼のゲヴェルツとピノグリを買い付けて亜硫酸ゼロで仕込んだ年で、シルヴァネールをビン詰めに至るまで亜硫酸を徹底して使わずに造っています。
2011年はアンフォラを使ってピノ・ノワール、リースリングとゲヴェルツトラミネールを醸造、またシルヴァネールでは長期間のマセラシオンを試みるなど、意欲的にナチュラルなワイン造りに取り組んでいる、将来がとても楽しみな生産者です。
土壌:石灰、粘土石灰、砂、レス、花崗岩など、様々なタイプの土壌構成
樹齢:平均して50年
醸造:手摘みしたブドウを収穫しながれ選別して、除梗せずに全房プレス
一晩デブルバージュした後にコンクリートタンクとフードルで自然発酵
清澄はせず、フィルターもかけずにビン詰め。

2010年 冬が長かった年で3月上旬まで残雪があった。春が訪れた後は比較的気温が高く好天で推移した。
8月下旬になって雨がちになり気温も低く不安定な状態になったが、9月は 一転して毎日が快晴となったことで挽回できた。 他の生産者より1週間収穫を遅らせて、種まで完熟したブドウを得ることができた。6 月中旬に開花し、3週間かけて終わった。
ピノ・グリ・ビルドストックレ 2015ローラン・バーンワルト Pinot Gris Bildstoeckle 2014
ピノ・グリ・ビルドストックレ 2014
品種:ピノ・グリ100%

2018/4/4 ヴォルテックスの試飲会にて
わずかに濁った薄茶色。トロっとして濃厚な口当たり。若干苦みを感じますが味わいはりんごを煮詰めたような香ばしさやふくよかでスパイシーな香りもあります。
新着マーク
18847
¥4,450(税別)

リースリング・・ビルドストックレ 2015ローラン・バーンワルト Riesling Bildstoeckle 2015
リースリング・・ビルドストックレ 2015
品種:リースリング100%

2018/4/4 ヴォルテックスの試飲会にて
きりっとした酸の中にトロピカルな熟した果実の感じも覗いていました。厚みもありピュアな果実味が冴え渡ります。余韻には密のような味わいが上がってきます。
新着マーク
18299
¥4,450(税別)

エデル 2016ローラン・バーンワルト EDEL 2016
エデル 2016
品種:ミュスカ、ゲヴェルツトラミネール、ピノ・グリ、ピノ・オーセロワ、シルヴァネール

2018/4/4 ヴォルテックスの試飲会にて
少し、ピリピリとしたガスを感じます。青りんごやハーブのような香りとシャープでフレッシュな口当たり。時間が経ってくるとマスカットのような果実の甘みも感じ、いろいろな要素があって楽しいワインです。
新着マーク
18080
sold out
¥2,320(税別)

ジェ・ペティーエ 2016ローラン・バーンワルト G...petille 2016
ジェ・ペティーエ 2016
品種:ゲヴェルツトラミネール

2018/4/4 ヴォルテックスの試飲会にて
泡がクリーミーです。ライチや洋ナシ、レモンや梅のような甘酸っぱい酸もほのかに感じました。フレッシュさ、蜜っぽさ、フルーティーさ、冷やして飲んだら美味しいですね。
新着マーク
18957
sold out
¥3,170(税別)
Domaine Xavier Wymann
ドメーヌ・グザヴィエ・ヴァイマン
      インポーター:ディオニー  自然派
 このワインの計画は2012年から始まっておりました。 何故かと言うとクリスチャン・ビネールのワインは年々人気が出るのに供給が追いつかないからです。
ナチュラルワインの生産者で人気が出てくる生産者は、必ずネゴシアンを始めます。そうでないと需要に追いつかないからです。
しかしネゴシアンと言うのは葡萄を他の人にお任せして、自分で醸造する方法。
そこに疑問を持ちながら何とか同じような方法でお客様に出来る限り美味しいワインを届けたい! そういう思いが我々の中に合ったからです。
ドメーヌ・グザヴィエ・ヴァイマン
 そんな時、Jean-lucと縁がありました。
Xavier Wymannの2011年のワインが一度日本に上陸したので、彼のことはご存知の人が多いはず!そのJean-LucとChristianが、身体をリラックスさせる ナチュラルなワインを作ろう!と2012年から一緒に取り組みました。
 2011年ではクリスチャンのコンサルを受けていたので、お互いの信用はもうばっちり!後は行動に出るだけです。
やはりDomaineに拘りたい!!でもクリスチャンの畑は限られている。 そんな矛盾の中、クリスチャンの思いをDomaine Xavier Wymannとして2人 で表現しました!こうなるとコンサルでなくコラボです。<新井順子さんのコメントから>
リボミックス 2014ドメーヌ・グザヴィエ・ヴァイマン Minori Ribo'Mix 2014
リボミックス 2014
品種:ピノオーセロワ40%(手摘み/平均33年) ピノグリ40%(手摘み/平均15年) ゲヴュルツトラミネール20%(手摘み/平均65年)

日本限定でビネールが醸造コンサルタントを務めたMinoriシリーズ。 リヴォヴィレ村の3品種をアッサンブラージュし発酵後8ヶ月熟成しSO2無添加で瓶詰めしました。
ほんの少しの粘性を感じるイエローの外観から清涼感のあるアロマが拡がり、その奥からリッチなバニラや南国系の芳醇な香りを感じます。
りんご果汁のエキスに穏やかなミネラルが溶け込むクリアな味わいです。
Riboはリヴォヴィレ村、Mixは混ぜるのMix(リヴォヴィレ村の3品種のアッサンブラージュ)から名づけました。
美しい酸が特徴です。 いわゆるエーデルツヴィッカーです。 「エーデルツヴィッカー」はすべてのアルザスの白品種をブレンドす ることができ、ブレンド比率に制限はなく、比率を記載する必要もありません。さらに「エーデルツヴィッカー」向けのぶどうは、合わせてまたは別々に醸造することができます。
18828
再入荷
¥2,380(税別)
Domaine Marc Tempe
マルク・テンペ
   自然派
マルク・テンペはアルザスの中心部から南西に7kmほどのツェレンベルグの畑で、今までにないアルザスのワイン造りを目指しています。
オーナーであるジャン・フランソワ(ブリュノ・シュレールの親戚)は、1999年に父の畑を継いでワイナリーを起ち上げる。 (以前はブドウを農協に売っていた)1996年から畑を完全にビオ農法に変え、同時にビオディナミを実践に取り入れています。
Riesling Zellenberg 2015
リースリング・ツェレンベルグ 2015
品種:リースリング100%(手摘み/平均30年)

毎年絶大人気を誇るアルザスリースリングの定番品です。
本拠地ツェ レンベルグ村、粘土石灰土壌でビオディナミ栽培する平均樹齢30年の リースリングをゆっくりプレスし自然発酵、フードルで24ヶ月間シュールリー熟成しました。

淡い麦わらの色調、パイナップルの香りにほんの 少しグレープフルーツの苦味を感じます。ドライではありますがアフ ターにまでふくよかな果実が詰まっています。
新着マーク
18005
¥3,350(税別)

Cremant D'Alsace Brut Nature Premiere Selectionne Par
クレマン・ダルザス ブリュット ナチュール“プルミエール”セレクショネ パーNV
品種:ピノ・オーセロワ50% リースリング50%

テンペが日本の皆様にセレクトした、とっておきのクレマン・ダルザスです。
ビオディナミ栽培で育まれたリースリングとピノオーセロワをフー ドル(大樽)で発酵熟成、瓶内二次発酵、ドザージュ3g/Lで仕上げました。
細やかな泡が真珠のように輝き、洋梨やリンゴ・アンズの華やかな 香り、フレッシュフルーツの爽やかな酸味が流れ、辛口ながら豊かなミ ネラル感と心地良い余韻を楽しめます。
17660 ¥2,300(税別)
Pierre Frick
ピエール・フリック
       自然派
地区、村:Pfaffenheim ファッフェンハイム村
造り手:Jean Pierre Frick ジャン・ピエール・フリック
HomePage : http://www.pierrefrick.com
アルザス地方のコルマールの南ファッフェンハイム村にあり、1970 年にビオロジック、1981 年からビ造オディナミを始め、アルザスにおける有造機農法の先駆者。
自然の表現とブドウの純粋さをワインにとじ造こめることを信念とし、その味わいはピュアで純粋に品種の個性を楽しむことができます。
ステンレス・タンクで発酵後、アルザスの伝統的なフードルで熟成させ、亜硫酸の使用は微量です。
リースリング、ゲヴュルツトラミネール、シルヴァネール、ピノ・ブラン、ピノ・ノワール、25 のキュヴェが造られますが、すべてのワインが品種とテロワールの個性にあふれています。
栽培品種:Gewurztraminer (21%), Riesling (16%), Sylvaner (15%),      Pinot blanc (15%), Pinot gris (14%), Pinot noir (10%)
標高:畑:Bihl, Rot murle, Strangenbergこれら石灰質のテロワールは、Dogger ドッガー(Jurassique ジュラ紀中期)造時代に海から来たもので白っぽく、魚の卵の小粒サイズな石灰岩です。
これは簡単に割ることが出来る脆い岩です。
小石が造多く、保水性が低いのが特徴です。
Bihl :西向きの平野の中の突出した丘であり、褐色石灰質の土壌です。
Rot murle :硬い石灰質の敷石の造上の、鉄分を含む褐色石灰質土壌です。 畑は平野の近くの突出した丘の頂造上に位置し、夕方までの日照時間が最も長いところです。Strangenberg: 東向きの乾燥した丘の頂造上に位置します。
硬い石灰質の敷石の上造の褐色石灰質土壌です。
自社畑面積:12ha
栽培:ビオディナミ造(Demeter, Ecocert)  醸造:空気式圧搾機でプレス。   自然酵母で醗酵。熟成はオークの大樽でシュールリー。
ラシーヌさんの資料より
ピノ・ブラン 2011ピエール・フリック Pinot Blanc 2016
ピノ・ブラン 2016
栽培面積:0.6ha(39年)
収穫量、収穫日:60hl/ha
土壌:低地の丘の上、東向き、粘土石灰土壌
耕作:冬に土寄せ、春に土崩し。下草は夏に刈る。
夏季は機械で耕し土壌を換気させる。
醸造:空気式圧搾機でプレス。自然酵母で醗酵
熟成はオークの大樽でシュールリー。
清澄・濾過:清澄はしない。1~2 回澱引きし、セルロースプレートによる濾過。
亜硫酸:澱引き、醗酵の後に25mg/l、ビン詰め時に20mg/l 添加。 ビン詰め時期:2012年6 月。

2012/7/2試飲 ラシーヌさんの試飲会で
グレープフルーツのような酸と苦味がとても心地よかったです。
久し振りにピエール・フリックを飲んで、あれこんな?・・美味しかったですよ!
16587 ¥2,650(税別)
Domaine Joseph et Christian Binner
ドメーヌ・ジョゼフ・エ・クリスチャン・ビネール
  自然派
アルザスで1770年からワインを生産している名門のドメーヌです。 醸造に関しては農業本来の姿をモットーとして、無農薬を徹底し、一切SO2を使わず、また葡萄も収穫も手作業の為、 家族だけで出来る6haの畑で生産をしています。
Le Scarabée Qui Bulle GC Kaefferkopf 2011
ル・スカラベ・キ・ブル・グランクリュ・ケフェルコフ 2011
品種:ゲヴュルツトラミネール40%、リースリング40%、ミュスカ20%
お爺様の時代からの伝統的な混醸スタイルで、特級畑ケフェルコフの白ブドウ3品種を同時に収穫しプレス後、約100年のフードルで24ヶ月発酵・熟成しました。
ほんのり憂いのあるイエローゴールドの外観から黒蜜や金柑のコンポートの香りを感じます。少しの粘性とほんのりとガスが溶け込み、花梨の風味に優しい甘味が交わる口あたりが心地良く、杯が思わず進む素晴らしい仕上がりです。
18940 ¥4,150(税別)

シ・ローズ・ヴァン・ダルザス 2015et2016ドメーヌ・ジョゼフ・エ・クリスチャン・ビネール Si Rose 2015et2016
シ・ローズ・ヴァン・ダルザス 2015et2016
品種:ゲヴュルツトラミネール65% ピノ・グリ35%(手摘み)
樹齢:平均45年
土壌:石灰
標高・向き:250m・真南
面積・収量:0.75ha・30hl/ha
醗酵・熟成:自然醗母、8ヶ月醸しを行った2014年のシローズと 8日醸しを行った2015年をアッサンブラージュ。        2016年の春に瓶詰め/無濾過・無清澄。
SO2:無添加 トータル9mg/L
アルコール度:13.5%
バラのような=Si Roseと肝硬変=Cirrhoseの発音が似ている事からラベルに肝臓が描かれています。
18907 ¥3,350(税別)
フランス/ラングドック
La Guinelle
ラ・ギネル
  自然派
無謀な挑戦とも言われた自然派ヴィネガー造り  
乾燥した気候と照りつける太陽が特徴の南フランス ルーション地方。  
この地で、「本物のヴィネガー造り」を目指し、挑戦した女性がいます。  
彼女の名前はナタリー エール。
今やフランスをはじめ世界中で賞賛されるようになった天然醸造による自然派ワインヴィネガーの造り手です。
本来ワインヴィネガーは、自然界に存在する酢酸菌の作用でワインからヴィネガーへと自然と発酵し、変化していきます。
ナタリー エール
 反対の視点に立てば、古来のワイン造りにおいては、ワインをいかにヴィネガーとならないようにするかがワイン生産者たちの永遠のテーマでした。  
例えば、ブルゴーニュ地方の都市ディジョンがマスタード(マスタードシードとヴィネガーで造られる)の産地として有名になったのも一大ワイン産地ブルゴーニュで多量のヴィネガーが副産物として生まれていたからだとも言います。  
しかし、酸化防止剤となる亜硫酸塩の使用や醸造管理技術が発達した現代においては、ワインが意図せずヴィネガーになってしまうという事態は珍しいものとなりました。  
そして、ワインヴィネガー生産は、ヴィネガー生産のみを目的とした工業的プロセスにとってかわり、天然醸造と呼べるスタイルのヴィネガー造りは失われてしまいました。  そのような状況のなかで、一人の自然派ワインファンであったナタリーは  「伝統的な本物のワインヴィネガーを造りたい」と考え、バニュルスにほど近い場所で、完全天然醸造によるヴィネガー製造の「ラ ギネル」をはじめました。  
そんな彼女の挑戦を、当初この地域の自然派ワインの造り手たちは、無謀な挑戦であると止めようとしたと言います。  
しかし、素晴らしいワインの造り手たちに囲まれた環境の中で、自分自身も価値のあるものを手がけ、世に出したいという彼女の強い意思は、止めることはできませんでした。  
伝統的なヴィネガー造りの手法  
昔ながらの手法にまず欠かせないのが醸造中に酸化防止剤となる亜硫酸を一切使用していないワインです。  
ラ・ギネルはバニュルスの地を中心に主に亜硫酸無添加のワインをヴィネガー造りの原酒として買い付け、そのまま古樽に入れて太陽照りつけるバニュルスの気候の中で、自然と酢酸菌が活動してヴィネガーへと発酵していくのを待ちます。  
現代の多くのメーカーでは人為的に酢酸菌を添加し、より管理しやすい形で発酵させるのに対して、空気中の酢酸菌の活動に頼ったより自然で古典的な手法といえます。  この素朴で香り豊かなヴィネガーはフランス本国の多くの星付きレストランをはじめ、名だたるレストランのシェフがこぞって使用するようになりました。  
「原料となるワインが良いものでなければ、本当に素晴らしいヴィネガーには成りえません。  
上質なヴィネガーだけが持つ、ワインからもたらされる風味と力強さを見出していただけることと思います。  
かのルイ パスツールは、ワインのみから作られたヴィネガーだけが、本物のワインヴィネガーの名に値すると語っています。  
ヴィネガーとは、簡単に言ってしまえば家庭のサラダをおいしくするシンプルな調味料です。  しかしこの本当の意味を私が造ったラ・ギネルのヴィネガーで 皆様に感じていただけるでしょう。」  当主、ナタリー エール女史の言葉です。  
<野村ユニソンさんの資料より>
ヴィネーグル・ド・バニュルス・ルージュラ・ギネル

ヴィネーグル・ド・バニュルス・ルージュラ・ギネル
VINAIGRE de BANYUIS Rouge
ヴィネーグル・ド・バニュルス・ルージュ
品種:グルナッシュ・ノワール主体  
このヴィネガー、いきいきとしたフルーツの風味と柔らかな旨味が特徴で、シンプルに塩とオイルと混ぜるだけで最高のドレッシングとなります。  
さらに個人的にオススメなのはこのドレッシングに少量のハチミツを加えること。  
ヴィネガーの持つ果実味とハチミツの甘味が一体化し、非常にバランスの良い味わいになります。  
このドレッシングがあれば、ボールいっぱいのサラダを食べることができるので  本当にオススメです!!!
<野村ユニソンさんのコメント>
新着マーク
51377
500ml
¥2,400(税別)

ヴィネーグル・ド・ミュスカ・ブラン・ルージュラ・ギネル

ヴィネーグル・ド・ミュスカ・ブラン・ルージュラ・ギネル
VINAIGRE de BANYUIS Rouge
ヴィネーグル・ド・ミュスカ・ブラン
品種:ミュスカ  
このヴィネガー、いきいきとしたフルーツの風味と柔らかな旨味が特徴で、シンプルに塩とオイルと混ぜるだけで最高のドレッシングとなります。  
さらに個人的にオススメなのはこのドレッシングに少量のハチミツを加えること。  
ヴィネガーの持つ果実味とハチミツの甘味が一体化し、非常にバランスの良い味わいになります。  
このドレッシングがあれば、ボールいっぱいのサラダを食べることができるので  本当にオススメです!!!
<野村ユニソンさんのコメント>
新着マーク
52023
250ml
¥2,290(税別)
フランス / カルヴァドス
Domaine du Fort Manel
ドメーヌ・デュ・フォールマネル
  自然派
ノルマンディー地方のカーン市から南東約50km、フロマージュで有名なカマンベールとリヴァロに挟まれるようにサン・ジョルジュ・アン・オージュ村がある。この村周辺は、ACオージュというシードルの中でも唯一アペラシオンが存在する。気候はイギリス南部の西洋海岸性気候と似て1年中穏やかで寒暖の差が少ない。しばしば海の影響を受け、湿度が高く雲の多い天気が続き、霧のような雨が降る。     ドメーヌ・デュ・フォールマネルの歴史は古く、初代フレモンはフランス革命前に80hlの土地を買い、りんご園と酪農を始め、シードル、カルヴァドスは1765年から作り始めている。その時に使われていたプレス機は今でも現役で活躍しているとのこと。5代目のジュリアン・フレモンに受け継がれてからは土地の面積を45haに落とし、酪農から食用牛の家畜業に替えている。現在はオーナーであるジュリアン・フレモンと父親、従業員の3人で12haのリンゴ梨園と45haの牛の放牧地を管理している。彼の所有するリンゴ園は平均樹齢が80~200年、梨になると150~200年に及ぶ。     彼らの仕事は昔から変わらず、果実園はビオロジックの方法で仕立てている。~インポーターの資料参考~
カルヴァドス・フォール・マネル Carvados 42°(2013)
カルヴァドス
品種:香り立つ品種、旨みある品種11種類を全てアッサンブラージュ
樹齢:13~152年以上
昔ながらの製法で作られたカルヴァドス!
700 mLのカルヴァドスを作る ためには20倍(14 L分)のシードルが必要!
2011年はリンゴの果実そのもののフレッシュさを出すために新樽を通さず5年樽で熟成!SO2無添加!
ドライアップル、ベルガモット、西洋菩提樹の香り。口当たりスパイシーかつ清涼感があり、ドライで芳醇なアルコールが熟したリンゴの甘いフレーバーを押し上げ長く余韻に続く!

2015/11/26 ヴァンクールの試飲会にて
ドライでスパイシー。濃厚でふくよかな香りとスパイシーな香りが
何とも言えず味わい深く、至福のカルヴァドス。

2013/2/26ヴァンクールの試飲会にて
樽の香りと口一杯に広がるバニラ、密、香草の香りは素晴らしく、そしてまろやか。こんなカルヴァドスがあるんですね。
一度お試しあれ!
18267 ¥6,180(税別)

シードル・デュ・フォール・マネル・アルジル(中甘口)2013ドメーヌ・デュ・フォール・マネル Cidre du Fort Manel (2013)Cuvee Argile
シードル・デュ・フォール・マネル・アルジル(中甘口)2013
甘みと酸のある晩熟の品種3種類をアッサンブラージュ(年により異なる)。
樹齢:15年~85年
屋根裏だ2週間陰干し。
りんごを潰した後、果肉と果汁を数時間漬け込む。
収穫日は11月29日~12月20日。
リンゴは晩熟品種のサンマルタン、ブーダンが主体、その他ノエルデシャンなど3種類使用!(2012年は早熟品種のみ!)SO2無添加!残糖分は25 g/L。

タルトタタン、牧草、フレッシュカマンベール、鉄分の香り。味わいフレッシュでみずみずしく、 スマートな甘味を繊細な泡とキメの細かいタンニンの収斂味が優しく引き締める!

2015/11/26 ヴァンクールの試飲会にて
りんごをすったフレッシュなりんご果汁のよう。飲みやすく甘さも控えめでどなたにも合うシードルです。
17691 ¥2,060(税別)

カルヴァドスドメーヌ・デュ・フォール・マネル Aperitif a base de cidre 18℃
アペリティフ・ア・バーズ・ド・シードル
品種:収穫したリンゴを直接搾り低温状態 で8日間かけて清澄したジュース
収穫日:2010年11月 Aperitif a base de cidreは「シードルがベースとなったアペリティフ」という意味。
その年のリンゴジュースと5年熟成のカルヴァドスをブレンドし、最低1年半以上樽熟させて作っている!SO2ゼ ロ!
ローズマリーやメイプルシロップ、干しブドウ、鉱物的なミネラルの香り。
口当たりクリーミーでとろけるような甘味とカラメルフレーバー、上品なアルコールとのバランスが良い!

2013/2/26ヴァンクールの試飲会にて
干しぶどうやアップルパイが焦げたのような甘味、ミネラルも充実していて味わいは優しい。アルコール度数がこちらの方が低いので気楽に飲めるでしょう。
18268
在庫 1本
¥3,860(税抜)
フランス/ブルゴーニュ シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
ロワール・ローヌ イタリア スペイン シャソルネイ
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]