2018年5月新着・ロワール・ローヌワイン

[ hasigoya on line TOP ]   [ ワイントップ ]   [ ご注文方法 ]   [カゴの中身を見る]   [お問い合わせ]
5月 新着ワイン   (=自然派ワイン)
フランス/ブルゴーニュ フランスその他 シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
イタリア スペイン・ドイツ
シャソルネイ&フレデリック・コサール
■ ■ ■ ご注文数量は半角英数字でご記入下さい■ ■ ■
フランス/ロワール
Patrick Desplats
パトリック・デプラ
  自然派   インポーター:ヴォルテックス
 2010年に解散したグリオットの生産者2人です。
成長著しい彼らの会社は、 やがては税金対策のため設備投資を増やすことになり、その設備を稼働させるためにブドウを他からも購入し、 自分たちがコントロールできる範囲を超えて不本意な手順でワインを造ることになるかも知れないと判断し惜しまれつつも解散となりました。 それぞれ別の蔵元を立ち上げ小さなドメーヌとして再出発しましたが、二人の関係は今も全く変わっておりません。
 パトリック・デプラ写真家として働きながら(さすがに元プロカメラマンらしい見事な写真を撮ります。)同時に99年までワイナリーで働き栽培と 醸造を学んだ経験があります。そして、その後の3年はロワール大手のネゴシアンにて、近代醸造の全てを習得しました。この時代に除草剤や化学肥料を 使わない栽培と自然で自由なワイン造りに取り組む生産者たちと出会い、97年に0.5haの畑を購入、当時勤務していた会社のワインとは180度異なる ワイン造りに取りかかりました。販売目的としてではなく自分や友人たちが飲むためのものではありましたが、 出発点となる初めてのナチュラルワインです。
ラボルダージュ 2011パトリック・デプラ VdF l'Abordage 2015
ラボルダージュ 2015
品種:ソーヴィニョン・ブラン、シュナン・ブラン、シャルドネ

2日目までは比較的ピチ ピチとしたガスが残っており、 フルーティーさと軽快さを楽しむことができます。3、4日と日を追う毎に酸化的な果実のニュアンスが加わり、抜栓初日のような爽やかなフルーツの印象に比べ、熟したリンゴなどシードルを想わせる深い風味が強く感じられるようになっていきます。
<インポーターさんのコメントから>

2017/4/26 ヴォルテックスさんの試飲会にて
細かく優しいがスがあります。レモンや青りんごのような味わいもあります。
新着マーク
16570
在庫 1本
¥3,660(税別)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが
限定以外のワインを一緒にお買い上げ下さいませ。

ヴォン・イ・トゥルヌ 2011パトリック・デプラ VdF rouge Vent y Troune 2011
ヴォン・イ・トゥルヌ 2011
品種:樹齢75年のガメイ、樹齢70年のピノドニス
グリオット時代はプティット ガトリーの名でリリースされていました。
ヴォン・イ・トゥルヌには、「風向きが変わる」といった意味があります。
ナチュラルなワインはフランスでも長い間にわたり異端児として扱われ、時には蔑まれもしました。
長く苦しい時期を経て、ようやくフランスや日本はもちろん北欧諸国、アメリカやカナダでも認知されて来ました。この流れがこれからも変わらぬことを願って付けた名前です。味わいは、前回リリース致しました2012年よりもやや濃い目の印象で、タンニンのしっかり感もあります。黒系果実の凝縮感の中に赤い小さな果実味の様なキリッとした酸、白胡椒などのスパイスやフレッシュハーブを感じます。 12年同様旨味満載の味わいです。提供温度ですが、より果実感、ボリューム感、円みを感じる為常温提供をお勧め致します。
2014/5/14 ヴォルテックスさんの試飲会にて
色は濃厚なルビー色です。ハーブの香りがあり、口の中で若干のガスを感じました。フレッシュな味わいは心地よく気軽に飲めるお奨めの1本です。
16199 ¥3,170(税別)
Les Vignes de Babas
レ・ヴィーニュ・ド・ババス
   自然派  インポーター:ヴォルテックス
 2010年に解散したグリオットの生産者2人です。成長著しい彼らの会社は、 やがては税金対策のため設備投資を増やすことになり、その設備を稼働させるためにブドウを他からも購入し、 自分たちがコントロールできる範囲を超えて不本意な手順でワインを造ることになるかも知れないと判断し惜しまれつつも解散となりました。

それぞれ別の蔵元を立ち上げ小さなドメーヌとして再出発しましたが、二人の関係は今も全く変わっておりません。

レ・ヴィーニュ・ド・ババス(セバスチャン・デルヴュー) 18歳からブドウ畑で働きながら栽培の学校に入学、2年間在学した後に普通のワイナリーに就職しました。
そこで栽培と醸造の責任者を3年間務めました。
その当時にマルクアンジェリと出会い、 ブドウの栽培とワイン造りに関して大きく影響を受け、彼のようなワインを造りたいといった気持ちを抑え切れず退職、 自身のワイナリーを立ち上げる準備を始めました。
ナヴィーヌ 2015レ・ヴィーニュ・ド・ババス Navine 2015
ナヴィーヌ 2015
品種:シュナン・ブラン100%

2、3日の時間の経過で果実味はより酸化傾向になり、擦りリンゴや熟したリンゴの蜜などのような風味が増し、色合いだけでなく味わいにも深みが増していくように感じられます。
<インポーターさんのコメントから>

2017/4/26 ヴォルテックスさんの試飲会にて
濃厚で柔らかなガスを感じます。キレのよい酸とミネラルが綺麗です。

2017/6/21 ヴォルテックスさんの試飲会にて
濃厚な味わい。熟したりんごやぶどうジュースのような甘い感じと爽やかでフレッシュな酸を感じます。
新着マーク
18953
¥4,100(税別)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが
限定以外のワインを一緒にお買い上げ下さいませ。
Cios Rougeard
クロ・ルジャール
  自然派
ロワール地方のブルグイユやシノンといった産地に隣接するソミュールに居を構えるクロ・ルジャールは、350年(創業1664年)もの長きにわたってこの地でワイン造りをしてきた歴史ある生産者です。
 このクロ・ルジャールの8代目としてワイナリーを切り盛りしていたのが、シャルリー、ナディのフコー兄弟でしたが、2015年にシャルリー・フコーが急逝し、現在は、ナディ・フコーが中心となり、ワイン造りにあたっています。
ロワール地方でクロ・ルジャールといえば名実共にナンバーワンの生産者として知られ、彼らの長年の顧客である愛好家や専門家の訪問が絶えません。
クロ・ルジャール
 フランス国内においては、クロ・ルジャールを賞賛する言葉は枚挙に暇がなく、フランスの権威あるワイン評価本「ル クラスマン」においては、「ロワール赤ワイン最高の造り手」として評価され、ミシュラン ガイドの3ツ星、2ツ星を誇るレストランをはじめ世界中の一流レストランの多くで欠かさずオンリストされています。
 また、他のワイン生産者からも多くの尊敬を集めており、カベルネ フランという品種を極限まで高品質に仕上げる生産者として知られています。

 クロ・ルジャールはおよそ10haの畑を所有しており、その多くは南向きの日照に恵まれた丘陵地に広がっています。
 この広さは「丹念に作業をする限界の広さ」だと言い、除草剤や化学肥料などを用いずビオロジックのアプローチを採用して栽培されています。
 その根本には数百年というワイン造りの歴史と伝統があり、これらの経験から行き着いたのが自然と対話し、それを尊重する栽培方法だったのです。
 彼らにとっては「当たり前」の事を脈々と継承してきただけという自負があり、彼らのスタイルを称して「自然派」と呼ぶのは相応しいものでなく、むしろ本来の意味での「クラシック=古典派」と呼ぶべき稀有なスタイルだと言えます。
 実際の栽培においては極限まで収穫量を抑えることが重要であるとし、平均収量30〜40hl/haほどという一般的なこの地域の収穫量(約60hl/ha)を大幅に下回る水準を実践しています。
 またその収量の制限に関しても、成長途上の果房を夏季に取り除く手法ではなく、よりリスクの高い冬の剪定や春の芽かきによって行うという哲学を実践しています。
 収穫は手摘みによって行い、非常に厳しい選果を経た上で、醸造されます。

 収穫の際にすでに選果されたブドウは全て除梗され、選果台においてさらに厳しい選果を行います。
 上質の房・果粒のみを用いることによって、青っぽさを感じさせることの無いカベルネ・フランの純粋な魅力が得られます。
 発酵は主にステンレスタンク及びセメント槽にて行われ、プレスワインを一切加えずにブドウに付着している自然酵母の力によってのみ発酵させます。
 マセラシオン(醸し)は30〜40日と長期に及び、果皮と種子から良質でバランスのよい旨み成分を慎重に抽出します。
 補糖・補酸といった人為的な調整は行わず、新樽およびシャトー ラトゥールをはじめとしたボルドーの著名シャトー使用の上質な1年使用樽などで、2年から3年という長期間熟成されます。その熟成に使われるセラーは、圧巻の地下洞窟。完璧な温度と湿度でワインを育ててくれます。
 樹齢の高い恵まれた樹から収穫量を抑えたブドウで造るワインは、極めて表情が豊かです。
 既存のカベルネ フランの概念を打ち砕くようなエレガントさや華やかさを秘めながら、長期の熟成に向いた強固な骨格もあります。クロ・ルジャールのワインは、古典的で優雅なまさに「長期熟成ワイン」で、この「古き良きフランスワイン」を愛するファンが多いのもうなずけます。
 クロ・ルジャールのもうひとつの魅力は、その絶対的な安定感にあります。
 いわゆるオフ ヴィンテージとであっても、その品質は揺るぐことなく、例えば2003年といった酷暑のヴィンテージであっても、味わいがぼける事もアルコール感が高すぎて焼けたニュアンスを感じる事も皆無です。
 この他を寄せ付けない安定感と品質の高さは、クロ・ルジャールだけが到達できるひとつの極みと言えるでしょう。
インポーターの野村ユニソンさんの資料より
ソミュール・シャンピニー・ル・クロ 2012クロ・ルジャール Saumur Champigny 2012
ソミュール・シャンピニー・ル・クロ 2012
品種:カベルネ・フラン100%
樹齢:30年〜40年
この「ル クロ」は複数の区画をブレンドして造られるクロ・ルジャールのもっともベーシックなキュヴェで、エチケット上には「ル クロ」という表記はありません。
タンニンは柔らかく、骨格のあるワインでありながら透明感のあるピュアな果実味が特徴です。  
抜栓後は時間の経過と共に厚みを増し、果実の甘みと共に奥行きと複雑味をしっかりと感じるようになります。  
平均的な収穫量は40hl/haで、複数区画のブドウから生産されます。  自然酵母にてステンレス及びセメント槽にて発酵、熟成はポワイユーで使用した2年樽等にて約2年行います。
発酵・熟成中は亜硫酸の添加をせず、ノンフィルタにて瓶詰めされます。
新着マーク
18944
¥11,470(税別)
Chrustian Venier
クリスチャン・ヴニエ
   自然派   インポーター:ヴォルテックス
クリスチャン・ヴニエは、若い頃から自然派ワインに興味を抱いており、1995年に従兄弟の ティエリー・ピュズラと一緒に農業学校に入学しました。農薬の害などについて農民や周辺住民が 知らなかった時代に、ルネ・モスやジュー・ピトン達とも一緒に、当時としては革新的な有機栽培を 学びました。クリスチャン家系は、ロワール地方のブロワ近くで何代も続いている農家ですが、 スタート時には、父親の畑の葡萄が醸造に適していなかったので、畑を借りましたが、現在は葡萄の 植え替えも終えてトータル8haの畑を所有。7つの品種を栽培しています。
ラ・ピエール・オー・シアン 2016クリスチャン・ヴニエ Cheverny rouge La Pierre aux Chien 2016
ラ・ピエール・オー・シアン 2016
品種:ピノ・ノワール100%

2018/2/22 ヴォルテックスの試飲会にて
オレンジ色を帯びた赤。
透明感がありますが味わいは濃厚でプルーンやカシス、ドライフルーツのような味わいです。薬草のようなスパイシーな香りもあります。
18938 ¥3,660(税別)

オー・ド・マドン・ルージュ 2016クリスチャン・ヴニエ Cheverny Les Hauts de Madon rouge 2016
オー・ド・マドン・ルージュ 2016
品種:ピノ・ノワール80%、ガメイ20%

2018/2/22 ヴォルテックスの試飲会にて

いちごやザクロの香り。優しい甘みとフレッシュですが、ほのかな苦みがアクセントになっています。
16240 ¥2,950(税別)

クロ・デ・カルトリー 2016クリスチャン・ヴニエ Cheverny rouge Clos des Carteries 2016
クロ・デ・カルトリー 2016
品種:ガメイ100%

2018/2/22 ヴォルテックスの試飲会にて

グレナデンシロップや完熟した苺果汁のような果実由来の甘みを感じさせる香りです。甘酢っぱい果実にブルーベリーやカシスの風味が加わったような感じもします。
16649 ¥2,950(税別)

プラント・オー・ルー 2016クリスチャン・ヴニエ Cheverny Les Hauts de Madon blanc 2016
オー・ド・マドン・ブラン 2016
品種:ソーヴィニョン・ブラン60%、ムニュ・ピノ40%

2018/2/22 ヴォルテックスの試飲会にて

フレッシュなりんごやグレープ・フルーツのような柑橘系の香り。
ヨーグルトのような風味、ほのかに密も感じます。
16376 ¥2,950(税別)
Agnes et Mosse
ドメーヌ・モス
   自然派 インポーター:ヴァンクール
現オーナーであるルネ&アニエスは1987年から トゥール市内でバーを兼ねたワインショップを営んでいたが、93年にショップを閉めヴィニョロンへと転身を図る。 94年にアンボワーズの栽培醸造学校に通い(この時に彼らに教えた先生がティエリ・ピュズラとクリスチャン・ショサールだった)95年にはポワティエ、97年にはブルゴーニュでワインの研修をする。 99年サン・ランベール・デュ・ラティ村にあるドメーヌを引き取りドメーヌ・モスを立ち上げる。 ルネ&アニエス夫妻
2014年にルネが病気を患って以降は、息子のジョゼフとシルヴェストルが主にドメーヌを管理する。
ACアンジュー・ルージュ 2014アニエス&ルネ・モス AC Anjou Rouge 2014
ACアンジュー・ルージュ 2014
品種:カベルネソービニヨン50%、カベルネフラン50%
樹齢: 31年〜51年
収穫日は10月14日、10月15日。
2014年は一部スズキの被害に遭い収量は60%減の16hL/ha!
マセラシオンは木桶タンクではなく上蓋のあるフードルを使用!SO2はスーティラージュ時に15mg/L、瓶詰め前に10mg/L添加。ノン フィルター!
ミュール、カシス、スミレ、黒オリーブ、ミュスク、クローブの香り。 ワインは男 性的かつ果実味がしなやかでコクがあり、繊細な酸とキメの細かいタンニンが優しく味わいを引き締める!
17934 ¥3,230(税別)

ルレ・ジュネス 2016アニエス&ルネ・モス VdF Roulez Jeunesse 2016
ルレ・ジュネス 2016
品種: グルナッシュ60%、サンソー40%
樹齢:15年
収穫日は9月8日。収穫量は40 hL/ha。
ワイン名は「さぁ行こう!」という意味があり、Travel同様2人が他の地域のブドウを探しに出たことからこの名前が付けられた! ノンフィルター!
ブドウはタヴェルの二コラ・ルノーから!
SO2は発酵の終わりと瓶詰前にそれぞれ10mg/L添加。
ダークチェリー、プラム、シャクヤク、ハイビスカスティー、クローブ、パンデピス、黒鉛の香り。 ワインはフレッシュ かつ果実が柔らかく染み入るように優しく、後からキメの細かいタンニン、洗練されたミネラル、スパイシーな味わいが口に広がる!
18937 ¥3,230(税別)

VdF ボワ・ルージュ 2015アニエス&ルネ・モス VdF Bois Rouge 2015
VdF ボワ・ルージュ 2015
品種:ガメイ60%、カベルネフラン30%、 カベルネソーヴィニョン10%
収穫日はガメイが9月25日、カベルネが10月6日。
収穫量はガメイが40hL/ha、カベルネが30hL/ha。
2015年はアンジュ赤と差を付けるためにカベルネにガメイをアッサンブラージュしている!ブドウはガメイがル・レザン・ ア・プリュム、 カベルネはフェイ・ダンジュのビオのブドウ栽培者から!SO2 は発酵の終わりと瓶詰前にそれぞれ10 mg/L添加。
ノンフィルター
SO2はスーティラージュ時に30 mg/L添加。
カシス、ドライプルーン、デイツ、スミ レ、チョコレート、黒コショウ、タバコの 葉の香り。ワインは上品かつスマートでまとまりがあり、 みずみずしく染み入るような果実味と洗練されたミネラル、若いタンニンとのバランスが絶妙!
18109 ¥2,500(税別)

トラヴェル ロゼ 2016アニエス&ルネ・モス VdF Travel 2016
トラヴェル ロゼ 2016
品種:グルナッシュ60%、サンソー40%
収穫日は9月7日。収穫量は35hL/ha。
ワイン名は英語のTravel(旅) にタヴェル(Tavel)を掛けている!ジョゼフとシルヴェストルが初めて他の地域のブドウを探しに旅(Travel)に出たことからこの名前が付けられた!
ブドウはミッシェル・ガルシアから!
残糖 は1.8 g/L。
ノンフィルター!SO2は発 酵の終わりと瓶詰前にそれぞれ15 mg/L添加。
イチゴ、クランベリー、シャクヤク、ボンボン、ザクロ、黒豆、火打石の香り。ワインはピュアかつチャーミングで、 明るくジューシーな果実味があり、優しく溶 け込んだ緻密なミネラルとのバランスが絶妙!
18936 ¥3,080(税別)

サヴニエール アレナ 2015アニエス&ルネ・モス AC Savennieres Arena 2015
サヴニエール アレナ 2015
品種: シュナンブラン 100%
樹齢:13年
収穫日は10月7日。
収穫量は35 hL/ha。
キュヴェ名「アレナ」はラテン語で砂の意味がある。
サヴニエールの土壌が海から運ばれた風成土であることからこの名前を付けたとの事!
残糖は2g/L。 SO2はスーティラージュ後に10 mg/L添加。
目の粗いフィルター有り。
パイナップル、アプリコット、ミカンのコンポート、西洋菩提樹、ヨーグルト、 フュメの香り。ワインはピュアかつほのかにオイリーで、透明感のある滑らかなエキスに塩気のある旨味と緻密なミ ネラルがきれいに溶け込む!
18935 ¥4,410(税別)

ACアンジュー・ブラン・レ・ボンヌ・ブランシュ 2015アニエス&ルネ・モス AC Anjou blanc Les Bonnes Blanches 2015
ACアンジュー・ブラン・レ・ボンヌ・ブランシュ 2015
品種:シュナン・ブラン100%。
樹齢:46年
収穫日は10月1日。収穫量は20hL/ha。前年同様に息子のジョゼフとシルヴェストルが100%ワインを仕込んでいる!レ・ボンヌ・ブランシュは区画名でコトー・デュ・レイヨン地区にある。アルテリット・シストと呼ばれる土壌からミネラルの多く含んだワインができる! 残糖は0.9 g/L!SO2はスーティラージュ後に10 mg/L添加。軽くフィルター有。

2017/8/29 ヴァンクールの試飲会にて
 みかん、グレープフルーツ、白い花の香りピュアで余韻が永く、酸と蜜とのバランスが素晴らしいです。
17933 ¥4,410(税別)

ル・ルシュフェール 2015アニエス&ルネ・モス VdF Le Rouchefer 2015
ル・ルシュフェール 2015
品種:シュナン・ブラン100%。
樹齢:39年
収穫日は10月2日。
収穫量は21hL/ha。
息子のジョゼフとシルヴェストルが100%ワインを仕込んでいる!ルシュフェールは区画名で他の畑よりも粘土に鉄分(fer)が多く赤土であることが名前の由来!残糖は3.6 g/L。
SO2はスーティラージュ後に10 mg/L添加。
軽くフィルター有り。

2017/8/29 ヴァンクールの試飲会にて
黄色い果実、カリン、パイナップルのような濃厚で華やかな香りとミネラルを含んだ酸が心地よく味わい深い白ワインです。
17995 ¥4,110(税別)
Noella MORAITIN
ノエラ・モランタン
   自然派 インポーター:ヴァンクール
歴史 現オーナーであるノエラ・モランタンがドメーヌを立ち上げたのは 2008 年。
学生時代にナントの職業技術短大(DUT) でマーケティングを学んだ彼女は、卒業後マーケティング関係の会社に入社。当時は、毎日デスクワークに明け暮れるようなワインとは全く無関係の仕事に従事していた。

2001 年、30 歳を機に会社を辞めて、すぐにミュスカデにあるワインの学校で醸造と栽培を学び始める。また、学校に通いながら、同時にアニエス・エ・ルネ・モスのドメーヌで2年間実地研修をこなす。
学校を卒業後、2003 年の秋にはフィリップ・パカレのところで収穫、その後マルク・ペノーのところで翌年の 4 月まで醸造と剪定を手伝う。2004 年 5 月、ドメーヌ・ボワルキャの醸造栽培責任者として働き始める。
そして2008 年ドメーヌ・ノエラ・モランタンを立ち上げ現在に至る。
現在、ノエラ・モランタンは 8.5ha の畑を2人で管理。彼女の所有するブドウ品種は、ソービニヨンブラン、 シャルドネ、ガメイ、カベルネソービニヨン、コーで、彼女がワイン造りで最も大切にしていることは「フィーリング」。
ブドウの栽培に一部ビオディナミを取り入れたり、畑が疲れていると感じた時は fleur de Bach というホメオパシーの ひとつを散布するなど、常に現場に出てブドウの状態を観察しながらその場に適した対処を施し、 また、醸造はマセラシオンの方法、期間、醗酵、スーティラージュ、熟成方法等、全てテイスティングを通して臨機応変に対応。 常に出来上がるワインを想像し、そのイメージに沿って柔軟に対応し、彼女独自の個性をワインに反映する。 ドメーヌ の立ち上げ2 年目で、すでに彼女のワインはパリのカーヴ・オジェをはじめ、フランス、ベルギーの多くのカーヴィスト から独自のスタイルがあると高い評価を得ている。
VdF ブラン・テール・ブランシュ 2015ノエラ・モランタン VdF Terre Blance 2015
VdF ブラン・テール・ブランシュ 2015
品種:シャルドネ100%。
樹齢:26年
収穫日は9月7日、8日。
ブドウの収量は45 hL/ha。
残糖は1 g/L以下の完全辛口!
2015年が最後のミレジム!
ワイン名は、敬意を込めて元クロロッシュのテールブランシュの名前をそのまま残した!
SO2は瓶詰め前に10mg/L、ノンフィルター

2018/2/15 神田にて
パイナップル、黄桃、洋ナシのコンポートのような香り。ワインはピュアで透明感のあるエキスが詰まっていて、塩気のあるクリスタルなミネラルと綺麗にまとまっています。
18057 ¥3,080(税別)

ACトゥレーヌ・ソーヴィニヨン・ブラン・ピショー 2016ノエラ・モランタン AC Touraine Blanc Cuvee Pichiaux 2016
ACトゥレーヌ・ソーヴィニヨン・ブラン・ピショー 2016
品種:ソーヴィニヨン・ブラン100%。
樹齢:14年
収穫日は9月24日。
ブドウの収量はミルデューの被害で14hL/haと前年の45%減。
残糖は1 g/L以下の完全辛口!
Pichiauxは昔の畑の区画名。
ピショーのコンセプトは喉の渇きを潤すヴァン・ド・ソワフ!SO2は瓶詰め前に15mg/L添加、フィルター有

2018/2/15 神田にて

みかん、洋ナシ、ジンジャーの香り。
ワインはピュアかつエレガントで、 エキスに透明感と輝きがあり、ダシのように澄んだ旨味と線の細い酸がきれいです。
18934 ¥2,900(税別)

VdF ソーヴィニヨン 2012ノエラ・モランタン VdF Sauvignon 2012
VdF ソーヴィニヨン 2012
品種:ソーヴィニヨンブラン100%。
樹齢:47年〜69年
収穫日は9月21日、22日。
収量はたったの4hl/ha!ノンフィルター!
畑はボワ・ルカの区画で、 ワイン名はボワ・ルカ以外に相応しい名前が見当たらないとの理由で、あえて空白にしてます!

黄リンゴ、西洋菩提樹、アニス、キャラメルの香り。ワインはダイナミックかつはっきりとした輪郭があり、 洗練された酸、緻密なミネラル、旨味のハーモニーが完璧です!

2014/5/27 ヴァンクールの試飲会にて
初登場!濃厚でオレンジピールやシトラス、心地よいガスがあってふくらみのある味わい。
17904 ¥4,410(税別)
Puzelat=Bonhomme
ピエール・オリヴィエ・ボノーム
   自然派   インポーター:ヴァンクール
オーナーであるピエール・オリヴィエ・ボノームは2004年、弱冠18歳の時に ル・クロ・デュ・テュ=ブッフの収穫に参加し、そこでティエリ・ピュズラに才能を見いだされ、以降、ティエリか ら共同経営者を前提にスカウトされる。
2006年から 2008年までアンボワーズのワイン学校に通いながらティエリのネゴスで経験を積む。
ピエール・オリヴィエ・ボノーム
  2009年、ティエリと共同でネゴシアン「ピュズラ=ボノーム」を立ち上げる。  2014年末、ティエリは自身のドメーヌ業に専念するため、ネゴシアン事業から離れ、  ピエール・オリヴィエ・ボノームが100%経営を引き継ぎ、現在に至ります。
ヴァン・ド・ターブル・ルージュ・キュヴェ・クラ 2017(赤)ピエール・オリヴィエ・ボノーム Vin de Table Francais kura 2017
ヴァン・ド・ターブル・ルージュ・キュヴェ・クラ 2017(赤)
品種:ガメイ100%
樹齢:31年
収量は30 hL/ha。 買ブドウはビオディナミ生産者ブリュノ・アリオンから!2017年はカベルネ フランが霜で全滅だったため、 ガメイ 100%で仕込んでいる!SO2無添加!ノンフィルター!

2018/4/4 ヴァンクールの試飲会にて
フランボワーズ、ザクロ、チェリーのような薄い赤系の果実を思わせます。フレッシュで綺麗なタンニンが存在し、若々しい味わい。
新着マーク
18158
¥2,130(税別)

テュフォー2013ピュズラ =ボノーム VdF Tuffau 2015
テュフォー 2015
品種:シュナンブラン100%
樹齢:37年平均
収穫日は10月10日。
収量は20 hL/ha。
ワイン名はTuffau(白亜質の 石灰岩)と、ヴヴレーらしいキャラクターのワインを認可しなかったAOCに対し、Tu Faute(間違っている!)の意味が込められている!
買いブドウはビオ生産者タンギー・ペローから!
SO2 無添加! ノンフィルター!

2018/4/4 ヴァンクールの試飲会にて
トロピカルな香りや味わいと酸味。乳酸の香りもあります。
酸とのコンビネーションがいいですね。
新着マーク
18608
¥3,970(税別)

VdF La Tesniere d'Aunis Fin de Mise 2015
ラ・テニエール ピノドニス ファン・ド・ミーズ 2015
品種:ピノドニス100%
樹齢:20年
収穫日は9月12日。
収量は40 hL/ha。
買いブドウはビオディナミ生産者アラン コクトーとビオ生産者タルデューから!
澱付近のワインを詰めたプライベート ワイン。
SO2は瓶詰めの1ヶ月前に10mg/L添加。
ノンフィルター!
ネーヴルオレンジ、バラ、乾燥したタバコの葉、クローブ、白胡椒の香り。ワイ ンは透明感がありつつも複雑な味わいで、丸くふくよかな果実味を、柔らかな酸と細かいタンニンが纏め上げる! 通常のキュヴェよりスケールが大きく重層的な味わい。

2017/10/25 ヴァンクールの試飲会
少しオレンジがかった透明感のあるルビー色。バラやきいちご、チェリーの香り。ふくよかな果実味とキレイで細かなタンニンが良いです。
17026 ¥3,530(税別)

ラ・テニエール ピノドニス2016ピエール・オリヴィエ・ボノーム VdF La Tesniere 2016
ラ・テニエール ピノドニス 2016
品種:ピノドニス100%
樹齢:21年
収穫日は10月3日。
2016年は霜の被害により収量は10 hL/ha!
買いブドウはビオディナミ生産者アランコクトーとビオ生産者タルデューから!
SO2は瓶 詰めの1ヶ月前に20 mg/L添加。
ノン フィルター!

2017/10/25 ヴァンクールの試飲会
透明感のあるきれいなルビー色。サクランボやアセロラの香り。チャーミングな酸とまろやかな口当たりがいい。
17010 ¥3,300(税別)

トゥーレーヌ ラ・テニエール 2016ピエール・オリヴィエ・ボノーム AC Touraine La Tesniere 2016
トゥーレーヌ ラ・テニエール 2016
品種:ムニュピノ75%、 シュナンブラン25%
樹齢: 43年〜48年
収穫日は10月12日。
2016年は霜の被害で収量は30 hL/ha。
ブドウは100%ボノームの自社畑!
残糖は3 g/L。
SO2は瓶詰め前に20 mg/L添加。
軽くフィルター有

2017/10/25 ヴァンクールの試飲会
パイナップル、黄リンゴ、シトラス。ワインはフルーティーで透 明感があり、白い果実のピュアな旨味と線の細いシャープな酸、上品なミネラルが複雑に合い舞う!
16292 ¥3,230(税別)

クール・シュヴェルニー 2015ピエール・オリヴィエ・ボノーム Cour-Cheverny 2015
クール・シュヴェルニー 2015
品種:ロモランタン100%
樹齢:40年
収穫日は10月5日。
収量は25hL/ha。
ブドウは前年のドルレアンからビオ栽培者ジェローム・ショケットに変更!
残糖1g/L以下の完全辛口!
ノンフィルター!
SO2は瓶詰前に10 mg/L添加。

2017/7/26 ヴァンクールの試飲会にて

レモンや青いバナナのような香り。キレの良い酸とミネラルがとてもピュアな感じで心地よいです。
18607 ¥3,530(税別)
フランス / ブルターニュ
La Cidrerie du Golfe
ラ・シードルリー・デュ・ゴルフ
  自然派  インポーター:ディオニー
ブルターニュ Arradon(アラドン)村、ラ・シードルリー・デュ・ゴルフはMorbihan湾の沿岸から500m内陸へ入ったところにあります。
 Golfeとはフランス語で 「湾」を意味します。
 このシードルリーを運営するのがマルク・アヴェリ(1965年生まれ、三人の父)とフランソワ・ドゥ・フォルジュ (1962年生まれ、三人の父)。
 我々が訪問した2016年の夏、醸造所にはひっきりなしにお客さんがやってきてカウンターで試飲をしケース単位でシードルを買っていく姿が見られました。
 アーティスティックでロックフェスのような雰囲気と音楽がそこここに溢れる手造り感たっぷりのシードルリーです。
 マルクはシャンパーニュ地方出身でワインとは全く違う仕事をしていた両親の元で育ち、21才からプロの広告カメラマンとして2011年までパリで活動してきました。
 奥さんの地元ということで2000年からアラドンに住みはじめ11年間、週に4日はパリ、3日はアラドンという二重生活を続けてきましたが、奥さんの意向もあり、パリを後にしここに落ち着きました。
 その後、ロワールのパトリック・デプラのワインに出会いヴァンナチュールに目覚め、「これをシードルでやったらシードル・ナチュール!おもしろいに違いない。。。」と感じたのがこのプロジェクトの始まりとも言えます。
 一方、相方のフランソワは元々、生物学の先生であり研究者。
 学校の先生を辞めたいと考えていた頃、2000年にマルクと出会い意気投合、2010年から二人でビオの食料品店を立ち上げました。
 その時に仕入れていたのがまさにここのシードル。
 実はこのLa Cidrerie du Golfeでは2011年までは別生産者がリンゴを育てシードルを作っていたのでした。
 当時のシードルをこの店で仕入れていた縁で2011年、前生産者が醸造所と畑を売るという話を彼らに持ちかけたところ「それなら俺たちでやりたい」と二人が引き継ぐことになりました。
  2012年の立ち上げに漕ぎ着けたと同時に、フランソワは2週間のうち3日間はノルマンディの醸造学校へ通い醸造方法を本格的に学びました。
 また、マルクは50キロ離れた手造りのシードルの生産者での修業を開始、二人とも1年間は二足の草鞋を履く生活でした。
Hors-Norme(2016)
オールノルム NV(2016)
栽培/認証:ビオロジック/エコセール
品種:マリ・メナル(苦味)、デュース・モエン(甘味・苦味)
デュース・コエトリニエ(甘味)、ジュドール(酸味)
樹齢:平均18年、手摘み
土壌:粘土砂質
標高・向き:20m・全ての方角
面積・収量:5.5ha・30hl/ha
醗酵・熟成:10月に収穫、軽くプレスし除芯、品種ごとにプレス グラスファイバータンクで5ヶ月発酵・熟成。
瓶詰め:2017年2月
SO2:無添加。トータル:15mg/L未満
熟成:ステンレスタンクで9ヶ月。
ガス圧:4.8気圧
アルコール度:5.5%
ブルター ニュ沿 岸Morbihan湾近くで造るビオシ ード ルで、「規格外」というキュヴェ名です。
4種のリンゴを収穫し軽くプレス後、除芯しグラスファイバータンクで5ヶ月発酵熟成し、SO2無添加で瓶詰めしました。
ゴールドの外観に細やかなムース、溌剌としたアタック、前ミレジムより完熟感とボリュームが増し、健全な酸とアフターのタニックが爽やかな余韻を楽しませてくれます。
2014年は夏が暑くく病気がほとんどなかった当たり年。
ノンフィルター、SO2無添加。

程よい酸と果実味。キレも良く美味しいシードル
新着マーク
18950
¥2,030(税別)
フランス / ローヌ
Domaine Les Deux Terres
ドメーヌ・レ・ドゥー・テール
  自然派   インポーター:ヴァンクール
エマニュエルとヴァンサンが最初に出会ったのは 1998年、ミラベルにある農業学校で、ヴァンサンは当時農業学校にある畑とカーヴの仕事に従事し、マニュエルは自分でワイナリーを立ち上げる準備の一環として学校に通っていた時だった。
彼らのモットーは「消費者が喜ぶ自然派ワ インをつくる!」こと。
ドメーヌ・レ・ドゥー・テール
ワインの欠点に一切の妥協は許さず、常にコストパフォーマンスの高いワインをつくり上げるために、テイスティングなどお互いの厳しいチェックは欠かせない。レ・ドゥーテール「二つの土地」というドメーヌ 名には、2 人の才能、2 人のそれぞれテロワールの異なるブドウを持ち合わせ、ひとつの素晴らしいワインをつくり上げ るという彼ら一心同体の強い思いが込められている。
シレーヌ(赤) 2013ドメーヌ・レ・ドゥー・テール VdF Silene Rouge 2016
シレーヌ(赤) 2016
品種:メルロー100%
樹齢:36年平均
収穫日は9月19日、20日。
2015年は豊作で収量は50 hL/ha!
2016年はマセラシオン時にピジャージュ・ルモンタージュを施したものと、全く手を加えずに放置した2つをワインをアッサン ブラージュしている!
ワイン名はギリシャ神話に出てくる酒の神デュオニュソスの従者で酔っぱらいのシレーノスからとった!
SO2無添加、ノンフィルター

2018/4/4 ヴァンクールの試飲会にて
濃厚でカシスやプルーンなどの黒い果実を思わせます。熟したジャーミーな甘味とシルキーなタンニンを感じます。
18955 ¥2,350(税別)

VdF ブリック・ア・ブラック 2012ドメーヌ・レ・ドゥー・テール VdF Bric a Brac Rouge 2016
VdF ブリック・ア・ブラック 2016
品種:シラー100%
樹齢:40年
収穫日は9月24日。
収量は50hL/ha。
2016年は100%全房で仕込んでいる!
ワイン名は「雑多な骨董品」という意味があり、 以前、初リリー スしたワインの味が不安定だったことからこの名前を付けられた! SO2無添加!ノンフィルター!

2018/4/4 ヴァンクールの試飲会にて
カシスやフランボワーズのような黒系の果実。口当たりはまろやかでタンニンが上質。。
18134 ¥2,500(税別)

ポラティム(白)2014ドメーヌ・レ・ドゥー・テール VdF Paulatim Blanc 2016
ポラティム(白)2016
品種:シャルドネ
樹齢:48年
収穫日は9月15日。
収量は25 hL/ha。
残糖は4 g/L。
2016年はボトリティスが10%入っている!
ワイン名はラテン語で「徐々に」という意味があり、 初リリースのワインの発酵が非常にゆっくりだったことからこの名前が付けられた!
SO2は瓶詰前に10 mg/L添加。ノンフィルター!

2018/4/4 ヴァンクールの試飲会にて
黄桃のコンポート、ハチミツ、ふくよかでトロンとしています。ミネラルを含む綺麗な酸とのバランスも良いです。
18656 ¥3,090(税別)
Domaine Du Coulet
ドメーヌ・デュ・クレ
  自然派   インポーター:ディオニー
「フィリップ・パカレの2001年・2002年のコルナスは、この葡萄で造っていた!」というのでも皆さんご存知のシラーです。 マチュ・バレー氏の名前を関したプチ・ウルスシリーズ! この熊さんはマチュ・バレー氏本人らしいです。
 MATTHIEU BARRET PETIT OURS BRUN(マチュ・バレー・プチ・ウルス・ブラウン)濃くてスパイシーでガチガチのローヌのシラーのイメージとは反対に、綺麗な酸味に覆われた繊細でクリアーな果実味、やさしい甘みを伴った、どこまでも美しい味わいです。やっぱり「マチュ・バレーに感謝!」したくなります。
マチュ・バレー・クローズ・エルミタージュ・ラ・バニエル 2016ドメーヌ・デュ・クレ Matthieu Barret Crozes Hermitage La Banniere 2016
マチュ・バレー・クローズ・エルミタージュ・ラ・バニエル 2016
品種:シラー100%
樹齢:手摘み/平均25年
クローズエルミタージュ、ボーモン=モントゥ村の小石混じりの粘土石灰で育つシラーを50%除梗し、半分はマセラシオンカルボニック、残り半分を通常の醸し
後、セメントタンクで発酵・熟成しました。
黒みを帯びた深い赤紫の外観にコー ヒーの焙煎香やシャルキュトリーのニュアンスを感じます。
プラムの皮やウッディな果実に控えめな酸と柔らかなタンニンが溶け込みアフターへと流れます

2017/1/24 ディオニーさんの試飲会にて
スパイシー、スミレやアメリカンチェリーのような口当たり。
濃厚でタンニンが綺麗で伸びがあって酸もしっかりしています。
甘味も感じ、複雑さもありエレガント。
15472 ¥3,180(税別)
La Grande Colline
ラ・グランド・コリーヌ
  自然派
大岡弘武(おおおかひろたけ)さんは、明治大学理工学部を卒業後フランスへ渡り、ボルドー大学醸造学部でワイン全般を学んだ後にローヌ最大手GUIGAL社の、ジャンルイ・グリッパが所有していたサンジョセフの区画における栽培責任者を務めました。
その後、北ローヌ地方を代表する自然派ワインの生産者で最高のコルナスを造ることで知られるティエリー・アルマンに師事、最後は栽培長を任されるまでになりました。

師アルマンとの出会いは、大岡さんが後にワイン造りを始めるにあたって決定的と言えるもので、ブドウ栽培から醸造に至るまでのほとんど全てにおいて影響を受けたようです。
醸造での人的関与を必要最低限に留める自然なワイン造りを実践するために最も大切なことは良いブドウを育てることに尽きるのですが、花崗岩に覆われた急斜面で夏は極めて暑く冬が寒いコルナスにおいては、畑仕事に費やす労力はいっそう厳しいものになります。
大岡さんは、アルマンの下で働くことにより栽培や醸造に関する考え方だけではなく、厳しい労働に耐える強靭な精神力も身につけたと言えます。
自分の本拠地を北ローヌと決めた理由について、畑における労働が最も厳しい土地であったから、と語っていたことが印象的です。

現在の大岡さんは、アルマンから完全に独立を果たして13種類のワインを造っております。
ブドウは、彼が所有する畑、借りている畑、そして信頼のおける生産者から購入したもので構成されております。
栽培はビオロジックを実践しており、除草剤や化学肥料は使用しません。
農薬は化学合成薬品ではなく,硫黄(ビオディナミの認証団体である「デメテール」で認可されているもの)に限定し、使用回数も極力減らしております。
また、2月から3月にかけて行う遅い時期の剪定で徹底して不要な芽を取り除き、遅霜の影響を大きく受けるリスクは高まりますが、青刈りが不要となる理想的な収量制限を実現できることも栽培における特徴的なことでしょう。
「少量でも構わないから良いブドウだけを育てたい」、大岡さんの畑仕事における考えです。

醸造においては、その土地に育つブドウが醸し出す、純粋かつ繊細な果実味を楽しんでいただくことを目的として、野生酵母による自然な発酵とビン詰めに至るまでの全ての過程において酸化防止剤を使用しないことが特徴です。
そのため、単に収量が少ないだけではなく、収穫されたブドウを更に選別して傷んでいない果実だけを使った醸造を心がけています。
ル・カノン・ロゼ・プリムール(2010)ラ・グランド・コリーヌ Le Canon Primeur ND(2006)
ル・カノン・ロゼ・プリムール・ノンデゴルジュマン(2006)
品種:ミュスカダンブール100%
2006年のガス圧が強かったロゼプリムールをデゴルジュマンせずに、大岡さんのフランスのカーヴで保管して おりました。
現在は澱は非常に多いものの吹き出すような心配はなく、ピリピリとした細かなガスが上がる程度です。
抜栓をしてもガスの影響で澱が舞い上がる事もありません。
非常に細かな澱ですので、注いだり揺らしたとい った振動で液体の色合いが変化しますので、立てて保管し澱を沈めて頂くことをお勧め致します。

非常に澱が多いことや時間の経過で果実味が落ちるスピードがやや早いことから、グラスワインの提供よりは、1本を数人でお楽しみ頂くと黄桃のような果実感を充分に味わって頂けると思います。 半分以下でワインが残った場合は、澱に近づくにつれ豆のニュアンスを感じる方もいらっしゃるかもしれませ んので、澱を沈めて頂くとそのニュアンスは解消されます。
<インポーターさんの資料から>


2018/4/4 ヴォルイテックスさんの試飲会にて
心地の良いガスがあります。濁ったピンクやオレンジがかった色、まだまだフレッシュな感じもあり、ピーチネクターやピンクグレープフルーツのような 強くない酸もあります。
新着マーク
17422
¥3,650(税別)

サン・ジョセフ 36M 2010ラ・グランド・コリーヌ Saint Joseph 36M 2010
サン・ジョセフ 36M 2010
品種:シラー100%
約3年6ヶ月寝かせ今回のリリースとなります。
以前は若々しい果実味と樽由来のバニラ香などの要素がバラバ ラな印象を受けましたが、現在はバニラ香が馴染み熟成も相まって落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

エッジにややオレンジがみられる濃いガーネット色。
ブラックオリーブの香りで大岡さんのサン・ジョセフら しい香りが感じられます。
ドライプルーンなど凝縮した果実の中に胡椒などのスパイスや紅茶の茶葉などの複雑さをもたらす風味が混ざります。
口当たりは滑らかで円みがあり、シルキーなタンニンで雑味がありません。エレガントながら骨格が感じられる緻密な構成でミディアムで調和のとれた味わいは、突出しないながらも酸があることでダレることがありません。
今後の熟成でよりスミレの花のような妖艶さと共に複雑さに磨きがかかり贅沢な味わいとなっていくことでし ょう。
<インポーターさんのコメントから>
17667 ¥5,320(税別)

エス・ジェー2013ラ・グランド・コリーヌ SJ 2013
エス・ジェー2013
シラー100%。
キャップシールなし。
ネックに「Lot13」と明記してあります。
2011年よりサン・ジョセフのアペラシオンは取得せずVdFとなり、SJ(エス・ジェー)と言う名前へ変更となりました。

2016/11/29 ヴォルテックスの試飲会にて
僅かにオレンジがかったガーネット色。ブラックオリーブやドライトマト、ドライプルーンなどの黒系果実の香りや風味が感じられます。ミディアムタッチな口当たりでスムーズに喉へと流れていきます。 酸と繊細なタンニンなどの様々な要素が取り囲んでいるように感じられます。
17249 ¥3,840(税別)

ル・カノン・ヴィオニエ 2013ラ・グランド・コリーヌ Viognier 2013
ル・カノン・ヴィオニエ 2013
ヴィオニエ種100%。
キャップシールなし。
バックラベル上のJANコード備考欄に「Le CanonViognier2016」と明記してあります。
2013年は非常に収穫量が少なく1樽のみの醸造となったため、500mlとなっております。

2016/11/29 ヴォルテックスの試飲会にて
黄金色のしっかりとした色調。入荷時は果実の香りや味わいが控えめで、やや酸化的なニュアンスが感じたそうですが、 約9ヶ月経過した今は、酸化的な印象は和らぎ、リンゴの蜜や熟した日本の梅を想わせる香りや果実味で膨らみのある味わいを感じられるようになりました。華やかな香りや甘さではなく、夏向きのスッキリとした 辛口の仕上がりです。セラーの温度帯(15℃位)でお楽しみ頂くと、このワインの良さがより引き立つと思います。
17428
500ml
¥3,220(税別)

ル・カノン・ルージュ P NV(2007) LE CANON rouge P NV(2007)
ル・カノン・ルージュ P NV(2007)
品種:100%グルナッシュ
Pはポート/パストリアージュのPです。
酒精強化なし、亜硫酸なしの天然ポートワイン15.5度、残糖は26グラム/Lあります。
2008年に販売致しましたP2007年はフィルター通しておりましたが、今回ご案内のアイテムはノンフィルターで瓶詰めしており、大岡さんの通年低温で一定した洞窟カーヴにて9年の歳月を経ての出荷となります。かなり澱がございますので、お飲みになる前は1週間程度立てて保管して頂く事をお勧め致します。

熟成感のある煉瓦色で、グラスに注ぐと液中に細かな気泡が持続的に上がるのが見受けられます。熟成からくる香りがとても複雑で、
イチジク煮や黒糖、ドライプルーンなどの凝縮した香りが感じられます。他のル・カノン2種に比べ舌にあたるガスが強く感じられます。
2008年当時は色合いの濃さやたっぷりとした甘みだけでなく、黒系果実が凝縮した果実味の若々しいポートの様な雰囲気だったかと思います。
現在はイチジク煮に黒蜜をかけたような風味やタバコ、カラメルなどの香ばさがありトゥニーポートの様な趣へと変化しています。アタックから喉に流れるまで柔らかな甘みと酸、熟した果実の複雑な味わいが一定に続き、落ち着きのあるとても複雑で贅沢な味わいとなっています。
長期の熟成を経て甘みは複雑さや伸びやかな酸とより上手く調和し、円みのある一つ上を行く大人の甘さへ変化しています。
余韻にはどっしりとアルコールの高さを感じさせますが、飲み心地はすっと体に沁み入ります。デザートやナイトキャップは勿論、中華料理などにも相性良く楽しめますし、抜栓後も充分に日々の変化を楽しめるほどゆっくり味わうことが出来ます。

【大岡さんより】
ミストラルにより過熟してしまったグルナッシュからできたワイン。
葡萄の糖分が高すぎて、途中でアルコール発酵が止まり、葡萄本来の糖分が残っています。フィルターを通さず瓶詰されたものは、当然のごとく、軽く瓶内で再発酵しました。当時はかなり暴れていたワインが8年かかけて変化しました。開けたてはガスがかなりあるので、タンニンが目立ちますが、ガスを飛ばせば、その柔らかさと熟成が味わえます。抜栓後すぐに楽しみたい方はカラフに移すことをお勧めします。個人的には一晩一杯ずつ寝る前に飲んでみるのが面白いと思います。最初のうちは栓をしないで冷蔵庫で。
数日後ガスが完全に飛んだら栓をしてください。
デザートやチョコレートと一緒でもいいですし、それだけでもデザートになります。ジビエと合わせるのも面白いですね。

2016/6/22 ヴァンクールの試飲会
しなやかな口当たりとほんのり感じる甘さ、若干ガスを感じ、まだまだ若さも感じます。
17293 完売¥2,920(税別)
les Vignerons d'Estezargues(Les Galets)
レ・ヴィニュロン・デステザルグ(レ・ガレ)
  自然派
ジャン・フランソワ・ニック氏エステザルグ協同組合エステザルグ協同組合葡萄畑
デステザルグ協同組合は、ローヌ河南部の街アヴィニョンの南西側に位置しており、加入者が10名たらずというフランス最小の協同組合と呼ばれています。 協同 組合といえば、多収量・低価格のブドウを生産者から買い入れて価格の安いバルクワインを造るというのが一般的ですが、エステザルグ協同組合ではそれぞれの 生産者が品質にこだわったワインを造り、自らの名前をエチケットに記してリリースしています。「協同組合」としての大きなメリットは、農機具や新しい醸造 設備を共同で購入したり、醸造アドバイスを受けるシステムが構築しやすいなど、品質向上に向けた資金面でお互い協力し合える点といえます。 いわゆる「協同組合」のがぶ飲み用ワインとは一線を画した品質主義のワインを生産しています。 この協同組合を ここまで高品質なワインを造る生産者に育て上げたのは、現在フーラル・ルージュで自らワイン造りを行うジャン・フランソワ・ニックです。彼はこの協同組合 を指揮し、多量のワインを高品質に、自然な造りで生み出していました。 彼が独立した後もそのコンセプトを引き継ぎ、各生産者達がそれぞれに素晴らしいワインを造り上げているのです。

エステザルグ協同組合の特徴
※ 化学物質を一切使わない「ビオロジック」および極力農薬の使用を避ける「リュット・レゾネによる栽培」
※ 樹齢の高いぶどうから生まれる豊かな風味
※ 土壌の個性を生かし、区画ごとに分けた収穫
※ 平均35hl/haとグランクリュ並みの収穫量
※ 土着の自然酵母を使った発酵
※ 発酵〜熟成中は、亜硫酸を添加しない
※ ろ過や澱下げをせずに瓶詰め。

Les Grandes Vignes”は、生産者ごとに瓶詰めされるこの協同組合にあって例外的にブレンドされたワインで、これは各農家の最高の区画で栽培されたブドウ、あるいは古い樹齢からのブドウを選別して造られたものであり、その目的は「エステザルグ」の認知度を高めるためのものに他なりません。言わば、組合の象徴的な存在といえるワインなのです。
コトー・デュ・ポン・デュ・ガール・キュヴェ・デガレ 2015レ・ヴィニュロン・デステザルグ VdP Coteaux du Pont du Gard Cuvee des Galets 2016
コトー・デュ・ポン・デュ・ガール・キュヴェ・デガレ 2016
品種:グルナッシュ、カリニャン、シラー
18737 ¥1,480(税別)

コトー・デュ・ポン・デュ・ガール・キュヴェ・デガレ 2015レ・ヴィニュロン・デステザルグ VdP Coteaux du Pont du Gard Cuvee des Galets(2016)
コトー・デュ・ポン・デュ・ガール・キュヴェ・デガレ(2016)
品種:グルナッシュ、カリニャン、シラー
新着マーク
18841
3L入り(750ml換算:883円税別)
¥3,530(税別)
Domaine de Seoule
ドメーヌ・ド・セウル
  自然派
 南フランスのプロヴァンスとローヌの県境にあり、広大な果樹園に比べて小さなブドウ畑が印象的です。  大岡さんのカノン・ロゼ・プリムールに用いているミュスカ ダンブールは、実のところセウルの畑で栽培されたものです。
この品種はもともと食用のブドウで、このあたりはいかにも果樹の栽培を主としている生産者らしいです ね。  醸造所のタンクは僅か2つ、グルナッシュとサンソーをセミマセラシオンカルボニックで醸造、そのままタ ンクで 12ヶ月以上熟成させたワインです。
ヴァン・ド・ターブル・デ・フランス・ルージュ 2013ドメーヌ・ド・セウル VIN DE TABLE DE ROUGE 2013
ヴァン・ド・ターブル・デ・フランス・ルージュ 2013
品種:グルナッシュ、シラー、カリニャン

中程度の煉瓦色。ドライにした苺やイチジクなどのやや凝縮感のある芳醇な香りが広がり、それに加え熟成由来のドライハーブやタバコなどの複雑な要素も感じられます。ほどよい甘みで酸は一定に感じられ、凝縮した果実の風味を軽やかで流れるような 飲み心地にしてくれており、余韻にダシのような旨味が長く残ります。 これまでご案内させて頂きましたバッグインボックスは、比較的フレッシュ感のあるベリー系の果実の印象で溌剌としたイメージでしたが、 この2013年はその雰囲気とは一変した装いで落ち着きのある味わいとなっております。 2日目以降は果実味や酸の印象はそのままですが、豆のようなニュアンスが徐々に現れ始めます。ですが、抜栓時の果実味やダシのような旨味を感じさせる味わいは、この価格では充分過ぎるほどだと思います。グラスワインでのご使用の場合は翌日に持ち越さず、またボトルであれば短時間で飲み切るようなシーンでお楽しみ頂く事をお勧め致します。
新着マーク
18946
¥1,800(税別)

ヴァン・ド・ターブル・デ・フランス・ルージュ 2015ドメーヌ・ド・セウル

天井部分からプラッスティクの注ぎ口が出てきます。↓セウル 3L箱
VIN DE TABLE DE ROUGE 2015
ヴァン・ド・ターブル・デ・フランス・ルージュ 2015
品種:シラー90%、グルナッシュ10%

やや紫がかった鮮やかな中程度の赤色。太陽を浴びしっかりと熟したことが伺われる搾りたての葡萄果汁のような香りが第一印象です。
口に含むと香りの凝縮感に比べ甘さは控えめで、ブルーベリーやカシス、フランボワーズに苺などのキュッと酸を感じさせるベリー系の果実の風味が広がります。南仏ワインは一般的に甘さがありジャミーなワインを想像しがちですが、酸ののりが良く、そのため軽快な口当たりとなり果実のフレッシュさをより感じさせ、ボリュームの出すぎない抽出で繊細さも兼ね備えています。
それでいて葡萄の果皮を噛んだ時のような風味やタンニンから、良く熟した果実を想像させ南仏のワインであることを感じさせます。
今の暑い時期は少し冷して頂くと果実味のフレッシュ感や軽快さを一層お楽しみ頂けます。

*亜硫酸ゼロのバックインボックスですが、現地での2週間常温保管で品質や箱の状態に全く問題ありませんでした。
また、弊社事務所にて常温保管し随時テイスティングを行いましたが品質は極めて安定しており、1週間程度の放置にも十分に耐えられることは検証済みです。
16826
3L入り(750ml換算:1065円税別)
¥4,260(税別)

ヴァン・ド・ターブル・デ・フランス・ブラン2014ドメーヌ・ド・セウル VIN DE TABLE DE Blanc 2014
ヴァン・ド・ターブル・デ・フランス・ブラン2014
品種:グルナッシュ・ブラン100%
透明感のある淡い黄色。
りんご、黄色いプラムや桃、びわなどの果実の香りが控えめに薫ります。口に含むと味わいや香りは より感じられ、果実味に加え仄かな甘みやべっ甲飴のような芳ばしい風味が混ざり合います。
すっと通り抜けるような酸があり軽いのど越しで、余韻にはリンゴの蜜や軽く火を通したリンゴの風味と僅かな苦味が感じられます。 タンクで醸造・熟成していることから複雑さよりもミネラル感を多く感じ、南のワインでありながら軽い仕上がりとなっています。 抜栓後、数日経過してもネガティヴな要素は感じられませんので、グラスワインでもお使い頂きやすいアイテムです。
新着マーク
18945
¥1,800(税別)
フランス/ブルゴーニュ フランスその他 シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
イタリア スペイン・ドイツ
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]